2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■□■幽霊は本当にいるのか95(いないのか)■□■

1 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 06:36:49 ID:RdI3pFlR0
幽霊の存在を科学的に考察するスレ
(スレタイの「いるのか」は「科学的に存在するか」という意味です)

☆ 論理的整合性のある意見なら、それ自体は科学的であると思うし哲学でも何でもあり。
★ あくまで「科学的に」考えるスレです。肯定する側も否定する側も、それなりの根拠を示しましょう。
☆ オカルトだから何でもアリ、とか、いないものはいないんだってのはナシね。
★ 肯定否定問わず、高圧的な上から目線な物言いはなるべく避ける方向で。
☆ 相手の人格と幽霊の存否は何の関係もありません。人格攻撃は御法度ってことで。
★「肯定しているから」という理由だけで否定派が肯定派を批判するのは御法度。肯定の根拠を問うべし。
☆「否定しているから」という理由だけで肯定派が否定派を批判するのは御法度。否定の根拠を問うべし。
★ 幽霊と関係ない話はしない。「幽霊の存否と何の関係が?」と聞かれたらちゃんと答えましょう。
☆ 主張において実験や論文を引用する場合、求められたらそのソースを提示しましょう。

狢さんが作ってくれた前スレの見れるサイト
http://nanasi.mujina.info/mujinabunko/2chirunokasure.html

まとめwiki
http://www21.atwiki.jp/unidentified-object/
編集者随時募集中


2 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 06:52:41 ID:GZ8/qf9N0
居るって思ってたほうが面白いよね。

3 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 07:13:28 ID:Ii0BWHWQP
【「幽霊と考えられるもの」についての仮説分類】

A.内因性
1)恐怖や暗示等の心理的要因による幻覚
2)神経ネットワークの伝達誤り
3)記憶の書き換え
4)認識の再構成

B.外因性
1)既存科学の範疇と考えられるもの
・電気信号(発信源との接触を前提)への反応
・電磁波信号(発信源との非接触を前提)への反応
・空気振動波(音波等を含む、発信源との非接触を前提)への反応
・薬物&化学物質の影響
・自然現象の誤認
2)既存科学の埒外と考えられるもの
・異次元からの干渉
・死者の魂
・残留思念が焼きついたもの
・生者の超能力による
・人間以外の高等知性の干渉
(以下略)

4 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 07:15:08 ID:Ii0BWHWQP
補足

・「幽霊の正体みたり枯れ尾花」はA.1)に分類
・薬物の影響や神経回路のノイズ、相矛盾する信号同士のデッドロック等はA.2)に分類
・目撃者同士で情報交換を行うことで、各々の記憶が整合性を持つよう事後に改変されるという例をA.3)に分類。
これは「複数で同じものを目撃とした」という体験談を 説明する仮説として過去のスレで議論された
・「願望」等により「幽霊はいる。幽霊はいるに違いない。だから見えるはず。ほら見えた!」(実際は何かの誤認)となるケースはA.4)に分類
・静電気説はB.1)の「電気信号への反応」に分類
・パーシンガー仮説はB.1)の「電磁波信号への反応」に分類
・岐阜ポルターガイスト現象の原因とする者もいる「低周波振動の影響」はB.1)の「空気振動波への反応」に分類
・幻覚剤やアルコール等によって幻覚を見たケースはB.1)「薬物の影響」に分類
・プラズマやリン燃焼等の発光現象や蜃気楼を誤認するような例はB.1)の「自然現象の誤認」に分類
・「俺の怨念が闇の力…」はB.2)の「生者の超能力による」に分類
・「宇宙人(略)ホログラム映像」はB.2)の「人間以外の高等知性の干渉」に分類
・B.2)は他にもバリエーションががあるが、きりがないので「以下略」とした

このスレでは、「幽霊と考えられるもの」の総称を「UO」と呼ぶ
「UO」は「Unidentified Object(未確認対象)」の略
読みは「ユー・オー」とも「ユー・レイ」とも読む、らしい

5 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 07:16:29 ID:Ii0BWHWQP
幻覚の種類
@聴覚 A視覚 B嗅覚 C味覚 D触覚

幻覚の原因
@脳の器質性
A薬物性
B精神疾患
C心因性
D全身疾患
E継続的感覚遮断状況

(考えた人:獣の人)

新説を持ち出したい人へ…
・その仮説を採用すると、すくなくともがいしゅつの仮説よりも幽霊現象を説明するときにつじつまが合う部分が多い(論理的根拠)
・もしその仮説が真であれば、○○という現象が観測されるはずでありそれは実際に観測されている(自然の観察結果)
(考えた人:29スレの709)
幻覚とは確証ではなく仮説であるので、あえて貼っておきます
科学的根拠をもってシステムが明らかにされていないので、これも「幽霊」の実体の可能性あるわけよね

6 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 10:17:41 ID:RdI3pFlR0
本来は見えるはずのないモノが見えるという、一見すると不思議な現象も、
空気の温度差・光の屈折率という既知の物理現象でちゃんと科学的に説明できる。
いわゆる『蜃気楼』というヤツだ。そこには何らかの知的存在の意志が介在する余地はない。

空が輝く、いわゆる『オーロラ』という一見すると不思議な現象も、
太陽の活動・荷電粒子と気体分子との反応という既知の物理現象でちゃんと科学的に説明できる。
そこには何らかの知的存在の意志が介在する余地はない。


幽霊・心霊体験の場合はどうなんだろうね。一見、不思議に見える現象であっても実は・・・・・・



7 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 10:33:05 ID:hF60N+RL0
>>6
錯覚っていうのは普通の人間なら誰でもあるよ。
むしろ錯覚できないほうが病気(統失)ってこと。
病気の幻覚とは意味がちがい間違いを間違いだと認知できないのが
その病気ってこと。
現実に幽霊現象を錯覚として見る方法として危ないクスリとか
酔っぱらうとか、レム睡眠状態とかで誰でも見ることはできる。
ただ夢の類を見て、それが夢ではなく現実だと間違えて捉えるのが
病気ってことな。
http://www.youtube.com/watch?v=S2ZLLVCkKLQ&NR=1
この動画は首を動かしていないペーパークラフトだが、
健常者が見ると普通に首が動いてこちらを見ているように錯覚する。
この錯覚ができないと慢性の統合失調症でほぼ間違いない。


8 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 11:17:35 ID:Ii0BWHWQP
>知的存在の意志が介在する余地はない。

キリッ! てか。 プッ

すべての現象に、見えない何かが介在しているかどうかな、確かめる術が無い。キリッ。

9 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 11:54:53 ID:RdI3pFlR0
じゃ、言い方を少し変えようか。

知的存在の意志が介在すると考えなければならない理由は何1つない。
知的存在の意志が介在すると考えなければならない必然性は何1つない。

・・・・・・ってのはどう? 結局はおんなじことだね。

10 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 11:56:46 ID:N9qA408c0
>>8
他のスレなら知らんが、このスレではその手の意見は
オッカムの剃刀で切られておしまい。

11 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 12:17:02 ID:Ii0BWHWQP
>>10
そんあ粗いボロ刃で、ナニが切り分けられるものか、このボンクラめが。

12 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 12:26:53 ID:N9qA408c0
>>11
そんなキー入力しきれんほど焦らんでもいいのに

13 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 13:51:46 ID:Qa6yFL+n0
二度とサリン事件を起こさせない為に、これからも、
カルト信者・患者をしっかり監視していきましょう!

14 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 14:13:03 ID:DG9YWF81P
>>13
こういう味噌も糞も一緒くたにするアホはどこにでもいるな。

15 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 16:09:46 ID:dGgMtcGVO
そういう生き物だったりしてな

16 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 20:18:15 ID:dxi6wgb+0
スレ違いとは思うんですが、神罰や祟り(霊的な)は否定論者の方には
全く気にならないと思うんですが、私のすんでいる町に行政が頭を悩ま
せている一本の木があります。切ろうとすると、何らかの事故が起きる
ので、道路の真ん中から移動できないらしいのですが、処理できますか?

17 :Dow:2010/06/27(日) 20:51:00 ID:ua1If62f0
JR西千葉駅前の祟り木とか有名だけど、現場任せにするのがよくないんじゃねの。市長なり県知事なりが三分の一くらいノコ
入れてみてその後しばらくほっておく。その間に市長なりの本人・家族に不幸があったらお祓いして謝ると。トップが責任とらな
くちゃね。www

18 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 21:00:10 ID:7noKvmcCO
その木を切るという作業じゃなくても、同等の作業をした場合に起きやすい事故ではないか。
作業の段取りに落ち度はつきものだ。
また、病気等には大概誰しもなるわけで、何かのタイミングのあとに病気になる事もあるわな。
それらと決定的に違うという部分はどこにあるのか。

19 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 21:11:52 ID:wEpWKhgeO
>>16
ギャラは?

20 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 21:28:10 ID:g+leLoHD0
「何らかの事故」って具体的に何だよ?

仕事請け負った業者の人間が全員作業できない状態になるほどの大惨事とは?

21 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 21:30:22 ID:W7KGN1YdO
>>16
スレ違いではなく、頭の悪いくだらない質問

きちんと条件のあう仕事なら出来るし、そうでないならば出来る出来ないに関係無く「やらない」

22 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 21:32:37 ID:7noKvmcCO
>>20
だからどんな事故か説明してないだろ?と。
で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何かと尋ねてるんだよ。

23 :青い猫:2010/06/27(日) 21:33:23 ID:Vde0beQV0
>>21
どこが頭の悪いくだらない質問なの?
きちんと条件のあう仕事ってなに?
具体的な指摘ができないレスはここでは頭がワルイって呼ばれるよ。

24 :青い猫:2010/06/27(日) 21:40:24 ID:Vde0beQV0
零細企業などの個人事業主が請け負う仕事なんかでは、ふつうに同業者間で
曰わく付きの物件や案件に関する暗黙のルールがあるものですよ。
そういう案件は新規参入者が扱うことになりがちだから、なおさら事故や
失敗につながるケースが多くなるのかもしれないけどね。

どんな事業にもアンタッチャブルな領域というのは結構あるでしょ。

25 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 21:41:42 ID:7noKvmcCO
で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。

26 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 21:47:07 ID:W7KGN1YdO
その事故とは、いつどこで、どのくらいの頻度で発生しているのか
どのような事故がどのような状況で発生し、どのような被害が出たのか
どのような調査を行い、どのような分析をして、どのような考察を行ったのか
そして、なぜそれをこのスレに書き込むに至ったのか

また、仕事をする上での条件といえば労働条件を指すというのが社会人としての一般的な考え方

壺売りの末端狂信者には分からないのでしょうがね

27 :青い猫:2010/06/27(日) 21:48:06 ID:Vde0beQV0
個人事業主の店舗や事業所に神棚が祀られていることぐらいご存じだと思うけど、
ここの住人はそうでもないのかな。警察署にもあるよね? 大企業の場合はそうでもない
だろうけど、神棚を祀るくらいだから縁起は担ぐし、霊的なものを暗黙のうち
に受け入れているわけ。特に工事や警備などを請け負うような場合はだね。
危険を伴う作業には安全祈願的な意味合いを込めているからだろうけど。

28 :Dow:2010/06/27(日) 21:49:26 ID:ua1If62f0
まあ、何らかの事故というのの具体例は知りたいよね。俺は競馬やるけど、東京競馬場の第3コーナーの大欅の下に井田
摂津守是政の墓所があって、用地買収時に井田氏の子孫が日本刀をふるって抗議したため残ってるといわれるけど、これ
は事実のようだ。

あとそこの大欅は切ってもいいんだけど、この付近の木を切った人夫が2人ともその後急死したため墓のたたりと恐れられ、
残った1本を切ることを引き受ける人がいなくなって残ってるという説があるが真偽不明。ただし木は明らかに観戦のじゃまに
なる。ここは魔の第3コーナーと言われてて、落馬などの事故や、馬が急に走る気をなくしたりすることが多いとの話もある。


29 :青い猫:2010/06/27(日) 21:53:40 ID:Vde0beQV0
建築や建設に際してその土地に対して地鎮祭を行うことは常識中の常識だよ。
業界によってはコスト面から見て無駄だと思うはずなんだけど、どういうわけか、
必ず実施するんだよね。特に大規模な公共事業、ダム建設なんてものすごい
安全祈願を実施するんですよ。ここの住人はこれも当然知らないでしょ?
河川の流れを強制的に止めることをやるわけだから、自然に対する、神に対する
冒涜的な行いとも呼べるわけね。だから畏敬の念を込めて祈願するんじゃないの?

30 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 21:57:16 ID:W7KGN1YdO
大体その記述内容では、地方公共団体の仕事を請け負ったにも関わらず、不確定な要因を理由に請け負い契約を破棄したことになるねぇ

地方公共団体の仕事だから入札だろうし、こんなことする業者は官報掲示されるだろうね



31 :青い猫:2010/06/27(日) 22:00:18 ID:Vde0beQV0
>>30
だからなに? それが具体的な指摘なの?
>>16の書き込みは現実に行政が頭を悩ませているくらい業者が応じない
ということでしょ? 儲かるのに応じないということがすべてを物語っているわけだよ。
経済原則に反してまでやりたくない「なにか」があるってことが容易に推測できる。

32 :Carrie:2010/06/27(日) 22:01:26 ID:B0wzGnKF0
昔からの言い伝えなどによって、
施工人が「この木は曰くつきで、切ると不幸が起こるかもしれない・・・」
という不安定な心理状態で作業していたから、不注意などで事故を起こした。

と考えてみたけど・・・強引すぎるかな・・・。

33 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 22:01:47 ID:7noKvmcCO
で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か

34 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 22:07:00 ID:W7KGN1YdO
それが『儲かる仕事』とは、どこに?
ねぇ、どこにあるの?
ねぇ、ねぇ?


具体的に指し示してくれよ

35 :青い猫:2010/06/27(日) 22:08:55 ID:Vde0beQV0
>>34
入札だろうが随意契約だろうが、業者にとって利益にならないことは
事業になりません。これが経済原則です。つまり、儲からないことを
事業として成り立たせることはできないってこと。
これくらい知らないでどうするの? その程度なの?

36 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 22:09:08 ID:N9qA408c0
>>31
ま、その「なにか」は霊かもしれないし、超能力かもしれないし、
住民の不信感かもしれないし、勘違いかもしれない。

それでキミは、
>「なにか」があるってことが容易に推測できる
ここから何を主張したいんだい?
まさか霊かもしれないってところだけ強調して語ろうなんて
不公正な真似はしないと信じてるけど。


37 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 22:09:55 ID:7noKvmcCO
で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。
その程度なの?

38 :青い猫:2010/06/27(日) 22:11:03 ID:Vde0beQV0
>>36
あなたはスレタイを30回音読した方がいいね。話はそれから(笑)

39 :Dow:2010/06/27(日) 22:11:08 ID:ua1If62f0
地鎮祭とか政教分離がやかましいからねえ。例のポルターガイスト団地でも、行政がお祓いをするのはマズイ云々の話もあった
んじゃなかったけ。俺は剣道部だけど地方では公立高校や中学校の道場に神棚が祭られてるとこも多い。もともと剣道・剣術は
神道との係わりが深いもんだけど。神社に毎日参拝して、夢の中で秘儀を得たとか。

まあ木の祟りってことはないと思うけどねえ。毎日何千本も切られてるわけだし。それとも霊的に特別な木とかあるのかな?

40 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 22:13:26 ID:7noKvmcCO
で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。

41 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 22:14:08 ID:RdI3pFlR0
>>29 青い猫
>建築や建設に際してその土地に対して地鎮祭を行うことは常識中の常識だよ。

慣例と幽霊のいるいないを安直に結びつけるなんてのは愚の骨頂。

そもそも地鎮祭とやらと事故との因果関係があるのかどうかもわからない。
その因果関係は誰かが証明したのかな?

地鎮祭をしなくて事故が起きたケース
地鎮祭をしたけど事故が起きたケース
地鎮祭をしたのに事故が起きたケース
地鎮祭をせず、事故も起きなかったケース

こういうモノについてきちっと統計的に調べなければ、因果関係あり、とは言えない。
それを調べるのは、因果関係あり、と信じる人間の責任においてやることだ。
誰か、やってる?



42 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 22:15:16 ID:W7KGN1YdO
で?

まずこれが『儲かる仕事』ってのはどこに書いてあるの?
あとさぁ、仕事と事業の区別ぐらいつけたら?

2ちゃんで壺売り相手探す暇あったら、小学生の使う国語辞典でも読んでからにしろよ

アホ猫じゃ役者不足だな

43 :青い猫:2010/06/27(日) 22:15:46 ID:Vde0beQV0
いや、地鎮祭を民間業者が行うぶんには何の問題もないですよ。
行政がその儀式を主体的に行うわけではないのですから。
行政は民業を圧迫しないように注意する必要もあるし。

特別な樹木っていうものはよくあるものだとおもいますよ。
神社のご神木なんてものも神社側の一方的な主張でもあるわけだし。
樹木だけでなく岩石や滝なんて場合もあるね。

44 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 22:18:18 ID:7noKvmcCO
うん、あるねぇ。

で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。

45 :青い猫:2010/06/27(日) 22:19:35 ID:Vde0beQV0
>>41
現実を見なさい。因果関係が「明確」だから現実に行われている。
ただこれだけ。私があらためて証明するまでもないこと。
いつもどおり、その程度なの? (笑)

>>42
逆に「儲からない仕事」ってなに?
こんなくだらぬ指摘?がなんになるの? その程度なの?

儲からない仕事をするような金銭利益追求集団なんて存在価値がないよ。
結局、言葉遊びに終始するわけか。

46 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 22:21:28 ID:N9qA408c0
>>38
霊かもしれないし、超能力かもしれないし、
住民の不信感かもしれないし、勘違いかもしれないものを
幽霊のいる根拠として挙げる……。

幽霊の存在を科学的に考察するスレ
の意味が分かってないのはどっちだろうね。

47 :Dow:2010/06/27(日) 22:21:57 ID:ua1If62f0
>>43
民間業者はむろんそうです。大規模ダム工事は死者は多いですね。巨大ダムで慰霊碑のあるとこは多いです。よくはわからない
けど、大工事なら建築会社も事故が起きるのはある程度想定してるのかも。あと神木を切るのは特殊な場合だし、それは木の祟り
というより神の祟りじゃないですかね。

48 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 22:23:21 ID:RdI3pFlR0
>>45
>因果関係が「明確」だから現実に行われている。

誰のどんな調査?
そこまで「明確」なら、建設業界とか省庁の公式資料に載ってるはずだよね?
安全のために地鎮祭とやらを行なわなければならない、と法律で明文化されてるはずだよね?

毎度のごとく、主観と先入観にもとづく非科学的主張。
スレタイをちゃんと読もうね。



49 :Carrie:2010/06/27(日) 22:26:24 ID:B0wzGnKF0
原因不明の事故だとか病気になるだとか良く聞きますが
その後、原因究明の為の調査をして結果が出たケースってあるのかな。

霊的な何かと言っても、どういった結果が出たら霊的なものと断定できる基準もないような・・・


50 :青い猫:2010/06/27(日) 22:29:24 ID:Vde0beQV0
>>48
>建設業界とか省庁の公式資料に載ってるはずだよね?

だから省庁がどうだか知らないけれど、建設事業者の会計書類には、
地鎮祭等の儀式に対する支出の記録はあるよ。これが「慣習」によるもの
であることは明白だよ。慣習もれっきとした根拠だよ。慣習がなければ
やらないのだからさ。これが非科学的というなら慣習に基づいた科学もまた
非科学的だわ。あ〜あ。

51 :青い猫:2010/06/27(日) 22:31:58 ID:Vde0beQV0
>>49
この樹木の件とは関係ありませんが、死亡者から臓器移植を受けた患者が
その後、原因不明の記憶にさいなまれることがあります。その記憶が
どういうわけか、臓器の提供者のものと一致するケースならあります。

52 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 22:32:23 ID:7noKvmcCO
で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。

あーあ。

53 :Dow:2010/06/27(日) 22:38:08 ID:ua1If62f0
昔は工事に際して「人柱」を埋めるとかいう話はよくありますね。実際にそのような例が出土したケースは稀なんだけど、城の石垣
の中から人骨が出てきた話もあったはず。あとは皇居の人柱の話は有名。大正時代の皇居の二重櫓の改修工事の時、直立し手
を組み合わせ、頭に古銭を載せられた人骨が16体出てきた。昭和にも坂下門から五体が出て、やはり頭には古銭が・・・。戦時中
強制連行された人たちが・・・という話もあるし、地鎮祭というのはそんな歴史が積み重なってるんだと思いますよ。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~itou/hon/kami.htm

54 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 22:39:54 ID:RdI3pFlR0
>>50 蒼い猫
>地鎮祭等の儀式に対する支出の記録はあるよ。

あの・・・・・・・・・・・・
まさかとは思うけど・・・・・・・・・・・・
いくらなんでもそこまで馬鹿だとは思いたくはないけど・・・・・・・・・・・・

「支 出 の 記 録」と「事 故 の 記 録」の 区 別 が つ か な い とか・・・・・・???



ヤバいよ、あんた・・・・・・・・・・・・・・・・・・



55 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 22:41:32 ID:N9qA408c0
都合の悪いレスはスルーする。スルー仕切れなくなったら逃げる。
それが青猫クオリティ。

56 :Carrie:2010/06/27(日) 22:43:09 ID:B0wzGnKF0
>>51
記憶も移植されたと・・・。
そういった現代科学では説明し難い事項全てが「霊的なもの」という事に?
なるほど。そういう意味では、幽霊(霊的なもの)は存在するのかも知れませんね。

57 :青い猫:2010/06/27(日) 22:45:00 ID:Vde0beQV0
青猫が逃げると言いながらも、その青猫にからむ名無しクオリティーか?
まぁいいや、青猫ファンがいることは証明されているわけだからさ。

人柱を差し出したくないから地鎮祭のような儀式をするものだと思っていた
私が間違っていたのか?

58 :Dow:2010/06/27(日) 22:50:44 ID:ua1If62f0
>>51
記憶転移ですか・・・これは有名ですね。

>臓器移植の結果、 ドナーの趣味嗜好や習慣、性癖、性格の一部、さらにはドナーの経験の断片が自分に移ったと感じている
  レシピエントの存在が報告されている。(wikiより)

ただこれもレシピエントの思い込みなのかもしれないし、臓器内の神経組織が記憶を蓄えているからよいう説もあります。今後解明
不可能というわけでもないでしょう。興味を引く話なので、よく小説や映画の題材に取り上げられてますね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%98%E6%86%B6%E8%BB%A2%E7%A7%BB

59 :Dow:2010/06/27(日) 22:52:30 ID:ua1If62f0
>>57
むろん現代では人柱はできません。建築会社はそもそも犠牲者を出したくないでしょう。それこそ補償に金がかかるから。ww

60 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 22:54:05 ID:RdI3pFlR0
で、結局は地鎮祭と事故との因果関係を客観的数値として示すようなモノは何もない、と。



61 :青い猫:2010/06/27(日) 23:01:00 ID:Vde0beQV0
>>60
地鎮祭に限定せず、祈祷を行うことおよびその施設に範囲を広げるとね、
この場合の事故を事件や災害(人災)も含めると考えれば、祈祷と事故との
明確な因果関係はすでに証明済みですよ。わかりませんか?
あなたはきっと戦後生まれですよね? だったらこの恩恵を十分に受けているはずです。

というのも、太平洋戦争中、日本国内が爆撃を受けた際に、名だたる神社・
仏閣はその被害を避けたことから、明らかに祈祷と事故には相関関係が認められる。
そして、神社・仏閣があったことで命拾いした住民はこの因果関係を認めざるを
得ないはずだ。これを詭弁と呼ぶなら生き残った住民に対して失礼だ。

62 :Dow:2010/06/27(日) 23:10:21 ID:ua1If62f0
いや、ちょっとわかりにくいレスをしたかな。人柱とかいわれてた頃は人足が何人死のうが工事の完成が最優先された。現代の
建築会社ならむろん犠牲者は出したくないでしょうが、「この規模の工事ならこれくらいは人が死ぬかな」とかあらかじめ想定する
ケースはあるかも。

>>61 
文化遺産のあるところは米軍も攻撃対象にしなかったということもあるんじゃないですか。あとそうですね。上で出てきた自然への
畏敬というのはあるでしょう。わりと最近まで「お止の山」とか「入らずの山」とかいって、禁足地になってたり、木の枝一本でも手折
ると祟りがあるなどと言われた。神社でも、建物は拝殿でご神体は山そのものというとこもあります。大規模ダム工事などは、大きく
地形を変えるので、土地神に対する挨拶といった意味もあるのかもね。


63 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 23:13:15 ID:RdI3pFlR0
>>61
>明確な因果関係はすでに証明済みですよ。

だから、その証明はどこの誰がやってんの? 明確というからには資料があるんじゃないの?

地鎮祭をしなくて事故が起きたケース  地鎮祭をしたけど事故が起きたケース
地鎮祭をしたのに事故が起きたケース  地鎮祭をせず、事故も起きなかったケース

について記した詳細なデータがあるんじゃないの? あるから「明確」なんでしょ?


>日本国内が爆撃を受けた際に、名だたる神社・仏閣はその被害を避けたことから、

歴史の遺産に手を出すのはやめようという人間の意志が働いたとは考えられないかねぇ?

あと、名だたる神社・仏閣のある場所は爆撃しても戦略的意味はない場所だ、とか。
要するに爆撃の標的にする価値がないってことさ。

霊なんぞ持ち出さずとも、合理的な理由はいろいろと考えられる。
それだけで神仏やら霊の存在を主張する根拠になると本気で考えているのだとしたら(以下、略)


>神社・仏閣があったことで命拾いした住民

広い敷地があれば、火災の被害から逃れられる可能性は大きくなるよね。



64 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 23:22:50 ID:TSrM7x850
海開きや山開きする時には、行政が神主さん呼んで祈祷をするよね
多くの人が自然や超自然的な存在を心のどこかで信じ、畏敬 畏怖の念を抱いているんだよな
霊が存在するかどうかとはまた別の話だけど

65 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 23:30:51 ID:RdI3pFlR0
霊とは関係ない話だけど、行政がそういう依頼するのって、憲法には抵触しないのだろうか?

66 :Dow:2010/06/27(日) 23:31:38 ID:ua1If62f0
戦後の米軍の情報開示では、たしか京都は当初原爆投下の候補4都市に入っていたはずです。それが、やはり文化遺産を考慮
して京都がリストから外され、長崎が加わった。これらの都市は、後に原爆を投下する可能性があるため一般空襲の対象にされ
なかった。米軍にしても日本を殲滅させるつもりはないから、その後の占領政策を考えればやらなくて正解なんでしょうね。

67 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 23:32:30 ID:RdI3pFlR0
>>63はヘンだね。訂正。

地鎮祭をしなくて事故が起きたケース   地鎮祭をしたけど事故が起きたケース
地鎮祭をして事故が起きなかったケース  地鎮祭をせず、事故も起きなかったケース

について記した詳細なデータがあるんじゃないの? あるから「明確」なんでしょ?



68 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 23:33:29 ID:XbX5bqG10
下痢が止まらんなんとかしろ

69 :Dow:2010/06/27(日) 23:38:27 ID:ua1If62f0
あとは上棟式は一般家屋の建築でもやりますよね。これは平安初期あたりからの伝統なんですが、まず一般家屋の工事で死亡
事故が起きるということもないだろうから、気持ちの問題ですよね。現代の日本人の生活のそこかしこに神道的なものが残ってい
ると。

70 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 23:43:19 ID:RdI3pFlR0
>>68
出し尽くせば止まる・・・・・・かな??

71 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 00:07:54 ID:1wjanOQ30
青い猫氏は、またもや返答に詰まってトンズラですか?



72 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 00:16:19 ID:FwYS/b840
宣伝

霊感0だが、一般に言う「幽霊」とやらに遭遇してみたいんだが!!
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1277643418/

73 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 00:36:39 ID:Pvlor/t+0
統合失調症の人が、パソコンやネットに病的に
のめりこむことは割とよくあります。
>>61はジプレキサ6mgからの投薬治療が必要だと思われます。

74 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 01:37:47 ID:wpTwm6320
>>71
別に青い猫さんとやらを庇うつもり無いけど、儀式をやらないと何かが起きる事が多いから大企業や役所も儀式をやるんだよ。
でなければ、経費が税務処理で認められる訳が無い。
そしてやらないで何か起きても記録や資料には具体的な記述で残らないでうやむやにするものだよ。
まさか会社や役所が起こった出来事を全て正確に記録してるとでも?
古今東西社会生活というのは辻褄を合わせて差し障りないように回していくもんなんだよ?

75 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 02:19:54 ID:kqb7Wc7IO
>>68
抗生物質とか?

76 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 02:35:23 ID:1dGxzPMRP
地鎮祭と事故発生率の因果関係は不明でも、
地鎮祭を行っている割合から考えると、やはり多くの人が非物質的な「神」や「霊」といった類の存在を
どこかで信じているということになるだろうね。

世の中の大半が、馬鹿馬鹿しい迷信だ と完全に確信していたら誰も地鎮祭なんかやらないだろうからね。

77 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 02:42:44 ID:KaosuQ8G0
>>76
そうだね。どこかで信じてるんだろうね
ところで、このスレは幽霊の存在を科学的に考察するスレなわけだが……

78 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 06:24:25 ID:1wjanOQ30
>>74 >>76
友引の日には葬式をしない、仏滅の日には結婚式をしない・・・・・・
というのと同じ程度のモノなんじゃない?
これって、何か霊的なモノを信じてその日を避けているわけでもないでしょ?






79 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 06:37:22 ID:SliCtydKO
別に信じてなくてもやるケースはあるだろ

この日本には、儀式的なものを行う、という文化があるし、それを受け入れている人が多いから
それらの人々へのアピールとも解釈できる

例えば地鎮祭をやることで、安全意識の高さを近隣住民に示すとかね

短絡的に、儀式=霊的なものへの信仰、としなければならない理由が無い
犬作さんの小間使いならそうしたいのかもしれんがね

80 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 06:43:15 ID:Omo1f20q0
羽田空港内旧穴守稲荷神社の赤い大鳥居、GHQによる撤去の際の事故頻発関連記事

http://www.daimeikikou.com/news.html
http://www.daimeikikou.com/news.html
http://pvhaneda.jimdo.com/活動項目-方針-経緯等/1-これまでの経緯/平和の大鳥居の由来/
http://www.withfox.jp/guideOta/anamoriinarijinja.html
http://okuromieai.blog24.fc2.com/blog-entry-704.html
http://www41.tok2.com/home/kanihei5/tokyo-anamori.html

81 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 06:57:09 ID:1wjanOQ30
地鎮祭をしなかった工事で、作業員が自分の足に荷物を落として怪我をした。
地鎮祭をしたけど、作業員がつまづいてコケて怪我をした工事もある。
・・・・・・さて、前者の事故は、地鎮祭をしなかったことが原因だと言い切ってよいか?

地鎮祭をした工事が無事故で終わった。
地鎮祭をしなかったけど無事故で終わった工事もある。
・・・・・・さて、前者が無事故で終わったのは地鎮祭のおかげだと言い切ってよいか?


事故が多かった事例だけをいくら取り上げても意味が無いのだ。

「O型血液の人は虫歯が多い」ということを証明しようというとき、
虫歯のある人のなかからO型血液の人ばかりをかき集めてきて
「こんなにたくさんいるぞ!」と言っても無意味なのと同じ。
他の血液型は? O型で虫歯の無い人はどれくらいいるか? という調査が当然、必要。



82 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 07:02:20 ID:SliCtydKO
何年何月何時何分に
どんな状況下で
どんな事故が起きて
どんな被害が出て
その事故についてどんな解析をして
どんな結果が得られて
それをどんな理論を用いて、どう考察して
祟りという結論に至ったのかが全く記載されておらず
儀式と霊的なものの関連性を示す資料としては無価値
物語以上の意味を持ちませんなぁ

83 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 08:05:39 ID:svV+XFuPO
結局そういう事なんだよな。
確かに、あまりの説明の無さ加減に、つい決め付け的な言い方になる事はあるが、
実際の所、こちらは質問しているのだよ。
正直な話しチンプンカンプンで、とても「いる」とは考えづらいが、
「いる」可能性も考慮するからこそ質問してるわけだよ。
で、他のモノの可能性も大いに残る中、
それらとは違うのだ。明らかに違うのだ。
幽霊?霊的?なものなのだ。
と言うばかりで、決定づけてるモノが何か、我々には全く解らない。

私が経験したのだから間違いない、の類なら、このスレにはいらない。

84 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 08:22:34 ID:Omo1f20q0
>>83
物証ならこれからも出てこない、触ったら大勢が死んだとか、病気が治ったとか、
祈祷により静まったとか、間接的な事象から類推できるのみ。

85 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 08:35:55 ID:svV+XFuPO
>>74
どこかで信じてる。
確かにあるねー。
実際、生まれてから文化、儀式的なものに洗脳されて育ってるからね。
それはそれで別にとやかく言うつもりは無い。
全く必要ないとも思わない。
けど、それが全て事実を表してるわけではないし、ここで言う「いる」を決定づけるモノにはならない。

雷が神の怒りだとでも?
確かに気象については解明?(神以外の力として)されているが、
それでも、実はその気象現象と解釈してるものが、神の力ではないとは証明はできない。
そうかもしれないだろ?
あなたは常識に縛られてる。
科学が、、、唯物、、、
と言ってるのがあなた達で、確かにその可能性を否定しきれないから、何故そう決定できるのか質問してるのが我々だ。


86 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 13:31:02 ID:FUPHLkLQ0
幽霊が何らかの力で事故を起こせるなら
殺人だって楽勝だろう
となれば今頃は未解決殺人事件だらけの世界になっていないとおかしい

87 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 15:44:11 ID:p8WVySyZ0
>>86
噂だって力はある、結果的に殺人となることもある。
証明できないし道理にも理屈もおかしいという仕組みならば、
それを原因とはできないのは当然の話である。

その噂やら幻の観念の力が強大だからこそ、法で風評で株を操作することは
違法とされているわけだ。

88 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 15:51:42 ID:tPr0/pWy0
迷信を根拠もないのに信じてるやつ=アホ
科学的に考えられる自分=賢い

自惚れホイホイ=このスレ

89 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 15:57:56 ID:svV+XFuPO
噂に力があるのは認める。
で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。

90 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 16:23:37 ID:svV+XFuPO
ハッキリ言って、お互いに言い合うのも面倒だろ?
そこで提案なんだけど、こちらは疑いながらも、幽霊?も含め、あらゆる可能性を認めます。
ただ、我々の判断では、それらが幽霊?霊的なもの?とは、今のところはやはり決定できないし、
十分に疑わしいのが本音でありまする。
幽霊やら霊的なものが存在すると言う人達は、
間違いない判断材料、決定的な何かを持っているに違いない。
そうでないのに言ってるのであれば、それこそ霊的唯物論だからな。
霊的なもの?の可能性は認める。
で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。

今まで出された証拠らしきものでは意味がないので、見苦しい繰り返しはしないように。

91 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 16:50:39 ID:svV+XFuPO
簡単な話しだ。
「いる」と言い切るだけの、ある何かを晒せばいいだけなのだから。
まさか、自分が体験した???からとか、あなた達には解らない、、、
ってな理屈じゃあ無いよな。
少なくとも地球に生まれ、人間であり、日本人なんだろ?
その思考回路はそれに基づいてるわけで、思い込み、信じてるの類で無ければ、
共通言語として、説明できないわけがない。
それとも地球外の、特別な教育を受けたのかな?
例えとして良く科学の間違いを持ち出す人がいるが、それと比べるには、あまりにも科学者達が気の毒だ。

92 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 17:08:04 ID:p8WVySyZ0
>>89
ではその幻の幻想でなんで基地外が悪さをするの?
霊的な何かが実際に力をもっているから基地外の行動原理となる。
それは風評と大差ない。

基地外は現実に幻を現実に感じている、それは噂と何の違いもない。

人間は理屈で動くまえに感情で動く動物だと知れ。

93 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 17:12:01 ID:I1ZfE6nT0
>>91
またキチガイが写真に写ってます証拠です
捏造できるから捏造するっていうのはうんぬんの、
屁理屈にすらなってない雑言繰り返すだけ
あ〜あwとか
やっちゃったwとか
そんな書き始めでwww

94 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 17:13:17 ID:p8WVySyZ0
恋は魔法と同じ、そして霊的な力で異性を錯覚させ理性を奪う。

理性が奪われたものは論理的合理性を無視し非合理な魔法に落ちてゆくわけだ。

それは霊的な魅力が力として現実になる場合でそれを物理的に証明できるものではない

間違えて機能すればホモもレズもショタもロリという間違った幻想やら妄想が
そこに生まれ霊的に支配され力となる。

ロリが動く間違った認知こそ噂の類と同じで不明確で曖昧な霊的に感じる
欲求ってやつ。それを科学的にロリやらホモは絶対ありえないとか
言っている時点で「何も学んできてなかったんだなと」捨て台詞。

95 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 17:17:45 ID:svV+XFuPO
>>92
全く説明になってないよ。
で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。

おのれのいい加減さを知れ。

96 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 17:22:13 ID:svV+XFuPO
>>93
きちんと読んだか?
脳みそハゲ君。

こちはら、今のところどちらとも言えるて認めている。
この状況で「いる」と言い切る人達に、、、

まず文章全体をとらえる練習から始めろ。

あーあ。

97 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 17:32:45 ID:I1ZfE6nT0
>>96
>>93

98 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 17:35:55 ID:svV+XFuPO
で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。

99 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 17:42:21 ID:I1ZfE6nT0
お前は自分の都合のいいようにしか文章を捉えられないのか?
俺に聞くな、キチガイに聞けks

100 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 17:44:56 ID:svV+XFuPO
「いる」と言い切る人達、、、と、何度も書いてる。
該当しないのに飛び込む糞虫まで責任は持てないわ。

で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。

101 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 17:46:59 ID:I1ZfE6nT0
>>100
>>93>>99

102 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 18:03:30 ID:svV+XFuPO
あんたが勘違いして飛び込んだんだろ?
それは解ったし、見苦しいから消えてくれるかな。

で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。

103 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 19:00:29 ID:I1ZfE6nT0
>それは解ったし、見苦しいから消えてくれるかな。
>で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。
消えて説明しろって、どっちだよw
お前がキチガイと同等程度にしか日本語読めないのはわかったw

104 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 19:30:28 ID:Omo1f20q0
>>86
年間16万人変死がいるけど。

105 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 19:32:44 ID:t42z6rvN0
幽霊はいない
証拠はいると言う証拠が無いから
ただそれだけ
何事も持ち出した側に責任あり

106 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 20:45:25 ID:Vkt5kLBm0
>>88
否定派の頭が良さそうに見えるのが悔しくて悔しくて仕方が無いのに
どうすることも出来ない惨めな自分をカミングアウトしたんですね。

大丈夫、否定派もスーパー天才でも何でもない、君と同じただの人間ですよ。

107 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 20:48:05 ID:Omo1f20q0
>>105
それでいいよ、唯物論者は地獄行きと言ってる霊能者がいるけど「もし」そうなっても
「確実」に、おまえの「責任」だからね。間違えないように!

108 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 20:55:07 ID:z2j3j/lC0
地鎮祭だのなんだの言ってるけどな、あんなもん、神主のメシの種ってだけだ。
逆なんだよ。
地鎮祭やらないで事故が起きると「地鎮祭やらなかったからだ」って言い出す奴が
いるからやるんだよ。やってりゃあ言い訳ができるんだよ。
ついでに、「人柱」なんて馬鹿じゃねえかと?
今、建設業界で1人でも死亡事故起こそうもんなら、大手だろうが零細だろうが
関係なく大変だっての。
監督署と警察に、過去から洗いざらい調べられるし仕事は止められるし干されるし。
この前市原で二人亡くなった現場にいたが、ありゃあ大変だよ。

109 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 21:53:25 ID:Omo1f20q0
まあ、いかがわし気な霊能者とか天国地獄などという戯言は気にせずに、唯物論ぶちあげて死ぬまで暴れてれば良い。
進化論も幻覚もナニカラガ仮説に過ぎないとはいえ、いかがわしい宗教なんかより科学を信仰したほうが安心だもんねw

わからないことなど人のせいにして、自己責任を捨てて、おいしいとこだけゴチソウサマ人生が一番だよね。

110 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 22:45:23 ID:tPr0/pWy0
大勢ホイホイされてるなあw

111 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 22:48:09 ID:1wjanOQ30
>>109
幽霊説だの、神様説は、「仮説」の域にすら達しないけどね。



112 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 23:13:40 ID:Omo1f20q0
>>111
いいから、そのままガンバレ。

113 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 23:19:05 ID:I1ZfE6nT0
>>112
どうみても頑張って暴れてるのはお前だけどなw
お前も頑張れよw

114 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 23:25:32 ID:THMA9Q2E0
信じてる奴って純真だなって思うよ
塩とか盛ってるらしいじゃん。毎日新しいのに取り替えて
どっかから仕入れた適当な知識を信じ込むんだからすごい


115 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 23:25:41 ID:1wjanOQ30
>>112
普通に、当然のことを述べるだけ。何も頑張る必要はない ♪


116 :能力者とかじゃないです:2010/06/28(月) 23:27:42 ID:DheZP2zU0
>90さん
比較的日常の中で得体の知れないものを見てるものです。
私は、アナタと同じようにいないということ、私がとうしつであることを含めあらゆる可能性を認めます。
どちらかというと、否定論者なんですが、「いない」という判断材料、決定的ななにかを持っていません。
今まで出された否定論らしきもの「多数の人間が体験してない」という論法では意味が無いので、繰り返しは
しませんが、否定論の中で⇒私が見ているものは「意思を持った『幽霊』というものではないという観点において
結局、「見た」「写った」「記録に残った」「聞こえた」「上に乗られた=接触した」「祟られた?」等の経験を誰かが
語ったとき
1)うそつき
2)とうしつ
3)やくぶつちゅうどく
4)さっかく
と断じ、証拠・証言と認めないのでは、可能性を認めていないのでは?「思い込み(既にアル結論)からは
何も生まれないのではと思います。
ちなみに私は、自分自身が「知的レベルが低い」「トウシツ」「薬物中毒」とは”思って”はいませんw

117 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 23:41:19 ID:FUPHLkLQ0
>>116
うそつきの可能性もあるし、とうしつの可能性もあるし
やくぶつちゅうどくの可能性もあるし、さっかくの可能性もある

ほとんどの体験談の場合、聞き手からの視点だけではどの可能性も否定できない
つまり証言としては無価値

あらゆる可能性を認めるという立場なら、こういう結論に至るはずだが

118 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 23:44:15 ID:KuNzBnF40
霊的な何かを見てしまう人が存在することは事実。
実際、その霊的な事象が何なのか解明できてないのも事実。

119 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 23:46:51 ID:aKryieNnP
科学は、霊能者や宗教家の妄言を否定できる根拠を、何一つもっていないよね。

120 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 23:50:48 ID:I1ZfE6nT0
妄言を証明する素材がないんだもの
言うだけならタダだわな
そこに否定も何もない

121 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 23:56:49 ID:THMA9Q2E0
>>116
ほんとに否定論者かよ
とりあえず見えた物体に対して、触れる、蹴る、照らす、消灯、送風してみる、グラサンごしに見る、撮る、コミュニケーションするくらいはやったんだろうな?
否定論者なら日常で見える特殊環境なら、まっさきに分析するだろ


122 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 23:59:08 ID:1wjanOQ30
>>119
一見すると不思議な現象について、科学はある程度までは合理的な説明をすることができる。
その説明は、実際に観測された事実や実験・観測によって実証された理論にもとづくものである。
それに納得するかしないか、どれだけの信憑性を感じるかは、それぞれが決めること。
ま、少なくとも、体系的な実験・観測にもとづくモノが何もない幽霊説や神様説よりは信頼できるわな。






123 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 00:01:12 ID:KuNzBnF40
妄言と言い放ってしまうには、古の時代から、あまりにも世界中で目撃例や体験談が多すぎないか?
イギリスには幽霊保険というのがあって、実際に保険金が下りた事例もある。
なんでも、家に霊が出たらしく、それが調査員によって認められたらしい。


124 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 00:07:05 ID:W/zp9ZJU0
今の科学では未来を100%観測することは無理。
霊と呼ばれる現象も人間の行動同様一瞬先を予知出来ない限り捕捉は無理。
科学は所詮後追い。現在科学未確定予知能力・予測能力を備えた人間には
感知できる。言葉や知識のみが脳味噌を占めている人はその領域を出ない。
科学はまだ大海に落とした一滴の雫でしかない。
人間は生物の類で有ると同時に細胞分裂を一定期間で終える単期間単収集体である。
個々で収集するものも違えば機能や仕様にも差が有るのは当たり前。
人間もまたこの星の成分で組み立てられては壊されまた組み立てられる積み木のよう。
【肉体の消滅と共に残留するエネルギーの珠ヒトはそれを・・魂と呼ぶ】

125 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 00:13:33 ID:f7SUVhZo0
俺もパーキングに駐車した時に、バック中にフロントガラス右下にいきなり白い服の子供の姿が見えて焦ったよ
でも、そのまま顔を背けずに、バックもせずにジーっと見てた
すると正体は右上に吊ってるカービィが反射して出来たものだったんだよ
さらにバックすると、ふっと光が人型じゃなく、普通のカービィの反射した姿に戻った。

これでわかったのが、光の反射、屈折がとんでもないものを作り出すということ。
これ大事。
人は普段歩いたり動いてるから作り出された幻影も一瞬しか見えない。
だからそれを見て確認する間もないままに、あーびっくりした幽霊かな?ってなる。
俺はたまたまジっとしてたから、違うものだと判定できた。

126 ::2010/06/29(火) 00:13:44 ID:Yzuv1kgo0
なーんちゃって(テヘ)

127 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 00:20:32 ID:mGgyA4x9O
口だけ大将君は、聞き飽きましたよ。
で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。


128 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 00:27:49 ID:jzdNRgxUP
繰り返すが、あの世(死後、霊界、神)が実在なら、証拠(答え)など示すわけが無い
物的証拠のないものを認識できるかどうかの、知能検査だ。それにより、天国地獄(検査結果)が決まる。

まだまだ科学に、オカルトの実体(回答)を見せるわけは無い。

129 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 00:31:47 ID:exGJMc5c0
ワハハハハハw

130 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 00:31:52 ID:mGgyA4x9O
だったらスレちですな。
サヨナラ

131 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 00:32:50 ID:OUmZL6Pf0
>>123
古の時代から、あまりにも世界中で目撃例や体験談が多すぎるにも関わらず、
なぜか明確な証拠が1つも出てこない。
このことはむしろ、幽霊の実在が疑わしいことの根拠になる話だと思うが。

132 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 00:34:24 ID:W/zp9ZJU0
予感・第六感・虫の知らせ。
本来ならばもう死んでいる人が死と生を分ける瞬間に見る感じるもの。



133 :青い猫:2010/06/29(火) 00:36:46 ID:9HBdBz3K0
>>131
むしろ逆で、「明確な証拠」の定義がされていないことの方が問題だよ。
なにが明確な証拠と呼べるのか、一向に定まらない。これは現象を否定する
側に問題がある。否定すべき現象をそもそも認めていないという矛盾。

134 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 00:37:39 ID:GY24YSAP0
人間の感覚刺激の認知には人間ならではの共通する弱点があり、
それがしばしば“ヘンなもの”を見せるという現象を引き起こすのであれば、
世界中で目撃霊や体験談が多いのも納得できる。
国や民族や時代が変わっても、同じ人間なのだから。

「視覚認知に共通する弱点が存在する」というのは、多くの“錯覚図形”において
ほとんどの人間が同じ錯覚を起こすという事実によって裏付けられる。



135 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 00:37:59 ID:exGJMc5c0
知能程度の問題です。

136 :青い猫:2010/06/29(火) 00:39:54 ID:9HBdBz3K0
>>134
錯覚は写真やビデオに記録できないよ。そして、大昔には写真やビデオは存在しないよ。
あいかわらず、この点を都合よく無視しますね?

