2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【雑談OK】今日観た映画の感想【ネタバレ注意】13

1 :名無シネマさん:2010/03/22(月) 19:15:59 ID:rKypIRKF
場所も媒体も一切不問。長文でも一言でも歓迎です。
鑑賞後のメモ帳がわりにどうぞ。
まだ観ていない人の参考になるカキコも良し。
作品名とネタバレは先に明記してくださいね。
質問参考リンクはこちら↓
映画のタイトル教えて!スレッドその94
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/movie/1266737587/

前スレ
【雑談OK】今日観た映画の感想【ネタバレ注意】12
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/movie/1258954863/

他の感想スレ
【雑談禁止】今日見た映画の感想 その70
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/movie/1269126378/
他人の感想にレスしたり雑談したりするスレ 5
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/movie/1213590039/
【ネタばれあり】今日見た映画の感想 その3
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/movie/1250698806/

>>970あたりで次スレの用意お願いします。

2 :名無シネマさん:2010/03/22(月) 19:17:06 ID:rKypIRKF
過去スレ

01:http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/movie/1133878773/
02:http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/movie/1158948405/
03:http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/movie/1175360848/
04:http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/movie/1194931504/
05:http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/movie/1205091285/
06:http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/movie/1215328155/
07:http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/movie/1222873104/
08:http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/movie/1228749672/
09:http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/movie/1235660645/
10:http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/movie/1242546012/
11:http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/movie/1250273020/

3 :名無シネマさん:2010/03/22(月) 19:17:52 ID:rKypIRKF
前スレの1に入ってたこのスレの次スレは無いですか?

質問スレッド@映画板その31
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/movie/1235202725/

4 :名無シネマさん:2010/03/26(金) 02:44:44 ID:yi+PdFMe
>>1

フレフレ少女

演技力の大事さが分かる作品。内藤剛志以外の演技は凄まじいものがあった。
合唱部のやつは後半動きがキレててよかったけど。
ストーリーは王道。ガッキー演じる文学少女が応援団長になり、
いきなりものすごく行動的になったのは違和感を覚えたが。
台詞は陳腐。演出は寒い。ギャグもことごとく滑っている。
お笑い芸人を露骨に使うのもどうなんでしょうね。
まあ、作ってる方も完成度なんてどうでもいいのかもしれないけど。
ウォーターボーイズやシコふんじゃったがいかに面白い青春映画なのかを
認識させてくれた。

5 :名無シネマさん:2010/03/26(金) 17:55:11 ID:QhNr8vHL
>>1

「ハートロッカー」

戦争映画というより、”極限状況下で精神を病んゆく男”を描いた内容なので
映像・音響共に観客にもストレスを与える構成に加え、ドキュメンタリーっぽいカメラワークなので
急な場面変更やブレが多く、弱っている人は鑑賞を控えた方が良い一本。

内容は緊張!緊張!の連続で、緩急に乏しく間延びした印象。剛速球も連投では棒球と化すわな。
リアリティ性重視のためドラマ性に欠け、ストーリーに特筆すべき点は無し。これが脚本賞って・・・・
あと冒頭の、戦争は麻薬云々の字幕は個人的に蛇足だと思う。これで観客に「主人公=戦争ジャンキー」という
印象が植え付けられるが、作中主人公はそれっぽい言動をとるものの
人間味のある人物として描写されているので、監督の意図したモノがかえって伝わりにくくなってると思う。

個人的にはイマイチな一本だった。ただ色々な意味でアカデミーは取る作品だと思う。
あと本作に限らず、この監督の作品を見る度に思うのは、ビグロー女史は確実に腐女子とみた。
日本のBL見せたら狂喜しそう  って、そういえば元ダンナはコミケに出没したこともあるヲタだったな。
案外ダンナ経由で既にハマってるかもなw

6 :名無シネマさん:2010/03/26(金) 19:05:57 ID:cn9mxpQG
シン・シティ

ストーリーが何層かの構造になってるんだろうなってことはなんとなく
わかったが理解するまでに時間掛かりすぎて愉しみ方もわからんかった
色使いもフェラーリがモノクロだったりで意図するところが分からんし
冒頭とラストのシーンも一回見ただけじゃ理解できんかった
トータルで初見ではよく分からん作品という印象

7 :名無シネマさん:2010/03/26(金) 21:11:58 ID:bSPwSSX7
>>6
未視聴の映画に入ってるけど
見る前に心砕けそうw

8 :名無シネマさん:2010/03/26(金) 21:16:30 ID:iLOluwBJ
シン・シティは(`・ω・´) シャキーンと見ればそれで良いような映画。

9 :名無シネマさん:2010/03/26(金) 23:55:52 ID:NDs17xBq
>>1乙です

「アドレナリン ハイボルテージ」
前作より確実にパワーアップしてた珍しいパターンw
ステイサムはトランスポーターより当たり役だと思うけど
こっちは地上波で放送されなそうだし、トランス〜ほど認知されなそうで残念
3があったらどうなるのか観たいような怖いような感じ

「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」
途中で見るのを辞めるっていう勇気も必要だなと実感した作品
報道の在り方やら情報化社会を色々考えさせる作りにしたかったのかも知れないけど
サービス精神が少なかったように思う
観客がジェイソンへのフラストレーションを溜める見せ方が肝だったのかな

10 :名無シネマさん:2010/03/27(土) 00:05:58 ID:gqggj+nw
>>9
娼婦すっごいブスだったよね

11 :名無シネマさん:2010/03/27(土) 01:00:20 ID:oFUc3Tax
スペル

ホラーという以外に予備知識なく見ましたが、グロ映画だったとは。
映画の内容は他愛ないものだけど、呪われる動機はちょっとおもしろいと思った。
あとヒロインが可愛い。やはりこういう映画には必須の要件か。


イングロリアス・バスターズ

最後まで引き込まれたけど、やや消化不良感の残る映画だった。
善悪の設定とか、各登場人物の運命とか、溜飲の下がりきらないラストとか。
大佐の演技は素晴らしいと思った。

12 :名無シネマさん:2010/03/27(土) 01:52:03 ID:xoVeo510
TAXI4
登場人物の大半がアホな言動をして物語が展開するバカな映画
でも十分エンターテイメントしていて面白かった
TAXIのカーアクションがあっさりしすぎなのが残念ちゃー残念

喧嘩番長
Vシネマかもしれんがあしからず
低予算を思わせる作り(ガラス割るだろうってところで一切割らずとか)てーのは
まあいいとしても終盤のテンポの悪さが際立つ・苛立つ・旅立つ

13 :名無シネマさん:2010/03/27(土) 02:09:07 ID:HyCOFuau
金曜ロードショーでディープインパクト
どうも終始焦点がボヤけ過ぎてて印象に残らない
アルマゲドンやザ・コアの方が好きだな

14 :名無シネマさん:2010/03/27(土) 04:27:13 ID:zSidupIj
スター・ウォーズ エピソード4

全6作もあるし、観るのが面倒くさそうで今まで敬遠してたが、
めちゃ面白かった。登場人物がいちいち魅力的すぎる。特にハンソロが好き。
まあチューバッカ連行のシーンとか、あまりに当たらなすぎる敵の銃弾とか、
敵要塞の守りの甘さとか、いろいろ不可解な点はあるにはあるが。
オビワンとダースベイダーのチャンバラシーンには迫力を感じなかった。
あと空中戦もちょっとテンポ悪く感じたかな。
でもそれらのマイナスポイントが気にならないほどの傑作。
残り5作も近いうちに観ようと思う。

15 :名無シネマさん:2010/03/27(土) 09:06:27 ID:ip6eAxkz
>>13
あれはパニックムービーの王道である群像劇として楽しむべき。
地球規模の大災害SFはかくあるべし。
自分はむしろアルマゲドンの方が白けた。

16 :名無シネマさん:2010/03/27(土) 21:37:28 ID:5ZgPAa+a
>>13 凄く早く終わった感じがしたので、かなりカットされてるのかな。
大統領の吹き替えがちょっと軽すぎる声の印象か。
それから誰が生き残って誰が死亡するかについては
米国の価値観が如実に現れてるように思え、そこらについては面白かったです。


17 :名無シネマさん:2010/03/27(土) 22:10:01 ID:xoVeo510
白昼の死角
アプレゲール犯罪として手形詐欺があったかどうかは知らないけど良くできていると思った
手形を透かし見て逮捕とか検事が保釈判断とか部分的に何それ?って腑に落ちない所があったがまあ法なんかの違いからかな?
アホなハーフの再登場でオチが見えたと思ったけど捻り捻りで深みを感じさせる展開になってた終盤もいい

のんちゃんのり弁
主人公の成長を描いた部分がメインなんだろうけどそれ以外の要素が多いのか結局何?って感じがしなくもない
夫婦喧嘩のシーンは圧巻ってかやってることは大したこと無い分リアルさがあってたまげた
最後のほうで「手」に焦点があたる所と海苔を千切りならがの号泣は意味がわからん

イルマーレ (キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック版)
どことなく既視感があるが良く出来たファンタジーベースのラブストーリーって感じかな
交通事故のシーンで突っ伏した被害者がその人そのものだったのでもう最後はここにくるんだろ?って途中気になって仕方なかった
ラストのツジツマとしては弟が嘘ついて誘導したサプライズ演出ってことでいいんかね?

チェリーパイ
内容が薄いからか耳障りになる音が多いように感じた
所々ここ笑うところですよ的演出があるが作品としての一体感はともかくほぼ担当の江口のりこが一番印象に残った
見終わった後にチェリーパイを食べたくならないのは致命的?

18 :名無シネマさん:2010/03/28(日) 07:15:39 ID:olt4lLtv
姑か

19 :名無シネマさん:2010/03/28(日) 08:57:34 ID:HhyMx15d
復活の日

外国人がいっぱい出ている

でもなぜか邦画くさい…

20 :名無シネマさん:2010/03/28(日) 16:24:53 ID:i+QXKv09
「大いなる旅路」

親父は息子たちに比べて丈夫そうだ……

21 :名無シネマさん:2010/03/28(日) 18:39:57 ID:fhkuvqru
戦国野郎

ヒロイン役の星由里子が強くて勝気なツンデレお嬢様を熱演していて
普段の5倍くらい魅力的に見えた。素晴らしい。

他の登場人物も主役の抜け忍加山を始めとして木下藤吉郎の佐藤允、中丸忠雄率いる武田隠密、
スケール感のないw水野久美率いる村上水軍等々、個性溢れる連中が揃っていて一瞬たりとも飽きさせない。
馬借による銃運びを中心にしたプロットも時代劇としては新鮮で実に楽しい。
アクションと笑いのバランスも絶妙でテンポもいい。

シナリオ自体ははっきり言ってツッコミどころが多いが、
演出と編集と芝居の上手さであまり気にさせない。(特に星百合(ry)
娯楽映画の面白さが凝縮された傑作だと思う。

22 :名無シネマさん:2010/03/28(日) 21:40:48 ID:najPkRRy
東京大学物語
のっけから年取るごとに不細工になるヒロインにどうしたものかと思ったが一応話が進むごとにメイクが入り一安心
ヒロインの描写が記憶力メインの天才肌から論理的要素も兼ね備えたものになっていったのは恋愛経験からなのか?
原作を知らない者としてラストはまさかのレイプオチと一瞬思ったが最終的に原作を読みたくなる展開へと発展し感心
とここまで書いてアマのレビュー読むと原作ファンが多いのか酷評の多さにびっくりした
この作品の本質は原作の宣伝にあるのかもしれんが後から原作を読んでの失敗はなさそうだがレイプオチなら憤慨必至

ショーシャンクの空に
見事なまでに起承転結している作品
刑務所内が殺伐としておらずどちらかといえば牧歌的に描かれているのは時代背景もあっての事かも知れんが脱走への
モチベーションとか色々考えると矛盾しそうだがギミックに意外性を持たせる演出の一部なんだろう
今回初めて見たが予告であんなネタバレされたらインパクトなくなんだろ?まあ幸い予告は後から見たしほぼ予備知識
無しでみたから良かったけど…この作品に限ったことじゃないが予告で核心に迫るシーン使うのやめてくれんかね

いずれ絶望という名の闇
一貫して分かりづらい演出の作品かな
見終わって納得・共感・スッキリてな感じを味わえないのは見方を間違っているか理解力不足なんだろうか?
シリーズの過去作みたいなのがあるようなので機会があれば見てみるか…なんかヒントのようなものがあるのかも知れん

23 :名無シネマさん:2010/03/29(月) 12:37:07 ID:o57ZpOoA
>>15( ディープインパクトのネタバレあり)

その「群像」に全く共感も感情移入も出来なかった。
特に酷いのがテレビアナウンサーの娘と父。
まず、最初に政府高官のまだ子供の娘にマイク突きつけてカメラ回してる時点でドン引き。
その後の品性下劣むき出しの勘違い取材には相当うんざりで、
あげくがファザコンとわかった時点で共感できる点全く無しね。
父親も父親でそりゃ若い嫁さんもらいたい気持ちはわかるけど、彗星が落ちてこないと親娘の絆取り戻せない人間に共感しろと言われても。


白い巨塔

見てて本当にむかついた。こんな馬鹿な小説書いてベストセラーにして、
なおかつ映画化、ドラマ化するもんだから、言わんこっちゃない。
モンスターペイシェントの増殖、医療訴訟の頻発化、
おかげで日本の医療は崩壊寸前だ罠

24 :名無シネマさん:2010/03/29(月) 14:05:20 ID:4oZZSVZ6
>>23
医療崩壊を白い巨塔のせいにするのはこじつけすぎ

25 :名無シネマさん:2010/03/29(月) 14:48:43 ID:QszW4BKN
まるで白い巨塔に出てくる医者のような言葉だがw
確か原作は30年も前だよな、医療訴訟の悪い面しか見て無いというか
モンペにさらされてる仕事なのかな、大変だな


26 :名無シネマさん:2010/03/29(月) 16:40:38 ID:zsELOi1i
燃えよドラゴン

ブルース・リーの映画は初めて観たので、普通に会話している姿がなんか新鮮だった。
ブルース・リーのアクションはキレがあって凄かったけど、
ラスボスのハンの動きにキレが感じられず、迫力がなかった。
内容はまあ、B級って感じでした。

27 :名無シネマさん:2010/03/29(月) 17:25:43 ID:b5YxK2q2
リトル・ミス・サンシャイン

まあまあ面白い。中盤で微妙についていけなくなったが脚本が良くて最後まで飽きずに見れた。
マイノリティが社会的価値観に屈せずに明るく生きていくっていう、
よくあるパターンなんだけど所々小技が効いている。

28 :名無シネマさん:2010/03/29(月) 17:55:18 ID:Z12aap0W
>>23みたいな2ch脳が映画板にもいたのか

まあともかく白い巨塔映画版はイマイチだったな
原作のダイジェスト版という感じだった

29 :名無シネマさん:2010/03/29(月) 20:16:13 ID:rtvjfIgf
>>23
君の言うことは正論だ!
負けるな!
頑張れ!
割り箸咥えて走り回れ!

30 :名無シネマさん:2010/03/29(月) 20:58:35 ID:tlm5huJg
シャイニング

いまひとつ盛り上がりに欠ける
死ぬのが二人で殺されたのが一人の割には盛り上がってるとは思うし
話にも引き込まれたけどやっぱラストはあっさりしてるし何か物足りないかなぁ
子供が正気に戻ってから失速したっていうか何かを期待してたのかも知れんが
結局「REDRUM(MURDER)」だけ?って思うがまああれはあれでいいんだろう
逃げてるシーンはホームアローンを彷彿とさせるけど子供が大人を直接的に
退治するのはなんか違うだろうし・・・
あと豚のマスク?の人がいたように思ったけどあれなに?

31 :名無シネマさん:2010/03/30(火) 10:34:08 ID:tdbcl9rn
>>23のディープインパクト評に吹いたw

この方は欠陥のない人間が平凡な状況で展開させる話なら共感できるらしいw

32 :名無シネマさん:2010/03/30(火) 15:40:45 ID:3s6PYKqv
いやどんなドラマであれ、共感したいという素直な気持ちで映画に向かってるんだよ

33 :名無シネマさん:2010/03/30(火) 20:29:42 ID:4sGlRgnb
カメレオン

途中から塩谷瞬の行動に理解不能な点が多い
金が無いから特ダネを売るってことなのかと思えば結構貯金あるし
バイクと対峙した時もなんでアノ対応なの?死を覚悟したってこと?
アクション周りも理解不能で余計なシーンが多い
特にピストル放棄の応酬シーンには思わず吹いた
細かい点を言い出したらきりが無いぐらい作りが雑に感じる
てか練り上げた結果がこれなんだろうか非常に疑問に思う

34 :名無シネマさん:2010/03/31(水) 19:29:05 ID:/3u92vcI
悲しいボーイフレンド

持ち出してくる過去のエピソードがショボすぎる
ある程度主人公に感情移入したとしても昌子の話が出てくると
結婚してて子供までいて心の病気で過去のボーイフレンドの話を
未練がましく娘にしていたってことになると何考えてんだ昌子は?
って思えて仕方ないし怒りさえおぼえてくる
昌子は結婚してても子供は出来なかった設定ぐらいにしないとダメだろ
で結局香奈って何者?って疑問でモヤモヤしたままなんだが

35 :名無シネマさん:2010/04/01(木) 01:40:40 ID:VTSSAe3J
「13F」 序盤分かり難い。 
映像ソフトに付いてる簡単な紹介文を読んでたので分からない事はなかったが
これを読まずに見た場合、何が進行してるのかよく分からないのではないかと思う。
それから全編に渡って引き込まれる部分の少ない魅力に乏しい作品に思えた。

SF映画などで、奇怪なクリーチャーや大仰な秘密兵器や玩具みたいな未来製品などが登場する度に
子供っぽいななどと思って内心批判的であったのだが、そういうものはとても重要な要素なのだと
いう事がよく分かった。この映画にはそういったものが殆ど登場しないのである。
唯一そういった魅力を備えてたのが、ヒロインの女優か。
最初に巨額の遺産相続をした令嬢としての登場時に、余り正統派の美人ではないなとは思ってたが、
まさかあんなにスーパーのレジ係が似合うなんて。ミラクルな変身機能を備えたクリーチャーのようで
抑制された地味な映像で進行する作品内で、そこが活きて光っていた。

作品テーマは、「世界はワンノブゼムでしかない仮想現実と同等なのである」といったようなもので
2010年の現在では少し今更感のある主題。またそれ故にわざわざ抑制された地味な演出にしてみせて、
「世界はよくある面白くもないひとつの仮想に過ぎないのさ」と言いたかったのかもしれない。
タイトルともなっている世界の鍵を握りそうな13Fに主人公が到達するシーンもあるのだが、そこでも
何か決定的で魅力的なやり取りは劇中になかったように思えた。
「マルコビッチの穴」の悪趣味、「ブレードランナー」の悲劇、「ガタカ」のスタイリッシュさ。どれもこれも
ないものだから見てて厳しいものがあった。作品テーマ的にわざとそうしてるのだと言えるのかもしれないけど。
ラストの完璧な嘘としての未来像のセピア色映像に、何故か「ノスタルジア」を思い出す。
そう言えば「ノスタルジア」に満ちていた執念と狂気もここにはないな。少し辛い映画だった。

36 :名無シネマさん:2010/04/01(木) 22:54:40 ID:/6/d0RIE
「ハートロッカー」
有名俳優が現れては消えするんだけど
出演時間の長さによらず、しっかり仕事するのが
良い俳優さんなんだなと思った
助演の黒人さんがハンサムでした

主人公を上官はヒーロー扱いするけれども、
一緒に動くチームから見ればとんでもない奴だったり
自分の言葉で誰かを死なせる結果になる兵士がパニクったり
それぞれのキャラクターがしっかり描写されていた。
ハリウッドで良い脚本と認められるには
それぞれの人物の行動が物語のコマではなく、
説得力があることが重要なんだと思った。

37 :名無シネマさん:2010/04/01(木) 23:54:01 ID:cxUBPDju
スリザー

ラストに向けてスリザー弱くなってねえか?
10億年生きてるって言ってる割にあっさりやられすぎ
だからこその大ラスにあれなんだろうけどもなんだかなぁ
ベタだけど交通事故のシーンで一番びっくりさせられた

38 :名無シネマさん:2010/04/02(金) 13:23:39 ID:G+ADsUG4
スター・ウォーズ エピソードX

ストーリー的に重要人物が出てきたり重大な事実が出てきたりで
盛り上がってるのはわかるが、映画としての山場がなかったように思う。
つなぎの感じが強いからしょうがないのかもしれないが、
それでもやはり、X単体でも一つの映画として観れるようにしてほしかった。
今作、ルークがいいとこなさすぎる。ハンソロが主役みたいだ。
レイアがなんかビッチに見えるのは自分だけだろうか。

39 :名無シネマさん:2010/04/02(金) 20:46:00 ID:IlGUCAds
キングダム・オブ・ヘブン

リドリー・スコットの画面構成、演出は非常に好きなので文句なし。
ストーリーや人間描写はおまけみたいなもんだし問題ない。
エドワード・ノートンの怪演は鳥肌モンだった。
表情なしの声だけであれほどの存在感を出せることに圧倒された。
これだけなら個人的には名作だった。
しかし、最大の欠点がオーランド・ブルーム。
貫禄なし、カリスマ性なし、存在感なし。
ロマンスもいらないね。
エドワード・ノートンが凄すぎたせいか分からないが、この人大根?
この際ボードワン4世を主役で作ってほしかった。

40 :名無シネマさん:2010/04/03(土) 18:03:38 ID:KRSInHy4
ソラニン

声量の乏しい女優に、歌で人々を感動させる役とかやらせるなよ。
そんなこと企画段階でわからないのか?

41 :名無シネマさん:2010/04/03(土) 20:42:49 ID:9ACKE9sH
抱擁のかけら

大人の映画 中年以降の人なら心が揺れる映画だ。
見る前はそれほど興味がなかったが、見てよかった。
人生はつらく淋しい。輝きもあれば影もアル。
風景の美しさが余計になぜか切なくなる。
セックスシーンもそこそこある。



たださ、脈絡もなく同性愛の人間が出てきたり、日本人からすると
非常に不思議だ。それとも、欧州では普通の感覚なんだろうか?
なくもんかとか、邦画はねたがないとオカマネタでごまかす印象があるので
せっかくすばらしい作品なのに、邦画のような無能なパターンだったら残念。

42 :名無シネマさん:2010/04/03(土) 21:28:49 ID:zo7PiiWn
ラフ
原作は知らないがありがちな話のオンパレードって感じ
ただそれ自身を否定するつもりは無いが演技か演出かキャストか
何に原因があるのか分からないが何をどう感じるべき作品なのか
さっぱりわかんねえ仕上がり
ハシゴ使うシーンはどっかの作品へのオマージュなんかね?

マーシャル博士の恐竜ランド
都合の良さがハンパねぇ
大人が真剣に悪ふざけするとこんな感じなんだろうって作品
見る側が真剣になると腹立つ気がしなくもないけど
「バカなことやってんなぁ」程度で見ると割と楽しめるのかも

デス・ルーム
中だるみ感が激しく途中でオチにも興味がなくなりかけた
そのオチもいまいちで意外性も少なめの印象
エロ・グロ強調の「世にも奇妙な物語」って感じがしなくもない

夜のピクニック
地味に大変そうなロケをしたことはなんとなくわかる
早い段階で二人の間柄を連想されるシーンを使ってる分だけ引っ張った
後にもうひとヤマないからどことなく物足りなさが残る
あとあそこでゴジラの足跡作るならミステリーサークル的処理も欲しかった

43 :名無シネマさん:2010/04/04(日) 08:37:46 ID:4jMVeVuV
ブッシュ(原題:W.)

オリバー・ストーンがブッシュを同じ大学出身で境遇も似ている自分に
引き寄せて描いてるため、描写は徹底して彼に同情的に寄り添ったものとなっているんだが、
そしてそれが逆説的にあまりに底冷えのする恐ろしい悲劇となっているのが面白い

要は責任感も見識もないくせに虚勢を張る糞ボンボンが政治のトップに立つと
碌なことにならないというお話。しかも周囲がどうしようもない無能ばかりだと
(後半各自が責任のなすりつけ合いをしている件は爆笑)一体どうなるか…
見ている間、ハンナ・アレントの言う「悪の凡庸さ」という言葉が思い浮かんだ

44 :名無シネマさん:2010/04/04(日) 17:46:45 ID:wJBpw7/M
ローズマリーの赤ちゃん

・あの飛び降り事故の女の子は、悪魔の受胎を失敗して
 突き落とされたの?

・これは妄想なの?現実なの?

・最初にかかった病院で、もう一度採血の約束をしていたが
 それは何のタメに?何かの伏線

45 :名無シネマさん:2010/04/04(日) 21:54:18 ID:NeLuYZOL
ジョーズ
観るのは久しぶりだが多分4,5回目ぐらいだと思う
観る媒体の違いからだろうか流れ星とラストを連想させるシーンの存在に初めて気づいたかも
いまさらだがBGMの使い方が効果的かつ印象的だなとつくづく思った

時をかける少女 (原田知世版)
終盤の作りがファンタジーからコメディになっててわろた
その崖どこだよ?とかほっぺたに墨塗っちゃったり撮影の合間にPV作ってみたけどどう?
って感じが斬新ちゃー斬新
ラストの再開のシーンはバタフライエフェクトを思い出した
この内容で尾道を舞台にしたのはトータルでマイナスになってる気がする

ザ・シューター 極大射程
コマンドーとゴルゴ13あたりのエッセンスを多少なりとも感じた
銃撃アクションよりも爆破の炎が印象的
ラスト警備が薄すぎる気がしなくも無いがアレぐらいあっさりでもスッキリできたしまあいいか

フリージア
とんでも設定のとんでも話
敵討ちで代理人とかお膳立てしての飛び道具使用とかダメだろ
設定を強引にでも納得させるエピソードでもあればもっと作品の世界感に引き込まれたかも
また樋口がなんで書類偽造してまで岩崎に敵討ちしたかったのかがしっくりこなかった

フライト・デスティネーション
途中から主人公がジャック・バウアーに見えて仕方なかった
ラストは色々理屈を考えるの面倒臭いからこんな感じで許してくれって臭いがした
それと大統領から命令受けて空軍に撃墜命令出せるSTCってどんな政府機関だよ

46 :名無シネマさん:2010/04/04(日) 23:20:36 ID:VLgddyNR
デッド オア アライブ

ゲロ映画。
ゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲロゲロな映画。
今村昌平ゆずりか真正面で捉えない雑然とした落ち着かない構図を多用。
そこに更に制御できない異物となる要素(=人物、物体、イメージ、意味など)を入れてくる。
だから終いには身体が受け付けずゲロ吐きそうになるといったように出来ている。
クレジットに脚本家の名前があって少し笑った。
全て思い付きで撮っており脚本らしいものはないのかと思ってたので。
そういえば物語の残滓のようなストーリー性の強い真面目なセリフがところどころに垣間見られたが
三池の映像によってズタボロにされてしまって、その本来まともなセリフが異物となってどこへも
辿り付けず彷徨っている。罰当たりな奴だ。三池。
以上のような作りになってる映画なので、有名な最後のトンデモ展開はある意味必然と言えるだろう。
映像の中の異物が極大化して作品自体を吹っ飛ばして破壊してエンド。
伝説の滅茶苦茶映画を見て気分はすっきりリフレッシュ!と目論んでたのだが、
そういう映画ではなかった。深酒して見なくてよかった。でなきゃ吐いてたかも。
撮り散らかしてるとも言えそうなフィルモグラフィーの疾走する三池としては心地よいのだろうが
見るほうは結構ダメージ来ちゃうよね。
嗚呼、ゲロゲロゲロゲ〜〜〜〜。

47 :名無シネマさん:2010/04/05(月) 00:24:33 ID:CC+P0MgP
ジュリー&ジュリア

正直、退屈な映画だった・・・
若い方の主役が未熟な性格過ぎる上にブログで料理なんて安易な目標が・・・
アメリカ人には受ける映画なのかな


シャネル&ストラヴィンスキー

退屈というほどではないけど、後半がわかりにくかったかな

48 :名無シネマさん:2010/04/05(月) 11:11:37 ID:wRocxSiC
007 死ぬのはやつらだ
007 ダイヤモンドは永遠に

敵が馬鹿杉て、かったるかった。
敵に対して、「なぜ007に銃を突きつけたら、すぐに撃たない?」とか、
「せめて気絶してる間に殺せよ」とか、「監禁するんだったら腕時計とか取り上げろよ」とか、
こういう疑問を持つ人間は、そもそも見ないほうがいいんだろうか?

49 :名無シネマさん:2010/04/05(月) 16:46:07 ID:G2baCkfT
大人は判ってくれない

辛すぎて最後まで観れませんでした。
理不尽で鬱。
走るシーンまでたどり着けませんでした。

50 :名無シネマさん:2010/04/05(月) 20:31:04 ID:/RT3461G
スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ

ツッコミどころ満載で無駄に複雑な設定にしてるような気がした
基本主人公一人ですべて対応する設定に無理がありすぎに思えた
公安の手先の石川梨華を裏切り者設定にする必要があったのか?
どちらかといえばあんな変身で対決するより潜伏がバレて捕まった
石川を助け協力して解決に向かう展開のほうが・・・
どうでもいいが室伏広治と必殺の京本政樹オマージュがあったような気がする
ついでにニューヨークであの化粧とマニキュアだと斉藤由貴は娼婦役なんかね?

