2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【雑談禁止】今日見た映画の感想 その70

1 :名無シネマさん:2010/03/21(日) 08:06:18 ID:jHlfhpDy
場所も媒体も一切不問。長文でも一言でも歓迎です。
鑑賞後のメモ帳がわりにどうぞ。まだ観ていない人の参考になるカキコや良し。

◇◆ただしネタバレは無しでお願いします。◆◇
どうしてもネタバレをしたい方は、最初に作品名と『ネタバレあり』という注意書きをしてからお願いします。
故意的なネタバレは荒らしなので無視してください。
アンカー(>>これのこと)をつけるとネタバレ被害が拡大するのでご注意を。
古い映画のタイトルを書いて、中身は最新映画のネタバレをする人がいるので気をつけてください。

雑談は禁止。どうしても雑談をしたい方はこちらのスレッドをご利用ください。
【雑談OK】今日観た映画の感想【ネタバレ注意】12
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/movie/1258954863/
他人の感想にレスしたり雑談したりするスレ 5
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/movie/1213590039/

映画の感想は人それぞれということをお忘れなく。
「個人的」感想にムキになって反論する必要はありません。

2 :名無シネマさん:2010/03/21(日) 08:41:01 ID:1XGGurjz
2

3 :名無シネマさん:2010/03/21(日) 17:52:02 ID:wQsG5ziy
>>1
乙加齢臭

4 :名無シネマさん:2010/03/21(日) 21:06:22 ID:AH8ADbYs
スラムドッグ・ミリオネア

去年のアカデミー賞か…
まあ…悪くはないがよくもないみたいな感想しか出てこない
インド人がこんなインド人いねーよ!ってキレるインド描写じゃなければ
いいんじゃないかな…

5 :名無シネマさん:2010/03/22(月) 00:24:07 ID:9zWRMXvx
サマーウォーズ

映像的には楽しめたけど、最後にかけてはご都合主義のテンコ盛りで、
感動とかカタルシスを得るとかは無理だった。製作側はそういうのを意図
していたのだろうけど。
対面しなくても個人で何でもできるネット社会と、昔ながらの顔を合わせて
築き上げる人との関係の対比を描いたのはいい着眼点だと思う。
なんか、う〜ん、なんだろう。後になってあまり印象に残らない作品だろうなあ
というのが感想。この製作陣の次回作には素直に期待する。がんばれ

6 :名無シネマさん:2010/03/22(月) 20:30:34 ID:CQXt5zvF
ダージリン急行

糞つまんねえ。寝た。ワケワカメ。

ああ、この監督こういうグダグダ〜なノリが特徴なのね。何がいいんだかサッパリ。

ロードムービーの良作ということで観たけど・・そうなの?

ストーリ、脚本、映像、すべて嘘くさいコント調。

父親死亡→インドを旅行してスピリチュアルな体験し、兄弟を見つめ直す?
母親がインドで修道女になってる?
インドで何かやれば悟りが開けるってか?西洋人の短絡なとこがよく出てるわ。
こういう着想からしてツマンないんだな。つかインドの文化を蔑視してるだろ。

なんか兄弟間のグダグダな会話で雰囲気だしてるつもりなのかもしれんが、全然リアリティを感じない。
兄弟3人が送ってる人生がまったく現実なものに思えない。すべて漫画。

笑えないどころか、感情がまったく動かないまま終了。






7 :名無シネマさん:2010/03/23(火) 01:56:48 ID:ZmuGlvbR
いらいらさせる行間w

8 :名無シネマさん:2010/03/23(火) 09:55:49 ID:mV21qJjA
ミスト

衝撃のラストっていうからつまんないながら見続けたら
小学生が思いついて「すげー話思いついた」と喜んでそうなラストで失笑モノだった
いやハリウッド映画には何も期待してないけど
それでも期待したのが馬鹿だった

9 :名無シネマさん:2010/03/23(火) 22:26:01 ID:sAFIODrA
NINE

なんか歌のシーンを無理矢理挿し込んだ感じで気になったな
オリジナルを見てないけど、多分綺麗に歌につなげれるような話じゃなかったんだろうなぁとか思った
まぁ、豪華だし、見てて楽しいんだけど、ストーリーと歌がどうしても別のものに見えてしまう。歌いらねぇんじゃねーの?みたいな感じ
見てて途中から歌いらんから話進めてくれって思ってしまったw
シカゴを思い出したわ。同じ監督なんだけども。ブロードウェイミュージカルの映画化で言えばプロデューサーズのほうが好きだわ、俺

10 :名無シネマさん:2010/03/23(火) 23:26:41 ID:Qg55c18N
【おすすめ映画】最高にしびれたシーン
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9678142
よかったシーンを詰め合わせ。
その映画が全体的に面白かったかどうかはどうでもよい。。

11 :名無シネマさん:2010/03/24(水) 01:07:40 ID:wiKLQlFL
エスター

前スレにもあったが
オーメンとか聖ロザリンドを思って観ていたら、騙された
無駄に恐怖心を煽り立てようとするシーンもあったが
オカルト風味が少ない分面白かった

にしても
どうして映画の登場人物は
悪いヤツとタイマン勝負張ろうとするんだろう
警察近くにいるのに、全てが終わるまで出てこないし

12 :名無シネマさん:2010/03/24(水) 03:31:38 ID:WjjlhPpU
どっちにしろ助けに来た警官は100%殺される>ホラー系のお約束

13 :名無シネマさん:2010/03/24(水) 07:37:14 ID:+/e0S22u
バレエシューズ

ハリポタのハーマイオニーちゃんが他に何を演じてるのか
というだけで見た
彼女が真面目な芸達者であるのは分かった
家が全然貧乏に見えないし
ご都合主義的に救いの手がやってくるので
あー勝手にやってくれとかおもう展開もあるが
古き良き時代いうのをノスタルジー全開で
楽しめるならいい映画

バレエシーンがもっとあればよかったのになー

14 :名無シネマさん:2010/03/25(木) 00:44:03 ID:DmdpsQdP
ハイスクールミュージカル ザ・ムービー

ザ・ムービーと銘打ってはいますが、前2作TVシリーズの最終章だけ劇場版です。
というわけで前作を観てない人には登場人物の知識も思い入れもないでしょうから回避もありかと。
内容的にもほとんど無いに等しく、脳天気な展開が続いてくだけです。

シリーズファンなら良いかもしれませんが、あんまり観る意味も感じられませんでした。

15 :名無シネマさん:2010/03/25(木) 00:47:58 ID:DmdpsQdP
ホット・ロッド めざせ!不死身のスタントマン

いや、冒頭から不死身に近いし・・・
誰が製作にゴーサインを出したんだ!?というようなヌルおバカ映画。
あまりの展開の緩さにもはや失笑するしかない感じ。
なんでこんなのにシシー・スペイセク出てるんだろう・・・

とダメダメな映画風に書いてみたけど、観たら絶対一か所はクスッとする!

16 :名無シネマさん:2010/03/25(木) 19:50:13 ID:AgEmig5V
SAW6

シリーズはひと通り見ていたがほとんど記憶に残っていなかったので
過去作との繋がりにおいて納得感が得られるかどうかは正直分からんし
見返してみようという気分にはならなかった
ただ今回のテーマは時事ネタ?の医療保険制度にも絡めたところだろうし
旬な感じがあっていろいろ考えさせられた点では良かった
次回作も考えてまっせ感漂わせまくりのエンディングだけど期待しないで
次を待つとするか

17 :名無シネマさん:2010/03/25(木) 22:32:55 ID:YtM6Dv2B
待つのかよw

18 :名無シネマさん:2010/03/26(金) 03:24:16 ID:xIpa8bAL
バイオレンスレイク パンチ効いてた

19 :名無シネマさん:2010/03/26(金) 07:50:25 ID:c1CJk3IG
それでも恋するバルセロナ

ウディ・アレンは恋を哲学かなんかとカン違いしてる
それでも美女が好きなので
理知的なアメリカ美女と
奔放なアメリカ美女と
野性的なスペイン美女に
一人の男が囲まれてウハウハしたり修羅場ったりする
夢のシチュエーションがあるのに

見てるほうは途中で寝てしまった!
俺の90分を返せ!

20 :名無シネマさん:2010/03/26(金) 14:35:51 ID:BDopLXhC
キングダム

FBIなんかを主役にするからこじんまりしちゃうんだな
もったいない

21 :名無シネマさん:2010/03/26(金) 21:48:43 ID:dU+1SEgo
悪夢のエレベーター

どうせ邦画のぬるい系とたかをくくって見ていたら
おっとどっこいのどんでん返し
まあ同系列の洋画と比べれば、ぬるいっちゃあぬるい
ラストも後に含みを持たせて、全部垂れ流さない展開だけど
洋画なら全力でグロい方面に映像化しちゃうんだろうなあ、それも見たかったなあ、とも思ったり
そもそも最初のシーンは、本編のどこら辺に繋がってたんだろうか

22 :名無シネマさん:2010/03/27(土) 22:11:52 ID:4PkdkK7l
宇宙からのメッセージ
まさか21世紀になってこれを初めてめるとは。時代劇なのかやくざ映画なのか良く分からん。

23 :名無シネマさん:2010/03/28(日) 23:38:21 ID:l2S2NzxQ
>>22
スターウォーズのパチもんだろ?

24 :名無シネマさん:2010/03/29(月) 16:22:32 ID:xdqcHJPs
フェイクシティ

ベタでありがちな話だったけど、わりと楽しめた
ディスコはフラグが立ってたのでまさかと思ったが・・・

25 :名無シネマさん:2010/03/29(月) 23:50:24 ID:S4ktovpz
スコルピオンの恋まじない

シャーリーズ・セロンって何かいまいちだな
演技下手だと思う
映画雑誌じゃなくてファッション雑誌がお似合いだよ

26 :名無シネマさん:2010/03/30(火) 01:27:21 ID:C7Q9WQTH
ハート・ロッカー

男性監督以上に男臭い物語を描いてます。
アバター祭りのおかげで地味な作品に感じられますが、
口の中が渇いてしまうくらいスリリングなシーンてんこ盛りです。

行動的なリーダーの下で死に恐怖して参ってしまうのも戦時下の病とは思いますが、
戦争で命を賭けて、ようやく日常に戻ったリーダーが悟った自分に一番大切なモノ・・・
これも強烈な戦争の病だと思いました。

ところで、ちょっとだけゲスト的に出演してる俳優が3人ほどいましたが、
中でもレイフ・ファインズ・・・オスカー関連作によく絡んできますね。

27 :名無シネマさん:2010/03/30(火) 01:34:04 ID:C7Q9WQTH
ニュームーン:トワイライト・サーガ

相変わらず雰囲気優先で作られているなーという印象で
ストーリーテリングにはほとんど力を感じません。

狼との関係は前作の焼き直しにしか見えないし、吸血鬼側の描き方が物足りない。
3部作の中間と言うことでラストに色々取っておきたいのは分かるとしても
あまりに全てのことが中途半端すぎです。

前作の野球シーン観たく思わず吹き出すシーンがないのが救いでしたが、
ヒロインの「私のために争わないで!」って言いそうで聞かない台詞を堂々と宣う辺りに少し脱力。
ダコタの出番が少なすぎます。

28 :名無シネマさん:2010/03/30(火) 01:39:22 ID:C7Q9WQTH
ロード・トリップ パパは誰にも止められない!

同名のコメディもありますが、これはマーティン・ローレンス主演の娘の旅立ちを描いたコメディのほう。
パパの娘バカっぷりが遺憾なく発揮されていて、世のお父さんなら共感できるのかも?
ただ、やたらドタバタコメディの傾向が強すぎな印象。
アクシデントに力を入れすぎて、父娘が理解し合う過程が十分でなかった気もします。

29 :名無シネマさん:2010/03/30(火) 01:45:24 ID:C7Q9WQTH
縞模様のパジャマの少年

あまりのラストに衝撃を受けて呆然。

政治にはまだ無知かつ無垢な少年時代。
なんとなくナチス政権下ではユダヤと交流することはいけない・・・
とは気づいていつつも子供同士仲良くなってしまうのはどうしようもないこと。

でもあの最後の展開は想像できませんでした。

30 :名無シネマさん:2010/03/30(火) 01:59:30 ID:QvOSzSB2
男と女の不都合な真実
エロコメディかと思ってみたのにエロシーンこれと言ってなく笑えもしない。
なんの共感するシーンもなくいつの間にかハッピーエンド。

パッチギ!
朝鮮高校怖すぎ。わかりあえる気がしない。
なんで絶賛されてるのかわからなかった。

31 :名無シネマさん:2010/03/30(火) 22:55:03 ID:X9erfvlj
白い恐怖

院長は新院長が偽者だと知ってるのに知らないふりしてるのとかバカすぎ。
なんだこの無理やりは。
でもバーグマンが美しすぎるので内容なんかどうでもいいけど。

32 :名無シネマさん:2010/03/31(水) 20:23:42 ID:q0vWhw3P
パリ ジュテーム

あぼん あぼん あぼーん っていうから
こいつらは2ちゃんの住人かとカン違いしそうないい映画

フランス最凶で最狂な部分も見える
地下鉄でバカップルと目を合わせたら地獄だ
旅行に行ったら気をつけよう

33 :名無シネマさん:2010/04/01(木) 19:31:52 ID:vWolmsU7
消されたヘッドライン

英ドラマのリメイク。
ドラマのドミニク・フォイが面白い奴だったが、映画の方は印象薄いキャラだ。
ヘレン・ミレンの演技も、今回は地味な感じ。
でも、映画自体は解りやすく、よくまとめてあると思った。

34 :名無シネマさん:2010/04/02(金) 10:16:35 ID:WCP5P5Ea
マイレージ、マイライフ

サンキュースモーキング、ジュノとこの監督の作品にハズレはない。
出てくる登場人物を演じる役者が皆良かった。

35 :名無シネマさん:2010/04/04(日) 12:29:53 ID:Xt9Gcq1o
ドニー・ダーコ

見るのは2回目
1回目のラストが衝撃過ぎて、何年も見るのを控えていた
思い立って再度見てみたのだが
ラストが分かってる分だけに、しょっぱなから泣きそうになった
何という欝映画


クヒオ大佐

堺雅人の胡散臭加減と情けなさが半端ない
南極料理人で癒され、クライマーズ・ハイでときめいた俺のハートを帰せ
ラストのツッコミも面白かった

36 :名無シネマさん:2010/04/04(日) 21:23:43 ID:4tZqf1t2
画家と庭師とカンパーニュ

フランス語でカンパーニュが田舎の意味で
肯定的・積極的安らぎと素晴らしい環境を誇らしいニュアンスでカンパーニュということを
知っていればこの映画がさらに良作なことを実感できるのに
なんという惜しい日本語タイトルなんだ!