137 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 00:40:43 ID:mGgyA4x9O
で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。

138 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 00:41:33 ID:GY24YSAP0
>>133
被告人に対して「犯罪事実あり」と主張する検察側が証拠を出す義務がある。
検察側が「どんな証拠なら被告人が犯人だと信じてもらえますか?」などとは言わない。
それを言うのは3流以下のダサい検察官だ。というか、検察官の資格はないね。

それと同じ。「幽霊は存在する」と主張する側が考えて出すべき。じつに簡単。

以上。おやすみ。朝までに考えといてね。



139 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 00:42:58 ID:GY24YSAP0
>>136
ビデオに何かが写るという現象と
人がヘンなものを見るという現象が

同じ原因にもとづくという証拠はない。
残念、却下だ。おやすみ。


140 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 00:44:07 ID:W/zp9ZJU0
>>134 画像や動画やポルターガイストは?
   人は他の人と同じじゃなきゃ認められないて言う弱点も有り?
   特殊な能力を(本来は皆備えているのかも)認める能力も有るはず。

141 :青い猫:2010/06/29(火) 00:44:27 ID:9HBdBz3K0
しかし、よくもまぁ、これだけのステレオタイプが持ち出されることだことw
幽霊や心霊現象を否定するひとの特徴を見事に再現してくれている。
もしかしてこれってわざとやってますか?w

マジでやってるんだったら相当に程度が低いですよ。

142 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 00:47:08 ID:mGgyA4x9O
人の批判は解った。

で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。

143 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 00:51:27 ID:W/zp9ZJU0
>>142 決定てw勝負じゃないんだから。 
  これだけ全世界で現象の物的証拠も証言も有るのに否定する方が石頭?

144 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 00:56:17 ID:exGJMc5c0
否定者は知能が低い、決定。

145 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 00:57:00 ID:GY24YSAP0
>>140
すべての不思議体験に共通する、などと書いた覚えは無し。
ポルターガイストについては、また別の角度から。

>>141
人格批判に走って論理的な反論をしない(できない)という人間。
見ていてまことに情けない。というか、可哀想。
朝までに論理的な反論が書かれていることを期待する。

今度こそ、おやすみ。


146 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 00:58:26 ID:mGgyA4x9O
>>143
いや、日付が変わる前だからあんたが勘違いしても仕方ないが、
オレは否定してないよ。
十分に疑ってはいるが、可能性はあると。
けど、「いる」と言うだけのものは無いし、よく言われる他の可能性との違いが解らない。
「いる」と言うからには、霊的?な力だと決定できるだけのものがあるのだろ?
で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。

あと、決定が何故勝負につながるのか意味不明。

147 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 00:59:18 ID:OUmZL6Pf0
>>141
ま、具体性のない批判は批判とは呼ばないのでそれは罵詈雑言でしかない。

……聞き覚えがあるフレーズのはずですよ。

148 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:02:52 ID:W/zp9ZJU0
論理的に型にはめないと理解できない・・・・そうかあロボットだっw
なるほどプログラム一文字違うだけで動かないもんなあ(−人ー)



149 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:03:36 ID:exGJMc5c0
否定派は、悔しくて悔しくて歯ぎしりしちゃて、寝よーにも眠れない夜。

150 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:04:34 ID:gYoi+PcZ0
>>131
俺は霊の存在を肯定も否定もしない。
しかし懐疑的でもなく、やはり何か人知を超えた存在がいるように思える。
俺のような思いを持つ者が世界中に多く居るのだとすれば、肯定派も否定派にも、
その疑問や謎に対し、明確な答えを示しもらいたい。
特に完全否定する科学者にはそれを望むよ。

151 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:04:48 ID:mGgyA4x9O
スレちですな。

で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か

152 :青い猫:2010/06/29(火) 01:05:21 ID:9HBdBz3K0
>>147
つまりだ、ご自分がステレオタイプであるとの自覚がないってことね?
はい、語るに落ちたw

どこがステレオタイプであるかを具体的に語るまでもないから指摘したんですけどね、私は。

153 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:07:52 ID:W/zp9ZJU0
体験者同士では普通に理解同調できるのに残念無念。
>>146さんもいつか体験できるといいね。くらい?

154 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:08:13 ID:mGgyA4x9O
ステレオでもモノラルでもいいじゃないか。何焦ってんの?

で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。

155 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:10:49 ID:mGgyA4x9O
はい、この前も書いたが、結局、
あなたには解らない。私には解るのです。
の類しかない。
完全にスレちですな。

で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。

156 :青い猫:2010/06/29(火) 01:10:50 ID:9HBdBz3K0
>>154
死者が姿を現すことをもってして、その現象が霊的な現象だと言っているだけ。
これでもまだ理解できないか? 難しいか? その判断も決定できないか?

157 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:13:33 ID:mGgyA4x9O
間違いなくそれが死者だと、ここで言われてる他の可能性とは違うと、決定できるものは何か。

158 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:14:29 ID:f7SUVhZo0
霊能者が霊をつれてきて、それを公正な場で、数人の霊能者がぴたりと容姿をあてる。
これで終わる。
科学は関係ない。納得できる未知の可能性というものを見たいものだ。
長い歴史で、一度として公でそういった事が成功した例がない。
信じる者は奮起し、霊能者を集めてみるべきだ。
曖昧な証言証拠では立場も悪いままだろう。

159 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:14:47 ID:gYoi+PcZ0
ビデオや写真に写ってるもの。
それも解明できないなら、居ないとは断言できないよな。

160 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:16:39 ID:f7SUVhZo0
(つづき)
否定派は、肯定派の実験に誠心誠意協力しなければならない


って大学の教授がいってました

161 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:17:30 ID:mGgyA4x9O
>>159
いないとは言ってない。
で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。

162 :青い猫:2010/06/29(火) 01:17:50 ID:9HBdBz3K0
>>157
なんだ、きみは鏡を見ても自分の顔が分からないというわけか。
そうか、そうか、納得だ。
このバカさ加減には希少価値あり。

163 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:20:15 ID:exGJMc5c0
>>155
そうです、あなたには解らない。悔しいね〜

あまりにも悔しすぎて、気に入らない書き込みはすべて「スレチ」とほざくしか脳がないのだね〜悔しいね〜

164 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:20:34 ID:mGgyA4x9O
>>162
人の批判は解った。

で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。
ここはそういうスレだよ。

165 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:21:06 ID:gYoi+PcZ0
>>161
俺もいるとは言ってないよ。
だから霊ではないという確証は?

166 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:21:51 ID:mGgyA4x9O
>>163
悔しいでいいよ。

で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。

167 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:24:08 ID:mGgyA4x9O
>>165
いる派の人じゃないんだね?失礼した。
じゃああなたには聞かない。
オレもいないとは言ってないので答えられない。

168 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:25:58 ID:exGJMc5c0
>>164
だから〜、ここは証明や結論するスレではなく、低能な否定者に肯定者が手取り足取りするスレでもない

ともに考察するのみ、他人に責任を押し付ける教えてちゃんのアンタこそ「ス レ チ」。

169 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:27:55 ID:mGgyA4x9O
>>168
責任を押し付けてるわけじゃないだろ。
考えるも何も、わたしには解るだけじゃあねぇ。

で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。

170 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:31:29 ID:exGJMc5c0
>>169
仏教では、君のような人を「餓鬼」という。

餌を与えないで、放っておけとの師の教え。

171 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:32:21 ID:mGgyA4x9O
何故、ここで言われる他の可能性ではない、「いる」のだと判断できるのか聞いてるのだろ?
責任云々て、どこから出てくるのかな?
それが解らないと考えようがないだろ。

で、それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何か。

172 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:33:58 ID:mGgyA4x9O
>>170
餌を持ってないのでは?

173 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:38:43 ID:kn8cvI0W0
>>ID:mGgyA4x9O
とりあえず今はお前がウザイw
それこそ基地外と他人煽ってるだけの「考察」くんに
意固地になって絡むな

どっちもただのレス乞食だろうが

174 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:38:51 ID:exGJMc5c0
>>ID:mGgyA4x9O
考えろ!それがこのスレの趣旨。きみはスレ(気)チ(外(害 病院池!

175 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:39:26 ID:gYoi+PcZ0
>>167
否定はしてないよ。
やはり、現時点で霊と呼ばれるものが存在するのではないかと思う。
ただそれが何なのかは分からない。

176 :青い猫:2010/06/29(火) 01:42:15 ID:9HBdBz3K0
>>175
たぶんね、その文章の中に答えがあるよ。
「霊」は「霊」であって、その他のなにかではないと思うよ。
「エネルギー」は「エネルギー」であって、その他のなにかではないのと同じ。

177 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:43:49 ID:mGgyA4x9O
>>173
別に意地になってないよ。
話す上で当たり前の事を聞いてるだけ。

>>174
考えるとは曖昧な部分をすっ飛ばす事?
まずそこをハッキリさせないと考えようがないだろ。

178 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:54:44 ID:mGgyA4x9O
168:06/29(火) 01:25 exGJMc5c0
>>164
だから〜、ここは証明や結論するスレではなく、低能な否定者に肯定者が手取り足取りするスレでもない


オレは否定者じゃない。
結論するスレではないのだろ?
「いる」と結論してる人達がいるから、聞いてるのだよ。
それが霊的?な力のせいだと決定できるものは何かと。

179 :青い猫:2010/06/29(火) 01:58:48 ID:9HBdBz3K0
>>178
きみは微妙に立ち位置を変えつつあるよね?
突っ込み甲斐があるってもんか?

まずは、「霊的」っていう言葉の意味を辞書で調べろ。話はそれからだ。
バカさ加減を露呈し続ける姿ってイタイよ。

180 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 02:03:41 ID:mGgyA4x9O
いや、そんなごまかしは要らないんだよ。
だから霊的?と書いてるし。
で、「いる」と決定できるものは何か。
ならいいのか?

181 :青い猫:2010/06/29(火) 02:09:05 ID:9HBdBz3K0
>>180
きみが書いているのは、「霊的な力」であって、「霊の力」ではないってことでしょ?
だから辞書をひけと言ってるんだよ。薄っぺらい詭弁をたれ流すのはかなりイタイヒトだよ。

霊に相当するモノは存在すると主張しているひとに対して、その根拠は?
と問いかけているつもりのようだが、その回答はとっくに出尽くしている。
この事実をどうして認めようとしないの? だからおまえはバカと罵られてるんだよ。

182 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 02:14:07 ID:mGgyA4x9O
いや、回答が出てると思ってる人は一部の人だよ。
じゃあ、あんたは今のところ「いる」「いない」どちらとも言えないでいいのだな?
なら聞く事はないよ。

183 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 02:16:13 ID:W/zp9ZJU0
>>180さんに「いる」を確証してもらうには余程強い残留思念や浮遊思念に
出会ってもらうか降霊術の場にでも立ち会ってもらうのが一番だとは思うけど。

でも考えてほしいのは「霊」や「不安や恐怖する何か」が存在しない世の中「愛」「思いやり」の無い・・
それは人類の社会ではなく感情の無い事務的なマシーンみたいな無機質な社会・・その方が怖い。かも
「それを感じ取れるヒトがまだ居るから人類なんじゃないかな」

184 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 02:18:02 ID:8Y43BzEM0
                ,
                  /
               /
                 /
  ̄``ヽ、       /
      ``‐、     i
        `ヽィ'⌒ヽ.,_
             ト_,__,..>'``ーァ‐''´ あまり私を刺激しない方がいい
          ノ:;,.,r-‐'´ ̄_r'´ /i
     ー、r‐ァ‐'-‐'´__,..、‐_,.、-‐イ/ !
       そ‐、二_、-‐'´    .! ト、
          >、 ヽ、     |  i. i_
          ,.r'/!ヽ  `ヽ、   !  〉.トミ
       iィ´  /、ヽ、  ヽ、 j-<  ! i!
       !i   /∧ ヽ`ー'´!`‐' `ヽ.ノ. !i
      _.」> !.i  ヽ、  ./ 〈ヽヽ.ー.i! !i
     r'´   i.!   `ヽィ.く ヽヾ、`ノ !i
           !i     `‐-、.,_/.  tゝ
          !i
          i !
          〉!
           t/

185 :青い猫:2010/06/29(火) 02:19:57 ID:9HBdBz3K0
>>182
またバカさ加減全開だw

回答してくれって要求しておいて、その回答を認めているのが一部のひとだぁ?
アホか、すでにいくつもの回答が存在するのに、まだ聞くかってんだよw

さすがに希少価値があるわけだ。こいつはw

186 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 02:23:08 ID:kn8cvI0W0
>>ID:mGgyA4x9O
レス乞食に構うなってw
お得意の人格攻撃の勝利宣言もでたことだし、以降スルーでw

187 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 02:25:51 ID:W/zp9ZJU0
>>184 あっちでみんなが呼んでいるよ。
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1267414312/l50

188 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 02:26:50 ID:mGgyA4x9O
>>183
残留、浮遊思念からして良くわからないが、、、、
まあ、せっかく丁寧に書いてくれたのでサンクス。
ただ、中盤以降は「いる」「いない」と関係ないよね。

189 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 02:39:14 ID:W/zp9ZJU0
>>188 ・・・ダネ。漏れもスレチ(反省
こればかりは体験する以外決定するものてのは難しいかも。
物的証拠はたくさん有る。画像・動画・ポルタ・・さっき書いたなw

漏れは幼少の頃から色々見たり体験はしているよ 声・姿・物体移動。
・火の玉
・草むらの土色生首
・事故現場憑依霊(夜中に部屋の角に立たれた)
・中国語の声だけ幽霊
・追い越し際に居た並行車後部ガラスの中の少年(目だけこっち見て動いていた)
・社屋ガラスに猫を抱いた女性・・・・あげればキリが無いw

190 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 02:45:28 ID:exGJMc5c0
>「いる」と決定できるものは何か。

そんなもの、あるわけないだろ!キチガイ!たぶん世界中探しても、君の納得する答えは無い。

>「いる」と決定できるものは何か。
>「いる」と決定できるものは何か。
>「いる」と決定できるものは何か。
>「いる」と決定できるものは何か。
>「いる」と決定できるものは何か。
>「いる」と決定できるものは何か。
>「いる」と決定できるものは何か。
>「いる」と決定できるものは何か。
>「いる」と決定できるものは何か。
>「いる」と決定できるものは何か。
>「いる」と決定できるものは何か。
>「いる」と決定できるものは何か。
>「いる」と決定できるものは何か。
>「いる」と決定できるものは何か。
>「いる」と決定できるものは何か。
>「いる」と決定できるものは何か。
>「いる」と決定できるものは何か。
>「いる」と決定できるものは何か。
>「いる」と決定できるものは何か。
>「いる」と決定できるものは何か。

191 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 02:49:32 ID:W/zp9ZJU0
>>190 案外実は「いる」を確証していて万人向けに証明するネタを
導かせようとしている上級者だったりして・・・。(¬。¬) 

192 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 02:57:11 ID:exGJMc5c0
>>191
本人が「否定派ではない」と言うのだから、十分考えた末の問いつめであることは確かだろうけど

そんなことで「いる」を確証を導きだせるのは、今のところ「有り得ない」と言い切れるんじゃないの

193 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 02:59:21 ID:W/zp9ZJU0
>>192 ですよね? 居るのになあ・・ん〜〜んはがゆい。

194 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 03:01:04 ID:exGJMc5c0
「いる」の確証を」だった。さいきん打ち間違えばかりだ  ねる。

195 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 03:04:50 ID:W/zp9ZJU0
>>194 おやすみなさ〜〜い 漏れも寝る(~0~)/

196 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 03:11:15 ID:exGJMc5c0
なぜなら>>128で書いたように、神には隠す理由があるからね。(自助努力のみの成長を望んでいるはずだ)
示す理由があるなら示されるはずだが、今のところ必然的な理由は無い。オヤスミ

197 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 04:07:40 ID:ppd2JH0U0
俺も寝る。オヤスー

198 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 05:42:54 ID:jzdNRgxUP



   科 学 的 に は、「い な い」。し か し 現 実 に は 「いる」。

199 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 05:54:24 ID:PpzEOpOo0
糖質になりきる演技も大変ですね

200 :青い猫:2010/06/29(火) 06:17:05 ID:9HBdBz3K0
なぜ、勝手に幽霊は科学的にはいないと断じてしまうのか。
科学的には結論が出ていないだけで保留状態だというだけだよ。
だから無責任に科学を持ち出してもらっては困るよ。

もしかして、ここのひとたちの科学って一般とは違うもの?

201 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 06:54:43 ID:jzdNRgxUP
>>200
あんたが言ってるのは本物の科学、おれが言ってるのは現実の科学。

ためしに精神科の先生と、物理学の教授に「幽霊は、実在しますか?」と聞いてまわるといいよ。

202 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 06:54:52 ID:GY24YSAP0
>>200 青い猫
死者の姿が写れば心霊写真。あんた、こればっか。まぁ、わからんでもないけどね。
だが、そこに写ったモノが死者であるというからには、
いつ亡くなった、どこの誰、というところまで同定されねばならない。

その同定は、該当故人とは無関係の何人かの人間に写真に写った顔(とされるモノ)を見せたとき、
見せられた人間が、該当故人の生前の写真を含む何人かの顔写真のなかから

「問題の写真に写ってるのはコイツだ!」

・・・・・・という形で正しく選択するというような客観的方法で確認されねばならない。
こういう客観的調査を経なければ、科学的に「そこに写っているのは死んだはずの人間らしい」とはならない。
身内が「なんとなくあの人っぽい」では話にならんのだ。


世の中に数多くの心霊写真・動画が出回っているが、このような調査をクリアしたモノはあるのか?

また、顔がはっきり写らず、怪しげな手とか、光の帯だったりした場合には、
それが死者のものだというのは誰がどういう基準で判断するのか?


203 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 06:54:54 ID:glMcmaGsO
科学的態度って何?

204 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 06:56:08 ID:GY24YSAP0
>>200
> 科学的には結論が出ていないだけで保留状態だというだけだよ。

幽霊は存在するという結論も、当然ながら出ていない。そこんとこ、よろしく。



205 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 07:17:40 ID:jzdNRgxUP
>>200
はたして>>201のような質問を受けて、「未解明により中立」という態度をとれる先生は、いかほどいるかな?






206 :青い猫:2010/06/29(火) 07:19:51 ID:9HBdBz3K0
>>201
いちいち聞いて回るまでもないよ。ここに当事者が……ww

>>202
負け惜しみなんて書き込む必要はないよw
見苦しいだけ。
ちなみに、心霊写真としてそれこそ偽物とは断言できないと判定された
写真ならいくつもある。だから科学的には保留状態なんだよっw
これは UFO の写真と同じだ。

>>204
だからさ、『心霊現象は確認済み』。これはあなたの言う現実の科学による
手続きを踏んでいる。このスレッドの「科学」とは違うようだけどw

207 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 07:48:33 ID:GY24YSAP0
>>206
偽物とは断言できない ⇒ ホンモノとも断言できない ⇒ 何の結論も出ていない。

「不思議な体験」は存在する。『確認済み』と言えるのはここまで。
その原因が霊であるという確定的な証拠は、残念ながら、無し。

そして相変わらず、重要な疑問にはお答えにならないね。



208 :青い猫:2010/06/29(火) 07:55:59 ID:9HBdBz3K0
>>207
「偽物とは断言できない」がとりあえず、確認済みの結論なんだよ。
この意味が理解できないようで非常に残念。これもこのスレッド特有の症状。
一度でいいから体系的にお勉強したらどう?
在宅のままでもいろいろとお勉強はできますよ。

209 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 08:14:34 ID:GY24YSAP0
偽物とは断言できないという結論 = ホンモノだとは断言できないという結論

言葉の違いはあれど、本質的な中身は同じ。

肯定的立場からは「いないという結論は出ていない」
否定的立場からは「いるという結論は出ていない」

・・・・・・が結論。

少なくとも、「幽霊は存在する」という結論は、 ま っ た く 出 て い な い。




210 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 08:17:54 ID:bGdQHADbO
偽物とは断定できないが
本物とも断定できない

これが正解


前半部分だけを盲目的に強調するのが、犬作の手下の特徴

211 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 09:24:23 ID:DEMYihUrO
なんや青猫博士やったら誰もが認める幽霊?の証拠を見せてくれるのかと信じてたけど今のところ無理みたいやね。

212 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 09:55:12 ID:mGgyA4x9O
>>208
「偽物とは断言できない」と思ってるよ。
だからどうやって「本物と断言できる」決定的な判断を下してるのか教えてよ。
自分が体験?したから、体験こそが全てなのです。の類だろ?
なんだたいした事ない糞猫だなw
だからバカ猫って言われるんだよw

213 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 10:01:32 ID:J29XTuMp0
幽霊怖い

214 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 10:03:37 ID:Z4VQak1E0
幽霊が見えるという人の方が怖い。
呪われそう。

215 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 10:07:26 ID:mGgyA4x9O
唯霊論w

216 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 12:37:22 ID:PpzEOpOo0
そう、霊感は精神分裂病(現、統合失調症)の症状です。
心当たりの有る者は、すぐ精神科を受診しなさい。


217 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 13:06:12 ID:jzdNRgxUP
>>216
オカ板で見える人の何割りかは、受信済みで異常なし。さぁどうする??

218 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 13:06:40 ID:YkrTTJc4O
ドッキリで君たちが仕掛けられたとしよう

ある部屋に君たちは入れられたわけだが、その部屋は窓があってラジカセが置いてある
超音波で窓をガタガタ揺らしたり、電磁波で電気製品の電源を入るというイタズラだ
もちろんドッキリだから君たちにタネあかしはしていない

さぁ、この現象を体験したときに風もないし人も触ってないのに勝手に窓が震えるわけがない
だからこれは幽霊の仕業に違いないと断言するのか
何が原因でそういう現象が起こったのかあらゆる可能性の検証をまずはするのか 



219 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 13:07:45 ID:YkrTTJc4O
>>217
誤診だったというオチ

220 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 13:08:32 ID:jzdNRgxUP
>>218
ねこ

221 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 13:10:03 ID:jzdNRgxUP
>>219
あぁ、精神科医は馬鹿ってことでいいの?

222 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 13:16:08 ID:i3em7w+Q0
>>221
バカだからじゃない。
精神分析的に、正しい診断だから。
幽霊がいようがいまいが、精神科医は精神に異常あるかどうかと言う観点で見る。

223 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 13:22:08 ID:jzdNRgxUP
>>222
えっ>>219の「誤診」が「精神分析的に、正しい診断だから。」って、ええ!?


224 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 13:23:38 ID:i3em7w+Q0
>>223
そー
って、よく考えずにレスしてたことに気がついたw

225 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 13:28:53 ID:jzdNRgxUP
>オカ板で見える人の何割りかは、受信済みで異常なし。さぁどうする??

>精神分析的に、正しい診断だから。
>幽霊がいようがいまいが、精神科医は精神に異常あるかどうかと言う観点で見る。

なら意味がとおるし、わかる。

226 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 13:29:15 ID:PpzEOpOo0
>>223
患者は社会的信用ゼロだよ。健常者はキミ達のこと信用しないよ。
キミは病識を持ててないだろうから、言っても無駄だろうが。

227 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 13:31:31 ID:i3em7w+Q0
>>225
そそ。
そういうかんじ。
すんません、順番考えないでレスしちゃって。

228 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 13:40:29 ID:jzdNRgxUP
>>226
>患者は社会的信用ゼロだよ。

なぜ限定できる?ケースバイケースなはず。

>>227
しかし>>226のID:PpzEOpOo0が精神科医なら>>225の場合でも、強い薬を投与され頭をダメにされるね。

229 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 13:51:17 ID:PpzEOpOo0
キミが精神病院隔離病棟の中から「自分には霊が見える」と
ネット上でこっそり打ち明けてるのが何よりの証じゃないか。

230 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 13:54:48 ID:PpzEOpOo0
周りにスピリチュアル信者が居たら、すぐ公安に通報しろ!

みんなの力で無差別殺傷だけは防ごうぜ!

231 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 14:19:40 ID:i3em7w+Q0
幽霊を見たという人を精神病扱いするのは頂けない。
幽霊を否定したのなら、せめて目の錯覚くらいにしとけばよろし。

232 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 14:21:12 ID:PpzEOpOo0
霊能者の間では分裂病者リストが出回っているらしい。
まぁ、信者の半数近くは精神分裂病(現、統失)だろう。

233 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 14:23:13 ID:i3em7w+Q0
霊能者のネットワークがあることがマズ驚き。
リアル自分の知り合いの霊能者兼占い師は、同業者のことを殆ど知らんし。
同じビルの同じフロアの人のことすら、よく知らないからなあ、あの姉ちゃんw

234 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 14:27:50 ID:PpzEOpOo0
全国弁連= 全国霊感商法対策弁護士連絡会
紀藤弁護士は有名だな。スピ関連の被害は、熱心に聞いてくれると思うぞ!

235 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 14:38:04 ID:jzdNRgxUP
>>234
なにも知らないのに、何からが決定論のような書き込みは、恥ずかしくて痛いだけだよ。

せめて自分なりに考えてから書き込みする習慣をつけてみたら?因果関係とかについてね。

236 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 14:41:04 ID:mGk1m/Ds0
なんか、見えない敵と必死に戦ってるヤツがいるな。


 

237 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 14:43:18 ID:PpzEOpOo0
「自分には霊が見える」と思うなら、ネット上でこっそり打ち明けていないで
世界中で、科学者の前で自分の正気を問うてみよ!
世界中の霊能者を集めて俺を呪い殺してみろよwww

238 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 14:45:53 ID:i3em7w+Q0
霊が見えたことがあると、呪い殺すことが出来ることになるの?
物凄い論理の飛躍だな。
それこそ精神分析したくなるくらいの、飛躍っぷり。

239 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 14:50:33 ID:PpzEOpOo0
まさか、本物の霊能者が存在するなんて思ってないよな?


240 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 14:52:17 ID:i3em7w+Q0
本物の霊能者が居るかどうか、というのは、
本物との霊能者とはなにか?
そして、霊能とは何か?
を進めていかないと行けないだろうなあ。

241 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 14:53:14 ID:jzdNRgxUP
>>237
ぼくは、医師会の役員をする精神科の先生と、よく話をするけど

きみも精神科の先生に一度お話を聞いてもらうと良いよ、精神安定剤くらいは処方てもらえるよ。

242 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 14:54:57 ID:PpzEOpOo0
>>240
本物てw

霊能者は皆詐欺師だろうが。

243 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 14:55:58 ID:jzdNRgxUP
>>242
根拠は?

244 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 14:57:07 ID:i3em7w+Q0
>>242
本物云々言いだしたのはそちらさんです。

245 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 14:57:26 ID:PpzEOpOo0
>>241
カルトにどっぷり浸かってる精神分裂病者が、
それに警告を鳴らしている健常者にそれはないだろう?キミw

246 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 15:00:59 ID:PpzEOpOo0
霊視できる奴がいたら、国家機密がだだ漏れだろ。
なんでその辺を考えないの?
霊と話せる奴が居たら、未解決事件なんて存在しないだろ。
なんでその辺を考えないの?
霊なんて存在しません。精神分裂病(統合失調症)について、調べてみて下さい。

247 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 15:02:00 ID:i3em7w+Q0
霊視が出来ると国家機密だだもれなんだ。
霊と話せたら、未解決事件全て解決なんだ。

すげええええええええええええ。

248 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 15:04:16 ID:PpzEOpOo0
世界中で、オカルトを広める行為を法律によって禁止すれば
この世界はもっと正常だっただろう。
オカルト信者全てが、サリンの被害者に謝罪するまで
私は戦い続けます!


249 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 15:05:19 ID:jzdNRgxUP
>>245 ID:PpzEOpOo0
だから君の書き込みを見て、一度受信してみる必要があると思ったんだ。

きっと君のまわりの人は皆気がついてるよ。事態が深刻になる前に善意で忠告しているんだ。

250 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 15:08:06 ID:jzdNRgxUP
訂正しる
>>241 処方してもらえるよ。

>>249 受診

251 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 15:10:31 ID:PpzEOpOo0
俺は殺されたら霊と会話できる人間に犯人を教えてやるだろう。
部屋の間取りを透視出来る人間が居たら、国家機密はだだもれだ
遠隔透視= 国家機密がバレる= 国家が成り立たず= 人類も成り立たず

252 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 15:12:18 ID:Ow6DQvvQ0
海外サイトに掲載された、サッカーW杯・日本代表の本田選手の写真に、
不気味な手のようなものが写っている事が判明! 

インターネット上では「これは恐ろしいッ! これは恐ろしいぞーッ! これは恐ろしいィィーーッ!」
と話題になっており、多くのインターネットユーザーが恐怖におののいている。
これはグラウンドで志(こころざし)なかばで亡くなったサッカー選手の霊魂なのか!? 
はたまた本田選手を勝利へと導く守護霊の手なのかーッ!? この写真は心霊写真なのかーッ!?

この写真が掲載されているのは、海外サイト『Picapp.com』の日本代表選手の写真集ページ。
何枚も掲載されている日本代表選手の写真のなかに、どうしても不自然な1枚が! 
本田選手と他の選手が写っている写真なのだが、他に人がいないのに手が1本多いのである!
敗北したカメルーン選手の呪いかーッ!? この地に眠る褐色の戦士たちの霊がサムライの
熱き魂に揺さぶられ目を覚ましたのかーッ!?

この写真が本物なのかコラージュ写真なのかはまったくもって不明だ。
他の選手の手かもしれない。しかしインターネット上では「ガチじゃねーか」や「マジでどうなってんのこれ?」、
「これマジ心霊写真」、「水子の霊だな」、「これは間違いなく心霊。本田の顔に生気が無い」、
「やべえええええええええええええ」、「生霊じゃねこれ?」、「ホンダはスタンド使いだったのか……。
これまでの活躍も納得出来るわ」、「え、コラじゃなかったらほんとに心霊写真じゃんw」、
「マジレスすると守護霊、じいちゃんだね」などの意見が飛び交っている。

もしかすると、本田選手のスーパープレイはこの第三の手によって行われたものだったのだろうか!? 
もし守護霊や先祖の霊たちが本田選手を助けているのなら、きっとパラグアイ戦でも
勝利することができるであろうッ!

http://rocketnews24.com/?p=38612
http://rocketnews24.com/wp-content/uploads/201205245451.jpg
http://rocketnews24.com/wp-content/uploads/20252255.jpg


253 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 15:16:14 ID:PpzEOpOo0
>>252
長友の手です 後ろから手を回してる
本田はでかいからな
>>250みたいな患者が信じてしまうからやめろ

254 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 15:30:45 ID:jzdNRgxUP
>>251
大丈夫、心配しなくとも精神科の先生はキット君の妄言や戯れ言を、真摯に受け止めてくれるさ。

255 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 15:36:53 ID:PpzEOpOo0
>>371
サリンの被害者と遺族にはもう謝った?
二度と、キミ達カルトによる大量殺傷事件は起こさせないからな!




256 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 15:44:04 ID:exGJMc5c0
>>255
アーレフの本部にでも言って聞いてもらうと良い。あと精神科にも行きなさい。

257 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 16:02:11 ID:YkrTTJc4O
>>221
誤診=馬鹿
という図式になる君の思考は大丈夫か?


258 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 16:15:56 ID:PpzEOpOo0
254はオウム同様のカルト信者だ。
彼はカルマを信じ、ここで布教してるカルト信者なわけだが
人類救済のために将来的に撒く可能性がある。説明もできる。

259 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 16:58:01 ID:exGJMc5c0
>>257
誤診はマズイでしょ。
>>258
妄想が激しいですね。とにかく受診してください。

260 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 17:10:48 ID:PpzEOpOo0
受診するべきなのは、霊が見える精神分裂病者だ。
それに警告を鳴らしている健常者ではない。
妄想ではないのだよ。事実の指摘なのだよ。
妄想してるのは患者だ。

261 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 17:57:35 ID:WfsQcXdlO
映像などの記録に「何か」が写っていたとして、さらにその「何か」が作り物(トリック)でないとされたとして。

「誰(個人、集団)」が「何か」を「作り物ではない」としたのか。そしてその根拠は何か。

「何か」を「幽霊」と関連づける理由は何か。



262 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 19:16:28 ID:PyqYUdXW0
死んだら天国か地獄へ行くと言い張る預言者は
仮にそういうのが無かった時の信者への罪はかなり重いよ
あと神頼みに関しても賽銭してまで行うのだから
もし信者に不幸な事が起きたら責任重大ですよ
わかってます?

263 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 19:23:39 ID:3waaQ+jC0
天国や地獄があれば、言ったとおりということで批判されないし、
かりになくても、死人に口なしで批判されない。
どっちにしても損しないようにできている。


264 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 19:57:33 ID:mGgyA4x9O
言い合いなんかどうでもいいんだよ。
ただのごまかし合いだからな。
どちらとも言えないこの状況の中で、「いる」と言い切るからには、何かしらの決定的な理由があるわけであり、
単純にそれを尋ねてるだけの話しだ。
自分には解るとしか言わない人達は、結局は信じてるのレベルの話しであって、それ以上は何も無い。

265 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 20:40:11 ID:OUmZL6Pf0
>>246
だよなあ。
冷戦時代に国家が宇宙旅行と同等のパワーを傾けて
調査したのに結果出てないしな。

266 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 20:58:39 ID:exGJMc5c0
>>260-264
確かめられない=在るでも無い、でもない。
>>265
国家的軍事機密を安々と公表しない、戦争は無くなってはいないのだから。

267 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 21:28:25 ID:7tvPdoBY0
五感だけでは感知できない存在もいると思う。

268 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 23:25:52 ID:1LBLECuq0
「あれ、お前昨日の同窓会来てたの?。全然気がつかなかった」

五感だけでは感知できない人間もいるわなw



269 ::2010/06/29(火) 23:48:13 ID:o9O8SfyS0
一流手品師のトリックなんていうのも、五感だけでは感知できないもののひとつだな。

270 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 23:53:49 ID:z1UbFo3A0
テレビのリモコンから出る赤外線も、五感だけでは感知できないもののひとつだな。

271 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 00:06:51 ID:l+wnwFfX0
      ____________________
      | この後の展開がむずかしいねっ!|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /⌒ヽ
    (^ω^ )   テクテク…
    _( ⊂ i
.   └ ー-J



272 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 00:31:27 ID:tas/4qpW0
>>266
ソ連は無くなってるわけだが。核開発の知識は拡散しても
なぜか超常能力の知識は拡散しないとか、陰謀論を主張するにしても
不自然すぎるだろ。

273 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 01:17:30 ID:9+gpzJwv0
>>272 拡散した先で確保されていれば又々表には出て来ない。

274 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 02:08:58 ID:R5aWlv3M0
>>1
いる。

275 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 02:38:36 ID:9+gpzJwv0
赤い林檎が有る。皆がこれは赤いと言ってもどういう赤なのかは人それぞれ。
白い雲が有る。ただの雲だけど何かに似ていると言っても形の見え方は人それぞれ。
得たいの知れないモノが有る。見える人も居れば見えない人も気付かない人も居る。

赤い林檎は近くに有れば触れる。遠い雲は変化を続け触れないしいつしか消える。
得たいの知れないモノは見える人も見えない人にも関係無く・・・消えては現れる。
ただそれだけのことだ。

雲や川の流れのように同じようでいて同じものは二度と無い。人もまた。ただ・・・

         【その瞬間に出会うことは有る】


276 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 07:27:06 ID:1hMkvFG20
幽霊、いた?

277 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 09:57:16 ID:LbJP/DRlO
考えれば考えるほど幽霊ってのは存在しないんだな〜って

いや、もう確信しちゃった


みたいな?

278 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 11:33:07 ID:Z99LLDGS0
どう考えても、幽霊の見える人はご愁傷さまです
否定派で幽霊を見たがる人は童貞の神秘主義

279 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 12:46:28 ID:wU4RoEs20
>>265
表ざたにはならないが、
アメリカ軍がフセインの隠れていた穴倉を発見できたのは、
霊能力者を使った、透視能力の助けがある。

280 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 13:03:53 ID:Z99LLDGS0
フセインは生きていたわけで、霊能力というより、たんに透視能力でいいと思う

281 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 13:04:35 ID:wGpbaCOf0
透視能力とやらが本当ならもっと早く見つけられただろう

実際は政権崩壊後、半年以上捕まえられませんでした(プ

282 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 13:14:41 ID:INT60rlJ0
全国の小中学生が集う本怖クラブのスレがあると聞いて
アゲにきました

283 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 13:21:50 ID:lvXbXYea0
>>281 全てにおいてタイミングって有ると思う。
   未然に防ぐ場合【大衆に危機感】は生まれない。
   即確保した場合【外郭のテロ激化】の可能性。
   当局はその事自体より【それに伴う弊害】を考慮するとおも。
   認知→確保→報道のタイムラグ。報道しない出来ないかなりヤバイ件も有るはず。

   【ニュースは通常考慮・選択され報道される】偏向報道・・報道管制・・・

284 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 13:23:16 ID:29Vh1j+60
>>281
その間に武器商人が笑ってたわけだ。

285 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 14:05:24 ID:wGpbaCOf0
全世界の透視能力の持ち主が全て米政府や武器商人の意向の影響下にあったという仮定?
さすがにそれは烏白馬角じゃね?w

286 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 14:13:10 ID:CYsCkH170
ちょ、ちょうはくばかく?

287 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 14:23:05 ID:29Vh1j+60
>>285
おめでたいことで、よかったね。

288 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 14:31:23 ID:AAMfMu9WO
>>281

〜の可能性もある
〜だと思う
〜のはず

全部妄想じゃねえか


289 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 16:09:45 ID:wWXL/T0JO
もうそうは、もうよそう

100点だね母ちゃん(・∀・)


290 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 16:11:01 ID:Jd65QUbAO
>>279
そりゃビンラディンもすぐに捕まえられるよな


291 :管替え厨:2010/06/30(水) 16:16:19 ID:wWXL/T0JO
でも真面目に、可能性があるのは尊重するよ。
ただ、鼻を膨らませて言い切るだけのものは何も無い。

292 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 16:18:05 ID:Jd65QUbAO
つか、千歩譲って霊視だか透視だかで見つけたとしようや
それを279はどうやって知り得たのだろな
表沙汰にならない情報を収集してここで発言できることも素晴らしい

死ななきゃ分からない話しもどうやって知り得たのか 
それも見てきたかのように言い切り真実だと断言できるのだから
いやはや2ちゃんには物凄い人たちがいるもんですな 

こんなとこで吠えずにもっと他にアピールする場所があるだろうに

293 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 16:22:49 ID:Yv8kBh6+P
今日も沢山ホイホイされてるなー

294 :管替え厨:2010/06/30(水) 16:22:52 ID:wWXL/T0JO
>>292
まあまあ、本人達にも決定的なものは何かと尋ねられても、
自分には解る、あなたには解らない、可哀相ってな話しで、
実は信じてるレベルの話しなのだよ。
だから進展がない。

295 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 16:32:30 ID:Sb9pwoSUP
>>294
馬鹿だなぁ、信じることで存在してる世界なのだぜ。信じることこそ真実ということが、今にわかる。

(やっと終わった規制が、また始まりやがった

296 :管替え厨:2010/06/30(水) 16:45:50 ID:wWXL/T0JO
>>295
バカだなー。
信じるスレではないよ。
今に解るってな理屈なら、肯定派、否定派ともに持ってるんじゃねーの?
何しに北野?

297 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 17:01:41 ID:hgAQNo1P0
>>295
私もあなたと同じ様に、毎日尊師のテレパシーを受信しています(^O^)
尊師の為なら何でもしちゃいます(>_<)

298 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 17:06:20 ID:Jd65QUbAO
ID:Sb9pwoSUP

いつものヤツか
P2使う奇特さんって違う意味でメデタイな

299 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 17:24:14 ID:Sb9pwoSUP
>>298
だまれ!携帯書き込みの貧乏人が!おりゃあ金払ってるのだぜぃ!

300 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 17:24:41 ID:rp7FrnD/O
このスレの住人て、この世に物理的に現れる幽霊は信じてないけど、死後の世界はもちろん信じてるよね?
http://youtube.com/watch?gl=JP&warned=True&client=mv-google&hl=ja&v=YiSL5BdIwA8
http://youtube.com/watch?gl=JP&warned=True&client=mv-google&hl=ja&rl=yes&v=GTQGtEM3_OY
http://youtube.com/watch?gl=JP&warned=True&client=mv-google&hl=ja&rl=yes&v=yjP--uiQupg
http://youtube.com/watch?gl=JP&warned=True&client=mv-google&hl=ja&rl=yes&v=gdgjAqqhtTo
http://youtube.com/watch?gl=JP&warned=True&client=mv-google&hl=ja&rl=yes&v=VudiGF2W2U0
http://youtube.com/watch?gl=JP&warned=True&client=mv-google&hl=ja&rl=yes&v=koohN135el0
http://youtube.com/watch?gl=JP&warned=True&client=mv-google&hl=ja&rl=yes&v=T7Kp_VVAl48


301 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 17:31:53 ID:LbJP/DRlO
金払ってるってなに?

2ちゃんに金払って書き込んでんの?

302 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 17:39:01 ID:hgAQNo1P0
>>300
はい、信じています(^O^)
霊的なものを信じる者は天国に逝けるのです(^O^)
唯物は地獄に逝くのです(>_<)

303 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 17:44:38 ID:Sb9pwoSUP
>>301
御客様ってわけよ。

304 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 18:43:53 ID:h7BO4U8k0
まあ、居ると思った方が人生、楽しいだろう……

305 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 18:52:41 ID:Sb9pwoSUP
死んでも死なずに、現世や肉体から解放されればバンバンザイなはずなのに

なぜ唯物は、必死で無いと確定したがるのかしら?

306 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 19:07:05 ID:hgAQNo1P0
唯物である自分の人生を否定されてると感じているからでしょう(>_<)
「信じることこそ真実」ということが、
死なないと判らないとは悲しいことですね
でもそれも「学び」なのです(^O^)学んで次に転生するのです(^O^)


307 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 19:12:00 ID:wGpbaCOf0
死後の世界がバンバンザイなら、なんで君達はさっさと死なないの?^^;

308 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 19:18:46 ID:Yv8kBh6+P
>>1
「科学的に存在するか(すると認められるか)」という命題なら、十分な証拠がないので「存在するとは認められない」

以上、FA  このスレ終了。


そこから先は、個々人の信条や志向になるのでいくら議論しても無駄。

309 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 19:18:51 ID:Sb9pwoSUP
>>306
ところが唯物は、死んでも死んだことが分からないようだ。

理由は、霊界の底辺層は現世と変わらない生活をしているからだそうだ。
>>307
自殺で死ぬと、苦しみが続くそうだよ。試してみろよ、実験好きな唯物ども。

310 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 19:20:08 ID:Sb9pwoSUP
>>308
いまごろ気づいたのかタコよw

311 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 19:23:52 ID:wGpbaCOf0
こりゃ根拠聞いても無駄かなあ
自殺した人に聞いたの?とかw

312 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 19:25:03 ID:hgAQNo1P0
>>307
私たちは「学び」のために、この地上に生を受けたからです(^O^)
しかし唯物では何の学びもありません (>_<) (>_<) (>_<)
でも学びのために彼らを「ポア」してあげるのは止めたほうがいいです(^O^)

313 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 19:48:11 ID:hgAQNo1P0
>>309
自殺で死ぬと、苦しみが続くのは確かです(^O^)
でもそれは、その理由、動機、自分がどこまで考えて
意識的にそれをしたかによって変わります(^O^)

自殺するなら餓死をお勧めします。自分が本当に死にたいか自問自答し、
引き返すこともできるからです(^O^)
自分の意思で自己責任で死ねるから死後の後悔も苦しみもありません(^O^)

314 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 19:59:14 ID:Sb9pwoSUP
>>313
でも、死後延々と飢餓状態が続くだけのようだ。なんの確証もないが試してみると良いよw

315 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 20:05:31 ID:hgAQNo1P0
自殺したことがあるので判ります
自殺しても「御咎め」なしだった
その経験者の私が語っているのです
尊師も経験しています

316 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 20:13:06 ID:Z99LLDGS0
( ゚д゚)ポカーン

317 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 20:14:24 ID:hgAQNo1P0
問題は、死後に、その自己決定に対して、
自分が満足したり納得できるかどうかの正当理由があるかないかだけです(^O^)

318 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 20:14:28 ID:H/Bsm0Gf0
>>190
あなたは、幽霊を見たことがない方だよね!
あなたは、幽霊を見たことがない方だよね!
あなたは、幽霊を見たことがない方だよね!
あなたは、幽霊を見たことがない方だよね!
あなたは、幽霊を見たことがない方だよね!