51 :名無シネマさん:2010/04/06(火) 21:58:04 ID:j8WUp28A
アース
地球温暖化へのメッセージは別としてたまにはこういうのもいいなと思った
水中のシーンではなんか加工されているのかと思わせる部分もあったが
全体的に映像よりも音の方に感心したていうか映像の説得力を増す音が
表現されていたというべきか(ただBGMはもう少し控えめでもいい)
夜ライオンの群れに狙われたゾウのその後が異常に気になった

スキャナー・ダークリー
実写のアメコミ風加工なのか知らんがへんてこな画像処理が気になって
話がまるっきり頭に入ってこなかった
なぜか次も同じ罠に引っ掛かる自信がある

52 :名無シネマさん:2010/04/07(水) 02:15:20 ID:vT6L6M6x
フィリップ、君を愛してる!
馬鹿ップルの馬鹿な行状をただ眺めるだけの映画。
その馬鹿ップルをゲイカップルにしたことで、目先を変えたというだけ。
ジム・キャリーの詐欺師っぷりは板についてそれなりに魅力的だが、
軽度の池沼入ってるデブにしか見えないユアン・マクレガーはかなりキツイ。
ユアン・マクレガーはかつてイケメンだった、という記憶をもとに妄想できる
30〜40代高齢腐女子ぐらいにしか需要のなさそうな、かなりウンコな映画。
今年のワースト候補だな、こりゃ。


羅生門
シャンテで見てきた。デジタルリマスター化済みで画面もキレイ。
三船敏郎の存在感はただただ凄い。
そして京マチ子!可愛らしい感じの童顔なのに、
時折本当に人殺しそうな、背筋がぞっとする恐ろしい目つきをする。凄い。
こんな役者、いまの日本にゃいねーわ。
終戦後わずか5年後に作られた映画だと気づいて、
なるほど、戦火をくぐり抜けてきた連中は迫力が違うわ、と納得した。
いまの若い俳優使って撮ったら、黒澤といえど
こんな迫力のある作品は撮れないだろーな。

53 :名無シネマさん:2010/04/07(水) 17:22:38 ID:EEeCSSdQ
モーテル

離婚寸前の夫婦が寂れたモーテルで愛を取り戻すハートフルムービー。
ヒッチコック風の導入部から大脱走な中盤を経て迎えるエンディングで奇跡が起きる。
アメリカ映画に出てくるモーテルって内装は色々違うけど外観は全部同じだから妙にデジャブな映画だった。
キューザック主演のアイデンティティと同じくらいモーテルモーテルしている。
特典映像についているビデオのロング・バージョンは見れたもんじゃなく、
主演のルーク・ウィルソンがビル・ブルマンに見えて仕方なかった。

54 :名無シネマさん:2010/04/07(水) 20:32:53 ID:cJA5vbG9
空気人形

いいたい事は大半の人間も取替えのきくダッチワイフのような存在ってことなんかね
言葉の比喩に絡めた表現が若干鼻につく感じがしなくもない
「息を吹き込む」件がなぜああいう話の持っていき方なのか少し疑問が残った
結構印象的に林檎を使ってるように思ったけど何か意味があるんかな

55 :名無シネマさん:2010/04/08(木) 02:09:32 ID:dv7/1QBD
「ハムレット」
もうストーリーのパターンは世の中に出尽くしてるだろうし、無理して作らなくても名作古典を使えばよいじゃないか。
著作権切れててタダだし。こういう方針については基本的に大賛成。
と思って見始めたのだが、これがトンデモなかった。

イーサン・ホーク主演。舞台は西暦2000年の現代のニューヨーク。
デンマーク王→デンマーク社という有力企業の会長、ハムレット王子→その御曹司。
などと設定を上手く現代に移行させてるのだが、なんと台詞は殆ど全てシェークスピアの書いた台本通り!
大時代な古臭い表現や、現在の脚本ではあり得ない長台詞のオンパレード!
ハムレットの例の有名なセリフ「生きるべきか、死すべきか」はまだしも良いとしても、
「尼寺へ行け!」など(今時そんなの言わねーだろ!)も、当然そのままその通りに口に出して言われる。
ふざけてる訳でもパロディを狙った訳でもなく、大真面目に現代を舞台に台詞そのままでシェークスピア劇が
演じられている。異様だ。
最初面食らい、次につい笑い出してしまい、あきれ返った訳だが、そこまで到達するのが開始5分くらい。
後二時間映画続くのにどうしろっていうの。
余りにも無茶なので、それが時には皮肉な効果を生んでたり予期せぬ笑いを誘ったりもするのだが
基本的に見続けるのが困難。
仕方なしに、これはシェークスピア妄想という特殊な疾患に取り付かれた狂人の見てる悪夢なのだという設定を
無理やり捏造して見たりもしたのだが、それで特に面白くなるでなし。
映像は巧みで綺麗。ロケーションも美術もよく考えられている。俳優達は極めて真剣に重厚な演技を繰り出してくる。
しかし、頭痛が・・・。

類稀なる映像体験となると言えそうなので、興味のある方はどうぞ。
終いには、何だか自分が本当に狂人になってしまったような、そんな荒涼とした感覚に置き去りにされた気分に
なるのでそこらも要注意ね。うーん、強烈だった。

56 :名無シネマさん:2010/04/08(木) 02:15:15 ID:Kap64+JV
>>55
お前レビュー上手いなw
ぜひ見てみたくなったw

57 :名無シネマさん:2010/04/08(木) 02:27:08 ID:dv7/1QBD
>>56 心寒くなるっすよ。しかも脳に効いてくるような破壊力。
スクリーンで見る機会は殆どあり得ないとは思うけど、もしも初デートに誘った映画がこれだったら
多分そこで二人の関係は終了すると思います。マジで。どうぞお気をつけて。危険映画のひとつでしょ、これ。



58 :名無シネマさん:2010/04/08(木) 08:48:21 ID:LCBPk0DE
TAJOMARU

期待値が低かったのでそこそこ面白かった。特にショーケン


59 :名無シネマさん:2010/04/08(木) 12:20:45 ID:h/kVffL6
アリスインワンダーランド

ジョニーデップ&ティムバートンで不思議の国のアリス

不条理で不気味な世界を期待していたのに!!!

ディズニーの(悪い)魔法にかかったのかと思ったよ。

プリキュアみたいなお話だったから、幼児には面白いかも。


60 :名無シネマさん:2010/04/08(木) 20:16:39 ID:8hkyorsU
秋深き

寺ちゃんの頭のネジが外れてる感じがしてもひとつ感情移入できなかった
一度こうと思うと脇目も振らず盲進する寺ちゃんのキャラはわかるんだが…
何か一押し足りないのか素直に泣ける映画とまではいかなかった
泣ける演出はしてる感じだし観るときの気分次第では泣けるだろうと思う

61 :名無シネマさん:2010/04/08(木) 20:34:52 ID:5Uy/BY+a
>>59
自分もそういう不気味なの期待してたがそっちの方なのか

62 :名無シネマさん:2010/04/08(木) 21:37:38 ID:t/O3sqq5
>>55
バズラーマンのロミジュリもこんな感想になるよな。

63 :名無シネマさん:2010/04/09(金) 01:46:40 ID:RuTNR3Kh
「運動靴と金魚」
イラン映画。修理して貰って履こうとしてた妹の靴をなくしてから始まる少年の物語。
設定は貧しいし、5百円くらいの子供の靴を巡ってストーリー作ってどうするんだ?
と思いがちだが、これがちゃんと映画になっている。
子供達の脚の演技や描写が良い。歩く。走る。スキップするなど。
その妹である女の子が靴を水路に流してしまって追いかけるという中盤のシーンなどには
感心させられた。

「女のために宝物を獲得するために戦う男の話」というストーリーに分類できなくもないのだが、
銃撃戦もカーチェイスも当然そんなものは無く、最後に片田舎の子供マラソン大会で
その「宝物」(=運動靴)を獲得しようとする訳だ。
そのマラソンで走るフォームは持久走のそれではなく、こんなフォームだと長距離を
走れないだろうと思うのだが、手に汗握るといったスリリングな映像を作ることに成功している。
そこらのリアリティ重視から微妙にずらした演出も上手い。
よく戦った者だけが得られる軽い喪失感と安寧が疲れ果てた身体に訪れるといった
ラストの締めかたも秀逸。

虚飾に塗れたハリウッド作品などに比べると、少し寂しさを感じるかもしれないが
それを十分に噛み締めて、普段如何に刺激性ばかりを追求した暴力的映像に慣らされているかを
感じてみるのもよいかもしれない。

64 :名無シネマさん:2010/04/09(金) 04:44:04 ID:KehzU4f2
スター・ウォーズ エピソードT

面白かった。正直XやYより好き。
でもちょっとストーリーがご都合主義すぎるかな。アナキンの宇宙での活躍とか。
あとCGで描かれた宇宙人の挙動が、あざといというかわざとらしいというか。
ジャージャーは正直すべってる。
リアルの役者たちの演技もちょっとぎこちないというか、なんか噛み合ってない感じがする。
チャンバラシーンは旧3部作より断然スピーディーで迫力があった。
特にオビワンとダースモールの戦いはカッコよかった。

65 :名無シネマさん:2010/04/09(金) 08:53:44 ID:BKG79vQP
ロボゲイシャ

思ったよりグロも少なく前作(片腕マ〜)より爽やかな作りになってた

66 :名無シネマさん:2010/04/09(金) 11:32:28 ID:vYg6YM3W
ガン&スピリット
なんかシンシティぽいなぁみたいな。ただ面白いのかどうか判断しかねる。
面白いなら絶賛に値するしツマンネなら金返せ組かなぁ。
豆腐を買ったらプリンがサンドしてあったみたいな感じ。

67 :名無シネマさん:2010/04/09(金) 16:58:21 ID:kYbzD0Ny
シャッターアイランド

余りにストレート過ぎて伏線の張り方も露骨すぎる。結末分からない人が果たしているんだろうか。この結末でこの上映時間は長すぎる。正直かなり観ててだれてきたし。

68 :名無シネマさん:2010/04/09(金) 19:32:44 ID:/Eft72ZB
サイレン

主人公の謎が明かされるまでちょくちょく作りの不自然さを感じたが
謎が明らかになってある程度はそのワケも分かりスッキリできた
ただし怖さの演出に関しては瞬間ビクッとしても長続きしないし多くの
場面で笑わそうとしてるようにしか思えなかった
あらすじは嫌いじゃないけど演出の方向性がなんかしっくりこなかった

69 :名無シネマさん:2010/04/09(金) 20:09:57 ID:B+sT32gA
>>67 そうなん?
実は期待してたのに。


70 :名無シネマさん:2010/04/09(金) 21:44:25 ID:hD/LxY4F
96時間

このおっさんマジで容赦無しやで。
まるでアメリカのかおるちゃんや。

71 :名無シネマさん:2010/04/09(金) 21:50:07 ID:f43piP6I
かおるちゃんw

72 :名無シネマさん:2010/04/09(金) 22:12:48 ID:BKG79vQP
カイジ

単純で陳腐なゲームなのに 見入った
藤原竜也 パワーあるわ

73 :名無シネマさん:2010/04/09(金) 22:30:14 ID:aU2hkBkr
スターシップトゥルーパーズ3

前評判より楽しかった。
製作費の問題で映像的には粗雑だけど、1の精神を継承しようとする意識は好印象。
政治的宗教的ブラックジョークは好き嫌いあるかもしれないが、日本人には受け入れられやすいかな。
総司令官閣下の歌は最高だった。これだけは本当に一級品。

直前に見た同作2についてはかなり凹まされた。
見たことないけど、スピーシーズからエロと製作費を削ればああなるんだろうな。

74 :名無シネマさん:2010/04/09(金) 22:34:48 ID:3CO15wyF
明日初デートで映画見に行くんだけど今だとなにがいいかな?
来週公開のアリスまで待った方がいい?

75 :名無シネマさん:2010/04/09(金) 22:38:28 ID:ekJt0T1J
ソラニン

76 :名無シネマさん:2010/04/10(土) 00:33:59 ID:rNramZ5w
>>69
オチ自体は大したもんじゃないよ
むしろこの映画のキモは語り口と演出
(そういう意味では配給会社の宣伝は全くこの映画の本質を見誤ってる)

77 :名無シネマさん:2010/04/10(土) 07:58:58 ID:0I2PCx5F
>>75
え?まじ?

78 :名無シネマさん:2010/04/10(土) 08:13:50 ID:voqWROn4
リア充にはベストチョイス確定

79 :名無シネマさん:2010/04/10(土) 11:13:31 ID:r6dW1rsk
まあソラニンとかが無難なんじゃないか?観てないから何とも言えんが。

80 :名無シネマさん:2010/04/10(土) 11:41:51 ID:tqpqfLMA
自分ならデートを来週に変更して「アリスインワンダーランド」にする
洋画のほうが無難

81 :74:2010/04/10(土) 15:33:46 ID:0I2PCx5F
答えてくれたのにすみません
デート自体中止になりました><

82 :名無シネマさん:2010/04/10(土) 15:52:17 ID:Y4v7osxC
^^;

83 :名無シネマさん:2010/04/10(土) 18:44:30 ID:voqWROn4
リア充解除w

84 :名無シネマさん:2010/04/10(土) 20:08:13 ID:fC1gCKEQ
>>81
せっかく答えてもらったんだからお母さんと観に行けよ。

85 :名無シネマさん:2010/04/10(土) 20:23:26 ID:XyYtswKG
BALLAD 名もなき恋のうた

こまけぇこたぁいいんだよ精神を養う為の作品だなこりゃ
戦国時代を舞台にしてる割にゆるい展開が多いからかテーマになるような
メッセージもなんか弱いつーか平和ボケしてる感じがした

86 :名無シネマさん:2010/04/10(土) 22:36:35 ID:2hfQNnwM
12ラウンド

B級アクション映画借りたつもりが意外とA級アクションだった

87 :名無シネマさん:2010/04/11(日) 00:07:01 ID:BqSkB9AN
シャッターアイランド

結末は賛否両論みたいだけど
俺は面白かったよ

伏線やヒントの答え合わせ的なものがないから
一緒に行った人とあーでもないこーでもないって話が拡がるし
ホラー的なスリルも若干あるし
デートとかにはいいんじゃない?

見終わった後にも楽しめる映画は素晴らしいと思うよ

88 :名無シネマさん:2010/04/11(日) 02:08:08 ID:zYsb3eia
LAコンフィデンシャル

またケビン・スペイシーか!
どうせまたこいつが犯人だろうと思ってたら流石にそれはなかった。
同じく出演してるラッセル・クロウと顔立ちがちょっと似てて序版で混同しそうになった。
私は外人の顔の判別に弱い。

エルロイ原作の苦いストーリー。これ以上苦いとウケが悪くて映画化されにくいかな。
まあミスティックリバーみたいな例もあるか。ミスティック・・・よりはお話としてよくできてるので、
最後に不満が解消されないという展開ではなくて、そういう意味では安心して見れるかも。
オスカー他部門獲得だったと思うが、そんなに良いかと少し思ったりも。
床下含めての銃撃戦って映画描写で一時期流行ったのかな。インソムニアにもそういうシーンあったので。

89 :名無シネマさん:2010/04/11(日) 05:27:53 ID:1+ZG6d4S
バリー・リンドン

映像は文句なし、抜群に素晴らしかった。音楽も好き。
でも映画としては面白いとは思えなかった。
まず、さすがに3時間は長い。いらないエピソードはあると思うし、
とりとめのない場面も必要以上に丁寧に撮りすぎてる印象を受けた。
あと、「裏切って、成り上がって、没落する」バリーに感情移入できなかった。
正直、バリー・リンドンの人生は映画にするほどのものだろうか?
継子であるバリンドンの「虐待されてからバリーに決闘を申し込むまでの人生」を
撮った方が面白いんじゃないかとすら思ってしまった。

90 :名無シネマさん:2010/04/11(日) 15:19:06 ID:0tuByhxh
カポーティ

逮捕された殺人犯ペリーの死刑を遅らせるために最高の弁護士を用意し、
面会に行けば親身になって付き合うが、それらはすべて小説の執筆のためであり、
事件の話を聞きだすためにあらゆる嘘をつく。カポーティはそういう作家の映画だ。
ペリーは自分を題材に書かれた小説が死刑判決を覆すものになると信じ、
足しげく面会に通ってくれる作家に対して心を開いていく。
刑務所の中にいたペリーにとっては、そこで接したカポーティの姿以外を知り様がないが、
カポーティにとってペリーの前で見せる顔は状況に応じて使い分ける人格の一つに過ぎない。
ところが、ペリーの死刑が近づくにつれて、彼の前で見せていた自分にカポーティは追い詰められる。
結果としてこれがカポーティ最後の作品になる。その後は一冊も完成させることが出来なかった。
二時間近い映画のうえカポーティという作家について愛着がないと結構辛い映画だろう。
見苦しい裸体ともっぱらの評判であるシーモア・ホフマンの演技は大したもんだが、
原作つきの映画の常で原作の情報量を映画の限られた尺でさばき切れる分けがなく個人的には物足りなかった。

91 :名無シネマさん:2010/04/11(日) 20:12:09 ID:qQe1KCMu
プライベートライアン

久しぶりに見たが、やはり第二次大戦映画の最高傑作の一つだ。軍用車両もリアルでミリオタも満足。

92 :名無シネマさん:2010/04/11(日) 21:31:25 ID:RWoPO8Uo
アポカリプト
なんか話半分で終わった気がする
追跡中にコイツ逃がしたら大変なことになるみたいなこと言っといて
あのエンディングではハァ?って感じ
オープニングの言葉と作品で描いている内容も噛み合ってないような

キラー・ヴァージンロード
泣かせる部分といっていいのか怪しすぎるが泣かせるための材料が
ごっそり欠け落ちてる感じがしてじいさんとのあのシーンは正直白けた
笑いに関してもピンポイントでツボにはまるところはあったが
総じてついていけなかった

93 :名無シネマさん:2010/04/11(日) 22:10:11 ID:HTLeNG5k
88ミニッツ
アル・パチーノが出てるからレンタルしたが、正直設定が無理やりすぎる。こんな脚本に出演よくOKしたなと思う。

94 :名無シネマさん:2010/04/11(日) 23:07:54 ID:wpC6hQUg
半落ち

雰囲気や役者さんの演技は良かったんだけど、どーにもすっきりしない映画だった
妻が壊れてるシーンはもっと悲壮感があった方がよかったような
息子の死を認めない、程度で殺してくれと言われてもなかなか殺せんよな
それで、最後まで観ても理解できない点が一つあったんだけど
51歳まで生きて、ドナー提供をギリギリまでしたかったというのと
ラーメン屋の子供と会うのを隠したのは何か関係あるの?
提供した相手と会ったのがバレたら、もう提供することが出来ないとか?
もしそうなら、弁護士や検事が執拗に真実を話すよう勧めた理由がないと思う。
それを明らかにしたって刑が軽くなるわけじゃないし、
梶の希望に沿う道でもない。

95 :名無シネマさん:2010/04/12(月) 00:48:57 ID:XIxwFy7M
>>53
あれハートフルムービーだったのかw
ずっとただのがっかりホラーだと思ってたけど見方変わった
特典映像の趣味の悪さには超同意

96 :名無シネマさん:2010/04/12(月) 07:58:45 ID:0jXBCu9X
アメリカンギャングスター
金のかかった史実再現ドラマ。GEO100円レンタルなので評価は甘いけれど、まぁまぁ満足ってところかな。。

97 :名無シネマさん:2010/04/12(月) 12:03:32 ID:u8i5rwQG
BALLAD

話の展開がノロく淡々としていて子役がウザい
エンディングよかった

98 :名無シネマさん:2010/04/12(月) 20:16:57 ID:FSt3yq/3
天使の卵

春妃がとことん医者にみえないから作品の世界に全然入り込めない
医者の設定である必然性も感じないがどうしてもそうあるべきなら
もっと丁寧に心理描写等してもらいたい

99 :名無シネマさん:2010/04/12(月) 21:45:52 ID:SKf40XT1
天使にラブソングを、天使にラブソングを2

この間テレビでやってたのを見てDVDで観なおした
DVDの吹き替えと翻訳は正直最悪
ロードショー版は完璧
1も2も面白いけど2の方が曲好きでテンション上がるから良よく観る

100 :名無シネマさん:2010/04/12(月) 22:36:10 ID:C+pzpkKU
第9地区

想像以上にグロい。PG12で大丈夫か?
途中、苦手な「ザ フライ」以上の描写があって、
ちょっと引く。ラストが素晴らしい。
あのラストが無ければ、浮かばれないよな。


101 :名無シネマさん:2010/04/12(月) 22:40:52 ID:OIe673Yo
本国でも12歳からなのかな

102 :名無シネマさん:2010/04/12(月) 23:00:30 ID:6I+zvX6/
アメリカではR指定

103 :名無シネマさん:2010/04/13(火) 01:06:08 ID:F+InnYR7
第9地区

物凄く面白かった
エビの質感が凄い
続編は作らないでほしい

104 :名無シネマさん:2010/04/13(火) 01:16:58 ID:ZgEuMB9A
櫻の園(リメイク)

主人公が音楽の道をあきらめて女子高に転入してくるという設定に
意味があるのか。そこの部分の葛藤が演じられていないから櫻の園の
台本をみつけて演劇を始めるのが唐突すぎる。他の女子生徒なんかも
自分のコンプレックスを台詞で説明しているだけなので感情移入できない。
思えば前作はそれを各自が体現してたような気がする。時代が違うからか。

悪くはないけど元の作品が傑作すぎたのではないだろうか。

105 :名無シネマさん:2010/04/13(火) 02:50:58 ID:LaTKUr/c
「ヨーロッパ」
ラース・フォン・トリアー作品。
催眠術的語りから始まる。二人称小説のような語り口でその催眠術的語りはその後も作品中に繰り返され
各場面説明の導入ナレーターのように使用される。
モノクロに僅かなカラーパートを入れるといった重苦しい構成。
カラー部分は何かの決まりごとがあってそうされてるのかとずっと考え続けてたのだが
単なる印象の強い場面をそうしたのではないかと、浅はかに結論付けてしまった。
(死ぬ時に脳内を駆け巡る走馬灯の中に色付きで思い出した部分があったという訳だよ、などが正解なのかな)
催眠術的語りは主人公と同化させて感情移入強化や映像を実体験に近づけようとするための試みか。

背景となる設定は第二次大戦終結した降伏直後のドイツ。ぶりかえし燻るナチス残党の蠢き。
テーマは、第二次世界大戦時のドイツを素材として戦争という病を追体験させる事なのかな。
人狼(じんろう)と呼ばれる戦後既にテロ組織員となってしまった戦中のドイツ体制派が印象的に使われている。
押井の関わった「人狼」はこれに影響されている所もあったりもするのかな。作品の時系列知らないけど。
押井の好きな映像や設定でもあるような気がした。優れた演出や独特の美意識による秀でたシーンも各所にある。
ラストはこれまた、「結局これがしたかったのね」と思える
「君達、これは出口なしの映像体験だから。欧州に閉じ込められてそしてもう抜け出る事はできないのさ」とでも
言いたげなナレーションで終わる。
何もそんなことまでしなくていいじゃないかと思えるのだが、もうそういう人なんだから仕方ないんでしょうね。
トリアー監督。監督は数年前に重い鬱病になってしまったらしいが、
鬱病で氏ねとか思ってた人も多いのではないかと思う。闘病生活抜け出せたかどうかよく知らないけど。

106 :名無シネマさん:2010/04/13(火) 09:56:35 ID:2z6yRdvZ
新作の「アンチ・クライスト」は現時点で日本での公開が不可能らしいね
日頃表現の自由云々してる人はこの映画にも関心払って欲しいなぁ…とは言わないけど、
誰か何とかして欲しい

107 :名無シネマさん:2010/04/13(火) 10:11:07 ID:u8doDVHe
>>106
面白そうだが日本で無理って一体どんな…

108 :名無シネマさん:2010/04/13(火) 10:24:36 ID:2z6yRdvZ
多分セックス描写だろうね

109 :名無シネマさん:2010/04/13(火) 11:26:49 ID:vf6taylL
当時スクリーンの3分の2以上にボカシが入ったカリギュラでも公開されたぞw

110 :名無シネマさん:2010/04/13(火) 16:22:48 ID:Qdu9ztsr
ギャスパー・ノエがインタビューで日本と韓国はレーティング厳し過ぎるって愚痴ってたのを思い出した

111 :名無シネマさん:2010/04/13(火) 20:22:49 ID:0hZKdlOe
バベルは凛子のマンコ丸出しもあったが普通に日本国内で上映されたんだけどね。
アンチクライストは挿入しまくりやオナニー丸出しやもっと強烈な残酷性描写もあるようで
無傷での日本公開は現段階では難しいのかもね。
カンヌでは最低映画だと断定したとも言える判断をしていながら、
その一方でしつこい程の性器むきだしシーンの連続を身体を張って演じきった女優には
その労苦を労ってか主演女優賞を与えてたようだ。
そこらも如何なものかと思わないでもない。

112 :名無シネマさん:2010/04/13(火) 20:51:56 ID:2z6yRdvZ
トリアーの映画では最高傑作という評もあるね
まぁハードコアな性描写のある映画は日本では一般公開NGだから
相当な修正加えた形でしか公開は無理だろう

113 :名無シネマさん:2010/04/14(水) 03:18:02 ID:YynzQYeP
ゴッドファーザー パートU

長いし、やはり暴力で何事も解決するマフィアに感情移入できない。
若き日のヴィトも所詮コソ泥上がりの悪党だし、
マイケルはマイケルで小物感漂う心の狭い男。
でもフレドは好き。ラストの回想もちょっとグッときた。

114 :名無シネマさん:2010/04/14(水) 04:54:07 ID:PRS8rfCe
第9地区

ちと乱暴な仕分け方だが、
「スターシップ・トゥルーパーズ」が好きな人はツボだと思う。
後半はまさかの熱い男泣き展開になっていってウルウルしてしまった。

それに、ヨハネスブルグの街に異質な宇宙船が浮かんで
ひとつの美しい風景になってるのを大画面で観られて良かった。

人間「オジサンとかくれんぼしようか?」(台詞うろおぼえ)
子エビ「しようしよう!」
・・・・・・子エビ〜、かわいーじゃねーかw

115 :名無シネマさん:2010/04/14(水) 09:38:06 ID:AyW4ad3f
ロボゲイシャ

くだらねぇーーーーくだらないが、最高v
夜中に友達と観たが、大爆笑でした
個人的には、どストライクだったが、「ギリギリデートで使える映画」の触れ込みは、正直どうかと思うw

B級映画は、やっぱり良いねと思わせてくれる作品でした



116 :名無シネマさん:2010/04/14(水) 11:08:50 ID:I0RvTOvP
>>105
あの人はほんとにリスクを冒して表現する芸術家だから
その闘いの真の評価がなされることを願うよ


117 :名無シネマさん:2010/04/14(水) 12:59:18 ID:g8OUgMoP
MR.ビーンカンヌで大迷惑
くじで当たった旅行でカンヌに行くことになったビーンが
旅の途中で巻き起こす珍騒動。ビデオ撮影を頼んだために、
乗り遅れた父親と、ビーンと列車に残ったはぐれた息子。
かわいそうに思って助けようと…まではよかったんだが、
 
 テレビ版はすごく面白いのに、映画版はいずれもつまらない
人迷惑になっていることを、笑いと勘違いしてるんだよね
ビーンの面白さは、普通の人と違う価値観それと物に対する
こだわり執着、これを追及しなくては
こんな映画ならだれがやっても同じだよ

118 :名無シネマさん:2010/04/15(木) 01:46:19 ID:FMP+Au7/
シャッターアイランド

ま、オチは誰も読めるよね、
あの状況ならアレ以外じゃ成立しないもんね。
しかし、だからと言って出来が悪いと言う事ではなく、巨匠スコセッシの演出をたっぷり堪能。
ホラー的要素がふんだんに取り入れられてるが、これが素晴らしい演出、下手なホラーより全然怖い。
ナチス収容所の件の空気感も素晴らしい暗欝感。その中でハラハラと舞う紙や雪のなんともいえぬ無常感。
そしてタルコフスキーを髣髴させる火や水を使った画。
極端に言えばチープなストーリーともいえるし、ミステリーとしても2流。
が、そんなベースなのにもかかわらず、素晴らしいかった。
まさに「映画力」も持った作品だったな。

スタッフロールで気づいたが、ザ・バンドのロビーロ・バートソン音楽がやってたのね。
どーりで普通の作曲家のスコアとは一味違ってたわけだ。ラストワルツを見直そうw
そうそう、名探偵モンクのストットルマイヤーことテッドレビンが出てたな、
モンクのテイストと全く感じが違う芝居、この人懐深くてホントいい役者だ。

119 :名無シネマさん:2010/04/15(木) 14:24:04 ID:NP6FnlN2
ロビーロ・バートソン(笑)

120 :名無シネマさん:2010/04/15(木) 15:24:00 ID:FMP+Au7/
ああスマン、タイプミスだったw

121 :名無シネマさん:2010/04/15(木) 21:44:37 ID:cz1XhMzy
マリッジリング
劇的修羅場や感情をむきだしにする場面が無い分リアリティがあるかなぁ
指輪外したあとのカッコ悪さがいい感じで表現されてたと思う
作品としての平熱が低いから程好く感情の起伏が伝わってきたが
ラストはもうちょい工夫して欲しかった

クヒオ大佐
序盤に運任せではあるがそれなりの詐欺テクニックをみせて引き付けつつ
ちょっとの躓きでガタガタになり詐欺師としての程度の低さを感じさせ
終盤に掛けて軽く伏線回収もしながら主役の内面を表現てな感じ?
まあ悪くはないけど単なるコメディでもなさそうだし女性が騙されるだけの
魅力がもうちょい伝わってきてもよかったような

122 :名無シネマさん:2010/04/15(木) 22:39:58 ID:LUptgEB6
シャッターアイランド

「世にも不思議な物語」程度の話を2時間以上引き伸ばしてオチがあれか・・・
不思議な出来事はすべて主人公の頭の中の妄想でしたって、一番安易だ。
俳優人の熱演が悲しい。荒涼とした島の風景も、とってつけたように美しい
病院の庭も、とてもよかったのに。
連れといっしょに来たはずが「一人でしたよ」と言われる場面とか
こんなありがちなセリフを聞くことになるとは思わなかった。がっくり。


123 :名無シネマさん:2010/04/16(金) 00:16:33 ID:4d+8JHBO
「第9地区」
オスカー候補作拡大の恩恵は理解できるが、それでも作品賞候補に上る程の映画か?
エイリアン隔離がアパルトヘイトとか、ファシズムのメタファーだから?
それ深読みとちゃうん?エイリアンが来たらあのぐらいの対応は当然じゃないのかと思う。
よって、現実社会に対する問題提起とあまり感じなかった。
アパルト撤廃後のガチ南ア映画のインビクタスが作品賞候補にならなかったのは皮肉w

ま、そんな話は2の次として、B級映画としてはソコソコ楽しめる作品。
登場人物のエゴのぶつかりあい、しかしここ一番で見せる男気、
エイリアン仕様の武器デザイン、そして外道はトコトン外道w
掃き溜めの街、ヨハネスブルグにこれらが全てぶち込まれ、いい具合に煮込まれた作品w

しかし致命的に気になる点も・・・今流行りのドキュメっぽくハンディで撮ってるの画像は粗い。
それが作風にマッチしていい感じ・・・ではあるが、
鮮明じゃない画のため、エビの細かい造形をよく観察したいオレにはストレスに感じる事も。
更によく観察したいロボスーツのメカニカルな動き、あのスーツのCGの作りこみ具合は中々のモノ。
関節駆動系の動きがセクシーなほどスムースに動き、しなやか動きでアクションを見せる。
しかし、ハンディ調の粗い画面、シャープな画で見たかったな。

124 :名無シネマさん:2010/04/16(金) 00:22:11 ID:1yfXaTaD
問題定期とかでもなんでもなくて、
故郷を舞台にSF映画撮りましたって感じだった。>第9地区

125 :名無シネマさん:2010/04/16(金) 08:53:19 ID:yibvsy20
面白そうだなw

126 :名無シネマさん:2010/04/16(金) 16:39:30 ID:VcmX4seQ
シャッターアイランドって原作だと事件は前振りで、
真相が明かされた後に本当の問題が浮上して一番の盛り上がりを迎えるんだが映画は違うみたいだな。

127 :名無シネマさん:2010/04/16(金) 21:18:07 ID:c7vhY1Ex
>>126 原作は最終部分は袋閉じといったような製本になってたそうだが
その部分がそうだったの?
で、映画はその肝心な部分がなし?