ふつう知らないよ カンパーニュなんてっ

画家と庭師が二人ともとてもいい俳優だった
しかも庭師の奥さんがすごく美しかった


37 :名無シネマさん:2010/04/05(月) 04:29:15 ID:1zQw6fSA
Ray

この手の映画はほとんど女関係と麻薬に時間をさくけど
もっと音楽に重点を置いてほしいな。
旅立てジャックはすばらしい。

38 :名無シネマさん:2010/04/08(木) 18:33:19 ID:D/Tw4RaL
12ラウンド

どんどん監督作が微妙になっているレニー・ハーリンとガタイはいいけど演技が固いジョン・シナ主演
という失敗臭ただよう組み合わせながら、フツーに楽しめるアクションに仕上がってました。
タイトルが示すとおり、次々にアクシデントが起こるので飽きさせません。
「なんで足で車に追い付くんだ」とか「犯人1人で罠張り巡らせすぎ」とか突っ込みつつ、頭空っぽで見るが吉です。

真相がどこかで見たことがある展開なのと、
スピード感だそうとやたら切り替えたりブレる画面に疲れる点がマイナスかな?

39 :名無シネマさん:2010/04/08(木) 18:43:05 ID:XNdWtoQ+
GOEMON
時間の無駄だった

40 :名無シネマさん:2010/04/08(木) 18:44:27 ID:D/Tw4RaL
ホワイトアウト

織田裕二でなく、ケイト・ベッキンセールのほう。
南極という極限の環境と基地内という限定空間という設定を全く活かしてません。
展開も盛り上がらず、ダラダラ続いていく感じ。
 
できの悪い回想で流れが見えてしまうのと、真相が分かったとたんに
ちっぽけなセコい話になってしまうのがますます残念。

41 :名無シネマさん:2010/04/08(木) 22:01:29 ID:z7EQkH96
>>39
途中で見るのをやめた自分は正しかった。

42 :名無シネマさん:2010/04/09(金) 06:58:18 ID:ZUfHxNT4
ジェット・ローラー・コースター

まるでシーゲルの映画のような顔ぶれが渋くてよい
ティモシーボトムズはよけいだけど。

43 :名無シネマさん:2010/04/09(金) 23:15:54 ID:aMeiqwgE
シャッターアイランド

開始前に「錯覚です」とか煽るもんだから、謎を見逃すまいと気を張りつめ続ける140分。
頭フル回転で筋を追いながら、あらゆる可能性を考えてたから、なんとか勝った。
2回目みたら色々見落としに気付きそうな感じです。

「ゾンビ」訳は他に当てようがなかったもんか・・・

44 :名無シネマさん:2010/04/10(土) 01:37:47 ID:58+p78u1
シャッターアイランド
映画の感想は、どうやってもネタバレに結びついてしまうため、
超吹き替えの感想をば。
台詞監修・戸田奈津子に不安を抱いてる方、冒頭はその不安が的中します。
無理に若々しい言葉遣いを用いているために、
相棒の〜すかっ敬語に違和感覚えまくり。
字幕にすればよかった、失敗したなあ感が強い。
けれどもなぜかしばらくすると、相棒の敬語自体がなくなって違和感も薄れる。
途中で誰かが指摘したのかもしれないが、〜すかっはないわ。
ただ、いちいち登場人物の名前と肩書きを字幕で表示するのは要らない。
これをやることで、重要人物とそうじゃない人物の違いが一発で分かってしまう。
その2点以外は、特に不満を覚えることのない超吹き替えでした。
でも、これが本当はあるべき形の普通の吹き替えなんだよね・・・。
ちなみにミステリーというよりは、ホラーでした。

45 :名無シネマさん:2010/04/10(土) 01:41:33 ID:mICsMMbt
シャッターアイランド
「よーし、もう一回観て今度は細かい部分まで確かめよう!」と
思えるほどインパクトのあるオチじゃありませんでした。

46 :名無シネマさん:2010/04/10(土) 08:06:12 ID:voqWROn4
吹き替えとかあるんだ、おもしろそうw

47 :名無シネマさん:2010/04/10(土) 12:12:30 ID:hox/oUUr
第9地区

今までにない新しい発想と独特の構成で興味深い作品に仕上がってます。
やたら予算かけなくても迫力ある娯楽作ができる証明の逸品。
お金かけずに作り上げたのか、他の作品が無駄にお金かけてるだけなのか悩むところです。

結末の後がさらに気になりました。

48 :名無シネマさん:2010/04/10(土) 13:06:26 ID:I4RFEO9c
カイジ
全くの期待外れだった
駄目人間だった主人公が実は天性のギャンブルの才能の持ち主で
駆け引きの交わし方を自力で生み出して勝ち進んでいく話

なんだと勝手に想像してたので橋を渡るシーンまで見たところで
何のために見てるのか分からなくなった

49 :名無シネマさん:2010/04/10(土) 13:54:05 ID:DdJsHai4
ライフ・イズ・ミラクル
凄まじいまでに満ち溢れたエネルギー
独特の色彩感覚
ストレートな表現力
魅力的な登場人物と愛らしい動物たち
そして驚異的なダサさ
これらが見事に融合し、戦争という悲劇を
愛と自由の反戦喜劇映画として作り上げた監督に喝采を浴びせたい
見事な人間讃歌

50 :名無シネマさん:2010/04/10(土) 17:39:26 ID:FjDmw2kF
シャッターアイランド

煽りすぎで普通に分かる。もっと然り気無い伏線じゃないと。字幕で観ても何も見落とさないだろうね。

51 :名無シネマさん:2010/04/11(日) 01:08:30 ID:cSmpQpUL
主役がエイリアン化して、親子エイリアンは宇宙へ帰る、第9地区。

ディカプリオは米連邦保安官じゃなく
実は患者だったと言うありふれた落ち→シャッターアイランド

52 :名無シネマさん:2010/04/11(日) 01:09:05 ID:cSmpQpUL
↑悪い誤爆したw

53 :名無シネマさん:2010/04/11(日) 01:12:02 ID:Bbbmhc6a
「レスラー」

ミッキーロークとは知らなんだ。
あまりの変わりっぷり。
映画に命かけてるな。
娯楽色も多く、傑作。
主人公に哀愁があり、共感できる。
プロレスは、ミスター高橋の言ってた通りだな。

54 :名無シネマさん:2010/04/11(日) 01:14:47 ID:Bbbmhc6a
「インハーシューズ」

セリフの多いシリアス恋愛もの。
女性が観ると共感できるのかもしれないが、退屈だった。
キャメロン・ディアスにも、魅力を感じなかった。


55 :名無シネマさん:2010/04/11(日) 01:18:25 ID:Bbbmhc6a
「Xメン ファイナル・ディシジョン」

CGフルてんこ盛りの派手な映画。
でも何だかストーリーに入り込めなかった。
金のかかってない「レスラー」のほうが、ずっと面白く感じた。


56 :名無シネマさん:2010/04/11(日) 01:22:07 ID:Bbbmhc6a
「3時10分 決断の時」

ラッセルクロウと主役の二人が際立っていた。
西部劇は、男がかっこよく見える。
脚本も良く、素晴らしい映画だった。


57 :名無シネマさん:2010/04/11(日) 04:07:00 ID:2HUTgMko
パニック・イン・スタジアム

どうも逃げる群衆に緊迫感を感じない
この監督にあれだけのエキストラをコントロールするのは無理ってもんだ
もったいない、世界一もったいない。

58 :名無シネマさん:2010/04/11(日) 08:23:48 ID:WmpUMO0y
「BALLAD 名もなき恋のうた」

しんちゃんアニメ版未見
ガッキーの姫様口調が可愛らしすぎて興奮
とーちゃんが車で突っ込んでくるシーンで号泣
映画であんなに泣いたのは久しぶりだった


「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜

広末のエロだけを期待して見ていたらがっかり

59 :名無シネマさん:2010/04/12(月) 00:56:29 ID:aCNWjhJb
「デンジャラス ビューティー」

最初から最後までだれることなく、楽しめた。
サンドラ・ブロックの変わりようが面白い。
ミスアメリカコンテストの雰囲気も味わえる。
素直に楽しめた一本。

60 :名無シネマさん:2010/04/12(月) 17:29:53 ID:Iq9CVKGz
マンハッタン

ウディアレンのオスカー作にして「アニー
ホール」と並ぶ代表作のひとつだが、
とにかく冒頭からモノクロの美しいマンハッタンと
ガーシュインの音楽が素晴らしい。
逆にいうと恋愛映画的な要素は全く共感できず、
ブサイクなウディアレンが
マリエルヘミングウェイやダイアンキートンに
もてもてなのが非常に反感を感じるし、
主人公の内面の葛藤&背景があまり見えないのもダメ。
やたらとインテリぶった会話の中に下ネタが入るのも何だかな〜。
身勝手すぎる主人公の行動にも辟易。
やっぱりウディアレン映画はダメだ。受け付けん。だたしマリエルはかわいい。
観光地映画としてもナイスです。
モノクロームのニューヨークが美しすぎる。それだけ。

61 :名無シネマさん:2010/04/13(火) 04:28:26 ID:3Ps6EkE0
パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド

こんな子供向け映画に出るなんてキースにはがっかりだ。
こんなになるまで長生きするとはね。
指輪はちょっと笑ったけど。
Keith Don't Go !


62 :名無シネマさん:2010/04/13(火) 08:34:38 ID:KALSBDWZ
TAXI

リュック・ベッソンのやつ
一作目のやつ

作戦にいちいち名づける署長のセンスがおかしい
「コブラ」はドイツの人気テレビシリーズをおちょり
「禅」は日本かぶれのフランスインテリ層をおちょくり
次のは…なんだったけな

それで大捕り物帳にならずに
とことん主役二人による個人プレイつーか
個人主義的な展開と演出が
やっぱりフランス映画だなぁと

ハリウッドの仰仰しさよりは好感が持てる
見てる方にもそれなりにウィットのセンスが求められるけど
それはあまり問題にならない程度なので
ふつうにエンタテイメントな映画として見れた

しかしーマリオンは細いのう〜足長いのう〜

63 :名無シネマさん:2010/04/13(火) 11:00:29 ID:tOBAeOc4

パンコック とにかく酒飲みの不死身なヒーローが暴れるだけ タイトル見たときは料理関係の映画だと思った

64 :名無シネマさん:2010/04/13(火) 20:48:16 ID:YdLmYUic
血と怒りの河 Blue 1967年 NHK-BS2

津波や国会中継で2度も放映が流れましたが、今回やっと見れました。
あちこちネットで言われているように名作でした。

英国人がアメリカで撮った西部劇ですと。
マカロニとニュー・シネマのテイストも入ってたし。

メキシコの盗賊に育てられたアメリカ人開拓者の孤児
(金髪で青い眼・原題は「ブルー」/テレンス・スタンプ)
の自分探しの戦いなんて言ったら身も蓋もないけれど・・
美青年・美少女のさすらいの青春?

泣けるシーンあり。アクションもすごいし。
アクション・シーン担当の監督は有名な人らしい。

音楽もギリシャの音楽家だそうで。
色彩も美しかった。
青い空・赤い砂・緑の草原・満天の星・真紅のバンダナ

60年代って・・こんなだったのか


65 :名無シネマさん:2010/04/14(水) 18:35:39 ID:abVRTn5E
ステイ

ジェイコブスラダーじゃないか!