319 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 20:20:02 ID:hgAQNo1P0
霊的な存在は見るものではありません。在るものです。知る必要もありません(^O^)
そこにもう『いる』ではないですか?(^O^)
問う必要もありません。私たちは答えの中に住んでいるのです(^O^)

議論など無意味です(>_<)
議論などしてあるいは本など読んで、何を知ろう、
何を体験しようというのですか?(>_<)

あなたはもう、今もこれからも、かつても、
どこでも『それ』ではないですか(^O^)

あなたたちは水が見えない水の中の金魚です(^O^)(^O^) (^O^)

320 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 20:24:15 ID:H/Bsm0Gf0
幽霊を見たことが無い評論家は出るマクがないんだよ!

幽霊を見たことが無い評論家は出るマクがないんだよね!

幽霊を見たことが無い評論家は出るマクがないんだね!

幽霊を見たことが無い評論家は出るマクがないんだよ!

幽霊を見たことが無い評論家は出るマクがないんだよね!

321 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 20:28:28 ID:Sb9pwoSUP
>>318
あるよ。バイク海苔の幽霊。

322 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 20:45:19 ID:Z99LLDGS0
(~ヘ~;)ウーン

323 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 20:46:44 ID:LbJP/DRlO
駒野のPKは俺のスーパー超絶霊能念力で入るはずだったんだがなぁ…

324 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 20:50:03 ID:Sb9pwoSUP
家についてテレビをつけたら、偶然近所のバイク死亡事故のニュースをやっていた。

325 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 21:06:30 ID:H/Bsm0Gf0
(~ヘ~;) ボクモ ユウレイヲ ミテミタイナ!



326 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 21:10:11 ID:hgAQNo1P0
尊師に願えば、脳に信号を与えて、見えるようになります(^O^)

327 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 21:16:10 ID:H/Bsm0Gf0
(^O^) オット ザンネン ミタンダヨネ ボクハ

ノウニ シンゴウカ コウガクテキニ ミエルノカナア?

ミタコトガ ナイ コウシャクシサンタチ オシエテクレナイカナ?



328 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 21:19:07 ID:Sb9pwoSUP
交通事故の死亡直後の幽霊は、驚愕と困惑の感情がモロに伝わってきて、自分も一時異界に引き込まれる。

329 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 21:28:58 ID:LbJP/DRlO

俺の仮性包茎も幽霊の仕業なんだよね



330 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 21:40:23 ID:CYsCkH170
動物は低級霊とか、完全に人間のエゴだろ

331 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 21:49:33 ID:Sb9pwoSUP
>>330
そんなことは無い。動物と同じ程度の人霊も、そこへ逝く。

332 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 22:03:49 ID:hgAQNo1P0
>>327
わがアーレフのマインドコントロール技術を舐めちゃいけません。
脳に信号入れて、てきとーな「神様っぽい姿と言葉の幻想」を
儲に見せたら、光学的になど関係なく、疑うこともなくそれを
信じてしまうわけですから。ちょろいもんです。

333 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 22:05:25 ID:CYsCkH170
そこってどこだ?あの世に種類なんかあるのか
同じ程度って、誰がどういう基準で振り分けるんだよ

334 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 22:05:32 ID:Jd65QUbAO
>>299
プw

携帯からだと貧乏人とか単細胞は発想が違うなw
引きこもりにはそれが限界か

335 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 22:20:46 ID:H/Bsm0Gf0
>>332
マッタク オハナシニモ ナラナイ ヒトタチダネ

アンタラ ミタイタ ヒトガ ココニ クルカラ コノスレモ

コンナニ ツズイテイルッテコトダヨナ

マア オオメニ ミテヤルカラ モツト マトモナ コトヲ カイテミナヨ

336 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 22:29:18 ID:hgAQNo1P0
「自分は霊が見える」と思うなら、
ネット上でこっそり打ち明けていないで
世界中で科学者の前で自分の正気を問うてみよ(^O^)

337 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 22:50:49 ID:Sb9pwoSUP
>>333
あの世で最も威張っている人霊が振り分けているそうな。霊界のジャイアンとでもいうのかな。

あの世では、この世での言動や思いは、すべて再生されるそうだ。たぶんここでの書き込みさえ。

あの世は広大無辺で、しかもこの世と重なり合いながら、価値観や能力や功績別に、縦にも横にも分かれているそうだ。

あの世では、別な領域のものとは会えない。この世で会う可能性のある人とも、この世限り。

338 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 22:54:33 ID:hgAQNo1P0
>>337
もうサリンの被害者・遺族には謝罪してきたか?

339 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 22:59:03 ID:Sb9pwoSUP
>>338
ん、おまえ馬鹿だろ。

340 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 23:09:10 ID:1hMkvFG20
エネルギー保存の法則はどうなっとんねん
質量保存の法則はどうなっとんねん

341 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 23:21:27 ID:Sb9pwoSUP
>>340
この世の法則は、この世限り。霊界は物質世界ではなく精神世界なので別法則がある。

この世で得たもので持ち込めるのは、精神的記憶のみ。

342 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 23:23:01 ID:OYv5Bry/0
質量を獲得して時間・空間の枠内にあるのがこの世
質量がなくて時間・空間の枠外にあるのがあの世
生命は両者の行き来が可能な宇宙誕生以前から存在しているエネルギー
計測機械はそれ自身を構成する物質より微細なものは計測できないので直接観測は不可
ただし力として物質に影響を及ぼすことができるので間接的観測は可能

343 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 23:36:20 ID:xrIqsnE+0
科学的にはいないとされている。

現実には世界中の多くの人がいると思っている。(神 心霊 魂の存在)

世界の宗教人口 2009年ブリタニカ

・神道 278万人(神社参拝などの信仰心を含めば1億数千人?)
・仏教 3億8400万人(5.7%)
  大乗56% 小乗38% ラマ教6%
・キリスト教 22億5400万人(33.4%)
 カトリック 11億3040万人(16.7%)
 プロテスタント 3億8500万人(5.7%)
・イスラム教 15億人
 スンニ派 (84%)シイア派(14%)
・ヒンズー教 9億1360万人(13.5%)
・中国の伝統的な宗教 3億8720万人(5.7%)
・土着 2億7030万人(4.0%)
・新宗教 1億070万人(1.6%)
・シーク教 2380万人(0.4%)
・ユダヤ教 1509万人(0.2%)
・バハーイ教786万人(0.1%)
・ジャイナ教 557万人(0.1%)
・ゾロアスター教 18万人
・その他 134万人
合計 67億4960万人 (一人で複数を信仰してる場合も含む)


  

344 ::2010/07/01(木) 00:09:58 ID:qqHsRBKK0
でもさ、例えば「ジャイナ教の教えこそが、この世の真理」というのが真実だった場合、
「全人類の99.9%は間違っていた」ということになるわけだろ。

345 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 00:11:32 ID:w20wOdYw0
>>343
これを見て、ああやっぱり神もあの世もはいないんだと改めて思った。
いないからそれぞれ神話を作って崇めてるってことだ。
そしてあの世の管理者は誰かというジレンマが生じる。
霊能者も言ってることが違ったりするのは、自分だけのストーリーを持ってるからだな。

346 ::2010/07/01(木) 00:16:49 ID:qqHsRBKK0
「神が存在する事」が証明されたら、宗教を信じている全ての人が正しかったことが証明されるのか?
そうではないな。

「その神の特性や特質を最も正確に言い当てていた宗教」が正しかったことは証明されるが、
それ以外の宗教は、「間違った宗教」であることが証明されてしまうわけだ。

347 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 00:18:01 ID:PdSL1D/b0
ダイエットの方法と同じだね。
「決定的」と言える確実なモノがないからこそ、
いろんなモノが出回ることになる。




348 ::2010/07/01(木) 00:19:57 ID:qqHsRBKK0
ダイエットには「食わない」という決定的なモノがあるんだけどねw
正確に言うなら「楽に痩せられる方法には決定的に確実なものはない」だな。

349 ::2010/07/01(木) 00:43:37 ID:qqHsRBKK0
『それでも「神は存在する」という部分は間違っていなかった』と言うのだろうが、それは詭弁である。

>>344の例で言えば、「ジャイナ教の神が真実」だった場合、ジャイナ教以外の宗教を信じていた者は
「神ではないものを信仰していた」ということになるのである。

350 ::2010/07/01(木) 01:09:17 ID:qqHsRBKK0
ジャイナ教信者から見れば、ジャイナ教の神でないものをいくら信じていても、それは神の存在を認める考えには値しない。
なぜならジャイナ教にとって、他の宗教信者は「神の存在を信じていない者」なのだから。

そういう異教徒には「神は存在するという部分においては間違っていなかった」などという権利は無い。
なぜなら「ジャイナ教の神の存在を信じていない」からこそ、他の神を信じていたわけだからな。

ジャイナ教の神を認めていなかった奴が、ジャイナ教の神の存在が証明された途端に
「ほらみろ、やっぱり神は存在する」と言ったって、ジャイナ教の神や、ジャイナ教信者は
「お前、ちょっと前まで俺(ジャイナ教の神)の存在を認めていなかっただろ」と考えるに決まってるだろ。

351 ::2010/07/01(木) 01:12:15 ID:qqHsRBKK0
ていうかまあ私はジャイナ教信者で極端な菜食主義なわけでここまで熱くなるワケですが。

352 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 01:21:46 ID:0EjtvdxAO
>>337
「あの世」にも「勢力」や「階級」があるの?

別に現世と変わんないじゃん。

353 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 01:40:45 ID:ZL1cz0TKP
>>344
宗教は、霊界からの人霊の通信から始まる、だいたいその人霊が神とされている現状があり
彼らは、霊界の様々な領域に住み、それぞれに正かったりまた日本では地獄の蛇や狐も信仰されている

それらは神ではなく人霊や動物霊であり、神ではない。彼らも本当の神がなにかは知らない。
しかし霊界から自らの宗教の正しさを競い合い、勢力拡大を目指してこの世で戦争させたりしている

しかし基本皆神の子であることを知っているのみで、神を知らない人霊の集まり。


正しさとは必要により千変万化するので、どの宗教もそれなりに正しいと言えるが
日本の新興宗教のような、唯物や超能力信仰のような、現世利益に特化したものは、地獄のものが多いようだ。
>>352
あの世は階層世界だが、この世とは違う精神尺度で分けられている。

354 ::2010/07/01(木) 01:54:24 ID:qqHsRBKK0
>>353
> 正しさとは必要により千変万化するので、どの宗教もそれなりに正しいと言えるが

つまり「どの宗教もそれなりに間違っている」とも言えるわけだ。

355 ::2010/07/01(木) 01:57:28 ID:qqHsRBKK0
「異教徒でも愛せ」という宗教と「異教徒は許すな」という宗教があった場合に、このどちらをも「正しい」とするためには
どのようにすればいいんでしょうかね。

普通に考えたら「異教徒でも愛せ」というのが本当に神の言いたい事であれば、
「異教徒は許すな」という宗教は間違ってる訳ですよね(逆もしかり)。

356 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 01:57:47 ID:ZL1cz0TKP
>>354
そうね、元が霊界の人だからね。

357 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 02:00:10 ID:lMcVF4SX0
その通りです
スピリチュアリズムなどの信念体系でさえも


358 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 02:01:50 ID:ZL1cz0TKP
>>355
そうだと思う、あの世でも決着がつかないので「異教徒は許すな」という勢力が、この世で戦争をさせている

「目には目を」という人達が。

359 ::2010/07/01(木) 02:02:40 ID:qqHsRBKK0
「異教徒でも愛せという宗教Aと、異教徒は許すなという宗教Bはどちらも正しい」というのは
俺にとっては「正しい」という言葉の定義がおかしいとしか思えないんだが。

1:宗教Aは正しいが、宗教Bは間違っている。
2:宗教Aは間違っているが、宗教Bは正しい。
3:宗教Aも、宗教Bも間違っている。
4:宗教Aも、宗教Bも正しい。

1〜3は論理学的にあり得るが、4だけはあり得ないと思うんだが。

あ、もしかして「正しい」というのを「正義」みたいな意味で使ってます?
申し訳ないですが、このスレはテンプレに「★ あくまで「科学的に」考えるスレです。」と書いてあります。

「科学的根拠が存在する」「論理的整合性が存在する」という意味で「正しい」という言葉を使っていただけませんか?

360 ::2010/07/01(木) 02:04:55 ID:qqHsRBKK0
寝る

ムニャムニャ…

361 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 02:08:19 ID:ZL1cz0TKP
「異教徒は許すな」という勢力の親玉にも、現世の科学を発展させるなどの「進歩」という正当性がある

進歩と調和は必ずしも一致するのは、難しい。

362 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 03:10:04 ID:DK9LCNUX0
でも宇宙に行ったら東西南北無いんだからどこ見て拝む?みたいなw
上空から見下ろして拝んで良いのかも疑問w

363 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 04:11:39 ID:ZL1cz0TKP
一つの宇宙は大きな体の中の一つの細胞のようなものらしい。そのようなことを言うあの世の神と崇められる
人さえも、宇宙の中心すら定かでないらしいが、神が何かさえわからないが、どこにいても神の想念や体の
一部分、好きな神を思い描いて拝めばいいんじゃないの。

364 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 05:31:40 ID:Rc1AnT3Y0
幽霊を考察するに当たり宗教を引き出す事自体が間違いだと言いたくないが、
幽霊現象をこのスレ的に考察するに当たり、宗教はもともと人間が作ったものである、と言う
事を考えると、幽霊現象を考察するに当たり、宗教は、基盤になりません(●^o^●)


365 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 06:22:34 ID:ZL1cz0TKP
んんなこたぁない、人間は人間でも宗教は霊界の人間の証言だからね。世界的な常識。

偏狭の島国の常識は、どこにも通用しない。

366 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 10:52:20 ID:0WfOtEEo0
神=申(サル)のネ(行い)

つまり神とはサルが行う行為の事
食物連鎖に措いて
自分達よりも上の存在が無いという重荷、責任感からくる現実逃避

367 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 12:55:41 ID:pukCJYIi0
ガチャピンは存在する

368 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 18:03:55 ID:PdSL1D/b0
ユーレイがいるなら、ガチャピンがいてもおかしくないな。

369 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 21:34:17 ID:hghZWqgv0
>>343
合計 67億4960万人 が、信じており
それなりに霊体験をしたことがある人もいるのに
なぜか確実な証拠がつかめない。

67億4960万人だよ、67億4960万人。

おかしいじゃん、どう考えても。

370 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 22:45:10 ID:9vg03OtO0
に氏がジャイナ教徒とはっ
なんだか急にえらい人のように思えてきた
Dow氏がキリスト教徒で、に氏がジャイナ教徒
おいらって、平凡だな

371 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 22:48:49 ID:PdSL1D/b0
宗教やってるからって偉いわけでもないし。
宗教に優劣があるわけでもないし。

372 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 22:55:32 ID:9vg03OtO0
おいらのまわりにはキリスト教徒もジャイナ教徒もヒンドゥー教徒もいないから
つい興味がわいちゃってさ〜

373 :Dow:2010/07/01(木) 23:13:59 ID:RupEDXcC0
家がそうだというだけで俺自身はそんなに・・・しかしジャイナ教はすごいな。マジですか?どうやってなったんだ? www
菜食主義・・・断食とかもしてるんですかね。
幽霊は現象として、「いる」「いない」で考えてもいいと思うけど、神は「信じる」「信じない」という、その人の内面の問題
ではないですかね。

374 :Dow:2010/07/01(木) 23:20:50 ID:RupEDXcC0
まあ、これは俺自身の考えであって、絶対正しいとも、他人に押し付けるつもりもないけど、諸宗教に見られる「諸物の根源」
やら「究極の善」あるいは「執着からの離脱」などの概念を信じることで、その人がよい一生を送ることができれば、その目的
はほとんど達せられたことになるじゃないですかね。

375 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 23:24:30 ID:9vg03OtO0
Dow氏の宗教についての見方はじつにバランスのとれた、すばらしいものだと思う
神は内面の問題……その通りっ
実在うんぬんの問題じゃないよねっ

376 :Dow:2010/07/01(木) 23:35:37 ID:RupEDXcC0
>>375
いやどうも。ただ、日本では「神の実在」なんて強弁する人はまずいないけど、欧米ではけっこういて、神本体だと畏れ多い
のか「天使」についての目撃談やら写真が多い。この場合、心霊とそんなに変わらないという気もしないでも・・・。

http://tokyo.txt-nifty.com/fukublog/2006/09/post_faba.html
http://tokyo.txt-nifty.com/fukublog/2007/04/post_7358.html


377 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 23:42:26 ID:9vg03OtO0
(~ヘ~;)ウーン

378 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 23:47:42 ID:hghZWqgv0
>>376
一神教は、自分であれこれ考えなくてもアイツ(例えばYHWHさん)の言うことを聞いておけば絶対に間違えなくて済むという保証をしてくれるシステムになっているんだと思う。
だから、彼以外の絶対性を持つ神は居てはいけないし、彼の絶対性を疑ってもいけない。
だって、それを揺るがせると言うことは、絶対に間違えなくて済むという保証を揺るがせることだからだ。

379 :Dow:2010/07/01(木) 23:51:13 ID:RupEDXcC0
思うに、映画「キャリー」の母親のように(これはあまりにカリカチュアライズされた例だけど)狂信するのはよくない、ということ
じゃないですか。キリストの受難を再現して自分の掌に穴を開けてもしょうがない。信じる人は、日常の何気ない事象の一つ
一つに神の存在を感じていればいいわけで。そういう意味ではシャカの言った「中道」というのは実用的だと思います。

380 :Dow:2010/07/02(金) 00:05:11 ID:nzp67WWR0
>>378
>一神教は、自分であれこれ考えなくてもアイツ(例えばYHWHさん)の言うことを聞いておけば絶対に間違えなくて済む

これ・・・日本神道というのは元々あらゆるものに神が宿るとする汎神論だと思うけど、それがある一時期一つに集約されよう
とした。・・・つまり戦前の現人神のことだけど、それが敗戦によって一気に崩壊した影響が様々なところに・・・スレ違いなんで
やめとく。www

381 :本当にあった怖い名無し:2010/07/02(金) 01:32:52 ID:pT9zOkq/0
今、深夜の買い物から帰ってきた。
昔は自殺の名所だった場所を通ってきたが、何も出なかった。

382 :本当にあった怖い名無し:2010/07/02(金) 01:49:24 ID:M+Y36kNB0
人の意識の中に「霊」が存在する限り「霊」は存在する
という考え方はこのスレの趣旨には沿ってないかな?



383 :本当にあった怖い名無し:2010/07/02(金) 01:54:26 ID:pT9zOkq/0
>>382
ウルトラマンでもドラえもんでもピカチュウでも、何でも存在することになってしまうやん。

384 :青い猫:2010/07/02(金) 02:09:49 ID:2BCKN5550
>>383
いや、それは言い過ぎでしょうね。
正確には、ウルトラマンやピカチュウは自らの意志によって誰かに働きかけたり
しない。あらかじめ誰かによって作られたとおりにしか振る舞えないからだね。
その点、「幽霊」の場合は自らの意志(意思)を感じさせる振る舞いをする。
これが想像(妄想)と実在の大きな違いでは?

385 :青い猫:2010/07/02(金) 02:17:24 ID:2BCKN5550
>>382の考え方を如実に示していたのが、いまは亡き宜保愛子氏だと思う。
宜保氏は生前、亡くなった弟が氏の意識の中に現れてはあれこれと氏の知らない
事実を伝えてくるのだと、とあるテレビ番組で語っていた。

これと同じような事例が世界中にある。いわゆる霊媒や霊能力者と呼ばれる
ひとびとに共通する特徴です。意識の中に現れる霊的存在によって告げられる
ことがどういうわけか、客観的事実と符合してしまう現象が認められます。

386 :本当にあった怖い名無し:2010/07/02(金) 02:34:22 ID:M+Y36kNB0
ふむ、そしてその妄想とも呼べる想像を無限に拡大し拡散させてしまうのが人間
であるからどれだけ科学が進歩してもそれら拡大と拡散を止めることはできず
結果全ての人間に「霊」というものの存在を全否定することは不可能である。

とまあ既に科学的に証明されたオカルト話を未だに信じ続ける人々のことを思い出したり
>>384-385さんの文章を読みながら結論付けてみました

387 :本当にあった怖い名無し:2010/07/02(金) 02:42:49 ID:z3Ds3yaT0
>>380
スレ違いだけど、それはかなり近いと思う。

388 :本当にあった怖い名無し:2010/07/02(金) 04:29:56 ID:IqalurDH0
(´-ω-`)生者も死者もよくないものばかりうろついてる

地獄が満杯で溢れでてきてる

389 :本当にあった怖い名無し:2010/07/02(金) 04:36:35 ID:IqalurDH0
(´-ω-`)良いものは道を見つけて天国?か転生かなんにせよいなくなる(盆付近にはたしかに1日だけ帰ってこれる)

390 :本当にあった怖い名無し:2010/07/02(金) 04:39:21 ID:IqalurDH0
(´-ω-`)道に迷い、行く宛てないものが現世に残って苦しみを繰り返す

391 :本当にあった怖い名無し:2010/07/02(金) 07:19:19 ID:CldrnHYh0
>>382
霊と幽霊を混同しているような。

392 :本当にあった怖い名無し:2010/07/02(金) 16:52:35 ID:iFk12rDtP
>>391
どう違うか説明してみて。

393 ::2010/07/02(金) 22:24:17 ID:Z1glmfM80
人類が想像力を働かせてクリエイトした存在(ウルトラマンやドラえもんなど)とは全く無関係に、
宇宙のどこかにウルトラマンやドラえもんとほぼ同じ存在が実在しないとは限らない。

俺がファンタジー小説を書いて、その中に「翼を持つ羊」を登場させたとする。
さてこの「翼を持つ羊」は俺が創作した存在だから、宇宙には「翼を持つ羊」は絶対に存在しないと言えるだろうか。
地球から遠く離れた惑星に、俺の創作とは全く無関係に、翼を持つ羊(としか見えない)生物が存在する可能性がある。

あるいは、俺が「神とはこのような存在である」と定義して、「俺の考える神」を主人公にした漫画を書いたとする。
「神は俺の創作物なのだから、架空の存在であることが証明されている」と言えるだろうか。

394 :本当にあった怖い名無し:2010/07/02(金) 23:16:03 ID:CldrnHYh0
>>392
このスレタイの話(考察的論議)は、幽霊は本当に、いるか、いないか、で、

その上で、幽霊を科学的に考察する事が趣旨です。

私自身の自説ですと、幽霊は、現象です、そして、一般的に認識されている霊とは、

人の死後にその故人の生前の思考的能力等が、肉体が無くなっても残存し継続する状態にある、

状態を指しているものと考えます。

上記のような状態の霊と言われているものの存在があり得ないとなると、霊とは、人間の死後(故人)の、

生前の様々な情報記録そのものが、霊と、言えるのではないかと考えている。

幽霊を考察するのですよ、上記の霊と言われているものとは、関連性がないかも、あるかも?です。



395 :Dow:2010/07/02(金) 23:33:50 ID:nzp67WWR0
ふうん。幽霊は人格というか自由意志を持つ主体的な存在であるのか、それとも「能力者とかじゃないです」さんの言うような
単に生前の姿が映像的に記録されているだけのものなのか、それともある種の残留思念説のように「うらめしい思い」などは
あるものの自由に思考することはできない存在であるのか、ということかな?

396 :本当にあった怖い名無し:2010/07/02(金) 23:49:59 ID:z3Ds3yaT0
>>394
何度も言ってる通り、科学的検証に耐えうるほどの「居る証拠」なんか、今現在、この世のどこにも無いんだよ。
あれば、こんなスレ要らんわな。

あるのは、個人的、主観的な経験と、心霊写真とか、音声、映像のようなあいまいな物理現象。
それを題材にして議論するのだが
居る、居ない、を争うなら、最初から結論は出てる。 証拠能力不十分で「居ない」だ。

そんなの当たり前でつまらない。
だからそうじゃなく、それはどんな原理、仕組みなのかを考察した方が面白い。

397 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 00:05:07 ID:nY5txhXK0
いないと思ってるものの仕組みを考えるとは、これいかに?

398 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 00:26:04 ID:OQN4dctg0
>>397
なんで科学的に幽霊は存在するのかって設問の答えと、
個人的に幽霊が居ると思うか思わないかが必ず一致するって思ってるの?

幽霊は科学的に存在するか?という問いにどんな答えが出るかと、
個人的に幽霊が居ると思うか思わないかというのは別の話。

399 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 00:34:53 ID:e2zBlKIg0
>>396
ですからね、「だからそうじゃなく、それはどんな原理、仕組みなのかを考察した方が面白い」の

どんな原理、仕組みなのか、が、「幽霊を科学的に考察する事」の中に含まれていると言う事ですよ。




400 :Dow:2010/07/03(土) 00:42:45 ID:4Klh0rDO0
俺は否定派なんだけど、いろいろ考えるの面白いじゃない、自然科学でも、社会科学でも。ここは2chなんだし。それともこれは
大マジに扱わないといけないテーマなのか。www

401 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 00:46:58 ID:OQN4dctg0
>>399
まあそれは科学的にって言葉の定義次第だな。結局やってることは
同じだわ。

科学的っていう言葉をwikipediaの「科学的手法」のような意味として受け止めれば
396みたいな表現になるし、単純に「論理を組み立てて」みたいな意味にするなら
399みたいな表現になる。

402 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 00:47:25 ID:e2zBlKIg0
考察すること以前に話の解らない方がいるような

403 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 00:49:01 ID:e2zBlKIg0
あんたのはへりくつってのだよ!

404 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 00:50:56 ID:e2zBlKIg0
こうさつするいぜんにことばのへりくつがおおすぎ

405 ::2010/07/03(土) 00:58:32 ID:667JtRAC0
>>397
> いないと思ってるものの仕組みを考えるとは、これいかに?

いまこのスレにいる人のほとんどは「ウルトラマンは実在しない」と考えてると思います。

では、TVでウルトラマンを観たとき、毎週3分しか戦えなかったウルトラマンが、ある日の放送だけ
何の説明もなく20分以上戦っていたらどう思いますか?
「あれ?ウルトラマンは3分しか戦えないはずだが、今回だけ何か長く戦える理由があるのだろうか?」とか考えませんか?

406 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 00:58:53 ID:OQN4dctg0
なんでageる人は、こんな人ばっかなんだ?

407 ::2010/07/03(土) 01:01:06 ID:667JtRAC0
俺も含め、ageてる奴は全員フランス人だから

408 ::2010/07/03(土) 01:07:26 ID:667JtRAC0
内容的にはあまり評価はできないが、柳田理科雄の『空想科学読本』なんていうのも
「実在しない架空の存在を科学的に考えてみる」という内容だろ。

「いないとは思うが、もし仮に本当に霊が存在したら、その正体は○○○であろう」とか
「いないとは思うが、もし仮に本当に霊が存在したら、人間社会はこうなるだろう」とか
考えることに意味はある。

409 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 03:10:38 ID:CnRFMZAn0
霊と呼ばれるものが存在しているのはもう分かっているが
その後に行く所がなんとなくしか分かっていないんだよね

410 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 05:28:05 ID:pgNGXlup0
もうちょっと頭の良い肯定派が夢みせてくれないと、エンターテインメントとしても賞味期限切れちゃいそうだな
乱暴に言えば、嘘でも捏造でもいいから否定派の俺が信じちゃいそうな話(理論)持ってきてくれお

411 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 07:50:29 ID:gJs9fcK6O
>>409
そういう言い方は止めて欲しいんだよな。
何か未知なる現象が、、、、とかにしてくれ。
そこには所謂幽霊とやらも含むし、ここで言う否定的な意見も含む。
幽霊現象やら色んな言葉が飛び交ってるけど、それを「いる」と直接結びつけたがる輩がいるからだ。

412 :青い猫:2010/07/03(土) 08:02:59 ID:LDC9zYaS0
未知なる現象ですって? それこそデタラメな表現ですね。
いわゆる心霊現象は未知ではなく、既知ですよ。
それらの現象には個別的に具体的な名称さえ与えられている。
ポルターガイスト・ラップ現象・物質化現象・霊視・憑依 ,etc
これだけで、すでに幽霊を想定するには十分すぎる。
これを認めないひとのほうがどうかしている。科学以前の問題だよ。

413 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 08:06:22 ID:gJs9fcK6O
中身が未知だと言う事だよ。屁理屈バカ。
サヨナラ。

414 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 08:09:45 ID:gFpCShNs0
>>412
>これだけで、すでに幽霊を想定するには十分すぎる。

幽霊以外にも説明はある。
よって、幽霊説は数ある候補の1つに過ぎない。

自分の知識では幽霊以外に説明ができないから幽霊、
自分が幽霊だと思えば幽霊、

などというのは愚の骨頂。何度も同じ事を(以下略)



415 :青い猫:2010/07/03(土) 08:13:03 ID:LDC9zYaS0
私が挙げた具体例について幽霊以外の説明とやらを是非とも知りたいものだが?
あくまでも具体的に指摘してほしいよね。くだらない「可能性」なんぞではなくw

どうせ言葉遊びが関の山だろうけど。

416 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 08:18:17 ID:gFpCShNs0
>>415
今まで何度でも指摘されている。
その1つ1つに対して、否定できるだけの根拠を誰かさんは示せていない。

「否定できる根拠がなければ幽霊説は否定できない」という誰かさんの見解に従えば、
これらの幽霊以外の説明も、当然、否定はできない。

よって、幽霊以外の説も、少なくとも幽霊説と対等の候補となり、
幽霊説は「数ある候補の1つ」にすぎない、ということになる。

以上。

417 :青い猫:2010/07/03(土) 08:20:20 ID:LDC9zYaS0
>>416
ほ〜らね♪ 具体的に示せないわけだw
どこに何が指摘されているのかを明示してから威張ろうね♪

私の予言通りの言葉遊びだったわけね。

418 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 08:25:03 ID:j6dGWQ+LO
過去スレを読めよ

少なくとも末端信者の妄想よりは具体的な指摘がなされてる


419 :青い猫:2010/07/03(土) 08:26:37 ID:LDC9zYaS0
>>418
過去ログのどこ? 具体性のないレスは妄想と同じw はい、論破っw

420 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 08:31:06 ID:j6dGWQ+LO
全部

はい論破

421 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 08:32:02 ID:gFpCShNs0
>>419
誰かさん1人が論破した“つもり”になっても無駄。支持する者は誰もいない。
ま、自己満足が得られればいい、という小学生的発想なのであればそれで十分だけど♪



422 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 08:34:50 ID:j6dGWQ+LO
まぁ、その前に

「幽霊に起因するとしなければならない現象の具体的な提示」

がなされていないワケだがww

423 :青い猫:2010/07/03(土) 08:35:36 ID:LDC9zYaS0
ここの疑似科学信奉者よりも素直な小学生の方がよほど優秀だよ。
どうしてすぐに小学生を引き合いに出すのか、或る意味で意味深だよね?

結局、いつまで経っても具体性なしか……、さすがだね。

424 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 08:48:55 ID:gFpCShNs0
写真にヘンな光球が数多く写った場合。

A「幽霊だ、幽霊に違いない」
B「ホコリにフラッシュが当たるとこういう写真が撮れるけど」(実証済み)

さてこの場合、Aの主張だけを支持しなければならない理由は何か?
少なくともB説を否定できねば、幽霊説はいつまで経っても「候補の1つ」に過ぎないわけだが。



425 :青い猫:2010/07/03(土) 08:57:27 ID:LDC9zYaS0
>>424
その状況設定がすでにオカルトなんですけど?
あまりにも強引すぎるので笑っちゃいましたよ。
写真にヘンな光球がたくさん写ったからってどうしてAとBの場合しかないの?

まぁいいや、結局は妄想の世界だということだからね。
写真に写る光の玉だけを持ってきて幽霊を論じてしまうところが可愛いよね。
ずぶの素人感が丸出しでさw

426 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 09:01:17 ID:j6dGWQ+LO
現在、所謂心霊現象と呼ばれているものは、全てドラえもんの仕業です
ドラえもんは実在します

その理由は

@ドラえもんの研究者が存在する
Aドラえもんが実在しない、との証明ができていないB私、見たんですよ、青白い猫型ロボットを
Cドラえもんの実在を示す研究資料、記録が存在します
(プライバシー保護の観点から、一切開示できません。個人で勝手に探して下さい)

以上の具体的理由から、幽霊は存在しません
全てはドラえもんの仕業です



427 :青い猫:2010/07/03(土) 09:02:11 ID:LDC9zYaS0
一応ね、指摘しておくけどさ、心霊写真やオーブ写真がそう呼ばれるのはだね、
その写真を手に入れるまでの過程にそれを匂わせる部分があったりするから、
その写真は心霊写真じゃないかと勘ぐってしまうわけね。たんに写真の現像ミス
や撮影ミスの方が圧倒的に多いわけだし、これらをいちいち心霊写真とは
呼ばないことからもわかるよね。

428 :青い猫:2010/07/03(土) 09:06:30 ID:LDC9zYaS0
>>426
それは幽霊という単語をドラえもんという単語に置き換えただけでしょ?
過去にもあったよ、それと同じことをしちゃった残念なひとがww

私がさらにそれをドラえもんからピカチュウに変えることもできるよね?
この時点であなたの論理は失敗なのよww
これが理解できないことが明らかだよね? はい、バカ丸出し乙w

429 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 09:11:30 ID:j6dGWQ+LO
別にドラえもんの実在を主張するものではない


どこぞの気狂いコテハンの妄想俺理論は、このスレのガイドラインで禁止されている「なんでもあり」に該当することを指摘しただけ

この理論が失敗って指摘を、この理論の提唱者がしてしまうとはww

430 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 09:16:03 ID:gFpCShNs0
>>425
おいおい、だれもAとBしかないとは書いてないよ。
他にもC・D・E・・・・・・とあれば、Aだけを取り上げねばならない必然性はさらに低くなるわけさ。


>写真に写る光の玉だけを持ってきて幽霊を論じてしまうところが可愛いよね。

誰かさんがこの現象について大恥をかいたことがあるという噂を耳にしたもんでね。誰とは言わんけど。


>>427
>その写真を手に入れるまでの過程にそれを匂わせる部分があったりするから、

まさかとは思うが・・・・・・光球の写真が撮れたとき、
“匂わせる部分”とやらがあれば幽霊、なければホコリ、などという馬鹿なことを言ってるわけじゃないよね?
いくらなんでも、そこまで馬鹿じゃないよね?

ちょっと、心配になってきた。



431 :青い猫:2010/07/03(土) 09:16:36 ID:LDC9zYaS0
しかし、いつも通り、ここはお勉強が苦手な感じがにじみ出ていておもしろいよね。
幽霊に否定的なレスって劣等感の裏返しなんじゃないかと勘ぐりたくなるね。
否定派はさ、ここまで繰り返しデタラメをたれ流してきた事実を振り返れば、
へそ曲がりで事実をきちんと見ることのできないひとだってことがそれこそ
否定できないほど記録に残っているよ。否定派を自称するのはかなりマイナス
評価になるんじゃないの?

>>429
自分で白状しちゃったのね(笑)だからそれは「妄想」なんでしょ?

あ、付け加えるのを忘れたけどさ、まさかその屁理屈にもならない文章を
一生懸命考えてはいないよね? マジでやっちゃったんならもういろいろな意味で
手遅れだよ。

432 :青い猫:2010/07/03(土) 09:20:12 ID:LDC9zYaS0
>>430
あなたもどんどん壊れていきますね?
ポルターガイストって知ってる? このときにもいわゆる心霊写真が撮られる
ことがあるんだよ。ほかにもラップ音がかまびすしい場所なんかでもね。
こういう状況をすっ飛ばしてまるで実験室で写真を撮るかのような滑稽さを
感じるんだよ。あなたの文章からはさw 実地検証なんて知りもしないってか?
いいよね、疑似科学信奉者は、楽ちんでさ♪

433 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 09:22:56 ID:j6dGWQ+LO
それよりも

「幽霊に起因するとしなければならない現象」

の具体的な提示マダー?


あ、ちなみに、幽霊に起因するとしなければならないってのは、裏を返せば、それ以外の全てを除外するって意味だね
つまり、何らかの錯誤、人間以外の知的生命体の行為、未知の所謂自然現象など、考え得る幽霊以外の要因全てを、具体的、論理的に、かつ明確に否定できるってことでよろしく

434 :青い猫:2010/07/03(土) 09:25:26 ID:LDC9zYaS0
>>433
以前、岐阜県のとある町で起きたポルターガイスト。
これは繰り返し大々的に報道もされたよ。って、前にも紹介したはず。

相変わらず、バカ丸出し乙w

435 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 09:29:14 ID:gFpCShNs0
ポルターガイスト現象の調査結果の一部

自分で壷を投げて壊しておいて、すぐにベッドの下に潜り込んで何食わぬ顔で「ママー」と大声で叫んでみせる少女。
下水道によって起きていた屋敷の振動音や皿の割れる音を事前に録音しておいたテープレコーダーを隠しておき、
自分が部屋の中にいないときに勝手に割れたかのように思わせるイタズラ。
糸で吊るしたリンゴを床に落としたり、足の関節を鳴らしたりしてラップ音をでっち上げる。
テーブルランプを自分で掴んで投げるところを取材陣に撮られてしまった少女。
足でテーブルをそっと動かしているところを目撃されてしまった少女。

ま、ほんの一例だけどね。

そして、そこで写真を撮ったところで、壁の模様やら背景やら、見ようと思えば人の姿に見えるものなどいくらでもある。
さらに、そこに写ったものが死者であると判断するためには、『どこの誰』まで同定されねばならない。客観的にね。
できる?



436 :青い猫:2010/07/03(土) 09:31:35 ID:LDC9zYaS0
やっぱりだ。ここの否定派ってひとは、物事を複合的に見ることが苦手みたい。
いや、複合的な事象を解きほぐすことが苦手だと言うべきか。最初から一点しか
見ていない。これがすべての過ちにつながっているという自覚がない。

かつて、物理学や数学といえば大学入試センター試験の問題のことだと言った
御仁がいたわけだし、公判における証拠の意味を知らずに長文連投してたおバカ
さんもいた。あーゆうのが幽霊の存在を躍起になって否定している姿が象徴的だよ。

レスのし甲斐があるってもんだ♪

437 :青い猫:2010/07/03(土) 09:33:59 ID:LDC9zYaS0
>>435
だから「妄想」は必要ないよ。こっちは具体例を提示してあげたんだから
具体的な反論をお願いしたいね。まぁ、無理には期待しないけど。

テンプレ推奨:具体性のないレスは妄想と同じ。

438 :青い猫:2010/07/03(土) 09:44:15 ID:LDC9zYaS0
さてと、あほ面しながら必至でググってる自称否定派くんの姿が「見えて」しまう
私は或る意味で超能力者?

事実をきちんと指摘するっていうのが科学の基本だからね。

439 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 10:14:41 ID:gFpCShNs0
>物事を複合的に見ることが苦手みたい。

ヘンな夢を見たら、その日に知人が死んだ。
この2つについて直ちに因果関係有り、と考えるのが「複合的に物事を見る」と思っているのであれば、
それはたいへん可哀想な思考能力だ。

物理学や数学といえば大学入試センター試験の問題のことだと言った という誤まった読解をした人はいたけどね。
幽霊説に反する事実を無視するのが科学的態度だと思っているうちは何の進歩も得られない。

残念ながら、「幽霊だと思う」から先には一歩も進むことはできない。




440 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 10:23:33 ID:z7XlOCLn0
寝る前になんの気なしに書いたことに、レスがつくとは思わなかったな^^;

このスレはいわば「空想科学読本」の幽霊編だったのかっ!
そうなのか、そうであったのか、そういうノリだったのか

肯定側も否定側も皆その前提でやっていたわけですか
それが主流意見というなら、俺は落ちます、さようなら

441 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 10:25:09 ID:gFpCShNs0
>>438
>事実をきちんと指摘するっていうのが科学の基本だからね。

まったくその通り。

幽霊でなくてもこんな現象で説明できる、
その現象は他の場所ですでに確認済み、という事実を指摘するのが科学の基本。

この指摘があったら、幽霊説は「数ある候補の1つ」に過ぎなくなる。

そして残念ながら、誰かさんはこの指摘に対して有効な反論ができていない。



442 :青い猫:2010/07/03(土) 10:30:33 ID:LDC9zYaS0
>>439
>ヘンな夢を見たら、その日に知人が死んだ。

だからさぁ、ヘンでない夢とやらを教えてもらわないことにはさぁ、
論評するに値しないんだよねぇ。それにさぁ、因果関係を求める前に相関関係を見るのが
一般的だと思うよ。どうもその辺の知識をまったく持ってないよね?
この部分から一切進歩しないことがよく分かるレスだこと。

>残念ながら、「幽霊だと思う」から先には一歩も進むことはできない。

んで、「幽霊だと思う」ではなく、見たモノ、写ったモノが幽霊だと言ってるわけよ。
きみとは論の立て方が違うってことだよ。これ、理解できるぅ?

443 :青い猫:2010/07/03(土) 10:33:12 ID:LDC9zYaS0
>>441
>幽霊でなくてもこんな現象で説明できる

だから〜、幽霊でなくても写真に写るというならそれをやって見せてよ。
どうやって死者を写真に写すのかさ〜。他にもポルターガイストをやって見せてよ。
もう、グダグダなレスしか出てこないのかなぁ。

きみのレスが負け犬の遠吠えにしか聞こえないんだよね。

444 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 10:34:28 ID:z7XlOCLn0
横っちょから失礼ながら、ID:gFpCShNs0 さんや、ID:LDC9zYaS0さんも、
「空想科学読本」幽霊編てな感じで今やってるわけですか?

445 :青い猫:2010/07/03(土) 10:37:24 ID:LDC9zYaS0
>>444
いやいや、私の場合はこれでも事実に基づいて話していますよ。
具体的に提示できるモノはこのスレッドにリンクを貼ったりもします。
世間では未確認とみなされがちな情報もなるべく具体的に提示しています。

否定派諸君は「妄想」や「空想」に基づく主張ばかりで空回りしていますけど。

446 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 10:41:40 ID:gFpCShNs0
>>442
>だからさぁ、ヘンでない夢とやらを教えてもらわないことにはさぁ、

たとえば、という話なんだけどね。どうも、“行間を読む”というのが苦手なようで。
だから読解力が無いと言われるんだよ。


>んで、「幽霊だと思う」ではなく、見たモノ、写ったモノが幽霊だと言ってるわけよ。

見たモノ・写ったモノが「幽霊だと思う」から、「幽霊だ」と言うわけだろ? おんなじことじゃん。
日本語能力がだいぶ怪しいね。


>きみとは論の立て方が違うってことだよ。これ、理解できるぅ?

もちろん、理解してますよぉ。あんたの論の立て方は間違いだってことも含めてね。


447 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 10:43:21 ID:gFpCShNs0
>>445
「事実」と呼べるのは「ヘンな体験が存在する」という部分まで。
そこから先の「その現象は幽霊だ」というのは、あくまで「考え方の1つ」であり、確定事実ではない。
その区別がつかないから「知能が●い」と言われてしまうのだ。



448 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 10:44:08 ID:gFpCShNs0
「O型の人にはハゲが多い」という自分の説を証明するために、
ハゲの人の中からO型の人を集める、あるいはO型の人の中からハゲの人を集めるということをやって
「見ろ、自分の説は正しいだろ」と言っても、何の証明にもならない。

他の血液型ではどうなのか? O型でハゲじゃない人の割合は?
という件についても当然考えなければならない。

だが、それを指摘すると「具体性のないレスは妄想と同じ」とアホな反論をするお馬鹿さんがいる。
誰とは言わんけどね。




449 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 10:45:08 ID:gFpCShNs0
>>444
「空想科学読本」幽霊編・・・・・・ってのが何なのか、よくわかりませんが。




450 :青い猫:2010/07/03(土) 10:47:48 ID:LDC9zYaS0
>>446
たとえば、と断るのが常識であり、文法だよ。きみの妄想に入り込むのは無理だもん。
いつも通り、都合が悪くなるとひとのせいか。

>見たモノ・写ったモノが「幽霊だと思う」から、「幽霊だ」と言うわけだろ? おんなじことじゃん。

これも大間違い。思うか否かではなく、写るか否かが重要!!
思ったから写るってわけではないの。この違いも理解できないのに科学うんぬんとはね。
もう否定派を名乗るのやめたらどう? 結局、具体的な例も出せずに終了だろ。

あとは全部意味不明な疑似論理とやらに固執するだけだってことが過去ログの
傾向から予想できる。これも電波系疑似科学信奉者の特徴だからさ。

451 ::2010/07/03(土) 10:50:01 ID:667JtRAC0
本当にこのスレ、アホしかいなくなったな(ま、青猫が常駐している以上しょうがないけど)。

「空想科学読本」というのは「存在していないものについても論理的に思考する事が可能」であることの一例として挙げたまでで、
科学や数学の世界においては「存在しないこと、証明できないことを証明する」為に思考することもある。

例えば「不確定性原理」は、「2つの物理量を測定する方法は『存在しない』」ということを主張しているし、フェルマーの定理は
「3 以上の自然数 n について、xn + yn = zn となる 0 でない自然数 (x, y, z) の組み合わせが『存在しない』」ことを証明している。

「3 以上の自然数 n について、xn + yn = zn となる 0 でない自然数 (x, y, z) の組み合わせが存在しないと思っているのに、どうして
3 以上の自然数 n について、xn + yn = zn となる 0 でない自然数 (x, y, z) の組み合わせについて考えてるの?バカなの?」
という質問があれば、「なぜ存在しないのかということについて思考しているのだ」と答えるだろう。

同じように、霊が存在しないと判断している人は、「霊がなぜ存在しないのか」という仕組みについて思考しているのだ。

452 :青い猫:2010/07/03(土) 10:51:11 ID:LDC9zYaS0
>>447
ついに、人格否定に走ったようだね。これもこちらの見立て通り。

>そこから先の「その現象は幽霊だ」というのは、あくまで「考え方の1つ」であり、確定事実ではない。

これはすでに日本語として成立していないよ。
幽霊という言葉を辞書で調べてごらん。現象を指して「幽霊」と呼んでいるんだよ。
だから考え方のひとつを指しているわけではない。
きみは根本的に知識が足りないと思う。その点は繰り返し指摘するからね。

453 :青い猫:2010/07/03(土) 10:53:14 ID:LDC9zYaS0
>>448
妄想乙。

>>451
「証拠」マダー? 刑事裁判の仕組み調べた? また無視してしたり顔か?
また コピペ でちゅか?