128 :名無シネマさん:2010/04/16(金) 22:13:06 ID:QNHUo5Zq
アフター・インパクト

災害シミュレーションと群像劇って作り?
ひょっとしてこれは・・・と途中まで思ったが
やっぱこれかよのお決まりラストでがっくし

129 :名無シネマさん:2010/04/16(金) 23:40:14 ID:AbZbLBpH
スターウォーズ エピソードU

つまらなくも、特別面白くもなかった。
視点がコロコロ変わって、感情移入しづらかった。
アクションは前作よりもっさりしていた気がする。
でもヨーダ対ドゥークー伯爵の一騎打ちは見応えがあった。
あのドラゴンボールなみのフォースバトルはどうかと思ったが。

130 :名無シネマさん:2010/04/17(土) 19:58:36 ID:n1QxZJ1F
カイジ 人生逆転ゲーム
この前提でやるならグレーゾーン金利とかが話題になる前に製作しないと
いつの時代のどこの話だよって感じでなにやってんの?ってまず呆れた
車に八つ当たりする性格の奴があんな風に偽善者ぶられてもなぁ
あと橋の上辺りからの演説台詞もなんかクドイ
通常脇の甘いカイジがあんなに勝負強くなる…今までなにやってたんだよとか
考えると結局この作品で何が言いたいんだ?ってことになるような

サイン・オブ・デス
カミーユイラネ
ラストをそれっぽく作るためだけに登場させてる感じがしなくもない
そんなラスト以外はちょっと尻すぼみ感が無くは無いがまあ許せる範囲かな

ニライカナイからの手紙
結構早い段階でギミックの見当はついたし普通に予想できる範囲の話から
抜け出せてないから製作された時期と重ね合わせると郵便ネットワーク擁護
作品に見えて仕方なかった
冒頭タイトル表示直後の2ショットの近さでいきなりコケそうになったりするが
まあ色々深く考えなければ泣ける作品だとは思う

戦慄迷宮
話で理解不能な点は主人公の精神状態からってことでまあ許容できるが全然怖くね
3D用に闇を明るくしてるから(?)だろうけどあんなにはっきり見えると
怖さ激減でげんなりした

131 :名無シネマさん:2010/04/17(土) 20:38:37 ID:jTEofvoF
シャッター・アイランド
本編前にあんだけ期待させるからワクテカして観たのに…
金返せとは言わんし、面白いことは面白かったけど、あれだけ期待を煽る内容ではないな

132 :名無シネマさん:2010/04/17(土) 23:07:55 ID:E6+x9EiX
ニセ札
面白そうな題材なのに、いま一つ盛り上がらない。
倍賞美津子や段田安則は流石に演技達者だが、
同じシーンで絡むインパルス板倉の芝居は下手過ぎ。映画の雰囲気ぶち壊し。
倍賞・段田クラスのキャスティングするなら、板倉より上手い役者、
板倉ありきなら、同じくらい下手な奴使えば、まだマシだったかもw

ま、映画の問題は役者よりも煮詰めない脚本が原因だろうけど。
倍賞の犯行に加わる変心ぶりは判る、計画実行中も僅かだが村の窮状は描写される。
で、それらを踏まえての裁判になるわけだが、どーも問題提起に具体性が欠ける。
しまいには倍賞が「だんだん面白くなってきた」ってなんだそれ?
社会批判とか戦争批判とか、手におえなくなって投げ出した脚本、100分付き合って得るものなし。

素人監督キムはこれと言って特筆すべき個性がなく、当り障りのない単調な演出。
結果がビーンボールや暴投でも、松本仁志の変化球のような映画の方が
次もバッターボックス立ちたいと思うな。

133 :名無シネマさん:2010/04/17(土) 23:58:47 ID:CyQ3pNZg
「ヒューゴ プール」
物凄く良くできてるのだが、それは一般的な映画として見た場合ではなくて
これを亡き妻追悼の極私的映像と捉えて見た場合。
ルー・ゲーリック病(全身麻痺が進行していく筋萎縮系の難病)で36歳の若さで他界した妻に
監督が捧げた作品。
監督の息子はロバート・ダウニーJrで、この作品内にもフザケた映画監督役として登場。
プール清掃人の女性主人公とルー・ゲーリック病の青年を除く、ほぼ全ての登場人物が
デタラメな奴等ばかり。そのまともな二人に難病で亡くなった監督の妻の存在が仮託されており、
今日も続く乱痴気騒ぎのような騒々しいこの世の出来事をふざけた調子で描きながら、妻の魂を
天国へと送り出そうとしている。だからそこで描写される人々はおかしくて残酷で、そして哀しい。
箱庭療法(と言っても実際どうやるのかよく知らないが)か何かみたいに、映画を作る事で悲しみを整理し、
妻の死によってもたらされた自分の精神内の混乱と喪失を乗り切ろうとしているような映像作品となっている。
一般的なコメディ映画として見た場合余り出来が良くないように見えるのだが、上記のような視点で見ると
それぞれ全てのシーンが細々とよく理解できるようになっている。
鑑賞後にゆっくりとこの映画を脳内で反芻してみて、それが細部までそのように作られた映像であったと
確かめられた時に、思わず涙してしまった。
そんな一般コメディを装った極私的作品を一般公開するというのもどうかとも思うが、
鑑賞後に再び思い出し理解し直して不意に悲しみが襲うという珍しい体験ができた映画だった。

134 :名無シネマさん:2010/04/18(日) 00:22:42 ID:O8K69Pr5
>>133
へえー

135 :名無シネマさん:2010/04/18(日) 01:17:18 ID:KkJttuZe
>>133 あなたのレビュー自体がとても面白かった
普段から良いものを鑑賞されているんでしょうね

136 :名無シネマさん:2010/04/18(日) 02:50:29 ID:LLYj4QWQ
>>133のレビュー見て興味持ってDISCASの予約リストに突っ込もうと思ったら取り扱ってNEEEEEE!!
なんたること。

137 :名無シネマさん:2010/04/18(日) 23:33:56 ID:+DDt5rKL
アイ アム レジェンド

さっきTVでやってた。
どうやったらこんなヒドイ映画ができるんだ?
全体の仕上がり具合としては、なんとなくだが映画「ザ・コア」に似ている。
企画段階で落とすという事はできなかったのか。
何でもいいから誤魔化して企画通して予算獲得、後は可能な限り手抜きしまくって
その差額を裏でポケットに入れたのではないかと思ってしまうヒドイ作品。
ダメ映画になりやすい法則が導けそうだったが、余りのヒドさに分析はヤメ。ああヒドかった。
 

138 :名無シネマさん:2010/04/19(月) 00:03:47 ID:DK8j0joo
>>137
元ネタの原作・映画がある事実を知っておく事をオススメする。

139 :名無シネマさん:2010/04/19(月) 00:08:39 ID:D9a3JEP8
ゴダールのマリア

マリアの処女懐胎が、実は単なる浮気でヨセフは寝取られマゾ属性なんて・・・そりゃローマも怒るわw
前半の「マリアの本」は切ないお話だった。前半のマリアは可愛い切なく、後半のマリアはエロかった・・

140 :名無シネマさん:2010/04/19(月) 00:11:53 ID:ayEKGPCq
>>137
DVDにはもう一つのラストが収録されてて、
本来構想され撮影されていた(が、試写後変更された)結末が見れる

141 :名無シネマさん:2010/04/19(月) 00:30:24 ID:oXwRmwAQ
ファイナルデッドサーキット

このシリーズ1から4まで短期間で見たが
2が一番よかった

142 :名無シネマさん:2010/04/19(月) 01:08:23 ID:oQy5GuEV
うた魂♪
合唱見たとき誰もが抱いたことがある疑問に一応の答えを出した上で
話を展開したこともありいい感じに作品の世界に入っていけた
十分良かったけどラストのセリフを言いたいだけだろ?の最後の歌はやりすぎ

ミクロの決死圏
縮小した物は60分で元のサイズに戻るって設定なのに体内で分解されたらOKとか
ツッコミたくなるところはいくつかあったが描きたかったのは体内の構造とか
みたいだし半世紀近く前に作られたことを考えれば見ごたえのある作品だと思った

20世紀少年 第2章 最後の希望
第1章観てからしばらく時間があったせいもあるがまだそれひっぱるんだ?って感じ
分かってしまえば大したことじゃないのは薄々感じるが続けて最終章みるか・・・

20世紀少年 最終章 ぼくらの旗
なんとなくそうだったんだ的結論になってるけどあんな経験してればそもそもの
勘違いはしないはずで…ケンジがともだちランドで過去の出来事に介入することに
よって神になったってことで納得しておこう
全編に渡って謎解きメインだった印象だし単体で見たら不完全っぽく感じるが
といって三部構成で長時間に渡って描くほどの内容ではなかったような

143 :名無シネマさん:2010/04/19(月) 09:16:48 ID:dsHRIpoT
アルカトラズからの脱出
とある漫画で脱走の話をやってるので興味が湧いて
久々に借りてきたがなかなか面白かった さすが名作!
ジャッカルの日のようなドキュメンタリーチックな演出と
BGMを全く使わない演出が一気に引き込まれた
以前途中まで見て「つまんね」と思って返却した自分が馬鹿らしい

144 :名無シネマさん:2010/04/19(月) 10:21:25 ID:6NYf2vK9
『GOEMON』
こんな馬鹿映画を作れるなら邦画はまだ大丈夫だなぁと思った
NINJAすげー

145 :名無シネマさん:2010/04/19(月) 12:41:26 ID:Xe+khap8
2001年宇宙の旅

2度目の鑑賞だが、映画に娯楽を求める自分にとって、
最初に観たときは「もう二度と観ない」とすら思ってしまった作品だが、
なぜか無性に観たくなって借りてしまった。
やはり圧倒的な映像美と完璧に構築された独特の世界観が素晴らしい。

146 :名無シネマさん:2010/04/19(月) 16:26:54 ID:UOWd9YxP
平凡ポンチ

ジョージ朝倉の漫画が原作。
連載してるとき楽しく読んでたけど、映像になるときつい・・・

147 :名無シネマさん:2010/04/19(月) 21:38:28 ID:dKDRTeTF
ミクロの決死圏
映像とかアイデアは凄いと思うけど古い映画だからか
最初から最後までトラブル発生→解決、の繰り返しだけだから途中で冷めた。
血管の中や耳の中を冒険できて面白かったけどね。

148 :名無シネマさん:2010/04/20(火) 14:09:22 ID:kcUMONzI
『影の軍隊』(1969年、仏、ジャン・ピエール・メルヴィル監督)
先日、BS2かBShiで、深夜放送したので、久しぶりに録画・再観した。

この映画を始めて観たときの、この映画の「ひんやりとした感触」が忘れ
がたかったので、再観する気になったのだが、再観して、やはり、この
映画の「冷たい透明な感覚」を再確認し、小生には珍しく、最後まで観て
しまった。

地下組織の<ボス・リュック・ジャルディ(F・ムーリッス)かな>の著作が
数学の著作であるというところなどが、いかにもフランスという感じがした。

「数学」と「地下組織」という組み合わせは、この映画の主題と、
なんとなくマッチしていて、この点も小生は気に入った。
(つまり、一切の「妥協」を許さない「冷徹さ」という意味において。)

この映画は実話に基づいているのかどうか知らないが、たぶん、
似たようなことが、現実に行われていたのだろう。

この映画の最後で紹介される、この地下組織者たちの最期には慄然と
させられ、深い闇を見せられるような余韻が、いつまでも残る。
****
以下は音楽の話だが、BS2のクラシック倶楽部で、アウシュビッツ
のガス室で殺された人が作曲した音楽が、先日、演奏された。
この曲を聴きながら、なんとなく、この映画を連想したりした。


149 :名無シネマさん:2010/04/20(火) 14:40:41 ID:c40Pppxv
ディセント

閉所恐怖症の人は見ない方がいいわ

150 :名無シネマさん:2010/04/20(火) 17:02:20 ID:5s+caacO
「ディセント」はワイヤーで手のひらザックリシーンがすごく痛かった

めっちゃ痛いけど手を放せば友だちが谷底に落ちちゃうし、
でもその友だちとは本当に仲がいいわけじゃないしって、見ていて鬱

女の集団が悲劇に見舞われるのはつらい(男だとそうでもないんだけど)

151 :名無シネマさん:2010/04/20(火) 21:10:59 ID:kXUQZqZB
ターミナル
悪くはないんだけどどことなくしっくりこない
エピソードの一個一個がアメリカなら場合によっちゃーあるのかな?みたいな
ものの積み重ねで出来てるからか全体でみるとどうもひっかかるものがある
まあコメディ要素の入ったファンタジーと割り切ればいいんだろうが
そうするとオチ(渡米目的とか)に力不足な感じがするし・・・

519号室
なんかようわからん
助けを求めてるかと思ったらスッと部屋に帰っていったりする前振りとか
関与が薄い修理工場の奴を追い詰めたり
霊魂らしきもののやりたいことがラストに表現されてるとしたらそれまでの
行動で理解に苦しむところが多いからそれでいいんか?って感じ
なんとなく戒めみたいなものも描こうとしてる感じがするけど作りが雑すぎの印象

152 :名無シネマさん:2010/04/21(水) 06:20:34 ID:i6TnqAB7
『夜と霧』(1955仏アラン・レネ監督)

(「今日みた映画」ではなく、このスレッドには不適かも知れないが、その点、失敬)

148の書き込みをした後、この映画を思い出した。インターネットで調べたら
日本公開は1961年だから、小生が観たのは1970年代の後半だったのだろう。

ドキュメンタリー映画の故もあって、強烈な衝撃だった。人間という動物は、
ここまで、やってしまう存在なのか、と暗然とさせられたものだった。

現在では、TV等で、ドイツ強制収容所での実態は紹介されたりしているので、
我々には、ある種の「慣れ」ができており、あまり驚かなくなってしまって
いるような気がするが、この映画の公開当時での、ショックは忘れがたい。

ヴィクトール・E・フランクル『夜と霧 ドイツ強制収容所の体験記録』
も読んだ記憶があるのだが、やはり映像のほうが強烈な故か、本のほうは
今は、あまり記憶していない。





153 :名無シネマさん:2010/04/21(水) 11:54:47 ID:osfjuzvL
前作が共に好きだったので、昨日「ディセント2」と「REC/レック2」見た。
レック2は悪魔憑きの設定が失笑を誘うが、それでも楽しめる範疇でした。

掘り出し物は「ディセント2」で、期待以上によかった。
しっかりと前作のつづきで、ラストはちょっとウルっとさせその後・・・
>149-150 にお勧めする


154 :名無シネマさん:2010/04/21(水) 17:19:55 ID:vBEn2xoW
ゴッドファーザー パートV

メアリー(ソフィア・コッポラ)が悪い意味で浮いてる。
全然綺麗じゃないし、演技も上手いとは思えない。
内容も、胸糞悪いラストで全然感情移入できない。

155 :名無シネマさん:2010/04/21(水) 17:23:31 ID:qpOOoGmq
ウィノナ・ライダーが病気にならず無事に出演してたら、映画の歴史も少しは変わっていたかもね
それこそソフィアは映画撮ろうとは考えなかったかもw

156 :名無シネマさん:2010/04/21(水) 18:16:08 ID:cqj6oQpa
>>23
亀だが・・・
「見てて本当にむかついた」ってのが大学病院内の金の絡んだ権力争いや、
その結果によるあのラストだっていうなら、それは見事に監督の狙い通りの感想だぞ

157 :名無シネマさん:2010/04/21(水) 20:05:44 ID:w5QwJYIO
神様のパズル

物理の話がどこまで正解なのか正直分からんが細かい所に
こだわってる風かと思えば思いっきり大雑把な展開してる
ところもあったりでまぁ退屈はしなかったけど・・・
アイリが絶叫したあたりからのクライマックスは特に理解に
苦しむ展開すぎて笑けた

158 :名無シネマさん:2010/04/22(木) 10:42:14 ID:8N8nWG3t
>>154
あのラストがいいんじゃないか

159 :名無シネマさん:2010/04/22(木) 16:32:00 ID:yO8FMn9D
チェイサー
暴力や追跡描写など、高い演出力で活写され、
不気味なサイコキラーの殺人描写も手を緩めない残酷さ。
北野映画やソウ、ダーティーハリーなどのにヒントを得ているのだろうが、
安易なパクリでは無く、再構築としてのオリジナル性感じる。
元刑事と殺人鬼のキャラ造詣も素晴らしかった。
ただ娘が美少女過ぎ、フォトジェニック過ぎ。
ガキななのに薄っすら化粧して見えるほど肌艶良く、唇ばら色。
映画の雰囲気から異様に浮いていた。

以下オチ言及

しかし、話は悲惨
実話の映画化でドコまでリアルか解らないが、
最期の商店での殺人が事実どおりなら韓国の警察レベルには呆れるし、
製作者のオリジナルなら、監督と脚本家はどうかしてる、
あそこまで見るものを不快にさせてもしょうがあるまいに。

映画としては完成度は高いが、実話って所が憂鬱になる。
セブンとかの観賞後の不快感はフィクション故全然ウエルカム、DVD持ってるしw
しかし、この作品はもう再見しないな。

160 :名無シネマさん:2010/04/23(金) 01:55:07 ID:0PbfTwVt
ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間

予備知識皆無で見たのが悪かったのか完全わけわかめアウェイ状態だった
見落としもあるんだろうけど何か前提となる知識が必要なんだろうな
序盤の赤い服の女と青いバラ、指輪、日記と奪われたページ、絵、
変な部屋で登場する奴ら、オヤジと重なる人物・・・
キーだろうと思う要素が壊滅的に理解できんかったのは敷居が高い為だろうか

161 :名無シネマさん:2010/04/23(金) 06:01:39 ID:yh7qUohc
>>160
>壊滅的に理解できんかったのは敷居が高い為だろうか
ではなくて、それがダイジェスト版というよりも
TVシリーズの予告編みたいなもんだからだよ。

162 :名無シネマさん:2010/04/23(金) 20:35:25 ID:vJY3OW8R
レディ・エージェント 第三帝国を滅ぼした女たち
敵に捕らえられた英国諜報部員を救出するため、編成された5人の
女特殊潜入部隊、順調に作戦を遂行するがその後に彼女たちを待ち
受けたいた運命とは…
実話の映画化のためか、相当緊迫感があり、女ながら戦地に赴かなければ
ならなくなった個人個人の悲壮感が漂う。最後まで先行きが気になって目を
離せない展開はさすが、潜入作戦といえば往年の名作「暁の七人」を髣髴さ
せます、ともにお勧めします。

163 :名無シネマさん:2010/04/24(土) 01:52:35 ID:GjMBfIQ1
間宮兄弟
コメディモノだと思ってそんなに真剣に見たわけじゃないけど薬局で体温測ったり
先生をフルネームで呼び続けたりカーテン越しに確認する向かいのベランダとか
着ぐるみ演出とか兄弟の仲がいい理由とかちょこちょこ気になる部分が残った
けども変にもっともらしい仲がいい理由とか持ってきて泣かせる演出されるより
よっぽど良かった(まあ涙腺ゆるい人は泣けたとかいっちゃうんだろうけど・・・)
嫌いな作品じゃないし多分2度目で新たな発見が多数あるタイプの映画だと思うけど
しばらくは見ないていうか次見るなら原作読んでからだな

ホワイトアウト (ケイト・ベッキンセイル)
ピッケル振り回してジェイソン張りの雰囲気漂わせてたやつ捕まった後の取調べで
ちょっとビビらされたぐらいで吐くとはキャラのイメージ違いすぎて拍子抜け
帰国便のタイムリミットも無理くり緊迫感を上げようとしてる感じだが逆に下げてる
気がした乗り遅れたところで半年だし結局のところ・・・
吹雪の中のアクションも吹雪のせいでわかりづらいのは百歩譲ってもリアリティのため
だろうが命綱のせいでテンポが悪いっていうか派手じゃないっていうか
主人公のトラウマも実際はそう単純に克服とかできないだろうが映画的にはもっと
工夫して克服したようにみせてもいいような
詰まる所物足りない作品なんだろうなぁ

164 :名無シネマさん:2010/04/24(土) 03:37:14 ID:WnJZmHcl
遅レスだけど>>63の映画好き。
ストーリーは地味だけど心に響くし、
異文化の雰囲気を味わえるのもいい。あと兄妹が可愛い。

エターナル・サンシャイン

人がいなくなる、建物が崩れる、本に描かれているものが消える
いろんな記憶が交錯し、彼女の記憶を消したくないと自分の記憶の奥底まで逃げ込む
脳内での描写が面白いというか凄い引き込まれた。
また、ラストで繋がるのが非常にいい。

ただ、あの記憶消す会社の連中が
人の家で勝手に飲み食いするわ仕事放棄して遊び呆けるわなどでウザくてウザくてたまらんかった。
こいつらのおかげで主役2人が引き立つのは承知してはいるけど
この部分がなかったら(というかあんな風じゃなかったら)
文句の付け所のない好きな作品になってると思う。

165 :名無シネマさん:2010/04/24(土) 04:29:57 ID:hURgyZlO
パイレーツ・オブ・ロック

予告編に惚れて観たけど・・・ストーリーはもう好きにせえやって感じで、
あくまで要所でかかる60年代ロックの名曲達が主役。
キンクス多めなので、ファンの方にはオススメ。

しかしあのおっぱい美女数十人に囲まれたスーパーハーレム状態の男、
うらやましい・・・

166 :名無シネマさん:2010/04/24(土) 22:38:23 ID:EiJmSyYn
「ヤッターマン」

まあいいんじゃないかな
下ネタが。

167 :名無シネマさん:2010/04/25(日) 00:46:50 ID:siQytfon
13日の金曜日

いつジェイソンが登場するのか期待しながら見たが、なかなか登場しない。
本編鑑賞後、特典のメイキングでホッケーマスクを被った御馴染のジェイソンが登場するのは二作目からだと知った。
これぞホラー映画だと言わんばかりのカメラワークは楽しませてもらったが、
ジェイソンの母親が奮闘する姿は映像の古臭さと相まって、どこか滑稽な感が否めない。

168 :名無シネマさん:2010/04/25(日) 03:16:22 ID:2rrVQzjJ
「ドクトルジバゴ」

気が遠くなるな……ロシア広い

169 :名無シネマさん:2010/04/25(日) 21:11:05 ID:p3q1OZkn
大地震 (吉井怜)
防災対策啓蒙ビデオというか家族愛を描いたドラマというか
どちらにしても中途半端で見てて途中からイライラした

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼
一個文句いうならこんなに単独犯でできねぇだろってところかな
あとは対象年齢低めのアニメっぽいから許す

170 :名無シネマさん:2010/04/26(月) 20:51:43 ID:y486DJkH
「13日の金曜日」の殺人鬼は誰でしょう?
ってひっかけクイズが流行ったのがなつかしいわー

2009年Ver.の「13日の金曜日」を最近見たけど、感想は
「おっぱい映画だこれーーーー!?」

171 :名無シネマさん:2010/04/27(火) 04:42:55 ID:jRtTWGuv
スター・ウォーズ エピソードV

アナキンのアホさ加減が目立った作品だった。
パドメ、全然老けないなあ。

172 :名無シネマさん:2010/04/28(水) 09:10:12 ID:pUKsQ/MZ
アンヴィル〜夢をあきらめきれない男たち〜

30年近く売れないで活動をしているバンドのドキュメンタリーとのことで
悲壮感丸出しなのかと思ってたけど、そうでもなかった。
たしかにツアー先で電車に乗り遅れるわ、ホテルに予約できてないわ、
ライブ会場のオーナーはギャラ払わないわでボロボロな感じでは
あるけど、彼らの家族は理解してくれてるし、サポートもしてくれて
いるので恵まれているなと思った。
最期はなんとなく予想できたし、ベタな展開だったけど泣けてしまった。

173 :名無シネマさん:2010/04/28(水) 09:34:14 ID:PK/Uiwfp
「オカルト」

3年前に起こった不可解な通り魔事件を取材する、という名目で進行する擬似ドキュメントホラー。
取材が進むにつれ、怪現象が頻発し、やがて事件に潜む恐るべき真相が・・・といった一本。

予告編が面白そうだったので視聴。この手の映画に付き物の手ブレがあまりなく、比較的見やすい内容。
CGが失笑モノのショボさだが、演出が上手く、徐々に明らかにされる真相へ引き込まれていく。
取材対象の派遣男のクズっぷりにイラッとするが、それだけに終盤の”計画”は、偶然とはいえ現実の”あの”事件とダブり
リアリティがあった。そしてラスト、視聴者の期待通り”戻ってきた”カメラに記録されていたモノは・・・

・・・って な ん じ ゃ こ り ゃ ぁ ぁ ! ふ ざ け ん な ぁ ぁ ぁ ! !

笑いを狙ってやったとしたら全く笑えないし、真面目にやったとしたら最低。酷杉。
ここまで酷いオチの付け方は「大日本人」以来。マヂで監督に往復ビンタかましたい。( ゚д゚)、ペッ

174 :名無シネマさん:2010/04/28(水) 16:58:31 ID:so0zayTG
4分間のピアニスト

女性刑務所でピアノを教える老婆と、問題児ながらも天賦の才を持った受刑者との交流を描いた映画。
奔放な場面転換が多く二度目の鑑賞の方が、キャラクタの心情をよりスムーズに理解できる面倒臭いつくりになっている。
序盤からブラック・ユーモア連発で見ていて飽きないが、途中で老婆がレズビアンだということが発覚してから俄然面白くなった。
ただ、あまり見ていて楽しくなる映画ではない。
特に老婆と仲の良い看守が、裏では受刑者を追い詰めている二面性には見ていて気が重くなった。
まあ、その看守は受刑者に半殺しにされた経緯があるから、そりゃもう恨みを抱いてはいたんだけどね。
ただ受刑者も相当に可哀想な経験の持ち主で、厄介な問題を起こしても憎むに憎めない。
ラストでは、本当にこんな演奏が可能なのか、って不思議になるくらい破天荒なピアノの演奏が披露される。
技術的なことは分からないが、この演奏に演奏者の人間性が集約され、その人にしか出来ない演奏であることは十分に伝わって来た。
ピアノの演奏を通して奏者の人間性と映画のテーマを同時に表現したラストは圧巻の一言。
張りつめた緊張感の中で迸る感情のスパークが堪能できる。良いドイツ映画だった。

175 :名無シネマさん:2010/04/29(木) 00:22:28 ID:Vq9jUtgf
ヒッチコックの「引き裂かれたカーテン」

何このアメリカならオールオッケー主義。
観終えてイラついて仕方ない。

以下ネタバレ



中盤から主人公の失敗を願ってて、
まさか失敗で終わるんだろとそれだけ期待してみてたのに、
何上手く逃げおおせてんの?

NHKの解説ジジィ、核への批判も含まれてるってハァ??

176 :名無シネマさん:2010/04/29(木) 02:06:19 ID:c8HnDa3a
>>173
逆に観てみたくなったw

177 :名無シネマさん:2010/04/29(木) 17:38:45 ID:TY1d0aEh
のだめカンタービレ


最低映画

178 :名無シネマさん:2010/04/29(木) 19:06:58 ID:b/MUOeDV
>>177
どこらへんが?ドラマはよかったのかな

179 :名無シネマさん:2010/04/29(木) 19:23:27 ID:NtB0bNSg
ドラマもゴミだった

180 :名無シネマさん:2010/04/29(木) 20:23:32 ID:XOrYCeXu
ミスティック・リバー

ショーンの妻?の役割がいまいちわかんなかったからラスト数分の作りが腑に落ちなかった
ジミーが酒持ってヤッちまった状態で終わるんかと思ったらショーンが携帯で電話したり
パレードがあったり・・・ベットルームのシーン以外は何のためなのかさっぱりわからんかった
ジミーの娘が殺されるシーンを結局見せないところとかあってもよさげな映像を使わない点
とかは逆に良かった

181 :名無シネマさん:2010/04/29(木) 22:43:48 ID:xBEwO0qL
「ロッキー・ザ・ファイナル」

内容に関しては、特筆すべき点は無し。お約束と予定調和で構成されたベタな作品。
人生の円熟期を迎え、過去の栄光を誇り、限りなく周囲に優しくなったロッキーは
本来、恵まれた人生と定義されるはずなのに悲しく見える。そんなロッキーの姿は「5」の醜態以上に見たくなかった。

そんな醜態を晒しながらも、新たな挑戦に挑むロッキー、つかスタローン。「年寄りの冷や水」という言葉が相応しいはずなのに
老体に鞭打って、自らを鍛えるスタの姿に感動せずにはいられない。
そして還暦を迎えてるとは思えない程、完璧な身体を造りあげスタント無しでロッキーを演じきったスタの姿は
神々しく思えるほど感動した。そして本作を端的に表しているのは物語終盤、息子ロバートが満身創痍のロッキーにセコンドから言った台詞。


「父さんの挑戦を皆ジョークだって笑ったけど、今、ここで父さんを笑ってる奴は居ないよ!」


正直、本作の制作を知って自分は「今更ロッキーてww」と笑った。恐らく多くの人がそうだろう。
そんな自分が笑うどころか、本作を観て号泣した。恐らくry
一度でも「ロッキー」シリーズを観て、心打たれた者なら確実に泣く一本。いいから観ろ!そして泣け!!!

182 :名無シネマさん:2010/04/30(金) 01:27:49 ID:KnpvSELr
>>180
女って男にとってどういう存在か、みたいの?を
イーストウッドはチョコチョコ描く
まあ脚本家の仕事なのかもしれないけど

あと、自分の夫をむごい目にあわせるような真似をした女への
同性としての深い軽蔑

183 :名無シネマさん:2010/04/30(金) 05:33:48 ID:py7eg9GN
ヤッターマン
脚本がしみったれた邦画レベル
正義側の俳優二人がぶさいくすぎる

邦画のVFXって、かなり下らない映画に無駄遣いされてる気がした。
テレビの怪物くんとかも…

184 :名無シネマさん:2010/04/30(金) 10:46:07 ID:wat22+d5
海軍横須賀刑務所
まず、当時では予想もしなかっただろう主人公の名前にぶったまげた
志村けん?勝新太郎の名前がこれでは場面中変なおじさんとかぶって
気になって仕方がなかった(後にフルネームが志村兼次郎であることが分かるが)

 ストーリーは兵隊やくざのひとり版のような展開で、海軍海兵団に新兵として入団した
志村が、古参兵の執拗ないじめに合い、ぶち切れて暴れまわった挙句刑務所送りになる
肥溜めに潜ったり、刑務所で一番と恐れられた房で暴れまくったり、
このむちゃくちゃぶりが痛快で、近年の映画にはないエンターテイメントに徹している
面白くなければ映画ではないという心意気を感じた。
まるであしたのジョーのような見始めたら止まらない100分間だった

185 :名無シネマさん:2010/04/30(金) 20:13:16 ID:baN8m8X6
ときめきメモリアル
関西圏っぽい設定なのになまりが無いのが残念
台風のシーンでなぜか笑えた

羊たちの沈黙
(一応期待させた通りの展開になるからいいが)
冒頭から獄中のレクターに対するハードル上げすぎ
クラリスの子供のころの牧場エピソードに少し補足が欲しい

186 :名無シネマさん:2010/04/30(金) 20:24:06 ID:IEIBad0l
サブウェイ・パニック

うおぉぉ〜思わず犯人集団を応援してしまう。
警部補に案内される東京地下鉄の重役さんたちは伏線で、
すごいアイディアで助け船出してくれるに違いない!
と思ったらそんなことはなかったぜ!

市長さんとか・・・脇役もすごくよかった。
「サブウェイ123」も見てみよう。

交渉人真下正義TOKYO SUBWAY PANIC

上の映画を骨格にしてるけど、あまり似ていないです。

知ってる駅がパニックになってる画は見ていて楽しい。
が、プロフェッショナルな感じがまったくしない交渉術はどうなんすかコレ。
ファンタジー入ってるオチもイマイチ。あとは意外と楽しめました。

187 :名無シネマさん:2010/04/30(金) 21:02:54 ID:GvO2EAmQ
「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」

人気アメコミの実写二作目。キャラの御披露目が済んでる分、前作より展開が速くて○。
一作目よりファンタジー要素が強くなっていて、そっち系の作品が好きな人なら必見。

単純な善vs悪の物語ではなく、「滅びゆく異形の悲哀」が感じられた。
それを象徴しているのが、中盤に登場する巨大クリーチャーの緑の精霊。
中ボス的ポジションなのに、種族最後の生き残りであるその存在はあまりに儚げで、その最後はあまりに悲しく美しい。
敵役として登場するエルフ王子も、衰退しNYの地下で身を潜め生活するエルフ族の現状を鑑みると同情すら覚える。
主人公であるヘルボーイも、人間の守護者なのに決して人々から受け入れられない存在として描かれている。

個人的に本作で最も感心したのは、生身の役者によるアクションシーン。このテの映画にありがちの
アクション=CGではなく、近年観たどのアクション映画より、スタイリッシュで完成度の高いスタントが堪能できた。
特にヘルボーイvsエルフ王子の殺陣は必見。パワーvsテクニックの剣劇は演舞を観てるような素晴らしさ。

出来れば劇場で観たかった一本。検索したら一応日本でも劇場公開したらしいけど
一作目がヒットしなかったせいか、上映館少なすぎて当地方では上映してなかった・・・




188 :名無シネマさん:2010/05/01(土) 03:49:30 ID:/JMkBhyl
タンポポ

嫌いな映画ではないが、本編の間に食をテーマにしたエピソードを挿入する、
という構成があまり好きではない。
意味がよくわからないし、個々のエピソードもあまり面白いとは思えなかった。
本編で一番気になったところは、なぜトラック運転手があんなにラーメンに詳しいのか、ということ。
結局最後まで説明がなかったし、なんかいまいちスッキリしなかった。
あと、キャラクターが無駄に多い気がする。そのせいで個々のキャラクターが薄くなっている気がする。
正直大滝秀治が一番キャラ起ってた気がする。
全編に渡ってギャグも少しくどい。


189 :名無シネマさん:2010/05/01(土) 11:36:19 ID:NnmUf6Gp
「引き裂かれたカーテン」

スパイ物期待して見たのに、がっかりだった。
テンポが悪いし、エピソードごとの比重がヘンで、ダラダラしすぎ。
ヒッチコックってこんなに面白くなかったっけ?