66 :名無シネマさん:2010/04/14(水) 20:45:25 ID:zGnN3IHE
20世紀少年

つまらん
所詮は漫画
「AKIRA」に影響された劇画原作のご都合主義満載の漫画映画


67 :名無シネマさん:2010/04/15(木) 15:35:51 ID:J2ioyYMe
タトゥー またセブン崩れの作品だった 主役かっこよかったけど

68 :名無シネマさん:2010/04/17(土) 22:06:20 ID:E6+x9EiX
パッセンジャーズ

こいつはセブン、じゃなくシックスセンス崩れの作品だったよw
ご都合主義とあざといセンチメンタル充満、シックスセンスの残飯見たいな映画。

69 :名無シネマさん:2010/04/17(土) 22:09:10 ID:+fayz1xJ
とにかくこの曲だけはすたれさせないでほしいんだよね
たまに聞くといいよね
僕の唯一の友達。
これを見て人の温かさを感じて涙してます
ニコニコ動画
ALWAYS三丁目の夕日サウンドトラック
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3297896


70 :名無シネマさん:2010/04/18(日) 00:06:59 ID:F6CcucyQ
第9地区
あの黒い液体はなんなんだよ。
飛沫浴びると宇宙人に変身する宇宙船を飛ばして、一般家電製品にも入っている液体X。ゴミ山から一瓶集めるのに二十年かかるとか。


71 :名無シネマさん:2010/04/18(日) 03:18:12 ID:2B5ChZt5
96時間
一気に最後まで持っていくこのスピード感、力業は面白い
次世代ゲーム機で現代版スーパーマリオを出したらこんな感じ。
リーアム・ニーソンだから割と上品にまとまっているが、他のアクション俳優でも観てみたい
セガールだったら本当にエッフェル塔を破壊しただろう

72 :名無シネマさん:2010/04/18(日) 14:37:45 ID:5rFZInwf
Mr ビーン カンヌで迷惑

意外とおもしろかった。
最初の、前を横切るビーンをにらむデフォーがよい。
いきなり三突が出てきたのはびっくり

73 :名無シネマさん:2010/04/18(日) 17:30:06 ID:/vMIRwSL
ザ・インターネット
アランが不憫すぎやしないか。最後のシーンに写真くらい出してあげなよ!
…と思ったが家財道具一式ないんですものねー

サンドラ可愛いしよかったよ。

74 :名無シネマさん:2010/04/19(月) 06:16:46 ID:k7cormj2
アウトブレイク
題材は良いのに中途半端にアクションや恋愛を入れたもんだから緊張感が持続しない。
ウイルスの怖さより軍のアホさばかりが目につく。
と言ってもこういう題材は好きなので結構面白かったけど。
一番のインパクトはケビン・スペイシーの禿げ上がったオレンジ色の髪の毛

75 :名無シネマさん:2010/04/20(火) 00:24:09 ID:3B1nCIKg
「ロッキー・ザ・ファイナル」

どうせワンパターンな話だろと思って観たけど、意外に面白かった。
ベタだけど、感動させられたよ。
でもやっぱりワンパターン。


76 :名無シネマさん:2010/04/22(木) 00:14:54 ID:tQhJueMi
アリスインワンダーランド3D
内容は、まあいつものティム・バートン…よりも不完全燃焼気味?
3Dだから物珍しさで見られたけど2Dだったら見なくていいやって程度
にしてもアン・ハサウェイの口でけぇな

77 :名無シネマさん:2010/04/22(木) 09:51:50 ID:Fm1zmq6f

ホワイトアウト リメイク版 やはり織田裕二には勝てない

78 :名無シネマさん:2010/04/22(木) 10:39:38 ID:H7cQSgya
>>51

ネタバレしてんじゃねぇよカス氏ね

79 :名無シネマさん:2010/04/22(木) 10:53:35 ID:WklONyD8
「フリークス」
あれ…?普通に面白い…、ぞ?
ストーリーgdgdで畸形だけが売りの作品だと思ってた〜騙された〜
コメディだしヒューマンだし昼メロだし、後半のホラー描写もシャレてる。
あと、畸形の役者陣は実際に一人一人が花形芸人なだけあって、皆パワフル。
カラッとチャーミングに振舞うのが上手いから、嫌なタブー感は感じなかった


「のだめ完結編」
付き合いで1も2も映画館で観てしまった。2は1より更に酷かった、死にそう。
脚本が支離滅裂すぎ。でも場内は皆大爆笑&大号泣してたから良いのかな…
主人公がとにかく恋愛しか頭になくて、ずっと意味不明な嫉妬でギャーギャー
わめいてて疲れた。彼氏に近寄る女は皆敵認定って、流石に精神病レベル…。
性格悪いし頭悪い、でもピアノの天才だから皆はチヤホヤ心配する。何だかなあ

80 :名無シネマさん:2010/04/22(木) 21:40:49 ID:8hmSqysh
「宮廷画家ゴヤは見た」

ゴヤが生きてた時代がよく分かる。
スペイン大変だな。
ナタリー・ポートマンいたぶられすぎて哀れだった。
しかしなんちゅー日本語タイトル。

81 :名無シネマさん:2010/04/22(木) 21:41:00 ID:io/v2kH/
『のだめカンタービレ』
ず〜っといじけて不安で悩んで鬱でやる気の無いのだめと、
妙に多く、かつ長い“間”の演出にイライラしっぱなし。
連ドラマ〜ドラマSP〜前編映画と面白く見てきたのに最後にこれかい。

82 :名無シネマさん:2010/04/22(木) 22:55:13 ID:ndk6Mdw2
フォース・カインド

まさかの〇〇ものとは、宣伝に騙された
催眠術のシーンはビクッッッッッ!!!となったわ
ビビらすなw

83 :名無シネマさん:2010/04/23(金) 00:41:08 ID:tGnd/F4s
カール爺さんの空飛ぶ家

序盤の台詞もなく奥さんとの日々が綴られていく様は心温まりました。
でもその分別れが切なくてホロリと・・・「つみきのいえ」に似た寂しさです。

そんな感じで、のんびり飛んでいくのかと思ったら、案外早い段階でアドベンチャーに。
大人も子供も楽しめる展開で、アニメと侮っていられませんでした。
そして奥さんのノートを見つけてまたホロリ・・・

スタッフロールもスタッフの仕事と写真の絵柄がリンクしていたりと芸が細かくて楽しかったです。

84 :名無シネマさん:2010/04/23(金) 00:52:23 ID:tGnd/F4s
フォース・カインド

○○モノとは知っていたし、催眠療法なんか信じません!
でもなぜか見てしまったら、実際の映像部分が薄気味悪くて、いやな後味たっぷり。
パラノーマル・アクティビティあたりで怖い思いをした人は、心臓の準備をして鑑た方が良いかも。

実際の事件はどんなモノだったのか?本当にフェイク映像じゃないと言い切れるのか?
悩み悩みつつ見て、中心のドクターの妄想と結論づけることにしました。じゃないと怖いし。
まさに観る人ごとに「真実はあなたの中に」という感じです。

ちょっと残念な点は、せっかく65時間もの録画映像、録音テープがあると前置きしながら、映像を中途半端に切り替える点。
実録部分からミラ・ジョボビッチに切り替わった瞬間に明らかに緊張感が解けます。

85 :名無シネマさん:2010/04/23(金) 01:56:50 ID:dVI0Ev0Q
「HACHI 約束の犬」

とにかく泣いた。ハチ公の忠義と可愛さにやられまくった。物語の内容を知ってるだけに前半の飼い主との心温まるやり取りが見ていて辛かった。

86 :名無シネマさん:2010/04/23(金) 15:53:19 ID:S6ajGCjA
「シークレット・ウィンドウ」

地雷だった…。
話がツマラン上に、ジョニー・デップの演技力のなさが浮き彫りになってる。
やっぱりコスプレで誤魔化さないと大根だわデップって。

87 :名無シネマさん:2010/04/23(金) 18:56:54 ID:WeoB9DcP
ソウ5

1から全部、時間をおかずに一気に見ないと
さっぱりわからん構成はひどすぎると思うんですよ

88 :名無シネマさん:2010/04/24(土) 02:15:06 ID:EmKwzjDt
タイタンの戦い (2010)

とことんバトル方面に特化してました。
神話を荘厳に描いた正統派・・・という感じではなくとことんダイナミック。
バトルは当然ダイナミックですが、展開もダイナミック。
細かい演出やストーリーはどちらかというと手抜き。必要そうな部分はほぼ台詞で説明。
その分の労力をスピーディなサソリやメデューサとの戦いにつぎ込んでいます。

上映劇場では吹き替え版しか3D上映していなかったので、2Dで鑑賞。
アバターみたく3Dで鑑賞すると凄いけど、2Dだと途端に「絵」っぽくなるという極端さはなく普通に鑑賞。
逆に言えば「じゃ、3Dいらないの?」となりますが、もう一度確認で見に行きたくなるほど中身がありませんでした。

89 :名無シネマさん:2010/04/24(土) 02:24:48 ID:Owpkyy52
17歳のカルテ

「カッコーの巣の上で」の女版

アンジェリーナ・ジョリーがいい演技をしてた

90 :名無シネマさん:2010/04/24(土) 23:18:25 ID:zwo5AeSB
オフサイド7

1〜2回は見た気でいた。まさか初見だったとは知らなかった。
簡単に自軍を裏切るドイツ将校がいるわけないだろ!
すっげー不愉快
ウイリアムホールデンに「まだいたのか?」
ここはおもしろかった。

91 :名無シネマさん:2010/04/25(日) 00:41:07 ID:Ea5QYQOq
第9地区

エイリアンが出てくる面白い作品としか前情報収集してなくて
おちゃらけSFかと思って観に行ったら社会派作品のような味わいだった
舞台が南アってのがまた…やっぱり意識してるのかな
ちょっとグロいけど、かなり面白かった

92 :名無シネマさん:2010/04/26(月) 03:43:50 ID:HWgqsQks
Kick-Ass

おもしれー

93 :名無シネマさん:2010/04/27(火) 11:03:05 ID:BwEOhVIH
「ブロウ」

デップ金髪が吹くほどにあわないし話ツマランし超どうでもいい映画。
なによりペネロネとデップの画面の相性がものすごく悪いと感じた。
パイレーツオブカリビアン4で共演するらしいがどうなんだ・・・

94 :名無シネマさん:2010/04/28(水) 09:14:25 ID:pUKsQ/MZ
「アリス・イン・ワンダーランド」

つまらなくはないが、ティム・バートンなんだからもっとゴス風味の
ラリラリな感じを期待していたせいか、あっさりし過ぎだなと
感じた。主役の女の子は綺麗で良かったけどね。

95 :名無シネマさん:2010/04/28(水) 09:32:34 ID:QStoZVO2
「4th kind」

予告に騙された。リアルだという設定のインタビュー部分とか作り込みが浅
くて「これをリアルだと信じる人っているとか?」って気になって映画の世
界に入り込めなかった。

大したオチもなく、予告の方が怖かったという感じの出来。


「スモーキン•エース2」
前作はそれなりに豪華キャストで中身もスタイリッシュなバイオレンスアク
ションものって感じで楽しめた。

けど2はスタイリッシュにしようって部分だけ鼻につく感じで、ストーリー
とかキャラクターもイマイチ。

アクの強いアサシンは、キャラクター紹介部分のシーンの方が目立ってて、
実際の戦い始まったら、それぞれのキャラクター設定を何一つ生かさないま
ま殺されたり、消化不良のままで終わる。

96 :名無シネマさん:2010/04/28(水) 13:42:14 ID:KZ4BF1/b

グーグーの猫 猫がかわいかったがストーリーはつまらなかった

バウンド 女はやはり強い 

97 :名無シネマさん:2010/04/28(水) 16:13:08 ID:PTNNe6ub
「アイアンマン」

えー、こんなにつまらない映画だったんだ。
ヒットしてるらしいから見てみたんだけど作品全体に緊張感がないし、
中東の人たちの描き方とかもうんざり。
カメラワークや演出にも見るべきところはなし。
まぁまぁの役者使ってるのに中身のないくだらない映画だった。
ダークナイトが大人の鑑賞に堪える作品だったんだってことがよくわかった。

98 :名無シネマさん:2010/04/28(水) 16:36:20 ID:QHFT+zIT
レスラー

ミリオンダラーベイビー、インディアンラ
ンナーに続く、おれの中ではやさぐれツボ
急所刺激しまくりな映画。
何げにスプリングスティーン度数高し。

99 :名無シネマさん:2010/04/28(水) 17:31:45 ID:gZyVcrVw
「アイアンマン」

えー、こんなに面白い映画だったんだ。
ヒットしてるらしいから見てみたんだけど作品全体がいい意味でゆるいね、
中東の人たちの悲壮感とか説教臭をあえて封印した感じか特にいいね。
あえて余裕あるアプローチスタンスの方向性、
リアルにやると娯楽性損ねるからねかな、潔い選択。
カメラワークや演出も奇をてらってなくて、終始ウエルメイドで尚且つ堅実な構成。
ダウニーjrやブリッジス使ってるだけあって、
ダークナイト同様余裕のある大人の鑑賞にも堪える作品だね。

逆に言えば余裕の無い大人は、
この映画の余裕に反発しなきゃならない程余裕が無いのだろうw

100 :名無シネマさん:2010/04/28(水) 17:34:56 ID:UdVzLAoP
雑談禁止スレなのに必死すぎ

101 :名無シネマさん:2010/04/29(木) 12:19:09 ID:x6b1Yzog
「スター・ウォーズ」

とりあえずマーク・ハミルの青目が凄い
彼の眼が宇宙を思わせる
最近白人の青い目にも色々あるということがわかってきた
薄青の人もいるし超青の人もいる
マーク・ハミルは超青
SFには超青の人が人外っぽくてピッタリくる
ミラ・ジョボヴィッチしかり

102 :名無シネマさん:2010/04/29(木) 23:34:43 ID:VLywolD5
「スペル」
サムライミ監督作品。

主演はキルスティンダンストをやや美人にした感じの人。

途中から見るのが辛くなったので早送りで鑑賞した。

まったくオススメできない。

103 :名無シネマさん:2010/04/30(金) 05:43:32 ID:py7eg9GN
アイアンマン

愛妻物になってる…

104 :名無シネマさん:2010/04/30(金) 07:24:55 ID:ogkW0iT8
アメリ

ブルーレイでレンタルしてたのでつい借りた

色味がいっそう鮮やかでシュールさが増した感じ

パリを観光した気分になったので
これでわしのGWは終わったようなものだ
仕事しようっと

105 :名無シネマさん:2010/04/30(金) 07:47:50 ID:wjuDJpmH
とっても立派ですね。

106 :名無シネマさん:2010/04/30(金) 11:28:13 ID:w+koxbUf
デッドサイレンス

普通はハグするだろ。ハグしたら気付く。
幽霊ならのりうつって操りゃいいのにね。

107 :名無しシネマさん:2010/05/01(土) 00:08:06 ID:l6mBvmPm
第9地区

・・ホラー嫌いの友人を誘わなくてよかった・・

卵がポップコーン、エイリアンの武器でエイリ・・うわああああああんっ!