454 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 10:54:04 ID:gFpCShNs0
>>450
>たとえば、と断るのが常識であり、文法だよ。きみの妄想に入り込むのは無理だもん。
>いつも通り、都合が悪くなるとひとのせいか。

そうか、悪かった。これからはあんたの読解能力に合わせよう。かなり低めに設定しないといけないな。


>思うか否かではなく、写るか否かが重要!! 思ったから写るってわけではないの。

>>446を読んで「思ったから写る」という解釈のできる人間は、あんたぐらいだよ。
笑わせるのはそのへんにしといてね。

マジで、中学校の国語から勉強した方がいいよ。あんた自身の人生のために。



455 :青い猫:2010/07/03(土) 10:57:49 ID:LDC9zYaS0
>>454
また具体例がないね。私の人格否定に走った末にフェードアウトするのがいつものパターンか?
謝ったり愚弄してみたりと忙しいのは理解したww

さてと、具体的に岐阜のポルターガイストを否定してみせてよ。
それと死者が写真に写り込むケースを具体的に反証して見せてよ。
いつまで経っても具体性がないのは予想通りだけどさww

456 ::2010/07/03(土) 10:58:12 ID:667JtRAC0
『なぜ存在するのか(存在できるのか)』について思考することも
『なぜ存在しないのか(存在できないのか)』について思考することも
基本は同じなんだけどな。

例えば、お前らの職場で、ある企画が提出されたとき。

『この企画を実行すれば、大きな利益が存在することになるだろう』と考えて企画を進めて行くことに意味はあるが、
『この企画を実行しても、利益は存在しないと判断できる』と考えて企画を中止することに意味は無いのでしょうか?

詰めが甘くて利益が期待できない企画であれば、その企画について思考を行い、結果として「その企画はボツ」とすることには
コストを削減するという大きな意味が存在する。

457 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 10:58:55 ID:gFpCShNs0
>>453
青い猫氏が警察官や検察官、裁判官になったらエラいことだ。

被疑者の指紋が付いてた = 即、犯人! という判断をするんだろうね。
「犯行に関与せずとも、被疑者が指紋を付け得る状況があった」という主張など無視するんだろうね。

ま、そんな判断しかできない人間が法律に携わる職の試験を通るとは思えんが。




458 :青い猫:2010/07/03(土) 11:02:40 ID:LDC9zYaS0
>>456
いきなり企画開発部みたいな設定?
無理するな。働いた経験がないことがよく分かるカキコだね。
まずは刑事裁判の仕組みを調べてこい。反省なくして進歩なしだ。

>>457
公務員試験や司法試験のこと知らんでしょ?(笑)

459 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 11:03:55 ID:gFpCShNs0
>>458
>公務員試験や司法試験のこと知らんでしょ?(笑)

あんたは知ってるの? 知らないよな。

460 ::2010/07/03(土) 11:05:32 ID:667JtRAC0
青猫
「刑事裁判の場合、検察が証拠を提出したことによって起訴が成立する。つまり、検察が提出した証拠は、一部の疑いもなく証拠能力があるのである。なぜなら、証拠能力がなければ起訴ができないからである」

おれ
「検察が起訴した後に、裁判によって証拠能力が欠落していることが判明し、被告が無罪になる場合がある。つまり、検察が提出したからと言って、その証拠の正しさが証明されているというわけではない。一度提出された証拠も、精査されなければ証拠にはならない」

どっちが正しいんだろうな?
判断は第三者にゆだねます。

461 :青い猫:2010/07/03(土) 11:08:54 ID:LDC9zYaS0
>>460
ほらほら、ぜんぜん裁判のことを調べていないじゃないか。
証拠能力を判断するのは裁判官の役目だよ(がんばれw)。

ここは裁判ではなく、幽霊について考えることが目的のスレッドだよ。
結局、イタイとこを突かれて目的を見失うってのがいつもの流れってことww
だからバカにされるんだよ。もう、お勉強が苦手なことは仕方がないんだ。

462 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 11:09:27 ID:gFpCShNs0
>>452
>幽霊という言葉を辞書で調べてごらん。現象を指して「幽霊」と呼んでいるんだよ。


幽霊
1.死んだ人の魂が、生前の姿で現れるというもの。亡霊。
2.実際はないのに、あるように見せかけたもの。例:幽霊会社。

調べて何が得られるかよくわからんけどね。

不思議体験の原因が「死んだ人の魂が、生前の姿で現れたモノ」だと言う主張も、
他に考えれられる原因があれば「考え方の1つ」に過ぎなくなる。
辞書を引いたところで、何も変わらない。相変わらず、幽霊説は「考え方の1つ」である。



463 ::2010/07/03(土) 11:12:32 ID:667JtRAC0
>>461
> 証拠能力を判断するのは裁判官の役目だよ(がんばれw)。

それはこっちが何度も言ってんだろw

464 :青い猫:2010/07/03(土) 11:13:30 ID:LDC9zYaS0
>>462
>1.死んだ人の魂が、生前の姿で現れるというもの。

「幽霊」とは、ここにあるとおりだとは思えなかったということか?
ではきみはいったい何を「幽霊」だとみなしているんだ?
すでに自己矛盾に陥っていることさえ認識できないというわけか?ww

>他に考えれられる原因があれば「考え方の1つ」に過ぎなくなる。

だからさ、これをいつまでも具体的に示さないのはなぜ?
「他の原因」とやらを放置するのはなぜ?
結局バカのひとつ覚えのごとくスレッドを消費するのが目的なんでしょ?
相変わらず>>455はスルーだしなw だからおもしろいんだよ、きみたちは。

465 ::2010/07/03(土) 11:13:48 ID:667JtRAC0
>>461
> >>460
> ほらほら、ぜんぜん裁判のことを調べていないじゃないか。
> 証拠能力を判断するのは裁判官の役目だよ(がんばれw)。

更に言うなら、心霊現象における証拠を判断するのは科学の役目だ。
心霊現象における信仰面を判断するのは科学の役目ではないが。

466 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 11:14:29 ID:z7XlOCLn0
>>451
というか、「いないと思ってるものについて仕組みを考えること」がこのスレの主流の意見かどうか知りたかっただけ
それをやるのが空想科学読本的なものになるのはその通り
で、皆がそっち方向を望んでいるのかっていう話ですよ

「存在しないものについて論理的に考えること」と「存在しないってことを論理的に示すこと」とは全然違う話。

467 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 11:14:38 ID:LEvYTugtP
側頭葉のシルビウス裂に電気刺激与えたら臨死体験みたいな経験できるそうだけど?
神様が見えるとか死んだ人が見えるとかeat、内容は人それぞれみたいだけど、
これって実験を行えば何時誰がやっても確実に何等かの変化?が現れるものなの?
科学的(医学的?)には立証されてんの?
脳の働きの一種で終わりwだろうけど、何だって見れるものなら俺にも実験して欲しいぞw

468 ::2010/07/03(土) 11:15:37 ID:667JtRAC0
そして、科学の世界でも、一般社会でも、「心霊の存在する証拠」が認定されたことは無い。
霊障に保険は適用されないし、金縛りによる遅刻や欠勤は認められない。
霊能者が霊の話を聞いても、その内容が殺人事件の裁判に影響を与えない。

469 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 11:15:45 ID:z7XlOCLn0
前者はお遊び、後者はシリアス

470 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 11:16:20 ID:gFpCShNs0
>>455
>さてと、具体的に岐阜のポルターガイストを否定してみせてよ。

どういったモノか、説明よろしく。


>それと死者が写真に写り込むケースを具体的に反証して見せてよ。

写ったモノが客観的に見て確実に「死者だ」と言われた写真はどこにあるねん?
『●市に住んでいて、△年▽月▼日に亡くなった◎○さん』というところまで同定された写真はどこにあるねん?
人のように見えなくもないモノ = 死者の姿 という痛いカン違いをしてるとか?



471 ::2010/07/03(土) 11:18:39 ID:667JtRAC0
>>466
> 「存在しないものについて論理的に考えること」と「存在しないってことを論理的に示すこと」とは全然違う話。

いや、同じだよ。

『どこでもドアは現時点で存在しない。しかし最新の科学理論を用いれば将来的に可能である』と考える科学者がいるかもしれない。
これは「存在しないものについて論理的に考える」こと。

『どこでもドアは論理的に矛盾があるので、将来的にも作られないだろう』と考える科学者もいるかもしれない。
こっちは「存在しないことを論理的に示す」ということ。

どっちの考え方でも、このスレには合致するだろう。

472 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 11:19:15 ID:gFpCShNs0
>>464
>だからさ、これをいつまでも具体的に示さないのはなぜ?

自分も含め、今までいろんな人が「幽霊以外」の説明をしてきた。

覚えてない → 認知症の疑い有り。もしくは知的発達の遅れ。病院へ行こう。
覚えてるけど無視 → 議論する者として極めて劣悪な態度。





473 ::2010/07/03(土) 11:20:51 ID:667JtRAC0
おでかけー

474 :青い猫:2010/07/03(土) 11:22:21 ID:LDC9zYaS0
>>470
なんだ、岐阜の件をご存じないと言うことか。だったらすでにきみには
それを論評する資格はないってことだ。もうバカ丸出しだなww
いつも科学を知らずに科学を論じているじゃないか。
それと同じことをすればいいんだよww

>写ったモノが客観的に見て確実に「死者だ」と言われた写真はどこにあるねん?

具体的に実名を出すのは無理なんで、できれば戦没者などのご遺族をあたってほしい
(きみたちにできるかどうかはなはだ疑問だが)。
他にもあるが、故人やそのご遺族の許可もなくネットに証拠を晒すのは
どう考えても無理。この点はいかなる批判を受けようとも開示しない。

475 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 11:28:29 ID:gFpCShNs0
>>474
一応、こんな記述もあるけどね。誰かさんの好きなページから。

錯誤説 [編集]
テレンス・ハインズは科学的な調査の結果、霊現象と確認された例は皆無に近い、とする。
また、ポルターガイスト現象は基本的に目撃証言に依存しており、原因不明な事例であっても何十年も前のもの が多く、
他の疑似科学に共通する特徴と同様に「肯定派が否定派の側に立証責任を求めていること」に問題がある、と述べた。
例えば安齋育郎は、富加町のポルターガイストで霊媒師たちの説が住民の間で広がったことについて、
関係者に「後付けバイアス」と呼ばれる事後的な解釈、いわば思い込みが生まれ、噂が噂を生むこともあると指摘した。


振動および建物の建築不良説 [編集]
特命リサーチ200Xでは、ポルターガイスト現象を主として「建物や土地等に隠された問題点によって
振動や騒音が発生する現象」と位置づけ、霊能者に頼んでも治らなかったが水道管を交換したら収まった例も挙げた。
例えば、1979年1月にイギリスのケンブリッジで起きた現象については、トイレの排水によるものであったらしい、とした。
また例えば、富加町のポルターガイストの諸々の怪現象の中の怪音については、日本音響研究所の鈴木が分析を行い、
雑誌『ムー』の2001年6月号において、ウォーターハンマーと膨張熱でパネルがずれる音だとの判断を述べた。



476 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 11:31:07 ID:gFpCShNs0
>この点はいかなる批判を受けようとも開示しない。

出せない証拠に証拠能力はない。



477 :青い猫:2010/07/03(土) 11:32:09 ID:LDC9zYaS0
>>475
コピペは科学じゃないよ。それも出典を明示しない引用の仕方もルール違反。
どちらにせよ、きみの程度がはっきりと示されていることに違いはない。
科学リテラシーのないやからが科学を持ち出した格好の例ってこと。

478 :青い猫:2010/07/03(土) 11:34:37 ID:LDC9zYaS0
>>476
証拠を出す場を選んだだけ。どこぞのバカどもに晒す必要などないってこと。
ましてや、犯行予告が出るような場に晒す必要なんぞない。
ここはおもしろいひとたちを観察する場所なんだからさw
青猫だって珍しいでしょ?

479 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 11:55:28 ID:gFpCShNs0
>>477
コピペばかりじゃアレだから、少し見解を述べようか。

だいたい、ポルターガイスト現象って、「話」だけなんだよね。
映像にしても、「結果」の映像ばかり。
いちばん肝心なのは「動き出す瞬間」の映像なんだけど、それがまったくない。

「イタズラ」であることがバレてしまったという映像はあるらしいけど。


ちなみに、モノが勝手に動くという現象は、日常でもよく起こる。
山積みの紙が倒れたり、傾いた状態でギリギリのバランスをとっていた物品が倒れたり。
面がわずかでも傾いていれば、そこに置いたケータイはバイブレーションによって一定方向に動き出す。
強い風が吹けば、部屋の中に吹き込まずともドアが勝手に大きく動く。我が家のイカれたドアで確認済みの事実。

怪音にしたって、空気の流れがどこかの空間に共鳴を作り出す、ネズミがいる、
温度変化に伴う体積変化によって生じた歪が解消する際に音が出る、誰かがどこかで鳴らした音が壁を伝って来る、
冷蔵庫やら冷房やらの音が共鳴している、などなど、いろんな理由が考えられる。

幽霊説だけを採用しなければならない理由は、相変わらず、どこにもない。


>それも出典を明示しない引用の仕方もルール違反。

論文はある、といいながらその論文のタイトルを出さないのもルール違反だね。著者に失礼。
ちなみに>>475は、誰かさんの大好きなウィキペディア。


480 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 11:57:00 ID:gFpCShNs0
>>478
>証拠を出す場を選んだだけ。

紹介した時点で選んでないね。何度も言うが、出せない証拠に証拠能力は皆無。





481 :青い猫:2010/07/03(土) 12:00:32 ID:LDC9zYaS0
>>479
あほか? ポルターガイストの定義を調べた?

>>480
負け犬の遠吠え乙、一生吠えてれば?(笑)

他には期待できないようだな、昔はもっとマシなひとたちがいたんだけどなぁ。 

482 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 12:07:07 ID:z7XlOCLn0
>>471
20世紀の段階で、22世紀の科学を前提にしたフィクションがドラえもん
21世紀の今日、23世紀の科学を前提にして、「今は存在しないけれど将来これもありだろう」なんて言っても、フィクションにしかならない
論理に訴えるというより、どこでもドアを振りかざしてるわけです

「ある、ない、じゃなくて、考察することが重要」だとか、「ないのはわかりきっている、ありうるとしたら、どういう仕組みか考えよう」といった意見には、非常に強い疑問を持ちます
前者は民俗学の談義になりそうだし、後者は空想科学読本になりそうだって話

483 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 12:33:06 ID:gFpCShNs0
>>481
青い猫氏にはまことに気の毒であるが、残念ながら言葉の定義の問題ではない。
あんたが個人的にポルターガイストという言葉をどういう意図で使っているかという問題ではない。
家具が勝手に動いたり正体不明の物音がする現象を「ポルターガイス現象ト」と呼ぶ人々がいる、というのが事実。
ただしその原因は幽霊とは限らない、というのは先に挙げた通り。


「心霊現象と呼ばれる現象が存在するから幽霊は存在する」と言っていいか?
ダメだよね?
心霊現象と呼ばれる現象の原因は何なのか? から入らないとダメだよね?

わかるかな?

「心霊写真と呼ばれる写真が存在するから幽霊は存在する」と言っていいか?
ダメだよね?
一見するとおかしな写真が撮れてしまう原因は何なのか? から入らないとダメだよね?

わかるかな?

言葉の定義なんてのは、人間が後からつけた恣意的なモノに過ぎないんだよ。

心霊写真だから幽霊、心霊現象だから幽霊、なんてのは愚の骨頂、お馬鹿の頂点、阿呆の世界チャンピオン。


検察官「被疑者は犯人です。証拠があるので間違いありません。ただし、その証拠は出せません」
・・・・・・あんた、ホントに刑事裁判の何たるかを知ってるの?


484 :青い猫:2010/07/03(土) 12:43:00 ID:LDC9zYaS0
>>483
あほw 論評に値せず。他には?


485 :青い猫:2010/07/03(土) 12:48:40 ID:LDC9zYaS0
かつての否定論者芸人が懐かしいよ。
デタラメをデタラメと認識できないやからの特徴は中身のない長文を書き連ねることだわ。
ここまで酷いのは珍しい。むしろ、このようなやからこそオカルトなんじゃないの?

幽霊について一切論じていないやからがもっとも多量に書き込んでいる。
それら全部が疑似論理だもん。バカ丸出しと丁寧に指摘しているのに一向に改めない。

486 :青い猫:2010/07/03(土) 13:01:01 ID:LDC9zYaS0
gFpCShNs0 の主張は、心霊現象と呼ばれる現象は確認されているが、
その原因が幽霊によるものとは言えないということらしい。
だったら、心霊現象とはなんなのよ?ってことなのに。
この矛盾を理解できないことが無様な長文レスに現れている。

肯定派からすれば、心霊現象は霊的存在によって引き起こされているとする。
では、否定派からするとどうなるの? 霊的存在が関与しないなら、それは
心霊現象ではなく、自然現象だってことになる。しかし、ここでいちいち
霊的存在を自然物でないとする明確な根拠さえ否定派からは出されていない。
したがって、そもそも心霊現象が自然現象ではないとする理屈自体が矛盾している。
心霊現象もまた自然現象であり、その要因として自然物としての霊的存在が
関与しているとするのが自然な解釈だ。

しかも、gFpCShNs0 によると、心霊現象なんて持ち出さなくとも、当該現象の
説明は可能だとする。だったらそんなものはハナから心霊現象とは呼ばない
(この点を一向に理解できないらしいが)。それに加えて、心霊現象が霊的存在
なしに説明できると言いつつも、その具体的な説明を一切出さない。具体的な
事例に沿って、反証や反論を出したためしがない。二次情報や三次情報
を根拠に反論したつもりになっているところもイタイ。

最後に、こいつの書き込みはそのほとんどがデタラメであることを繰り返し指摘しておく。
あとは ID を変えて再び現れるはず。

487 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 13:09:46 ID:gFpCShNs0
>>484>>486
まぁ、理解力のない人には何を言ってるかわからないだろうから“あほ”に見えるんだろね。
どっちが“あほ”かは読む人しだい。

じゃ、ちょっと例題。

霊安室にある冷蔵庫のサーモスタットのはたらきで、いきなり音が鳴り出す。
それが廊下に反響して人の呻き声に聞こえる・・・・・・という現象があったとさ。

でもその音の発生原理を知らないAさんは、幽霊の仕業と勝手に考えて、「心霊現象」と名づけたとさ。

その言葉が世間に広く浸透し、廊下に不気味な音が鳴り響く現象があったら、
原因は何であるかを考える前に、とりあえず「心霊現象が起きた」と呼ばれるようになったとさ。

この場合、「心霊現象」という言葉を使ったから、その現象は幽霊を原因とするものだ! と結論してよいか?

はい か いいえ で答えてみよう。




488 :青い猫:2010/07/03(土) 13:14:38 ID:LDC9zYaS0
イタイ妄想を披瀝するのが妄想芸人のさがか?

辞書で「幽霊」の意味を調べても一向に理解できないらしい。
結局、辞書の文章もまたコピペでしかなかったということだ。
このイタイ妄想くんをコピペ芸人とでも呼ぼうか。

具体性のない言葉遊びしかできないものはこのスレッドから去れ。

489 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 13:21:27 ID:aJ/PCYCHO
第三者の自分からみると、残念ながら、青い猫っていうコテハンの完敗です



490 :青い猫:2010/07/03(土) 13:27:01 ID:LDC9zYaS0
ここでは繰り返し青猫によって提示されている解釈のひとつに、
「幽霊」の定義がある。青猫によると、「幽霊」とは、死体ではない死者の
こと(姿や音声)。ただし生き霊もあるので注意。

この定義に従えば、死者を想起する現象はすべて幽霊が関与していることになる。
いわゆる霊能力者(霊媒)が見えるとする意識の中での映像や音声だけでなく、
観測装置によってとらえられる映像や音声など、主観的な現象だけでなく、
客観的な現象も確認されている。この両者の存在が幽霊の存在を示している。
ここで、その信憑性を疑問視するものがいるのはよくわかる。だがしかし、
客観的な現象の再現性を見た場合、霊媒と呼称される性質を多分に有している
ものがいる場合とそうでない場合とで客観的な現象の再現性に偏りがある
ことから、そもそもいかさまとのそしりを受けるわけだが、裏を返すと、
現象の発生率に顕著な差が出ることこそ大きな手がかりとも言える。

491 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 13:31:30 ID:gFpCShNs0
>>488
「言葉があるから現象が存在する」→ 馬鹿。

水中の微小粒子の微細なランダム運動を「ブラウン運動」と呼ぶが、
別に「いろはにほへと運動」と名づけてもよかったわけ。
呼び方が何だろうと、現象は1つ。

大事なのは、その現象の原因は、いろいろ考えられるうちの何なのか? なわけ。
「心霊現象と呼ばれる現象だから幽霊だ」では話にならんわけ。

「論証」というモノを、中学2年の数学からやり直した方がいいよ、マジで。
数学の証明の分野の成績、悪かっただろ?



492 :青い猫:2010/07/03(土) 13:37:15 ID:LDC9zYaS0
どこぞのマヌケが霊的存在に関する論文などありもしないとぬかしているが、
この時点でこやつは検索エンジンもろくに使えないことを露呈しているわけだ。
インターネットの醍醐味を知らんとぬかしておる。この程度のやからの言うこと
に耳を傾ける必要などない。

だからなおさらおもしろい。否定派が愚か者の代表格だと表明しているようなものだからw
事実を指摘するのが科学なんだと同意したはず。

493 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 13:38:29 ID:aJ/PCYCHO
それ以上青い猫さんをいじめないであげて


494 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 13:43:24 ID:gFpCShNs0
>>490
>いわゆる霊能力者(霊媒)が見えるとする意識の中での映像や音声だけでなく、
>観測装置によってとらえられる映像や音声など、主観的な現象だけでなく、
>客観的な現象も確認されている。

「人間がヘンなモノを見てしまうという現象」 と 「観測機器がヘンな映像や音声をとらえてしまう現象」

の原因が同じであると決めてかかっているところからして、すでに“思い込み”が働いていることに気づこう。
人間には人間の都合があり、機械には機械の都合があるのだ。

自称霊能者が「見ている」というまさにその時・その場所で機械によって同じモノが記録されたという場合でもない限り、
「見える場合もあるし、写真に写る場合もあるからホンモノだ」という結論には至らない。



495 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 13:45:26 ID:gFpCShNs0
>>492
インタネットを使おうと論文を検索しようと、
自説に都合の良い部分だけを鵜呑みにし、他の可能性を考えようとしないという人間には意味がない。



496 :青い猫:2010/07/03(土) 13:50:14 ID:LDC9zYaS0
ほ〜ら、また愚か者が吠えてる。悔し紛れの遠吠えか?
否定派が吠えれば吠えるほど、むなしく響く。負け犬の遠吠えは虚空に消えるのみ。

幽霊を知らずに幽霊を否定しているのがこのスレッドの愚か者らしい。
この性質は物理学を知らずに物理学を持ち出していることからもよくわかる。
子供にありがちな態度として、覚えたての言葉ほど使いたがるものだから。

疑似論理で自分を納得させるしかできないらしいがね。

497 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 13:51:49 ID:aJ/PCYCHO
哀れ(笑)

498 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 13:55:40 ID:gFpCShNs0
>>496
物理、というか科学を知る者は、あんたのような論理展開はしないけどね。
・・・・・・というか、あんたのは論理展開とは呼べん。ただの思い込み。



499 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 13:57:03 ID:iwYWEQRXO
【ロシア】「僕は永遠に死にたくありません」 脳を冷凍保存、技術が進歩したら新しい体に移植され蘇生するという…料金は90万円★2
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1278123993/

↑もし、科学や医学の発達で可能になるときがきたら霊魂の存在は否定されることになる。
なぜなら、脳だけの保存の場合は現代でいうとこの死と同じ状態。
この脳の持ち主は死んでいるわけだが、脳だけ保存し、科学によって
新たな身体で蘇生できたとすれば死んだら魂が〜なんてことがないのが証明されたも同じ。
ま、この通りになればの話だが、時間の問題だけなのかもしれない可能性はある。

肯定派が脳だけ保存してると死んでいないとか何かとてつもないトンデモを言いだす可能性もあるがな。


500 :青い猫:2010/07/03(土) 13:59:23 ID:LDC9zYaS0
論文に関して思い出したが、常々疑問に思うことは、しょっちゅうこのスレッドに
書き込んでいると思われる否定派は日本国内の出版物のみならず、外国の出版物にも
興味がないということか?

幽霊に関する研究や考察、あるいは心霊現象に関するルポなど、さまざまな
文献があるのに、どういうわけか、ここで引き合いに出されるのが Wiki ばかりだ。
つまるところ、ここに集う否定派諸君の情報源は Wiki ばかりということか。
だとすると、こやつらを Wiki 芸人と呼ぶことにしよう。

501 :青い猫:2010/07/03(土) 14:05:04 ID:LDC9zYaS0
>>499
その場合は霊魂とか関係ないと思いますよ。
自己同一性がどうやって確認できるのかはなはだ疑問です。
その場合における新たな身体がどのような形態なのか見当も付きませんが、
脳だけは過去のものを保存したというだけで、それがそのまま過去の自己同一性
を保っているという保証はないはずですが?

だってこの場合は霊魂を持ち出すならば髪の毛でもいいはずですからね。

502 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 14:21:47 ID:iwYWEQRXO
まさかの無関係発言w

ならば何をもって人間の死とし、何をもって死によって霊魂という存在になりえるのか。

自己同一性の確認?
それなら生きてても同じことが言えるわな。
じゃ、生きてるアンタは何をもってアンタだと確認するんだ?
記憶か?人格か?物理的記録か?知人の証言か?

何才か知らんが、仮に30才として10年前、20年前のアンタと同じという
自己同一性を周りは何によって確認するんだ?

何を言うかと思えば…
そんな陳腐な発言とはがっかりやわ。
アホらしいから俺にはレスしないで。

503 :青い猫:2010/07/03(土) 14:23:18 ID:LDC9zYaS0
人間の自己同一性は脳に起因するという主張はいまでは一般的ですが、
これを覆す現象があるわけで、それが「憑依」と呼ばれる現象です。
この憑依は精神疾患として扱われ、統合失調症や乖離性同一性障害などと
診断されます。が、それでは憑依ではないじゃないかと突っ込まれるわけで、
それは百も承知です。精神疾患ではなく、憑依と称されるには理由があります。
ここでも例のごとく、憑依されたものには知る術のない事実の暴露がなされる
からです。それは憑依した本人しか知らないことを憑依されたものの口を通じて
語られるからです。もちろん、その口調や身振り手振りまでが憑依した本人
のそれと酷似するわけです。他にも趣味や嗜好が一致します。実際、このような
状態の患者を多数治療した医師が存在します。

504 :青い猫:2010/07/03(土) 14:31:48 ID:LDC9zYaS0
>>502
レスするなとありますが、そんな規約はここにはない。
すでに死者からの臓器移植は行われており、ここでも不可解な現象は
報告されています。たとえば心臓の移植を受けた患者が術後、奇妙な記憶に
苛まれるといった報告がいくつもあります。その記憶に関することが
どういうわけかその臓器を提供したひとの経験と一致するケースが少なからずある。
これは医学的な見地からの報告例です。

505 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 14:47:13 ID:El794ojCO
なんか凄く流れてるから青猫さん登場なんだろうな
で、また「心霊写真がナントヤラ」
ってやってんだろうな

とりあえず>>261
ちゃんと説明しないと誰も納得しないよ

506 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 15:02:39 ID:gFpCShNs0
>>503
>憑依されたものには知る術のない事実の暴露がなされるからです。
>それは憑依した本人しか知らないことを憑依されたものの口を通じて語られるからです。

生前に何らかの形で知り得るような個人情報ばかり、かつ、それを客観的に確かめるスベもなし。


>もちろん、その口調や身振り手振りまでが憑依した本人のそれと酷似するわけです。他にも趣味や嗜好が一致します。

そうなるのが解離性同一性障害の特徴。
生前のAという人物をよく知る人物が解離性同一性障害を起こして、「自分の知っているA」という人格に置き換われば、
口調も身ぶり手振りはおろか、人格までが「自分の知っているA」になってしまう。

この病気に関する知識が足りないね。「乖離性」という間違った漢字を使っていることからもそれがうかがえる。

知っているつもり、というだけで知ったかぶると恥かくだけでロクなことがないから、やめた方がいい。




507 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 15:10:16 ID:XsNGa4XUO
自称霊感ある女の子のブログ
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/wres/1275837730/61

508 :流れ虫:2010/07/03(土) 15:13:31 ID:rxRNfa2NP
幽霊とは見えるけど物的実体の無い現象、それ自体に偽物も本物もない。ただ未解明なだけ。
なので見た人が、それを「幽霊」と特定するこ事体は、何の問題も無い。

否定者が決めつけるなと言えるのは、それを死者の魂と特定された場合のことよね。
しかし幻覚現象さえ未解明なのだから、違うということも言い切れない。じゃあ何だと言うのだろう。

509 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 16:27:54 ID:gFpCShNs0
とんずら


510 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 16:32:32 ID:gJs9fcK6O
よく解らないが認められてるらしい、どこかの事実が前提であり、
説明途中で使ってる言葉自体が、ん?てな話しであり、結局わたしには解りますって話し。

511 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 16:47:57 ID:gJs9fcK6O
>>508
>それを「幽霊」と特定するこ事体は、何の問題も無い。
>否定者が決めつけるなと言えるのは、それを死者の魂と特定された場合のことよね。


いや、問題あるね。じゃないと話しが通じない。
テンプレを見ても解る通り、ここでは「幽霊」と言った場合、あなたが言った類のものを指し、
それが「いる」か「いない」の話し。
そこに当て嵌まらないなら、「幽霊」という言葉を使うべきではない。
大概の否定的な人は、それに沿って「いない」と言ってるのだから。
UFOは未確認飛行物体なのだから云々等の、いい加減に聞き飽きた、的ハズレな理屈と変わらない。

512 :流れ虫:2010/07/03(土) 17:16:35 ID:rxRNfa2NP
>>511
んじゃ>>3はどーなる?詭弁大会はヤメて、>>3を削除して「幽霊とは死者の魂」に限定するの?

見た人や肯定者を問いつめても、「幽霊とは死者の魂」との特定など出来ないよ。

513 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 17:16:55 ID:Fj4JlmBx0
ドイツ人女性Annelise Michel(1952〜1976)悪魔憑きにより死亡。

科学は近年の検証事項に過ぎずそれ以前に発生したモノに関し
タイムトンネルで遡ってその時に検分しない限り100%の証明は無理。
科学自体がまだまだ途上で有り完全ではないのだから。

514 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 17:26:07 ID:Fj4JlmBx0
川の水は常に流れていて同じようでいて同じではない。
幽霊を捉えようとするのなら未来に先回りしてその場所その瞬間に
観察捕獲する以外無い。
今の科学力では網を張って待つぐらいしかないがその網自体も脆弱だ。



515 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 17:30:07 ID:Fj4JlmBx0
科学の充実度レベルが10位なのにレベル50位に位置する霊を
捕らえられるはずがない。証明できるのはまだまだ先だ。
まるで自分の能力不足を部下の責任に押し付ける上司を見ているようだ。

516 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 17:36:55 ID:Fj4JlmBx0
ただ・・・科学の無い時代に霊をコントロールする技術を編出した人々は居る。

真言やお経は言葉自体の意味よりも音の波動の種類と組み合わせだ。
霊は空間の振動で受け答えをする繊細なモノ。
それを理解する人々のことを・・・解かるよね?

517 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 17:40:13 ID:iLvGhg7m0

●ネトウヨ(ネット右翼)がみっともない12の理由

1.威勢が良いのはネット上だけで現実の行動は何もしない
2.2ちゃんねる発の噂を裏も取らずに事実と断定する
3.愛着を持っている日本文化が伝統文化ではなく漫画・アニメ・ゲーム程度
4.国防重視を説くくせに現実に自衛隊には入らないし入っても役に立たない
5.都合の悪いことはすべて反日勢力の自作自演ということにする
6.特亜・在日・創価・左翼以外の社会悪は平気で見過ごして批判しない
7.戦前戦中・終戦直後の今よりひどい貧困を味わった世代に敬意を表さない
8.自分は何もしてなくても過去の日本人の手柄を自分の手柄のように誇る
9.反中国のくせに高い国産商品より安い中国製品を買うことを恥じない
10.何の話題でも嫌特亜、反左翼に結びつけないと気が済まない
11.たまたま日本人に生まれただけで努力して何かになったわけではない
12.この文章を読んで「これを書いた奴はチョン」と証拠もなく勝手に断定

518 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 17:41:48 ID:gJs9fcK6O
出た。
また人や科学のせい&自分だけが解る理屈か。
脳みそハゲてんだろな。

519 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 17:46:41 ID:Fj4JlmBx0
人が何故音楽の種類で穏やかになったり気性が激しくなったりするのか・・
空気の振動が肉体と共に有る霊(記録体)に与える影響と関係が有る。

植物の葉は切断してもそこに元の形に微弱な光を残す。
人が肉体を失う時はその微弱なエネルギー体は一つとなり・・・。

だがそれを証明するだけの科学力を我々はまだ持たない。ただそれだけのことだ。

520 :流れ虫:2010/07/03(土) 17:50:45 ID:rxRNfa2NP
自分自身の死後に関わる可能性の問題なのだから、教えてちゃんをヤメて、自分で調べたり考えたりするき

その意味では、否定派より青猫のほうが一歩も二歩も先をいっている。

521 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 17:50:54 ID:gJs9fcK6O
さて、科学は一般人には想像もつかない事、目に見えないものも発見したり解明してきました。
科学の未熟を指摘するならば、自分が先に立つ人になればいい。
つまり、見える人達の中に、賢い人はいないのだな?OK?

522 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 17:51:23 ID:nVNf2wUC0
>>516
詐欺師だろ

523 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 17:52:15 ID:Fj4JlmBx0
霊の探求は核兵器以上の脅威だからたとえ判明しても公表はされない。
遠隔地の敵指導者を破壊できるのだから・・・・。

524 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 17:53:44 ID:gJs9fcK6O
>>519
>人が何故音楽の種類で穏やかになったり気性が激しくなったりするのか・・


それと「いる」がどう関係あるのか、濁さないで書けよ。
解ったつもり君。

525 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 17:56:39 ID:gJs9fcK6O
>>520
またまたwwww
的ハズレな事を。
答えられないのだろ?
たいした事ねぇな

526 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 17:56:56 ID:Fj4JlmBx0
科学の及ばない処に居る人々は現代科学に興味がないから干渉しない。
むしろ科学側がクレクレ房に見えているかも。

527 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 18:03:20 ID:gJs9fcK6O
>>526
また言い訳ですか。
別に何房でもいいけどさ、だったら何しにここ北野?スレち君。
あるあるwwwwだけ言って、逃げる為ですか?

528 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 18:03:43 ID:e2zBlKIg0
>>512
いやいや、そんな事はありませんよ。

私は、「幽霊とは死者の魂」だと、言える体験をしましたよ。

ただ、その魂の意味・概念がいまいち曖昧でして、また、

色々と見解の違いもありますので。

529 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 18:05:15 ID:Fj4JlmBx0
>>524君自体がもう答えを言っているじゃないか。

   波動に影響された霊君っ。

530 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 18:08:08 ID:gJs9fcK6O
>>529
ああ、うまいうまい。

で?

531 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 18:12:59 ID:gJs9fcK6O
唯霊論

532 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 18:19:36 ID:Fj4JlmBx0
霊感の有る人は他人を見る時は男女や人種とかではおそらく見ていない。
では何を見ているのか・・・・
「セイシ君とランシさんが出会った時から現在までの繰り返された細胞分裂の
過程で吸収蓄積して来た波動とエネルギーとその色だ。」
>>530君はたぶん記憶いや記録を認識する時期が遅かったんだな。
漏れは羊水から引っ張り出される時の記憶も有るし前世が16世紀の役所勤め
だった記憶も断片的だが有る。君の記録には何が有る?
他人の事はよいから遡って己に問いたまえ。


533 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 18:27:05 ID:gJs9fcK6O
>>532
出た。結局わたしには解ります理論。
よくヌケヌケと、、、

534 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 18:27:57 ID:nVNf2wUC0
>>532
私もあなたと同じ様に、毎日霊界から尊師のテレパシーを受信しています(^O^)
前世の記憶もあります(^O^)

535 :流れ虫:2010/07/03(土) 18:52:43 ID:rxRNfa2NP
>>534
やなキチガイが居着いてるね、どっか他いけ。

536 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 18:57:53 ID:n3dJwZsw0
>>535 まぁまぁ 2ちゃんねるですから^^

537 :唐揚げレモン ◆MewXLHod3zp7 :2010/07/03(土) 19:06:06 ID:6gSSz3VRO
幽霊の定義はなんだろう?

538 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 19:12:24 ID:gFpCShNs0
「うらめしや」って言ったら幽霊。

539 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 19:16:41 ID:Qdm+px3FO
幽霊がいると断言する人は僕に霊を見せてください

540 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 19:18:26 ID:nVNf2wUC0
幽霊が見えないのは同調できないからなのです(^O^)
「幽霊」の図形は、同調し難しい図形なのです(>_<)
そのパターンは未だに地上には存在していませんからなのです(^O^)


541 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 19:25:15 ID:gFpCShNs0
「同調」って何?

542 :流れ虫:2010/07/03(土) 19:34:36 ID:rxRNfa2NP
>>537
定義でないけど、ある霊能者が言うには幽霊は、死後に自分とは肉体ではなく意識だと悟った人が
上の世界に行く為に脱ぎ捨てた幽体(肉体属性?)だそうだ。肉体が自分だと思う人は、それができず
生前の病気や怪我や肉体の欲(食、性、睡眠)に苦しみ続け、死んでることも認識できないそうだ。

定義なら、見えるけど消える物的実体の無い動物や物でいいんじゃね。

543 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 19:35:44 ID:nVNf2wUC0
無意識下に対象と接点を持つプログラムがあると作用する=同調する
ない場合=同調できない

544 :唐揚げレモン ◆MewXLHod3zp7 :2010/07/03(土) 19:36:02 ID:6gSSz3VRO
>>542
なるほど。

545 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 19:38:09 ID:nVNf2wUC0
>ある霊能者が言うには
尊師のことですね。わかります。

546 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 19:47:08 ID:n3dJwZsw0
>>539 携帯電話の行き交う電波を見せてくれ

547 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 20:08:35 ID:gFpCShNs0
>>542
あとは、その霊能者の言うことがどこまで信頼できるか、真偽を客観的にどうやって確かめるか、
という問題をクリアするだけですね。



548 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 20:14:38 ID:El794ojCO
>>546
機械的になら検出できる
遮断してみせる事も可能

549 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 20:28:19 ID:nVNf2wUC0
>>547
>その霊能者の言うことがどこまで信頼できるか
尊師は信頼できる方ですよ
尊師が「撒け」と言ったら撒きます
尊師が言ってることは全て正しいのです

550 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 21:12:29 ID:Qdm+px3FO
>>546
揚げ足取りしかできないカスだから否定されるんだよバーカ

551 :流れ虫:2010/07/03(土) 22:47:22 ID:rxRNfa2NP
その霊能者の言うことを幽霊ということで統合すると、この世で幽霊と言われるものは一種類ではなく
ひとつは脱ぎ捨てられた幽体、ふたつめは恨みや執着の強い地獄霊、みっつめは幽体を脱ぎ捨てられない
先祖霊が、その苦しみから子や孫に障りをおこしている、のみっつくらにわかれるようだ。

552 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 22:50:32 ID:gFpCShNs0
>>551
あとは、その霊能者の言うことがどこまで信頼できるか、真偽を客観的にどうやって確かめるか、
という問題をクリアするだけですね。


553 :Dow:2010/07/03(土) 22:54:13 ID:4Klh0rDO0
しかし、霊能者という人たちは何故集まって共同研究とかしないのかねえ。同じものが見え、霊的システムについて同じ理解が
得られているのなら、集まってあれこれ調べればかなりのことがわかるだろうに。・・・これは同じ一派や宗教団体は別にしての
話だけど。

554 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 23:00:49 ID:gFpCShNs0
>>553
同じモノが見えていないうえに、共通理解もできてないからじゃないっすか?



555 :流れ虫:2010/07/03(土) 23:02:43 ID:rxRNfa2NP
>>552
ダナー。それ以外にも霊は天使や守護霊の活動をふくめて様々な霊が様々に影響しているようだ
もちろん姿を隠せる異星人もふくむ。もちろん真偽を確かめる術はないw
>>553
同じ理解でないので戦争がおこる。

556 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 23:09:11 ID:gJs9fcK6O
解釈は問題では無いのです。むしろ違って当たり前です。
大事なのは確かにその現象が存在し、云々かんぬん
みたいな感じかなw

557 :Dow:2010/07/03(土) 23:20:16 ID:4Klh0rDO0
ただまあ、霊能者は同業者を基本的には立てる場合が多いような気がする。「あの人は力があります」とか。ww あるいは霊能者の
HPなどで言ってることが人によってかなり異なるのは、好意的に解釈すればアプローチ法の違いによるのかもしれない。仏教・神道・
陰陽道・占術・ヨーガとかいろいろあるからねえ。ww あとは、やはり霊能力というのは生まれつきのものと解釈される場合が多いけど、
普通の人でも修行すればある程度身につくものなんかね?

558 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 23:21:41 ID:El794ojCO
>>556
解釈は大事でしょ

「雷」が「神にまつわること」だった時期があった
現代では「気象」に分類される

どちらの場合でも「雷は発生している」からどっちでもOKってんならそれも良いけど、流石にスレちでしょ

559 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 23:25:47 ID:gJs9fcK6O
>>558
いやいや、オレはあちらさん達が言いそうな事を予想しただけだよ。
んな事思ってないでやんすがながんすよ。

560 :流れ虫:2010/07/03(土) 23:32:54 ID:rxRNfa2NP
もし確認していく術があるとしたら、それぞれの人の日々の注意深い感覚が元になるかもしれない

悪霊の言葉は耳元で聞こえるが、守護霊の言葉は頭の中に直接聞こえるそうだ

561 :本当にあった怖い名無し:2010/07/03(土) 23:42:07 ID:gJs9fcK6O
なんつうか、解釈って仮説みたいなもんで、「いる」という前提でああだこうだ言ってるだけなら何も問題は無いと思うよ。
たださ、「いる」と言い切る、又は同等な言い回しをするから、?となるわけで。
あなたには解らない、自分には解る、科学が云々つうのは、結局説明ができないわけで、
結局自分も解ってないんだよ。

562 :Dow:2010/07/03(土) 23:57:01 ID:4Klh0rDO0
もし霊能力が生得的な能力だとすれば、たくさんの霊能者にDNAサンプルを提出してもらって研究すれば何かわかることが
あるのかもしれない。ただし、自称霊能者の本物?と詐欺師の区別はできないだろうから相当難しいとは思うが。ww

563 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 00:04:13 ID:WFqHnide0
「精神病を起こしやすい遺伝子を持つ」という共通項が見つかるだけだったりして・・・・・・

564 :流れ虫:2010/07/04(日) 00:15:53 ID:D4PGIJTRP
精神病も昔は狐憑きなんて言ってたことを、じつは今の科学や医学でも、某かの憑衣に依ると言う説を
否定できる材料はなかったりするんでしょ。精神病も幻覚も未だ謎の領域が真実。

565 :Dow:2010/07/04(日) 00:28:31 ID:OTQYUB330
別に癌だって脳卒中だってわからないことだらけだよ。精神病というのも今後の医学の進展でわかるかもしれない可能性のある
ものの一つ。この世のものは何だって現在進行形だからね。もちろん科学では解明できないものもあるけど。

566 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 00:32:42 ID:WFqHnide0
精神病が科学でわからない ということは、幽霊が存在する という証拠にはなり得ない。

567 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 00:36:14 ID:NLZyDGZ+O
>>564
そりゃそうだ。
が、精神病患者が本気で狐つきだと考えてるのかな?
中にはそのケースもって言われたら、まともに受け取るかどうかは別にして、否定はできないよ。
確かにね。
「いない」とは言えないでしょ?じゃなくて、「いる」と言い切れるのは何故に?って事。

568 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 00:40:13 ID:WFqHnide0
キツネ憑き
患者自身が持つ「キツネに憑かれた人は、こんな人」というイメージに基づく人格が、
患者の人格と入れ替わってしまった症状。解離性同一性障害の1つ。


569 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 00:41:44 ID:oOdi84NY0
頭で考えれば存在しないけど
心で考えれば存在するって個人的には思うな

神と同じで信じる者には存在するみたいな・・・

570 :Dow:2010/07/04(日) 00:47:16 ID:OTQYUB330
まあねえ、理屈の上では何だって言えるんだよな。例えば病気になるのは人から呪いを受けてるからだとか・・・「俺が癌になった
のは虐めて追い出した昔の部下のせいだ」wwww とかね。だからこそ検証していくことが大切。

571 :流れ虫:2010/07/04(日) 00:53:23 ID:D4PGIJTRP
>>567
いるともいないとも言い切れないのが現実。あなたは「いない」と言い切れる?

572 :流れ虫:2010/07/04(日) 00:55:48 ID:D4PGIJTRP
>>567
なぜ僕が「いる」と言い切っていると思ったの?