亡命者は偽装疑われてガッツリ監視がつくのが当然なのに、
ノコノコ協力者に会いに出掛けて馬鹿すぎ。
ジュリー・アンドリュース単なる添え者で何の役にも立ってない。
フリーマントルとか読んで出直してこいという感じ。

バスの場面の緊迫感と、ポーランド人の老女と、自意識過剰のバレリーナだけが
ちょっと良かった。

190 :名無シネマさん:2010/05/01(土) 18:37:01 ID:zHbjxyf2
ヒッチコックは技巧に凝って肝心の中身はほとんどがクソだからな

191 :名無シネマさん:2010/05/01(土) 19:31:49 ID:oTVvRZgP
YAMAKASI
基本ストーリーにムカムカきた
自分らの都合の良いように活動のポリシーが代わって行ってるていうか
序盤の多少はみだしモノでも他人に迷惑掛けて無いだろ?的な感じから
だんだんと目先の目的のためなら少々暴走してもいいだろ?的になって
まあ若干は医療とかの仕組みへの問題提起とかもあるのかも知れんけど
それが逆に頭にくる
端から窃盗犯罪グループの捕り物系のストーリーとかなら単純に
アクションも楽しめたんだが・・・

虹の女神 Rainbow Song
まあいいんじゃねえの
ひとつ気になったのは妹は人見知りだからしゃべるなという振りが
なんだったのかなんだけど答えはバスのシーンにあったりするんかね

銀河鉄道の夜 (アニメ)
原作を読んだことがないからかどう解釈するのか分からない点が多かった印象
猫を擬人化しておとぎ話のようにしているのかと思ったら途中で人間が出てくるし・・・
その人間登場まで睡魔におそわれ続けたわけで一種就寝前に読む哲学書の領域か

192 :名無シネマさん:2010/05/01(土) 22:47:07 ID:gDxmrkUs
ニューヨーク、アイラブユー
登場人物がリンクしてるのはいいけど、パリ、ジュテームのほうが監督の個性が出てて好きだ
次の舞台は上海らしけどそれならウォーアイニーかな
東京も見てみたいけど 愛してる、じゃいまいちしまらんな

ムーランルージュ!
冒頭のウェナムは一瞬目を疑ったw 話より曲名あてに集中してしまう
クリスチャンが女々しいとか突っ込みどころは多々あれど でもいい!だってミュージカルだから!

193 :名無シネマさん:2010/05/02(日) 03:34:44 ID:K3eR9D7k
オーシャンズ13(録画)
もはや只の垂れ流し映画。観てて痛々しい。
映画は新鮮さも大事って事か…見飽きるとどうでもよくなる
ジュラシックパークシリーズみたいな感じ。

おくりびと(録画)
TBSが何度も放映するから負けて観てみた。
アカデミー賞…オレには普通の出来の邦画としか思えんかった。

194 :名無シネマさん:2010/05/02(日) 19:08:08 ID:QJ65MKpP
未来予想図 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜
就職祝いに線香花火って何だよなんか前振りあったか?
後にくる話ありきで用意したとしか思えんその安直さ
ブーケを受け取った直後に男前な振り方して号泣しといてあんな展開されてもな
無理に別れる必要ないだろ?遠恋状態ですれ違いがあってって方が・・・
この手の再会のクライマックスで電話を使わない盛り上げ方(?)には飽きた
使わないなら使わないだけの理由もってこい
あとラストのセリフを歌の歌詞とかぶせるな

REC
確かにビックリしたり怖かったりした部分もあったけどリアルさに欠けるっていうか引き込む力が弱い
外部との連絡が速攻できなくなったり、凶暴化した連中が外に逃げようとしなかったり、
調査に来るやつが単独で武装してなかったり、レポーター含めてヒステリー状態だったり・・・
一応市街地かつTVの取材って体なんだから一個のカメラ目線のみで通すのも好きになれない

REC2
神父が血液燃やしたあたりからアホっぽく見えて仕方なかったしそのせいで怖さ半減した
悪魔の実体があの口らへんに映ってたものてーのもなんだかなぁ
あと楽々下水道から進入できちゃうってなんだよそれ

195 :名無シネマさん:2010/05/03(月) 07:16:44 ID:DOl1pwt3
未来予想図などに文句言うなw

196 :名無シネマさん:2010/05/03(月) 16:52:09 ID:hwD2pK5N
アートスクールコンフィデンシャル

美術学校を舞台にした青春劇。序盤からユーモア満載で笑いが止まらない。
絵のモデル役の男性が素っ裸で出てくるシーンでは、堂々と露出してるわりに股間にモザイクがない。
椅子に座った後につまんでポジションを調節する小技まで披露されては、吹きださずにはいられなかった。
どちらかといえばモザイク掛けてほしかったけど。
登場人物のほぼ全員がボケでツッコミが誰もいないので、自分でツッコミながら映画を見たい人にはうってつけ。
人によって意見が別れると思うけど、ラストシーンの空しさは半端じゃない。主人公はどうみたって幸福そうなんだけどね。
文学でいう信頼できない語り手タイプの映画として中々よく出来ている。ちょい役でブシェミも出ていた。


フィアー・ドット・コム

アメリカ製作だけどイギリスのアート系っぽい映像のホラー。
面白味のないストーリーで展開はご都合主義的だが、絵の質感が綺麗で魅せてくれる。
あるサイトを見た人が48時間後に死亡するっていうリングをパクった設定だが、
サイトを見た瞬間から死に先立って幻覚を見るようになり、それが本人のトラウマ直撃もので超怖い。
途中でお稲荷さんが縮みあがって、もう観るの止めようかと思った。
子どもの頃に観たエクソシスト以来、久し振りにヤバいと感じた映画だった。
ゴースト系のホラーって馬鹿馬鹿しく感じられるのは本当に馬鹿馬鹿しいのに、
怖いのはやたら怖いから迂闊に観ると夜が怖くなってたまらない。

197 :名無シネマさん:2010/05/03(月) 19:40:41 ID:F13iPABe
「ポセイドンアドベンチャー」

多分今日だけの意見だが、今なら言える
CG使ったパニック映画は糞
ジーン・ハックマン結婚してくれ

198 :名無シネマさん:2010/05/03(月) 20:38:28 ID:DGK9CzJZ
「パルプ・フィクション」
ツタヤの今月号にのってたから、
試しにDVDレンタルしてみた。

何これ、すげーな。
こんな面白い作品を逃してたなんて、
映画評論家としては、失格だなぁ。

トラボルタもサミュエルもウイリス、ユマもいいねぇ。
あのボスのカバンが盗まれたシーンって、
なかったよねぇ。

199 :名無シネマさん:2010/05/03(月) 21:21:24 ID:wBbJ6fCC
くもりときどきミートボール

主に食欲という切り口から人の欲望への戒めを説いた作品って感じ?
人が死ぬ描写がないところからもリアリティ云々をいう作品ではないだろうが
食い物の雨を降らせることへの反対派が少ないのがどうにも・・・
まあでも楽しめた方だろう

200 :名無シネマさん:2010/05/03(月) 22:21:17 ID:UwngG8Qh
>>198

俺も色んなシーンが好きだけど、
ツイストダンスは俺が今まで観てきた映画の中でも屈指の出来
ふと観たくなって何回も見てしまう。
サントラの方でも「レディース&ジェントルマン」って。

それと、出だしが良い。
あの始まり方は引き込まれる。

レザボア・ドッグスも出だしが良かったな。
つか、レザボアの方は「ライク・ア・ヴァージン」論争から
オープニングの流れが最高で後はあまり覚えていないです…

201 :名無シネマさん:2010/05/04(火) 00:52:11 ID:B2FI3Uf2
映w画ww評www論wwww家wwwww

202 :名無シネマさん:2010/05/04(火) 01:31:44 ID:ivgGOlEX
「ロストイントランスレーション」

今日観たのが3回目だけど何度見ても素晴らしい
スカーレットが美しくて大好きな女優だけどこの映画に関してはビルマーレーがいい味だしてて良い
音楽も素晴らしい映画だと思う。
そしてもうひとつの主役が「東京」。この東京の取り方はもちろん賛否両論あるだろうけど
いい意味でも悪い意味でも味がでてて魅力的に映っていると思う。
それは違うだろと突っ込むところも日本人ならあるだろうけどそれらすべてがシニカルというか皮肉があるというか
とにかくソフィアがうまいと言わざるを得ない撮り方をしている。
東京の夜景を見るといつもこの映画を思い出します。

203 :名無シネマさん:2010/05/04(火) 02:22:00 ID:mAUuifv8
マン・ハンティング

Vシネマ。
レンタル開始されてたので観てみた。
謎のハンターに追跡される女子高生の山中逃走劇。

ストーリーの悪さをエロでカバー。

ラストのズブ濡れ、制服ボロボロ、乳首丸出しで木に磔は衝撃。
金子さとみお嬢様の体当たりどころじゃない演技。


予告編
ttp://www.youtube.com/watch?v=RAWj1YG2yeg

204 :名無シネマさん:2010/05/04(火) 15:09:24 ID:UZPT9aVN
「エリン・ブロコビッチ」
実話らしいが、本物の彼女も見てみたい気がした。
ジュリアは、色気ムンムンだなぁ。
彼女の絶頂期か?
でも、この類の映画では、何百万ドルとか、
出てくるけど、日本語字幕なら円換算でも
出してほしいな。

205 :名無シネマさん:2010/05/04(火) 15:36:29 ID:UNQUDRGw
>>204
DVDの特典に入っているよ、ご本人。
この映画のおかげでかなり人生メチャメチャになったらしいけどね。

206 :名無シネマさん:2010/05/04(火) 16:18:08 ID:UZPT9aVN
>>205
そうですか、情報ありがとう。

207 :名無シネマさん:2010/05/04(火) 16:49:20 ID:ZJgxFMv8
シャッターアイランド
演出上妄想を表さないと行けないとはいえ話が分かりにくすぎる
ストーリーも半分くらいまでストーリーが進まなく見てて眠くなる
落ちも出来事は全ては主人公の妄想でしたとか酷すぎるな

208 :名無シネマさん:2010/05/04(火) 20:07:48 ID:YcDW1GFN
あーあーあー・・・・><;

209 :名無シネマさん:2010/05/04(火) 21:32:42 ID:B2FI3Uf2
ガッカリオチ過ぎるのかもう別々の場所で4回くらいネタバレ見た

210 :名無シネマさん:2010/05/04(火) 21:50:06 ID:X7fEZ5zi
クィーン

ヘレン・ミレンが好きなので観賞。ドキュメンタリータッチなので、
王室の生活をのぞき見る面白さはある(事実に即しているのかは不明)。
過剰な顔真似、物真似はないけれど、どうしても本物と比べてしまう。
女王 腰回りのドンとした感じが似てる。
フィリップ殿下 王族のイギリス英語っぽさがイマイチ アメリカ人俳優だから?
ブレア首相 本物のほうがイケメン
チャールズ 本物のほうが顔が長くて毛がない。俳優はインパクトなさすぎ。

211 :名無シネマさん:2010/05/05(水) 19:47:30 ID:KbMbNS9D
築地魚河岸三代目

嫌いじゃないけど話がペラッペラでもう一度観ようとは思わない作品
(原作はどうなってるか知らんけど)二人の出会いとか描かないなら
リストラとか会社の話は端折ってもいいだろ?

212 :名無シネマさん:2010/05/05(水) 20:16:02 ID:ogWuMAlk
ヘルボーイ ゴールデン・アーミー
こういう映画大好きだ。  上映スクリーンが少なかったため
DVD然見る機会がなかったが、ダークだけどグロくもなくて楽しい映画だ


213 :名無シネマさん:2010/05/07(金) 04:32:53 ID:XAQYclUo
「ヘルボーイ ゴールデンアーミー」は全体良かったけど
とくにトロル市場は観ていてわくわくしたなー

「パンズ・ラビリンス」とか、この監督の映画に
出てくるクリーチャーはなんか惹かれる

214 :名無シネマさん:2010/05/07(金) 16:37:35 ID:B+vbCLER
ブラインドネス
突然目が見えなくなるという奇病が各地で発生した世界
対策を打ち出せない政府は、病気の蔓延を恐れて発症者を隔離することに
盲人だけの収容所内で、命令されるのが嫌で王国を作ろうとするものが出る
銃を手にした王は配給食を独占し、好き放題な地獄に所内を変えてしまう
 
 こんな屈辱に生きるくらいなら、反抗すべきだろう。しかし搾取されるものたちは
人を殺すと戦争になると、ひたすら言い成りになり、問題を先延ばしにする

 この寓話は信仰を扱ったものだろうが、どうも一つ一つの行動に
あまり人間性を感じない。それが希望が見えた結末で締めくくられたにしても
見てよかったと思うことが出来ない一番の原因だろう

215 :名無シネマさん:2010/05/07(金) 20:43:35 ID:cquPPjcy
ひゃくはち

前半のゆるい感じで描いてる部分がちょっとありえない感じではあるが
後半とのメリハリをつける意味やラストへの振りと思えばまあ許せなくはないだろう
携帯電話封じからの後半の盛り上げ演出もよく出来ているほうだろう
野球の試合をあまり見せなかったり主人公にヒーロー性が乏しかったりしているから
意外に万人に向けたメッセージ性の強い作品なのかも知れないと思った

216 :名無シネマさん:2010/05/08(土) 19:25:17 ID:3ogWDWkV
タイタンの戦い

音楽評論家の渋谷陽一が“産業ロック”って表現で、
社会性や冒険心、芸術性を軽んじ、売れるために敷居の低いアプローチしかしない(出来ない)バンドを批判していた。
タイタンの戦いはまさにそんな感じの映画。
いや、音楽も映画も産業だし、一般大衆にウケなきゃしょうがないのだが、
それにしてもこの映画は、なんの魅力もないテンプレート映画。
それなりの物語を持ってきて、それなりのスタッフ集め、スケジュール通りに撮影して編集して一丁上がり!みたいな感じ。
目新しい事何もなく、意外な事何もなく、しかしつまらないかと言えば、そーでもない。
なんつーか、工場で生産ラインに乗ってる洗濯機や冷蔵庫と変わらない感じの映画。

過去の同じジャンルの作品を研究したり、違ったアプローチする訳でもなく、
ただ単に焼き直ししただけの映画の映画を作って、ソコソコ稼ぐ。
悪い事ではないのだろうが、
映画経験値の低い層にはウケルだけなんて淋しい気もする。

217 :名無シネマさん:2010/05/09(日) 03:14:19 ID:2c6pR3tu
ライフ・アクアティック

こういうおかしな世界を描いた映画はあまり好きに
なれないんだがこの映画はレンタルで見てからすっかりはまってしまった
なんとなくディズニーの海底2万マイルを思い浮かべる、
船内がガキの頃に見たクストーの沈黙の世界に似てるなと
思ってたらその映画を元にしてたのね。色使いがカラフルで綺麗だし
海洋ドキュメンタリー映画を撮る人たちをドキュメンタリーチックに描いてるところがいい

218 :名無シネマさん:2010/05/09(日) 12:35:51 ID:nwA71mhY
「スペル」
なんで、この題名がついたのかわからん。
あの銀行員の女、
あんなショックなことがたびたびあるのに
平気そうだな。強いな。
あれは、幻覚なのか?
どうもホラー映画は、納得いかんところが多いわ。

219 :名無シネマさん:2010/05/09(日) 19:28:48 ID:ERFgsKKC
サム・ライミの作風だと思う。ちょっと逝っちゃってる感じがある

220 :名無シネマさん:2010/05/09(日) 23:44:05 ID:3dqbbFA2
「300」
TV版はやっぱり色々カットされまくってたな。それでも面白いことに変わりはない
細かいことを気にせず楽しめる映画はいいよね。実在した「不死隊」をモンスター部隊にしてるのは流石にどうかと毎度思うがw

221 :名無シネマさん:2010/05/10(月) 10:18:52 ID:nXWRDneg
96時間

父ちゃんカッコイー!って感じでやたらとサクサク話が進んで、
まるで24を二時間で見たような気分だった。
途中、「それ都合よすぎw」ってシーンもあるけど、
まぁ良いかって感じで楽しめた。あと、元嫁が憎たらしい。


マリオネットゲーム

主人公がちょっと感じ悪いので感情移入できないまま話が進み、
理不尽さにストレスがたまりつつも、まずまずな結末。

見終わった後、yahoo映画のユーザーレビューを見たら、
【ネタばれ】警告を出しながらも、レビュータイトルでネタバレしてしまってる馬鹿が二人いたので、
今後もしこの映画を見ようとしている人がいたら、
yahoo映画のレビューは見ないほうが良い。

222 :名無シネマさん:2010/05/10(月) 10:45:46 ID:7cUN5ekJ
300
これはまるでへたくそなアニメ映画じゃんか、CGとは、がっかり
リアリティが全くなくて見るに耐えない
I Am Legendもそうだったが
最近こういう安易な低レベルな作品が多いな

223 :名無シネマさん:2010/05/10(月) 12:42:14 ID:8ifmygbp
300にリアリティ求めるのか

224 :名無シネマさん:2010/05/10(月) 14:18:43 ID:7cUN5ekJ
映像にその世界に入る最低限のリアルさもないじゃな
あんな中途半端でしらけさせるなら、全編アニメにしたほうがはるかにましだ

225 :名無シネマさん:2010/05/10(月) 15:19:27 ID:cBCgPycA
300は原作に忠実な方でその意味でちゃんとしてる映画だろ
シンシティとも雰囲気似てたし、へたくそって感じはしなかったけどな

226 :名無シネマさん:2010/05/10(月) 16:56:39 ID:FDNY9K57
300は良かったと思うぞ、どうせサマーウオーズファンだろID:7cUN5ekJはw

227 :名無シネマさん:2010/05/10(月) 17:15:25 ID:D1CUNSHC
>>221  注:以下96時間バレ

一番憎たらしいのは娘だったよ!!

親の金で遊びまくるし・・・

ついたら逐一連絡するとかいってかたく約束したのに電話しないし・・・

パリで美術館旅行するの〜♪といって本当はU2のツアーの追っかけ
だましてたのに、そのことを謝りもしないし・・・

五体満足で助かったらなんか空港でアッケラカンとしてるし・・・

228 :名無シネマさん:2010/05/10(月) 17:25:07 ID:Uzgje7iZ
最後の一行以外は同意しかねる。
あとのは憎いってほどでもないし、
電話は一応しようと努力していたじゃん。>>227

229 :名無シネマさん:2010/05/10(月) 17:47:24 ID:V17joA/8
「パンズラビリンス」

はいトラウマ来ました〜

230 :名無シネマさん:2010/05/10(月) 17:49:33 ID:nXWRDneg
>>227
娘もあんまり褒められたもんじゃ無いんだけど、
あの友達の軽さに引きずられてる感じとか若い娘にありがちな言動かな。
ホテルやらはリッチな現親父が手配したとか言ってなかったっけ?
U2ツアーも許可してるし、今の両親が甘やかしてるんだなぁとは思った。
キャッキャしてて根は悪い子じゃないんだろうけど、色々と子供っぽ過ぎるかも。
個人的には実の父からの誕生日プレゼントの扱いに憤りを感じたw


300はアニメ的な映像を役者使って作ってみましたって感じというか、
あの映像の質感をあえて作ってると思ってた。シンシティもそんな感じだったしね。
CG云々リアリティ云々を語る映画ではないかも。

231 :名無シネマさん:2010/05/10(月) 17:57:30 ID:Uzgje7iZ
>>230
見た目が老けているから勘違いするが
(中の人もいい年齢w)、娘って17歳の設定だよな確か。
あんなもんだよね。

232 :名無シネマさん:2010/05/10(月) 20:58:59 ID:3mlt0Nsb
300は地上波でやるとは思わなかったな。
首ポロシーンはお茶の間に刺激強すぎだろうと思ったらしっかりカットされてたけど

233 :名無シネマさん:2010/05/11(火) 08:30:32 ID:Fa23Hgt4
「スカイ・クロラ」

原作内容+押井ということで、爆酔モノの内容を予想していたが予想に反して最後まで退屈しなかった。
空戦シーンは軍ヲタの押井の本領発揮。ジェット推進機関とミサイルの存在しない世界で、進化したプロペラ機による機銃戦は
息を呑むほど美しい。まさしく"ショーとして魅せる戦争"だった。

マネキンのように無機質なキャラクターに対して、その背景や世界観は恐ろしく緻密に美しく描かれており
音楽の完成度の高さと相まって、日本アニメの表現力の高さに驚愕した。

ストーリーは予備知識無しでは理解に苦しむ内容。ただ原作既読者からすると、原作の雰囲気を上手く表現できていたと思う。
いわゆる"押井節"全開な内容だったが、信者以外お断りって感じでもなかった。これは脚本家の功績だろう。
一言で評するなら、「ビューティフル・ドリーマー」+「アヴァロン」な作品。

個人的には普通に楽しめた一本だけど、これは一般受けはしなかっただろうな。公開当時は日テレが大プッシュしてたけど。
「イノセンス」に続いてコレじゃ、もう大手スポンサーは付くまい。海外での「攻殻」高評価の遺産を使い果たしたな。


234 :名無シネマさん:2010/05/11(火) 15:36:51 ID:pcByl5ru
フィースト

むらかみてるあき並のフェラが凄い映画。
ボスが変わったら自分の子どもを殺して発情するゴリラのように、
ベイビーの死体を食べて交尾し始めた怪物には唖然とさせられた。
GANTZのぬらりのモデルっぽい怪物の造形は良かったけど、
画面に落ち着いて映らないから何だかよく分からなかったのはかなり不満が残る。
素人が考えた台本らしく、敢えてパターンを崩したり過剰な展開が多いが、逆にそれが面白かった。

235 :名無シネマさん:2010/05/11(火) 17:10:45 ID:qmRxlz7r
>>234
フィースト、おもしろかったな
評判が芳しくなく期待していなかった分楽しめた
ぬらりは思いつかなかったけど3のラストに出てくる巨大ロボはGANTZのロボみたいだった

236 :名無シネマさん:2010/05/12(水) 19:52:56 ID:wo7SL0gl
「タイタンの戦い」(2010年版)

映像だけが見所の薄っぺらい映画。なんじゃこりゃ・・・
主人公ペルセウスを含めた全キャラの人物描写が浅く、血の通った人間というよりゲームキャラのようだった。
前半に出てくるペルセウスの家族も、「家族を殺された」という理由付けの駒でしかなく
ペルセウスと冒険を共にし、熱い友情で結ばれる戦士達も全員「味方A」程度の扱い。
なにしろ友情を育んでいく過程が、ごっそり省略されているため
ペルセウスと距離があった戦士達が、いきなり「俺達の命はお前に預ける!」なんて言っても説得力0。
ベタでもいいから、友情エピソードは入れるべきだろ。

肝心の映像も、3Dで観客をビックリさせることのみに専念しているので
瞬間的に驚きはするが、アクションシーンに迫力がない。それが致命的に表れていたのが
事実上ボスキャラのメデューサ。旧作ではトラウマ級の恐ろしさだったのに
本作では迫力も恐怖感も皆無。最新CGが人形アニメに負けてるってどーなのよ。

とりあえず金返せと言いたい一本。未観の人はTV放送を待つのが吉。
けどそれだと、唯一の売りの3Dが体感できないからなぁ・・・・
良かった点は、旧作のメカフクロウが一瞬だけ出たことと、不死のストーカーねーちゃんが妙にエロかったこと。

237 :名無シネマさん:2010/05/12(水) 20:21:11 ID:fyteT/fM
さまよう刃

踏み切りの場面ぐらいまではそれなりにいい感じだったと思うんだけど・・・
一人目殺しときながらクライマックスでのあの電話のセリフは何なんだ?
親父の心情の移り変わりが今ひとつ伝わってこなかったからラストが拍子抜け

238 :名無シネマさん:2010/05/12(水) 21:43:26 ID:uGBhM2os
オールド・ボーイ

理由も分からず15年間監禁
(まぁ、ホテルみたいな部屋にTV見放題だしなー)

食事は毎日ギョーザ
(それはいやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!)

すごいオチがあるとだけ知っていたのですが……凍りつきました。
「復讐は健康にいい」って、いいセリフだな!

239 :名無シネマさん:2010/05/13(木) 11:05:55 ID:Qu1ckjHO
ウルヴァリン X-MEN ZERO

暇つぶしにはいいと思う。
悪にも救いを的な所があるので若干ストレス。悪人潰すのに前置きはいらない。
涙は出ない。アクションはまあアクション(w)この手の映画的で悪くはない。

1.他人にお勧めできるか....見るものないなら
2.自分自身でレンタルしてまで2回見れるか....ないない
3.例えばテレビでやっててみるか?....多分みない
4.涙は?...でない。記憶を失った儚さ出せばよかった...時間切れend気味
5.理系のあなたに...当然おすすめしない
6.軍事オタクのあなたに...当然お勧めしない
7.お勧めする対象年齢は?12−25歳くらいなら許せると思う
8.お勧めする性別は?...男の子だな
9.続編出たら見る?...暇があれば30%くらいの確率でみる(続編が先行か。。。)
10.スッキリ感ある?...ない



240 :名無シネマさん:2010/05/13(木) 17:51:27 ID:kVDei1Wn
インディジョーンズ系の映画で比較的新しくて面白いのある?
サハラ・ハムナプトラは見た
なるべく小粋な台詞の応酬をしてる映画がいいんだが

241 :名無シネマさん:2010/05/13(木) 19:05:38 ID:xTEODnsj
「イングロリアス・バスターズ」
これ、最高だな。
無駄なシーンって全くない。
女性も美しい。
間違いなく、俺のベスト20に食い込んだ。

242 :名無シネマさん:2010/05/14(金) 01:08:40 ID:qgWO3lmO
「運命のボタン」
途中まではね、面白かった。
金が必要になる様子や夫婦の抱える問題なんかが、丁寧に描写されててさ。
ありえない話なんだけど、結構「オレならどうする?」とか考えながら引き込まれた。
真相究明も途中までは興味津々、色んな前フリで謎は深まるばかり。
しかし反面「ここまで風呂敷広げて大丈夫か?」と心配も頭をもたげてきたけど・・・
オチは空白改行後に書くけど、結局映画としては変化球だw
ナックボールかと思ったら、ゆっる〜いストレートだったみたいな感じ。
でも、ストライクゾーンギリ掠めるから、そうそう文句も言えない感じの映画w
変な物好きな人は話の種に見といても損はないかも。

以下オチ言及

そうだよな、あれだけの広げすぎた風呂敷たたむんだから宇宙人オチに逃げるしかないよな。
ボタン審査で侵略とか人類滅亡ケテーイしちゃうんだ火星人w

243 :名無シネマさん:2010/05/14(金) 01:40:39 ID:E792QFbE
最終的にSFになるってこと?

244 :名無シネマさん:2010/05/14(金) 08:06:13 ID:OR/OXHhP
またかよw

245 :名無シネマさん:2010/05/14(金) 09:15:45 ID:V7XosSy+
ズバコーン

246 :名無シネマさん:2010/05/14(金) 21:59:50 ID:5qmiE2B/
星新一?

247 :名無シネマさん:2010/05/15(土) 12:22:38 ID:JcKJ5JWd
昨日だけどプリンスオブペルシャ

詰まらんかった
映像やアクションは派手だけど、どうものめり込めない
まあ自分はパイレーツオブカリビアンも何が面白のかよくわからんし、
連れは面白かったと言ってたので自分に合わないだけかと思うけど

248 :名無シネマさん:2010/05/15(土) 16:48:11 ID:NlWGHXjy
「プレシャス」
主役の黒人女の絵面のインパクトがデカすぎる一作。
時折挿入されるプレシャスの華やかな妄想イメージがまた切ない。

249 :名無シネマさん:2010/05/15(土) 17:26:27 ID:+t5NdqVB
ヒート

何の拘りかよく分からないがパチーノとデ・ニーロのちゃんとしたツーショットがない。
全体的に面白かったけどクリスがシャリーンの合図で引き返すシーンが一番じーんときた。
イーディがニールに置いてかれて唖然とした表情を魅せるとこも良い。
ネイトの仕事は確かだったけど、ニールにウェイングローの居場所を教えたのはどうかと思った。
仮にネイトが黙っていて、それを後々ニールが知ったらニールはネイトを許さなそうだけど。


コラテラル

ヒートもそうだったけど、キャラクタの人生が変わる瞬間や、
人生を左右する決断をする際の間の取り方が上手い。場を盛り上げるBGMと相まって映像に自然な力強さがある。
普段からのキャラクタの感情の動きや性格も役者の演技以上にスムーズに伝わってくる気がした。
特典でマイケル・マンの音声解説があるのが良かった。
例えば本物の警察官が警官役で出演していたり、窓の外の風景が一部デジタル処理されているとか
裏話好きには嬉しいサービスだ。監督志望者に向けて解説をする監督もいて、そういう話を聞くのも楽しい。

250 :名無シネマさん:2010/05/15(土) 19:53:57 ID:1oHM6+51
「団塊ボーイズ」
これは、いかん。
つまらんすぎる。
コメディー映画にもならん。
バイク好きなら喜ぶが、
そのほかは、全く楽しめない。
ジョン・トラボルタの失敗作か。

251 :名無シネマさん:2010/05/16(日) 03:39:38 ID:EeoLY4Q/
>>250
おっさんばっか出てる映画なのに、渋みもほろ苦さもさほどなく
薄っぺらい話なんだよなぁ。コメディ部分も安い感じでつまらなかったし。

252 :名無シネマさん:2010/05/16(日) 08:44:33 ID:T/GD11JE
『宇宙ショーへようこそ』
試写会見たが、すばらしかった。作り手の情熱がほとばしった作品。
アニメ特有のキッチュさが渾然一体となったセンスオブワンダーな映像美。
それでいてキネマ旬報に載ってるような実写にも劣らない骨太な見ごたえ。
映画ファン必見の作品だと思う。

Welcome to THE SPACE SHOW Trailer
http://www.youtube.com/watch?v=DTapwLNHjG0

253 :名無シネマさん:2010/05/16(日) 09:32:39 ID:G3OcFFku
まじかよっw

254 :名無シネマさん:2010/05/16(日) 11:44:36 ID:sn1OgriL
ニュースメーカーズ

これはいいヒロイ物!!
信じられるかこれロシア製なんだぜ!!

ストーリーに斬新さはないけど何故か惹かれる
いい映画のリュックベンソンの影響が感じられる。(映画中に日本の話題が出るところ以外で)
フランス映画の影響と言った方がいいか?
そして役者がいい。ロシア人の役者なんて知らないしロシア語分るほど
ロシア映画見てるわけじゃないが、派手過ぎないショボ過ぎない表情口調動作がいい

対象年齢はまあ20歳以上かな?そんなに派手なアクションや爆発があるわけでないし。
軍事オタクは出てくるロシア製銃器・装備を一つ一つ確認してもいいと思う
あえて難癖つけるとすればギャング側の描写をもう少し丁寧にした方がラストをもっと際立たせたと思う
ただそれが演出の狙いだったかも知れない

255 :名無シネマさん:2010/05/16(日) 14:42:07 ID:Sxqm132l
ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習

ブルーノにハマったもんで遅まきながら。
こっちはアメリカ文化を皮肉る意図があったのにブルーノは不愉快なだけ…
みたいな評を聞いてたけど、ブルーノみたいな大掛かりな悪ふざけと違って
個人単位に嫌がらせするシーンが多くて、むしろブルーノより後味悪く感じた。

全裸での乱闘はベタながら爆笑。つか日本のDVDでも金玉無修正でOKなんだな。

256 :名無シネマさん:2010/05/18(火) 15:48:45 ID:tiK10cE0
ヴァンガード

5分で見るのやめようかと考える
もしかしたらこの先に...とかちょっとでも期待した私がバカでした。
21分で見るのやめました。



257 :名無シネマさん:2010/05/18(火) 15:53:08 ID:7HC3P9ma
>>256 21分で見るのをやめる判断すごいじゃん

バーンアフターリーディング借りてみたときは
ここから面白くなるのだろう なるのだろうで最後まで見てしまったわ
ブラックコメディってあんななのかな
クソつまらんかった 時間返せ

258 :名無シネマさん:2010/05/19(水) 00:23:33 ID:hN1o8+GQ
地下鉄に乗って

クライマックスでのみち子の行動が理解不能とか真次と小沼佐吉はあんなに
印象的な出会いをしているのに再会時の佐吉のリアクションが無いとか
腑に落ちないところは少々あるが全体としては悪くはないかなと思った

259 :名無シネマさん:2010/05/19(水) 12:35:48 ID:kb+vdCO5
ノウイング

ニコラスケイジ主演...って事で実はあまり期待してなかった。
その期待通りに外れである事にある意味ほっとした...って駄目じゃん俺...