108 :名無シネマさん:2010/05/01(土) 10:20:49 ID:iYv3yvma

少年メリカンサップ あまりおもしろくなかった ゼブラーまんの方がまし



109 :名無シネマさん:2010/05/01(土) 11:45:31 ID:mBz+jaPv
奇跡のロングショット(The Longshots)

アメリカでは人気筋のアメフト物なのにイマイチヒットしなかったのは
スポ根というよりはファミリードラマの色が強かったせいかな。
それとプレイヤーがキッズ(女の子)ということもあって激しい試合とかもなく
どの辺りが山場なのか分からないほのぼの映画となってました。

出来は健全ですが、スポーツ物ならやっぱスポーツシーンで盛り上がりたいところ。

110 :名無シネマさん:2010/05/01(土) 21:37:28 ID:mBz+jaPv
イエスマン

イエスの言葉とそれでもたらされるハッピーにあんま因果関係もないし
のめり込みが急すぎる上に、はしゃぎすぎにしか見えずなんか痛々しい。
だいたいにして近所のおばさんとのやり取りが下品すぎて
「それがハッピーなのかよ」と急に気分が悪くなってそれっきり最後まで楽しめず。

妙な啓発セミナーって新興宗教とたいした変わりない感じも気分よく見れない要因かも。

111 :名無シネマさん:2010/05/01(土) 22:47:22 ID:JmRAibDu
鋼の錬金術師 シャンバラを征く者

日本のアニメ映画はたまにとんでもないもんが出てくるなあ。

112 :名無シネマさん:2010/05/02(日) 01:37:43 ID:nTqWjKWf
月に囚われた男

最近には珍しいほどSFだったよ!宇宙服の汚れに萌えた。
基地に英語とハングルが書いてあって不思議な感じがした。

113 :名無シネマさん:2010/05/03(月) 02:03:40 ID:MArExphm
HACHI

ハチが可愛すぎて観てるだけで和んだ。
でも最後に目を閉じる瞬間に涙腺が全開した。
冒頭とラストの子供のシーンは要らない気もした。

劇中では「ハチ」と呼ばれてたけど、黒板には「HACHIKO」と書かれてた。
「KO」ってどこから出てきたんだろう・・・

114 :名無シネマさん:2010/05/03(月) 02:15:47 ID:1dlJaevk
ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

前評判どおりの仲里依紗大暴れ。いや、いろんな意味で
ストーリーも小ネタもしょうもないのが多いけど笑わせてもらいました
ヤッターマンのドロンジョ様より恋愛ネタでウェットにならない分こっちの方が好き
合体後に持ってた紙箱がコンドームさんだったと気がつくのに少し時間がかかった

三池監督は妖怪大戦争が一番好きだが
何気に特撮バジェットの扱いが上手な監督だな

115 :名無シネマさん:2010/05/03(月) 14:26:38 ID:MArExphm
ベッドタイム・ストーリー

ファミリー向けなので、いつものアクの強いアダム・サンドラーではなくやや物足りない。
ガキんちょが暴れ回るわけでなく、素直な子供だからイライラ感もなく和やかに鑑賞可能。
とはいえやはりお子様とご一緒にどうぞ、という程度の印象ではあります。

ここが一番いいシーンになるべきだろうなーというプレゼン場面が舌のおかげで盛り上がりませんが。

116 :名無シネマさん:2010/05/03(月) 14:35:24 ID:MArExphm
DRAGONBALL EVOLUTION

「原作」あり、として観ると酷いので、パクりじゃね?というスタンスで観ないとダメージ大きいです。
何にしても、全てが中途半端。
不必要な登場人物、しょぼいエフェクト、力とスピードを感じないアクション、
必要なことはさっさと説明してしまうテキトーさ、敵役の影の薄さ、etcetc...
90分未満だから駆け足過ぎたんだよと思う一方、この演出力で120分だったら最後まで観ていなかった・・・とも。
日本人だから期待してしまったけど、向こうじゃ2流3流の作品だったのですかね。

エンドロールの途中にもワンシーン。「もういらないよ」と・・・

117 :名無シネマさん:2010/05/03(月) 18:01:00 ID:U2I0aIRn
腐女子彼女

腐女子なのは序盤だけ。後はなんだこりゃ・・・
ヲタ彼女を持つセバスの苦悩が全然描かれてないし、彼女のセバスに対する愛情も全く感じられない
全然共感も感動もできなかった。

118 :名無シネマさん:2010/05/04(火) 00:18:30 ID:uKAEXOSj
>>113
ハチ公のKOだお

119 :名無シネマさん:2010/05/04(火) 08:38:02 ID:IZ0JlulB
hachi 約束の犬

展開が分かってるだけに幸せムード漂うシーンもなんか切ない。
10年近くも主人の顔を思えてるモンなんだな〜、犬ってすごい。

ハチ公の「公」は日本人なら分かるだろうけど、映画中の「KO」は意味不明。
あのケイリータガワ演じる教授の友人が描かれていない部分で何か教えたのかね。

120 :名無シネマさん:2010/05/05(水) 22:44:36 ID:ASBwPxa2
劔岳 点の記

信念に基づいた話に信頼関係を絡めて真摯に描かれており好感度高いです。
ドラマの丁寧さもさることながら、雲海や山の威容を捉えたショットでは感動さえ覚えました。
音楽がなぜかクラシック頼りなんですが、なぜか妙にマッチしていて違和感なし。
松田龍平と宮崎あおいのやや微妙演技が気になる以外は、みな芸達者です。

難点を強いて言えば、登頂のカタルシスに欠けた点?
準備期間などに時間をたっぷりかけたけど、案外最後はスンナリと描かれてた印象はありました。

121 :名無シネマさん:2010/05/05(水) 22:45:35 ID:gO3lFiPV
シェルブールの雨傘

カトリーヌ・ドヌーブ目当てに…という動機がまちがいの元
どうしようもないミュージカルもどきがえんえんと続く

オサレなのはOPだけ
途中で寝てた気がする


ドラキュラ

コッポラ監督のやつ
主演のウィノナがやたら可愛いのと
老人バージョンのドラキュラ伯爵がやたら不気味でよかったけど

伯爵が吸血鬼になるくだりがまるで北斗の拳の「愛などいらぬぅ!!」みたいで
吹きそうになった
あとさりげなくエロシーンが多いような…

でも全体的に吸血鬼ものとして何かものたりねぇ

122 :名無シネマさん:2010/05/05(水) 23:52:09 ID:Mf93KOJL
七人の侍

宮口精二がかっこよかった

123 :名無シネマさん:2010/05/06(木) 16:57:17 ID:hUMMC+Al
惑星大戦争

だぁ〜!
浅野ゆう子最高!!

124 :名無シネマさん:2010/05/06(木) 22:26:47 ID:yoGulNFE
ステップファーザー 殺人鬼の棲む家

ちょっと変わり種のシリアルキラー物。
オープニングからだと手慣れた殺人鬼という印象を受けますが、案外スキが多い。
あちらこちらから疑惑をかけられたり、本人が混乱したり、どちらかというと犯人側が追いつめられていく感じです。
動機が分かりづらいけど、人を殺すこと自体に執着してるワケじゃないので猟奇度は低し。

妖しげな行動が多いけど、今までの家庭にはどうやってとけ込んできたんだろう・・・という疑問はありますが。

125 :名無シネマさん:2010/05/07(金) 08:13:16 ID:z6KVBLIj

ソードフィッシュ なかなかの作品 かなりよくできていた

アマルフィ女神の報酬  こちらは期待はずれ イタリアの観光映画みたい

126 :名無シネマさん:2010/05/07(金) 11:56:18 ID:lGLGOwdK
マルタの鷹 2/10
名画らしいけど、どこが評価されてるのか理解できない。
主役は貧弱な体格の不細工なおっさんだし、ほとんどのシーンは屋内で
登場人物がしゃべってるだけ。とにかくしゃべって、しゃべって、しゃべりまくるだけ。
そのセリフも冗長でまどろこしい。


127 :名無シネマさん:2010/05/07(金) 16:32:29 ID:ONNRCWxj
ゴジラ FINAL WARS

キースエマーソンのために
くだらないガキ映画を見る苦痛は只者ではない。
あっちのキースもこっちのキースもどうしちまったんだいキースさん!
キースムーンを見習うべきだったね。

128 :名無シネマさん:2010/05/08(土) 18:50:18 ID:3ogWDWkV
パイレーツオブカリビアン3

キースリチャーズのために
ダラダラした無駄に長い映画を見る苦痛は筆舌に尽くしがたい。
あっちのキースもこっちのキースもどうしちまったんだいキースさん!
キースムーンを見習うべきだったね。

129 :名無シネマさん:2010/05/09(日) 22:18:31 ID:P5c+hHaB
ジュリー&ジュリア

なんという幸せ感あふるる映画。
最初から最後までほのぼの鑑賞することができます。
お腹が空いている時に観たらと肉料理とかパイとか食べたくなりました。

メリル・ストリープの芸達者ぶりには脱帽するばかりです。

130 :名無シネマさん:2010/05/09(日) 22:27:52 ID:P5c+hHaB
そんな彼なら捨てちゃえば

ライトに男と女のホンネを描いてるので気軽に楽しめました。
ストーリーは難しく考えることはないですが、人物関係は複雑・・・というか世間って狭い。
見終わった後、相関図を書いてみたら蜘蛛の巣状になってました。
ハッピーだったり、ほろ苦かったりの群像劇です。

タイトルが示す通り、どちらかというと女性視点ですが、上から目線からではなく、
翻弄される女性たちを描いていてタイトルは微妙に印象が違うかも。

131 :名無シネマさん:2010/05/09(日) 22:35:59 ID:wZZXH6K2
SHORT HOPE

久々に映画見て爆笑した
男って本当に馬鹿だなあ、と思った

132 :名無シネマさん:2010/05/09(日) 22:37:08 ID:P5c+hHaB
ザ・バンク 堕ちた巨像

緊迫感を維持し続ける120分間、余分な部分がないので気を抜いてられません。
というか、うっかりボヤッとしていると話から置いていかれそうになります。

全体的に手に汗にぎる展開が続きますが、美術館でのシーンは最高にスリリング。
ラストシーンは消化不良を感じる人もいるかもしれませんが、あの微かな希望感がいい感じです。

133 :名無シネマさん:2010/05/11(火) 07:56:57 ID:WflyauXS

2012 久しぶりにレンタルしたがすごくよかった とくに迫力がすごい 



134 :名無シネマさん:2010/05/11(火) 15:04:24 ID:QvL54k0x
エル・アラメイン

イタリア軍がまともに戦争してる!
知らなかった。感動した。

135 :名無シネマさん:2010/05/11(火) 23:40:28 ID:uazvCitS
インフォーマント!

企業の不正の内部告発・・・という内容ながらなんとも飄々としたコメディになってました。
主人公がダメすぎてズブズブの泥沼にはまっていく様はもはや失笑もの。
実際の事件でも彼はあんなに行き当たりばったりだったんでしょうか・・・
そして最後に浮かんでくる疑問は・・・「え?結局いくら?」

とにかく台詞が多い映画で、状況把握にけっこう忙しいのでじっくり観れるDVD鑑賞が向いてます。
終盤のマット・デイモンのヘアースタイルも必見。

136 :名無シネマさん:2010/05/12(水) 01:28:52 ID:wfCdWsvp
「第9地区」

素晴らしい。10年に1本の傑作。キャラも良い。
特に主人公に対する印象がどんどん変わっていく。

137 :名無シネマさん:2010/05/12(水) 23:51:58 ID:YYD08zv7
フェリーニ「サテリコン」

母親が部屋に入ってきたとき
http://www.nightcharm.com/imagesblog/042605_satyr_top.jpg

このシーンで、ゲイビデオ見てると思われたかも知れない。不安で仕方ない。
これって全編イタリア語だけど声を別人が入れてる?
金髪の方が英国人で黒髪の方がアメ人らしいが。
イタリア人じゃないからやっぱり吹き替えなのかね?
口とセリフが全然合ってなかったな。変だからイタリア人使えばいいのに。

138 :名無シネマさん:2010/05/13(木) 22:39:38 ID:l48ZYd1P
恋するポルノグラフィティ(Zack and Miri make a Porno)

18歳未満禁止です。
とはいえ別に目を覆うようなシーンがパコパコ挟まるわけでもないです。
ただ、会話がやたら下品。スカ方向もやりすぎ感が強かったり。
作品としてはラブコメに入るのかもしれませんが、良識が邪魔をして楽しめませんでした。

なんで向こうのポルノって陽気な音楽かけるんだろう・・・?

139 :名無シネマさん:2010/05/13(木) 22:45:26 ID:l48ZYd1P
イングロリアス・バスターズ

「ナチをぶっ殺せ!」な映画がオスカー候補になるなんて誰が予想しただろう。
相変わらずもつれる人間関係と緊迫した会話の応酬が楽しいです。

残虐シーンと事実と異なるトンデモ展開が嫌いな人は回避がオススメ。

140 :名無シネマさん:2010/05/14(金) 20:39:09 ID:0k91I0bn
劇場版 文学少女
ラノベ版トゥルーロマンス。 
こんなの深夜アニメで十分だろ。 なぜ映画化した?
原作は面白いのか? 