573 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 00:57:29 ID:NLZyDGZ+O
そういう質問をしてるオレに絡んでたから。
違うのなら、もう絡まない。

574 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 01:00:40 ID:AHfxb2W80
現代日本じゃ都市部なんかはもうキツネなんていないだろ
でも精神病患者は無くならない

関連性は無さそうだが?w

575 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 01:03:58 ID:WFqHnide0
TVで見たり本で読んだり話で聞いたりした「キツネに憑かれた人」のイメージがそうさせる。
そういう番組も話もなくなってきた環境ではキツネ憑きも徐々に減っていくのだろう。



576 :流れ虫:2010/07/04(日) 01:08:04 ID:D4PGIJTRP
簡単に答えがでると思ってる人の共通点は、知的水準はともかく考え抜く自我力がなく
、また科学を盲目的に過信しているようだ。

577 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 01:12:18 ID:WFqHnide0
答えが出ないと思っている人はどうだろう? 答えを出すために考えているのだろうか?
「今の科学で答えは出ない。終了」として、思考停止になっていないか?
なっていないならいいけど。



578 :流れ虫:2010/07/04(日) 01:15:29 ID:D4PGIJTRP
だから>>567のように、結論を他人に強要するような依存心の強さを露呈する。
>>577
なってれば、こんなスレ覗かんだろw

579 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 01:24:10 ID:0uUguF2IO
>>567は間違ってないと思う
科学的に存否の証明する上で、
背理法を使うことが一番簡単じゃない?
なのに、未だに『いる』と証明できてない。
『いる』と言うなら証拠を見せろ、
というのは普通の考え方かと

580 :流れ虫:2010/07/04(日) 01:24:35 ID:D4PGIJTRP
依存心の強い人は憑衣されやすいと思う。「精神病の大半は憑衣現象」と言っても、今の科学に否定する力は無いよ。

581 :Dow:2010/07/04(日) 01:26:05 ID:OTQYUB330
狐憑きはたしか「今昔物語」に出てくるからかなり古い。あと上レスした呪いによって病気になるというのも、「源氏物語」で
六条御息所が生霊となって葵の上を呪い殺す段があるから同じくらい古い。まあ、この手の病に有効な治療法のなかった
時代は、叩いたり燻したりして、それで治った例もさらに悪化した例もあるだろう。狐憑き専門の?修験者とかならある程度の
ノウハウもあったかもしれない。キリスト教のエクソシストも似たような面があるだろうし。しかし、治療法の進歩とともに治る率
が高くなっていくものだろう。

582 :流れ虫:2010/07/04(日) 01:29:14 ID:D4PGIJTRP
>>579
ところが、「いる」と言い切る人はココにはいないよ。

583 :流れ虫:2010/07/04(日) 01:33:45 ID:D4PGIJTRP
>>581
未解明なことを「ない」と言い切る者は沢山いるが、ただの嘘つきか馬鹿だ。

584 :Dow:2010/07/04(日) 01:39:06 ID:OTQYUB330
>>583
馬鹿はお前だろ。www まあ、現代でもエクソシストはある。ごく限られた例だけどローマ教皇区で活動してるようだ。

>熱心なカトリック教徒の中には、精神的に不安定な状態をこのような悪魔のせいだと信じ、自分は「悪魔にとりつかれた」と
  思い込んでしまう信者がいる。その「とりつかれた」状態から人間を解放する儀式がエクソシズムであり、祈りなどを通じて
「とりつかれた」人の精神を解放に導く人がエクソシストだとボネメン氏は説明する。

http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/index.html?cid=752772

585 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 01:48:01 ID:WFqHnide0
ま、「存在を否定できない」をいくら積み重ねても「存在の肯定」にはつながらないからね。
「星条旗模様の魚」がこの地球の海のどこかにいる可能性は否定できないが、
だからといって学術的にそういう魚が「いる」とはならない。

幽霊もおなじ。


586 :Dow:2010/07/04(日) 01:56:35 ID:OTQYUB330
そうね。常々科学は万能ではないとレスしてるんだけどね。俺が否定派なのは自分で見たことがないから。これもいつも書いてる。
現状では幽霊は「いる」とも「いない」ともいえないが、世間的には認められていない、というのが常識的な線じゃないの。ただ、気に
なるのは熱狂的に信じてる人たちのことだよな。上の悪魔祓いの話でもそうだけど、自分の心が引き起こしていることを、外的な要因
のせいだとする場合は多いと思う。

587 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 02:16:06 ID:7QSv6Ja+0
>>586
>自分の心が引き起こしていることを、外的な要因のせいだとする場合は多いと思う。
それはステレスに対してある意味正しい反応なんだよね。
自分の感覚は正しいと言うのがデッドラインだから。無理にでも肯定したくなる気持ちもわかる。
数十年とか生きてきて霊体験をいくつか経験してれば、今更霊がいないと仮定する作業は純粋に苦痛で恐怖でしょう。
自分の過去の経験、どこまでが真実で、どこまでが錯誤だったのか、それが曖昧になると人間は壊れるよ。
もっと、いる、いないを純粋に探し求める人が集まるようにならないと、こういう議論は難しいよな。



588 :流れ虫:2010/07/04(日) 02:18:51 ID:D4PGIJTRP
常識など社交辞令でしかない

589 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 02:28:05 ID:WFqHnide0
それが「常識」になっているのには、それなりに理由があるはず。



590 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 05:11:19 ID:5d7dfTOq0
「常識」の理由か・・・。集団において個人個人を区別する障壁?なんだろね?

一人の人間に一つの島を与え常識が保てるか。
人間が原始的だった頃の集団に有った常識とは・・・
昔は有ったが今は無くなったもの。
昔は無かったが今は有るもの。なんか色々と見えてきそうだね。

591 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 08:17:00 ID:IlJZNmQG0
例えばだ、
イトカワにに5分でいって何か採取して帰ってこれる方法って
今、科学的に何かありますかね?って聞かれてたら「無い」って答えるだろ?
そりゃ、将来は分からんよ。可能性はあるだろうけどね。
その時に「無い」って答えるのは間違いだっていうのが一部の肯定派だな。
可能性があるなら、無いといっちゃ駄目だって言われても
「常識的」には「無い」でいいんじゃね?

では、ある(見た)と言う人もいるが今の科学では直接観測されず、
周囲の状況からも、理論的にも何かあるとは言えない天体Xに
言って帰って来る方法、及びその天体Xは科学的に存在を立証できるのか?

って言われたら、そもそも、科学的に観測も、仮説も立てられないって
状況なんだから、そりゃ科学的には無いとしか言えないだろっていうのが
これまた、「常識的」な答えだな。

見たことがある人がいるんだから、実際に行ってみたら
(今の科学では観測できないしも仮説も立てられないけど)
あるかもしれないじゃないか!なぜ、無いと言い切れるんだ!
っていわれても、「(´・ω・`)知らんがな」 って言って、
そういう人とは距離を置くのが、「常識的」な大人の対応かな。




592 :能力者とかじゃないです:2010/07/04(日) 11:41:15 ID:YzZY2wc70
>>582さん
私なんかは、比較的、多数の「そんな感じ」のものを見てきたわけですが・・・。
私たちが見ていたものが、幽霊か?といえば、話しかけられたこともないし、意思を感じられないし、
青猫さんが主張しておられる、「幽霊」とは思えないので、私自身は、否定派なのですが
それは「いる」ということには否定的であり、その現象が「ある」と言う事に対しては肯定的という意味です。

よって、私は、「いる」とは言いませんが「ある」とは言い切ります。

という主張だったんですが・・・。
実は、昨夜、友人から心霊写真らしいものがあると、過去の写真を渡されまして、参考までに借りて
きたんですけども、B5の茶封筒にいれて持ち帰ったとたん、娘に「なんでそんなもの、持って帰って
くるの?!気味が悪い」と中身を見せないうちに言われ、「アレ?」ってな感じになってます。

593 :能力者とかじゃないです:2010/07/04(日) 11:44:51 ID:YzZY2wc70
もちろん、そんなもの持って帰ってるとか、借りてくるとか
ましてや中身の説明などはしてません。

594 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 12:41:18 ID:B9NhNUkX0
>>593
クレバーハンス効果じゃね?

595 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 12:44:13 ID:WFqHnide0
「そんなもの」とは何を指すのか、
中身が何だと思って「そんなもの」と言ったのか、
それが問題。

596 :Dow:2010/07/04(日) 12:56:51 ID:OTQYUB330
クレバー・ハンス効果ねえ。これは確か馬ですよね。つまり封筒を持ってる様子が「嫌そう・気味悪そう」なので、その気配を感じ
取ったということですかね。あとはまあこのスレではよく出てくるんですけど、封筒の中身ではなく「能力者とかじゃないです」さん
の心を読んだ、つまり「テレパシー」の可能性。

597 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 13:15:36 ID:C1amCU1c0
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1278215724/

呪術、黒魔術に詳しい方助けて

598 :能力者とかじゃないです:2010/07/04(日) 16:26:15 ID:YzZY2wc70
うん Dowさん
まさに、私もソレを考えましたね。
テレパシーの送信、受信、そんな可能性もあるのかなと。
加えて言うと、同時に同じものをみるという現象も、私から皆に送信していたのでは?
とも考えてみました。親子の間では、テレパシーの可能性は否定しきれないですね。
音楽の話をしながら、ふと娘の同級生の成績のことを思い出し、「あの子は」と私が
言い出しかけたときに、娘が「○○チャンの成績は」と話し出したり、同時に同じ歌を
鼻歌で歌いだしたり、枚挙にいとまがないって感じです。
 もっとも、娘は私が一緒でないときも「妙なもの」は見ていますから、全てではない
と思われますね。

599 :能力者とかじゃないです:2010/07/04(日) 16:30:58 ID:YzZY2wc70
>>594さん
クレバー・ハンス効果ではないと思います。なぜなら、私はその写真を封筒にいれたまま
かばんの中に入れており、実は、娘に言われるまで、そのことを忘れていました。
 もっとも、娘はクレバーでもないし、どちらかというと馬よりは猫ですねw

600 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 18:09:04 ID:L8CU9dkD0
私も幽体離脱して、宇宙から尊師のテレパシーを毎日受信しています。
宇宙では、通じ合うことができない次元とか種はいても、同種であれば、宇宙ステーション上において、
意思・思考の疎通がないなどということは、「ありない」のですよ。

「そうです、私達の星の正式名称は、嘘つき星」です。
同種の同惑星のイキモノの思考ですら、互いに理解し合えない。
この状況こそが、極めて、異例であり異常であり「病的」なのです。
皆さんも幽体離脱して、宇宙の旅に出ましょう。

601 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 18:13:43 ID:byKlQu5cO
テレパシーの根本的な「伝える・送る」という意志が働いてないのに
たまたまそういうことがあるとテレパシーとかアホかよ

それなら明確に相手に送ると意志を働かしたら伝わるだろ
殺されかけた奴が助けを求めるときの思いは日常の意志より強いだろうが
それを相手が受け取ったなんて話がゴロゴロしててもおかしくないが
伝えようとすれば伝わらずに意図しないところでそういうことがあると
テレパシーだの伝わってるだのと無茶苦茶なんだよ

矛盾・破綻した内容で自己納得するのは勝手だがそれならブログにでも書いてろ


602 :流れ虫:2010/07/04(日) 18:44:11 ID:D4PGIJTRP
>>601
金も払わないで文句だけたれるなタコ!

603 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 18:50:36 ID:Jx0AI39s0
日曜だからってそんなに寝てるなよw

604 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 18:51:13 ID:L8CU9dkD0
娘さんは宇宙にアンテナが繋がったのでしょう(^O^)

605 : [―{}@{}@{}-] 本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 18:53:52 ID:SymVIXcZP
テレパシー(笑)
乙すぎるわ

606 :Dow:2010/07/04(日) 18:56:57 ID:OTQYUB330
>>597
これって・・・まあ、「呪い・代行」でググれば腐るほど出てくる。黒魔術からブードゥー、丑の刻参りまで多種多様に。ただし効果は
どうだろうねえ。最近の実話怪談と称されるもののネタとしてもよく出てくるようになった。「呪い代行」のアルバイトで様々な呪術行為
を体験した登場人物が、悪い気にとり憑かれて・・・といったパターン。

607 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 19:02:02 ID:jCEVwgrs0
以心伝心や虫の知らせとか阿吽の呼吸とか有るから無いとは言えない。
女性の看護師さんとかセイリの周期が同じになって来るとか言ってた。

ところでクローン同士では波長が共鳴増幅して同一化とかするのだろうか。

608 :Dow:2010/07/04(日) 19:05:19 ID:OTQYUB330
テレパシーでなければ、その心霊写真自体が悪い気・・・何らかのパワーを持ってて、それを娘さんは感じ取ることができるという
ようなことだろうけど・・・。霊能者のブログを見れば、「これは非常に危険なものです」とか「これは持ってても害はありません、気に
なるのなら・・・」とか心霊写真の分析が載ったりしてる。

しかし例えば、自宅から遠く離れた海水浴場で心霊写真が撮れたとして、そこで写った霊の力が自宅まで及んでくる、といったことが
あるのかね?写真といっしょに霊がついてくるのか?そのあたりの説明というのは見たことがないな。

609 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 19:09:40 ID:jCEVwgrs0
写真に写るということは付着することと何か関係が有りそうだね。
フィルムにしてもデジタルにしても【光】が関係有りそうだ。

610 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 19:13:04 ID:jCEVwgrs0
霊は何を移動手段とするか。

611 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 19:14:17 ID:WFqHnide0
>>607
周期間隔がわずかに違う人どうしは、
最小公倍数的な理屈で、いつか重なることもある。
他の職種についても調べてみないとね。


612 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 19:15:58 ID:WFqHnide0
>>609
写真に写るモノが、人によって見えたり見えなかったりというのは少々解せん。
人間の目はそのへんのカメラよりもはるかに性能がいいからだ。

613 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 19:18:03 ID:jCEVwgrs0
>>611 なるほど 勉強になります。
「いる」と言う人と「いない」と言う人も最小公倍数的にいつかは認識が
重なると良いですね。

614 :能力者とかじゃないです:2010/07/04(日) 19:23:06 ID:YzZY2wc70
>>601さん
テレパシーなんて良くわからないものが
>テレパシーの根本的な「伝える・送る」という意志が働いてないのに
たまたまそういうことがあるとテレパシーとかアホかよ

なんて、テレパシーのやり方が、「伝える・送る」という意思が必要かなんて、わかってるのが
すごい。
私は、否定しきれないとは書きましたが、肯定はできません。ソレこそ☆本当にあるのか☆
です。たまたま、頻度がおおいので、親子ってそんなもんかなと思います。

Dowさんの姿勢にはいつも感心しています。とりあえずは考えられる可能性を提示され
るので。多分ご本人も「テレパシー」という言葉を使われるのに、若干の抵抗感はあろうか
と思うのに。

 あったことを述べると、嘘つき、妄想癖、幻覚、トウシツ、どっかいけというご返答を頂きますw
 申し訳ありませんが、スルーさせて頂きます。
 何度も言いますが私は「どちらかといえば否・定・派」ですよ。
 否定派なんだけど「見えたり」聞こえたり」と言う事は、「幽霊」というモノぬきで、存在するという
主張です。
 どなたか「神」と「科学」あるいは唯物について書いてらっしゃいましたが、
ダン・ブラウンの「天使と悪魔」の中で、神父でありながら優秀な科学者であるかたのセリフで
−−−「科学」が「神(宗教)」に追いついていないだけだ−−−
という部分があります。そのうち、「コダマ(ヤマビコ)」のように、「そうだったのか!」というとき
が繰るんじゃないでしょうか?
 モスキートーンのように、年齢によって聞こえない音なども現実にはあり、聞こえている子供
にとってはうるさくてたまらなくても、聞こえない大人にとっては、(しらなければ)トウシツだ、幻
覚だ、嘘つきだになってしまうでしょう。

615 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 19:25:07 ID:jCEVwgrs0
>>612 それは人に依って ですよね。
カメラも高性能なモノは目では認識できなくても
立ちはだかったり横切りばそれに焦点を合わせようとします。
経験が無いですか?撮影する時ピントを合わせボタンを押そうとした時に
また焦点を合わせ始めることを・・・。

616 :能力者とかじゃないです:2010/07/04(日) 19:25:16 ID:YzZY2wc70
繰るんじゃないでしょうか⇒来るんじゃないでしょうか
失礼

617 :Dow:2010/07/04(日) 19:29:04 ID:OTQYUB330
>>607
一卵性双生児なら基本的に同一の遺伝子情報でクローンと同じようなものなんで、共感能力とかいろいろ研究はされてるけど、
はかばかしい結果はないようだ。共感というのは情報がないとできない、とする考えが一般的で(当たり前だが)あくびの伝染な
どでも、その場所の酸素濃度が低いということだけでなく、共感との関係が指摘されている。子供を対象にした実験では、あくび
をする映像を見せただけで、あくびがうつった子も多かったという。
http://www.riverplus.net/sci/2007/08/post_154.html

618 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 19:37:12 ID:jCEVwgrs0
>>617 あくびの例は目からの情報 双子の例は何ですかね?
   あくび・・情報+波動・同期みたいな。
   双子・・目からの情報ではない何か。

目隠しをした者同士を向かい合わせにして片方があくびしたらもう片方は?
どうでしょうかね?

619 :Dow:2010/07/04(日) 19:47:33 ID:OTQYUB330
>>618
うーん、どうなんでしょうね。これは視覚情報ではなくて、気配というものを人間がどれだけ感じ取れるかということなんでしょうか。
あくびをすれば身動きするだろうし、息をする音もあるだろうし・・・結局は感覚器官以外で情報を感じ取る能力を人間は持ってるか
どうかということでしょう。つまり、上で書いたテレパシーと呼ばれるもののような。

あとは、写真自体が幽霊が写ったことで悪い気を発しているとか。神道でいう「ケガレ(気涸れ、気枯れ)のようなものを感じ取る能力
を持ってる人がいる?



620 :能力者とかじゃないです:2010/07/04(日) 20:21:32 ID:YzZY2wc70
すみません。
重要なことを忘れてました。
娘に「何を感じたのか」と聞いてみたところ、
私が部屋に入ってきたときに、寒気と悪寒がした。
私のカバンを見ると周りに黒ずんだマリモのようなものが見えた。

とのことでした。
さrに言いますと、その写真て、私が見ても「何処?」ってなもんです。
持ってた当人と、その知人がさわいでいたものです。
娘は、見たとたん、「ゲッ」っといってましたが・・。

621 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 20:37:04 ID:imbw+WIiO
そうやって後から後から追加設定が出てくるのが

この手の「お話」の特徴

622 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 20:45:00 ID:aV6gzEtx0
>>610

幽霊の移動方法ですが、空中をふわふわと浮いて移動することも、水中を移動することも
可能ですが、気が付くととぼとぼと歩いていました。もちろん、幽霊の実体である波動の
塊がとことこ歩いているわけではありませんが、意識としてとぼとぼと歩いている状態で、
おそらく実体は地面付近をその速度で移動していたのでしょう

他の幽霊に出会っても、普通は無関心に通り過ぎます。会釈くらいはすることもあります
夜道を歩く生身の人間を見つけると、特に目的はないのですが、ついていったりします
希にこちらの気配を感じる人もいます。急にきょろきょろしたり、早足になったりします
その様子は何故かおかしかったですね。幽霊の数少ない娯楽とも言えるでしょう


623 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 20:48:18 ID:imbw+WIiO
……どこで笑ったらいいの?

624 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 20:56:53 ID:BLKCfltI0
>>620
自分だったら、再現性が高そうだからその写真を使ってあらゆる想定のもとに知覚実験を繰り返すなあ
「そういうことがあった」だけではいつまでもたっても気味が悪いし
知ったようなこと言ってるだけで実際は生理的に無理だったりするのだろうけど

625 :能力者とかじゃないです:2010/07/04(日) 21:01:15 ID:YzZY2wc70
>>624さん
おっしゃるとおり!!
私も、今からやっていこうと思っています。せっかくの素材がてに入ったので。
ただ、祟りとかあったらいやだなあww

626 :Dow:2010/07/04(日) 21:13:28 ID:OTQYUB330
>>625
>祟り
幽霊を何度も直接目撃しててなんでもないのに、写真だと祟りがあったりするものでしょうか?・・・上で「気」のことを少し書いた
けど、俺がよくコンビニで立ち読みしてる心霊マンガ本には、掌から気を出して酒の味を良くしたりする霊能者が出てくる。いちおう
実話ルポとなってるけど・・・。


627 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 21:19:26 ID:A/QtQRFeP
幽霊とは何か?定義をはっきしてくれ。
死者の魂でおk?

628 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 22:06:32 ID:WFqHnide0
国語辞典どおりの定義でいいじゃん。

『死んだ人間の霊が、生前の姿で現れるというもの』

・・・・・・だってさ。これに、一部(または全部)の動物の霊とか、生霊なんかを加えてもいいかも。
問題は、何を見たら「幽霊だ」と判断するのか、という部分かな?

生前の姿そのものを(はっきりと誰にでもそれとわかる形で)見た、
あるいは姿そのものが写真に(はっきりと誰にでもそれとわかる形で)写ったというのはわかるが、

ヘンな光または影 / 人形の髪が伸びる / 物体が勝手に動く
写真に写った生きた人間の身体が一部欠落 / 犬が何もない空間に向かって吠える
子どもが1人で誰かと話している

・・・・・・こういうモノまで幽霊に含めねばならんのか、ならんのならその理由は?
というのが問題になるのかな? こんなのがなんで幽霊やねん??


629 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 22:39:35 ID:2xa34kgJ0
ひょとして、ここの人達永遠と同じような話繰り返してるの?

630 ::2010/07/04(日) 22:44:46 ID:kPpA3jNl0
>>612
例えば、昆虫採取が趣味の人は、草原の中の緑のバッタでも容易に気づいて見つける事ができる。
しかし、そういう趣味の無い人は、草原の中で「あそこに緑のバッタがいるぞ」と教えられてもなかなか見つけることができない。

「視野の中に入っている」というのと「視野の中に入ってる情報に気づける」というのは別なのだ。

631 :Dow:2010/07/04(日) 22:47:51 ID:OTQYUB330
あるいは脳が勝手に見なかったことにしてしまうとか?ww

632 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 22:48:18 ID:2z/4/At70
私たちはあまり疑うことなく「客観的事実」というものが存在することを信じています。
でも、量子論はそうした客観的事実の存在を否定しました。
自然は観測によって状態が初めて決まるものであり、誰も観測していない時には何も決まっていないのです。
巨大な月は波としての性質が弱く、物質波がほぼ一点に収縮しているので、月はある一か所にいるといっても問題はありませんが、厳密にいえば、誰にも見られていない時の月はさまざまな場所にいるのです。
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/toc/4569706797/ref=dp_toc?ie=UTF8&n=465392

633 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 22:51:11 ID:WFqHnide0
>>630
前も書いてたね、その話。
昆虫採集をしない人は、写真を見せられても見抜けない場合もあるけどね。

バッタ → 写真も実物も、シロウトでは見抜けない。
幽霊 → “シロウト”でも写真に写った(とされる)幽霊は見えるけど、“実物”は見えない。

よって、その喩えは正確とは言えない。


634 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 23:09:06 ID:9DK7VybY0
最近ニュートリノの質量が観測されたとかなんとかニュースになってたけど
ニュートリノの性質って幽霊そっくりだよね。貫通能力があることは言わずもがな
相互作用しないことによって発生したままの状態をほぼ維持しながら存在し続けるらしい。
幽霊がずっと同じ姿でい続けるのもそういった事情かもしれない。

635 :Dow:2010/07/04(日) 23:17:01 ID:OTQYUB330
心霊写真は難しいよな。前に青猫氏とも話したけど、19世紀末の心霊写真は霊がはっきりくっきり写ってることが多くて、
これは裁判で二重写しなどのトリックが立証された例もある。・・・いずれ現在では画像加工ソフトがあれば簡単に作るこ
とができてしまう。ウエブ上にも心霊写真の類はあふれてるけど、トリックなどについたきちんとした事前の検証を経た上
で、故人と識別される姿が写ったものというのは はたして存在するのかなあ?

ただこの心霊写真が霊能者なる存在を生み出したとする原田実氏の説があって、写真発明以前は「誰にも見えない霊、
誰にでも見える霊、因縁があり祟られてる者にしか見えない霊」の3種だったものが、これによって「霊が見える特殊な力を
持った者」という概念が生まれた、としている。まあ、憑依つまり神がかりのようなものはむろん写真発明以前からあったん
だけどね。


636 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 23:24:40 ID:WFqHnide0
まず、顔の識別が確実に可能なほど鮮明に写った写真ってあるのかなぁ?
顔っぽいもの、そう言われれば顔に見えなくもないもの、というのは
どうやったら該当故人であると鑑別されるんだろう?


637 ::2010/07/04(日) 23:32:41 ID:kPpA3jNl0
>>633
> 昆虫採集をしない人は、写真を見せられても見抜けない場合もあるけどね。

心霊写真だって、「ここに心霊が写ってるでしょ」と言われても、「俺には何も見えないけど」という場合がある。

> バッタ → 写真も実物も、シロウトでは見抜けない。
> 幽霊 → “シロウト”でも写真に写った(とされる)幽霊は見えるけど、“実物”は見えない。

心霊写真だって、「ここに心霊が写ってるでしょ」と言われても、「俺には何も見えないけど」という場合がある。

638 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 23:34:33 ID:WFqHnide0
■実物について
バッタ → 昆虫の達人に「ここだ」と教えられればシロウトでも見える。
幽霊 → 自称霊能者が「ここだ」という場所をいくら見ても何も見えない。

■写真について
バッタ → 昆虫の達人に「ここだ」と教えられればシロウトでも見える。
幽霊 → 自称霊能者が「ここだ」という場所を見れば、「それっぽい」のが見えることもある。

写真と実物がちゃんと対応していない。よって、バッタの話は幽霊の喩えにはならない。



639 ::2010/07/04(日) 23:34:46 ID:kPpA3jNl0
バッタも「ほら、そこにいるじゃん」と言われても「え?どこ?どこ?」となるが、草原の中のバッタを写真にとって
丸で囲めば「あー、ほんとだ」となる場合が多い。

よって、この喩えは的確である。

640 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 23:35:31 ID:JGl0zD8G0
心霊写真を顔認識アプリにかけてみた人いないの?

641 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 23:37:12 ID:WFqHnide0
もっかい書こうか。

■実物について
バッタ → 昆虫の達人に「ここだ」と教えられればシロウトでも見える。
幽霊 → 自称霊能者が「ここだ」という場所をいくら見ても何も見えない。

■写真について
バッタ → 昆虫の達人に「ここだ」と教えられればシロウトでも見える。
幽霊 → 自称霊能者が「ここだ」という場所を見れば、「それっぽい」のが見えることもある。

写真と実物がちゃんと対応していない。よって、バッタの話は幽霊の喩えにはならない。




642 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 23:39:32 ID:LhX8HH580
バッタと幽霊を同格に扱うのかw
バカだろ

643 ::2010/07/04(日) 23:41:10 ID:kPpA3jNl0
>>638
> 写真と実物がちゃんと対応していない。よって、バッタの話は幽霊の喩えにはならない。

あのさ、>>612に「人によって見えたり見えなかったり」って書いてあるじゃん。
おれはあくまでも「視覚情報」の話をしてるんだけど。

バッタは科学的に証明されている存在だが、霊は証明されていない存在なのだから、
そもそも「実物」などという話を持ち出す事の方がおかしい。

実物云々、自称霊能者云々言い出したら、では「自称昆虫の達人」はどうなるのか。
自称昆虫の達人が草原の写真を撮影して、「バッタのように見える部分」を丸で囲って
「ここに間違いなくバッタがいます」と言えば、そこにバッタがいることが証明されるのか?
バッタのように見える草の影ではないのか?というような問題が生じる。

644 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 23:41:34 ID:WFqHnide0
同格に扱うのは間違い。

645 ::2010/07/04(日) 23:43:36 ID:kPpA3jNl0
>>641
> ■実物について
> バッタ → 昆虫の達人に「ここだ」と教えられればシロウトでも見える。
> 幽霊 → 自称霊能者が「ここだ」という場所をいくら見ても何も見えない。

もういっかい書こうか
バッタ→昆虫の達人に「ここだ」と教えられても、シロウトには認識できない場合も多い。
幽霊→自称霊能者に「ここだ」と教えられても、シロウトには認識できないことが殆どである。

まあ違いがあるとしたら、せいぜい「多い」か「ほとんど」か、ということぐらいだ。

646 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 23:44:12 ID:WFqHnide0
見えないのに写真に写るってのは、直接的な視覚情報と写真を介した視覚情報の比較の話。
単なる視覚情報だけの話ではない。

何度でも書く。

■実物について
バッタ → 昆虫の達人に「ここだ」と教えられればシロウトでも見える。
幽霊 → 自称霊能者が「ここだ」という場所をいくら見ても何も見えない。

■写真について
バッタ → 昆虫の達人に「ここだ」と教えられればシロウトでも見える。
幽霊 → 自称霊能者が「ここだ」という場所を見れば、「それっぽい」のが見えることもある。

写真と実物がちゃんと対応していない。よって、バッタの話は幽霊の喩えにはならない。



647 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 23:45:05 ID:LhX8HH580
幽霊は実在はするが、それは見える人の脳内だけに存在する物で
第三者が観測するのは不可能だな


648 ::2010/07/04(日) 23:46:56 ID:kPpA3jNl0
>>644
> 同格に扱うのは間違い。

1:バッタと霊は異なる。
2:しかし、バッタを観て「バッタだ」と認識することと、霊を観て「霊だ」と認識する視覚のメカニズムは同格である。

俺は2の話をしてるんだけどな。
ついでに>>612も2の話をしている。

649 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 23:50:25 ID:JGl0zD8G0
なんか、バッタの話に押されちゃったな
Xperiaの顔認識機能でも使って、心霊写真に写っている故人らしき人物をそれと認識するかどうか試してみれば?
おれ持ってないからできないけど

650 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 23:51:36 ID:WFqHnide0
何度でも書く。

■実物について
バッタ → 昆虫の達人に「ここだ」と教えられればシロウトでも見える。
幽霊 → 自称霊能者が「ここだ」という場所をいくら見ても何も見えない。

■写真について
バッタ → 昆虫の達人に「ここだ」と教えられればシロウトでも見える。
幽霊 → 自称霊能者が「ここだ」という場所を見れば、「それっぽい」のが見えることもある。

写真と実物がちゃんと対応していない。よって、バッタの話は幽霊の喩えにはならない。

言いたいのはこれだけ。以上。



651 ::2010/07/04(日) 23:53:49 ID:kPpA3jNl0
>>646
> 写真と実物がちゃんと対応していない。よって、バッタの話は幽霊の喩えにはならない。

ちょっと待て。
「実物の霊」が定義されていないのに、どうして「対応しているか否か」がわかるんだよ。

もしかしたらちゃんと対応している可能性があるだろ。
何度も言うように、「視野に入ってきているのに、それを脳が観ていると認識していないだけ」
という可能性を恣意的に除外する理由が知りたいわけだが。

「そこにバッタがいるぞ」→「素人の視野にバッタが入っているのに、脳はバッタを認識できない状態」
「そこに霊がいるぞ」→「素人の視野に霊が入っているのに、脳は霊を認識できない状態」

コノハムシやナナフシのような、更に強い擬態や保護色を持つ昆虫であれば、目の前にいたって
シロウトにはなかなか認識できない。

「玄人が指をさせば、それが何であっても、誰でも認識できるようになる」なんていうことはあり得ない。

652 ::2010/07/04(日) 23:54:46 ID:kPpA3jNl0
>>650
> 何度でも書く。
> 写真と実物がちゃんと対応していない。よって、バッタの話は幽霊の喩えにはならない。

何度でも書く。
ちょっと待て。
「実物の霊」が定義されていないのに、どうして「対応しているか否か」がわかるんだよ。

何度でも書くのでよろしく。

653 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 23:56:31 ID:+hl2D2xGO
なんでオカ板にバッタスレがあるんだよ。

654 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 23:57:05 ID:CRC78vvk0
バッタと幽霊じゃそもそも比較対照になんないじゃ、、、

ってか幽霊いないっしょ?

655 :本当にあった怖い名無し:2010/07/04(日) 23:58:07 ID:LhX8HH580
視覚のメカニズムw
見える人は特殊な波長の光が見えるんだな
で、どの辺りの波長が見えてるんだ。


656 :Dow:2010/07/04(日) 23:59:22 ID:OTQYUB330
バッタの話は客観的に見て「に」さんの分が悪いと思うけど。ww しかし、可能性だったらなんでも言えてしまう。例えばこれも
前に書いたけど、カクテル・パーテイ効果というのがあって、人間の脳は雑多な人々の会話の中から、特定の人の声だけ聞き
分けることができる。これは音楽でも、ベースの音だけとか追うことができる。

逆に、幽霊はすべての人が視覚情報として取り込んでるんだけど、脳に何らかのフィルタリング機能があって認識できないの
かもしれない。つまり写真は撮れても現像できない、というような。で、霊能者と言うのはそれが認識できる人。まあないだろう
けど。

657 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:01:10 ID:WFqHnide0
>「実物の霊」が定義されていないのに、どうして「対応しているか否か」がわかるんだよ。

「実物の霊」が定義されていないのに、どうしてバッタの喩えが正しいとわかるのかな?
「定義されていないもの」を「誰もが実在を認めているもの」に喩えること自体がそもそも間違い。
出だしからコケているからこのようなことになる。

それをやり出したのは自分だということに気づこう。以上。



658 ::2010/07/05(月) 00:03:22 ID:4Yr+tGOJ0
「霊が、ある人間には見えるのに、同じ場所にいる別の人間には見えないのはおかしい」
「霊が、カメラには写るのに、撮影現場にいた人間には見えないのはおかしい」
という疑問に対するレスです。

「草原の中のバッタが、ある人間には見えるのに、ある人間には見えないのはおかしい」
「草原の中のバッタが、カメラには写るのに、撮影現場にいた人間には見えないのはおかしい」
なんてことは言いませんよね。

そういう場合は、普通、「そりゃ保護色や擬態という能力があるんだから、慣れた人には見えるけど、
素人にはそう簡単には見えないよ」なんて言うわけです。

つまり、「バッタが視野に入ってはいるが、素人の脳は、それをバッタだと認識しない」ことが原因です。

それなら、霊についても同じ事が起こってる可能性があるのではないですか?と考えるわけです。
「霊が視野に入ってはいるが、素人の脳は、それを霊だと認識しない」ことが原因では?と。

なぜバッタについては「視野に入っているが、脳がバッタだと認識しない」ということがあり得るのに、
霊について「視野に入っているが、脳が霊だと認識しない」ことがあり得ないと断言できるのか。

659 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:04:26 ID:+hl2D2xGO
バッタの話って、そもそもはその話だったんだな。
冗談抜きで「バッタはオカルト」スレかと思った。

しかしその話は面白いけど、流石に無理があるだろ。
目の前にいても見えたり見えなかったりするんじゃ、脳がフィルターかけてるとかそういうレベルじゃない。

660 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:04:52 ID:2n8akA+D0
疑似科学

661 ::2010/07/05(月) 00:05:26 ID:4Yr+tGOJ0
>>657
> >「実物の霊」が定義されていないのに、どうして「対応しているか否か」がわかるんだよ。
> 「実物の霊」が定義されていないのに、どうしてバッタの喩えが正しいとわかるのかな?

簡単な話です。
俺は「実物の霊」の定義が不要な形で、バッタと霊の対応について主張しているからです。

何度でも書きます。

なぜバッタについては「視野に入っているが、脳がバッタだと認識しない」ということがあり得るのに、
霊について「視野に入っているが、脳が霊だと認識しない」ことがあり得ないと断言できるのか。

バッタについてAという現象があり得るのなら、霊についてもAという現象があり得るはずでは?

それだけの話ですが何か?

662 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:05:46 ID:JGl0zD8G0
Xperiaの顔認識機能を使って……

663 ::2010/07/05(月) 00:07:26 ID:4Yr+tGOJ0
>>659
> 目の前にいても見えたり見えなかったりするんじゃ、脳がフィルターかけてるとかそういうレベルじゃない。

そんなことはない。
ナナフシやコノハムシなど、「目の前にいたって気づけない」ような昆虫は世の中にたくさんいる。
都会でも、保護色を用いて木の幹の一部に擬態する蛾などはなかなかに気づく事が難しい。

664 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:09:12 ID:hiM4O55TO
には、いるとしたらの話しをしてるのだろう。
いると断言してるわけじゃないのだろう。

665 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:09:57 ID:fN0BldWWO
>>661
そりゃお前、仮面ライダーが目の前にいたら、緑だろうが半透明だろうが100%気付くだろ。
幽霊とバッタを比較して例えるなら、バッタは仮面ライダーにしないと不正確だよな。

666 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:10:04 ID:WuLkAHOo0
くだらない話につき合いきれないと感じた昆虫学者はバッタを捕まえて僕に見せてくれた。

667 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:11:25 ID:CwjON4Cp0
Xperiaの顔認識……ぐふっ

668 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:11:42 ID:fN0BldWWO
>>663
目の前で人間と同じ大きさのナナフシが擬態してたら、アホでも逃げるわ。

669 ::2010/07/05(月) 00:11:56 ID:4Yr+tGOJ0
>>666
> くだらない話につき合いきれないと感じた昆虫学者はバッタを捕まえて僕に見せてくれた。

じゃあ、ダークマターの話をしようか?
科学者はダークマターを手に入れて、君に見せてくれるかな?

670 :Dow:2010/07/05(月) 00:12:55 ID:l3umNUMs0
>「バッタはオカルト」

www そういえば幼少のみぎり、カエルに爆竹を・・・。あのカエルの霊は怨霊となっていまだに俺の背後に・・・。www

671 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:13:21 ID:hiM4O55TO
>>667が危険な状態です

672 ::2010/07/05(月) 00:13:34 ID:4Yr+tGOJ0
>>668
> >>663
> 目の前で人間と同じ大きさのナナフシが擬態してたら、アホでも逃げるわ。

こういう話がある。
ある人が山登りをしていてよろけたので、目の前の枝につかまったらナナフシだったと。

「すぐナナフシだとわかる」そんな擬態じゃ役に立たねえだろw

673 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:14:19 ID:CwjON4Cp0
Xpe……禁断のX……バッタのばーか

674 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:16:34 ID:hiM4O55TO
>>673が危け……ぐふっ

675 :Dow:2010/07/05(月) 00:16:51 ID:l3umNUMs0
ただまあ、バッタは訓練すれば誰でも採集家レベルにいくんじゃないですか?幽霊は訓練たら見えるのかなあ、霊能者レベルに。

676 ::2010/07/05(月) 00:17:39 ID:4Yr+tGOJ0
どんなことでも、訓練すれば必ず誰でもできるようになるということですか?

677 ::2010/07/05(月) 00:19:29 ID:4Yr+tGOJ0
パチスロの目押しなんていうものは、プロには「揃った目」が見えるわけですが、素人には「揃った目なんて見えないよ」
ということになるわけです。

では、誰でも訓練すれば食っていけるくらいに目押しができるようになるかと言えば、それは無理なわけで。

678 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:19:32 ID:oF86dMJD0
対応がきちんとなされていなければ、喩えとしては不適切。

何度でも書く。

■実物について
バッタ → 昆虫の達人に「ここだ」と教えられればシロウトでも見える。
幽霊 → 自称霊能者が「ここだ」という場所をいくら見ても何も見えない。

■写真について
バッタ → 昆虫の達人に「ここだ」と教えられればシロウトでも見える。
幽霊 → 自称霊能者が「ここだ」という場所を見れば、「それっぽい」のが見えることもある。

写真と実物がちゃんと対応していない。よって、バッタの話は幽霊の喩えにはならない。

言いたいのはこれだけ。以上。



679 ::2010/07/05(月) 00:21:50 ID:4Yr+tGOJ0
俺は別に「霊がバッタやナナフシと同じ能力を用いて身を隠している」なんてことは考えてません。

バッタやナナフシは、保護色や擬態という能力を用いて「ある人には認識されるが、ある人には認識されない」状態を作り上げている。
霊も、何らかの未知の能力を用いて、同様の状態を作り上げている可能性がある。

と、言ってるだけですのでお間違いなく。

680 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:22:17 ID:hiM4O55TO
目押しがどんなにうまくても、それだけでは食えない件。

横ヤリ

681 :Dow:2010/07/05(月) 00:22:34 ID:l3umNUMs0
いやそうではなく霊が見える能力というのがあるとしたら、それは生得的なものではないかと考えられることが多いですよね。
バッタを識別できるとしたらそれは獲得的な能力ではないですかね。ただ、高僧が長い修行の結果、霊能力が身について
・・・といった話もありますけど。

682 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:23:29 ID:fN0BldWWO
>>672
誰だよその登山家って。
人間大のナナフシ俺も見たいから見せれ。

683 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:25:40 ID:fN0BldWWO
>>679
結局すーぱーぱわーが出てくるならバッタいらねーじゃねーかくそ。

684 :Dow:2010/07/05(月) 00:26:31 ID:l3umNUMs0
つまり昆虫採集家は長い時間の努力(好きな道なんだろうけど)で、バッタを見つけられるようになった。一方霊能者というのは
その生い立ちを読んでも、小さい頃から変なものが見えて幼稚園でいじめられ・・・とか。www

685 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:27:12 ID:WuLkAHOo0
>>669
ダークマターってのがどんなもんかよく知らないけど、科学的証明ってのは、
誰でもが同一機器、同一方法、同一条件で観測すれば同一結果がもたらされるものでしょ
たとえ目に見えなくてもダークマターはそういう科学的証明がなされてるものなんじゃないの
幽霊は?

686 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:29:20 ID:oF86dMJD0
昆虫の擬態 → “見える人”に指差しで教えてもらえば誰でも見える。
幽霊の場合 → “見える人”に指差しで教えてもらっても見えない。

よって、同列に扱うのは間違い。以上。


687 ::2010/07/05(月) 00:31:07 ID:4Yr+tGOJ0
テープレコーダーで間違った事を繰り返し続けている人がいるので、とりあえず無視してバッタの話を続けます。

例えば、軍事方面では、「敵に認識されない」為に、あるものは形状を工夫したり、あるものは色を工夫したり、
あるものは、デコイを用いたり、あるものは、レーダーを反射しにくい塗装をしたりするわけです。

しかし「ステルス戦闘機が、どうしてあのような形状、塗装をしているのか」ということと、
「どうしてバッタが緑色をしているのか」ということは、同じ理由なわけですわ。

「バッタは、捕食者や人間の視野に入っても、バッタが存在すると認識されにくいよう」に緑色になっている。
「ステルス機は、相手のレーダー網(軍事的に目の役割)に入っても、ステルス機が存在すると認識されにくいよう」に、あのような形状、塗装をしている。

バッタとステルス機は同格ではないし、とっている戦略も異なるが、どちらも
「相手の視野に入っても、その存在を認識されにくくする」という方法で成果を上げている。

「バッタとステルス機と霊は、どれも『相手の視野に入っても、その存在を認識されにくくする』という何らかの方法を用いている」ということだ。

688 ::2010/07/05(月) 00:32:22 ID:4Yr+tGOJ0
>>686
> 昆虫の擬態 → “見える人”に指差しで教えてもらえば誰でも見える。

見える人が、指を指しても「え?どこ?どこ?わからない!」ということはいくらでも起こりえる。

> 幽霊の場合 → “見える人”に指差しで教えてもらっても見えない。

見える人が、指を指しても「え?どこ?どこ?わからない!」ということはいくらでも起こりえる。

よって、同列に扱うのは正しい。以上。

689 ::2010/07/05(月) 00:33:49 ID:4Yr+tGOJ0
これは目押しを喩えに出した方がいいかな。

プロが「ほら、今7が三つ揃ったでしょ?」と、教えてくれても、素人には「俺には見えねーよ!」ということがほとんどである。

690 :Dow:2010/07/05(月) 00:35:35 ID:l3umNUMs0
www ふむしかし、幽霊が実は擬態のように生者に見えないようにしている、という可能性もあるか。で、霊能者はその擬態を
かいくぐって見えてしまうと。www そうかな〜。

691 ::2010/07/05(月) 00:36:09 ID:4Yr+tGOJ0
>>684
> つまり昆虫採集家は長い時間の努力(好きな道なんだろうけど)で、バッタを見つけられるようになった。一方霊能者というのは
> その生い立ちを読んでも、小さい頃から変なものが見えて幼稚園でいじめられ・・・とか。www

俺はそういう霊能者というのは基本的に信用していませんのであしからず。
「本当に霊が見える人」がもし存在するとしたら、そういう人はそれを隠す方向に向かうと思います。

「霊が見える」という人は、「霊が見えるとは言わない人」の中にしかいないというのが私の判断です。

692 ::2010/07/05(月) 00:37:42 ID:4Yr+tGOJ0
>>690
> www ふむしかし、幽霊が実は擬態のように生者に見えないようにしている、という可能性もあるか。で、霊能者はその擬態を
> かいくぐって見えてしまうと。www そうかな〜。

あるいは、霊が人を選んで「こいつにはアホだから観られてもいいかな」とか、「こいつは危険性が低いから擬態する必要はねえな」と
判断して気を抜いているだけかもしれません。

693 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:40:42 ID:oF86dMJD0
>>688
>見える人が、指を指しても「え?どこ?どこ?わからない!」ということはいくらでも起こりえる。

喩えが強引、かつ自分に都合よく曲げるようになってきたね。ここまでだな。おやすみ。




694 ::2010/07/05(月) 00:41:35 ID:4Yr+tGOJ0
もし、霊の存在が科学的に証明されたら、科学者は徹底的に霊を調べるはずです。
現時点で霊に人権は存在しないわけですから、「霊に高圧電流を流すとどうなるか」とか、まあおそらくいろいろやりますわな。

そうやって得たデータを用いて、例えば製薬会社は「霊が寄ってこない霊コナーズ」を売り出したり、
建築会社は「霊を通さない建材」なんていうものを開発するでしょう。

霊はそういうことをされるのは、おそらく嫌でしょうから、そういう結末に結びつく可能性がある相手には
姿を見せないという可能性があります。

695 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:41:40 ID:WuLkAHOo0
まるで白馬は馬にあらずの公孫龍のようですな

696 ::2010/07/05(月) 00:42:58 ID:4Yr+tGOJ0
>>693
> >>688
> >見える人が、指を指しても「え?どこ?どこ?わからない!」ということはいくらでも起こりえる。

> 喩えが強引、かつ自分に都合よく曲げるようになってきたね。ここまでだな。おやすみ。

いくらでも起こることを「そんなことは起こりえない」ということこそ
>喩えが強引、かつ自分に都合よく曲げるようになってきたね。
に当てはまる。

二度と来るなバカ

697 :Dow:2010/07/05(月) 00:44:32 ID:l3umNUMs0
いずれ霊視能力が生得的なものであるなら、DNA解析とかすればわかることがあるんじゃないですか、相当に難しいだろうけど。
逆に獲得形質であるなら、これはおそらくいくら調べてもわからない。ただ「能力者とかじゃないです」さんやその娘さんのように生
まれながら見える、という証言もありますよね。



698 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:46:04 ID:oF86dMJD0
>二度と来るなバカ

無礼だね。おやすみ。

699 ::2010/07/05(月) 00:48:36 ID:4Yr+tGOJ0
船に乗った漁師が「ほらそこにアワビがいる」と指差しても、素人には岩の出っ張りにしか見えないことがほとんどである。
昆虫学者が「ほらそこにナナフシがいる」と指差しても、素人には木の枝にしか見えないことがほとんどである。
スナイパーが「ほらそこに敵兵がいる」と指差しても、素人には木の茂みにしか見えないことがほとんどである。

700 ::2010/07/05(月) 00:50:58 ID:4Yr+tGOJ0
>>698
そんなことはあり得ないと断言する人間は、申し訳ないがバカとしか言いようが無い。

非常に多く起こる事に対して「起こりえない」と壊れたテープレコーダーのように繰り返す人間がいると
議論が進まないどころが、間違った方向に進んでしまう。

申し訳ございませんが、そういうバカな人は二度と来ないでいただけるとありがたいです。

と、丁寧に言い直しますので機嫌を直していただけたら幸いです。

701 :Dow:2010/07/05(月) 00:53:46 ID:l3umNUMs0
あとはまあ、これも前に出したけど、若年層にしか聞こえない音波というのがあって、若者除けに公園で流したりしてる。ある年齢
あたり(3才とか)まではほとんどの人が持ってる能力で、齢とともに衰え去ってしまうとか。霊能者はその能力が落ちない人。上の
音波でも齢くっても聞こえる人もいる。・・・と、考えるだけならいくらでも出てくるけど、この中に真実はあるのか?wwww

702 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:55:33 ID:WuLkAHOo0
えー、>>685に対するレスは>>694という事でよろしいのでしょうか?

