2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

エイベックス、小室と一緒に落ち目に

1 :名無しのエリー:2010/05/21(金) 02:53:22 ID:F/oYSLze0
もう愛だの歌っても駄目だろ
 


2 :名無しのエリー:2010/05/21(金) 09:10:44 ID:tC14Gzm+0
エイベ界王拳のことか

3 :名無しのエリー:2010/05/24(月) 02:46:06 ID:C0+WI7yg0
いや、愛で乗り切って行くのさ!
どんなに、辛くて厳しくて寒くてひもじくても。

一緒に落ち目になっても、愛の力(自社買い)で復活の1位が希望の光。
1位さえあれば!1位さえあれば!!!
カネなんて無くなっても、落ちぶれても、枯れて行っても1位なんだ!!

4 :名無しのエリー:2010/05/24(月) 13:51:29 ID:LHeBYvVe0
界王拳しか思いつかない

5 :名無しのエリー:2010/05/25(火) 05:05:06 ID:KBLsirsV0
松浦がtwitterで失言したって聞いたが一体何を言ったんだ?
やっぱりAAAの件でか?

6 :名無しのエリー:2010/05/25(火) 19:49:13 ID:QMqfqvxS0
http://twitter.com/masatomatsuura/status/13521041492

僕のお願い・・・TKの復活をオリコン1位にしてあげたい。
ライバルは小室さんにお世話になったはずのメーカーのアーティスト。。
masatomatsuura
松浦勝人

7 :名無しのエリー:2010/05/25(火) 19:50:35 ID:QMqfqvxS0
たかが、1位。されど、1位。
このオリコン1位は、ただ単なる普段の1位とはまったく意味が違う。
僕らにとって、そしてこの業界にとっても重要な意味をもつ1位だと思う。
一つの時代を築いた人間の更なる時代への挑戦の始まりととらえ、
自分もそこに参加するスタッフとしてこの挑戦という船出を共にしよう。
http://ameblo.jp/maxmatsuura/entry-10537180544.html
エイベックス社長 松浦勝人


2週目週間売上

*5 *20,598 いきものがかり
20 **5,739 AAA

8 :名無しのエリー:2010/05/26(水) 11:50:23 ID:yxTkkgff0
ダンスミュージック自体古くね?

9 :名無しのエリー:2010/05/30(日) 07:28:37 ID:yxWYMBhz0
>>6
ああ、それか…
前半部分は知ってたけど、後半にそんな事が書かれてあったのか
小室のTMN時代のレコ社はソニー系だったっけか?
そっちのレコ社からすれば「うちに喧嘩売ってんのか!?」って感じだよな

10 :名無しのエリー:2010/05/31(月) 13:04:37 ID:TyGAwad30
しかも今エイベにいる鈴木あみだって昔はソニー系所属だったじゃないか
馬鹿にしてんのか松浦は

11 :名無しのエリー:2010/06/03(木) 02:21:53 ID:Se+0pLF80
エイベックス所属の歌手は移籍したほうがいいね
もうエイベから出しても売れないよ


12 :名無しのエリー:2010/06/03(木) 13:28:41 ID:EP29tScx0
だよな
あの馬鹿社長一人のせいで、社員も含めて全員のイメージが悪くなるばかり

エイベへの移籍組は後藤を始めとして多数いるワケなんだが、
そいつらが新曲出す度にまたTwitterで余計な事を言うつもりかね松浦は?

13 :名無しのエリー:2010/07/16(金) 20:00:31 ID:lZrTwjsTP
小室哲哉は古くからバーニングから才能を評価されており、バーニングのアイドル小泉今日子や中山美穂に作曲提供していた。
自身のユニットTMN(TM NETWORK)の活動の傍ら作曲家としての活動も活発になっていく。
彼はソニー・ミュージックの系列会社アンティノスマネジメント(現ニューカム)に所属して欧米式のマネジメント契約をしていた。
TMN終了後、プロデューサーとしての活動が多忙となったのもフリーランスな立場で行動が可能だったからだ。
avexとの交流、篠原涼子やTRFのプロデュースで更に名を挙げ一躍『TKブーム』が訪れた。
つまりここまではバーニングとの関係は内田有紀や観月ありさへの楽曲提供程度だった。
TRFのヒット以降小室が手をつけたのは自身のユニットglobeと苗字を逆さまにしたネーミングのレーベル『ORUMOK』立ち上げだ。
パイオニアLDC(現ジェネオン)との共同で立ち上げたものだが『ビジュアル重視』を掲げCDと共にビデオもリリースしていた。
恋人でもあったB級アイドル遠峯ありさこと華原朋美を第一弾として抜擢し1995年9月のデビューとした。
事件はCDデビューの前に起きた…。
週刊誌やタブロイド、スポーツ誌で一斉に小室と華原の話題が報じられるようになった。
結果的に話題になったことで華原朋美のデビューはスマッシュヒットになった。


14 :名無しのエリー:2010/07/16(金) 20:02:27 ID:lZrTwjsTP
しかしマスコミ対応のノウハウを持たない音楽系の事務所の小室はマスコミ対応に困り果てる。
小室のマネージャー菊地は最後の仕事としてツテを頼り、バーニング周防社長に相談したという。
そこで送り込まれたのが遠藤(小泉今日子、中山美穂といったバーニング中枢のアイドルの歴代マネージャー)(現ルノン)
多忙の小室哲哉のマネジメント体勢は豹変しavex内に『プライムディレクションTKルーム』が立ち上がる。
遠藤は小室哲哉のマスコミ対策と華原朋美のマネジメントを主に行っていた。
この時にバーニングが小室サイドに求めたのは『ORUMOKレーベルの作品における一定割合の音楽出版権』であった。
ライジングの安室 小室はバーニングにマスコミ対策、タイアップ、キャスティング、レコ大まで用意してもらい
プロデュース業務に集中でき、バーニングはその代償として音楽出版をもらうという利害関係が成立した。
後ろ盾ができたことで小室哲哉プロデュースの作品は本格的なブームとなり安室奈美恵/globe/華原朋美/tohko/dos
鈴木あみ(現鈴木亜美)と売れに売れた。
ここで触れておかなければならないのはglobeのMARCや鈴木亜美、tohkoを擁していたサテライトポイントグループ(AG)の山田は
前出の『プライムディレクションTKルーム』のメンバーでありこの頃の小室プロダクツに深く関わった人物だ。
不思議なことにライジングの平、サテライトポイントの山田いずれもバーニングと交流してから大きな脱税をしている。
裏金を作らなければ成らない理由でもあるのかと疑念を感じざるを得ない。
2000年以降、小室はバーニングとの決別を決意する。後見先となったのは吉本興業だった。
なぜお笑いの吉本なのか…と思う人もあるだろうが選択肢がないというのが実情でバーニング離脱後の小室を抱えられる事務所は
他にはジャニーズ事務所くらいなものでコンテンツ部門強化に乗り出しR&C設立を考えていた吉本興業におちついた。


6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)