141 :名無シネマさん:2010/05/14(金) 22:24:14 ID:Nzy26RWn
「処刑人」

ウィレム・デフォー、レオンのゲイリー・オールドマンパクりすぎじゃないか?
それとも意識したオマージュなの?
なんか恥ずかしくて見てられんかった。いかにゲイリーが凄いかわかった。

142 :名無シネマさん:2010/05/14(金) 22:56:26 ID:EA5sQlGP
グリーンゾーン

「114分間戦場に放り込まれる」という謳い文句の割にはどちらかというと
ミリタリーアクションではなく、ポリティカルサスペンス。
手堅い作りではありますが、サプライズやカタルシスはありません。

で・・・問題は映像と編集。
最近の流行として細切れの編集でスピード感を演出したり、意図的な手ぶれでリアリティを演出したりしますが、
この作品に限って言うならば、それらの効果の悪い面が遺憾なく発揮されてしまった印象。
画面が揺れる、どころではなく、終始視覚がシェイク状態で、疲れ目で鑑賞したら酔うこと請け合い。
鑑賞のコツとして、劇場ではスクリーンから遠目の席、字幕は読みつつ画面は焦点をなるべく合わせないのがポイント。
・・・という残念な映画でした。やりすぎは良くないね。

143 :名無シネマさん:2010/05/15(土) 02:19:20 ID:geAC5Zsn
ぜんぜん期待してなかったけど
「これを広げたら、どこでもグリーンゾーン!」という
レジャーシート欲しさに前売り券買ってしまった

144 :名無シネマさん:2010/05/15(土) 02:32:48 ID:geAC5Zsn
禁止スレでした、申し訳ない

145 :名無シネマさん:2010/05/15(土) 07:02:52 ID:S7YQLq3h
トゥルー・クライム(1998)

昨日、BSで録画しておいたのを観たんだが、米国での死刑は電気椅子だと
ばかり思っていたんだが、点滴の「毒殺」だと知って、驚いてしまった。
米国全州が、そうなんだろうか? 日本での死刑は絞首刑?
ともかく、「死刑」を、サスペンス映画にしてしまうんだから、
クリント・イーストウッドは、やはり、ただものではないな。

点滴と電気椅子では、どちらが、肉体的苦痛は少ないのだろうか?
点滴では、先に、意識を失うそうなんだから、点滴のほうが楽なんだろうな。
尤も、執行までの心理的苦痛は、どちらも同じだろうが・・・

146 :名無シネマさん:2010/05/15(土) 22:48:49 ID:zDpP55VF
オー!マイ・ゴースト(Ghost Town)

良く言えばクセが無く、悪く言うと盛り上がらない感じ。
もう少し、幽霊が見えることによるハプニングとかあれば良かったのかも。
グレッグ・キニア扮する幽霊の成仏できない理由も分かりづらかった。

最後は少ししんみりできないこともないハートフル・コメディ。

147 :名無シネマさん:2010/05/16(日) 08:53:21 ID:T/GD11JE
『宇宙ショーへようこそ』
試写会見たが、すばらしかった。作り手の情熱がほとばしった作品。
アニメ特有のキッチュさが渾然一体となったセンスオブワンダーな映像美。
それでいてキネマ旬報に載ってるような実写にも劣らない骨太な見ごたえ。
映画ファン必見の作品だと思う。

Welcome to THE SPACE SHOW Trailer
http://www.youtube.com/watch?v=DTapwLNHjG0


148 :名無シネマさん:2010/05/16(日) 10:08:22 ID:1VjuWDhe
「雨あがる」(2000年)
「阿弥陀堂だより」(2002年)
「博士の愛した数式」(2006年)

小泉 堯史・寺尾聡の、この3部作は、小生の肌にあう。
これらは、小生には、「黒澤明」より、むしろ、「小津安二郎」のほうを感ずる。
ともかく、今後、この二人のコンビには、注目したい。



149 :名無シネマさん:2010/05/16(日) 21:41:25 ID:zhSM6MLD
ゴーストライダー

やっぱりライダーインザスカイがかかると一気に盛り上がる
もうたまらんぶぁい!
それにしてもピーターフォンダが
ヘンリーフォンダそっくりになってのはびっくり
まるで親子だよね

150 :名無シネマさん:2010/05/17(月) 17:36:24 ID:BSk925eR

ファンタ4 アメコミものだがあまりおもしろくなかったTVで見た

リアル鬼ごっこ 借りてみたがいまいち

151 :名無シネマさん:2010/05/17(月) 20:39:17 ID:CHeY+JMw
さらば、わが愛 覇王別姫

久しぶりに物凄い映画観ちゃったなと思った
おわり

152 :名無シネマさん:2010/05/18(火) 11:42:18 ID:VXn9TS1C
「カティンの森」

もう色々なレビューでガイシュツなんだけど、
無音のエンドロール。その前の黙祷を捧げているかのような真っ黒い画面。
そして、その前の10分強の映像…
強烈に残りました。

153 :名無シネマさん:2010/05/19(水) 08:02:56 ID:0unwCgwa
許されざる者(1992年,クリント・イーストウッド監督)

同名のジョン・ヒューストンの映画(1960年)を昔、観たことがあるが、別に何も感じ
なかった故もあるかも知れないが、クリント・イーストウッドの映画も今まで
観てなかった。そもそも、彼の映画は、最近、BS放送のものを、いくつか初めて
観た。その、いくつかを観て、それぞれ、確かに、おもしろかったので、
最近放送された、これを録画しておいたので、昨日観た。なかなか好評
らしい映画だとは耳にしていたが、なるほど、断然、面白く、トイレへ
も行かず、一気に観てしまった。アカデミー作品賞だけあって、全てが
良かったなぁ。映画というものは、脇役が、やはり重要なんだな。
ジーン・ハックマン、モーガン・フリーマン・・・それであってこその
クリント・イーストンウッド。クリント・イーストウッドの映画って、
小生が観た数本だけの印象だが、どれも、どこか、「とんがっている」な。
どれも、どこか、ヒねていて、屈折しているヒーローって感じ。
「正義そのもの」ってものは、どうも、好きではないらしいな、この人。
ま、ともかく、多いに楽しませてもらった。


154 :名無シネマさん:2010/05/19(水) 08:47:51 ID:gZkxNO2U
>>153
句読点の付け方を勉強してから、書き込んでくださいね。


155 :名無シネマさん:2010/05/19(水) 17:07:05 ID:WoTZTOBl
ドラゴン・キングダム

アメリカ人を出す必要ない、白人にこびうってんのか
悟空の「マイターン!」はかっこよかった

156 :名無シネマさん:2010/05/20(木) 01:20:56 ID:VeSDvppZ
かいじゅうたちのいるところ

うーん、案外これはけっこう難しい映画?
わがままな子供のちょっとした心の成長を描いているんだろうけど
かいじゅう達を相手に好き勝手やって、トラブル起こして、帰宅・・・
行間を読んでいかないといけないのかもしれません。

お子様とご一緒に鑑賞する際は、特に気にしないでよいかとは思います。

157 :名無シネマさん:2010/05/21(金) 00:21:32 ID:pNzgM7qG
サロゲート

設定もサスペンスもアクションも大味な一品でした。
サロゲート技術だけが進化してて、他の技術はほぼ進化していないのね・・・
サロゲートの普及と共に犯罪が減少しても戦争は無くならないのは人間の性か。
反サロゲート思想が普通の生活を通り越して、カルトかアーミッシュ的なトコにやや違和感もありました。

と、まぁ細かい突っ込みどころはゴロゴロ転がってるのでシンプルに観るが吉でしょう。
ブルース・ウィリス主演でも90分未満という二級品並みのお手軽サイズ。

158 :名無シネマさん:2010/05/21(金) 15:24:45 ID:xxvarlRb
・スパングリッシュ(2006年、ジェームス・L・グリックス監督)

これもBSで放送されたものを録画しておいた映画。久しぶりで高級な心理劇を
観た思いがする。漱石の『明暗』を連想した。勿論、ストーリーではなく、
人間の心理描写のことだが。


159 :名無シネマさん:2010/05/21(金) 20:19:49 ID:6K2TqI9k
Whirlpool (1949) オットー・プレミンジャー監督

父権主義的環境の中で抑圧された結果、万引き常習者となった主婦が
詐欺師に催眠術をかけられた挙句に殺人の濡れ衣を着せられる。
古いハリウッドによく出てくる精神分析を使ったストーリー。
なかなか面白いし、悪役ホセ・ファーラーがいい味を出してる。
最後は殺人の濡れ衣も消え、ハッピーエンドなのだが、
主婦ジーン・ティアニーの長年にわたる窃盗に関しては
罪に問われず終わる点に釈然としないものが残った。

160 :名無シネマさん:2010/05/21(金) 23:03:06 ID:pNzgM7qG
PUSH 光と闇の能力者

思ったよりアクションシーンが少ないけど、小気味良い佳作。
特に「ムーブ」同士のバトル辺りは、“気”を映像化しようとして失敗している諸作に比較して頑張っている。
中盤以降は複雑になってきて混乱するけど、糸が解れると「そうでしたか」と。
多分、2回目以降の鑑賞だともっとクッキリ見えるんでしょう。
ラストシーンは「出し抜いた!」と痛快感を感じるにはやや後味悪くないかな?

偏見かもしれないけど、子役出身なのに着々とキャリア築いてるダコタ・ファニング。
他の作品ではキスシーンを披露したりして成長を感じさせますが、まだまだ小さいです。
きっと全米が父親、母親の思いで温かく見守っています。

161 :名無シネマさん:2010/05/21(金) 23:14:59 ID:gh/HbmQx
フライトプラン

久々におもしろい映画をみた
脚本にも捻りがあって予想外な展開が続く
ハリウッド映画の底力を垣間見たような気がする

162 :名無シネマさん:2010/05/21(金) 23:34:54 ID:S24cquZT
マジか・・・

163 :名無シネマさん:2010/05/22(土) 04:58:26 ID:HXtW+X4i
TOKKO

もっとアメリカ人からの視点を期待してたから、ちょっとがっかり。
それでもバイオリンの同期の桜でもう号泣。
見逃してくれたコルセアのパイロットを探してる話も盛り込んでほしかった。

164 :名無シネマさん:2010/05/22(土) 22:40:33 ID:wJAo82sd
ザ・トーチャー 拷問人
観終わったらTUBE8で洋物の無修正が見たくなる、そんな作品。
とりあえず面白くはないけれど、主演の女優さんはなかなか好み。
イタリア映画だが、全編英語吹き替えなのでちょっと違和感。
グロシーンも、特に大したことはない。

165 :名無シネマさん:2010/05/23(日) 00:04:02 ID:/bWNy6Hr
プランゼット

新時代特撮を宣言しているからにはCGだろうが、バリバリに破壊シーンがあるんだろうと・・・
予断はいけませんな
ぶっちゃけアップルシードに連なる和製フル3Dで、まあ変則アニメ
しかし内容はご都合主義はいいとして、大半が狭いセットでぎこちない人物CGがハイテンションな
セリフをしゃべっているってのはどうなの。やっぱりCGでもアクションシーンはバジェット食うのか

1時間に満たない作品ですが、映像でみせるというよりセリフで語られるだけの設定が多く詰め込みすぎ
ネタバレになるのか、富士の基地の自爆カウントダウンからの超展開はどうしたもんかと
単館系やおざなりアニメには耐性があるつもりですが、映画館で周りの反応をうかがってしまいたくなりました
自宅でなら声を出して笑えたのにな

166 :名無シネマさん:2010/05/23(日) 02:16:51 ID:iPgn+JLx
バファロー’66

どこが名作なのかさっぱり。一言で言うと胸糞悪い映画。 
つうか、映画と認めたくない。キ○ガイの生態記録といったところか。

ムショ帰りのキ○ガイが撒き散らす自己中でヒステリックな会話。
そのキ○ガイになぜか惹かれ行動を共にするワケ分からん女。エロゲーかよ。

主演男優が監督も兼ねてんのね・・。キモイわ〜。

167 :名無シネマさん:2010/05/23(日) 10:40:32 ID:rL8kb+8G
グラントリノ

世間の評価が高いのが理解できない
ラストのジジイの遺産の車をアタシがもらえるのね!とwktkするDQN孫に
車は隣人のガキに譲られました!メデタシメデタシ!て読み上げられる
遺言書のシーンの胸糞悪さはハンパない
車が隣人のガキに譲られるのはまあわかるが、DQN孫はいい気味だ!
メデタシメデタシ!って話にしていいのか?
ジジイのひねた性格のせいでDQN孫もDQN息子もろくに肉親を思いやれない
DQNになっただろうにアホらしい
孫はジジイを無条件に愛さねばならん機械じゃないだろ
イーストウッド作品ってどれも何か肌に合わない


168 :名無シネマさん:2010/05/23(日) 12:03:46 ID:kHQvcuvV
実生活に即した感想かw

169 :名無シネマさん:2010/05/23(日) 12:44:12 ID:TNnQSdHN
フォースカインド

途中で寝ちゃったので翌日覚えてる箇所から視聴するもEDでまた寝てしまった
一本の映画で2度寝たのは初めてです
フェイクドキュメンタリーなんだが作中で本物(の設定)映像と再現映像入り乱れる演出は
見るのも面倒

170 :名無シネマさん:2010/05/23(日) 21:45:27 ID:iuQDBvEc
きみがぼくを見つけた日

タイムワープした胎児はある日いきなり目の前に現れるんだろうか((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

171 :名無シネマさん:2010/05/24(月) 07:22:25 ID:sMHDjNnP
・ハムレット(作:ウィリアム・シェイクスピア、演出:グレゴリー・ドーラン)
これは、いわゆる映画ではないが、映像という意味では「映画」とも言えるかと思うので、
あえて、ここに記録しておく。RSC(ロイアル・シェークスピア・カンパニー)の舞台公演を
基に、ロンドン郊外の廃校になった建物を利用して、テレビ的で斬新な演出・映像表現による
収録が、2009年6月に行われた。これが先日、Bshiで深夜放送されたのでHDに録画しておいたを
昨日診た。ハムレットはデイビッド・テナント。RSCといえば、ローレンス・オリヴィエ、
リチャード・バートンもその出身だそうだが、さすが本家本元での「舞台」。
勿論、日本語字幕付きの映像であったが、役者たちの、奔流してくる台詞には圧倒された。
まさに、words,words,wordsが軽妙な警句を交えて、こちらにガンガン響いてくる。
英語が理解できればベストであるが、役者たちが喋りまくる英語を、耳で「音」として聞きながら、
字幕で「言葉」を追うだけでも、登場人物たちの言葉を介しての軽妙さと絶妙さにはKOされてしまった。
3Hという「上映」時間が、あっというまに過ぎてしまった。
勿論、HD→BDへと永久保存にした。


172 :名無シネマさん:2010/05/24(月) 16:29:53 ID:YDjGjaAW
えーと、ironman2なんですけど。

モナコのF1(F1300クラスにしか見えないw)レース中の乱闘シーンで、スーツケースからの変身はカッチョイイ!
相手の鞭のような武器もなんともw
にしても自家用ジェットの眼鏡ってどうよw、対向のプロト造ったりして、
今度はDJもやっちゃうし酔っ払いもやるんだね、スイカ割ったりなんかエンタメっぽくなってきたなw
ドーナッツ食ってる場合かw
アウディに模型積んで走るかw


トライアングルか・・・。

HAMMER 眼鏡野郎に・・・。
このままだと軍事兵器としてでしか・・・。
敬礼なんかして、ロボコ・・・・。

やってしまえ! トライアングル!