703 ::2010/07/05(月) 00:58:46 ID:4Yr+tGOJ0
>>702
> えー、>>685に対するレスは>>694という事でよろしいのでしょうか?

暗黒物質(あんこくぶっしつ、dark matter )とは、宇宙にある星間物質のうち自力で光っていないか光を反射しないために光学的には観測できない、
とされる仮説的物質のことである。「ダークマター」とも呼ばれる。"人間が見知ることが出来る物質とはほとんど反応しない"などともされており、
そもそも本当に存在するのか、もし存在するとしたらどのような正体なのか、何で出来ているか、未だに確認されておらず、不明のままである。

wikiより抜粋。

704 :Dow:2010/07/05(月) 01:03:18 ID:l3umNUMs0
ダークマターやダークエネルギーというのは現段階では、式から導き出された仮定でしょう。それがないと都合が悪いことが
いろいろと。・・・。

705 ::2010/07/05(月) 01:04:44 ID:4Yr+tGOJ0
科学のプロである科学者でも、ダークマターについてはその有無を含め、喧々諤々の議論を行なっている。
そんな中で「じゃあ、ガタガタ言わないでダークマターを持ってくりゃいいじゃん!それで証明しろよ!」なんて言っても意味がない。

昆虫学者にバッタをもらったら、そのバッタは「永遠に誰にでも認識できる存在」になるのか?
そのバッタが逃げ出して、庭の草木にまぎれこんだら、お前はそのバッタを視野に入れていても、そこにバッタがいるとは
簡単に認識できなくなる。

それに対して「視野に入ってるバッタなら、見つけて当然」と言うのであれば、それは現状を把握できていないということに他ならない。
少なくとも俺は「庭の草木にまぎれこんだバッタを100%認識することができる」とは断言できない。

706 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 01:06:44 ID:oF86dMJD0
トイレに行って歯磨いて寝ようと思ったら、まだやってたのね♪


>船に乗った漁師が「ほらそこにアワビがいる」と指差しても、素人には岩の出っ張りにしか見えないことがほとんどである。

→ 指で触れる距離まで近づいて指差しすればシロウトでも見える。


>昆虫学者が「ほらそこにナナフシがいる」と指差しても、素人には木の枝にしか見えないことがほとんどである。

→ 指で触れる距離まで近づいて指差しすればシロウトでも見える。

>スナイパーが「ほらそこに敵兵がいる」と指差しても、素人には木の茂みにしか見えないことがほとんどである。

→ 指で触れる距離まで近づいて指差しすればシロウトでも見える。


幽霊は、そこまで近づいて教えてもらっても“霊能”とやらのないシロウトには見えない。


3つも例を出したのはまことにご苦労なことであるが、ことごとくが的外れの喩えであります。
来るなと言われてもね。そんなモンに従う義理も義務もないし、あんたにはそれを命令する権利もない。
また来るからよろしく。でも今夜はおやすみ。

OFF・・・・・・・・・・・・



707 ::2010/07/05(月) 01:06:52 ID:4Yr+tGOJ0
>>704
> ダークマターやダークエネルギーというのは現段階では、式から導き出された仮定でしょう。それがないと都合が悪いことが
> いろいろと。・・・。

でも、かつて(相対論以前)は、古典的エーテルだって「それがないと都合が悪い」と言われてたわけですよね。

708 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 01:10:41 ID:0w2zLJlp0
親父が15年間、タクシーの運転手をしてたけど
「噂すら聞いたことがない」
って言ってたからなぁ……
その親父も死んで、生前「死んであの世とか幽霊があったら、お前の枕元に立ってやるから」って言ってたのに、全く音沙汰もない
ないんだろうな……結局、そう言う物って

709 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 01:11:47 ID:WuLkAHOo0
>>703
何が言いたいのか分からないのですが…
>>669ではダークマターは存在するが眼に見えないもの、手で触れられないものとして
バッタの代わりに持ち出してきたものじゃないの?

そのwikiの抜粋を読む限り、ダークマターは存在するかしないか確定されていない、幽霊的なものと読み取れるけど?

で、結局は何が言いたいの?

710 ::2010/07/05(月) 01:16:32 ID:4Yr+tGOJ0
>>706
> トイレに行って歯磨いて寝ようと思ったら、まだやってたのね♪
>
>
> >船に乗った漁師が「ほらそこにアワビがいる」と指差しても、素人には岩の出っ張りにしか見えないことがほとんどである。
> >昆虫学者が「ほらそこにナナフシがいる」と指差しても、素人には木の枝にしか見えないことがほとんどである。

海で水中写真を撮りました。
その写真を漁師さんに見せたところ、「ここにアワビが写ってる」と教えてくれました。
私は非常に驚きました。
なぜなら、撮影している間、そこにアワビなどいなかったのですから!!

「そりゃお前が気づいてなかっただけだろ」

という話。

さっきも言いましたが、私は霊能者の存在というのは信じていませんのであしからず。
「素人Aと素人Bがいる場で、素人Aだけが霊を目撃した」、あるいは「霊能者の関わらない心霊写真」について主張しています。

711 :Dow:2010/07/05(月) 01:16:59 ID:l3umNUMs0
エーテルは光の粒子と波動の二面性が明らかになってその存在が否定されたんでなかったかな。ダークマターはないと
ビッグバン宇宙論が破綻しかねない。ダークマターなどの物質が約30%、ダークエネルギーが約70%であればモデルにうまく
合致する、と現段階ではそういうお話だと思います。まだわかんないんじゃないですか。

712 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 01:22:59 ID:N9n/t96s0
>>634
> 相互作用しないことによって発生したままの状態をほぼ維持しながら存在し続けるらしい
> 幽霊がずっと同じ姿でい続けるのもそういった事情かもしれない。
光速に近い速度で運動してるから寿命は長いけど(相対論による)
静止すれば(幽霊のように一箇所にとどまれば)すぐに崩壊して無くなるよ。

713 ::2010/07/05(月) 01:23:17 ID:4Yr+tGOJ0
あとはこういう喩えもある。

Aさんがステレオグラムを見て、指が触れる距離まで近づいて「モナリザが見えるよ」と指差しました。
このとき、Bさんも絶対に必ず「モナリザ」を認識できるでしょうか?

Aさんがスロットマシーンを見て、指が触れる距離まで近づいて「7が揃いましたよ」と指差しました。
このとき、Bさんも絶対に必ず「777」を認識できるでしょうか?

Aさんが体長0.1mmほどの微生物を見て、指が触れる距離まで近づいて「ここに微生物がいるよ」と指差しました。
このとき、Bさんも絶対に必ず、その小さい生物を認識することができるでしょうか?

714 ::2010/07/05(月) 01:26:15 ID:4Yr+tGOJ0
ちょっと想像力をはたらかせれば「指が触れそうな距離で指差し」ても、別の人には認識できない事柄などいくらでもあるんですけど、
どうしてそういうことに気づけないのかがむしろ俺にはサッパリわからんのだがな。

別にそういうことを言ってもいいけど、そのかわり、これからは俺も批判されないように、ひとつの事柄に関して
30くらいの例えを出さざるを得なくなるので、そのようにさせてもらうけどそれで良いかな?

715 :Dow:2010/07/05(月) 01:29:06 ID:l3umNUMs0
「に」さんも頑固ですね。w しかし。まあ、ぶっちゃけた話をすれば霊能者と呼ばれる人、あるいは心霊写真と呼ばれるもののほとん
どはガセだと思ってます。心霊写真は罪のないイタズラですむ場合が多いだろうけど、霊能者というのは詐欺行為につながる危険
性が高いしね。ただ万のうち一つでも本物があれば、それで証明には十分なわけだし、俺は否定論者だけど証明されたならそれは
それで大変興味深い。

716 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 01:30:57 ID:WuLkAHOo0
>>705
・自分が持ってくればいいといったのはバッタであって、ダークマターではない
勝手にバッタの存在証明の方法を、ダークマターの存在証明の方法にすり替えないで欲しい

・昆虫学者からバッタをもらったら、そのバッタが存在することは証明される
その存在が証明された以上、視界から消えようが存在する
もちろん何らかの要因で死亡・絶滅ということもあるだろうけど、それは別のお話


一つ聞きたいんだけど、君に両親はいる?

717 ::2010/07/05(月) 01:33:08 ID:4Yr+tGOJ0
>>716
> ・昆虫学者からバッタをもらったら、そのバッタが存在することは証明される
> その存在が証明された以上、視界から消えようが存在する
> もちろん何らかの要因で死亡・絶滅ということもあるだろうけど、それは別のお話

まずその昆虫学者とやらが本物の昆虫学者かどうか証明して欲しい。
もしかしたら手品師が何らかのトリックを用いて、君に「偽物のバッタ」をあげたのかもしれない。

718 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 01:34:20 ID:N9n/t96s0
>>711
> ダークマターはないとビッグバン宇宙論が破綻しかねない。
まあ、その前に、ダークマターとダークエネルギーは
宇宙の力学(振る舞い)に与える影響が全く違うことは
http://www.astronomy.orino.net/site/kataru/qa/011.html
を読めばわかると思うが、ようするに
(1)ダークマターは「説明不能な引力」の源と考えられるもの
(2)ダークエネルギーは「説明不能な斥力」の源と考えられるもの

(1e)は銀河や天体等の比較的ミクロな観測から類推される
(2f)は(背景輻射による)宇宙全体の膨張スピードのようなマクロな観測から類推されたもの

いずれにせよ、これに幽霊を関連づけるか例えるなら
(1e)や(2f)のような、存在を類推させる傍証が必要




719 ::2010/07/05(月) 01:35:42 ID:4Yr+tGOJ0
手品師よりも催眠術師の方がいいかな。

催眠術師は、さやいんげんを君の手に乗せ、それがバッタに見えるように催眠術をかけたのだ。
きみはそのバッタを指差して「バッタがいるよ」と言うかもしれないが、俺はそれを見て
「バッタなんてどこにもいねえじゃん」と言うだけだ。

720 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 01:37:25 ID:N9n/t96s0
>>718訂正しとくか

ダークマターは銀河や天体等の比較的ミクロな観測から類推される−(1e)
ダークエネルギーは(背景輻射による)宇宙全体の膨張スピードのようなマクロな観測から類推されたもの−(2f)

いずれにせよ、これに幽霊を関連づけるか例えるなら
(1e)や(2f)のような、存在を類推させる傍証が必要


721 ::2010/07/05(月) 01:38:33 ID:4Yr+tGOJ0
これは何度でも繰り返させてもうが、

Aには認識できる。
しかし、Aが指が触れるほど近くで指差しても、Bには認識できない。
こういう事象が存在する事は、科学的に証明済みである。

722 ::2010/07/05(月) 01:39:22 ID:4Yr+tGOJ0
プラズマ宇宙論を用いると、直接観測できない正体不明のダークマターの存在を無理に仮定しなくても、
銀河の回転曲線問題などを綺麗に説明できるので、人間から実際に見えている物質とほとんど関わりを持たないダークマターは、
考える必要のない架空の物質にすぎないという見方も存在する(プラズマ宇宙論の『銀河形成と回転曲線問題』の項を参照)。

wikiより抜粋

723 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 01:43:49 ID:N9n/t96s0
>>722
プラズマ宇宙論じゃダークエネルギーのオルタナティブにはならんのう
まあ元々関連性のない別個の現象とすれば気にしなくてもいいのかもしれんが
さて、オッカム先生は何と言うか

724 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 01:45:24 ID:WuLkAHOo0
>>717
まさか、そんな斜め上のレスが帰ってくるとは思わなかったw
都合が悪くなると実は手品師・催眠術師だったかも知れないってwww
詭弁通り越して支離滅裂すぎるぞ

>>721のAは何らかのトリックを用いて「認識できる」と言っているだけの手品師じゃないのwww
本当に認識できているか証明して欲しいwww

725 ::2010/07/05(月) 01:49:29 ID:4Yr+tGOJ0
>>724
> >>721のAは何らかのトリックを用いて「認識できる」と言っているだけの手品師じゃないのwww

いやもう全くその通りだよ。
つまり「指差してここにいると示せば、誰にでも同じものが認識できる」なんていう理屈は全くもって意味がないということ。

> 本当に認識できているか証明して欲しいwww

それは「近くで指を指せば、誰でも同じものが認識できる」と言い張ってる奴に言うべき事柄だろw
俺は「指差したって同じものが認識できるとは限らない」と言ってるんだから。

726 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 01:56:11 ID:WW6cqNmS0
お化けはいないけど、お化けがいると信じてる人はいるし
そういう人は何かの見間違いでお化けを見たと思うこともあるし
そういう意味では心霊現象はあるし、お化けもいる
昔からそういう心を利用して詐欺師は存在してきたし、これからもそう
学校で勉強する人がいたり、しない人がいたりするのはいつだって同じだろうから
1万年後の世界だって(もし人間が生きていれば)科学は格段に進歩しているだろうけど
勉強しない人にとってみれば今生きてる勉強しないひとと何も変わらないので同じことだよね
無知や、未知につけこんでないことをあるかのように言って騙したり、騙されたりする人はいなくならない
人殺しが無くならないのと一緒で、僕たちはそういう存在なんだよね
逆に、それを0にしようとして厳しくしすぎると、また反発する力も強くなってしまう
っていうような、全ては相対的なものなんだよね
だから、心が平穏であるためにそういうものを信じたい人たちがいるならば
認めるべきだと思うし、だから重要なのは、そういう人たちとうまく折り合いをつけることなんじゃないかな
そして、人間の力が、知識が、認識が、どこまで高められるのかはわからないけれど
すでに今だって知の量は、一人の人間が認識出来る量を超えていて
今までに分かっていることだけをとってみても、全てを理解出来ることはないんだよね
科学も分野が細分化されて、それぞれが、それぞれの役割を担うことしか出来ないし
所謂「真理」とか呼ばれるものってのはどう見積もっても分かりそうにないんだよね
すると上で言ったような無知ではないもう一つの未知って部分も無くなりそうにないから
その空白を埋めるために宗教のようなものの存在だってあり続けるだろうね
それから、まだまだ言いたいことはあるんだけど、ちょっとスレ違いになりそうだからこの辺でやめとくけど
少なくとも、皆がこういうことを理解してくれれば、お化けに関しては、争うことはないと思うんだ

727 ::2010/07/05(月) 01:58:32 ID:4Yr+tGOJ0
争うことはないと思うん

まで読んだ

728 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 02:05:31 ID:WuLkAHOo0
>>725
ちげーだろ
お前の手品師云々は「AとBの認識には差がある」って意味じゃなくて、「Aの提示する前提そのものが嘘である」だろ
「1+1」の答えは本当に「2」なのか?という話をしている中で、お前は「その1は本当に1なのですか?証明してください」って言ってんだぞ
そんな詭弁通そうとする奴を真面目に相手した自分が馬鹿だったよ

729 ::2010/07/05(月) 02:10:59 ID:4Yr+tGOJ0
催眠術師は「3+5は?」という質問をしながら、催眠術でそれが「1+1は?」に聴こえるようにしている。
催眠術がかかっていない人は「8」と答えるが、催眠術がかかった人は「2」と答えてしまう。

そういう可能性はあるだろ。
ていうか、そういう可能性を恣意的に排除して正しい答えに到達できるのかよ。
もし霊が「そこそこの知能」を持っていたとするなら、霊は人間を騙そうとする可能性だってあるんだぞ。
霊が騙していなくても、似非霊能者が騙すかもしれない。
そして、目撃者の身体的な差異などによって、異なる認識に至るという可能性も排除できない。

だから心霊現象においては同じ場所にいるAとBが異なる認識(見た、見ない)になってもおかしくねえと言ってるんだよ。

730 ::2010/07/05(月) 02:14:24 ID:4Yr+tGOJ0
で、結論として俺が何を言いたいかと言えば

>写真に写るモノが、人によって見えたり見えなかったりというのは少々解せん。
>人間の目はそのへんのカメラよりもはるかに性能がいいからだ。

こんなこと起こっても別におかしくはねえだろ。
目撃者同士やカメラの身体(機構)や認識力(フォーマット等)の差異、によっても発生する可能性があるし、
霊そのものや目撃者の一部に「誰かを騙そう」という意思があるかもしれないのだから。

ということだ。

731 ::2010/07/05(月) 02:16:28 ID:4Yr+tGOJ0
>人間の目はそのへんのカメラよりもはるかに性能がいいからだ。

人間の目はそのへんのタコの目よりも性能が劣るけどな。
警察犬のように、タコを調教して霊能タコにすれば、タコが指差した先に霊がいることがわかるようになる。
将来的に。

732 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 02:19:10 ID:55pRZKSM0
皆さんどうしたんですか?
何だか暑いバトルですね・・・。

733 ::2010/07/05(月) 02:20:58 ID:4Yr+tGOJ0
タコとどうやってコミュニケーションを取ればよいのか、それを皆で暑く語っているスレへようこそ!

734 ::2010/07/05(月) 02:27:58 ID:4Yr+tGOJ0
>写真に写るモノが、人によって見えたり見えなかったりというのは少々解せん。
>人間の目はそのへんのカメラよりもはるかに性能がいいからだ。

ていうかこういう質問もう何度目だよ。
こういう愚問に関しては、もうそろそろ否定派肯定派双方が
「そんなことが起こるのは別に心霊現象に限った事ではない」
という認識で対応しないとダメだと思うよ。実際問題。

735 ::2010/07/05(月) 02:30:37 ID:4Yr+tGOJ0
ハッキリ言っておきますけど、この手の愚問が再び投下されたら、俺も再びバッタの話を持ち出すので宜しく。

736 ::2010/07/05(月) 02:33:02 ID:4Yr+tGOJ0
さて寝るか。

737 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 02:56:06 ID:uXJX152x0
産まれたばかりで初めて目を開けた時に景色が見えた人居るかな?
たぶん始まりは夜の暗さか日光か電灯の明るさだけだったと思う。
ず〜〜っと遡って思い出してみよう。
さてここからがお楽しみ。・・・・・
ようやく景色や物の形が見え始めた頃・・・・
数学や言語や知識等の情報をまだ脳内に入力していなかった時期にいったい何を見ていたか?

大人になってから赤ん坊を観察していると何かしきりに空中に手を伸ばしたり
アウアウバブー♪とか話しているよね?
その時に見ていたモノを全部記憶している人はここに居るかな?
そしてその全てが触ったりできたり本当に有る景色だったかな?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
何がいいたいのかと言うと【そこに有る・居るのに見えないのは脳に壁となる物が出来ているから。】
見える人には産まれた時に誰もが備わっていた【見る機能】がまだ残っている。

738 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 02:57:35 ID:BGONnBYJO
に、丸くなったのね。おやすみなさいませ。

739 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 03:06:30 ID:uXJX152x0
猜疑心や言葉や知識はかなり後から入ってくる機能補完アイテム。
その素地にはちゃんと有るんですよ見る機能が。誰にでも人間なら。
ただ産まれながらに障害を背負って来る人は別。その中には
見る機能以外の特殊機能を備えて来る人も居るけど。かなり稀に。
科学が脳内の能力や機能を100%解明できない限り証明は無理。
しかも脳の機能は同じようでいて一人一人違うし常に変化している。増殖死滅・・。

740 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 03:14:40 ID:uXJX152x0
形にはなっていても常に変化を続け変化している脳もまるで幽霊のよう^m^
ゴニョゴニョゴニョ♪

741 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 03:26:35 ID:uXJX152x0
では次に地球と脳をオーバーラップして考えてみましょう。
死滅する瞬間にそこに存在したエネルギーはどうなるのか。
その行く末を計れる又は観察記録する手段は現在存在するのか。


742 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 04:40:39 ID:fN0BldWWO
「バッタは『見えている』のに『見えない』場合がある」
「網膜に映った情報全てが『見えている』わけでは無い」
「緑色の背景にいるバッタは、脳には緑色のデコボコの一部として認識される」
「脳には不必要な情報を無いものとして扱う機能がある」
「写真に写るのに『見えない』のは、同じメカニズムが働いているのではないか」

ここまでは良い。
でも、『流石に目の前にデカイのがいたら、このメカニズムでは説明出来ないだろ』
に対して、「幽霊にはさらに未知のメカニズムが働いている」ってのはいただけないね。
それだったら最初っから「幽霊はスーパーパワーで人間の目にだけは映らない」
って言うのと何も変わらない。

終わりだ。終了。
『バッタのたとえ』説は完全に失敗してる。

743 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 04:48:45 ID:grbE56LPO
ま、幽霊とやらが十人十色の説明や解説がある時点で終ってるわ

同一のものを伝えるのにここまで支離滅裂でいい加減な行き当たりばったりはひどすぎ
肯定は自由だが、そろそろ肯定者同士でまとめるなりしてくれ


744 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 04:57:17 ID:lYkZqhm1P
>>629
>ひょとして、ここの人達永遠と同じような話繰り返してるの?

YES!その通り。

どーなんだろーねー というところにロマンを感じてるのか
単なるバカか

745 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 05:08:42 ID:UwdKkWaO0
心霊が定義できてないのに、心霊写真や、心霊現象を語っても意味ないだろw
なにが写れば心霊写真で、なにが起これば心霊現象なんだよ
マスコミが広めた設定やシナリオに踊らされすぎって自覚はないんかね

746 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 05:30:52 ID:grbE56LPO
>>745
幽霊っぽいものが写れば心霊写真で心霊っぽいことが起きれば心霊現象で
何だかよく分からないものを見ると錯覚や幻覚の可能性は全否定で幽霊が見えるということだろ

つまり、定義は個人の主観で幽霊と認定するということなんじゃねーの?
客観性?んなものが必要あるのかよっていうノリがないとな

747 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 05:50:43 ID:UwdKkWaO0
>>746
>つまり、定義は個人の主観で幽霊と認定するということなんじゃねーの?
それだと幽霊(現象)は存在するって結論になりそれで終了じゃね?
ピンボケ写真を主観のみで心霊写真と断定し終了。
意味を感じる現象が連続した。心霊現象だ終了。これだと体験談披露会だべwww
体験談を語るなら、どうしてそれを心霊現象と考えるのか?それを叩き台にすれば良いんだけどな

本人にすれば意味を感じたから語ってるわけだし、なかなか難しいのはわかるけどさ

「クラスの女の子が俺のこと好き」→「理由は?」→「間違いない俺にはわかる」
お前、それどう見てもストーカーだぜって言うのが、愛を確信しててもなwww

748 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 06:33:53 ID:grbE56LPO
>>747
だが今までスレを見るかぎりそのレベルでしかない

せいぜい怪しげな話とサイトをソースに引っ張りだして
あとは受け売りの用語を駆使し破綻した論にもならないことを言うだけ

行き詰まると見下しに入るのがオチ

749 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 07:20:36 ID:oF86dMJD0
>>734 >>735
>ハッキリ言っておきますけど、この手の愚問が再び投下されたら、俺も再びバッタの話を持ち出すので宜しく。

心霊写真と呼ばれるものには極めてハッキリと「姿」が写っている(とされる)ものもある。
誰が見てもその場でハッキリと認識できるものだ。
(実際には二重撮影だったりシャッター速度長めの撮影で動いてしまったためであることが多いのだが)

「そこまで鮮明なモノが撮影時、人間の目に見えなかったのはおかしい」

・・・・・・という疑問を持つのはそんなにおかしいか?

誰かさんの好きなバッタの喩えで言えば、

『真っ白な布だけを撮影したら、布の真ん中に緑色のでっかいバッタが写っていた。
 緑と白の対比がとても美しいが、写真を見るまでバッタの存在に気づかなかった人が大勢いる。気づいてた人もいる』

・・・・・・というようなもんだ。「そりゃ、おかしくねぇか?」と思うのは当然じゃないか?

「白布−バッタ問題」対して、「こういう状況なら起こり得るという」誰にでも納得できる説明ができなければ、
バッタ説、完全に破綻である。
説明ってのは、現実的に起こり得る状況ね。確率的にとても期待できないような状況を持ち出しても、説明にならんから。
あと、余計な喩え話も要らない。「緑のバッタと白い布」だけの説明でよろしく、バッタ博士。




750 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 08:13:48 ID:hiM4O55TO
>>744
そうなんだよな。たまにロマンがどうだの言い出す奴がいる。
個人の勝手だろと言われれば確かにそうなんだが、ロマンて何?って気がする。
絶対いないとは言わないけど、存在自体が曖昧で、あまりに疑わしいものを
無理矢理いる方向にもっていく事の、どこにロマンがあるのかと感じる。


751 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 08:44:13 ID:hiM4O55TO
かなり前の話しになるが、存在すら確認できない云々の話しの時に、
解明と、存在を認識する事とは別の話しだという意味で、書いた事がある。
例えば我々が宇宙と呼んでいるもの。
解明はされていないが、そう呼ばれている空間が存在する事は認められている。
と書いたところ、某ニャン子先生に、
はたして存在すると言えるのでしょうか、あなたはその目で確かめたのか?(セリフは正確ではない)
の類の指摘を受けた。
彼等の理屈はそういう事です。

752 :青い猫:2010/07/05(月) 08:55:20 ID:c+5HnE+C0
>>749
氏の言う「心霊写真」とは、だれの目にも明らかに眼前に存在する「幽霊」を
撮影した写真ではなく、どういうわけか写ってしまった写真ということですか。
つまり、前者は「幽霊写真」であり、後者が「心霊写真」?
この場合、撮影時その場にありもしなかった巨大なバッタが写真に写っていた
としても、それを「心霊写真」と呼ぶわけだ。

私の立場では、「幽霊」が写っている写真を心霊写真と呼んでいる。
ここで「幽霊」とは、>>628にあるとおりの説明で理解している。
UFO や宇宙人・妖精らしきものが写っていてもそれを心霊写真とは呼ばない
(ゴム人間の写真も出回っていましたよね?)。ただし、その写真を撮る直前
までに幽霊を想起させるような現象が起こっていた場合は、奇妙な光の帯や
光の玉などが写り込んでいてもそれを心霊写真と呼ぶことはある。

さて、そこでだ。

>「そこまで鮮明なモノが撮影時、人間の目に見えなかったのはおかしい」

これはごもっともな見解です。でもこれを言い出したら実のところ、このスレッド
にくるのは筋違いでもある。だってこの奇妙な現象について考えているのですから。
あ、もちろん、「心霊写真」が偽造や捏造ではないという大前提があるわけですが。

753 :青い猫:2010/07/05(月) 09:05:28 ID:c+5HnE+C0
さらに、だれの目にも明らかな状態で「幽霊」を撮影することができたとしても、
そこでできあがった写真を見るだけでは、その被写体を「幽霊」とはみなさない
可能性もある。つまり、そこに写った被写体が「人間」にしか見えないからだ。
とてつもなくリアルな心霊写真とは、つまるところ、普通の人間を撮影したも
同然とのジレンマがある。これは人通りの多い場所でシャッターを切ることと
同じなのだ。一部の写真を除けば、その写真に写った人物はすべて「人間」とみなされるはず。

754 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 09:38:41 ID:hiM4O55TO
>>猫ちん

>あ、もちろん、「心霊写真」が偽造や捏造ではないという大前提があるわけですが。

そこが大事。君は公平な立場なのかな?
だったら、仮にいるとした場合の話しとしては、何も問題は無いね。

で、人間との違いはどうやって判断できるのか?
自分には解るだけでは話しにならない。

ただし無理矢理、解る人には解るが正しいとすると、Dow氏の生まれもった能力説が浮上してくる。
まあ今のところ、全くもって妄想世界と変わらないけど。

755 :能力者とかじゃないです:2010/07/05(月) 10:02:36 ID:e114XGIl0
心霊写真て、よく修学旅行とかの集合写真ていうのがありますね。
これは、偽造や捏造ではないと証明されたと考えていいのでしょうか?
偽造・捏造の余地がないようにおもえるのですが。
その場合でも、偶然説や諸説がでてくるとは思いますが。

756 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 10:07:26 ID:hiM4O55TO
いつ証明された?

757 :能力者とかじゃないです:2010/07/05(月) 10:12:47 ID:e114XGIl0
>>626
いままでは、ただ見てるだけで、瘴気とか、いやな感じを持ってるなんて思っていなかったんですが
娘の反応をみて、「アレ?やっぱ心霊的なものってあるのかな」とか思ってしまったので「祟り」とか
心配してしまったわけです。
 それよりも、
>>608
 どうして預かった3枚の写真の中に海水浴場の写真が入っていることが判ったんですか?
 履歴見たけど、書いてないですよね?w

758 :能力者とかじゃないです:2010/07/05(月) 10:14:32 ID:e114XGIl0
>>756さん
「証明」というより、必要性 必然性の無さってやつ?

759 :能力者とかじゃないです:2010/07/05(月) 10:17:08 ID:e114XGIl0
私の言う集合写真は、みんなでふざけているスナップ写真とかでなく、プロのカメラマン
が、集合場所で、段の上で整列して撮影してるやつです。
カメラマンに偽造・捏造する理由も必然性もないと思いますが。

760 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 10:21:40 ID:UwdKkWaO0
>>757
まずその思い込みの激しさを省みる必要があるんじゃない?
書かれている文章を自分勝手に受け取るんじゃなくて、素直に読み取る姿勢が大切。

761 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 10:22:04 ID:CxfTsajj0
>カメラマンに偽造・捏造する理由も必然性もないと思いますが。

カメラマンも人間だ
本人でなければそいつの心はわからんだろ

762 :能力者とかじゃないです:2010/07/05(月) 10:24:20 ID:e114XGIl0
私に省みる部分なんてないですよ
思い込みや想像、実証できないものについて書き込まれているスレで
何に対して反省をしなければならないかわからない。
その上から目線を省みたほうがよいのでは?

763 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 10:29:09 ID:UwdKkWaO0
>>762
>何に対して反省をしなければならないかわからない。
書かれている文章と読み取っている内容とに違いが出ているので指摘したまで、
理解できないのであれば、こちらがお詫びします。失礼しました。

764 :能力者とかじゃないです:2010/07/05(月) 10:45:37 ID:e114XGIl0
ははは、ごめんなさい。
失礼な書き込みをしてしまいました。
私は学生時代の専門も、社会人生活も「ディベート」の中で暮らしている人間でして
ここへの書き込みは、極力、立場的にもへだたらないように、注意して書いています。
(できるだけ「思い込まないようにね。楽しんではいますが)
コテハンでもなく、発言の履歴、あえて言えば「顔」が見えない方々に、
嘘つき・異常者・薬物中毒・低脳者とののしられながら、または、催眠術者・手品師
にだまされた人間として。
以前、書き込みしましたが、私は「一般的に言われる幽霊はいない」と 考えており
今まで、興味を持つことすら控えてきました。ここでの皆さんの検証をしり、上記そしり
をうけることを覚悟の上で、あったことや起こっていることを自分なりの解釈はこうなん
ですが、と書き込んでます。(Dowさんの「海水浴場」の件は、半分面白がって「シンク
ロニティ」だよね。良くある話の中の)とおもってますよW
今回怪しげな写真を預かってきたのも、このスレがあったからこそですしね?
Dowさんの「樹海ツアー」も日程があわないかなあと、調整中です。社会人ですので
苦しいですが。

765 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 10:54:27 ID:CwjON4Cp0
コテハンも顔みえないよ
コテハンつければ読者が発言を辿れて便利ってのはあるけど

766 :能力者とかじゃないです:2010/07/05(月) 11:09:48 ID:e114XGIl0
いやいや 「顔」というのは比喩的な意味でして、その人間の主義主張、考え方の背景や
性質が、「発言をたどること」によって見えてくることを書いただけです。
みんな「本当にあった怖い・・・」だと、誰からの誹謗なのか、誰に返事すればいいのか・・・。
すみません。判りづらくて。私も自分の写真をここに貼り付ける度胸はないです。w

767 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 11:23:43 ID:CwjON4Cp0
コテをつけると狙い撃ちされます
しやすいからですw
撃ってくださいと言わんばかりだからw
コテをつけて旗幟鮮明にしてるのにどうして?と思われるかもしれませんが
むしろそういうものですw

768 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 15:20:54 ID:5zjCqB7d0
自分を基点として世界の在る座標に居る人しかしその人とは時空を同じに
しているのにも関わらず一生会わないでお互いが生涯を終える。
相手も同じように考えていたとして・・・・
双方が存在しているのに存在していないのと同じ。
つまり君たちは幽霊と同じで存在しているのか存在していないのか解らない。
他の人からは君も幽霊も同じだ。君が居るなら幽霊も居る。


769 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 15:27:28 ID:uN5YYvnl0
我等が尊師の霊的メッセージです(^O^)

幽霊が見えないのは同調できないからなのです(^O^)
「幽霊」の図形は、同調し難しい図形なのです(>_<)
そのパターンは未だに地上には存在していないのですから(^O^)

無意識下に対象と接点を持つプログラムがあると作用する=同調する
ない場合=同調できない

図形というのは観察者がその幾何学的図形の世界と、どれだけ接点を持っているか、
ということが「基盤」にないと作用しないのです(>_<)

個人で接点を持っていなくても、集合的無意識のようなところに
限定付で普遍性を持つ、図形との接点がある場合があります(^O^)

たとえば、それは単純な、十字や、△や六角などです。

しかし霊の形状は、全く現在の地上の人の意識には、
接点をもてない形状なのです(>_<)
ダークマターももしかしたら(>_<)

見るには、常に接点なる人間=霊と何らかの因果関係がある人が必要です。
心霊写真とかも多くがそうですが。

最近は、無人の防犯カメラにも映るのがあるので、
そうとも断言できないですが(>_<)
幽霊の方から現世に働きかけたケースでしょうか(^O^)

770 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 15:27:36 ID:fN0BldWWO
>>768
仮定された存在である『君』は実在が無いから、結論としては「幽霊は存在しない」になるわけか。

まぁ、詭弁に詭弁で返しても空しいけどな。

771 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 16:45:21 ID:JAo4gD3t0
仮定を仮定で考察しあう、ここはそんなスレ
まったく無意味な雑談場

772 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 18:16:48 ID:YMrx6SQf0
>>771 ダネ ただ・・・・
各々がここに記していた時間にもし外に行っていたり違う行動を
していたばかりにこの世にはもう居なかったとしたら。

目に見えない何かが「この糞スレに来させとけばォヶみんな仲良くな」
そんな声が聞こえた気がした。

773 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 19:01:29 ID:N9n/t96s0
ダークマターはやめいというのに

774 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 19:07:37 ID:Eoyv7tvo0
>>708
親父さんは、幽霊の見せ方が分からないんじゃないかな?
それとも、見せる事が出来ないのか?
それとも、いないのかもね。

775 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 19:19:02 ID:77Dg5LKoP
>>774
親父さんが枕元に立ってても、あんたには見えないでしょ。

776 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 19:49:03 ID:oF86dMJD0
>>752
>でもこれを言い出したら実のところ、このスレッドにくるのは筋違いでもある。

別に筋違いでも何でもない。カン違いもほどほどに。
このスレッドは幽霊の存在の是非を考えるスレだ。幽霊はいるという前提で馴れ合うスレではない。
幽霊の現象を考えるのもいいが、「幽霊はいないだろ、なぜなら・・・・・・」という主張も当然、ありだ。
ここはそういうスレだ。

いないだろ、と考える人間がそう考える根拠としていろんな矛盾点(と思う部分)を突くのは妥当なやり方だ。
その考えが妥当かどうかは別として。





777 :青い猫:2010/07/05(月) 20:58:21 ID:c+5HnE+C0
>>776
いやいや、その主張はぜんぜん違います。写真を無視した主張だからです。
もう一度確認すると、「心霊写真」は「写真」なのです。
これだけでれっきとした「物理現象」なのです。
この点は幽霊に関係なく認めてもらわないと困ります。

で、その写真にとりあえず「不可解な像」が認められる。
ここまでは了解してもらえるでしょう。

私の立場としては、その不可解な像を指して「幽霊」と呼んでいる。
この部分を分析して論評することは自由だと思いますが、物理現象である
写真を無視して以下のように

>「幽霊はいないだろ、なぜなら・・・・・・」

と論じてしまうと、写真を度外視してしまうことになる。度外視するなら
それ相応の根拠が必要ですよね?

778 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 21:15:41 ID:rMKStLYX0
>>777 監視カメラ等に写る不可解な映像とかもですね?
   偶然とか見間違いと言うのなら「いない派」が証明するべきですね?
   僕は「そういう現象は有るのだろう派」

779 :青い猫:2010/07/05(月) 21:15:48 ID:c+5HnE+C0
>>754
>で、人間との違いはどうやって判断できるのか?

これは心霊写真と呼ばれる写真をいくつも目にしていれば気づくはずですが、
わかりやすいケースは、人物が宙に浮いているものやあり得ない場所から身体の
一部分が伸びているものなどです。他にも人物の縮尺がおかしなものなど、
一見すればその異常に気づくようなものがあります。

あとは希に見られるケースとして、集合写真等に本来ならばその場にいるはずの
ない人物がどういうわけか写っていることがあります。たとえば、写真を撮った
その時刻には、当の人物は病院の集中治療室にいたことが明白なケースなど。
この場合、写真に写ってしまったその人物はもはや人間ではないとみなすことも
可能ではないかと。ただし、この場合は写ってしまったその人物をよく知る
ひとびとが写真を判断したわけですが。

780 :Dow:2010/07/05(月) 21:23:44 ID:l3umNUMs0
しかし、「心霊写真」になる前の過程が問題だと思いますよ。「ここにこんな写真があって、こんな不可解なものが写ってますよ。」
だけでは、やはり捏造の可能性がつきまとうわけです。例えば映像の専門家などの第三者立会いのもと厳正に撮影された写真
に不可解なものが写っている。そしてそのレベルの写真が複数積み重なってくれば、これは無視できるものではない。しかし、現実
はそうではないと思いますが。

781 :青い猫:2010/07/05(月) 21:33:01 ID:c+5HnE+C0
>>780
専門家によるいわば鑑定書つきの写真に類するものとして、捜査関係者が
その職務の過程で得た証拠写真などはどうでしょうか。通常、こういった写真は
いたずらに一般に公開されることはありません。だから仮にその証拠類に
「心霊写真」があったとしても、まず一般人がそれにお目にかかることはないでしょう。
これは捜査関係者だからこそ知り得るものでもあるわけです。事実上、
お蔵入りしてしまうような写真はかなりの数眠っているはずです。実際、その
筋の専門家からお話はうかがっています。

782 :Dow:2010/07/05(月) 21:39:13 ID:l3umNUMs0
よく、「この写真は専門家によって分析され、合成されたものでないことが証明されている。」といった話も聞きますが、捏造といっても
フォトショなどによる加工だけではない。例えば有名なコナン・ドイルの妖精写真は二重写しではなくイラストの切抜きを実際に人物と
ともに写している。もし映画のフィギュアなどを作る専門家が幽霊を作って、それを普通の人間と一緒に撮影したものを見せれば、映像
の専門家は、「この写真は加工されていない。」と言うしかないんじゃないかな。

>>781
鑑識科の人が捏造するということは一般的には考えられないでしょうね。見てみたいものです。

783 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 21:49:12 ID:W3AC9dJ30
>>781
お前はなぜか政府の秘密を知っている矢追純一かw

784 :Dow:2010/07/05(月) 21:55:56 ID:l3umNUMs0
ただまあ裏話というものはあるんだよなあ。俺の知り合いが実話怪談本の編集部に入ってて、そいつが言うには、怪談の聞き取り
採集をしてても、俗にいう「虫の知らせ」つまり、「そこにいないはずの人の姿を見てその直後に電話がかかってきて、その人が病院
で死んだことがわかった・・」という類の話はあまりにたくさんありすぎて本には載せられない、のだそうです。まあ載せても怖くも、面
白くもないからというのもあるんでしょうが。

785 :Dow:2010/07/05(月) 22:17:06 ID:l3umNUMs0
で、「虫の知らせ」は置いといて、この話から何か言うとすれば、人間には「怪」を好むものが大勢いいる、ということでしょうか。
実際、この出版不況といわれる中で実話怪談本は大健闘です。江戸期の歌舞伎の「四谷怪談」の大ヒット、好事家の間での
百物語会の流行など、この怪を好むということが現代のホラー映画の隆盛にも繋がっているんでしょう。だからまあ、俺は否定
派なんだけど、実は幽霊にはいてほしい。このあたりが青猫氏にダブルスタンダードと言われる所以か?www

786 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 22:35:14 ID:rMKStLYX0
にんげんというものがそんざいするんだもの
ゆうれいというものがそんざいしても
いいじゃないか
             
                 みつを


787 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 22:43:42 ID:oF86dMJD0
>>777
>「幽霊はいないだろ、なぜなら・・・・・・」

>と論じてしまうと、写真を度外視してしまうことになる。

ならない。
根拠を示した上で「その写真に写ってるものは幽霊でなく●●だ」と主張するのは間違いではない。
その根拠が正しいかどうかは議論されねばならないが。



788 :青い猫:2010/07/05(月) 22:50:41 ID:c+5HnE+C0
>>787
だからですね、写真は捏造や偽造ではないという大前提があるわけです。
ましてや、それ以外に錯覚や見間違えをしているという程度の写真であれば、
そもそも話題にはなりませんよと、先手を打っておくわけです。

で、写真に写ってしまった不可解な像をどのように「幽霊」ではないと根拠
づけていくのか、はなはだ疑問なのです。

789 :Dow:2010/07/05(月) 23:00:22 ID:8z6yrj6I0
あと、この怪談実話本編集部の知り合いの話を少しすると、編集部への手紙をもとに聞き取り調査に行けば、明らかに語り手が
創作してる気配が感じられる話と、語り手がまったく怪異に出会ったと信じてるようにしか見えない話とがあるそうだ。これは体験を
積めばまずわかるらしい。で、怖いのはここからで、面白ければ「ツクリ」としか思えなくても本に載せる、ということ。

実は心霊写真でも、コンビニ売りの怪奇ムックの投稿写真で、読者にインパクトを与えるおどろおどろしいのは捏造で、採用されな
かったインパクトのないのが本物だったりしてね。

790 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 23:07:44 ID:oF86dMJD0
>>788
どういう根拠で、という話はしていない。
ちゃんとした根拠に基づくのであれば、「その写真はおかしい」と主張すること自体は間違いではないと言っている。
その根拠が正しいかどうかはその後で議論すべきことだ。

「その写真はおかしい」と言うこと自体を否定するのは、証拠の吟味を拒否するに等しい、非科学的態度だ。



791 :青い猫:2010/07/05(月) 23:10:11 ID:c+5HnE+C0
心霊写真についてもう少し補足すると、そもそも心霊写真じたいが
あってはならない写真、あり得ない写真なのです。この時点で、いかなる説明も
存在し得ないはずです。少なくとも既存の合理的な枠組みの中では。
しかし、現実にその写真は存在する。さあ、困った……。

そもそもありもしないものは写せない。これがカメラの基本原則だ。
したがってこの原則に照らせば、写ったものは実際に存在したはず。
だから写真が証拠として用いられるわけだ。

792 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 23:18:19 ID:oF86dMJD0
>>791
「そりゃ、おかしいだろ」と疑問に感じたことをぶつけるのは何も間違いではない。
幽霊だと確信しているのであればその疑問にも答えられるはずだから、ちゃんと答えればいいだけだ。
疑問を持つこと、ぶつけること自体を否定するのは証拠の吟味を拒否するに等しい、非科学的態度だ。




793 :青い猫:2010/07/05(月) 23:18:46 ID:c+5HnE+C0
>>790
いや、その主張も屁理屈の域を出ていない。
ちゃんとした根拠があるならそもそも心霊写真とは呼ばない。
見間違えや錯覚の類で説明できる写真だからだ。

>「その写真はおかしい」と言うこと自体を否定するのは、…(略)…

で、この主張がそもそも私の主張する「心霊写真」に関しては成り立たないはず。
その写真がおかしいと言ってみせたところで、それはケチをつけただけだからだ。
ケチをつけることは科学的な態度とは呼べない。あくまでもあり得ない写真が実際に
存在するという事実こそ注目すべきことであって、それにケチをつけることではない。

794 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 23:19:09 ID:CwjON4Cp0
スカイフィッシュはハエだった
ハエは実際に存在するものだけど、それを謎の生物と呼んでいた
そう呼ぶのは想像力をかきたてて面白いんだけどね

795 :Dow:2010/07/05(月) 23:27:12 ID:8z6yrj6I0
幽霊以上にUMAフアンである俺から見れば「スカイフィッシュ(あちらではフライング・ロッドかな)」は、これを最初に世に広めた
ビデオエンジニアであるホセ・エスカミーラ氏が、ハエなどの残像現象をヒントに創作したものだと思われる。

796 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 23:29:43 ID:oF86dMJD0
>>793
『そこに写っているのは紛れもない幽霊だ』という結論がすでに出ているわけではない。
自分1人がそう思っただけで「間違いなく幽霊です」という結論が出るわけではない。

なんでそういう結論になるのか? その根拠、ここがおかしくないか?
「これは幽霊だ」という主張の根拠にこれらの疑問を感じた者がそれを問い正すのは当然のことだ。
「ケチをつける」と「疑問をもつ」とは違うのだ。

反論は何でも「ケチ」、などと言って疑問を感じることを否定するのは非科学的態度である。

幽霊だと確信しているならちゃんと説明できるはずだから、疑問に対して1つ1つ答えればいいだけのこと。




797 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 23:31:44 ID:CwjON4Cp0
アノマロカリスとか言われちゃったら想像力かきたてられるよね

798 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 23:44:28 ID:CwjON4Cp0
この夏、ぼくは友達とカッパ探しの旅に出ます!
友達がカッパ分布図なるものを作成したのです、ぼくは運転手をしないといけないのです(ノД`)シクシク
ヨーコのばーか
あ〜、すっきりした

799 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 23:53:15 ID:hiM4O55TO
UMAって特に詳しく調べたりはしないが、興味はあるな。
ただ個人的には幽霊以上に捏造や見間違い等が多いと思われる。
けど、UMA扱いだったなんたらコモドドラゴンが実在した例とかある(Dow氏あってます?)し、
それを考えれば幽霊存在の可能性も頷けると言える。
と同時に、確かに存在するのであれば、それは確認され、認められると言う事でもある。
幽霊は物質的な捉えかたではどうとか、科学の発達がどうという理屈は、
いるという前提に立てば確かにつじつまはあってるが、ただそれだけであって、
存在を主張する上では、何の説明にもなってないと思う。

800 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 23:54:32 ID:CxfTsajj0
幽霊って人間なら人間の、猫なら猫の幽霊しか見えないのかな?
いやなんか人間以外の幽霊があまりにもマイナーだからさw

801 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 00:09:59 ID:bZAcygWs0
青猫は逃げたのか納得したのか、どっちやねん

802 :Dow:2010/07/06(火) 00:12:14 ID:rFQKN3Ua0
>>797
古生代の水中生物が高速で飛行できるまで進化することはないだろうけど、たしかにロマンですね。

>>798
カッパいいですね。どこいくんですか九州?遠野? 遠野のカッパ淵はたしかライブ・カメラが入ってたはず。まあ見つからない
でしょうが ww 出発するときのわくわく感がいいんですよ。これは幽霊についても似てるんだけど、青木ヶ原単独テントはさすがに
怖い。

803 :青い猫:2010/07/06(火) 00:14:34 ID:UnBribow0
>>796
どうも話がかみ合っていないようですね。

私の言いたいことは非常に単純。大前提として写真が偽造でも捏造でもなければ、錯覚や
見間違いでもない不可解な写真、この時点で UFO や宇宙人と呼ぶひともいるかも
しれないが、私はその不可解な像が人間を思わせる形状ならば、それを「幽霊」
と呼ぶ。よってその写真は「心霊写真」だ。

で、「あり得ない写真」が実在する時点ですでに疑問の余地など存在しないと言いたいだけ。
この写真に疑問を持つこととはすなわち大前提を疑うことだから。
ここでちゃぶ台をひっくり返すのはただの感情論にすぎないということ。

804 :青い猫:2010/07/06(火) 00:23:50 ID:UnBribow0
>>803の続き
>『そこに写っているのは紛れもない幽霊だ』という結論が…(略)…

ここも違う。不可解な写真(あり得ない写真)がすでに存在することがすべて。
その被写体が幽霊であろうが UFO であろうが、その写真が偽造・捏造でない限り
「心霊写真」としての重要性は変わらない。この写真に疑問を持つというのは、
この大前提を疑うしかないわけだ。前提を疑っている限りは写真に対するダブル・
スタンダードに陥っているということでもある。だから矛盾しているわけ。

805 :Dow:2010/07/06(火) 00:25:54 ID:rFQKN3Ua0
>>799

マウンテンゴリラやコモドドラゴン、オカピなどの存在が確定したのは20世紀に入ってからでしょう。ただまあ、新種と言うなら魚類
や昆虫は現在でもいくらでも新発見が・・・。コモドドラゴンは19世紀の段階ではもっと巨大なものと信じられていたはずです。・・・
UMAと幽霊の違いは、UMAは基本的に誰にでも見えるという前提なので、複数による目撃談も多い。おおかたは波や流木でしょ
うが。信じがたい写真や映像が出回ってるとこは似てますね。


806 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 00:30:12 ID:bZAcygWs0
>>803
>で、「あり得ない写真」が実在する時点ですでに

1人が「あり得ない」と考えても、他の方面から見れば「実はあり得るんじゃない?」ということだってある。
故意による捏造・偽造ではなくとも、撮影ミス・既知の自然現象・カン違いなど、いろいろな要因がある。
1人にとって疑問の余地が存在しなくても、他の人間から見ればそうでないことはいくらでもある。
現に疑問が湧くのだから、湧いた疑問をぶつけるのは当然だ。

疑問をぶつけること自体を拒否するのは非科学的態度だ。学会でそんな態度を取れば、次からは相手にしてもらえない。
ここは「科学的に考えるスレ」である。疑問を拒否するのではなく、疑問にきちんと答えてこそ、科学的態度。


>>804
「前提」ってのは、あんた個人が勝手に「前提」にしただけ。誰も賛同はしていないぞ。
たかが一個人が「前提」として設定してしまえば、「疑うべからざるもの」として扱っていいことになるのか?