これほど伏線に全く意味がない映画もない
ww初めから子供二人さらえばそれで終わりじゃんこのお話www
ノウイング?知ってる?だから何?見終わったら題名から突っ込みをいれたくなる

50年前の予言も、その予言内容が的中する事も、ニコラスケイジが科学者であることも、神父の親父を持つ事も、
息子が耳に障害を持つ事も、母親がホテルの火事で亡くなる事も
ラストのNYが壊滅する描写も、息子が他の星で走り回るのも

その”必然性”が全くないwww昔、メルギブソンの映画に「サイン」っていうのがあったけど
劇中のその「サイン」が全部意味なかったです><って、そんな映画の何処がおもしろいんだ?
”ああ、なるほど!!”が全くない映画。見るだけ時間の無駄。もし間違って借りたらラスト10分見るだけでよい。
この映画には底辺に流れるテーマもないし

>>256
この映画はラストまで”もしかしたらこの先に”が延々と続くだけなので、みんな注意してください



260 :名無シネマさん:2010/05/19(水) 16:30:06 ID:hRCZL1gE
悪魔のいけにえ

MoMAにフィルムが所蔵されているホラー映画って聞くとなんだか凄い感じがする。
レザーフェイス役の俳優は、何時間も豚を観察して研究し、
最終的に養護学校を取材してレザーフェイスの演技を固めたんだそうだ。
その甲斐あってかリメイクより原作の方がレザーフェイスの人間性と異常性が両立している。
特に獲物を逃して頭を抱えるシーンと、夕陽をバックにしたダンスシーンは必見。
ドラマや設定にこだわったリメイクと違って原作はみもふたもないが、その分シンプルで不純物がない。
娯楽性はリメイクの方が優れているがパフォーマンスとしては原作の方が勝っている感じで、
美術館にあるというのもうなずけるような気がした。

ロストボーイ

87年製作だけあって古臭いが、今観ると逆にそれが良い感じ。
特殊効果は稚拙の一言。だが笑えるほど過剰で無性に面白く感じた。
2000人のエキストラを使ったロケ撮影が随所に挿入されていて、
単なるドラキュラ映画とは一線を画している。
オープニングではドアーズのまぼろしの世界がバックに流れるがこの雰囲気がまた良い。
ラストの一言が何気に強烈で、エンドクレジットで再び流れるまぼろしの世界と上手い事調和している。
意外にも伏線が計算されていて、見終わった後、またもう一度頭から観たくなる映画だった。
母親役の女優が大竹しのぶに似ていて、若かりし頃のジャック・バウアーも出てる。

261 :名無シネマさん:2010/05/19(水) 17:03:13 ID:48/SXfVv
ブラインド・ミッション 2002年インド
長年忠誠を尽くして勤めた銀行をクビになった男が逆恨みで銀行強盗を企てる
その方法がなんと「盲人だけを使って宝石を盗み出す」という奇想天外な計画
3人の盲人を集め、シミュレーションを繰り返し、目が見えないことを悟られないように
銀行強盗をするというもの。

これはいかにも無理があるだろう、と思えるストーリーだが、なんとハリウッドが
リメイク権を獲得したらしい。たしかにばかばかしいような設定だが、成功後に
2転3転する展開面白くは、演技と演出次第では大ヒットするかも

262 :名無シネマさん:2010/05/19(水) 19:13:52 ID:opz+Idfq
>>260
「悪魔のいけにえ」は粗い画面のせいで、雑に作られてると誤解されがちだけど
例の狂人一家の家を創造するのに、スタッフは小道具の配置の一つ一つにまで細心の注意を配り
予算の関係でスケジュールがタイトだったこともあって、それこそ不眠不休で頑張ったらしい。
それが妙なテンションを生んで、あの緊張感溢れる画が撮れたって製作秘話で監督が言ってたな。
「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」と並んで、MoMAに所蔵されるに相応しいホラーの金字塔だわ。

263 :名無シネマさん:2010/05/21(金) 01:11:44 ID:lafahMfh
第9地区

なんか大きな話の序章というかサイドストーリーを観たような感じがした

264 :名無シネマさん:2010/05/21(金) 11:47:56 ID:k7bmaTEJ
「死霊のはらわた2」

1をこの間見て、周りが評価するほど楽しめなかった自分としては
この作品は最高に楽しめた。
悪魔のいけにえ2もそうだけど、総じてエンターテイメント度が
上がっている。なので怖いというよりかは楽しい。
最期の展開はオイオイって感じだったがそれもまた良し。
キャプテン・スーパーマーケットを見ようかどうか思案中w

265 :名無シネマさん:2010/05/21(金) 22:53:24 ID:QFmim/GI
フライトプラン
なんともばかばかしい計画。単なる偶然を当てにしてるだけ
こんなものを本格ミステリーなんて名乗っていたら、観客はブチ切れるだろう

266 :名無シネマさん:2010/05/21(金) 23:23:59 ID:Q3UKoFK8
だいぶ前にDVDで見たが、がっかり映画にも程があったなw
テレビで見たんならまだ良かったかもしれない。

267 :名無シネマさん:2010/05/21(金) 23:36:05 ID:S24cquZT
間違えて禁止の方に書き込んでしまった
書き込みの内容があまりに衝撃的だったから

268 :名無シネマさん:2010/05/22(土) 09:57:27 ID:jjgRfp04
「バニー・レークは行方不明」の現代リメイク版と言っていいんだよね「フライトプラン」
もちろん40年前のバニー・レークは比較にならない傑作だけど。

269 :名無シネマさん:2010/05/22(土) 11:33:18 ID:Z1HLq/bI
>>261
宣伝すぎてワラタ

270 :名無シネマさん:2010/05/22(土) 11:40:47 ID:ZnG3be/j
ファンボーズ

スターウォーズおたくのさえない4人組珍道中のコメディー映画。
友情ものとしてもすぐれているし、トレッキーとの争いとか
笑えた。なによりテンポが非常に良いため、まったくだれないし
このシーン必要ないだろうという場面が一切なかった。
万人にお勧めできる良作だと思った。
最期のセリフは皮肉が効いてて笑えたw

271 :名無シネマさん:2010/05/22(土) 11:41:33 ID:ZnG3be/j
>>270
ファンボーイズでした。連投すんません。

272 :名無シネマさん:2010/05/22(土) 13:32:41 ID:JWmU6qDf
「幸福(しあわせ)」

欝映画だった


273 :名無シネマさん:2010/05/22(土) 22:24:27 ID:LTJcySmg
「サロゲート」
これ、結構面白かった。
感動するほどではないが
眠くならなかっただけよしだ。
サロゲートの顔は、なんだか
みんなつるっとしてるが、
化粧か、CGか。
女性陣は、綺麗でよろしい。

274 :名無シネマさん:2010/05/23(日) 00:09:45 ID:3Ef1paMe
少し前にTV放送していたのを録画した

「300」

ところどころの演出はかっこよかったけど
戦いシーンばかりで途中で飽きた
早送りして会話シーンだけ見た

ガチホモが喜びそうな映画だなと思った

275 :名無シネマさん:2010/05/23(日) 09:03:02 ID:ro1Hjk2o
300はいかにもCG多様が見え見えで、安っぽい場面の連続に萎えた

276 :名無シネマさん:2010/05/23(日) 10:45:40 ID:kHQvcuvV
湖のほとりで

たまにはヨーロッパ映画作品も見ないといけないなって思いました。
事件捜査・解決ものなのでとっつきやすいし、救いがある。

277 :名無シネマさん:2010/05/23(日) 14:36:48 ID:qGSMUiz1
「PUSH 光と闇の能力者」
ダコタは、かわゆいが、
他に何にもいいところが、なし。
つまらんすぎる。
意味がわからんし。
最初の5分で眠くなったわ。

278 :名無シネマさん:2010/05/23(日) 15:18:53 ID:70CzDPuH
300はペルシャの王がジョジョに出てくるキャラっぽくて良かった
あとあの裏切り者を誘惑するときの酒池肉林な感じがたまらん

279 :名無シネマさん:2010/05/23(日) 17:06:28 ID:UzG9Rj+g
真夜中のピアニスト

マッド・フィンガーズのリメイク。
原作は観てないので比較してどうかってのは分からないが、良い映画だった。
主人公は精神的に未熟なうえに、ありがちなピアノの映画と違って天才でもない。単なるゴロツキ。
それだけに、他のピアノ映画に比べて共感しやすかったかもしれない。
最初は仕事をちゃんとやってるから音楽に集中できないんだけど、
途中から音楽にのめり込んで仕事がダメになると
人間関係もダメになってオヤジも死んだりして最悪の状態になりピアノ奏者としてもダメになるんだけど
生きる目標はしっかりと見出して自分のやりたい仕事を見つける。
個人的にはリードマイリップスの方が好きだが、ロマン・デュラスは良い俳優だった。

280 :名無シネマさん:2010/05/23(日) 18:20:17 ID:+GbaBMVD
「ブレイブ ワン」

雰囲気はいい。
しかしヒロインの最初の発砲はもっともたつく描写を見せてくれると思ったのにあっさりだった。
これで嫌な予感はしたけどやはりここから脚本の細かい点への無視や破綻が目立つようになる。
あまりに都合良く進みすぎる展開や刑事との安易な接触やらが感情移入を妨げる。
ラストもあんまりだけど魅力ある黒人刑事テレンス・ハワードのおかげでいくぶん救われる。
やはりジョーダン監督作としてはジョエル・シルヴァーと組んでしまったりとか
常連出演のスティーヴン・レイが出てこなかったりとかが中途半端なデキの原因か。

281 :名無シネマさん:2010/05/23(日) 18:55:01 ID:N3zqE37Q
最近のジョディーはどうしたよ。率先して駄目映画にばかり出演して。
女ニコラス・ケイジの称号もこのままだとそう遠くないよ。

282 :280:2010/05/23(日) 19:08:20 ID:+GbaBMVD
書き忘れたがジョディも老けたもんだ。
アップで皺がハッキリ映ったが40代半ばにしちゃ衰えが激しい。
最近出演作が減ってるのもその辺が原因かも。
最新作はメル・ギブソンと再び共演で自らメガホン取ってるらしいけどどんなもんだろうね。

283 :名無シネマさん:2010/05/23(日) 20:42:43 ID:LvBhIO1v
サロゲート

久々に時間を無駄にしたと感じたな。
とにかく薄っぺらい。

284 :名無シネマさん:2010/05/23(日) 23:24:45 ID:leE3U+BC
スラムドック・ミリオネア
流れの早さとストーリーの構築せいがうまい
音楽もインドてきでよい
ひさしぶりに面白い映画だった

285 :名無シネマさん:2010/05/23(日) 23:39:39 ID:M0v/v8dI
「ミリオンダラー・ベイビー」
てっきりサクセスストーリーだと思ってたので、かなりショック。
主人公がやりたいことをやった末にあの状態になってしまったが、
誰も恨んでないのはよかった。

286 :名無シネマさん:2010/05/24(月) 08:17:08 ID:4IhEKFnA
TOKYO!

レオス・カラックスのやつが強烈過ぎて、他の2人の作品がちょっと霞んじゃってる。
ミシェル・ゴンドリーとポン・ジュノが優等生的に見えてしまうほど、カラックスが挑発的。
東京を題材にしながら、都市を語るのを馬鹿げてるとでも言うような作品に逆に好感が持てた。

287 :名無シネマさん:2010/05/24(月) 09:41:50 ID:ZV4CpSfO
『D-WARS』

ファンタジー生物群vs現代兵器。
ゴジラとかキングコングみたいなボスキャラじゃなくてこういうのを待ってたよ
他にこんな映画知ってる人いる?

288 :名無シネマさん:2010/05/25(火) 17:38:17 ID:x9R1On0p
エヴァ破

旧版で精神的にアスカが壊れていくところが好きだったが新版では肉体的に壊れてしまった。
かなりショックだったけど予告篇では元気になっていたので次に期待。
序以上に使途のデザインが刷新されていてアクションが凄いことになっている。
レイがより人間的になっていて、アスカもファザコンの気が抑えられ普通の学園モノみたいな中盤。
昔と外見が変わってない分、中身が違うバルディエルのエピソードを前座にして
ゼルエルでシンジが主体性を発揮するエピソードを旧版とは違う形で肉付けした終盤。
最後はまごころを君にみたいな感じになってQ大丈夫かと不安になる。
新用語も登場して設定が気になるけど昔ほど考える気力はない。
10年以上たってもエヴァを見続けているのって正直どうなんだって感じで、
解釈はどうでもいいから映像的な快楽でもう満足だ。

289 :名無シネマさん:2010/05/25(火) 21:30:46 ID:zkhFNwxM
「パブリック・エネミーズ」
つまらん。
長すぎる。
そんなにすごい、犯罪者なの?
早く捕まればいいと思ったよ。

290 :名無シネマさん:2010/05/27(木) 01:24:27 ID:6KyapAp6
エルム街の悪夢

何きっかけでフレディが復活したとかようわからんかったがそこそこ楽しめた
でもラストのホロには思わず噴いたけど・・・
BGMがふわっふわして弱かったせいかPart3のDreamWarriorsが無性に聴きたくなった

291 :名無シネマさん:2010/05/27(木) 01:30:45 ID:oyWVR6F7
ミリオンダラーベイビー 5点/10点

俺はしんみりとできる後味の良い映画を借りたかったんだが・・・
↑の意図から微妙にずれたものばかり借りてしまう
エリザベスタウン、この森で天使はバスを降りた、フォーエバーフレンズ、
マイフレンドメモリー、バイバイママetc、どれも悪くは無いが今ひとつ違う
アバターと愛を読むひとが最近の中じゃ割りと適合した部類かなあ

292 :291:2010/05/27(木) 01:37:49 ID:oyWVR6F7
そんな俺はベット・ミドラーのステラ、超見たい。
恐らく俺の好みにどんぴしゃのはず。が、ほぼ入手不可
今月からケーブルTVの衛星契約したからそのうち放送してくれると嬉しい

293 :名無シネマさん:2010/05/27(木) 02:15:30 ID:X9AbAY9v
>>291
ミリオンダラーベイビーとキッズリターンを続けて観て大いに凹んだのを思い出したw

294 :名無シネマさん:2010/05/28(金) 15:35:05 ID:CVARtPUh
ブレイド2
吸血鬼と人間の混血ブレイドとヴァンパイアの戦いを描いたシリーズだが
2は一味違う。お子様向けのヒーロー物なんてクソ食らえと、とことんかっ
こよさを追求し、グロさを強調している。ヴァンパイアが死ぬときの燃えて灰に
なるようなまるでゲームを思わせる臭いCGも逆にコントラストを際立たせるの
に不可欠なようにここでは効果的だ。そして秀逸なのがヴァンパイアの個性的
なキャラクター、よくもこういう魅力的な一度見たら忘れられないような人選を
したものだ。
ラストの絵画を思わせる余韻と、それをすっぱり断ち切るような終わりかたは
本当におしゃれだな。

295 :名無シネマさん:2010/05/28(金) 17:03:50 ID:kxOEWaNn
「バタフライエフェクト」

いいねぇこういう映画。 2004年公開だったんだねぇ。知らなかった。 
全ての伏線がエンディングに関わってくるっていうのは本当にいい!!
切ないエンディングってパッケージに書いてあるけど本当にハッピーで切ないw
DVDメニューから別エンディングを他に2本用意してたけど、、、まあこれは蛇足だなw

いい映画だからこそ、Part2を見るのがある意味怖い

俳優さんは知らない人々wだけどいい演技してたと思う。
最高の幸せ、最悪の状況、そこそこの普通をうまく演じてた。
見た後にスッキリ感があるのもGOOD

お勧めの1本に入れます


296 :名無シネマさん:2010/05/28(金) 17:13:28 ID:IAfKk0xh
2と3は別の映画だと思って見た方がいいです。

297 :名無シネマさん:2010/05/28(金) 20:45:06 ID:pDnTwrLQ
今日は2本見ました。ネタバレ注意。

「ターミナル」

ずっと見たかった作品。予想ではもっと絶望の中閉じ込められるのかと思ったら結構コメディ要素もあり、
すっきり見れました。2時間がとても早く感じた。個人的にはアメリアと最後ハリウッドの王道見たく結ばれちゃうのかなと思ったけど、
結果的に結ばれなくて良かった。スピルバーグってSFのイメージしか無かったのですが、こういったヒューマンドラマもいいですね。
久々にいい作品を見た気がします。ゾーイ・サルダナかわいい!

「the Mist」

最後の15分間が気になり借りた作品。見たあとしばらく、呆然としてしまいました。自分なりに整理しようと思ったけども今でも整理付かないです。
4人を射殺した(それも自分の子供を)その後の人生はとてもじゃないですけど生きた心地はしないでしょう。救いが無い。
確かに最後の15分間は壮絶ですね。はぁ。
しかしあの極限状態の集団心理はよく描けているなと思います。教祖様がだんだん支持を集めていくところとか、
本当にありそうで怖い。だから撃ち殺されえたときは思わずガッツポーズしてしまいましたw

面白いけど確実に人を選ぶ作品ですね、これは。面白い映画ない?って聞かれておすすめは出来ないだろうなぁ。

298 :名無シネマさん:2010/05/29(土) 17:34:37 ID:irTs6bWM
プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂


ディズニー映画であの敏腕プロジューサーの作品
パイレーツオブカリビアンの悪夢がよぎったが、これは良作
物語や色々なシーンはどこかで見たような気もするが、それを差し引いても
万人に勧められる良作
気楽に楽しめる映画らしい映画だ。

299 :名無シネマさん:2010/05/29(土) 18:09:01 ID:KdUVjEZD
ドッグヴィル

最低限の美術しかないスタジオに白線をひき村に見立て撮影するという変な映画
まるで舞台を見ているようだがあくまでこれは映画なので、舞台にはない奥行きがあった
演劇では観客の視界を限定させてアングルを固定することはできないが映画は違う。この差はでかい
どうみたって経費の節約にしか見えないが、それを映画にする面白みは確かに存在していた
だが、そういう意味での試みが十分に発揮されているかといえば微妙の一言
何もないセットを実際の村のように思わせる情感と舞台的な面白味が喧嘩していたからだ
三時間という長い物語もボリュームがあるというべきか冗長と断じるか悩むところ
全体的に中途半端で面白いことは面白かったけど傑作ではなかったという感じ

300 :名無シネマさん:2010/05/31(月) 00:36:31 ID:1n5WrNes
ローラーガールズ・ダイアリー

ドリュー・バリモア初監督作品。マドンナの初監督作品よりはずっと出来が良い。
まあ、マドンナが難しいことをやろうとして滑ったのに対して、
こっちはエンタメに徹した作品なので、難易度は低いんだけど。
スポーツに縁遠そうな主人公が何でいきなり主力選手になれるんだとか、
折角濃そうな面子揃えてるのにチームメイトの描写が足りないとか
いろいろ痒いところに手が届かない面はあるのだが、
ローラーゲームという素材の新鮮さと、ご都合主義ではない、力強い前向きさで
これらの欠点を凌駕する魅力ある映画となっている。
最後、(どちらかが一方的に折れるのではなく)母親ときっちり和解できるところも良い。
若い女の子が主役のガールズムービーなので、若い客や女客が多いのかと思ったら
後ろの席の爺さんにもウケていたw

301 :名無シネマさん:2010/05/31(月) 02:52:50 ID:nAVZj4w9
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
毎度のように思うけどクライマックスのイメージ映像的表現がどうにもだが今回は割りと控えめだったかな
でもよう分からん話されてそれをなんとなく勢いで丸め込むような感じは何とかならんかね
次回作でスッキリさせてくれよ

ザ・シューター(The Contractor)
それなりに納得できる展開とか演出とかをしないから何を描きたいのかさっぱりわからんかった

302 :名無シネマさん:2010/05/31(月) 10:52:42 ID:a3ffLtw9
父たちの星条旗

途中で見るの一旦中断したから、感想じゃないんだけど(スレ違いスマソ)
アメリカ部分ならともかく、(インディアンと衛生兵と馬鹿ねって感じでw)、
硫黄島部分で上記3人以外の他の兵士達、下手するとその3人まで、
全く誰がだれやらわからないんだけど、これって映画鑑賞する力相当弱いのかな?
昨日は出先でポータブルだったけど、今度は大画面のテレビでチャレンジしてみる。

303 :名無シネマさん:2010/05/31(月) 12:23:19 ID:xUQgHbtZ
>>301

ザ・シューター
同意wwあれは原作読まなきゃ楽しめない。
原作→映画なら少しは楽しめたと思う。...原作再現したら4時間は必要かもw

「幻影師 アイゼンハイム」
いい映画...なんだろうなぁ...
違和感感じてWikiで見ると、なるほど短編小説の映画化だったのね。
いい出だし、終わりなんだけど真中でまったり感が少しあるの。短編を引き延ばしたせいなのかな?
見せ方的には...知ってる映画で言えばソードフィッシュとかユージュアルサスペクツかな?
冒頭に見せ場→見せ場になるまでの経緯(真END用伏線張り)→
見せ場の続き→仮エンディング→トリックあかしの真エンディング
意地悪く批評すれば仮エンドでもっと観客(現実の)を騙せば/泣かせば真エンドがさらに際立つと思う

自分評価で92点。他人にもお勧めできるけど多分題名思い出すまでちょっと時間がかかるくらいのレベル。



304 :名無シネマさん:2010/05/31(月) 16:00:22 ID:yno9dXp/
タイタンの戦い

えっ、メカフクロウの出番こんだけ!?

305 :名無シネマさん:2010/05/31(月) 19:02:23 ID:kaMBoveo
ロード・オブ・ザ・リング

長さもあまり感じずに面白かったし、美しい風景や幻想的な街並みなど、世界観も素晴らしかった。
しかし気になるところはいっぱいあった。
まず、主人公であるフロドが助けられてばっかりで情けない。
ラストの戦いくらい見せ場を作ってやればよかったのに。
ところどころ、いきなりスローモーションになったり、ガラドリエルが怖くなったり、
演出が少しチープかな、と感じる場面が多かった。
ボロミアとアラゴルン、ガンダルフとサルマンのビジュアルがかぶっているのもどうにかならなかったのか。
あと、戦いの後でも登場人物たちの顔に泥一つ付いてないのも気になった。
最後に、ガンダルフは立ち止まらなければ逃げれたんじゃないかな?と思った。

306 :名無シネマさん:2010/06/01(火) 13:40:37 ID:WGYVzEyH
処刑人

悪党を殺していく映画
あの刑事がなんか途中からおかしくなったのには笑った
古畑任三郎みたいな刑事モノかと思ったが、そうじゃなかった
なかなかよかった

307 :名無シネマさん:2010/06/01(火) 20:40:40 ID:xEDSSSns
「パラノーマル・アクティビティ」
そう、たいしたことねーな。
今か、今かと期待したけど、
消化不良じゃね〜か。
ただ、夜中のトイレ時に思い出すと、
やや怖くなるかも。

308 :名無シネマさん:2010/06/02(水) 00:53:59 ID:jzBf1lbB
「アリスインワンダーランド」(3D/吹き替え版)をワーナーマイカル板橋で観てきました。

実は5月に字幕版で見たのですが、最大画面の8番スクリーンが3D対応になったので
どんなもんかと思いまして観て来ました・・。座席はやや後方ほぼ中央の座席で、がらがらでした。
ここの2番スクリーン(字幕)で観たときより、奥行きがあってより3Dの効果が実感。
IMAXデジタル方式以外の3D映画は、暗いと言われていますが、realD方式ではそんなに暗いとは思わなかったな。
内容は省略しますが、ただ字幕か吹き替えか、賛否両論あるけど字幕で観られる事をお勧め致します。

309 :名無シネマさん:2010/06/02(水) 18:50:42 ID:+Yi7r3ee
アリスインワンダーランド
世間の評価いま一つなのでスルーしていたが、座頭市が完売なのでしかなく・・・ってのはウソ。
たまたま見れる時間が市とアリスしかなかったので、もちろんアリスチョイス。
余談だが誰が香取に市やらせようなんて思ったんだ?映画ファン舐めるのも大概にしろやジャニーズ。

でアリスね、童話のアリス自体よく知ら無い俺は結構楽しめた。
まぁ、バートンテイストは薄口でチャリチョコみたいなブラックさが少なめなのは残念だったし、
それに加え王道のファンタジーストーリーでキャッチーな設定、
さらにさらに下ネタ・残虐NGのディズニー縛りがありながら
作りこまれた世界観の緻密さ、役者の怪演など、飽きることなくいい意味でマグロ状態で2時間まったり。
ボナムカーターと、ハサウェイは特に良かったな、単なる記号陥りがちな善悪のキャラだが、
深読みしようと思えばいくらでも深読みできる捻りの効いた設定。
常に両手を肩まで上げ斜めに回るように移動するハサウェイ、
変顔一歩手前のメークの美しさ、微妙な均衡で演じる善人は裏の顔を色々想像出来て楽しい。
対するボナムカーターの、ファシスト暴君の気風の良さに惚れ惚れし、
その半面クリーチャーの悲哀も見せてくれる。この辺りは流石バートン。
アリスは前半イマイチパッとしなかったが、甲冑姿が美しい、コレが甲冑萌えって奴かw

・・・ああ、そういやデップは一番どーでも良いような感じだったがw

310 :名無シネマさん:2010/06/02(水) 20:03:39 ID:rH0WF3yi
アリスは某ブログでムチャクチャけなされてたけど
まず原作を踏みにじってキャラクターが全く違っていること
3Dの意味がない映像だということ
嫌いなやつは武力で潰してしまえというディズニーらしからぬ映画だということ

何しろ退屈らしいんで二の足を踏んでいるんだが

311 :名無シネマさん:2010/06/02(水) 20:54:00 ID:uVV7UiLW
アリスは原作云々の前に単純に話が面白くなかったな

お前は救世主じゃない→なし崩し的に救世主に
VSジャバウォッキー→なんとなく戦ってなんとなく勝つ
なんというか、何も何もサプライズが起こらなかった
あとキャラが常識人ばかり・・・

世界観の雰囲気だけでも好きになるかと思ったら、
なんかメルヘンしていない(街の焼け跡とか世界が現実的)

312 :名無シネマさん:2010/06/02(水) 20:59:13 ID:bL11vehM
やっぱり映画館の価値はなさそうだな

313 :名無シネマさん:2010/06/02(水) 21:08:38 ID:spdnAi5l
だってディズニーが企画を持ち込むまで
バートンはアリスに興味なかったらしいし。

314 :名無シネマさん:2010/06/02(水) 22:40:34 ID:LcIVDb/p
2012

笑う映画か!?

315 :名無シネマさん:2010/06/03(木) 00:18:45 ID:Qd4zOAsf
「監獄島」
主演レスラーのS・オースティン、監督「ハードトゥダイ」の監督主演のスコット・ワイパー。
死刑囚を島で戦わせてネット配信て、よく似た設定のは見た事あるけどこれは面白かったわ。
ちょっと残酷気味だけど戦い方に重量感やスピード感があって飽きない。
まぁ、なかなか。

316 :名無シネマさん:2010/06/03(木) 00:32:29 ID:lS1cHSDc
バートンがアリス知らなかったのは意外だったな
ああいう系の奴らってほぼ全員アリスがバイブルだろ?

317 :名無シネマさん:2010/06/03(木) 07:20:50 ID:MvrKA244
エスターを観たんですが
最後の方のあの人は違う役者ですよね?

318 :名無シネマさん:2010/06/03(木) 14:32:54 ID:N2cVesUf
「恋愛適齢期」

こんなストーリーは数多の映画、ドラマで既に見た

この映画の脚本家ナンシー・メイヤーズって「ハート・オブ・ウーマン」の脚本も書いた奴だったのか
主張する女とヘタレな男
コメディにおいてはよくある設定ではあるが、この脚本家のそれは女が見ても不愉快
「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」と同じで最終的に都合良く全て女の思い通りになる男ってどーよ

319 :名無シネマさん:2010/06/03(木) 15:40:50 ID:M315tOEa
「パリより愛をこめて」

軽くて良い出来の映画だったな。
しかしトラ最高だな、「サブウェイなんたら激突」なんか足元にも及ばん役作りだな。
あの年でキレキレのキャラを楽しそうに演じる様は実に良かった。箱乗りバズーカなんてホント笑えるw

一見無軌道、アナーキーな行動だが、結果見ると計算に裏打ち(結構アバウトだけど)された行動。
加えてジョナリーが実に味のある狂言回しを演じる事により、
トラの修羅場くぐり抜けて過去、そしてタフガイさがより一層浮かび上がる構成。
そしてその間の掛け合いの妙、ラストの絡み、バディムービーの良さが詰め込まれているな。
ま、時たまトラの体が重そうだったり、
トムクルの劣化みたいな両手マシンガンとかあるが、それさえも微笑ましい感じ。

そうそう、あのアウディドライバー、アイツも悪くないが、
ゲストでステイサムがステアリング握ってたら、俺的には神映画になってたw

320 :名無シネマさん:2010/06/03(木) 16:14:52 ID:qgayluaK
ラフマニノフ ある愛の調べ 

 天才ピアニストで作曲家でもあるラフマニノフの生涯をつづる伝記映画
音楽は知っていても彼自身については何も知らない白紙の状態で見た
だからあくまで映画としての感想
イントロの亡命後初めての演奏で、「ロシア大使の前では弾けない」
と演奏を拒否するところはすごく引き込まれたのだが、その後の人物
描写が薄く、焦点がぼやけて、何がいいたいのか全く分からない。そのせいで
挿入される映像も、音楽もすばらしいのに、全体として安っぽく感じた

321 :名無シネマさん:2010/06/03(木) 18:44:20 ID:kD6whfdC
私の中のあなた

ムカついたの一言に尽きるわ

322 :名無シネマさん:2010/06/03(木) 22:49:31 ID:XtU2MY9J
>>321
それキャメロン・ディアスのやつ?
昨日レンタルしようか迷ってトランスフォーマー2にしたよ。

323 :名無シネマさん:2010/06/04(金) 09:08:11 ID:y4VPB3gb
>>322
それはないわ。
特に2は最低だった。

324 :名無シネマさん:2010/06/04(金) 18:47:28 ID:+3pTzVpb
処刑人

お 前 の よ う な バ バ ァ が い る か 

325 :名無シネマさん:2010/06/04(金) 23:59:34 ID:6GlLFCRW
ミリオンダラーベイビー

鬱エンドということだけは知っていたのである程度心の準備は出来ていたがキツかった
モ・クシュラの意味を教えるシーンは泣けた

326 :名無シネマさん:2010/06/05(土) 00:09:32 ID:bKUujf0H
>>324
昭和の飲み屋に普通にいたw

327 :名無シネマさん:2010/06/05(土) 00:25:34 ID:53lyVV6B
あんなババアは滅多にいないが
デフォーみたいなゴツゴツした女装おっさんなら新世界に山ほどいる

328 :名無シネマさん:2010/06/05(土) 11:11:00 ID:nUVkBR+b
ゼロの焦点

広末めあてで借りたが 実質 中谷美紀の映画だった

329 :名無シネマさん:2010/06/05(土) 13:28:25 ID:dF3mPkQD
ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔

面白かったけど、最後の戦争シーンに行くまでが長かったかな。
前作以上に、ビジュアルがかぶってるキャラが多すぎる。「髭面ロン毛」がいすぎ。
あと、サルマンの兵がどう見ても一万人以上いるように見える。
一万人って、あんなもんなのかな?