子供にまで、許すな、トライアングル!

メデューサみたいな女、カッチョイイ!
催涙スプレーw

まあ、最後は仲良く雑魚兵器を倒して、鞭野朗と対決だ!
エンジニアの意地を見せろ!

手と手を合わせて幸せってな感じで見事にやってやりました!
で、ラブシーンでハッピーエンド!

B級かw



173 :名無シネマさん:2010/05/25(火) 01:24:57 ID:lpjX6BrT
幻影師アイゼンハイム

面白いじゃん。エドワード・ノートンはこういう役がピッタリ。
あと性格悪い皇太子役の人も印象に残るな。

174 :名無シネマさん:2010/05/25(火) 08:42:40 ID:FgljGvvb
・荒野の用心棒(1964年、セルジオ・レオーネ監督)
小生は、映画なるものは、昭和35年あたりから、ほとんど観ていなかった。
小僧の頃は、よく東映のチャンバラ映画はみていたが、それでも、映画館から出たときの、
妙な、日常の「けだるさ」というヤツを感ずるのは実に不快なものであった。
で、最近(といっても、ここ一年前からだが)、TVをデジタルに換え、TVの音声を、
安物ではあるが、音楽用AMPに換えてから、ちょくちょく映画も観るようになった。勿論、家で。
いまでも、映画館というものは小生は好まない。
閑話休題。上記映画の存在は知っていたし、黒澤の映画の翻案らしいということも、
ちらちら耳にしていたが、今回BSで放送されたので初めて観てみた。
なるほど面白かった。黒澤のものも確か、なんかの機会で観ていたと思ったが、
面白さという点では、この翻案のほうが上だな。最近、BSでは、クリント・イーストウッドの映画を
連続して放送しているが、この人の出生を、この映画だと仮定すると、
この人の映画の「とんがり具合」が分かるような気がする。
ただの正義の味方なんて奴は、東映のチャバラ映画で卒業している者にとっては、
アホらしくてみてられないからなぁ。


175 :名無シネマさん:2010/05/25(火) 13:15:02 ID:1rWgiDMY
Jの悲劇

リス・エヴァンス怖い。怖いよ。それに、キモい。
これに尽きる。

176 :名無シネマさん:2010/05/25(火) 14:17:08 ID:vk6uPggC

キラーバージンロード レンタルで見たが大家が死ぬのにかなり無理がある

犬がオーメンの犬だし

177 :名無シネマさん:2010/05/25(火) 14:31:33 ID:xkSrFuu6
新世紀ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破

何度か観たけど、まだまだ燃えます、この展開。
パッと見で4か所くらいシーンの追加と「相原君」が正しく吹き替えられてたかな。
早く続きを公開して欲しいものです。

ところで、転売するワケじゃないからどのシーンが封入されていてもいいはずのコマフィルム、
開けてみたら、暗転した真っ暗なシーンのフィルムだった。なにこの敗北感?
100分以上ある中でそこを引いてしまうなんて・・・序ではゲンドウの顔、今回真っ黒、次回これ以下はないな。

178 :名無シネマさん:2010/05/27(木) 07:45:07 ID:dGvdxu2e
>>1
このスレについても質問で〜す。

「今日」以外に観た映画の書き込みも、OKなんでしょうか?
このスレ、雑談禁止ってところが気に入っているんですが・・・

昔昔みた映画の思い出とか、、そんな書き込みは不可?

179 :名無シネマさん:2010/05/27(木) 22:06:37 ID:IpMN6PiB
アリス・イン・ワンダーランド

あのさ−、デップさんさー、アリス読んだことあんの?
あんなに帽子屋が出張ってくる必要全然無いんだけど。
なんかいろいろブチ壊しじゃん。
なんかいやな俳優になったね。

180 :名無シネマさん:2010/05/27(木) 22:40:17 ID:5ENxM3Oy
「THE 4TH KIND」

リアルに見えないし怖くないし
何がしたいんだよこのゴミ映画は。
久しぶりに糞映画見たわ。

「プラトーンオブザデッド」

Z級ムービーで正真正銘のゴミクズだが一目で
ゴミクズと分かる分4TH KINDよりマシ

「スペル」

ババアが最高に笑える。
死霊のはらわたのノリが好きならオススメできる。

181 :名無シネマさん:2010/05/27(木) 23:04:47 ID:UETxYl00
「パリより愛をこめて」
今やヒットメーカーとなったベッソンがただ単にトラボルタを使って無双乱舞をさせたかっただけであろう作品
まあアクション(俺的にはカーチェイス)は良かったけど、主人公がトラに振り回されて終わっただけのしょぼい話
98時間の監督が関わっているからと期待しただけに残念

182 :名無シネマさん:2010/05/29(土) 12:25:11 ID:xGLj8lVL
「パイレーツ・ロック」

ラヴ・アクチュアリーのリチャード・カーティスらしいまたしても肯定的で
幸福感溢れる映画だった。ロック好きにはたまらんしな。

今流行の音楽ってどうしてこうも子供っぽく、安っぽくなってしまったんだろか。


183 :名無シネマさん:2010/05/29(土) 22:43:25 ID:Wxh1Ockp
「地獄の逃避行」

映像が綺麗すぎる…。オープニングで流れる音楽、トゥルーロマンスの元ネタなのね。
あっちはすごい情熱的な逃避行だけど、こっちは淡々としててかつ冷めた逃避行だったな。
マーティン・シーンの完璧にズレたキャラがいい。

184 :名無シネマさん:2010/05/30(日) 15:02:16 ID:vFsQ3o3/
「TAXi2」

今度はパリで大暴れというキャッチに引っ掛かり
「わ〜い パリだ〜 観光気分が楽しめるぜ〜〜」

ほんのちょっとだった パリ
でもパリの駅名とか知ってると
お約束コメディでクスッと笑えた

もうSFだなぁコレ

185 :名無シネマさん:2010/05/31(月) 13:49:14 ID:nr8lZAnX
ウォッチマン 最近アメコミもの多くないですか

ファミリーマン 話はスライディングドアの男版かな

186 :名無シネマさん:2010/06/01(火) 15:07:34 ID:BPUv5Q6C
「PARIS」

いい映画だと思うんだ

でもどーしても俺はジュリエット・ビノシュの
あのスピッツだかチワワだか知らんが
いかにも「薄幸なんです、わたしっ」って風情が
昔から苦手なんだよ

今回もやっぱりダメだった

ビノシュはどうでもいいからメラニー・ロランだけ映してくれ

187 :名無シネマさん:2010/06/01(火) 15:45:35 ID:H22qHTim
「誰も知らない」(2004年、是枝裕和監督)

生きていく、ということは、面倒なことではある。
たしかに、金(かね)は必要なんだが、しかし、
かれらには、決して金では買えないものをもっている。

若さと絆(きづな)。


188 :名無シネマさん:2010/06/01(火) 20:19:48 ID:AEJcLg3J
キリッ

189 :名無シネマさん:2010/06/01(火) 22:17:31 ID:cj0Go7LP
パリより愛をこめて

映画はこうでなくちゃね
面白かった。
トラボルタってカッコいいね
それとアウディーのドライバー渋い

190 :名無シネマさん:2010/06/02(水) 14:16:10 ID:BTtE0uBb
エクトプラズム 怨霊の棲む家(2009, The Haunting in Conneticut) 

オカルトホラーで「事実に基づく映画」と言われてもどこまで信用していいものか悩みます。
恐怖描写もリアルな薄気味悪さを演出するということはほぼ無く、
急な音響効果とゾンビ映画と勘違いしたような怨霊のオンパレードで萎えること必至。
ほかにも鳥の羽ばたきやカニ!?など雰囲気を優先しただけっぽい脈絡のない効果が沢山。
そもそもエクトプラズムってああいうものなの?

そしてラストで流れるテロップを見て感じる最後の疑問・・・
「実は健康にいい場所だったのでは!?」

怖い映画が観たいなら今なら「パラノーマル・アクティビティ」ですねと再確認。

191 :名無シネマさん:2010/06/02(水) 14:21:27 ID:DaUDVEhA
■■■ ■■■
<●> <●>
   ,,

(皿)               映画ってええね、時間も潰せるさかい

192 :名無シネマさん:2010/06/02(水) 14:27:34 ID:BTtE0uBb
監獄島(2007, The Condemned)

バトルランナーやデスレース系の視聴率至上主義、人命軽視のデスマッチ・ムービー。
でも思いの外、生死を賭けたマッスルバトルの連続とならなかったのが残念。
画面の外側の事情が多いせいか散漫な感じも。
今さらモラル説いたり、主役を正当化したりせずにアクションに特化させたほうが小気味が良かったと思う。
10人いる囚人も頭数を増やしただけ的にいつの間にか死んでいく人ばっか。

番組の製作者は「カットを細かく区切って」とMTVばりな演出を求めていたけど
リアリティ番組はやたら編集入れずにライブ感重視で見たほうがストレス無いと思います。

193 :名無シネマさん:2010/06/02(水) 18:20:36 ID:Sw3EkHxZ
コーマ

警察でもないのにズカズカ調査するバカ女医がうざいし
大体、8号室だけなら警察だって怪しむでしょ。
院長がからんでるならもっと部屋を用意してしかるべき。
退屈でこっちが昏睡しました。

194 :名無シネマさん:2010/06/02(水) 21:33:51 ID:q6uO3Sf0
彼女を見れば分かること
を観終えたあとの”あの頃ペニーレインと”のCMで泣いた

195 :名無シネマさん:2010/06/02(水) 22:26:23 ID:AUS5Kvap
ハムレット ケネス・ブラナー 1996年

スカパーで見ました。
いまどき4時間!シェークスピアの台詞をノーカット!
妙な解釈などナシのストレートなハムレット。
カラヤンの運命みたいに、一家にひとつ、の名作。
豪華キャストも素晴らしい。
舞台よりテンポ早いし近代におきかえてるので明るかった。
DVDは売り切れらしくて、残念です。


196 :名無シネマさん:2010/06/02(水) 23:01:49 ID:BTtE0uBb
パブリック・エネミーズ

物語は既に「パブリック・エネミーNo.1」と呼ばれるほどに悪名を轟かせている辺りから。
クライマックスに至るまでは殊更にドラマチックに盛り上げたりはせず、むしろ淡々と描かれてます。
むしろ不親切に感じるくらい素っ気ない演出、粗っぽい編集。
180分の作品だったものを140分にまとめてしまったようなブツ切り感があります。
あとこれは視聴環境のせいか、元の音源がそうなのかは分かりませんが、音が遠い感じ。

マイケル・マンの看板になった感のある腹の底に響く銃撃戦は健在。

197 :名無シネマさん:2010/06/02(水) 23:37:31 ID:4raANTmU
悪魔のいけにえ2

単なる焼き増しだった
チョップトップは良い

198 :名無シネマさん:2010/06/02(水) 23:40:29 ID:A1tx4eq/
プリンスオブペルシャ

次兄役の人、アントン・コービンの映画でコイツ演技上手いなあと感心してたら
BAFTAにノミネートされるわロバートレッドフォード監督映画に抜擢されるわ
こういう娯楽映画にも顔出したり
出世したなあ
こういうのは「わしが育てた」って感じで嬉しい

199 :名無シネマさん:2010/06/03(木) 08:45:12 ID:ISepz3ms

マーリばか犬 そこそこ感動した 

200 :名無シネマさん:2010/06/03(木) 16:36:17 ID:xJ4nv5C3
呪怨 パンデミック

病院では通訳を介してたのに通訳が死ぬと
日本の山奥の婆でも英語ペラペラってなんだかなあ。
3つの話がどうつながってるのかさっぱりわからないし
カヤコがどうして渡米したのかも意味不だし
5流以下の黄色クソ監督のくせにバラバラに見せるから失敗すんだな

201 :名無シネマさん:2010/06/03(木) 19:37:15 ID:k3fY1ZVk
kick ass 面白かった ヒットガールちゃん最高

202 :名無シネマさん:2010/06/03(木) 20:19:13 ID:0sbTM2ye
ピンクの豹

やっぱりクルーゾーは、セラーズが最高

203 :名無シネマさん:2010/06/03(木) 20:41:40 ID:WSOPrX3t
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1275542754/275-

204 :名無シネマさん:2010/06/03(木) 22:32:42 ID:8gsnmLPG
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官(2008, Crossing Over)

何のインパクトも残さない無個性な邦題のおかげであっという間に他の作品の中に埋没しそう。
・・・と切り捨てるには惜しい一本。
タイトルだけを見るとH.フォード主演の犯罪捜査モノのような印象を受けますが、
実は移民問題をとらえた群像劇で、H.フォードが絡むのは描かれるエピソードの一部に過ぎません。
というわけで「正義のゆくえ」とか銘打たれてもしっくり来ません。
全体的に冷たい現実の前に無力感を感じさせられるエピソードが多いので
微かな希望を与えてくれるエピソードには心がじんわりとさせられました。