807 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 00:36:50 ID:bZAcygWs0
オレが決めた前提なんだから、オレに従え!

・・・・・・では、誰もついてこない。

808 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 00:38:10 ID:AdAPccgTO
>>805
へー、マウンテンゴリラやオカピもそうだったのか。
少し色々調べてみる。

809 :青い猫:2010/07/06(火) 00:41:31 ID:UnBribow0
>>806
>1人が「あり得ない」と考えても、他の方面から見れば「実はあり得るんじゃない?」ということだってある。

そう、これを言い出したらきりがない。場合によっては不毛なこともある。
いわゆる「心霊写真」にだけこの態度をとる。だからダブル・スタンダード。
この態度を改めるにはありとあらゆる写真に対して同じ態度をとるべき。

>故意による捏造・偽造ではなくとも、撮影ミス・既知の自然現象・カン違いなど、いろいろな要因がある。

だからこれが「大前提」。この部分をクリアした上で「心霊写真」。
あなたの立場は「あり得ない写真」などあり得ないと言っているに等しい。
これもダブル・スタンダードであり、いつまでも自説に固執する不毛な試みだと思う。

>疑問をぶつけること自体を拒否するのは非科学的態度だ。

これも違う。疑問の対象を見誤っているのでは? 少なくとも、写真には作為的な
部分はないことが大前提なのだから。

>「前提」ってのは、あんた個人が勝手に「前提」にしただけ。

>>752の最終行を要チェック。この前提抜きに「心霊写真」は語れない。

>たかが一個人が「前提」として設定してしまえば、「疑うべからざるもの」として扱っていいことになるのか?

だから繰り返し同じことを書いている。前提なしに「心霊写真」は定義できない。

810 :Dow:2010/07/06(火) 00:52:28 ID:rFQKN3Ua0
もう寝るけど、今日は穏やかな展開だな。いつもなら、「じゃあその写真を出してみろ!」になるんだけど。ww ・・・「鑑識 幽霊」で
ググってみたらけっこう怖い話があるなあ。長文だけどコピペ。

>アイドルだった島田奈美ちゃん(覚えてる?)が雑誌で話していた実話。小学生の仲がいい男の子4人が海へ遊びに行った。
初めは浴場の方で遊んでいたのだけれど、そのうち飽きてしまい、ひと気のない岩場へと移動。散々、遊んでさぁ帰ろうという事で、
記念撮影を。しかし、普通に写真を撮ったのでは面白くないので一度水に潜り、「せ〜の!!」で水面から飛び出たところをパシャリと
いこうという事になった。そうすると髪の毛が顔に張り付いて面白いだろうって理由だったようですが。

で、まぁ写真を撮影。横一列に並んだ、男の子達はドボンと一度、潜ります。「せ〜の!!」でパシャ!!!ところが…。何故だか、真ん中の
男の子が顔を出さない。「お〜い何してんだよ。」まぁ、冗談だと思いそんな雰囲気で探したんでしょうな。しかし、いくら探しても見つ
からない訳ですよ。その真ん中の男の子が。



811 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 00:52:56 ID:bZAcygWs0
>>809
「現象の存在を認めよ!」というのがあんたの立場だろ?
だったら、撮影ミス・既知の自然現象・カン違いなどによっても
一見すると不思議な写真が撮れるという現象も認めるべきだ。

それを認めないのは、それこそダブルスタンダードである。


・オレが決めた前提なんだから、オレに従え!・・・・では、誰もついてこない。
・疑問を持つこと自体を拒否する態度では、誰も科学的だとは認めない。
・「これがなぜ幽霊と言えるの?」「心霊写真だから」では、論証にならない。

こういう態度では、自己満足で終わるだけ。自己満足したいだけならそれでもいいが、
世間的・社会的・科学的には、いつまで経っても、何の結論もでない。


以上、これは自分の意見ではなく、「世の中の仕組み」なのだ。

おやすみ。



812 :Dow:2010/07/06(火) 00:53:11 ID:rFQKN3Ua0
>結局、海難救助隊が出て捜索するという大騒ぎにまでなって、男の子は離れた沖合いで水死体となって発見される訳ですが。家族
が悲しみにくれていた時、フト写真のことを思い出しました。もしかしたら、自分の息子はちゃんと写真に写っているかもしれない、そうす
れば最後の姿を治めた形見になるだろう。そう思いたった母親が鑑識の方へ、写真を譲ってくれないか?と申し出ました。ところが、どう
してもこの写真は見せる事が出来ないと鑑識が強く拒むのです。息子の形見なのだからと、散々のお願いにより、やっと見せて貰った。

その写真に写っていたものは…。横の二人はちゃんと写っていました。しかし、真ん中にはずぶ濡れになった見た事もないようなおばあ
さんが写っており、真ん中の子供の頭を上から押さえつけていたのだそうです。奈美ちゃんによると、この話しは新聞にも載ったんですよ
〜との事。


813 :青い猫:2010/07/06(火) 01:02:03 ID:UnBribow0
>>811
あなたの主張の根底には、そもそも「心霊写真」のような「あり得ない写真」
は認めないという強い意図を感じる。これは懐疑的というよりも否定的な態度
だと思う。これは現実に「あり得ない写真」が存在することを知らないからだと思う。
逆に「十分にあり得る写真」に関しては一切疑いの目を向けていないようだ。
この点も再三指摘したが、ダブル・スタンダードの典型。

結局、事実を見ようともせず、自説に固執するあまり、不毛なケチをつけ続ける。
それがいつも通り、なんちゃって科学論に行き着くわけだ。私が扱っているのは
写真という客観的な現象だというのに。

814 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 01:37:29 ID:o7afJOeW0
>>813
証拠が示せてないことに対する指摘が

 「 不 毛 な ケ チ 」

にしか聞こえない人のことは、なんて言うんでしょうねえw

815 ::2010/07/06(火) 01:58:12 ID:gw6k4Nj20
>>809
> いわゆる「心霊写真」にだけこの態度をとる。だからダブル・スタンダード。

誰が「心霊写真」にだけその態度をとったというのか。
常温核融合やes細胞等、科学の世界でも「証拠能力の乏しい証拠が批判される」というケースはいくらでもある。
繰り返すが、裁判では「検察が提出した証拠」が、証拠能力無しと判断される場合も多い。

仮に「心霊写真だけが批判されるの」という事が起こったとしても、それは別におかしなことではない。
「心霊写真だけが批判されるのはおかしい」というのは、万引きで捕まった人間が
「他にも万引きしてる奴がいるのに、俺だけ捕まるのはおかしい」と言うようなものだ。

816 ::2010/07/06(火) 02:10:09 ID:gw6k4Nj20
まあ要するに「証拠」にも、証拠能力0%のものから、証拠能力100%のものまで、数多くの種類があるということだ。
「証拠能力3%の証拠」を数多く積み上げても、「証拠能力90%の証拠」ひとつにはかなわない。

「心霊が写っているようにも見える写真」が存在した時に、「その写真が心霊の存在を担保する度合い」がどれくらいなのかを
示せなければ、それは「証拠能力ごくわずかの証拠」でしかないということだ。

青猫の詭弁の根本は「心霊写真には証拠能力がある」と言いながら、その証拠能力がどれほど高いのかを示さないということだ。
「俺には英語能力がある」と言ったって、2歳児レベルの英語が話せるだけか、外交官レベルの英語が話せるのかによって
「能力の差」は歴然だろう。

「2歳児レベルでも、外交官レベルでも、どちらも能力であることには変わりない」というのが青猫の理屈である。
それに対して「3歳児レベルと外交官レベルでは、能力に差がありすぎて勝負にならない」というのが常識的かつ一般的な理屈である。

817 ::2010/07/06(火) 02:13:12 ID:gw6k4Nj20
「例え2歳児レベルであっても、証拠能力があることは間違いないのだから、証拠として扱え」という青猫に対して
「2歳児レベルの証拠能力ではお話にならないから、外交官レベルの証拠能力を持った証拠を出せ」という否定派&懐疑派。

という図式だわな。

818 ::2010/07/06(火) 02:20:23 ID:gw6k4Nj20
>>749
> 『真っ白な布だけを撮影したら、布の真ん中に緑色のでっかいバッタが写っていた。
>  緑と白の対比がとても美しいが、写真を見るまでバッタの存在に気づかなかった人が大勢いる。気づいてた人もいる』
>
> ・・・・・・というようなもんだ。「そりゃ、おかしくねぇか?」と思うのは当然じゃないか?

例えば心霊写真でそこまでハッキリとした霊が写っていたら、そりゃもう
「そういう人がそこにいたんだろ」と考えた方がいいに決まってるw

写真に、等身大の、誰が見ても人に見えるものがハッキリと写っていた…
そりゃ「人」だ!霊だと考える必要性など何もないだろw

あとは何らかの錯誤かトリック等によって、その人に気づく人と気づかない人がいただけだ。
くわしくはシムノンの「黄色い部屋の秘密」でも読め。

819 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 02:24:09 ID:o7afJOeW0
なんといか、青い猫がダブル・スダンダードだと感じていることは何か、
具体的に確認したいんだけどいい?

よければ箇条書きで、何と何の主張があるのか書いてみてくれない?
そしてその2つを同時に主張すると、何故矛盾が発生するのかもお願い。

(なんとなく、藁人形相手に戦ってるように見えるので)

820 ::2010/07/06(火) 02:27:14 ID:gw6k4Nj20
俺に言わせれば
「ハッキリと等身大の人物が写真に写っていた」というときに、それを「人ではなくて霊だ」と判断する方が
「そりゃ、おかしくねぇか?」だ。

「昨日の飲み会に、吉田さん来てなかったよね?」
「うん、確かいなかったよ」
しかし飲み会の写真には、吉田さんの姿が写っていた…。

こういう場合、それを「吉田さんの生き霊」と判断するより、「吉田さんがいたことを皆が忘れていた」と
判断する方が合理的だろ。

知り合いの吉田さんですらこういう事が起こりえるんだから、見知らぬ人であればもっと忘れられてる可能性が高いだろ。
「そこにいなかったはずの見知らぬ人が写っていたんです」…って、だから何だってんだっての。
お前は日々生きている間、町ですれ違う見知らぬ人の存在をいちいち全て記憶してるのかよ。
「私が忘れていた見知らぬ人が写っていたんです」と正しく言えよ。

821 ::2010/07/06(火) 02:38:29 ID:gw6k4Nj20
「等身大の半透明の人が写っていた」という場合は、その存在には偏光性等が存在する可能性があるわな。
ある方向からは見えるが、別の方向からは見えないという可能性がある(マジックミラーのように)。

映画「プレデター」のプレデターように、周囲の風景を反射して光学迷彩的な隠れ方をしている場合にも
半透明に写る可能性があるね。

少なくとも、霊が公の場にハッキリと出現したことはいまだかつて無いのだから、やつらは
「人間の目の前にハッキリと出現する事はしない」という意図を持っていることは明らかだ。

そして、霊を捕獲した事例とか、誰にでも霊が簡単に見える方法などが確立されていない時点では、
やつらの「隠れようとする意図」は成功しているとしか言いようが無い。
(ときたま目撃されるが、それは野球に例えるなら、ヒットは打たれるが点は許さないというような状況だ)

霊が本当に存在するのであれば、霊の戦略(ときたま目撃されようとも、しっぽはつかませない)は成功しているわけであり、
「見える人と見えない人がいる」というのも、「霊の思惑通り」ということになるだけの話だ。

822 ::2010/07/06(火) 02:46:00 ID:gw6k4Nj20
複数の人物にハッキリと目撃されてしまうことが多くなると、霊にとっては「尻尾をつかまれる」ことになりかねない。
だから、錯覚や嘘に思われやすいよう、偏光性の保護色等を使い、わざと「Aには姿を見せるが、Bには姿を見せない」
という状況を作り出している。

諜報活動の世界などでも、「わざと嘘の情報をリークして混乱させる」という手法が存在する。
同じように、霊は自らの存在を「嘘、トリック、錯覚の類」に思わせることによって、何らかのメリットを享受しているのではないだろうか。

823 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 04:43:49 ID:VJ5KLmStO
実際の幽霊目撃例よりも、遥かに心霊写真や同等のビデオが多いのは何故か?

答え→物理的に加工しやすいから。

みんな知ってると思うけど、心霊写真はビジネスじゃん。夏になれば、テレビで特集組むだけで、そこそこ数字取れるし。

肉眼では確認できないが、カメラのレンズを通すと、幽霊が確認出来るようになる。
まずはこの矛盾を説明してほしい

824 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 06:22:40 ID:bZAcygWs0
>>818
「擬態」の話をしてたのに、ここにきて錯誤やトリックをいきなり導入か。
いわゆる「後だしジャンケン」ってやつね♪



825 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 06:54:31 ID:bZAcygWs0
>>813
>あなたの主張の根底には、そもそも「心霊写真」のような「あり得ない写真」
>は認めないという強い意図を感じる。

あなたの主張の根底には、「自分が不思議だと思う写真」はすべて心霊写真なんだという
強い意図を感じる。心霊写真は心霊写真なんだからゴチャゴチャ言うな!・・・ってか。

「証拠の吟味・検証」という科学からはかけ離れた非科学的態度。
これではいつまで経っても1歩も前には進めない。



826 ::2010/07/06(火) 07:36:41 ID:gw6k4Nj20
>>824
> >>818
> 「擬態」の話をしてたのに、ここにきて錯誤やトリックをいきなり導入か。
> いわゆる「後だしジャンケン」ってやつね♪

本当にバカだな。
本物の霊が存在するのであれば、Aに見えてBに見えない場合、擬態や保護色的な能力を使っている可能性がある。
しかし、擬態や保護色などで説明できないようなケースであれば、錯誤やトリックと考えた方が合理的だ。
というだけの話なんだが。

半透明など、とても人とは思えない霊→保護色や擬態的な能力を使って、出たり消えたりしてるんじゃね?
クッキリハッキリした等身大の霊→それ、霊じゃなくて人じゃね?それが霊に思えるのは、錯誤やトリックが介在してるんじゃね?

「他人を批判したくてたまらない」から、これくらいのこともわからなくなるんだよ。

827 ::2010/07/06(火) 07:44:09 ID:gw6k4Nj20
擬態、保護色とか書くと、「隠れ方」が限定されてしまうので、「霊のステルス性」と言った方がいいのかな。

「ステルス性=センサー類からの探知されにくさ」ということだが。
この場合は、主に「人間の五感というセンサー類からの探知されにくさ」ということになるな。

バッタが草原にいる→バッタのステルス性が発揮されている状態
霊が見えたり見えなかったりする→霊のステルス性が発揮されている状態

つまり、「霊とバッタは、どちらも対人間ステルス性を発揮しているという意味において同等である。しかしどちらも完全ではなく、
五感によって探知されることもある」

828 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 08:00:45 ID:bZAcygWs0
幽霊との対比がおかしいからバッタの喩え(擬態)は間違い。
それ以上の話はしていない。
そこを突っ込まれてトリックだの持ち出しても、何のフォローにもならない。
「論点のすり替え」ってやつね。
無駄無駄。



829 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 08:14:41 ID:bZAcygWs0
1人で勝手に話を広げて盛り上がっても無駄。
要点は「バッタの擬態と幽霊の見える・見えないは喩えにならない」のみ。
喩えの正当性を主張するために別の喩えを持ち出す・・・・・・

「それ自体」を説明する能力が低いんだな。


830 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 08:19:05 ID:bZAcygWs0
ま、普段どんな企業で働いているか知らんが、
製品の説明をするときに「たとえば・・・・・・」ばっかりでは客は釣れない。

「“たとえば”はいいから、製品そのものの説明をしてくれよ」・・・・・・となる。


831 ::2010/07/06(火) 08:21:51 ID:gw6k4Nj20
>>829
> 1人で勝手に話を広げて盛り上がっても無駄。
> 要点は「バッタの擬態と幽霊の見える・見えないは喩えにならない」のみ。

とことんバカだな。
「錯誤やトリック」というのは、「霊でないもの」だろw
「霊でないもの」がバッタと対応しないのは当然の話だ。

俺は「霊とバッタ」の対応の話をしている。
「霊に見えるけど霊でない、錯誤やトリックとバッタ」の対応の話などしていない。

「霊に見えるけど霊でない、錯誤やトリックと、バッタに見えるけどバッタではない、錯誤やトリック」が対応する事は、
「催眠術師に騙されて、さやえんどうをバッタだと思い込む男」の話で説明したので省略するが。


832 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 09:08:13 ID:AdAPccgTO
写真や映像を通すと幽霊が、又はそれらしき何かが見えるというのは非常に興味深い。
そこには幽霊の意思(意図)的なものを感じる。
はたしてそれは幽霊の意思(意図)なのか。

833 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 09:20:04 ID:AdAPccgTO
ところでテレビも映像である。
降霊の様子を撮影したもの、霊能者が相談にのる番組等、
誰々が今来てますという場面でも、我々には何も見えない。
今霊があそこにいると何枚も写真を撮り、そのうちの1枚を指し、ここに写ってますというのもあったが、
我々がよく目にする心霊写真以上に曖昧で、ポカーンなものしかない。
それらは一体誰の意思(意図)なのだろう。

あ、勿論、全否定してるわけではないよ。

834 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 09:22:47 ID:cf4cr4RdP
幽霊だけでなく、異星人やエイリアンクラフトや神そして他人の心も人間から隠れている
して、自分の心さえ表層意識から隠れている。
いったい、それらの実体とは?して、それら以外にどれほどのものが人間に隠されているのか?オカルトは面白い。

835 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 10:30:08 ID:AdAPccgTO
さて、いないとする否定側と違って、いるとする肯定側は、
たった一つ、
たった一つでいいから決定的に存在を明らかにするモノ(物に限らない)があればいいわけだが、これが難しいようで。

836 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 10:49:15 ID:FUnJSY4o0
否定派は、「いる」と主張する全ての個人体験を解明しなけりゃならないわけで、
その辺が科学がオカルトに触れたがらない理由だな。
基本の基本、存在を主張する者がそれを証明しなければならない。
これが守られてないんだからもうどうしようもないわな。

837 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 11:46:02 ID:AdAPccgTO
その通りだ。
ただ、そうは言っても個人的には興味はある。
だからこそここのスレに来てるわけだし、もし仮に「いる」のなら、それらを明らかにしたいものだ。
しかし現状は、「いる」とする為にはあまりにも曖昧で、疑問な点が多過ぎる。
その正体が所謂幽霊であろうが、別のものであろうが、
見た(と思ってるも含む)という人は、その時点で「いる」を前提にしか考えない。
我々には、確かに幽霊だという前提で考えればつじつまだけは合う話しだが、
それは、考えられるあらゆる別の可能性を吹っ飛ばした上での話しでしかない。
そして、見たものが幽霊だという判断がいかにしてなされたのか、全くもって不明瞭。
(実は本人にも判断基準は無いと思われる。)
これでは歩みよろうにも、やりようがない。

838 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 12:53:00 ID:cf4cr4RdP
ここは考察するスレなので、いくら待てども永遠に証拠などでません。

見えない存在があるもないも、いい大人は自己の責任において自由闊達に判断しましょう。

>>835,836,837は、情けない泣き言にしか見えません。どうせ他人に無根拠に右だ左だと言われても従えないはずです。
どこまでいっても、頼りになるのは自分の判断力のみ。自分なりの答えが欲しけりゃオカルトや宗教やスピリチアル
の本でも読みあされ、宗教学者や坊主(みな唯物だが)や霊能者(インチキ)にでも話を聞いてまわれ。

そして考え抜き、自己の判断力を確かな物にするしか道はない。このスレに参加するのは、その後でいい。

839 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 13:04:07 ID:VvHmlbwC0
お前は自分に酔ってて気持ち悪い上にスレチだから
このスレから去ってねw

840 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 13:15:29 ID:AdAPccgTO
考察という言葉に極端にとらわれてるんだろうな。
各々が勝手に結論を出せっつう場所ではないと思うぞ。
それなら、それこそチラウラでいいだろ。

841 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 13:35:32 ID:cf4cr4RdP
科学的という言葉に捕われたり酔ったりするスレですか?

842 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 13:38:41 ID:6sS+ifud0
一段一段階段を上る者と
なんか知らんが箱の中に入ったらス〜っといつの間にか上に居た者では
同じ人間でも【位置】が違う。
その箱も外が見えるのと見えないものの二種類が有る。

843 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 13:45:51 ID:cf4cr4RdP
>たった一つでいいから決定的に存在を明らかにするモノ(物に限らない)があればいいわけだが、これが難しいようで。

>見たものが幽霊だという判断がいかにしてなされたのか、全くもって不明瞭。
>(実は本人にも判断基準は無いと思われる。)これでは歩みよろうにも、やりようがない。

>存在を主張する者がそれを証明しなければならない。これが守られてないんだからもうどうしようもないわな。

教えてちゃんや甘えん坊のスレでもあるのですねw幽霊を見た証拠なんて、あるわきゃねーだろタコども!

844 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 13:52:30 ID:6sS+ifud0
【おばQ】肉体という乗り物に乗ったまま幽霊さん達が集い語り合うスレ【貞子】


845 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 14:04:31 ID:6sS+ifud0
世界中で幽霊を見たと言う人が居る。でも信じない人がいる。
ならば見えるようにと写真や映像や事象を提示する。
それでも居ないと言う。
図形ブロックを箱の中に入れる子供に「ちょっと角度をずらせば入るよ」
と言っているのに頑なに同じ角度でガンガン押し込もうとする。
「いない派」に多く見られる現象。

846 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 14:04:38 ID:cf4cr4RdP
見たと言う現実は変えられない。それが人の魂かどうかなんて話し合って答えなどでるものか!

見た者に証拠提出責任を押し付ける者は、自分らが人にしか見えない消える人を見たら、なにを証明できる。

847 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 14:11:48 ID:cf4cr4RdP
ここの否定派はボンクラか、ただの子供だ。経験も試行錯誤も足りず

自分が死ぬのは、ずっと先と信じてる。人ごとだと思うから、自分の認識判断を平気で他人に押し付けるカスの集まり。

848 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 14:24:13 ID:6sS+ifud0
>>847 いやそこまで言うのはちと失礼かと。
目に見えているものさえ否定できる能力を持つ人々・・くらいで。
現実に体験しても「これは見間違いだ自分がどうかしている」と自己否定するんだろな。

「いる派」一部の現象に遭遇した人・肯定的に意識的に見れる人
「いない派」全てを確かめてもいないのに「いない」と妄想断言するしたい人。
中立「そういう現象もあるのだろう派」人間が居るんだもの幽霊だって居ても全然不思議じゃない。



849 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 14:25:39 ID:PdldgHBg0
何か見たのは否定しないけどな。
だがその正体は悪魔かもしれないし、、精霊かもしれない。サンタや妖怪かもしれない。
またはそれらが人に化けたものかもしれない。

見た人間は、とにかく霊としかいわない。
本質がわからないから、霊という言葉に置き換えてるだけ

850 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 14:30:19 ID:6sS+ifud0
>>849 人間も奥深いが霊と呼ばれるものも奥深い ですかね?

851 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 15:04:16 ID:AdAPccgTO
もう終わりか?
見て解る通り、「いる」とするだけのものは何もない。
よく解らん例えと罵倒。

852 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 15:39:44 ID:7ax+E/Q+0
>>851
「いない」「ない」確証もないんだなコレが、人のせいにするばかりで。

853 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 15:49:00 ID:ft4Bx6X10
存在が確認されていないものの非在証明はほぼ不可能なこともしらんのか。

854 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 15:50:35 ID:AdAPccgTO
確証なんかないよ。勿論。
「いる」と言うだけのものは無いとしてるだけで。
はて?こちらは「いる」と言う人に聞いてるのだが?
人のせいにしてるのは、どちらかな?


855 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 15:56:56 ID:7ax+E/Q+0
>>854
で、誰が「いる」と言ってるの?狂った否定派たちの、頭の中の妄想が言ってるんでしょ。

856 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 15:59:17 ID:AdAPccgTO
前のレスからきちんと読んだかい?
あんたが「いる」派じゃないのなら、絡む必要はないのでは?
しっしっノシ

857 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 16:00:13 ID:SDTVfx2S0
頭のおかしい奴には見えるんだよ
病人をそっとしといてやるのも優しさだろ

858 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 16:12:45 ID:ft4Bx6X10
それもそうだが鬱陶しいからさっさと病院に行って欲しいというのが本音だな。

859 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 16:23:13 ID:AdAPccgTO
なんだか苦しいセリフだなーおい。
まあ、解決したんだろ?
それは良かった。

860 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 16:27:51 ID:7ax+E/Q+0
唯物が狂ってる所以は人間が一番偉くて、それ以上の存在も知識も無くて、それでどこまでもまかり通ると思ってるところだね

861 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 16:30:25 ID:AdAPccgTO
そんな人、ここにはもうほとんどいませんよ。

862 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 16:35:44 ID:AdAPccgTO
自分で書いてて、12人の優しい日本人のラストシーン思い出したわ。

863 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 16:54:31 ID:0XWbNF7A0
いないと思います

864 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 17:01:08 ID:qyxchI/y0
いるから宗教やお寺や神社や教会や墓地が世界中に有るんだお

865 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 17:15:44 ID:7ax+E/Q+0
>>861
そうか?じゃあ見えない存在を信じていないのではなく、純粋に確かめたいって心境か?ムリトオモウケド。

866 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 17:48:38 ID:AdAPccgTO
見えなくても存在が確認されてるものはあるしな。
っつうか、すまんが離れる。

867 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 17:51:49 ID:0XWbNF7A0
おつかれさまでした

868 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 18:36:34 ID:kA26f1dm0
森の中を一人で歩いていて突然遭遇したら怖いものは
人間より熊だけど、幽霊に関して言えば
熊の幽霊よりも人間の幽霊の方が遭遇したら怖いよね?
ここらへんになにかヒントがあるような気がする…

869 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 18:51:47 ID:12t/3b4J0
オカルトは頭がオカしくなルひトの生きがい‥‥

ここらへんにもなにかヒントがあるような気がする…


870 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 19:12:26 ID:VJ5KLmStO
俺は授業中、オナラをしてないのに疑われたあげく、「じゃあオナラしてない証拠は?」
と言われた事あるw

肯定派の人は心霊写真や動画を証拠というが、いくらでも捏造が可能なものに証拠能力はないんじゃないか?

俺は現状否定派だが、居て欲しいと思ってるよ。
生で見せてくれるなら、1週間でも1ヶ月でも、仕事休んで時間作るよ。


871 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 19:23:10 ID:bZAcygWs0
>>831
何度でも言う。
対応がおかしいからバッタの擬態は幽霊の喩えにはならない。


なかなか引下らない相手に対して『バカ』を連発するという姿勢は、その発言者の「程度」を如実に表している。
あんたはあまりほめられた褒められた人間とは言えんようだね。社会人としては3流以下だ。
ホントに社会人かどかは知らんが、底が見えてしまったようだ。



872 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 20:19:37 ID:qyxchI/y0
>>870 隣の人のオナラだった場合、君は見えるがオナラは見えない。
   しかしオナラは本当に存在した。 さあ君はオナラを探すのだ。
そして「このオナラは隣の人のオナラだ」と証明しない限り君がやったと同じだ。
違うと言っても証明できまい。オナラとした本人は知っている。

幽霊は居る。居ないと言っても居る。 幽霊とそれを見た人だけは知っている。
居ないと言う人だけが知らないだけさ。幽霊はオナラだ・・・っておいおい><

873 :青い猫:2010/07/06(火) 20:21:12 ID:UnBribow0
>>825
>「証拠の吟味・検証」という科学からはかけ離れた非科学的態度。

またか……。「心霊写真」とは、すでに検証した結果だということを理解できないらしい。
未検証段階の写真は「ただの写真」と呼ぶ。これが理解できないのだろうか?
このような態度を指して私は「感情論」と呼んでいる。

予想通り、まさに結論ありきの非科学的な態度を自らが率先して示した格好だ。
検証などしたこともないやからにありがちな態度であることも容易に察することができる。
このように顕著なやからは実に多いので私にとっては想定の範囲内。
科学を知りもしないやからがいつもの通りなんちゃって科学論を振り回した結果。

偽物の「心霊写真」だけを指して、すべてが偽物と喝破することこそ非論理的な所業だと
いうことがいつまで経っても理解できないらしい。この論理展開にはほとほと飽きた。

874 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 20:23:07 ID:bZAcygWs0
検証したのは誰?

875 :青い猫:2010/07/06(火) 20:26:55 ID:UnBribow0
>>874
写真に疑問を抱いた人間だよ。当たり前でしょう?
まさか、あらゆる「心霊写真」が学位を持つ専門家が検証しなければならない
とでも思っているのか? だったら、警察の証拠写真もまたあてにはならんわけだ。
こうやって己の程度の低さを露呈するわけだ……。呆れるわ。

876 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 20:30:50 ID:qyxchI/y0
>>873 漏れは持ってるよ心霊写真。でも見せない。何故なら・・・
   彼らは本物を本物と認めるだけの仕様になっていないから
   見せても無駄。公表されないできないモノの存在の有無さえ
   考慮しない彼らはまだず〜〜っと階段の下に居る。


877 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 20:34:21 ID:VvHmlbwC0
その理屈じゃ俺が検証して「偽物」と断定できるわけだが
まあその程度の低ーい言い訳だw
笑えるわ
頑張ってもっと笑わせてくれよwww

878 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 20:38:06 ID:bZAcygWs0
>>875
おっとっと。科学の作法をご存知ないようで。

学会なんかで発表されるのも、実験者が検証した(とされる)結果なんだけどね。
しかし、その検証の仕方とか解釈に疑問を持つ者がいれば、その疑問をぶつけるのは当然だ。
そして発表者はきちんと答えなければならない。わからないならわからない、と言わねばならない。

オレ様が検証したんだから、間違いない。
オレ様が確信してるんだから、間違いない。
疑問をもつな、何も聞くな。

・・・・・・こういう態度では、次からは誰にも相手にしてもらえない。
「科学」を口にする者としてあるまじき、極めて非科学的な態度である。

幽霊を肯定する者自らがこのような非科学的態度では、真相にたどり着く日は来ない。

あんた、科学の現場も学会の現場も知らないだろ?




879 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 20:39:23 ID:0EuABRVHO
まだやってるのかw

好きだね〜君たち

880 :青い猫:2010/07/06(火) 20:40:19 ID:UnBribow0
写真に疑問を抱いた末に、合理的判断から偽物とは言い難いという結論を
導くことが程度の低い言い訳とはね、実に恐れ入った。

このようなお粗末な論理を導いてしまう思考様式こそオカルト思考そのもの。
まさに結論ありきでもない限りは、このような笑えない冗談?を書き込む気にはなれないね。

881 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 20:42:15 ID:SDTVfx2S0
ID:UnBribow0
こいつ高卒かよw

882 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 20:43:50 ID:bZAcygWs0
>>880
科学を少しでも知る人間は、検証の中身に反論することはあっても、
検証すること自体を拒否するような真似はしない。

やっぱ、科学を知らないんだね。科学に関する知識は皆無な模様。


883 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 20:44:39 ID:qyxchI/y0
>>877 そうだなぁ・・・2万年位生きて来た人になら見せてもいいけど
   パっと出の寿命数十年の人に見せても断定は限りなく無理かも。
   だって時間軸のいち点の存在が線を分析できるわけがない。

884 :青い猫:2010/07/06(火) 20:45:29 ID:UnBribow0
>>878
>しかし、その検証の仕方とか解釈に疑問を持つ者がいれば、その疑問をぶつけるのは当然だ。

具体的に書くべきだね。で、心霊写真を検証した経験があるの?
その場合、具体的にどこが疑問に思ったの? 具体性のない妄想なら書くべきではないよ。
これではいわば、言ったもの勝ちの世界だからね。

>オレ様が検証したんだから、間違いない。
>・・・・・・こういう態度では、次からは誰にも相手にしてもらえない。

実際にこのように思っているなら最初から私のことなど相手にすべきではない。
相手にした時点で語るに落ちているということに気づくべき。
どちらにせよ、このように長々と書き込んだ時点で墓穴を掘っている。

本当に「科学」をご存じなの??

885 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 20:46:57 ID:bZAcygWs0
>>881
このヒトの学歴は知らないけど、「論証」というものは中学2年の数学で習います。
つまりこのヒト、義務教育で習得すべきことが身に付いてないってこと。

でも、それでこのヒトを責めてはいけません。
義務教育で習うことが身に付いていないのはこのヒトの責任ではなく、
このヒトが子どものときに周囲にいた大人の責任なのです。



886 :青い猫:2010/07/06(火) 20:50:49 ID:UnBribow0
>>882
私は>>777>>788で逆にお尋ねしたはずですよ。それが気に障って逆ギレした様子ですが?
私は検証することを拒否などしていない。ただ検証の余地はないと言っているだけ。
だから「心霊写真」がすべてなのだと言っている。これは「ただの写真」を検証するのとはわけが違う。
この部分がまったく理解されないようで残念。それが「科学」を持ち出した御仁だということが
さらに残念。

887 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 20:51:43 ID:SDTVfx2S0
>>885
確かにその点は俺が間違っていたようだ。
低学歴を理由にID:UnBribow0を嘲笑うべきでは無かった。

888 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 20:53:56 ID:bZAcygWs0
>>886
『疑問を持つ者がいたらちゃんと答えろ』というただそれだけの話が、
あんたにとってはそんなに難しいのか?



889 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 20:54:53 ID:VvHmlbwC0
お前が心霊写真がすべてと言ってるとか興味ないからw
俺が偽物と言ってるから偽物ねって言ってるのとかわらんしwww
程度の知れる言い訳ばっかでいーよいーねw
屁理屈にすらなってないけど、その調子でさらに頑張ってw

890 :青い猫:2010/07/06(火) 20:59:18 ID:UnBribow0
「心霊写真」を検証せよと声高に叫んでいる御仁は、その勝算をお持ちなのでしょうか。
つまり、「心霊写真」なんてデタラメだと言いたいわけでしょうからね。
そのトリックを暴きたいとお考えのはずです。そのトリックが見つからないからと言って
トリックが存在しないとは言えないとかなんとか屁理屈を言い続けるのが狙いなのでしょうか。
だったら、「心霊写真」に再現性を求めなくてはなりませんよね?
でもこれができていれば、そもそも「心霊写真」にはなんら疑問の余地などありません。
すでに事実として認知されているはずですから。だから私はここに検証の余地などないと
言っているわけです。同じ写真をもう一度手に入れることはとても難しいことを
経験上よく知っているからに他なりません。

この理屈を理解することがそれほど難しいことでしょうか?

891 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 21:01:18 ID:qyxchI/y0
与えられる枠の中の材料でしか思考できない人
それを外から俯瞰的に思考できる人
科学者もその知識のみに固執する人
科学者の中の「いやいやそれはそれとして」とまだ見えない想像の粋に
突入して研究に邁進する人
木を見て森を語るなかれ のような気がする青い猫さんは。だって・・・
空を指指してあれが空その先が宇宙と言っても常に変化しその先に在るモノさえ
目で確認できるものはまだほんの一部なんだから21世紀。しかも直にじゃない。

892 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 21:04:06 ID:VvHmlbwC0
語るに落ちたwww
トリックがあれば、それを用いて「再現」することは可能
同じ写真はまったくもって関係ないw
はいっ論破っwwwwww

893 :青い猫:2010/07/06(火) 21:11:53 ID:UnBribow0
繰り返しになりますが、「心霊写真」とは「普通の写真」とはまったく異なります。
だから「心霊写真」なのです。これを「普通の写真」と同じく検証しましょうと
言ったところで、「それではどうやって?」と大きな疑問が生じるのです。
「普通の写真」ではないからこそ検証するわけですよね? つまり「異常な写真」
を「普通の写真」を扱うように検証することなど意味がありません。
「普通の写真」を検証するように「異常な写真」を検証しても結局は何もわからないという
結論にしか至りませんから。だから検証の余地などないのです。

894 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 21:13:52 ID:bZAcygWs0
>>890
提出された証拠に疑問はあり得ないと言っている時点ですでに宗教なんだよね。

自分が証拠と思うものを出すってのは第1段階に過ぎない。
その証拠の信憑性や解釈の妥当性についての吟味が行なわれなければ、何の進歩もないんだが。

やっぱ、科学の知識も論証のイロハも皆無だね。

「オレ様がそう思うんだからマチガイない、疑問の余地などない」という世界で生きているヒト。




895 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 21:14:20 ID:VvHmlbwC0
トリックの存在を無視して何言ってんだかw
僕がトリックはないって言ってんだからトリックはないんだ!
じゃ、程度の低い言い訳にしかならんwww
論破論破w

896 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 21:15:50 ID:bZAcygWs0
>>893
>繰り返しになりますが、「心霊写真」とは「普通の写真」とはまったく異なります。


このページに、「心霊写真」と「普通の写真」が載ってるけどね。
ランダムで出されたとき、区別できる?

http://www.asios.org/ghost_photo.html#orb



897 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 21:15:59 ID:kA26f1dm0
幽霊と科学は水と油ですからね〜
恐らく永遠に融合しませんよ

898 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 21:18:25 ID:qyxchI/y0
>>893 あっなんとなく解かった。
心霊写真・・擬似心霊写真・・再現した擬似心霊写真

似てはいてもそれぞれ全部別の写真だ。検証も分析も結果は【違うもの】だ。

899 :青い猫:2010/07/06(火) 21:19:09 ID:UnBribow0
>>894
もう私の人格攻撃はやめたのですか? 
科学を大事にされている方の発言としては墓穴を掘ってしまったわけですがw

>提出された証拠に疑問はあり得ないと言っている時点ですでに宗教なんだよね。

ぜんぜん違う。私はこんなことは一言も言っていないですよ。
”あなたの科学”の枠組みでは扱いきれないと主張しているだけ。
だから逆に私はあなたにお尋ねしていますよ。「どうやって検証するのですか?
勝算はあるのですか?」とね。

あなたは”あなたの科学”に固執しているだけに過ぎません。
そこから一歩も前進できない。何度も言いますが、悔しければ反証してみせてw
なんちゃって科学論ではなくねっ?

900 :青い猫:2010/07/06(火) 21:26:05 ID:UnBribow0
>>896
そのサイトの解説も結局は検証ではなく、故意による写真の捏造や偽造
方法を示したに過ぎません。それらがこじつけではなく、実際に写真を撮影した
現場で起こったことだとどうやって証明するのですか?

結局、偽物を造る可能性があるからその写真は偽物だと決めつけたに過ぎないのです。
これは残念ながら乱暴きわまりない態度です。科学とはほど遠い姿勢です。
それもご存じないのですか?

心霊写真の検証の難しいところは、撮影当時の状況を再現することにあるのです。
還元主義的な手法では太刀打ちできない部分があるのです。これが理解できますか?

901 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 21:27:10 ID:VvHmlbwC0
すげぇ、必死すぎるwww
お得意の人格攻撃を今度は自分がやられてるなんて言い出したw
言ってないとかいいつつ、相変わらずトリックはないって言ってるしw
そして「悔しければ反証してみせてw」の捨て台詞w
悔しいのがありありとわかる文章乙
悔しいんだねwwwwwwww
いいよいいねwもっと頑張ってwww

902 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 21:32:33 ID:qyxchI/y0
>>901 攻撃しているのにダメージ喰らってハァハァ言っているもまいが頑張れ。
 

903 :青い猫:2010/07/06(火) 21:39:59 ID:UnBribow0
bZAcygWs0 氏は結局、形勢不利とみて消えたようですね。
少しは反省してください。いたずらに科学を持ち出した結果、
墓穴を掘った事実を認めましょうね。

自らはひとつも肯定派からの真摯な質問に答えようとせず、2ちゃんねるらしく
人格攻撃に及んだ末に、よく知りもしない科学を隠れ蓑にした所業を恥じるべき。

心霊写真について調べることができるのは、それを撮影した当事者のことを
調べることぐらいしかできないのが実情です。これはご自分が偶然に撮影して
しまった心霊写真の場合ならよくわかるでしょう。

904 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 21:43:55 ID:bZAcygWs0
>>899 >>900
>だから逆に私はあなたにお尋ねしていますよ。「どうやって検証するのですか?
>勝算はあるのですか?」とね。

まず、あんたが自信たっぷりな心霊写真を出してよ。ずいぶん前から、大勢の人間が要求してるんじゃない?