330 :名無シネマさん:2010/06/05(土) 16:22:50 ID:Y0Gl99ML
「日の名残り」

イマイチよくわからんかった“執事”って
どんな仕事やるのかようやく理解できた。
このジジイが送った人生に泣けた。傑作〜

331 :名無シネマさん:2010/06/05(土) 18:33:00 ID:2LT8AtQ8
ロードオブザリングって
二作目以降は資金が潤沢になって
金がない中で悪戦苦闘して仕上げた一作目に比べて演出面で面白みがなくなった
っていう話をたまに聞くね

332 :名無シネマさん:2010/06/05(土) 19:13:45 ID:BgSrcz84
ノン子36歳(家事手伝い)

なんだこの行き当たりばったり感は・・・嫌いじゃないけどな
あと寝起きのTシャツが見事にはまってたからその後の図柄に気を取られたが
それほど発展なくちょい残念な位

333 :名無シネマさん:2010/06/06(日) 00:33:01 ID:NYiHbH/t
>>328
広末目当てって…
ファンなのか?
珍しいな…

334 :名無シネマさん:2010/06/06(日) 00:40:41 ID:WeyIjxFJ
>>333
結構いるぜ
友達なんかカラオケいったら必ずマジで恋する5秒前歌うんだよ


335 :名無シネマさん:2010/06/06(日) 00:43:51 ID:Ip52kwz0
広末はなんかエロくて好きだ

336 :名無シネマさん:2010/06/06(日) 01:27:02 ID:ouuLq6LG
マスター・アンド・コマンダー

読んだばかりの海洋冒険小説が面白かったので、近い時代の帆船を見てみたかった。
小説で読んだ情景が、映像で見られて楽しかった。
映画自体は通常の冒険物、戦闘物とはやや文法を異にしている感じ。
船内はむさ苦しく戦闘は血生臭いが、全体的な印象はあっさりすっきりで
ほのぼのもあるよ的な、ピーター・ウィアー風味。


337 :名無シネマさん:2010/06/06(日) 02:39:02 ID:mL3SAb3h
パブリックエネミーズ
退屈 途中で集中力切れてダラダラ見た
マイケルマン―ジョニーデップ 互いにいいとこ消しあった感じ

338 :名無シネマさん:2010/06/06(日) 03:33:21 ID:khpCLRim
>>336
冒頭の霧の中から始まる導入部なんかウィアーらしいよね。
船医が無人島の異環境にハマる様子は初期のウィアーをそしてそれに影響を与えたヘルツォークを思い出させた。
しかしあの隻腕になった少年、あの歳であの域に達したら将来は歴史に名を残す人物間違い無しだろうw

339 :名無シネマさん:2010/06/06(日) 07:43:12 ID:/VZemXXi
暗闇でドッキリ
セラーズ=クルーゾーでは一番面白い。以降のシリーズはちょっとやりすぎだと思うし。何度も連行される天丼がいい。

340 :名無シネマさん:2010/06/06(日) 08:20:03 ID:UefoK3i0
>>335

末広はリック・ベッソンのカキタレガールズの中では一番の豊乳だな。

341 :名無シネマさん:2010/06/06(日) 08:46:20 ID:iXWkypTe
>>333
いる。うちの上司のPCの壁紙は常に広末だし
検索履歴をこっそり除くと「広末 エロ」と入っている

342 :名無シネマさん:2010/06/06(日) 09:07:58 ID:29XGCfIq
告白

原作読んでて見たいと思ってる人、ご安心下さい
デートムービーとして見たいと思ってる人、ご遠慮ください

343 :名無シネマさん:2010/06/06(日) 20:18:53 ID:mL3SAb3h
ミレニアム ドラゴンタトゥーの女

借りた後 三部作の一だと気付いた
が この事件取り敢えず完結した
謎が残り2に続くでなくてよかった

344 :名無シネマさん:2010/06/06(日) 22:30:57 ID:BIDT9cX4
007 カジノ・ロワイヤル

ボンドカーらしき車がこれからだろってところであっさり逝ったからか
アクションよりも心理戦の要素が多いのかなと思った

345 :名無シネマさん:2010/06/07(月) 01:09:17 ID:/2IoknRI
シーサイドモーテル
生田は別として、麻生、古田新太や温水、
松尾スズキ、トリックの秋葉原人の人、等のサブカルな顔ぶれ、
しかもこれだけの顔ぶれでのシットコム、これは見逃せないと早々に観賞。

・・・・・残念、期待をかなり大幅に裏切るつまらなさ。
何より脚本が超凡庸、個々のキャラのセリフが全く面白くない。
セリフの掛け合いやモノローグのキレがないのは致命的、
せっかくのキャストの良さを皆殺しDEATH。
4つのエピソードの絡み合いも上辺だけで、その上意外性ゼロ、
「こうなるな〜」って思いながら見てたら、全〜部その通りの展開。
捻りの無い展開先読みできても、面白くもなんと無い。
クロスオーバーするドラマでなんのサプライズも産み出せないなら
こんな脚本映画にする意味無いんじゃん、

ただ、男優は皆それぞれの持ち味十分に発揮してるし、
麻生久美子が少しエロいし、鳴海リコの質問猫娘はシーンは少ないが印象的だし、
キャバ嬢の股間やケツの接写だけは良かったよ。
でも、そんなのは他の作品でも良く見かける光景かな。

入場料払って無理して見る映画じゃなかったよ。

346 :名無シネマさん:2010/06/07(月) 22:19:41 ID:SSolyFAi
ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還

指輪のせいだとはわかっているが、最後までフロドが情けなさすぎる。
最後の最後くらい、カッコよくキメさせてやればいいのに。
ほとんどサムが活躍してるし、サムが主人公の映画だろこれ。
そこ以外はほんとに面白かった。

347 :名無シネマさん:2010/06/07(月) 23:12:59 ID:nsUgdupC
オトシモノ

理解に苦しむ展開・演出が多すぎて途中からなんかのパロディのように思えた

348 :名無シネマさん:2010/06/08(火) 00:49:25 ID:cM8ClRE2
>>346
俺もその点ばかり気になってしまって、結局俺の中で駄作扱いになってる


349 :名無シネマさん:2010/06/08(火) 01:00:56 ID:oHOXSSV5
>>346
原作未読で映画館で見たから俺もフロドの情けなさに唖然とした記憶があるなぁw

350 :名無シネマさん:2010/06/08(火) 03:29:35 ID:lzbLI286
>>346
それだけ指輪の力が強いんだよ
結局ホビット庄で生活できなくなって灰色港から旅立っちゃうし
最終的にはサムもアマンへ旅立つ
サムの映画というのには同意

351 :名無シネマさん:2010/06/08(火) 07:15:01 ID:BOn7Izid
ドンサバティーニ
ゴッドファーザー役をパロディにしたみたいな映画
マーロンブランドのゴッドファーザーの演技を楽しむのにはもってこい


352 :名無シネマさん:2010/06/08(火) 07:37:15 ID:tJWS0oG0
>>346
原作ではカッコいいんだよ〜
ゴラムに「下がれ!腹這うものよ!」とか仁王立ちして言ったりして。
小さいけど精神的にはエルフのような強さと美しさを感じられるホビット…なんだけど。

353 :名無シネマさん:2010/06/08(火) 23:10:46 ID:Z4kG+K3S
「トワイライト」
面白かった。美男美女は絵になるね。


354 :名無シネマさん:2010/06/09(水) 00:09:23 ID:rSwAuvDY
「プロトタイプターミネーター」
本編見てない。予告だけ。それでもお腹いっぱいなくらい全てを理解した。

355 :名無シネマさん:2010/06/09(水) 00:20:11 ID:a1ReBKwJ
バーンチェイサー

主人公がミュージシャンの設定なのにものすごい行動力を発揮するところから
すでにだがその後も無理やり展開が多すぎてその乗りについていけない
ラストもいかにものハッピーエンドだがネコババしたんちゃうんかと妄想した

356 :名無シネマさん:2010/06/09(水) 13:29:43 ID:w0ouNpCi
エスター

よかった。
特にエスター役の子。熱演してた!
マックス役の子の可愛さも尋常じゃない!
話自体は普通のサイコスリラー(?)な感じかな。
ただロケーションとか演出が効いてた。
テンポがいいので見易いけど、家族鑑賞には向かないです。
最初は女ダミアンだと思って観てたけど、オカルト要素はなし
なんか精神的にきもちわるかった。
あまり怖くはないけど、夜中夢に出たわ。
暫く忘れらんないよー!

357 :名無シネマさん:2010/06/09(水) 13:50:14 ID:w0ouNpCi
カイジ

かなり期待してたけど半端なくガッカリしました!
導入部で失敗にきずきました。
俺の友人が『つまんなそうな気配がする』と言い残してスルーしてたのが印象的でしたね。




358 :名無シネマさん:2010/06/09(水) 13:51:17 ID:Sr7YX+Zj
トロピックサンダー史上最大の

アホでくだらない映画みたかったから良かった
つかあのハゲがトム・クルーズだったなんて


359 :名無シネマさん:2010/06/09(水) 16:37:52 ID:/iGc4wox
イグジステンズ

突然変異した両生類の卵から作ったコントローラ的なものを中枢神経に接続してプレイするゲーム。
その発表会場にテロリストが現れ、ゲームデザイナーが命を狙われる。
負傷したデザイナーを助け出した偶然から、主人公は新作ゲームのデモプレイに参加するが、
実は主人公自身もテロリストであり、エンディングでゲームデザイナーを射殺する。
トータルリコールとマトリックスを足して二で割ったような内容。
別の言い方をするとディックのユービックと死の迷路をビデオドローム風に映像化した感じ。
着想はイスラム原理主義の弾圧らしいが、バラードやバロウズを読んでるんだから恐らくディックも読んでるだろう。
既にハゲつつあるジュード・ロウと美人過ぎるジェイソン・リーのコンビが良い。
現実ではないものを現実と同じように撮影する手法に堪える演技を見せていた。ただラストは冷たい。
八十年代までのクローネンバーグ映画は、たとえ最後に主人公が死んでしまおうとも、
ある種の幸福を感じさせるラストが多かったが、今作にはそういう甘い雰囲気がなくて寂しかった。

360 :名無シネマさん:2010/06/09(水) 20:20:40 ID:OZtY79f3
トロピック・サンダーの裏話でベン・スティーラーが
俳優が勝手にカット!ってカメラ止めるシーンは
「太陽の帝国」で自分がカットって言って監督怒らせたことがあって
「いまだにクリスチャン・ベールにスピルバーグ怒らせた人だ〜アハハ」
って言われるんだよ〜とほほえましい話をしてたんだが・・・

「太陽の帝国」見たら、びっくりするぐらい端役だ!!
そりゃスピルバーグも激怒するわとほほえみました

361 :名無シネマさん:2010/06/09(水) 22:34:30 ID:c5WUU8P0
生贄

パッケージ詐欺
深刻な実話集団レイプ殺人をあんなにやすっぽく描いていいのかと思った。

362 :名無シネマさん:2010/06/11(金) 00:25:20 ID:uprX3Jjw
「赤ちゃんよ永遠に」

環境汚染と人口爆発で、出産禁止令が発令された近未来。
その代用品として赤ん坊ロボが流行する中、掟を破って密かに赤ん坊を出産した夫婦に待ち受ける運命は・・・

てな感じの反ユートピア映画。70年代量産された「絶望的な未来世界」映画の中でも、屈指の鬱映画。
つか、コレって劇場公開作品なのか?セットと特撮のチャチさは失笑モノで、TV映画としか思えん出来。環境汚染を表現したいのか
屋外の映像はドライアイス煙まみれで、もう何がなにやらw 何より赤ん坊ロボきめぇw もうねトラウマレベルのキモさ。
オチの後味の悪さも製作者の悪意を感じる。金払って見た奴ってマゾとしか思えん鬱映画。

まぁ、冷静に観るとツッコミ所満載のバカ映画ではあるが、当時の世相を鑑みると笑えない作品なんだろうな。
未見の人は、「ソイレント・グリーン」「少年と犬」と続けて鑑賞するべし。ついでに「26世紀青年」を観るのもお奨め。

363 :名無シネマさん:2010/06/11(金) 01:17:43 ID:qrDobcUZ
プリンス・オブ・ペルシャ

ブラッキー印、パイカレ的な大味映画と思っていたが、これが意外な良作。
冒険王道映画のテンプレで何も目新しい事はしていないが、
キャラの肉付けや関係性、それを踏まえての要所要所で粋なセリフ、娯楽要素満載。
タイタンみたいなただの凡退(大)作と一線を画す出来、スルーしないで是非。

ま、時に観客を置いてきぼりでサクサク話進めるきらいはあるし、ヒロインは日本人から見れば?な感じ。
しかし、特筆すべきは後半の3兄弟の関係性が最高で、とにかく男心をくすぐる。
男気映画が好きな奴は必見。

364 :名無シネマさん:2010/06/11(金) 01:23:41 ID:BOSOW7rb
スペル

効果音・BGMの類が最初の方から過剰なのか途中から一歩引いた目線になってしまった
呪われた物体が目視できない状態になってからラストが読めたのも残念
墓場後の急激なご都合好転ぶりももう少し丁寧に描けないものかね

365 :名無シネマさん:2010/06/11(金) 11:58:38 ID:yV3qClPt
沈黙の惑星
タイトルにつられて、見たら、セガール全く関係ないじゃんか

366 :名無シネマさん:2010/06/11(金) 16:50:25 ID:n07tXcFc
アイアンマン2
まぁこんなもんか。
グィネス死亡!?と思ったらエンドロール後オマケ映像じゃ
3でクビレ有りのアイアンレディスーツで復活の兆しあり。

367 :名無シネマさん:2010/06/12(土) 00:04:38 ID:7UZNL+UL
僕の彼女はサイボーグ

WOWの朝っぱらの放送をたまたま見始めた、いつ途中下車してもいい感じのながら見で・・
すると早々に全身光沢のレオタに包まれた綾瀬!俺のストライクゾーンど真ん中のフェチェコス!!!
その後、その姿での再登場を心待ちにして、最期まで観賞。

・・・・童貞の夢物語を具現化した映画だったな。
青臭さ満載であざとい・・・しかし、!この欠点こそこの映画の最大の魅力なんだなw
光沢レオタを期待しつつも、それなりに面白く観賞。
俺が童貞だったら神映画になっていたかもしれんw

それにしても、綾瀬が死ぬほど美しく、そして可憐に撮れられていて驚いた。
ICHIやハッピーフライトの綾瀬なんて屁とも思わなかったのにな。映画って不思議だよなw

368 :名無シネマさん:2010/06/12(土) 02:33:37 ID:447c7lz4
↑糞チョン映画なんか見るなよ

369 :名無シネマさん:2010/06/12(土) 02:44:34 ID:uBfkWpry
アイアンマン2
多分やりたいことが有り過ぎてまとめきれなかったんだろうとフォロー
一本の映画というよりパイレーツのデッドマンズ・チェストよろしく繋ぎの作品かな

370 :名無シネマさん:2010/06/12(土) 04:24:09 ID:S0P/m2Ma
家族ゲーム

例の宮川一朗太の顔のモゾモゾは普通にぞっとした。
内容としては、シュールを狙いすぎてて少しスベッてる感じがした。
子役(特に慎一役)の演技がちょっとひどすぎる。
由紀さおりが色っぽかった。戸川純がかわいかった。

371 :名無シネマさん:2010/06/12(土) 06:42:03 ID:74vW8ftS
告白

どうせ邦画だから…と保険をかけつつ観たがそんな心配は全く杞憂だった。
原作が未読だったので楽しんで観れたし、生徒らも「今時」らしく、映像表現も美しい。
何より委員長役の女の子が可愛い。

372 :名無シネマさん:2010/06/12(土) 08:16:11 ID:8IFzIkSK
>何より委員長役の女の子が可愛い。
よし観に行こう。

373 :名無シネマさん:2010/06/12(土) 17:33:06 ID:AOThaQVd
「となりのトトロ」

…を、英語版で見た。
サツキとメイの声が明らかに子供なのに異常に上手いと思ったら、
ダコタ・ファニングとエル・ファニングだった。特にメイw驚異的w

374 :373:2010/06/12(土) 17:37:30 ID:AOThaQVd
だけどカンタのばあちゃんをナニー呼ばわりするとは何事w

375 :名無シネマさん:2010/06/12(土) 18:34:17 ID:5O5y41iR
告白おもしろそうだな

376 :名無シネマさん:2010/06/12(土) 18:48:39 ID:p0yGmltt
犯人は真ん中で寝てるやつ

377 :名無シネマさん:2010/06/12(土) 19:06:27 ID:yhXkos4f
>>372 ついでに言うと委員長じゃないが
女子中学生のパンチラ&水着のサービスもあり。

378 :名無シネマさん:2010/06/12(土) 20:07:04 ID:1UbkJLzQ
棚の隅
いかにもって感じの低予算テイストが味わえた
それなりに味わいはあったが深みを感じるまでではなかったような
また核になるようなテーマもあるようなないようなぼんやりした印象

キューブレッド
話を分かりやすくするためだろうが問題が高校生クイズレベルでガックシ
さらに問題解く奴も論理的じゃないし天才肌でもないからさらにガックシ
犯行のきっかけも真相が明かされるとアフォだろこいつら感全開になるし
ラストでもうひと捻り入れるぐらいはほしかった

379 :名無シネマさん:2010/06/13(日) 10:22:49 ID:HUS1y2lq
猿の惑星
やっぱウォールバーグとマットデーモンの区別がつかないな

380 :名無シネマさん:2010/06/13(日) 11:23:49 ID:Qya740P4
ウォールバーグはチンパンジーでマットデーモンはゴリラだよ
全然違うだろ!

381 :名無シネマさん:2010/06/13(日) 11:31:43 ID:TG/iPhMg
せやな

382 :名無シネマさん:2010/06/13(日) 21:17:02 ID:IRf0DjWc
スターウォーズ エピソード3
ダースベーダー誕生秘話として見た
めっちゃおもろしろかった
なぜスターウォーズが人気あるのかわかった
話が濃い

383 :名無シネマさん:2010/06/14(月) 18:17:04 ID:mIuAVE+p
「お買いもの中毒な私」
主人公の性格が悪すぎる。
言うなればDQN?
買い物し放題で借金の返済は嘘をついて逃げるは
面接の履歴書は嘘ばかりだは
こんなヤツが努力も梨に幸せになるってどうよ?!
世の中の駄目人間には夢を与えるかもねw

384 :名無シネマさん:2010/06/14(月) 20:00:44 ID:u2czjGBc
「告白」

原作は未読だが、映画の話はいい加減。
ストーリーは突っ込みどころ満載で心理描写も浅い。
邦画全体に言えることだがCGは止めろ。金も技術も無いんだから。
委員長はカワイイといえばカワイイが全盛期の前田愛には及ばない。

385 :名無シネマさん:2010/06/14(月) 21:03:48 ID:gCcSM8X0
アンダーサスピション

主人公の弁護士に完全に感情移入して見た自分は相当危ないと思う。
モニカ・ベルッチほどの美女だったら、何をやっても許せないこととか絶対無いと思ったら……
あったw

386 :名無シネマさん:2010/06/14(月) 21:16:49 ID:gCcSM8X0
>>371
名前がわからないとググレない。教えてくれ。
たぶんガッキーには及ばないと思うが

387 :名無シネマさん:2010/06/14(月) 22:59:23 ID:iP4aL77s
アイアンマン2

シャーロックホームズが頭から離れずに観ていた。
主役のせいだと思う。
アウディーが多いよねー最近は
小物が楽しいので目を離すな。

388 :名無シネマさん:2010/06/15(火) 03:34:01 ID:OevBWKhz
アイアンマン2

エピソードがうまく噛み合ってなくて
ラストに向けてあんまり盛り上がらない。
同じ要素でもっとシンプルに出来そうなもんだが
原作がああなのかな。
トランクの変身シーンだけすごい良かった。

389 :名無シネマさん:2010/06/15(火) 15:47:55 ID:SQeMG0iz
AKIRA
久々に見たが面白い、この映画は忘れた頃に見たくなる
難しいところもあるけどなぜかぐいぐい引き込まれて最後まで見てしまう
古さを全く感じない、AKIRAの世界はどことなくニューヨーク1997を連想させる
だが120分ってちょっと短い気がする、少し長めの方がよかったかも

390 :名無シネマさん:2010/06/15(火) 17:19:36 ID:EwTM6uFZ
「孤高のメス」

田舎町の病院にて
そこの医師はやる気なし
そこに熱血&凄腕の医師がやってくるという
わかりやすい設定ながら
脳死間の移植
(舞台設定時では当時脳死が認められていなかった)
なんていうのも扱いつつ
という話。

わかりやすい&素直に感動。

ただしグロありなのと
ひねりはないと思うので
そこ気になる人はいるとオモタ。

391 :名無シネマさん:2010/06/15(火) 23:51:55 ID:79HE7x/n
プリンス・オブ・ペルシャ−時間の砂−

アリス・イン・ワンダー・ランド、グリーンゾーン、タイタンの戦いと
個人的にハズレをひいてきましたが、これはなかなか良作でした。

わかりやすくて丁寧な話作りだし、派手なアクションてんこもりだし、
時間が巻き戻ってしまうことで切ない展開もあるし、
飛び抜けた魅力はないものの、色々な要素の平均点が高くて見応えありました。

アサシンクリードも映画化してほしいなぁ(ディズニーじゃない方向で)。

392 :名無シネマさん:2010/06/16(水) 03:08:24 ID:zeskM9VR
勝手にしやがれ

脈絡のないセリフ、唐突な展開、何一つ面白くない。

393 :名無シネマさん:2010/06/16(水) 05:01:07 ID:g486+kLG
>>391
けっこういいのに人気無いのが解せないなあ
時期が悪かったのか?

394 :名無シネマさん:2010/06/16(水) 05:14:39 ID:SLkkm4S8
>>393
ジェイク・ギレンホールもジェマ・アータートンも日本で受ける気がしない…。

395 :名無シネマさん:2010/06/16(水) 08:19:50 ID:IbaTnNGd
王子役ってブロークバックマウンテンでヒースの恋人だった俳優かぁ

そんじゃあ兄弟愛を全面に押し出して腐女子たちを釣る方向で
宣伝すれば大ヒット!!……って、うん、ないなw

396 :名無シネマさん:2010/06/16(水) 13:31:19 ID:3Z+xnpHT
>>393
吹き替えの上映が少ないせいもあると思う。

397 :名無シネマさん:2010/06/16(水) 21:46:19 ID:f/8vd2r/
>>392
あの映画はね、当時の時代背景やら文化やらに身を置いて観ないとね、今の時代じゃ評価はできんのよ。

398 :名無シネマさん:2010/06/17(木) 11:09:29 ID:uq1zO2hC
キャシャーン GOMEMON

人物関係図が全部わかるまで、アクション・CG共にうざいやりすぎ
台詞が夢見がちなのもげんなりした

GOEMONはこのままの話で、重力と背景はリアル時代劇で見たかった
せめてぎりぎりセーフくらいで
いくらファンタジーでもという中途半端さがどうにも

展開はどっちも良かった
同人だったら「うまいよなーあの人」という部類
同人を実写化したらこうなったって感じ
GOEMONは役者陣が好みだった

399 :名無シネマさん:2010/06/17(木) 11:57:46 ID:tH4rQRjW
「狩人の夜」(1955)
ロバート・ミッチャムの怪演技がすばらしい。童話のようなシンプルなストーリーなのに
ハラハラドキドキが持続する。不思議に美しいモノクロ映像も効果満点。

「恐怖の岬」(1962)
これもロバート・ミッチャムだけど、こっちはいまいち。ハラハラする場面はあるのだが、
相手役の偉そうなグレゴリー・ペックとお上品ぶって、お高くとまりすぎた家族に
同情できない。警察署長と個人的知り合いだというコネを使い、警察を自分勝手に
利用してはばからない態度は倫理的にも許し難い。ミッチャムも悪人だが、
ペックはそれ以上に性格が悪く、おもわずミッチャムの見方をしてしまった。

400 :名無シネマさん:2010/06/18(金) 00:15:26 ID:Ls9OEe7x
アウトレイジ
俺はその男からのリアルタイム北野ファン、但しHANA−BI、ギリ菊次郎ぐらいまでの。
いや、一応言っとかないと目蔵マンセーとかアンチと思われるのもなんだしw

前半は良かった、石橋蓮司と國村隼の“なぁなぁ”なヤクザの絡みに泣かされる武、
この一般社会、中間管理職の悲哀と同じような関係性の上で繰り広げられる、
キップのいい暴言の掛け合いの妙、その延長の残虐行為、そこから発生するギャグ。
テンポ・キレともに快調で、ドライなソナチネかと思わせる展開。・・・しかし、好調持続せず。
蓮司が登場しなくなり、徐々にパワーダウン。なんつーか、ボケがいなくなった漫才みたいで、
同じような暴言・暴行を繰り返しても、いい受け手(蓮司的キャラ)がいないと、インパクトもギャグもいま一つ。
黒人大使館も悪くないが、後半に進むにつれて失速、前半の勢いは望むべくもなかった。

もとより北野映画にストーリーの面白さ、リアルさは期待していないが、
暴言と暴力とギャグのメッキが剥がれると、ストーリーの陳腐さがより際立つ。
大使館の黒人放置とかありえないし(黒人だから夜は見えねーよwのギャグやりたいが為なのは判るが)
あの黒人が警察に保護されたりしたらカジノ終りだし、
北村の甘言で次々下克上企てる馬鹿ばっかりなんてありえないし。
近年は座頭市が面白かったので、今回も「娯楽」重視と期待しておりましたが残念至極。
この映画をカンヌコンペに選んだ奴は一体どういうつもりだったんでしょうか。
カンヌに限らずベネチアの関係者もいい加減目を覚ます頃じゃないでしょか。
いや、国内の関係者も北野の名声に頼りすぎ、たかりすぎです。

殿、周りにイエスマンばかりに囲まれてると碌な事になりません。マジ心配です。

401 :名無シネマさん:2010/06/18(金) 08:44:13 ID:GxiOaxgD
レイジングブル
デニーロの役者魂を感じた

402 :名無シネマさん:2010/06/18(金) 10:43:27 ID:44TAFCxF
わらの犬
素行の悪い奴に自分の意見も通せない主人公が、ひとりの知恵遅れの青年を
守るために命をかけて暴力に対抗する
後半のすさまじいばかりの暴力描写、これでもレイトを下げるために暴力シーンを
大幅にカットしたらしい。平和主義も結構だが、毅然とした態度を取らないと悪は
付け上がるということだな。

403 :名無シネマさん:2010/06/18(金) 19:27:53 ID:4fuNbTD1
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」

特殊メイクは驚異の一言。
てかこれ、メイクと前半のCGのためにだけ見る映画だね。
タグボートがベンジャミンを乗せて初めて海に出る画面は昔の絵のようなデフォルメした懐古調が良かった。
この映画1940年代までは見せてくれるけど50年代になったら途端に色褪せる。
ましてやブラピが実年齢に追いついてメイクなしで演じる60年代以降は退屈の極み。
二十歳前後の若者顔はメイクだけじゃなくてCGも使っているな。
少年期をどうメイクで見せるか期待してたらしっかりリアル子役だったw
ケイト・ブランシェットも若メイクから次第に老いるメイクは良かった。
彼女が成長して初めてベンジャミンと再会する場面の驚きの表情はさすがの演技派と思った。
結論。
50年代以降は刈り込んで2時間内に収めるべき映画だった。

404 :名無シネマさん:2010/06/19(土) 13:25:09 ID:NJbvoDK1
悪魔を憐れむ歌

上手いオチだけど、お話としては全然スッキリしねえ〜!
ラストで流れたのが「悪魔を憐れむ歌」って曲なのね。

405 :名無シネマさん:2010/06/19(土) 15:28:42 ID:iyichAiI
オスロ国際空港 ダブルハイジャック

前々からこの映画が気になってたので全編リマスターでDVD化してくれたFOXに感謝する。
最初から最後までドキュメンタリーチックで緊張感がひしひしと伝わってきて面白かった。
特にハイジャックされた飛行機へ近づくシーンはなかなか見応えがあった。
どことなくお蔵入りになったブラック・サンデーを連想させる。
こういう映画はダイ・ハードやザ・ロックみたいにもっと評価されてもいいと思うけどな

406 :名無シネマさん:2010/06/19(土) 16:04:41 ID:rFc3HMlf
>>397
まあ、少なくとも現代人にとっては楽しめない作品ってことでいいじゃん。
面白くなかったのは事実だからしょうがない。

ターミナル

英語圏の人間じゃないと、100%フルに楽しめない映画だな、と思った。
まあ面白かったが、いろいろ設定に無理がある感じがした。
いくらなんでも、探せば通訳の一人くらい見つかるだろう。
英語がわからないのに大事な情報だけはなぜか伝わるのも、ご都合主義すぎる。
「言葉が通じないただの外国人」の割に行動が基地外じみてるのも少し気になった。
勝手に空港施設のベンチを解体する人間は危ないだろ。
また、アメリアというキャラクターをわざわざビッチにする必要はあったのだろうか?
というか、アメリアとのラブロマンス自体必要だったのだろうか?
ラストのジャズのくだりも取ってつけたような印象を受けるし、全体的にいろいろと中途半端なのは否めない。
ところどころに入るギャグは面白かった。

407 :名無シネマさん:2010/06/19(土) 18:22:50 ID:3CLJON9s
GOEMON


なかなか良かったぞ。
これって、キャシャーンの監督が撮ったんだっけ?