静かな語り口調ながら、じっくり見せてくれる作品です。

205 :名無シネマさん:2010/06/03(木) 22:53:48 ID:+c7/vjVn
隠し砦の三悪人

酷い映画
豪華キャストが勿体無い
見るべきところも語るべき部分も余韻も感想も全然無い
ショタの高嶋政宏と、台詞も無いままあっさり死んだKREVAだけが印象に残ってるってどうよ

206 :名無シネマさん:2010/06/03(木) 23:41:27 ID:7QWuVUFl
アマルフィ女神の報酬
天海より戸田恵里香がナンパされたほうがリアルだと思う
主題歌とエンドロールは合ってた

207 :名無シネマさん:2010/06/04(金) 01:23:22 ID:cPrMocQX
パリより愛をこめて

いつものリュック・ベッソン
ためらいなく銃をぶっ放すので爽快。しかし容易に想像できる展開には萎える
ストーリーはおまけだと思ってるが「愛」の部分はさすがにもうちょっと捻ってほしい。
あとリースが始終おんぶに抱っこで相棒という感じはしないので、
登場シーンでのクレバーキャラを最後だけでなくもう少し見せてほしかった
超絶技巧のドライバーが一番かっこよかったな

208 :名無シネマさん:2010/06/04(金) 06:18:51 ID:5wY7pqeA
PARISーパリ
メラニーロラン目当てで見たら、40歳のお姉さん役に惚れたw

ラストは予想出来たけど切ないな…
生きる幸せを噛み締めたい

209 :名無シネマさん:2010/06/04(金) 08:10:46 ID:B2shZalL
精神分析医J

子供がなんかミック・ジャガーっぽくてもうドキドキ
スティーブンの娘と幼児ミックで妙な興奮をおばえました。

210 :名無シネマさん:2010/06/04(金) 13:20:27 ID:bw1KU+wd
処刑人II

1を見てない人は行ってはいけない
二丁拳銃ばんざい!
B級映画ばんざい!
なんかまたリベリオンを観たくなった


211 :名無シネマさん:2010/06/05(土) 10:19:04 ID:jaoMY8Bx
きみがぼくを見つけた日

つっこみどころ満載な話で不満はたくさんある映画だがまあレイチェルがかわいいので許す。
「ある日どこかで」みたいな品の良さを出せばよかったのかもしれないが製作ブラッド・ピットじゃ無理か。

ブルースジョエルルービン・・・ジョディフォスターがアカデミー賞で読み上げたのが頭にこびりついてる名前の脚本家。
あれからもう20年くらいたつのですね。

212 :名無シネマさん:2010/06/05(土) 15:54:45 ID:+c8HljRu
G.I.ジョー
ジョセフ・ゴードン=レヴィットとクリストファー・エクルストンが出てるので気になってた作品。
宿泊先のホテルのビデオがタダだったので見たが、DVD借りなくて本当に良かった〜という出来。

いや〜酷い、どんな演技派の俳優をも殺すクソ脚本。よくもまぁこんなの作って公開したねぇ・・・。
ジョセフ・ゴードン=レヴィットは微妙な感情をさらっとした表情で表現するのが巧い俳優なのに、
特殊メイクしてない時間はほんのちょっと。
しかし映画は冗長で、何度も寝てしまい全部見るのに4時間ほどかかった。
118分の映画だがTV放送時には1時間程カットし再編集する必要がある。

213 :名無シネマさん:2010/06/05(土) 17:50:44 ID:bfOQqxnE
コンサート

簡単に言うとクラシック版少林サッカー。メラニーロランが相変わらず可愛いので
イングロリアスバスターズで気に入った人は是非。良作。

214 :名無シネマさん:2010/06/05(土) 20:00:37 ID:xXFTh90a
イングロリアスバスターズ

タランティーノにヨーロッパ撮る力はないな

215 :名無シネマさん:2010/06/05(土) 22:06:57 ID:H0e2u2xp
サロゲート

期待してなかったがまあまあ楽しめた。
アバターとターミネーター足した感じ。
実際の人間たちが悲しげな存在なのも○。

216 :名無シネマさん:2010/06/06(日) 04:04:17 ID:4265Hnqn
ファニーゲームUSA

序盤から引き込まれた。絶対絶命な状況をどう切り抜けるのかを期待しながら
みていた。最後は監督に遊ばれたような感覚になる。

217 :名無シネマさん:2010/06/06(日) 21:48:27 ID:UXS23RYd
アドベンチャーランドへようこそ(2009, Adventureland)

個人的にツボにはまっているおバカ役者も出てるのでユルいコメディかと思ったら
なんか背中がむず痒くなるようなヌルい青春グラフィティでした。
ロマンチックなラブストーリーでなく、等身大の恋愛なもんで
見ていて恥ずかしいことが思い出されてしまったりします。

ビル・ヘイダーはやっぱいい仕事をします。

218 :名無シネマさん:2010/06/07(月) 19:10:39 ID:5znxND8h
アバター

なんだこれ普通におもしろくねーぞ
題材自体が古臭いせいか、いくらcgに金かけようがおもろくないし無駄に長い
予想通りのベタ展開が最後まで続きあくびがとまらんかった

219 :名無シネマさん:2010/06/07(月) 19:46:34 ID:1mZRx0DF
プリンスオブペルシャ

なんかゲーム原作だそうで、前もって情報仕入れてないとダメかな?
と思いましたが、予備知識が何もなくてもこの映画は楽しめました。
最近の映画は話が複雑に過ぎたりして、「あれはどうなんだ?」的な疑問が残ったりすることが多いですが、
この作品は旧き善き冒険活劇に則り、王子と王女と悪人、それに味付けとして、時間の砂という魔法が絡むだけの単純なお話。
単純なだけに話に入って行きやすく、誰もが楽しめる映画だと思います。
劇場を出るときに時間の短剣を模したペーパーナイフが欲しくなることウケアイ。
私の場合、売り切れということで買えませんでした・・・

220 :名無シネマさん:2010/06/07(月) 22:43:51 ID:pHZ+o+Cs
アバター
「暴力はダメよ!」ドカッ!バキッ!
「そうだ!争いでは解決しない!」グシャッ!ドゴォッ!

221 :名無シネマさん:2010/06/08(火) 00:28:28 ID:q6ucsoZP
エンター ザ ボイド

あのギャスパーノエ!日本が舞台!
オープニングが素晴らしくカッコいい!
が、
「アレックス」から、7年待たされた割には至って
普通の映画でした。
「カルネ」「カノン」並みのインパクトは無い。
もっとインパクトが欲しかった。
人間、褒められると駄目なんだろうな…
良く「アバター」と比較されるのにはw

222 :名無シネマさん:2010/06/08(火) 01:14:22 ID:8wwzWHrF
北北西に進路をとれ

名作だったんだろうなぁという感じ。
緊張感ゼロ。

223 :名無シネマさん:2010/06/08(火) 16:34:57 ID:dKKDeNLL
ファイナルデッドコースター

いつもどうりの展開。完全に生き残るパターンも観てみたい。

224 :名無シネマさん:2010/06/08(火) 17:55:32 ID:B96NnzZl
大空港

地味な印象があったけど久しぶりに見たら
ランカスターはハードボイルドだし女はきれいでエロいし音楽はかっこいいし
実はパニック映画で一番かっこよくておもしろいのは
このグランドホテル具合もほどほどのエポックメイキングなのである!
と思いました。

225 :名無シネマさん:2010/06/08(火) 23:30:20 ID:I9Ac+Ohk
パラノーマル・アクティビティ

別エンディング怖えよ・・・

226 :名無シネマさん:2010/06/09(水) 14:54:49 ID:OkwLZbYw
「ウエストサイド物語」(1961年、ロバート・ワイズ、ジェローム・ロビンス監督)

50年前か。もう語りつくされてるな。そこで連想ゲーム。
ジョージ・チャキリス→懐かしき日本の面影
ナタリー・ウッド→草原の輝き
リチャード・ベイマー→えーと、思いつかない。これ一本で充分じゃぁない。
       そこで、googleで調べたら・・・え! この人、「ツインピークス」に出てたの!

227 :名無シネマさん:2010/06/09(水) 21:31:49 ID:SqJ6v2aW
処刑人2

やっぱり派手な銃撃戦はいい。パート3もありそうな終わり方だったし、制作してほしいところ。

228 :名無シネマさん:2010/06/09(水) 22:16:03 ID:YDZb0HgE
トリック 霊能者バトルロイヤル

特筆すべきこともなく、いつものトリック。
しかし総理交代前に見れば良かったかなw
あと山田が何だかふとましいのは…つまり…そういうことか?

229 :名無シネマさん:2010/06/09(水) 22:20:21 ID:TggWOjGI
ナショナル・トレジャー リンカーンのなんたら

こおゆうの好きなのに、なんたる薄っぺらさ
まあでもリンカーンはアメリカ人にとって
エルビスとガルシアの次に特別な存在なのだなと理解しました。

230 :名無シネマさん:2010/06/09(水) 22:25:25 ID:hxamhc/p
アンタッチャブル(ブライアン・デ・パルマ版)

音楽が過剰で鼻につく作品もありますが、この作品は音楽がイイ。
オープニングだけでも思わず身震いしてしまう格好良さ。
内容も男の生き様を描いていて、悪人許すまじ!という気分にさせられます。

231 :名無シネマさん:2010/06/09(水) 23:50:55 ID:oH3JY+h3
出口のない海

同じく潜水艦&回天搭乗員を扱った「ローレライ」「真夏のオリオン」と同レベルの
映画だと思って敬遠していたがとんでもなかった。似て非なるもの、これぞ日本の戦争映画。
佐々部監督は演出力があるなあ。市川海老蔵も上野樹里もいい味出していた。

232 :名無シネマさん:2010/06/10(木) 11:15:07 ID:x872bRFd
「家族ゲーム」(1983年、森田茂光監督)

「人生の悲劇の第一幕は親子となったことにはじまってゐる。」

         (「侏儒の言葉」芥川龍之介)

233 :名無シネマさん:2010/06/10(木) 22:38:19 ID:EYMBAxBm
キリッ

234 :宮本小次郎:2010/06/11(金) 06:13:05 ID:RpALMSiQ
「舞踏会の手帳」(1937年、ジュリアン・デュヴィヴィエ監督)

「人間五十年、化転の中をくらぶれば夢まぼろしのごとくなり」

いままで、ここに、気晴らしに、いくつかの書き込みをしてきたが、「歳月、人を待たず」、
小生も、いつ、あの世に、めされるかも知れぬ。

故に、小生も、映画という名の「友」たちに、逢いに行ってこよう。
はたして、かれらは、どのように変わっているのだろうか?

235 :宮本小次郎:2010/06/11(金) 07:29:45 ID:RpALMSiQ
「我が青春のマリアンヌ」(1955年、ジュリアン・デュディヴィエ監督)

フランス版とドイツ版があるが、やはりフランス版だな。
初体験というものは、なにも男←→女に限らない。映画も同じ。その後の好みを決定する。
フランス語でないと、どうも感じ出ないんだよな。
(ここで、フランス語もドイツ語も小生は××であるとは、いちいち断るまでもないが)

それにしても、マリアンヌは登場しないほうが、やっぱり、いいんじゃぁないかなぁ。
レベッカのように、カーテン越しの風に、彼女を感じさせたほうが・・・・

236 :宮本小次郎:2010/06/11(金) 07:58:55 ID:RpALMSiQ
「イレイザーヘッド」(1976年、デヴッド・リンチ監督)

映画には二通りあって、一度みたら永遠にみないもの、と、何回もみるもの、とがある。
この映画は、小生にとって、後者になっている。
この映画を嫌う向きもあるが、まぁ、デート向きの映画ではないことは言える。

慣れというものは恐ろしいもので、この映画を最初みたときは、あの赤子の化け物には、
さすがに驚かされたが、何度とみていくうちに、なんだか可愛いくなってきた。

なんで、この化け物映画を何度もみたくなるのか? その理由を、ちょっと思考してみるに、
「頬(ほほ)を、ザラザラしたコンクリートに触れているような心地良さ」とでも言ったらよいだろうか。
映像+音なるものの、原点がある、とも言えそうだ。

化け物映画でも「怪猫有馬御殿」は二度とみる気はしないが、この映画は、今後も、みるだろう。

237 :名無シネマさん:2010/06/11(金) 11:57:58 ID:0wp9SyUO
ブラックホークダウン

なんとなく戦争映画観たくて適当に借りたんだけどすごく良かった。CODシリーズがまたやりたくなる

238 :名無シネマさん:2010/06/11(金) 13:12:16 ID:DRNfn8+E
「ニキータ」

リュック・ベッソンの出世作みたいに言われてるが
アクション一辺倒でないので地味に見えるが良作

二キータちゃんの性格がいまいち分かりづらいので
感情移入するキャラクターがいなかった
ジャン・レノがチョイ役ながらイカレ度がハンパなく
おいしすぎると思った

239 :名無シネマさん:2010/06/11(金) 22:40:50 ID:TqHDbOo0
アイアンマン2

大画面、大音響で画面に見入っているうちは良いけど、冷静になると大味な一本。
アイアンマン2を撮りたかったのか、アベンジャーズのプロローグを撮りたかったのか悩みます。
宿敵と企業ライバルの登場だけで手一杯なのに、S.H.I.E.L.D.の話まで絡んでくるから本筋が曖昧になる感じです。
ミッキー・ロークが怪演していただけに惜しい・・・
アイアンマン自身の見せ場がないのも痛いところ。
ラストバトルは苦戦しているという緊迫感はなく、あっけない幕引きでややガッカリ。
終盤の美味しいインパクトはブラック・ウィドーがさらっていってしまいました。