>それらがこじつけではなく、実際に写真を撮影した現場で起こったことだとどうやって証明するのですか?

写真1枚1枚についての証明は無理だね。そこは素直に認めよう。
『ただ、同じ写真もミスによって撮れる可能性が非常に高い』というのは紛れもない事実。

事実を述べることは悪いことであるまい。参考になる事実は多い方がいい。

で、この事実を知った人間が「ホンモノ」と称する心霊写真を見たときにどう思うかは、
その人間それぞれが決めることだ。
あんた1人が科学的に「ホンモノ」と言い切ったところで空しく響くだけ。
その言葉を空しくしないためにはどうすればいいか? それは自分で考えよう。

以上。



905 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 21:45:47 ID:VvHmlbwC0
お得意の人格攻撃&勝利宣言www
毎回毎回同じパターンでよく飽きんねwww

906 :青い猫:2010/07/06(火) 21:50:15 ID:UnBribow0
>>904
あらら、またご自分のことはスルーですか? よくもまぁ、恥ずかしげもなく……。
青猫は>>474でも自分の方針を明確に述べています。

>写真1枚1枚についての証明は無理だね。そこは素直に認めよう。

ようやく認めたようですね? ずいぶんと駄々をこねましたよね?

>『ただ、同じ写真もミスによって撮れる可能性が非常に高い』というのは紛れもない事実。

これも口先だけのことでは?

>あんた1人が科学的に「ホンモノ」と言い切ったところで空しく響くだけ。
>その言葉を空しくしないためにはどうすればいいか? それは自分で考えよう。

ご苦労様でした。

907 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 21:55:05 ID:VvHmlbwC0
日本語に直すと
トリックが証明されるので、写真を出すのはイヤん
駄々こねましたとか口先だけとか、
こいつの攻撃って自分見ながら書いてるwww

908 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 21:58:27 ID:bZAcygWs0
>>903
>真摯な質問に答えようとせず

あんたは、自分の発言の核心を突くようないろんな質問に答えたこと、あったっけ?
改めて聞いてみようか。

質問1.
A「幽霊の研究をしている者が存在することは、幽霊が存在するという有力な根拠となる」
B「永久機関の研究をしている者が存在することは、永久機関が存在するという有力な根拠となる」
AとB、どちらの言うことが正しい? 両方? 片方だけが正しいなら、その理由は

質問2.
「家庭でできるITC」について、人に実践してみろと勧めているが、
あんたはそれをやって意義のある結果を得られたのか?

質問3.
海外の心霊現象研究会(だっけ?)とやらに入会することをあんたは進めているが、
あんた自身はそこの会員なのか?

質問4.
「大脳がまったく無くても人並み以上の知力を発揮する子ども」の論文があると主張していたが、
どこの誰の論文?
出版されたものについては、プライバシー云々、批判が云々というのは教えない理由にはならない。

質問5.
人形の髪の毛が伸びたら、なんで幽霊の仕業だと考えられるのか?

こういう質問には答えようとしないね。

909 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 22:02:34 ID:HgTfKROj0
いまくるけど怖くないよ?
本が棚からドサーと落ちてきたり
ドアノブがガシャンとか
そんなんばっかだけど
生きてる人間が一番つえーよ?気合だよ?

910 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 22:09:47 ID:12t/3b4J0
眼鏡掛けてるヒトの右側‥((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
ttp://img14.gazo-ch.net/bbs/14/img/200807/96439.jpg

911 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 22:14:23 ID:12t/3b4J0
ごめん見間違いだった

912 :青い猫:2010/07/06(火) 22:16:55 ID:UnBribow0
>>908
たぶん、青猫は1〜3の質問には回答済みですよ。それを逐一確認しなかった
あなたに問題がある。4はですね、サイエンスの「Is your brain really necessary? 」
じゃなかったかと思いますよ。この場合は大脳が完全に失われているわけではないですけど。
たしか、普通の人の10分の1くらいでしかなかったとか。5は、人形の髪の毛が伸びる
ことがすなわち生命現象を模倣したように見えるからだね、きっと。

913 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 22:39:30 ID:bZAcygWs0
>>912
1〜3には答えてないね。1は「くだらない質問」、
2・3は「私個人のことを言っても意味が無い」はぐらかしてるだけだ。

>この場合は大脳が完全に失われているわけではないですけど。

おいおい、言ってることが変わってるじゃん。あんたは「大脳をまったく欠いた」と言ってたぞ。
そもそも、「意識に大脳は必要ない」の根拠として紹介したんだろ?
大脳が10分の1残ってたら、その説の根拠にはならんだろ。


914 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 22:41:39 ID:bZAcygWs0
>>906
>これも口先だけのことでは?

ま、幽霊存在説にとって都合の悪い事実は、あんたにとっては「口先」または「こじつけ」なんだろう。
だから非科学的態度と言われる。



915 :青い猫:2010/07/06(火) 22:43:03 ID:UnBribow0
>>913
だからなんですか?
大脳が通常の10分の1では生存ができない状況なんですけど。
これだけであり得ない状況ですよ。ここを無視する理由が理解できない。
結局、イタイところを突っ込まれた腹いせに挙げ足をとろうとしているだけですか。

916 :青い猫:2010/07/06(火) 22:46:13 ID:UnBribow0
>>914
どこが非科学的態度なんですか? どこかが幽霊存在説にとって都合が悪いのですか?
疑問符ばかりが湧いてきますね。可能性ばかりを強調するのは妄想と同じことでは?
私は現象ありきで論じてるので、その点はぶれませんのであしからず。

917 :Dow:2010/07/06(火) 22:56:58 ID:rFQKN3Ua0
ふーん。「Is your brain really necessary?」は今読んでみたけど、これは幼少時の水頭病で、脳神経系が通常とは違う発達の
しかたをしてるということじゃないかな。もともと正常に脳が発達した人から大脳皮質の大部分を取り除いたら生きてはいられ
ないだろうけれど。

918 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 22:59:23 ID:bZAcygWs0
>>915
>だからなんですか?

答えられんときによく使うね、そのセリフ。
「意識と大脳は無関係」という説の根拠として挙げたにも関わらず、
大脳が10分の1残っていたら、根拠にならんじゃん。
その10分の1と意識とが関係してるんじゃねーのか、という話に当然、なる。
自説の補強に相応しい論文を紹介する、という能力も低いようだね。


>>916
>私は現象ありきで論じてるので、

ミスや自然現象で心霊写真と区別できないような写真が撮れるというのもまた現象。
人間が錯視や錯覚でおかしなモノを見てしまうのも、
記憶の記銘・保持・想起の各段階でエラーが生じて「見た」という記憶ができてしまうのも、また現象。
これらの現象にも目をつぶらないようにね。


919 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 22:59:53 ID:Zs+SNiPw0
空間や次元は科学的だとか非科学的だとかで変化を続けているわけではない。
そんな事は人間社会の中でしか通用しない一領域一考察に過ぎない。
科学で食糧問題が解決したか?戦争が無くなったか?格差が無くなったか?
転送装置は?空力応用以外の浮遊体はまだか?動物と会議できるようになったか?
空間物質再現装置は・・・霊と呼ばれるエネルギー体や現象の分析は済んだか?
科学自体がまだまだ途上で未完なのに逆切れいくない。

920 :青い猫:2010/07/06(火) 23:03:28 ID:UnBribow0
>>917-918
そうですよ。知能や意識が大脳に由来するとは一概に言えない証拠かもしれない
わけですから、無視すべきではないのです。ただ、水頭症の場合、身体に重度の
麻痺や痙攣、知能不全等、ひとりでは生きていけないような状態になる可能性が
高い状態です。件のケースはこれとはまったく異なる症例です。だから論文になったんでしょうが。

921 :青い猫:2010/07/06(火) 23:07:50 ID:UnBribow0
>>918
えーと、私は>>777以降、いちいち「心霊写真」の定義を述べているわけですが?
偽造・捏造・錯覚・見間違いの類は心霊写真とは呼ばないと繰り返し述べています。
あなたのケチはいつまで経ってもケチどまりです。結局、言葉遊びしか反論できない
というおきまりのケース。

922 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 23:09:43 ID:AdAPccgTO
もう放っておけよ。
青もZs+SNiPw0も、最終的には「私には解ります」な態度しかないんだから。
解らせておけばいい。

923 :Dow:2010/07/06(火) 23:16:02 ID:rFQKN3Ua0
詳しく書かれてないので何ともいえませんが、これは障害を受けた部分の機能をどこか他の部分が代行する代償作用の大がかり
な例なのではないでしょうかね。発達し終わった脳ではなく、成長途中の脳であったために可能だったとか・・・・まあ、本当だとすれ
ば極めて特異な症例なのは間違いないでしょう。

924 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 23:16:08 ID:bZAcygWs0
>>920
『大脳がまったく無いのに人並みの知力のある子』の例ではないだろ、という突っ込みなんだけど。
この例から「大脳がまったく無くても意識は持てる」という結論が得られると、本気で思うの?


>>921
>いちいち「心霊写真」の定義を述べているわけですが?

提出された写真がその「定義」とやらに該当するのかどうか
というチェックは必要だよね?

ミス・自然現象でも同じ写真が撮れるとなると、
ホントにその写真はその「定義」にあてはまるのか? という疑問が湧くよね?
定義だけあってもしょうがないんだよ。

診断基準として「破傷風」という病気の定義はあるが、
目の前の病人がその定義に該当するかどうか調べなきゃ、破傷風かどうかもわからなし、
適切な処置もできない。

わかるかな?



925 :青い猫:2010/07/06(火) 23:24:58 ID:UnBribow0
>>923
いろいろ考えることはできるけど、水頭症はそういうものではないですよ。

>>924
やはり、私のことは放っておけないということですね?
おもしろい反応だw

>「大脳がまったく無くても意識は持てる」という結論が得られると、本気で思うの?

その可能性はあり得ることが論文の症例からも推測できますよってことです。
これを違うと言いたければ逆に心霊写真と同じように反証すべきなんですよ。
まったく学習しないひとですね? 本当に科学をご存じなの?

>提出された写真がその「定義」とやらに該当するのかどうか
>というチェックは必要だよね?

だからこれも>>777以降でわかりやすい心霊写真の具体例をいくつか挙げています。
写真にいるはずのない死者が写っているケースなど、あり得ない写真があるわけ。
これが捏造できるというなら是非とも再現すべきです。フォトショでもなんでも。

>ミス・自然現象でも同じ写真が撮れるとなると、…(略)…

だからこれも繰り返しダブル・スタンダードだと何回言えばわかるのかな?

926 :Dow:2010/07/06(火) 23:29:48 ID:rFQKN3Ua0
「心霊写真」に関しては、写真そのものの検証ということにどれほどの意味があるでしょうか。故人が生前に写したスナップ写真を
持ってきて、「これは故人の死後に写したものだが鮮明に故人が写ってる」と主張することもできる。ww まあこんなことはないでし
ょうが、撮影時点での検証というのが必要ではないですか。

誰もいない空間を写して、できた写真に人の姿が写っている。専門家がその撮影の現場に立会い、さらにカメラから何からトリック
の有無を事前に調べてある・・・これなら再現性がなくとも文句なく不可解な現象と言えるでしょうけどね。

927 :青い猫:2010/07/06(火) 23:34:11 ID:UnBribow0
>>926
だから監視カメラによって記録された映像には信憑性があるのです。
なにも「心霊写真」だけが不可解なわけではない。「心霊映像」もまた
不可解なものです。bZAcygWs0 氏はこの事実も記録ミスだとか言い出すようですけどw

928 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 23:35:01 ID:bZAcygWs0
>>925
>その可能性はあり得ることが論文の症例からも推測できますよってことです。

はい、「論証」というものを知らない人間のセリフが炸裂いたしました。

「大脳がまったく無くても意識は持てる」ということを証明するためには、
「大脳がまったく無い人間」の症例を挙げねばならないってことは、わかるかな?
10分の1も残ってたら、「大脳がまったく無い」という症例にはならんでしょうが。



>写真にいるはずのない死者が写っているケースなど、あり得ない写真があるわけ。

そこに写ったのは本当に第3者が生前の写真と比べて故人と同定できるモノなのか、
撮影された状況はどうだったのか、こういうチェックは当然必要。
自分だけが「あり得ない」と思っているだけじゃ、話にならんのさ。

あんた、そういう写真を出さないしね。出さない証拠に証拠能力は無い。


929 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 23:42:26 ID:bZAcygWs0
ま、「論証」というものの手順を勉強して出直してくるんだね。

930 :Dow:2010/07/06(火) 23:43:34 ID:rFQKN3Ua0
極端な話をすれば、青空に向かって灰皿を投げ、それを撮影してUFOだと主張することはできる。灰皿の外に大きさが比較できる
ものが写ってなければ遠近感による検証はできにくいし、できたとしてもそのUFOは小さいものだと言われればそれまで。ww これは
画像加工によらない捏造でしょう。むろん灰皿はメーカーが特定されないように自作のものにすればよい。(つまり自作UFO)    
たんに画像がある、というだけではダメだと思いますけどね。

931 :青い猫:2010/07/06(火) 23:47:16 ID:UnBribow0
>>928
だからだね、その典型的なケースが「幽霊」なんですよ。わかりますか??

論文のタイトル 

「Is your brain really necessary? 」

が意味深でしょ?

>そこに写ったのは本当に第3者が生前の写真と比べて故人と同定できるモノなのか、
>撮影された状況はどうだったのか、こういうチェックは当然必要。

まさか中岡俊哉氏をご存じないとか? 氏の心霊写真本は古典ですよ。
あなたのデタラメさったら、実に愉快だ。調べてからここへ来た方がいいですよ。
この態度は 科 学 の き  ほ  ん w

932 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 23:56:14 ID:bZAcygWs0
>>931
>だからだね、その典型的なケースが「幽霊」なんですよ。わかりますか??

「大脳がまったく無くても意識はある」の根拠に「大脳が10分の1残っても意識のある子」の例を出すのは
論 証 の あ り 方 と し て 大 間違 い だ、という話をしてるんだが。間違いは認めるのかな?


>論文のタイトル「Is your brain really necessary? 」が意味深でしょ?

タイトルが何だろうと、あんたの主張の正当性には ま っ た く 何 の 関 係 も な い。


>まさか中岡俊哉氏をご存じないとか? 氏の心霊写真本は古典ですよ。

調べてみた。こういう楽しい本(↓)を書いてる人ね。

http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g87390818
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d101329489
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g68403562
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r63343878

つのだじろう とか、あすかあきお とかと同じカテゴリーに入りそうだね。
たしかに古典だ・・・・・・・・・・・・




933 :本当にあった怖い名無し:2010/07/06(火) 23:56:44 ID:i7X/9B+Q0

まあ、いつもの話だ。

単純に、写真を提示してうえで
いつ、どこで、誰が、どのように撮影したかを出せないようなものは
証拠写真とは呼ばない。

馬鹿猫は早くそれを示せば良い。

まさか、写真は提示できません、、
いつ、どこで、誰が、どのように撮影したかも示せません。
ってわけでもないんでしょ?

その上で、疑問があればその環境を実際に検証させて貰えるのか?
って話に進むんだろうに。

934 :青い猫:2010/07/07(水) 00:02:57 ID:UnBribow0
>>932
いや、何が論証なのか理解に苦しみますが、私の主張は間違っていないです。
えーと、大脳が全くない状態と通常の10分の1の状態も論文発表の時点では
どちらも大差ないことは明白でした。だって他に症例が見つかっていなかった
わけですからね。というよりも、あなたは当の論文を読んでいませんね?
それもどうかと思うけど。

935 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 00:04:10 ID:CAdiBW8y0
>>933
まあ、そりゃそうだな。
具体的な”心霊写真”もねえのによく心霊写真の真偽で盛り上がれるなあ、
って思うな。

936 :青い猫:2010/07/07(水) 00:06:15 ID:YlKHUU4o0
>>933
あらら、これまで匿名掲示板ごときで検証など不可能だとさんざん言われていたのにね。
写真を提示しても、その信憑性を疑われている限りは検証に値しないとか言っていたのにね。

非常に愉快なお話だこと。

937 :Dow:2010/07/07(水) 00:06:55 ID:0GzmSRcD0
「Is your brain really necessary? 」には、もしかしたら「あんたには常識外のことを想定しうる能力があるのか?」という皮肉が
込められてるようにもとれるか。ww しかしうがちすぎかな。ww

>>930 の例だと、カメラと写ってる対象(灰皿)との距離がわかるかもしれないな。しかしこれとて、遠くの丘の上から灰皿を投
げてもらって、望遠レンズで撮影すればよい。「監視カメラ」の映像は、監視カメラの範囲外から幽霊型の何かを遠隔操作すれ
ば、これなら加工映像ではない。・・・なぜそんなくだらないことをやるかといえば、動画共有サイトで話題になるから。www


938 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 00:17:00 ID:6sMDg7PTO
な?解っただろ?
青はその辺りに留まって語ってるんだよ。
大目に見てやれ。

939 :Dow:2010/07/07(水) 00:19:54 ID:0GzmSRcD0
中岡俊哉氏の心霊写真のシリーズは、あれを幼少時に見て幽霊の存在を信じるようになった、という人はけっこういるのかもしれ
ないなあ。ww ここで素直に信じるか、それとも懐疑心を持つのかは大きな分かれ目かもね。www

ただ上で実話怪談本の編集者が、「ツクリ」だと思われる話でも面白ければ(怖ければ)本に載せる・・・という話をしたけれど、これは
読者を喜ばせたいという編集者としての習性の外に、本が売れてほしいという願いもあるだろう。商業ベースにあるものはいろいろと
難しい。

940 :Dow:2010/07/07(水) 00:52:15 ID:0GzmSRcD0
ただまあ、俺は幽霊否定派ではあるものの、幽霊のいる世界は魅力的だと思うし、いてほしい。ww だから実話怪談本でも、「しばらく
会ってない叔父が家に来たと思ったら、急に消えた。すぐ電話がかかってきて、叔父がたった今病院で亡くなった・・」という類型の多い、
本には載せられないつまらない話に真実が含まれてるのかもしれない。心霊写真にしても、だれも気付かずにアルバムに眠っているも
のの中に、実は本物があるのかもしれないんですよ。wwww


941 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 01:27:48 ID:6sMDg7PTO
>>940
自分も実は不思議が大好きなんだよ。
まあ、どちらかというと太古の地球とか恐竜、宇宙なんかが好きなんだけど。
オカルトも嫌いじゃない。
実際子供の頃は幽霊、UFO、超能力、今で言うUMAとか大好きだったし。
だったしと言うより今も興味はあるんだよなー。
ただ、現実的にどうかって話しで。

942 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 06:20:47 ID:54DzYr+a0
>>934
>私の主張は間違っていないです。

残念ながら間違っている。
「Aである人は●●」という証明をしたかったら、Aという特徴のある人の実例を出さねばならん。
Bという症例を出したって、何の意味もない。じゃ、Aの場合は? という疑問が湧くのが当然。

だいたい、「まったく無い」と「10分の1は残っている」て、全然違うぞ。
後者は、大脳はあるのか、ないのか? と言われたら、「ある」となるだろ。




943 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 06:43:03 ID:a0RAZqWl0
大脳を完全に欠損した状態って言ってたのにいつの間にか1/10になってる。
これは霊の仕業でしょうか?

944 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 07:06:59 ID:54DzYr+a0
人形の髪が伸びるのと同じ原理じゃない?

945 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 07:24:11 ID:a0RAZqWl0
このスレにも供養や除霊が必要ってことだねw

946 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 07:49:47 ID:54DzYr+a0
顔っぽいのが写ってたら心霊写真! という人もいるみたいだから、
(*´・ω・) とか (ToT) とか見たら、掲示板ごと御祓い・除霊しないとね。


947 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 08:08:19 ID:XdlaUeM6O
『10分の1は0と同じの定理』は画期的だな。
これを応用すれば、長年の課題であった「1=2」の証明問題にも決着が着きそうだ。

「バッタの人」といい、このスレには面白い人が多いな。

948 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 08:26:26 ID:XdlaUeM6O
つーか、バッタの人はまだ頑張ってたのか。
「バッタのステルスと幽霊のステルス」で「写真に写るけど目には見えない」を説明しても、
「幽霊のステルスはすーぱーぱわー」じゃ、バッタを引き合いに出す意味が無い。

まぁ、本当は「意味がある」んだけどね。
あたかも、幽霊のすーぱーぱわーが、バッタの擬態のシステムと同じくらい科学的に意味があるように装ってる。

こういうのは、「知的に卑怯な態度」と言うのだ。
君が知的だという意味ではなく、知性に対する卑劣な態度という意味でな。


949 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 09:23:21 ID:pPoV96GI0
おまえら障害者を馬鹿にするな
キチガイ共が幽霊の存在を信じてたっていいじゃねーか

950 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 09:40:37 ID:XdlaUeM6O
>>949
お前は共産主義者か?
別に幽霊の存在を信じていても、キチガイとは限らないだろ。

951 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 11:39:05 ID:/x55G1FY0
>>934
横だが、何が言いたいのか全く判らんぞ。
論文発表の時点云々はとか全然意味がない事だ。
大脳が1/10しか残っていない、ってのと大脳が全くない、ってのは全然違う事だ。


>>950
幽霊を信じるのは、少なくとも科学的な態度ではないけどな。

952 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 11:44:42 ID:XdlaUeM6O
>>951
そうかなぁ。
幽霊の存在を信じて、それを科学的な手法に則って証明しようとするのは、充分に科学だと思う。
大体は出鱈目だし、今のところ全て失敗してるけど。
「科学的に証明しようとして失敗しました」は、それでも科学なんじゃないかな。

953 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 11:45:29 ID:/x55G1FY0
>>855
幽霊がいる、って言ってる人がいないなら、幽霊はいない、で終わりだろ。

>>866
とはいえ、幽霊は存在がただの一度も確認できた事がないからな。

954 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 11:47:08 ID:DgEYO63C0
>>952
存在を検証するのは科学だと思うが、存在を信じるのは科学じゃない。

955 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 11:58:24 ID:6sMDg7PTO
>>953
その通りだよ。
>>866はオレが書いたんだが、あんた流れを読んでないだろ。
幽霊とやらが仮に本当に存在するなら、っつう意味で書いたんだよ。

956 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 12:04:11 ID:y3YMUl8gO
バッタの人w

957 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 12:07:16 ID:XdlaUeM6O
>>954
そりゃ、信じる行為自体は科学じゃないもの。
対象がなんであれ、信じる行為自体は科学じゃない。
科学的に実証された事実はもちろん科学だけれども、その事実を信じる行為は科学じゃないよ。
だから、信仰と科学が両立するんだもんね。

958 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 12:09:13 ID:2PYg4WME0
以前仕事で出入りする事があった、水子供養が主なお寺があったんだけど
季節柄、何気なしに霊とかってあるんですかね〜って感じで聞いたことがある
一瞬黙ってから一言「ありますよ」
「正直、人様の事を面白おかしく言うのは憚れますが、おかしな事は普通に起こる」
聞いてから後悔したのを覚えている


959 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 12:17:02 ID:6sMDg7PTO
>>954
それは盲信してる人の話しだろ?
オレは見た事も無いし信じてもないが、見た(見たと思った)人にとっては、
おそらくここで言われてる否定的意見だけでは受け入れがたいのだろう。
それでもそれだけで決定を下さず、科学的な手法に則って証明しようとするのならば、十分に科学的態度でしょ。


960 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 16:15:08 ID:kBULuTRQ0
幽霊見た 空中に
本当にいるんだな幽霊て‥‥
テレポーテーションもした北海道帯広市稲田町から静岡の浜松に

精神病院いこ‥

961 :青い猫:2010/07/07(水) 17:15:20 ID:YlKHUU4o0
>>951
逆にあなたの言いぶんが理解できない。
大脳皮質が機能するか否かの問題なんだよ。ただこれだけ。
片手に五本ある指が全部そろっていたとしても動かなければ使えない。
これと同じことで、通常の10分の1の量では機能しないから驚きなんだよ。

>>954
またまたデタラメをww
存在を信じているから数々の物理量が存在しているんですよ。
この意味をまったくご存じないようでおもしろい。
たとえば、物理量であるエネルギー。これを具体的に示してくれませんか?
定量的に数式以外で示すことってできますか?

科学を知らないひとが一生懸命に科学的なふりをするのがこのスレッドの醍醐味か?

962 :青い猫:2010/07/07(水) 17:33:58 ID:YlKHUU4o0
でだね、科学で用いられる量的概念は信じることで成り立っているの。
これらはときに、現実の出来事と反することがあるから新たな量的概念が
見つかるの。このとき、信じていたものの一部は信じられなくなるだけ。
そうやってまたまた新たに信じる項目が増えていく。

たとえば航空機がこれだけ利用されているのは、それが信じられているからだよね?
でもときには、予想したとおりに飛ばないこともある。これが限界でもある。
普通はそれを疑い始めたら恐ろしくって利用できないでしょ。
だから航空機を利用している人っていうのは盲目的に航空機を信じているってこと。
これは科学的な部分を信じていることでもある。

要するに、科学的な知識・経験を信じることなしに、それらを用いて
未来を予測することなんてできないってことね。
そしてなにも、科学的な事実として認識されていなくても、経験的な事実であれば、
それを根拠に先の出来事を予測することもできる。これが知能の最たる根拠でしょ?
人間は科学を拠り所にする必要なんて微塵もないのに、それをひたすら根拠にしたがる
のが現代人なのかもしれない。ニュートンがいなくても地球は太陽の周りを回り続けていたこと
は一切変わらないはずだからね。

963 :Dow:2010/07/07(水) 17:38:09 ID:0GzmSRcD0
>>958
俺の中学校の同級生にお寺の娘がいて、そいつが言うには「仏さんがある日(これは通夜の日とかではなく、○○が死んだと息子
さんなどから電話があった日)はお寺の本堂の太いろうそくがでろでろに(おそらく蝋が奇妙な垂れ方をする)なる。」・・・ただこれも、
偶然数回重なったのを覚えてるだけなのかもしれないが・・・真偽はわからない。w



964 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 17:53:02 ID:bQTukMcN0
>>434
あー…。
このあたりリアルタイムに見ていたかったなあ。
今日このスレをみつけた「岐阜県のとある町」の住人ですw

965 :青い猫:2010/07/07(水) 17:54:29 ID:YlKHUU4o0
このスレッドは科学というパッケージだけを強調するひとがほとんどなんでしょうね。
その中身を確かめたことのある人はほとんどいない印象が強い。言葉の上っ面だけを
なでるように、書き込まれた文言をいじるのがこの掲示板の特徴みたい。

実際に「心霊現象」を検証したいのなら、2ちゃんねるなんか覗いていないで
その現象が発生している現地に脚を運ぶべきなんだけどね。これが基本的な
科学的な姿勢だと思う。もちろん、ここは2ちゃんねるだからあまりまじめなこと
を述べるのは場違いなんでしょうけどww

966 :Dow:2010/07/07(水) 17:58:18 ID:0GzmSRcD0
>>962
奇妙な論理ですねえ。何が言いたいのかわからない。飛行機に乗るのは科学を信じてるから・・・という意味なんですか。しかし
そんなことを言えば、電車に乗るのも乗用車に乗るのもそうだ。・・・俺は中古のアメ車に乗ってるから、時に奇妙な動きをする
のは科学的な乗り物ではないからか?ww しかし、この中では「人・km」あたりの死亡率が最も低いのが飛行機でしょう。

だいたい人が歩くのだって、脳からの信号が腱に伝わって筋肉を収縮させ・・・これは科学ではないのかな?もっとも歩いてても
交通事故死するけどね。wwww



967 :青い猫:2010/07/07(水) 18:01:27 ID:YlKHUU4o0
>>966
ぜんぜん奇妙な論理じゃないですよ。ごくごく当たり前の話を書いただけ。
あなたがこの掲示板に書き込んでいるのも、その書き込みが他の利用者に
届くと信じているからでしょ? まさか独り言の記録として利用しているとか?

むしろ、あなたのたとえ話の方が本質を見誤っていると思う。
飛行機はそれこそテクノロジーの集合体なんだよ。この事実さえ知らないようで残念。

968 :Dow:2010/07/07(水) 18:06:03 ID:0GzmSRcD0
>飛行機はそれこそテクノロジーの集合体なんだよ。

下手クソな論理のすり替えですね。そんなの誰でも知ってるし、安全だという実績があるから乗ってる。むろん俺の運転する車のが
はるかに危ない。人間の歩行は、飛行機以上のテクノロジーの集積ですよ、知らないんですか?。ww だから「アシモ」があれだけ
注目を集める。


969 :青い猫:2010/07/07(水) 18:08:03 ID:YlKHUU4o0
やっぱり危惧していたことが現実だったと実感した。
このスレッドでも、「科学的事実」と「経験的事実」が同一であると誤解している
ひとがいるってことだ。世の中には、経験的事実の方が多くて、科学的事実の方が
少ないということをご存じないことがほとんどの書き込みから読み取れる。
つまり、科学なんて知られていない時代からわれわれ人間は生きていたわけ。
生き残ってきたのは「経験的事実」に拠るところが大きいわけだ。つまり、
科学的事実なんてものはほんの2、300年くらい前から知られるようになった
にすぎないってこと。

970 :Dow:2010/07/07(水) 18:10:56 ID:0GzmSRcD0
こっちも危惧してるんですが、もしかして、機械=科学 とか思ってるんですか?歩行のメカニズムだって立派な科学の対象です。
もう数十年で生体細胞を用いたアンドロイドのようなものもできかもしれない。

971 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 18:13:04 ID:bQTukMcN0
ひとまずちょいと。
当時「報道」された内容は住人による「目撃証言」ばかりです。
一部マスコミや有志(?)な人たちがポルターガイスト現象をカメラに収めようとしましたが失敗に終わっているはずです。

マスコミの報道以降ではポルターガイスト現象の噂はまったくなくなりました。
これについては偉いお坊さんが念仏唱えてましたんでその影響である可能性は否定しません。

当時「でてってやる」と叫んでいたおばさんは今も同じ部屋におり、当時のことを聞くと詳しくは語らず「ほら、マスコミさんが来ていたし、ねえ」とだけ答えてくれました。

ひとまず>>433にいわれる「幽霊に起因するとしなければならない現象」の例として挙げるには不充分な事件だろうとだけ報告いたします。

現在の話題と全然関係ない話を掘り起こして申し訳ありませんでした。

972 :青い猫:2010/07/07(水) 18:16:16 ID:YlKHUU4o0
もう少し私の意見を補足すると、「人間」についても科学的によく分かっていない
ことが少なくない。それでもわれわれは生きているし、生活上困ることも特にない。
これは間違いなく「経験的事実」だよね?

たとえば航空機の仕組みを一切知らずとも、それを利用することはできるし、実際に
その恩恵を受けているわけだ。これも経験的事実だよね。
で、とりあえず、世の中には幽霊と呼ぶべきものに遭遇する人が少なくない。
これも経験的事実と呼ぶことは十分に可能だ。ここでこの経験を「科学的事実」にする
ことが議論の是非となっているだけ。

このように、私の主張は非常に簡単なことなのに、どうも理解されていない。

973 :青い猫:2010/07/07(水) 18:19:14 ID:YlKHUU4o0
>>971
>「幽霊に起因するとしなければならない現象」の例として挙げるには不充分な事件

いや、だから決めつけならここでは必要とされていませんので、どうぞお帰り下さい。
そういうのを妄想と呼ぶのがこのスレッドの暗黙の了解らしいですよ。

974 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 18:27:20 ID:bQTukMcN0
>>973
いや、むしろ。
青い猫さんが>>434にて「幽霊に起因するとしなければならない現象」として決めつけるには不充分だと、当時近いところであの報道を見ていた者として報告したまでです。
※住人の証言ばかりではっきりとした物証がない。ポルターガイスト現象(しかも頻繁に発生する)であればカメラに収める事も可能であり、当時そのための検証もされたが結局一度もその映像は得られなかった。など、否定的な要素が多すぎるため。

で、このスレって幽霊と思われる事例・現象を持ち寄って「幽霊ではない根拠」「幽霊である根拠」を挙げ連ね、それらを可能な限り検証して「本当に幽霊がいるのか」を考察していくってもんじゃないのですかや。

だとしたら私としては期待外れなスレになるので言われるまでもなく帰りますが。

975 :Dow:2010/07/07(水) 18:27:24 ID:0GzmSRcD0
>>972
それなら少しは同意できます。人間という存在の全てを、科学を用いて定量化することはおそらくできないでしょう。幽霊でもまた
同じでしょうね。科学はたしかにここ100年ほどで長足の進歩を遂げましたが、少なくとも数百年の歴史がある幽霊については
そのメカニズムのほんの一端も確定しない。・・・これは、幽霊が科学にかからない存在であるのか、あるいは全く架空のもので
あるかどちらかである可能性が高い。ww

しかし幽霊が科学にかからないものであるなら、スレタイ「幽霊の存在を科学的に考察するスレ」と矛盾し、このスレの存在意義は
なくなってしまう。www

976 :青い猫:2010/07/07(水) 18:37:37 ID:YlKHUU4o0
>>974
だからその報告の「根拠」を述べるべきです。感想じゃなく根拠を。
住民の証言があてにならないのなら、あなたの書き込みもあてにならない。
この矛盾を理解できない時点でお話になりません。どうぞお帰り下さい。

>>975
その意見も筋違いでしょうね。量子力学が人類史上最近になって確立された
事実をみれば、あなたの筋立ての根拠が乏しいことが分かるはずですが?
だって大昔から素粒子が存在していたことは宇宙の存在から明らかじゃないの?

977 :Dow:2010/07/07(水) 18:47:39 ID:0GzmSRcD0
>>976
幽霊も素粒子のように発見される可能性がある・・・ことは否定しません。では「幽霊は科学的に立証できるものだ」と考えているという
ことですね。ww 了解しました。w 

飛行機の話をすれば、俺はモンゴル国内線に乗ったことがあるんだけど、外観はきわめてヤバイものだったが、まあ普通に飛んだ。ww



978 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 18:57:47 ID:a0RAZqWl0
>>971
もう少しここに慣れてくるとわかると思うけど
ここにはオカ板特有の明らかにおかしいのもいるから、最初は驚くと思うけどスルーでよろしく。
どうせ一定時間でトンズラするから落ち着いた流れの時にゆっくりその話を聞きたいな。

979 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 19:00:44 ID:bQTukMcN0
>>976
ううむ。>>974の※以降部分は根拠に成り得ませんか。それらから「>>434の例に挙げるには不充分」という感想を述べたわけなんですが。
あ、それから「住人の証言があてにならない」とはいっていません。住人の証言しかないのでは具体性に欠けるという話です。

「あなたの書き込みもあてにならない」でまとめられるとどんな発言も全てあてにならないじゃないかー。


さておき。
>>975-977の話題に割り込ませてください。
>大昔から素粒子が存在していたことは宇宙の存在から明らか
>幽霊も素粒子のように発見される可能性がある

世の中の霊能者が本物であるならば、すでに人類は一握りであれど先天性や偶発性、または何らかの鍛錬の末に幽霊を確認する技術を得ている人物が存在するわけです。
ここから「幽霊を確認する技術」の一般化への研究はなされていないのでしょうか。それとも単に成果があがっていないだけなのか。

科学的かどうかは微妙な部分になるのでスレチかもですが、見える人は見るためのコツをどうか教えていただきたいものです。

>>978
大丈夫、楽しんでますw

980 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 19:03:39 ID:qvcZPyNC0
A「ねえねえこの写真にカラスの幽霊がバッチリ写ってるよ!」
B「え?これ本物のカラスじゃないの?」
A「だってこんな所にカラス居た?」
B「知るかボケ」

981 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 19:27:04 ID:fKggytbP0
>>979
どうして見えるかは今現在世界中で誰も知らないと思う、なのでここで聞いてもしかたない。

しかも対象を唯物に限定する科学には、つきとめることは不可能だと思う
意識や精神病さえ仮説まみれで謎なんですから。

982 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 19:29:13 ID:fKggytbP0
飛行機がなぜ飛ぶのかさえ謎なんですから。

983 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 19:34:29 ID:XdlaUeM6O
>>976
無脳の人に聞きたいんだけどさ。
「脳がある」
「脳が十分の一ある」
「脳が無い」
はそれぞれ異なるのは解る?

次に、
「十分の一の脳では、上手く機能しない」
「十分の一の脳でも、上手く機能する人もいる」
これは、経験と実例から証明される事実。
では、そこから「脳が無くても大丈夫」にジャンプする根拠は?
これは、経験とも矛盾するし、そんな実例も無いけど。
さらに、「脳が無くても大丈夫なのは、幽霊(とされるもの)があるから」
にジャンプする根拠も不明。
関係無いものを並べ立てて、さも関係があるように論ずるのは、科学的に誠実な態度とは言えないね。

あと、科学的に実証された事実を「信じる」のは、やっぱり科学じゃないよ。
信じるか信じないかは一重に観測主体である自分の内面の問題で、たとえ信じていなくても、
科学的手法に則った実験は科学的に正しい結果を導き出す。
(例えば有名なマイケルソン・モーリーの実験が、当初の目的とは逆に、
光速度が光源の相対速度と無関係に一定である観測事実を導き出したように)

あと、流体力学を知らなくても信じなくても、飛行機は飛ぶよ。

984 :青い猫:2010/07/07(水) 19:38:07 ID:YlKHUU4o0
>>983
脳ではなく、「大脳」の話じゃないの?
どんどん話をすり替えるよね。これも詭弁の典型だ。

あとはほとんどあなたの妄想に基づいた、私の書き込みを読まないことによる誤解。

985 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 19:42:32 ID:XdlaUeM6O
>>979
バッタの人も言うように、「見る」ってのは脳ミソのお仕事だからね。
無くても「見える」事はあるし、あっても「見えない」事もある。

好きで良く見るんだけど、心霊番組って何で敵対する霊能力者同士でバトらせ無いんだろ。
否定派と肯定派によるデキレースばっかり。
「平家の落武者が見えます!」
「あれは去年無くなったお婆さんだ馬鹿め!」
「宇宙意思の集合体ですよ!」
「何もいませんね」
とか、想像するだにカオスな展開が楽しめるのにな。


986 :青い猫:2010/07/07(水) 19:49:33 ID:YlKHUU4o0
>>985
>科学的手法に則った実験は科学的に正しい結果を導き出す。

これはさ、同語反復じゃないの? 逆に、科学的でない手法に則った実験は
科学的に正しい結果を導くことがあってはならないとか?
だとしたら、科学的事実ってなに? 大昔の祈祷師が祈って雨が降ろうが、
現在の気象予報に従って雨が降ろうが科学的には同じ結果じゃないってことか?

根本的に>>961>>965>>969でも指摘したけど、ここで知ったかぶりをする連中は、
科学リテラシーに乏しいよね。それはきっとこの掲示板の書き込みさえもきちんと
読まないところからも十分に見て取れる。文字の上っ面だけをなでているだけだってこと。

987 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 19:49:49 ID:XdlaUeM6O
>>984
んあ?
「大脳が無くても小脳があれば大丈夫だから幽霊はいる」が無脳の人の主張なのか?
ますますワケわからんのだけど。

988 :青い猫:2010/07/07(水) 19:52:17 ID:YlKHUU4o0
>>987
ほらほら、ますます墓穴を掘ってるよ。脳は大脳と小脳だけじゃないですよw
おもしろい解釈だな。少しくらい Wiki で調べたのかと思ったけど、
それもしないみたいだね。私のいいたいことは>>986にも書いてあるよw

989 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 20:05:39 ID:XdlaUeM6O
よいしょっと。

>>科学的手法に則った実験は科学的に正しい結果を導き出す。
>これはさ、同語反復じゃないの? 逆に、科学的でない手法に則った実験は >科学的に正しい結果を導くことがあってはならないとか?

答)ノー。たまたま正しい結果が得られる事もある。
逆に言えば、正しい結果が得られたからと言って、必ずしも科学的に正しい手法であるとは限らない。
しかし、科学的に正しい手法であれば、その結果は常に科学的に正しい。
様々な他の要因で「得られるべきでない結果」が得られる事もあるけど、その間違った結果も、
その「様々な他の要因」を含めて科学的に正しい。


>だとしたら、科学的事実ってなに? 大昔の祈祷師が祈って雨が降ろうが、
>現在の気象予報に従って雨が降ろうが科学的には同じ結果じゃないってことか?

勿論「雨が降った」観測的事実は同じ。
但し、雨乞いは科学的手法による予測では無いし、現代の気象予報は科学的手法による予測。
データが充分じゃないからよく外れるけど、それでも気象予報は科学だし、外れた予報も、
科学的に正しい手法で予測したのなら「科学的に正しい結果」
観測事実との矛盾は、外部的な要因で科学的に説明出来る。

>根本的に>>961>>965>>969でも指摘したけど、ここで知ったかぶりをする連中は、
>科学リテラシーに乏しいよね。それはきっとこの掲示板の書き込みさえもきちんと
>読まないところからも十分に見て取れる。文字の上っ面だけをなでているだけだってこと。

それが「無脳の人には科学リテラシーの能力がある」って意味なら、その根拠の無い自信にだけは敬意を覚えるね。

990 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 20:11:11 ID:XdlaUeM6O
>>988
よし解った。
無脳の人の主張は、「大脳が無くても小脳と脳幹があれば大丈夫だから幽霊はいる」なんだな。

さっぱり解らん。
何でだ。

991 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 20:14:26 ID:7BmI831W0
ウザイから荒らしにかまうな
お前らは面白いのかもしれんが、普通にスレにいる住民からしたら非常に迷惑

992 :青い猫:2010/07/07(水) 20:15:24 ID:YlKHUU4o0
>>989
>答)ノー。たまたま正しい結果が得られる事もある。
>逆に言えば、正しい結果が得られたからと言って、必ずしも科学的に正しい手法であるとは限らない。
>しかし、科学的に正しい手法であれば、その結果は常に科学的に正しい。

だからさ、同語反復って意味知らないでしょ? まったくもっておもしろいな。
ボロがたくさん出てるってことを無理矢理覆い隠すのは見苦しいよ。

科学的に正しいとされる手法によってもたまたま正しいとされる結果がでることがある。
現実にはただこれだけなんだよ。

993 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 20:29:26 ID:XdlaUeM6O
>>992
実際に誤読してる人を相手にするときは、このくらいやらないと。
厳密なのが嫌いなら、シンプルに。
「無脳の人は科学的に無能」
「無脳の人は議論に負けるのが嫌で、議論の中核を避けて逃げ惑っている」

これは俺の主観だけど、客観的にも正しい自信はあるね。

994 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 20:34:00 ID:XdlaUeM6O
脳と言えば、アルツハイマーや脳障害で性格が激変することがあるじゃん。
穏やかな優しい人が、怒りっぽい暴力的な人になったり。
この人の「本当の人格」ってのがあるとして、それってどれを指すんだろ。
魂の人格。

でさ、幽霊の人格って、どの段階の人格が反映されんのかね。
土葬にされたら腐って行くし、火葬にされたら灰になるし。


995 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 20:39:26 ID:7BmI831W0
誰に何度言われても無駄なわけだ
やっぱお前も荒らしだわ

996 :実はID変わった971:2010/07/07(水) 20:45:10 ID:+a/Hz0of0
>>995
人格だけでなく記憶も気になりますやね。
人の魂が幽霊にあり生前の記憶を有するのであれば、記憶は魂に付随するものになる。

ならば脳という器官は何を司るのか。
HDDではなくCPUであるというのなら…それはそれで脳という器官を置き去りにした幽霊は知恵無しになってしまう。

幽霊がHDDやCPUを生前の姿より受け継いでいるというのなら…消化器官とかも受け継がれていそうでありそしたらなんか質量保存が気になってきます。

997 ::2010/07/07(水) 21:51:06 ID:IqKmYNLp0
こんばんわ。
バッタの人です。

>>985
>バッタの人も言うように、「見る」ってのは脳ミソのお仕事だからね。
>無くても「見える」事はあるし、あっても「見えない」事もある。

このように、ちゃんとこっちの意図を読み取って正確に捉えてくれている人もいるのは実に心強いことです。

998 :青い猫:2010/07/07(水) 21:57:29 ID:YlKHUU4o0
>>997
先天的に目が不自由なひとも”見えている”とか?
相変わらずいい加減なことですこと。

999 ::2010/07/07(水) 22:01:28 ID:IqKmYNLp0
ちゃんと捉えている人がいるのだから、これを理解できない人は本当をバカだと言って何が悪いんだか。

ここでもうひとつ問題提起。
ここに、生前に一流の奇術師を職業としていた幽霊が存在する。
この幽霊は、生前と同様の奇術のテクニックを持っている。

さて、この霊が生者の前に現れ、奇術のテクニックを用いて、Aには見えるが、Bには見えないように自分を演出したら、
それは「トリックによって、Aには見えるけど、Bには見えない」という状況を作り出した事になる。

今現在、心霊現象にトリックが発見されたら、それは「霊の不在」を意味することになると思うが、
上記の前提(霊だって元人間なんだから、何らかのトリックを使う事も可能なんじゃねえの?)がある場合、
トリックがあったとしても、「霊がトリックを行なった可能性が否定できない」ということになってしまう。

上記では奇術を例に出したけど、一般人でも心霊写真を撮影できたり、嘘の心霊体験を語ったりできるわけで、
サラリーマンの霊であっても、やろうと思えば、人間に対してトリックを仕掛けることは非常にたやすいことであろう。

1000 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 22:05:12 ID:gb6tQtrFO
1000?

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

379 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)