408 :名無シネマさん:2010/06/19(土) 18:25:15 ID:3CLJON9s
GOEMONって、大沢たかおが主役?
江口は食われてたな。
脇も良かったしな。


409 :名無シネマさん:2010/06/19(土) 19:30:50 ID:iyichAiI
REC ザ・クライアンティン

最近のハリウッドリメイクにしちゃよくできてるじゃないか
オリジナルの要素がそのまま生かされててこっちも迫力があった
いろいろな新しい要素を詰め込みまくってオリジナリティを損ねてる
リメイクなんかと比べるとなかなかよくできてる
リメイクを作る監督はこういう映画を見習うべきだ

410 :名無シネマさん:2010/06/19(土) 22:49:26 ID:4r0tYwo6
曲がれ!スプーン
コメディ部分はツボる箇所もあってそれなりに楽しめたが
終盤のありがちで中途半端な感動させてやろう的演出はいらね

エスター
一度目の警察の介入がサッパリしすぎてるとか気になるところは
多少あるもののいい感じに引き込まれた

411 :名無シネマさん:2010/06/21(月) 00:03:25 ID:+OQLHdb9
>>397
カッティング・エッジっていう
編集者の特集番組で取りあげられてた。
当時は革新的だったんだね。

ジーン・セバーグの生涯について調べるなら
ネットのある現在がいいかもしれない。
吊るし上げのもたらした死。

412 :名無シネマさん:2010/06/21(月) 00:48:57 ID:iZH/rOue
茶の味





訳わからんかった
土屋アンナが中学生役とか無理あり過ぎ

413 :佐々木武蔵:2010/06/21(月) 11:13:33 ID:azYrlhTS
「禁止」から、おっぱわられたココに漂流したわいのぉぉぉぉ。

しかし、なんだな、「夜霧に消えたチャコ」の感想を、ここで、ききたいんだが・・・
もし、きけたら、幸甚。

414 :名無シネマさん:2010/06/21(月) 12:42:24 ID:cm2KDG8+
>>413
懐かし邦画板
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1197465699/

向こうでも言われたようにお前さんはスレ違いだからこちらにでもお逝きなさい

415 :名無シネマさん:2010/06/21(月) 13:11:36 ID:GjYv/LjK
オックスフォード連続殺人

こってこての推理モノ。
数学がどーしたこーしたいう会話や屁理屈が多く、
そっち方面が大嫌いな自分は途中でだれた。
ヒロインの乳と濡れ場が良かった。

416 :佐々木武蔵:2010/06/21(月) 14:17:02 ID:azYrlhTS
>>414
それは、それは、ごていねいに、恐れ入谷の鬼子母神。

たしかに、ふるいからなぁ。

417 :名無シネマさん:2010/06/22(火) 02:42:06 ID:2ljTVmu5
処女の泉

面白かったと思う
とりあえず画面をずーっと目で追っていたくなる力があった
映画見る前はとりあえずYahooレビューを見るんだけど、
その中に処女の娘に同情しないって書き込みがあって、人は色々だなと思った。

418 :名無シネマさん:2010/06/22(火) 02:53:57 ID:2ljTVmu5
赤線地帯

面白かった
娼婦の息子のかつぜつの悪さにイラつくくらい、
会話内容もしっかり追いたくなる面白さがあった
昔の綺麗な女優さんって、見るのほんと面白い

419 :名無シネマさん:2010/06/22(火) 08:16:49 ID:uhUMRXKz
>>417
プラチナブロンドの処女とダークヘアのアバズレ、レイプ犯
の対比が人種差別的で・・・

420 :名無シネマさん:2010/06/22(火) 13:04:23 ID:twejXDuh
ウォッチメン

アクションに期待して借りたらイマイチだった。
いや、調べなかった自分が悪いんだけどさ。

アメコミ原作の映画を観るたびに思うんだけど、
向こうのヒーロー達って結構ドロドロしてるよね。
読者の年齢層も高いのかな。
とりわけこの作品は重く、難しい話だった。

421 :名無シネマさん:2010/06/22(火) 14:14:20 ID:RCj3n5nd
「dragonball evolution」2009年
レンタルで見た。
確立された世評を覆すほどの何かを発見するには至らなかったが、
ただ一点だけ、「自分の意思で」大猿から人間に戻り自分の中の大猿性のようなものを
コントロールするという展開を採用したことは、気に止まった。
(確か原作では尻尾切られたり月壊されたりで、結局最後まで人間性においてサイヤ人の暴力性に打ち勝った・・・
ということにはならなかったのであった、と思う)


422 :名無シネマさん:2010/06/22(火) 14:15:54 ID:RCj3n5nd
ご免、続き

そういう意味では、序盤の学生生活の描写もその展開のためには必要だったかもしれない。



423 :名無シネマさん:2010/06/22(火) 19:58:15 ID:Gt6bWqsr
シンデレラマン
ボクシングものの中で一位か二位じゃないかな俺の中で

いい作品だった
最後がバッドエンドならダントツ一位だったけど
チャンプという名作をまだ見ていないのでそんなでかいことはいえないが
まぁいい作品だった
レイジングブルよりちょっと上ぐらいかな
子供のころよかったロッキーは糞みたいだな
やっぱスタローンが当時煙たがられていた理由がなんとなくわかる
表情が貧相なんだ
ウェズリー・スナイプスのボクシングものもよかったな
ロシアのコーチに本格的に教えてもらうってやつ

とにかくシンデレラマンおもしろかった
最後の対戦相手の人の演技もよかった

424 :名無シネマさん:2010/06/22(火) 22:15:50 ID:O89/bI2e
となり町戦争

見せない・説明しない所が多い分説明会でのやり取りは違和感があるっていうか
安直っていうかもうちょい工夫があってもいいような不細工さを感じた
重そうなテーマを隠すようなギリでコメディーじゃない感じの職場の脇との
絡みシーンとかは割と好きかも知れん

425 :名無シネマさん:2010/06/22(火) 23:22:02 ID:2ljTVmu5
>>419
でもあの人選って、凄く象徴的で最大の効果がある気がする。
それと娘のやられっぷりが半端無かったけど、
監督本人の意識って、どっちかっていうとインゲリ寄りに思える。
全くの勘だけどw

今日の野いちごも見てみようかな。

426 :名無シネマさん:2010/06/23(水) 11:55:00 ID:TPdzVuac
>>421
ハリウッドのヒーローものが今そういうムードなんだよ。

427 :名無シネマさん:2010/06/23(水) 15:17:16 ID:syZlhtoc
グリーンマイル

長さもあまり感じず、面白かった。
少しセリフが臭く、というか嘘っぽく感じるところもあったが、
それは文化の違いとか翻訳のせいだろうか。
ブルータルのキャラが好き。ラストに泣いてしまうディーンも好き。


428 :名無シネマさん:2010/06/23(水) 18:03:35 ID:8kBJfUGH
13日の金曜日

監督が、楽しそうな若いあんちゃんとねえちゃんを
殺しまくりたくなったのかな、と思った。

429 :名無シネマさん:2010/06/23(水) 19:13:24 ID:VmAOPzK7
ザ・クレイジーズ

ゾンビの監督だったので期待してたけど
なんつーか伝えたいことがよく分らなかった

430 :名無シネマさん:2010/06/23(水) 22:06:56 ID:7GR5BGHG
グーグーだって猫である

なんとなく伝わってくる雰囲気は嫌いじゃないけど
思い返せばなんかよーわからん作り多すぎの印象

431 :名無シネマさん:2010/06/23(水) 22:51:18 ID:T0CIqiF+
Uターン

何なのこれ?
理不尽なまでに全部が悪い方へ悪い方へ行く男の話なんだけど
まぁ自業自得もありなんだけど、実際あんな病んだ人間ばかりの街ってあるの?
アメリカって?



432 :名無シネマさん:2010/06/23(水) 23:17:01 ID:0xmMgsm8
>>431
普通にああいう街があったら映画にゃならんだろw
アウトレイジじゃないけど悪人ばっかり登場という冗談テイストの映画ということで。
しかしエンニオ・モリコーネの音楽はあの荒涼とした風景にピッタリ合って本当にハマった&癒されたわ。
この映画の中での最大の収穫はモリコーネの音楽かもね。
あとペキンパー・ファンとしてはボー・ホプキンスのゲスト出演も嬉しかった。

433 :431:2010/06/24(木) 16:29:01 ID:EmaSxTa1
>冗談テイスト

そっか!コメディと思って見れば苛つかないのか。
そこに気づかなかったから、イライラしっぱなしだったよ。


434 :名無シネマさん:2010/06/25(金) 00:53:07 ID:Tvznu40+
太陽を盗んだ男

邦画のアクション映画はどうも日本の古臭いイメージが定着してるので
そんなに期待はしていなかったけどこれは最後まで見入ってしまった
原爆作るシーンのハラハラ感、作った原爆で夢をかなえるシーンが面白かった
それにしてもジャガーノートの赤か青かの爆弾ネタってこの映画にもあったんだな

435 :名無シネマさん:2010/06/25(金) 03:51:39 ID:1ptb7NcZ
日本以外全部沈没
タイトル負けしない位のブラックさが欲しかった

マーターズ
あの鎖があれば自殺も楽に出来そうなだけに
あの環境で絶望していないと思われるアンナ何者?って感じ
スーツの連中の登場位までは結構引き込まれてたと思う

436 :名無シネマさん:2010/06/25(金) 04:23:27 ID:+V7Ew0tI
復讐者に憐れみを

韓国のドラマも映画も興味なかったけど、この映画見て評価がかわりました。
二転三転するストーリーのなかでも、反社会的なヒロインの存在が最後まで光るいい映画でした。

>>434
昔の邦画の長い間は気になるけど、太陽を盗んだ男面白いよね。


437 :名無シネマさん:2010/06/26(土) 19:47:13 ID:2GgS4MaE
ダブル・ミッション
今更ハリウッドジャッキーに期待するものなど無く、
昔からファンとしては一応ノルマとして観賞・・・・

・・・・いつも通りでした、
自分で出来るアクションも、ハリウッドの組合の縛りでダブルが務めてる所が散見されます。
もう失望もしないけどw
かといって、吹き替えなしでの組み手や、日常品を小粋に使うアクションは健在。
還暦間近とは思えない体のキレ、さすがジャッキー。
ストーリーは家族愛がテーマ、もちろん目新しさゼロの王道展開。
悪ガキのキャラ立ちは及第点、子供と絡むジャッキーはなんか楽しそうですけど、俺はその辺どーでもよかったw
スパイ組織の裏切りとか誤解ももちろん想定の範囲内、誰が見ても先読み正解率100%でしょう。
基本コメディなので、子供も悪役もギャグかまします、低年齢層にはウケルかもしれませんが、大人な俺はどーでもよかったw
ま、総括するとなんの魅力もない脚本で、外れはしないが当りもない展開。
ただ、金髪女とダサイ(役柄設定上ね)容貌のジャッキーが当然のようにキスし合うのはなんか新鮮だったし、
ジャッキーを拒否ってた子供達が、ラストジャッキーを受け入れるシーンは少し感動します。
ま、予定調和でこーゆー展開は百も承知ですが、年取るとスグ目頭が熱くなるんですよ。
メンズデーでオッサンばっかりの館内で結構鼻すする音があちこちで聞こえましたw

淋しい話ですが、ジャッキーのジリ貧具合がまたまた少しだけ進行しています。
ほとんど映画褒めてませんが、
こうしてスクリーンでジャッキーを見れるだけでも幸せなんですけどね。

438 :名無シネマさん:2010/06/26(土) 23:55:27 ID:Nwi2i8kJ
8mm

最初にフィルムで映し出される女性の殴られるシーンの出来の悪いこと・・・
カメラワークで逃げるのはまあいいとしてもリアリティの無さったらありゃしない
クライマックスも娘繋がりで暴走したんだろうけどいまいち感情移入できんかった

439 :名無シネマさん:2010/06/27(日) 19:35:04 ID:ZBdhYWNB
ザ・ロード

これはSFや終末モノというより、宗教寓話と解釈した。

崩壊した世界=冥界
父子の旅=魂の試練
人食い=堕ちた亡者

人を選びそうな内容だが、いい映画だった。

440 :名無シネマさん:2010/06/28(月) 00:02:24 ID:vd7xAm4V
>宗教寓話
なるほど…。
家族で見れるホラーと思った俺は orz

441 :名無シネマさん:2010/06/28(月) 01:48:05 ID:3o9nFWGx
ヴァン・ヘルシング

オタクのつくった武器を何故最後に使用しないのじゃ

442 :名無シネマさん:2010/06/28(月) 03:10:33 ID:3X0pjnJ+
サロゲート

短くてビックリした。
見た後それほど残るものがない映画って感じだった。
ブルースウィリスのサロゲート登場シーンで頭みて「やっぱそうなるか」と笑ってしまった。
やっぱりアメリカの劇場では笑い混じりの歓声が上がったりしたんだろうか。

443 :名無シネマさん:2010/06/28(月) 03:46:59 ID:CswQv/Up
クロス・ファイヤー

予告編で売りにするだけあって、ラスト20分の銃撃戦の迫力と緊迫感には目を見張る物があった
それまでの展開は退屈までは行かないがやや散漫ではあったものの。
比較対象にされてた「要塞警察」ってのは面白いのかしら

444 :名無シネマさん:2010/06/28(月) 06:59:50 ID:lPq50upx
告白

前評判の良さに期待して観に行ったがつまらなかった。
リアリティのないストーリーとかはどうでもいいんだけど
なんだか演出がダサいというか観てて恥ずかしい。
ミュージックビデオのような小綺麗な映像、インパクトのあるストーリーは
確かにウケそうだな〜とは思うんだけど、なんか違う。
うまく説明ができないが、映画的な面白さとは違う。

445 :名無シネマさん:2010/06/28(月) 19:16:15 ID:es38pnPm
古い固定観念に囚われた映画ファンですね、とても残念です。

446 :名無シネマさん:2010/06/28(月) 20:47:25 ID:b36UuuHt
>>445
ここは人格批判をする場ではありませんよ

447 :名無シネマさん:2010/06/28(月) 21:25:52 ID:w/p1dLXq
天使と悪魔

イタリアは素晴らしい建物がたくさんあって綺麗なところなんだな。


448 :名無シネマさん:2010/06/29(火) 00:16:38 ID:0Ij/rzHm
アウトレイジ

期待し過ぎるとつまらなかった時のダメージが大きいし、多少楽しめたら
良いかなって気分で見てたら大当たり。
近年のたけしの作品ではダントツかと。加瀬亮のしたたかで不気味な
感じが良かったし、他の出演陣も名前の知らぬ俳優陣さえも面構えと
いい印象に残った。
石橋蓮治がの一連のオイシイ場面は、会場でも笑いが起きてました。

449 :名無シネマさん:2010/06/29(火) 08:46:31 ID:6CJv5fzH
「告白」

ま、何時もの中島監督作品らしく作りこんだ映像で引っ張る手腕は感服しました。
面白かったですよええ、客が入るのもわかります。

でもね、大人が子供を全力でボコって最後に観客にカタルシスを与えるって構造はどうなのよ?
結局はこれに尽きる。
コレ観て衝撃受けた!凄かった!ってそらそうだわな。
映画の構造が倫理的に完全に逸脱してんだもん。

中島監督は商品としての映画を作ることに関しては超一流だと思うし、
実際この映画も面白かったよ。

でも技巧的な映像表現、
センスのよさげな感じの漂わせ具合、
そして監督自身の映画に対する姿勢、
自分大好きで俺の作品を見てくれ!最高だろ?感。

全てが俺は大っ嫌い。
下妻と告白は面白いけどね。





450 :名無シネマさん:2010/06/29(火) 09:33:56 ID:wPUTB4IV
バグズ・ワールド
アフリカ大陸、シロアリとそのアリ塚を急襲するさすらいアリとの
壮絶な戦いを描くドキュメンタリー
シロアリを大群の力を持って皆殺しにしていく様は、とてつもなくグロく
残酷。こりゃ子供向けじゃねえよ

451 :名無シネマさん:2010/06/29(火) 10:09:03 ID:ZA4zezZg
好きなのか嫌いなのか・・・

452 :名無シネマさん:2010/06/29(火) 10:29:46 ID:wPUTB4IV
>>451
嫌いだが、ついつい最後まで目が離せなかった

453 :名無シネマさん:2010/06/29(火) 12:40:31 ID:VLjCKGJF
好きだから面白い、嫌いだから面白くないなんて単純な事じゃないしね

454 :名無シネマさん:2010/06/29(火) 13:05:16 ID:EhTz2EIB
ウォーターワールド

なにこの海のマッドマックス。
ケビン・コスナーのキャリア終わらせた映画だけあって酷いな

455 :名無シネマさん:2010/06/29(火) 14:08:21 ID:U/BmOhxJ
イブの三つの顔

当時は衝撃的な作品だったのかもしれないが、今の基準からすれば完全に駄作。
主演女優が多重人格を演じ分ける様が上手いと感じる人もいるのかもしれないけど、
案外多重人格を演じることは実際は簡単なのではないかと思ったりもする。
思いっきり演技に変化をつければいいだけだし。
むしろ普通の一貫した人格をリアリティを持って演じることのほうが難しい
のではないだろうか。筋の運びのテンポもすこぶる悪く、最後にどんな
ショッキングな真実が明かされるのかと期待してみたのだが、
それも見事に期待外れに終わった。

456 :名無シネマさん:2010/06/29(火) 17:01:10 ID:Ho3sC7QT
アザーズ

オチと時代設定が絶妙にマッチしてる感じはした

457 :名無シネマさん:2010/06/29(火) 17:18:38 ID:0+Sh08qR
リバイアサン と ザ・デプス

お気に入りの深海もの。
ま、深海ものと言えば大作のアビスになるのかも知れんが、
宇○人オチが嫌いなのでリバイアサンとザ・デプスなのだ。
この二つ、話がごっちゃになってる人も多いと思う。

セットも広くてなかなか作りこまれてるのが、リバイアサン。
狭くてショボくて泣けてくるのが、ザ・デプス。
ところが怪物対決となると逆転する。
大きくて質感たっぷりで魅力的なのが、ザ・デプス。
ガムテープにゴミが一杯ついてるような情けないのがリバイアサン。
分厚い鋼の扉を破壊したのにデコピンで退治できそうな姿にトホホ。

ごっちゃになってる人も見分けが付く様になっただろうか。
大きなオッパイが好きな人には、リバイアサン。
微乳が好きな人には、ザ・デプスを薦めよう。
どちらも忘れた頃に観たくなる不思議な魅力を持った映画なのだ。


458 :名無シネマさん:2010/06/29(火) 20:55:03 ID:4ZCjOyS8
>>457
どちらも世評で見る気がしなかったがあんたの解説で見たくなったw

459 :名無シネマさん:2010/06/29(火) 22:42:47 ID:DV5o1D51
「言えない秘密」
台湾の人気歌手が監督・主演・脚本・音楽を手掛けている映画
前半は不細工な主人公がどや顔でピアノを弾くシーンが多くて、単なる自己満足オナニー映画と思った
でも、不細工主人公からヒロイン視点に転換する後半からはとても良くて、不細工だのオナニーだの失礼だったな…と反省した

460 :名無シネマさん:2010/06/30(水) 04:30:38 ID:q7bXmkIT
マジェスティック

面白かったが、全体的にセリフが臭かったなー。特にラストの演説シーン。
あと、ローソンの人たちはルーク(ピーター)が記憶喪失だということを知ってたのか?
そこがなんか気になってしまって途中まで映画に集中できなかった。

461 :名無シネマさん:2010/06/30(水) 11:30:06 ID:95yb2zdG
スペル

キャプテン・スーパーマーケット好きの
自分には大満足のできばえであった。
車の中の婆さんとの格闘・・
降霊会のあのとぼけた山羊の顔・・
葬式の時の緑ゲロゲボ〜・・
現場はさぞかし楽しかったでしょうな(笑)


462 :名無シネマさん:2010/06/30(水) 11:56:44 ID:zOX6EEOD
>>457
うまいなぁ……

463 :名無シネマさん:2010/06/30(水) 12:12:31 ID:jJLHp0Cr
>>458
ほんとだ 
じゃあ大きめオッパイで中年太りの私は
ザ・グリードで攻めてみるよ

464 :名無シネマさん:2010/06/30(水) 20:02:31 ID:MA77ELZe
ドゥームズデイ(ネタバレ)

ロンドンに殺人ウイルス発生!

ウイルス発祥の地で、30年封印されているエリアに生存者が!?

スペシャルチーム投入!治療薬を探せ!

ゾンビモノかと思ってみてたのに
白馬に乗ったフルアーマーの騎士が現れたところで
「ふおおーー!?」とMAXになったが、なんかあとはグダグダでした。

ダメな映画じゃないのに、あーもっと面白くできたのに!もったいねー!
つーか、ソルの暴走族は衛星写真に映りまくりでは!?

465 :名無シネマさん:2010/07/01(木) 02:30:14 ID:fjB9i5Sx
「サマー・オブ・サム」
スパイク・リー作品。
実在した連続殺人鬼をキーとして、その時代とNY都市住民の心理を描出する群像劇をやりたかったのかな。
今ひとつどこを楽しめば良いのか分かりにくい作品だった。 
ちょっと下卑た感じの小男で妙にモテモテの美容師が主要登場人物として出てくるのだが、
変に下世話なラブシーンなどの性愛描写もしつこく、どちらかというと不快。
他の映画で後に戦場でピアノを弾く事になる鼻の長い気弱な顔したあの俳優がセックス・ピストルズ真っ青の
バリバリのパンクミュージシャンで登場してたのにはつい笑ってしまったが、全般的にどこに視点を置けばよいのか難しい。
ブロンド女性ばかりを狙った殺人鬼という存在自体が、通常の性愛からの疎外を主要原因として生じていると見なし、
それゆえに変にモテモテの小男の性愛を丹念に描くことで、その犯罪動機の構造を見せようとしたのか。
確かにその俗っぽいモテ男は、その浮気性ゆえに妻の愛を失いまた職も失って社会的に追い込まれた状態になって
無理やりに全く無関係の上記ミュージシャンを真犯人として勝手に決めつけ仲間とともにリンチしてしまうという、
この猟奇連続殺人犯の陰画であるような社会的暴力性をラストに発揮して見せたりもするのだが。
主要人物である夜な夜なダンスクラブに繰り出してモテてるチンチクリンのトラボルタみたいな小男の設定からして
戯画化されたものであって、もっと全体を喜劇的に捉えて楽しむべきなのだろうか。
監督のスパイク・リー本人も作品内にレポーターとして登場し、下層の黒人を全く現実に理解してないなどと非難を
浴びせられる台詞を劇中でスラムの黒人に吐かれてたりもしてるので、スパイスは効いてるのかもしれない。
でもNYなんて知らない田舎者の私にとってはやっぱり分かりにくい映画だったよ。

466 :名無シネマさん:2010/07/01(木) 10:57:23 ID:3xs5GEw6
「ザ・マークスマン」

キャストはそれなりなのにこのチープさはなんなんだろうかなんつーかネタにもならんし観る価値の一切ない映画だ

467 :名無シネマさん:2010/07/03(土) 03:44:40 ID:kR1PgCl5
ミスト

CGとかモンスターのデザインとか、全体的に少しチープ。
内容としては、途中までものすごく引き込まれた。でもラストがだめ。
個人的に、わざと観客を胸糞悪くさせる映画って意味がわからないし、大嫌い。
せめて、スーパーに残っている奴らが全滅する描写は入れてほしかった。
大体、あのラストにしたいがために、ストーリーに色々おかしいところが生じている気がする。
ガソリンがその内尽きるのがわかっているのなら、せめてスタンドがあるところに車を走らせればいいだろ。
オリーのキャラは素晴らしい。そこだけ。

468 :名無シネマさん:2010/07/03(土) 03:55:56 ID:24q+L//L
紅の豚

やっぱ凄いな。全般的に内容濃過ぎ。
ところでごく部分的な話になってしまうが、橋をくぐったりして河を飛行艇が飛び立つシーンだが、
その逆に河にスペースシャトル(だったっけ?)が無理やり不時着みたいな感じで降り立つハリウッド映画ってなかったっけ。
見たような覚えがあるのだが。

ところで来週同時間のTV放映は「耳をすませば」らしいが
ジブリ作品(だったと思う)の「海がきこえる」 については、余りTV放映がない気がするのだが、何故?
作品が時間的にちょっと短いから?

469 :名無シネマさん:2010/07/03(土) 04:24:55 ID:PyJ5gmuG
>>468
「ザ・コア」にスペースシャトルが河に不時着するシーンあったと思うよ

470 :名無シネマさん:2010/07/03(土) 04:45:06 ID:24q+L//L
>>469 そだったか。なんか他は見所少ない作品だったような覚えがあるので
確かにそれかもしれない。
地下で熱でメガネ割れて熱死とか、最後のよく分からない鯨お出迎えみたいなのが
他にあったかな。とりあえずありがとん。


471 :名無シネマさん:2010/07/03(土) 09:38:02 ID:BbaT5AV0
>>470
>>469に間違いないと思う

472 :名無シネマさん:2010/07/03(土) 12:42:25 ID:Jl7c6x+f
>>465
いや、ジョン・レグイザモが目の前にいたら速攻で寝るよ?
フェロモン出まくりだよ?ジョン。

473 :名無シネマさん:2010/07/03(土) 13:26:37 ID:K3qLFzPA
>>468
紅の豚は90分という時間の中に壮大な
世界が濃縮されてる感じがするよね


474 :名無シネマさん:2010/07/03(土) 13:50:14 ID:o68Z14bk
ベンジャミン・バトン

つまんなくはなかったけど特に心に響くこともなく。
終盤はブラピの若作りを楽しむのがメインになってるような。


475 :名無シネマさん:2010/07/03(土) 17:10:53 ID:JmzN8X1y
リービング・ラスベガス

内容を知らずに観た。
こんな欝映画だとは知らなかった
気分最悪…orz

レクイエム・フォー・ドリームの次に
すげーな…。

476 :名無シネマさん:2010/07/04(日) 06:35:45 ID:uFAoGWGG
ジョン・レグイザモはエロいね

477 :名無シネマさん:2010/07/04(日) 09:50:34 ID:p//o3AyJ
「ラブリーボーン」
これは、つまらんすぎる。
映像が綺麗だとか、CGがすごいってのは、
そのベースがしっかりしてこそ、
生きてくると思う。
話の進め方がつまらん作品は、
そこで終わってるのである。

478 :名無シネマさん:2010/07/04(日) 11:06:12 ID:ZwJoI6js
マルコムX

長い。しかし勉強になりました。ブラッドダイヤモンドにしろホテルルワンダにしろ、映画って勉強になるのう。
映画の感想は人それぞれですが、自分にとって第一級の映画でした。デンゼルワシントンは、すげえ役者だ。

479 :名無シネマさん:2010/07/04(日) 12:05:15 ID:Q09fXYbw
>>476
普段はエロい役が多いけど「キルポイント」ではハードで良かったよ。

480 :名無シネマさん:2010/07/04(日) 14:59:08 ID:7Qk1Qvlf
キルポイントも色気が漂ってたよ

481 :名無シネマさん:2010/07/04(日) 15:52:29 ID:7XyCQ/Pf
「ロボコップ」

ナンシー・アレンのロボコップ化まだああ?

482 :名無シネマさん:2010/07/04(日) 21:51:19 ID:Q09fXYbw
>>480
今までで一番カッコ良かったなぁ。

483 :名無シネマさん:2010/07/05(月) 02:31:15 ID:lwcsJRR3
ルパン三世 DEAD OR ALIVE

原作のルパンの要素が生きててかっこよかった
ところどころカリオストロを思わせるシーンも含まれてて面白かった
なかなかストーリーが練られてて近頃のルパンよりかなり見ごたえがあった
だがこの映画が製作されたときスタッフが原作者であり監督のモンキーパンチに
対しこんなのはルパン三世じゃないといったため思うような形にできなかったというけど
監督であり原作者の描いたキャラに対しそのような発言をしたスタッフの頭を疑う
原作者なんだから思ったようにやらせてあげればよかったのに

484 :名無シネマさん:2010/07/05(月) 02:57:47 ID:ONaP9B7r
ジョン・レグイザモ、もうちょっと声が低いか、太かったらなぁ。
と思うことが。

485 :名無シネマさん:2010/07/05(月) 05:33:06 ID:voMet2+L
>>484
キルポイントの神演説の時はいい声だったと思うけど。

486 :名無シネマさん:2010/07/06(火) 02:04:55 ID:pbNAULcS
ダークナイト

今までバットマン映画はしっかり観たことはなかったし、バットマンビギンズも観てない。
評判のいい映画は肩透かしを食らうことも多いので覚悟してみたけど・・・杞憂でした

いやーおもしろかった!正義と悪、光と影、ありがちなテーマだけど、ここまで掘り下げられるとは・・・
戦闘シーン等もSFにありがちなチート武器も登場せず、
異質な存在ではありながら「人間」どうしの戦いに終始しているところも良かったです。

487 :名無シネマさん:2010/07/06(火) 08:49:25 ID:ah3TfP0l
「アウトレイジ」 女性客も多いなどという評判も聞いてたが嘘だろう。これでいつもの北野映画より入ってるというのも
激しく疑問だ。芸術ゴッコやめたかと思ったら、今度は殺戮ゴッコか。とにかく殺伐とし過ぎ。常に怒鳴ってるか殴ってるか殺してるか。
今までの北野作品にあった意味やコクのようなものを徹底排除している。おまけに間合いまで排除してしまってるので
殺伐感極まり、表面的残酷さの単調な暴力の連続にずっと耐えねばならない。海外での「安っぽいホラー」という論評も頷ける。
無理にレトリックを駆使するなら、「ヤクザ映画はもう撮らない」と言ったキタノの言辞通り、意味と物語と情緒を廃した本作品は
これまでのヤクザ映画を異化して無価値とし、映画鑑賞者にヤクザ映画との決別を促すものであり・・・
・・・・・・なんだかこんな事言ってても本心ではなく空しいので、もうやめる。

488 :名無シネマさん:2010/07/06(火) 09:26:39 ID:UmLkMc+K
AVP2

            _
           ( ゚Д゚)
           し  J    チャリーン
           |__|     __ lヽ,,lヽ
             _| ::|_       | |Θ|(    )
        | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|_ |_|_|と   i
        |___|__|_|  |_|  しーJ

             ミ  やだ、
         ⊂ヽ ゚∀゚)ヽ  なにこれ・・・!!
          `ヽ 二つ つ
           |__|     __ lヽ,,lヽ
             _| ::|_       | |Θ|(    )
        | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|_ |_|_|と   i
        |___|__|_|  |_|  しーJ

489 :名無シネマさん:2010/07/06(火) 19:32:58 ID:e4tK02tz
『王妃の紋章』
中国映画。時代設定は中国唐代末期らしいです。
まだちゃんと見てないけど、ちょっとメモ。

莫大な制作費(50億円)を投じてつくられただけあって
正に豪華絢爛!超大スケール!圧巻な映像美!
どう形容したら良いのか、あまりに絢爛過ぎて
その映像を見ていると画面酔いしてしまいそうなくらいです……。
てか時代考証……時代考証はどこへ行った……。
衣装にしても装飾品にしてもそうですが
映像美に固執するあまりに、
時代考証がないがしろにされている気がして、非常に残念です。
正直、時代考証に関しては韓国ドラマレベルなんじゃないかと思われます。

まぁ、もっともその絢爛さがこの映画の売りなんだろうし、
元々このお話自体フィクションで歴史劇というのとは違いますし、
エンタメって言ってしまえばそれまでなんでしょうが。
ただ偽物っていうのはパッと見で直感的に分かるものなんですよ。
それが逆にこの絢爛豪華な映画をチープにしている、と思う。
(如何にも中国の方々や西洋人が好みそうな映像ではあるけれども)
個人的には中国史劇って好きなのでその分、残念です。

490 :名無シネマさん:2010/07/07(水) 00:10:02 ID:jZ2+F0tZ
俺たちフィギュアスケータ−

すげぇ…期待通り、いや期待以上のバカ映画だw
でもストーリー自体は普通のスポ根物で
かなり楽しめた
未公開シーンはそれぞれカットの理由わかんなく無いが
お父さん射殺はちょっと見たかった気もする

491 :489:2010/07/07(水) 01:56:09 ID:PFwGUc5j
489です。
分かった!
コスプレ大会だ。
一言で言うならコスプレ大会って感じ。

王妃役の女優さんは良かったのになぁ。

492 :名無シネマさん:2010/07/08(木) 18:39:50 ID:3yzeH3tu
俺たちフィギュアスケーターは男同士という気色悪いとこは良いけど
フィギュアスケートのルールにのっとってないところが少し残念。

主人公たちがおバカかと思ったら、他のスケーターもおバカなのね。
北朝鮮はやはり怖い国だ

493 :名無シネマさん:2010/07/09(金) 01:59:02 ID:crFkdNdB
蟹工船


そうですか

以上

494 :名無シネマさん:2010/07/09(金) 20:56:13 ID:E0IgDW2z
「オーシャンズ」
これは、つまらんすぎる。
人間が環境を破壊だとか、
生物絶滅だとか、
そんなことは、つまらん。
よっぽど「NHKスペシャル」
のほうが、面白いわ。
眠くなったわ。

495 :名無シネマさん:2010/07/09(金) 21:24:26 ID:HTtKCCYM
>>494
ああ、頭悪そうだもんね。

496 :名無シネマさん:2010/07/09(金) 22:44:43 ID:SFhHPQky
いやいや、ここはやはり>>494に一票だよ。
ゴアの温暖化詐欺映画なみに酷いんだろうな。

497 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 11:33:11 ID:DdW6tyk1

今日プレデターズ見に行く人〜(^O^)ノ
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1278728447/l50


498 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 11:45:46 ID:XCqKwD7Q
愛のむきだし


出だしでいきなり見るのやめたくなったのを
上下巻借りちゃったしもったいないし、と我慢して
とりあえずその後からはまあまあ見れて上巻は見終わったけど
下巻に入ってまたくじけそう。まだ残り2時間以上ある。どうしよう。

499 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:51:38 ID:27YbHmO4
オーシャンズって作り物のサメ使って環境保護訴えてる似非ドキュメンタリー映画でしょ?
そりゃNスペの足元にも及ばなくて当然。

500 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 15:05:23 ID:vrucP75e
>>498
愛のむきだし、前半はまあ、世間的に評価が高いのも判るんだけど
後半はいつもの園子音の悪い所がオンパレードだと思う
辛くなったら早送りしてラスト5分だけ観ちゃえばいいよw

501 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 20:49:15 ID:dWe8IKEq
「パーフェクト・ゲッタウェイ」
およそのあらすじを見てDVDレンタル。
これは、大正解だった。
よくできている。
これは、完全にだまされた。
サスペンス好きの俺から、
合格点をあげよう。
ミラ・ジョヴォヴィッチ出てるが、
他の女性のが綺麗であった。

502 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 21:05:17 ID:Z/XPXStm
>>501


503 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 21:05:25 ID:Z/XPXStm
>>501
ああ、頭悪そうだもんね。

504 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 21:07:50 ID:rJvLBMXp
>>501


505 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 22:29:38 ID:5g5NL6Bx
ナイトミュージアムの一作目

こういうコメディ系は、感性が合うかどうかが全てだ。
イチゴショートケーキでも、吉祥寺や自由が丘のと、ハワイや
グアムのとでは味の感性が違う。あちらのは大味なんだよね。
この映画はアメリカテイストそのものだ。

基本的ストーリーは、アメリカ映画によくあるもの。
ただ映像技術はさすがだ。この技術でジュマンジを作って
ほしかったな。

ルーズベルト大統領の言う通り、大切なのは愛情と敬意だな。
明日から気をつけよう。


バタフライエフェクトの一作目

こちらの方がセンスは日本人向きだな。脚本は緻密だが、酔っ払って
観ていたからその緻密さを十分に味わえなかった。シラフの時にもう
一回観るぜ。
有名な映画は、有名になるだけの理由があると思った作品でした。

506 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 22:44:03 ID:7DJwPKkC
デスノート

幼稚

507 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 01:58:52 ID:dmcMH2SV
>>505
日本人向きっつーと、片方が余命僅かなdqnカップルの恋愛映画かdqnの熱血映画だろ

508 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 10:32:35 ID:x58ONX2z
クローバーフィールド/HAKAISHA

面白かったけど、見づらいし、酔う。「ハンディカメラの映像」っていう設定はマイナスになってると思う…。
ハッドがうざすぎる。しかも、カメラの腕が妙にいいのが気になる。
カメラもタフすぎるし、バッテリー持ちすぎだし…。

509 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 10:53:48 ID:07n6UmTb
>>503
横からだけど、自分はあんたの書く感想はきっと嫌いだ。

510 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 13:01:21 ID:t/+wpxVM
>>509
同意。
頭悪そうだもんね。

511 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 16:11:10 ID:FSRsqghL
レポゼッション・メン

人工臓器を売る会社で働く主人公が臓器のローンの支払滞納者から力づくで人工臓器を回収する。
しかし事故で自ら人工心臓を入れることとなり、支払を滞納して会社の回収屋に追われることに。
世界観は嫌いではないがラストのオチが酷い。でも借金踏み倒してハッピーエンドよりはマシか。


512 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 17:50:33 ID:iE6pte/W
マニトウ

確か子供の頃に観た時は、不気味さを感じてたように思う。
大人になってから見返してみると怖さは無くなってしまったけれど、
背中の腫瘍から得体の知れないものが生まれるという設定は好きだな。
ただしつこく、何とかの霊だの、かんとかの霊だとと言われてもピンと
来ないからだんだん飽きてくる。仏教徒の俺が聖書を読むみたいだ。

ラストの宇宙空間の幻想は色々言われてるみたいだけど、
広いとは言えない病室内で撃ち合う閉塞感を消そうとしたんだろう。
何とか理屈を付けて、キッチリ終わらせるという仕事はしてる訳で、
風呂敷だけ大きく広げて何も解決させずに終わる映画より好きだ。
リメイクが見てみたい映画の一つである。


513 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 17:55:34 ID:7CTTl5Mj
なつかしいw
予告編特集とかでワクワクしてたの思い出します

514 :名無シネマさん:2010/07/12(月) 00:46:29 ID:phnmzOG9
「ショーガール」

言われるほどわるくないではないか。
好きだぞおれはw



515 :名無シネマさん:2010/07/12(月) 13:50:43 ID:BgnqWYYz
>>514
あれ 好きな人は意外といるんじゃない?
少なくとも酷評された主役のエリザベスを
気の毒に思ってる人は多いんじゃないかな

516 :名無シネマさん:2010/07/12(月) 23:15:19 ID:EmD8UrQw
>>515 ノシ
ショウビズ界のドロドロと主役の品のなさがマッチしてパワーがある。
ジーナ・ガーションのおっぱいだけでも見る価値あり。

517 :名無シネマさん:2010/07/12(月) 23:22:49 ID:tDkuH7wJ
オレ的にはカイル・マクラクランの射精シーンがツボにはまったw

518 :名無シネマさん:2010/07/13(火) 01:17:57 ID:GmdCEyW6
ゴールデンスランバー
偶然の偶然の偶然が全部上手く行くって、わらしべ長者みたいだなと思った
逃亡劇として見ればそこそこだけど、車の話はさすがにないわー
ヒューマンドラマとしても突っ込みどころがあるし
連続殺人鬼の濱田岳はよかった、原作者が当て書きしてるから当然かもしれないが
あと永島敏行に笑った

アウトレイジ
画面とセリフで状況説明をしてて驚く、残酷やグロとギャグは紙一重
しかしラストシーン、あれちょっと調べたらバレると思うんだけど、
でも出てくるヤクザの殆どがマヌケだから、そんなもんかもしれない
余談だけど、ニシキヘビってそんなに怖いか? 見てわかんなかったけど実は毒蛇だったんだろうか
毒ヘビとかワニ(動くものに無差別に飛びかかる)ならわかる

鴨川ホルモー
日常におけるちょんまげの破壊力
山田孝之の髭と顔の濃さがせんだみつおのようだった

519 :名無シネマさん:2010/07/13(火) 09:50:22 ID:U5xFHNFS
「ロゼッタ」 純粋貧困映画。貧乏な少女が貧乏の中で戦い苦しみ傷つきもがく。
作品中主人公の少女は僅か一度しか笑わない。本当に面白くて笑うのではなく、張り詰めた困窮状況の中で
緊張の糸が切れるが如く、フッと微かに失笑するように笑うのだ。その他は始終貧乏に押し潰されたような無表情。
貧困を始めとする苦しい状況の中で人が表情を失うという事は実際にあるのでリアリティはあるのだが、
本来なら華やかな年頃の少女が僅か一度しか笑わないような作品が面白いはずがない。
カメラアングルも照明も音楽もなく、そんな贅沢は敵だとばかりに、手持ちカメラで純度100%の貧乏をグイグイ撮っていく。
そこらの手法についてはドグマ95か何かによってるのかもしれないが、そういうの以前に貧乏百箇条大原則とかいう
厳しいルールを作って自ら課して撮影してるのではないかと思えそうなとんでもない貧乏一徹ぶりである。
「貧乏は悪だ」という意見について、私は今まで「そうとも限らない」というような反論をよくしてたのだが、この作品を見て
よく分かった。やはり貧乏は悪である。
主人公の少女は貧困の中でもがき苦しみ、貧乏の檻に閉じ込められた獣のように心を閉ざし、やっとそこに差し出して貰えた
愛に対し、貧乏ゆえに吼えかかりその愛の手に噛み付いて追い払ってしまうのである。最後は再び愛の光が僅かに差し込む
予感で終わるのだが、そのラストは余りにもブツ切りで、「愛は貧乏からはみ出す行為なんだからもう撮影中止!やめ、やめ」
という声が聞こえてきそうな殺伐感である。

これがなんとカンヌ映画祭パルムドール作品。主人公の貧乏少女を演じた女優は、これでカンヌ主演女優賞。
SF映画に出た役者が宇宙人であったりはしない訳だが、ここまで貧乏映画で貧乏ぶりを徹底してやったのだから
作品中で履いてた古着屋で買って480円だったみたいなスカートを身に付け、カンヌ映画祭のパーティ会場にかけつけ
当然の如く持参したタッパーに会場テーブル上に並べられた料理を詰め込み、口なんか利いたら腹が減るとばかりに
一言も発さず貰うもの貰ったからと無言の仏頂面のまま帰って見せて欲しかった。
そんな思いすらしてしまう凄い貧乏映画だった。強烈。



520 :名無シネマさん:2010/07/13(火) 17:28:09 ID:vEhvO7Uz
パーフェクト・ゲッタウェイ

殺人鬼にいつ襲われるのか、誰が殺人鬼なのか、というスリルはあるのだけれど、
それだけでしかない。一度見てそれを知れば、再び見る価値はない。

話の前提となる「なぜ殺すのか?」がばかばかしすぎて面白くなかった。
もっと説得力のある殺す理由を考えてほしかった。

521 :名無シネマさん:2010/07/13(火) 21:27:10 ID:Nr5h8HxX
五条霊戦記

長すぎ。
130分もダラダラやらないで80分くらいにまとめたらよかったのに。
もったいない。

浅野忠信は凄くいい。タッキーの10倍義経の雰囲気ある。
だからオチが残念。

522 :名無シネマさん:2010/07/13(火) 23:15:45 ID:wY9OfwZ2
パーフェクト・ゲッタウェイがアリならどんな名探偵も解けない
難事件が幾らでも生み出せるよね。

523 :名無シネマさん:2010/07/14(水) 06:36:46 ID:GT+ko0ls
「黄金の腕」

ジェーン・エア、レベッカ系の狂女のせいで男の半生が台無しになるという話
ヤク中のシナトラの演技は確かに良かった
音楽も良かった

「月蒼くして」

ベタな展開も織り込んでるのにセリフの妙でベタに感じさせないラブコメ
W・ホールデンもD・ニーブンもいつも通りイイのに、ヒロインが...orz
チョン好きのケロンパに似てるんだよぉぉぉ

524 :名無シネマさん:2010/07/14(水) 10:49:16 ID:tQ/fKoyU
バイオレンス・レイク

比較的低予算の作品にしてはとてもよくできている。平和的に始まり、
緊張と弛緩を繰り返しながら、徐々に緊張と悲惨さの度合いが高まってゆき、
救いようのない結末に至るという構成は見事。
モンスターもエイリアンも精神異常者も出てこない。
普通の世の中でも、もしかすると成り行き次第でこんな事態が起こるかも知れないという
日常と背中合わせの恐怖が描かれていた。

525 :名無シネマさん:2010/07/15(木) 10:52:14 ID:S6rjcm37
『心の指紋』
タイトルとジャケット画像で損してる。どちらも例の古代遺跡インチキ本を想起させるので。
二人の逃避行モノ。いわゆるミッドナイトランとかテルマ&ルイーズとかノッキングオンヘブンズドアとか。
二人は既に時代遅れな産物となってしまっているガス食いアメ車トランザムに乗って突っ走り、
車名に等しく文字通りアメリカを横切っていく。
一人はアメリカン・ネイティブの血を引く末期ガンで余命幾ばくもない不良少年。
もう一人はその少年に無理やり拉致された出世主義のセレブな担当医。
おんぼろトランザムは不運な二人を乗せて駆け続け、国を横切り米国社会の各層が活写されていく。
ここらは風刺や皮肉に満ちていて小気味良いのだが、評価が分かれるかも。
ナイフのようにキラリと光って鋭く毒が効いてると思えれば吉。少し紋切り型でコントじみていると思ってしまえば凶。
私は前者だったので楽しめた。

二人の逃避行は最後に少年の魂の故郷であるアメリカン・ネイティブ(インディアン)の聖地へと辿り着き、
その短くて長い旅が終わる。二人が走り尽くしてみせたのはアメリカ社会と、そして二人それぞれの中にあった心のしこり。
極論するなら、これはアメリカン・ネイティブ(インディアン)から奪ったものを返しその魂を解放し、そしてそれによって
開放される米国白人の話な訳である。
物語を最終的に支えるのはインディアンの伝説であり幻想であるのだが、この映画はアメリカン・ネイティブから見て
どのようにみえるのだろう?その点は余りにも都合よすぎる夢に過ぎず、物語の整合性を支える役を無理に押し付けられて
噴飯モノだったりもするのだろうか。
都合よく作られた感動なのかもしれないが、テンポ良く心地良いこの作品は私を元気にさせた。結構オススメ。



526 :名無シネマさん:2010/07/15(木) 21:02:27 ID:6bUfyqnQ
5行以上の書き込みは関係者のヤラセかと思っちゃうよね

527 :名無シネマさん:2010/07/15(木) 21:31:35 ID:th7pcRCj
僕は長文読めないケータイ脳ですって独白したいなら余所でやればいいよ。

528 :名無シネマさん:2010/07/15(木) 21:39:40 ID:WyLPYiDK
>>526
全然思わない

529 :名無シネマさん:2010/07/16(金) 01:43:44 ID:yZsvjGUA
トランスフォーマー・リベンジ・・・無駄に長い。相変わらず何だか分からないアクションを延々と観せられた。
怨廻・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・久々に超ド級の地雷踏んだ。こんな糞を世の出した製作者死ね。
輪廻・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・怖くはないけど面白かった。優香の芝居が素晴らしい。
イベント・ホライゾン・・・・・・・・・・へたなホラーよか気持ち悪かった。
ドゥームズデイ・・・・・・・・・・・・・これは面白かった。バカ映画好きには傑作。特に後半のカーチェイスは萌える。


530 :名無シネマさん:2010/07/16(金) 04:32:25 ID:5VUM1d0a
バックドラフト

途中から少しだれた。サスペンス要素は必要だったのかな…。
あと、ブライアンが全編通して見せ場がなさすぎる。一回兄貴を疑っちゃってるし。
炎の映像はよかった。

531 :名無シネマさん:2010/07/17(土) 08:13:47 ID:3TMKXfmg
ゴーン・ベイビー・ゴーン

シャッター・アイランド、ミスティック・リバーと同じルヘイン原作の映画。
監督がベン・アフレックということで心配したが、そんなに悪くなかった。むしろ良い。
一般的なテンポとはまるで違う構成で戸惑った部分もあるが、新鮮味があって逆に面白かった。
映画の結末に目を向けると、自然とそこまでのストーリーが思い浮かんでくるいい作品に仕上がってる。
原作を読みこんで独自に演出を加えたエド・ハリスを始めとして役者陣もいい仕事していた。
ただ後味が悪い。主人公は代償を支払って道徳的に正しい事をするが、現実の結果はそれに見合わない。
特に最後の一言が切ないというか哀れというか、報われなかった感じが半端なかった。
主人公の選択に失望して、降りしきる雨のなか立ち去っていく恋人の後姿も泣ける。
個人的な正義と道徳の不一致を効果的に描き出した佳作。

532 :名無シネマさん:2010/07/17(土) 19:38:17 ID:JyW4aGa2
プレデターズ

7人(8人だっけ?w)の登場人物のキャラ立ちは悪くないが、
いかんせん話が単調なのでサバイバル群像劇の面白みはゼロ。
こいつら前半早くもプレ犬に殲滅されそうになる。しかし、その後意外と対等に戦いだす。
この辺の力関係の辻褄もいま一つだし、なにより1の海兵隊よりスキルも装備も劣るのに結構生き延びるw
つまりシリーズの整合性から見るといま一つ納得しかねる・・・・

と、疑問や不満を感じるが、B級モンスター映画に野暮な事言うのはよそうw

とにかく個性的な面々vsプレって構図ではあんまり盛り上がらないが、
設定を懇切丁寧に語る・語る・語るw戦場ピアノ弾きとモーフィアスは何故か笑えるし、
一人異彩を放つアウトレイジな日本人、アイツがいる出てくるだけで全て許せるw
アウトレイジとプレの一騎打ちは巌流島かよw

アレ見たらさ、
椿三十郎VSプレ、眠狂四郎VSプレ、座頭市VSプレ・・・etc
色んなシミュレーションが頭をよぎってしょうがないよw

533 :名無シネマさん:2010/07/18(日) 02:06:19 ID:yvHmu+IP
「WALL・E」

静かな立ち上がりで最後まで見れるか心配だったけど
想像してたよりちゃんとした物語とセリフがあってほっとした。
んーそれなりに面白いんだけど、シンプル過ぎて正直ちょっと
物足りなかったかなあ。
つうかやっぱウォーリー見るとジョニー5を連想してしまう。
もしかして親戚か何かて設定?w

534 :名無シネマさん:2010/07/18(日) 20:24:48 ID:XOM3yEkQ
ディセント

名作だと聞かされて見てみたががっかりした。不意をついてびっくりさせたりどっきりさせたり、
要するにおどかすことが主になるホラーだった。人間関係の因縁とかをもっと掘り下げて
くれたほうが自分的にはおもろかったと思う。ストーリーもシンプルで、未踏の洞窟探検して
いろんな恐怖を味わうってだけ。ほとんどの洞窟シーンでは照明が最小限に限られている
にもかかわらず、怪物との格闘シーンは素早い動きが多く、その結果状況がよく把握できず、
楽しみにくかった。まあこれは自分の再生環境が悪かったのかもしれないが。
登場人物も似たような体格年齢の女性で、しかも似たような服装で暗い洞窟に下りてゆくわけで、
最後まで2、3人しか名前と顔が一致して認識できず、残念だった。

535 :名無シネマさん:2010/07/18(日) 23:26:33 ID:21jkJ8CN
「踊る代走させん2」

メールの件だけ面白かった

536 :名無シネマさん:2010/07/19(月) 22:16:09 ID:5gg6MOPj
「借りぐらしのアリエッティ」

もう何て言うかね。
最初に少年に思いっきり見られてるのに見られてないと強弁する知障の小人が
出てきた時点で嫌な予感はしたんだ。
借りると言ってパクる小人一家、いきなり小人に「滅びゆく種族なんだ」と言っちゃう少年。
しかも家政婦までおかしくなるし。
最後も何のカタルシスも無いまま。
これは観る者の映画力を試されるね。こんな思いをしたのは『惑星ソラリス』以来だよ。


537 :名無シネマさん:2010/07/19(月) 23:40:00 ID:8vo7tuEQ
「ジュマンジ」

久しぶりに見たらすごく面白かった。
しかし主人公の年齢は38歳。自分とあまり変わらない。時の流れを感じた・・・。

538 :名無シネマさん:2010/07/20(火) 15:58:11 ID:6B5w6O3I
オーストラリア

これもっと面白く作れただろ
異なる境遇・性質の男女の惹かれ合い、勧善懲悪、冒険、親子愛、社会性
いろいろ盛り込んでこれじゃダメだぞマジで
役者は良いのだが、脚本が糞ってことか
パールハーバーよりも糞だから話にならん

539 :名無シネマさん:2010/07/20(火) 23:15:25 ID:QxYCJr/U
「レスラー」
良かった。
こういうちょっと情けないおっさんが頑張る映画は好き。

「マグノリア」
ちんたら長い映画だった。
登場人物がみんなイライラしてて観ているこっちにまでイライラが伝染してくる。
出だしは面白くなりそうな気配がプンプンしてたのにつまらなかった。残念。

540 :名無シネマさん:2010/07/20(火) 23:36:07 ID:jK8vqtmB
今までの最高とは言わないけど、アリエッティでそこまで融通の利かない爺さんぶることも無かろうに。
まぁアリエッティに生物の絶滅を説いちゃう辺りはいつものジブリのメッセージが露骨化したとは思ったけど、
「みられてない」の件は都合の悪いことに嘘ついちゃう程度であってそれを知障とか・・・
ただ単に2ちゃんねるっぽい言葉を書いてみたかっただけとしか読めん。
小作品だったから最後のカタルシスを求めてたなら作品選びを間違っただけだな。

541 :名無シネマさん:2010/07/21(水) 21:04:18 ID:/uz3sYPP
「シャーロック・ホームズ」
ツッコミ所の多さも含めて、楽しめたからまあいいか。

「3時10分、決断のとき」
途中まではイイハナシダナーと思ってたが、
最後の方の展開がコントのように見えてしまって
なんか釈然としない気分。

542 :名無シネマさん:2010/07/22(木) 00:32:34 ID:ceuBwK9y
「借りぐらしのアリエッティ」

大竹しのぶの声をきいているとアニメではなくドラマを見てるような気が
してきてつらかった。
家政婦さんの設定は自分的には受け付けることができなかった。
(ごはんの食べ方汚すぎ、家政婦なのに奥様の甥の部屋に鍵を勝手に
かけたり等)
でもいやな気分にもならずすっきりした気持ちでエンディングを迎えることが
できたよ。
上映時間が短いのもありがたかった。

543 :名無シネマさん:2010/07/22(木) 01:28:01 ID:2whOhvJw
話題作りのために、訳の分からん芸人やら役者やらに
声優の真似事をさせるのを当たり前にしてしまったのは宮崎の功罪

544 :名無シネマさん:2010/07/22(木) 09:59:51 ID:uszSlZFc
バッド・ルテナント

サスペンス・スリラーのジャンルに入っているので見てみたけど、当てが外れた。
この作品は主演のニコラス・ケイジの魅力的な演技とニューオーリンズの雰囲気を
見せるのがあくまで主眼であり、ストーリーはサスペンスがないとはいえないものの、
淡々と進み、ハラハラドキドキ感は強くはない。

メイキングの字幕でplantationのことを「植林地」と訳していたが、とんでもない誤訳。
南部でプランテーションと言えば農園のこと。ケイジの父親が古るぼけた農園の屋敷
のような場所に住んでいた。アメリカの歴史文化のおおざっぱな知識さえあれば、
あんな誤訳はしないはず。

545 :名無シネマさん:2010/07/22(木) 11:06:29 ID:1r+btqDI
かっけー

546 :名無シネマさん:2010/07/23(金) 00:42:03 ID:x7Y79joi
スモーキンエース2
1の面白さ 半減

エヴァンゲリオン2
1より面白さ 倍増

プライド&グローリー
何気に佳作


547 :名無シネマさん:2010/07/23(金) 14:01:35 ID:dn7sbm7Y
サブウェイ123 激突

デンゼル・ワシントンが妙に老け込んで見えるな、と思ったが、
ジョン・トラボルタの変わりようの方が凄かった。
最初誰だかわかんなかったよ。

548 :名無シネマさん:2010/07/23(金) 23:14:55 ID:C8o0bFK2
ロンリー・ブラッド

古い映画だけどrotten tomatoesで93%だったので見た。まあ古さゆえに若くてマッチョな
ショーン・ペンをはじめとし、太ってないイケメンのクリス・ペンや面立ちに
幼さの残るキーファー・サザーランドが見られる。クリストファー・ウォーケンの不気味な演技も
素晴らしかった。が、ストーリー展開がゆっくりしていて少し退屈だった。
過激な犯罪アクション系を期待すると裏切られる。むしろ父親との確執とか恋人との関係とか
青春ドラマ系要素に重きが置かれていた。

549 :名無シネマさん:2010/07/24(土) 00:24:24 ID:x4+ef+ZI
プレデターズ見てきた
なんか今回は舞台が、いわゆる釣り堀り状態なんで今までよりかなりぬるいプレデターに感じた
例えるなら
アメリカの片田舎で狩猟シーズンに友人らとピックアップトラックでハンティングに行くビール腹のおっさんみたいな

550 :名無シネマさん:2010/07/24(土) 15:16:50 ID:eIrqFV8v
インセプション

久々に面白い映画を見たわ。
夢の中の夢の中の夢の中の夢とか、もう訳分からないけど、とにかく凄い。
渡辺健にもうちょっとカッコいい場面作れなかったのかな?というのが残念。

551 :名無シネマさん:2010/07/24(土) 22:17:35 ID:Seg5QzUN
何がジェーンに起こったか

怖いよ〜怖いよ〜怖いよ〜
どんなホラーより、どんなスリラーより怖かったよ。
恐怖からか?息苦しくてしんどい映画だったが、飽きることは
まったくなかった。

しかし、昔の役者の演技って凄いね。
サンセット大通りとも似てるけど、自分は
欲望という名の電車のブランチと、ジェーンが似てると思った。
まぁ、姉の名前のおかげでラップしちゃうのかもしれないけど

552 :名無シネマさん:2010/07/25(日) 13:48:31 ID:4tWoJvQr
「風の惑星」

音楽がいいな……

ジェダイも警察だから、マークハミルも全く違う役やってるわけじゃないんだよなw

553 :名無シネマさん:2010/07/25(日) 21:56:39 ID:aqSie5Ue
ターミナル

見知らぬ国の空港に一人ぼっち……。
劇中の言葉じゃないけど、まさにトワイライトゾーンばりの展開。
ビビリの俺ならまず泣く。
ところでこの「トワイライトゾーン云々」というセリフが、
字幕や吹き替えでは「ミステリーゾーン云々」になってた。
この芸の細かさにニヤリ。

554 :名無シネマさん:2010/07/25(日) 23:13:44 ID:nENxkoZe
パイレーツ・ロック

長い。
有名曲に合わせて踊ってるだけのシーンを
ミュージックビデオ風の演出で延々と見せられても、退屈なだけ。
それ以外は良かったと思う。

555 :名無シネマさん:2010/07/26(月) 00:48:55 ID:n9uYig0b
「愛を読む人」

先日「氷の微笑」を観た時も思ったんだが
何故、ポルノ女優ではなく一般の女優にあそこまで脱がせる必要が
あるのかわからない。ストーリーに重要だと言っても
あそこまでモロ見えにする必要はないだろう。

ケイトはブラジリアンにしてあるため、わざわざアンダヘアーの
付け毛をしてまで、見せたそうな。
よく分からない人種だ、ハリウッド人たち

556 :名無シネマさん:2010/07/26(月) 08:17:57 ID:nF72eNh7
インセプション

ネラーとしては観終わった後のみんなとの
議論が更に楽しみな映画だった
二回目見に行くとか何!?って思ったけど
自分も早速、もう一回行ってくる
そんな映画

557 :名無シネマさん:2010/07/26(月) 18:48:28 ID:vOnXlCoP
ノーランの才能は凄いと思うし渡辺謙も嫌いじゃないけど
海外の映画で日本人が出てるのを見ると微妙な気分になる
真田広之みたいなのは気にならないけど渡辺謙は何か気になる

558 :名無シネマさん:2010/07/26(月) 23:25:00 ID:id3EUJc6
エヴァンゲリオン新劇場版・破

キャラ同士の関係や性格が以前に比べてソフトになり見やすくなった。
アクションシーンが初代に比べ格段にスケールアップしてて、
普通にロボットアニメとして見応えあり。話はまだ続くのだが、
ここで終わっても納得のエンディングには満足した。
ただパチンコを先にやってたので、いくつかのシーンに新鮮さを
感じなかったのがちと残念だったかな。

559 :名無シネマさん:2010/07/27(火) 01:02:02 ID:/8BJ/5HP
>>557
最近…でもないが
洋画は日系人がほぼ必ず混ざるよな
黒人枠みたいなのがあるのか?

560 :名無シネマさん:2010/07/27(火) 01:11:41 ID:rpGGHh7Q
必ずってほどでもないような…。
大作はそういう傾向あるかもね。

561 :名無シネマさん:2010/07/27(火) 09:21:04 ID:zg82Zk/t
>>550
金かえせ!って人もいるよ


562 :名無シネマさん:2010/07/27(火) 12:16:47 ID:cctAsfTC
インフォーマント!

少なくとも抱腹絶倒するようなコメディではない。にやにや皮肉な笑いが出てくる程度。
そもそも実話だし、犯罪がらみだし、精神障害もかかわってくるし、笑えない話。
むしろマット・デイモン演じる主人公の態度に憤りを感じる人も多いはず。

563 :名無シネマさん:2010/07/27(火) 19:54:37 ID:/+E/0eai
ゼイリブ
ジョンカーペンター監督作品
B級だが最高作品
おもしろい
殴り合いの喧嘩がもういいだろうってくらい続く
いっちょ前に最後にどんでん返しもある。
中古DVDを逃して二年ほど探していたのだが、ビデオながらやっと見つけた
どうせDVDでも音声は英語のみの旧作品だから別にビデオでもかまわない。
100円だったのでかなりお徳感があった。
B級ながらほんとにおもしろい作品だ
お気に入りの一つになるだろう。


564 :名無シネマさん:2010/07/29(木) 10:23:10 ID:oT2FtbdN
ケース39

ありがちなパターンの映画。最近の例だと「エスター」を見た人なら
よく似たタイプの作品だと感じるはず。むしろあっちの方がインパクトあったな。

565 :名無シネマさん:2010/07/29(木) 11:37:02 ID:1SyxVXgx
ヒーロー
ダスティンホフマンとアンディガルシア共演作品
おもしろかった
セリフのやりとりがすごくよかった


566 :名無シネマさん:2010/07/29(木) 19:12:21 ID:vDGj1/jK
ジャッカルの日

クールに決めるには、水面下での努力が大変なのだなあ。
そのくせ最後の最後で華麗にミスるジャッカル萌え。

567 :名無シネマさん:2010/07/30(金) 16:37:42 ID:rxkJoDKJ
永遠のこどもたち
なんだかよく分からないダークファンタジー
しかし、ラストはなぜか涙が… 切ない映画だなあ

568 :名無シネマさん:2010/07/30(金) 18:03:22 ID:3mWnkdS7
シャドー
バットマンとかと同じ種類のもの
主役の人がよかったな。バットマンよりも流れも内容もよかった。おもしろかった。

569 :名無シネマさん:2010/07/30(金) 23:10:37 ID:BUkIx7Aa
ノックは無用

軽いサスペンス風のロマンティック・コメディかと思ってみたら、案外シリアスだった。
マリリン・モンローの演技が下手だとか言ってる人多いみたいだけど、
セリフに言い淀みや間違いがあるわけでなし、特に下手だとは感じなかった。
むしろ普通。感情表現が極端であれば名女優になるのなら、
モンローは下手なのかもしれないが。難しい役を十分こなしてたように思うよ。

570 :名無シネマさん:2010/07/31(土) 01:03:36 ID:Cgoh0xO6
フォースカインド

映画としてはまぁB級にミラジョビ持ってきました的な一本。
レンタルなら観る価値ありかな?
個別作品スレ見に行ったら、本当の心の病の人が粘着してて
そっちの方が見物。個別作品スレでもなかなかいない真性厨、必見。
ただしなんか反対意見をカキコすると、自演扱いされるので注意w

571 :名無シネマさん:2010/07/31(土) 11:13:16 ID:zHZBz4Qc
誰も守ってくれない

映画の題材は面白いのにどうしてこうなった・・・
自殺を決断するのが早すぎる母親、血まみれの兄を見ているのにもかかわらず平凡な日常を送っていた志田未来
本場パパラッチ並かそれ以上の執念を見せるマスコミ、あまりにもステレオタイプなネット世界とオタク像
フランス語を使う木村佳乃、彼氏の声

現実的な問題ならもっと違和感を感じさせない説得力のある設定にしてくれ

572 :名無シネマさん:2010/07/31(土) 11:13:30 ID:9yHVoHAD
明日は1000円の日なので映画見に行こうと思ってますが、
プレデターズとインセプションの感想を聞かせて下さい。

ターミネーター4やトランスフォーマー2よりつまらないのなら、
見るのを辞めようと思ってます。

573 :名無シネマさん:2010/07/31(土) 13:36:30 ID:EJ1obhpe
プレ出たーズは微妙。
インセプションは面白いが頭が疲れる。

574 :名無シネマさん:2010/07/31(土) 14:49:44 ID:UgrT/byZ
>>572
インセプションは、その例に挙げてる二つと同じランクで
考える方が変
オーソドックスなものを好むならプレ
押井守的な世界観に魅力を感じる方ならインセプション

Yahoo映画のエバリュエーションを読んで判断して見れば?
自分はいつも、映画決める時はそうしてる。

575 :名無シネマさん:2010/07/31(土) 16:59:37 ID:vA4uYexN
『インセプション』
睡眠中の夢に侵入する話。アクションシーンてんこ盛りなのだが、所詮夢の中の出来事という事で興を削がれる。
いっその事全部現実の出来事にして、御曹司を三重誘拐する話にでもした方がスッキリしたのではなどと思う。
未練のある女との愛の邂逅については、犯罪男と袂を分かち証人保護プログラム下で別人として静かに生きている女に
苦難を乗り越え接触しキーとなる情報を入手するなどにすれば、いいわけだし。
でもそんな現実話にしてしまうと、凡百のアクション作品に埋もれてしまい撮る意義などないと言うんだろうな。
しかし翻って考察してみるに、本当にこれらを夢の論理で再構築して夢の世界を見せる必要があったのかと。
設定も理解しにくい。もっと機材を前面に出したり、夢に侵入できる資質に関してもっと分かりやすく説明した方が
良かったのではなかろうか。この監督はダサい説明的語り口は大嫌いだろうから、言っても無駄だろうけど。
ダークナイトにはスクリーンで見て良かったと思える映像が多数あったのだが、それについてもこちらは少し微妙。
手を抜かずに高レベルで撮れているとは思うので、後はそれぞれの好き嫌いに任せたい。
難解気味な作品が体質的に駄目という訳でもなくて、押井作品などは大好きなんだけどね。
数回くらいは会話中に軽薄にこの作品例を引用して、分かったような分からないような説明理論として使ってみるかも。
だって、そうでもしないと元が取れた気がしないんだもの。

223 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)