エンドロールの後にもワンシーン。

240 :名無シネマさん:2010/06/11(金) 23:04:01 ID:GtZ6ldEB
アビエイター
結構おもしろかった
途中で出てきたジュードローの演技がおもしろかった
あれはりプリーの時の演技だろうな
お金持ちのちょっとわがまま風な青年の役はいいジュードロー
主役のレオナルドデカプリオの演技もタイタニックの時のとかぶっていて
それはそれでおもしろかった
アレックホールドウィンさんもよかったな

巨大飛行機の試運転で墜落するシーンは見物だった
すごい迫力があった

241 :240:2010/06/11(金) 23:07:09 ID:GtZ6ldEB
英語字幕がないのは残念だった
語学学習の延長でDVD見ているもので

242 :名無シネマさん:2010/06/11(金) 23:27:25 ID:wjAyCTtM
アビエイターなら字幕サイトに英語字幕あるよ。

243 :名無シネマさん:2010/06/12(土) 00:31:30 ID:6cNoSOyM
アイアンマン2

上の人も言ってるが話の筋が拡散しすぎて薄ぺらくて仕方ない。
戦闘シーンはガンダム無双だな。 Wガンダムで敵はモビルドールの群れ・・・
しかしそれも一瞬で終わり。 次作のTHORに繋ぐだけの存在価値かもわからん。

244 :240:2010/06/12(土) 06:48:48 ID:eKtI6C7I
>>242
ありがとう

245 :宮本小次郎:2010/06/12(土) 07:50:30 ID:NhP6XrMk
「渚にて」(1959年、スタンリー・クレイマー監督)

以前、確かに観てはいるが、実は、あまり覚えていない。この映画より、むしろ、以下が気になる。
1962年10月 キューバ危機。いわゆる「10月の悪夢」。
20X年Y月 北朝鮮の暴発。米韓日との全面戦争へ突入。
         結果、挑戦半島、日本列島の、ほぼ全土焦土化。
20W年A月 xウイルスの超パンデミック→そして、人類は、the End。
****
人類のもつ四つの病状
・「創世記」から近世に至るまで繰り返されていた「いけにえ」の儀式。
 即ち、今日、なお人類の心に潜む妄想傾向。
・他の生物にはみられない、人類の種内殺戮。
・人類の理性と情緒との決定的な不均衡。
・科学技術と倫理の成長曲線の著しい差
               (アーサー・ケストラー)


246 :名無シネマさん:2010/06/12(土) 14:14:19 ID:RzFMV1+R
「ココ・シャネル」

オドレィ・トトゥ主演のほう。
ココがあまりに現代的で驚くほどだった。
いまでもフランスの女性の立場は
日本で考えるほど自由でも自立でもないのかもしれないと感じた。

それにしてもオドレィは素敵になったなぁ。
アメリよりもこっちの方がいい。

247 :名無シネマさん:2010/06/12(土) 15:44:11 ID:aqAPcqtn
「サンシャイン・クリーニング」
 
姉妹演じた、エイミー・ブラント、エイミーアダムスが実に良かった。
エイミー・アダムスはこれまで彼女の出ていた映画の中でも表情が素晴らしかった。
エイミー・ブラントもプラダを着た悪魔も脇役でいい味を出していたが、
この作品でも雰囲気がらりと変えて駄目駄目娘をやさしさいっぱいに魅力的に演じていた。
 


248 :名無シネマさん:2010/06/12(土) 17:06:24 ID:tI5UaDim
アウトロー

2丁拳銃と重く腹に響くような銃の音がとてもよい
中盤たるむけど
ジョン・ヴァーノンがいい人なのがさらによい

249 :名無シネマさん:2010/06/12(土) 23:24:44 ID:A/mqIRE6
御用牙 かみそり半蔵地獄責め

勝新太郎がドラえもんのように押し入れに住みつくところが面白かった。
家主が押し入れの戸を開けるといつも勝新があぐらかいて団扇をパタパタしてんのね。

250 :宮本小次郎:2010/06/13(日) 09:30:55 ID:7hJ2Jd/r
「山椒大夫」(1954年、溝口健二監督)

小生に言わせれば、この映画は、決定的な誤謬を犯している。それは安寿を「妹」にしたことだ。
鴎外の感情移入を一切排した、安寿の入水での簡潔な文章をみてみよう。
『山椒大夫一家の討手が、この坂の下の沼の端で、小さい藁履(わらぐつ)を拾った。それは安寿の履であった。』

鴎外は、ここで、一切の説明をしていないが、この安寿への、鴎外の敬愛と共感を感ずるには、
安寿は、絶対、「姉」でなければならない。「小さい履」とのみ表された、鴎外の安寿への、いつくしみ。
もし、安寿が「妹」だったら、たぶん、鴎外は、この短編を書かなかっただろう。

この映画の制作者たちは、鴎外の女性観を全く理解していない。と、同時に、
安寿の「姉」が故の「健気(けなげ)さ」と「あはれさ」「かなしさ」も、かれらは、全く理解していない。
小生に言わせれば、この映画は、許すことの出来ない愚作である。

251 :名無シネマさん:2010/06/13(日) 15:25:05 ID:pOe40vgT
アイアンマン

ロバートダウニーjrハマリ役だな
1作目だから仕方ないがアイアンマン誕生までに時間取りすぎて
アイアンマンの活躍シーンが少ないのが残念



252 :名無シネマさん:2010/06/13(日) 19:10:33 ID:wsu4b4vZ
マダガスカル

ライオンとシマウマは親友
カバもキリンも皆仲間
ペンギンはカッコイイしキツネザルもかわいい

でもフォッサを馬鹿にするな

253 :名無シネマさん:2010/06/13(日) 23:09:28 ID:d9/5Mpe/
ハリー・ポッターと謎のプリンス

相変わらず長いだけの映画になってしまっている。
物語も終盤にさしかかっているところにクディッチだの惚れ薬だののエピソードはいらない。
重要なシーンだけだと重くなってしまうのは分かるけれど、
もう少し整理して、ストーリーに芯を持たせた方が良かったと思う。
とにかく、話がフラフラしすぎ。

最終章も前後編に分かれる分、無駄ばっかになったりはしないかが心配。

254 :宮本小次郎:2010/06/14(月) 07:48:20 ID:auCK/kLw
「山椒大夫」(1954年、溝口健二監督)

>>250 において、小生は、この映画は許すことの出来ない愚作である、と断定した。
この映画感想欄が、ささやかな欄であるにせよ、公開されている以上、この欄の読者に対して、「愚作」と小生が感ずる所以を、少し説明しておくべきであろう。

昭和47年に初版された『鷗外--闘う家長』(山崎正和著、河出書房)という本がある。森鷗外とその時代を生きた作家たちが、その時代背景とともに、実に見事に検証されている。
この検証における著者の文章そのものも、冗長とは無縁の簡潔無比の文体であり、かつ、鷗外等を検証する著者の眼力は、さながら、冷徹な解剖医のようである。
それは、ともかくとして、著者は、森鷗外文学の主題は、要するに、「家長」であると説得する。
その詳細については、この本を読んでいただくしかないが、「山椒大夫」について言えば、安寿は「家長」だと、
著者は言う(p164)。安寿という、幼き「家長」への、鷗外の敬愛・慈しみを抜きにしては、この物語の主題は成立しない。
そして、小生は、この著者の鷗外観に全面同意である。というより、この著書によって、小生は森鷗外を理解できた。

それ以来、小生は森鷗外フリークである。だから、この映画への反感・軽蔑は、ちょうど、長島茂雄フリークが、彼の背番号を7と言っている人に対する、
反感・軽蔑と似ている。しかし、映画と原作とは所詮別物だという人に対しては、小生は沈黙するしかない。
****
今日、鷗外の小説を読む人は少なくなっただろう。しかし、この本の主題である「家長」(つまり自律した精神)というものが、見直されても良いような気がする。

255 :名無シネマさん:2010/06/14(月) 19:46:31 ID:BI1MRG+b
文人ぶった独りよがりな文章はともかく、映画について書いてないな

256 :名無シネマさん:2010/06/14(月) 20:14:49 ID:nhAFO40/
飾窓の女(1944)
THE WOMAN IN THE WINDOW
サスペンスものだということ以外、予備知識なしで見たら最後にまんまとやられた。
詳しく書くとネタばれするので、かなり面白かったとだけ書いておこう。

257 :名無シネマさん:2010/06/15(火) 05:40:51 ID:9GQC9R4/
シザーハンズ

これはコメディではないのか?
ラストの雪で腹筋崩壊

258 :宮本小次郎:2010/06/15(火) 08:02:50 ID:9fTzSA4C
「紅鶴屋敷」(1958年、沢村忠監督)

実は、小生は、この映画を、一日に2回みている。昔風に言えば木戸銭を二度も払って、同じ映画を映画館で同日に、二度もみたのだ。
なぜ、そんなに、この映画を気に入ったのか? 今や、全く忘れてしまっている。大川橋蔵の映画だとは記憶していたが。

そこで、検索に引っかかるかどうか半信半疑でgoogleで調べてみた。そしたら、出てくるわ出てくるわ、その多さに驚いた。
「若さま侍捕り物帳」シリーズの一つであった。そういえば、確かに、橋蔵の着ていた衣装は、確かに町人風ではなかった。

そのgoogleの検索での一つに、この映画のストーリーの概略が載っていた。それを読みながら、少しずつ、この映画の話を思い出した。
しかし、当時、なぜ二度もみたか、その理由は依然として思い出せない。
推測するに、おそらく、その日は、映画という非日常世界に居たかったのだろう。

当時の東映映画は、他の映画会社の映画よりも、ある意味で、極めて非日常の世界だった。
市川歌右衛門、片岡知恵蔵、月形龍之介、大友柳太郎・・・
かれらは、全て、今や懐かしき、非日常の世界の人々だった。

259 :宮本小次郎:2010/06/15(火) 08:21:47 ID:9fTzSA4C
「放射能X」(1950年、ゴードン・ダグラス監督)

今や懐かしき映画の、gooleでの検索を、も一つしてみた。『放射能X』。

巨大なアリンコが、キーキー鳴きながら、砂漠だかどこからか、ゾロゾロ現れる、
という代物の映画だとは記憶していた。これは、わが良き時代の、良き映画の一つ。

万万一、NHKで放送されたら、これは、確実に見る映画の一つ。
『宇宙人、東京に現る』『青銅の魔人』『タランチェラの逆襲』『光る目』・・・・
これらも次々に連想されてくる。小学校の友人たちよ。これは、また別の機会に書こう。

260 :宮本小次郎:2010/06/15(火) 11:12:19 ID:P+H2heSN
「張込み」(1959年、野村芳太郎監督)

今日、再観。旧友に会った感じ。ベテラン刑事と新米刑事という設定は、よくみられるが、
この設定の邦画での双璧は、この映画と「野良犬」(1949年、黒澤明)だろう。

どちらも「時代の匂い」というものを感じる。この映画「張込み」の、安宿屋の二階での、”張り込み”の描写は、
実にスリリングだ。最後の、佐賀駅ホームのシーンも、深い余韻が残る。

261 :名無シネマさん:2010/06/15(火) 12:59:46 ID:EwTM6uFZ
「孤高のメス」
古き良き映画という意味でオススメ。

古くさい・グロいは認める。

262 :宮本小次郎:2010/06/15(火) 14:07:54 ID:KHN/IKDM
「全ての映画」(****年、####監督」

映画、のみならず全てにおいて、「感想」というものは、それを行う人の「独断」である。
一般に通ずる「感想」? それは「感想」ではなく「解説」である。

    (似・侏儒の言葉)



263 :名無シネマさん:2010/06/15(火) 16:34:27 ID:jYf8As8T
エアポート77

救出はじめるまでがつまらなさすぎ
はじまってからもつまらんけど

264 :名無シネマさん:2010/06/15(火) 20:22:24 ID:MElgY0FK
ジャーヘッド

重い 戦争経験せずに人生終わりたいな
大勢が焼き殺されてる所は迫力があった、原油の雨シーンの馬は幻覚なんだろうか?

265 :宮本小次郎:2010/06/16(水) 05:33:28 ID:MhSIRNgr
「女相続人」(1949年、ウイリアム・ワイラー)

諸君は処女を決して裏切ってはならない。
もし、裏切る場合は・・・・先ず、この映画をみたまえ。

266 :宮本小次郎:2010/06/16(水) 05:39:40 ID:MhSIRNgr
「泥の河」(1987年、小栗要平監督)

生きるということは、決して楽なことではない。

いつの時代の、どの国の、どの男の子も、どの女の子も、多少の差はあれ、
この映画の少年の悲しみと苦味を知っているはずだ。

267 :宮本小次郎:2010/06/16(水) 08:25:12 ID:vqhugQ98
「縮みゆく人間」(1957年、ジャック・アーノルド)

我が思い出の空想科学映画の一つである。例によって、ストーリーは、ほぼ忘れてしまっているのだが、
確か、ある日突然、ある男が、縮んでいくのだった。その男が縮んでいくにつれ、周囲の小道具も、相対的に、
大きくなっていくのだが、その撮影トリックは見え見えであった。
そのトリックの稚拙さが、なんとも笑えたものだったが、それ故に、記憶に残る愛すべき映画とあいなった。

この映画は、『ミクロの決死圏』(1566年、リチャージ・フライシー)のような、ある意味での傑作ではない。
当今、精巧なCGにSF映画をみたりすると、そのリアルさ故に、妙にシラケることがある。

人間の感覚というものは皮肉なもので、当今の精巧なSF映画よりも、昔の、かのB級映画「縮みゆく人間」のほうが面白く思えるのだ。


268 :宮本小次郎:2010/06/16(水) 08:37:01 ID:vqhugQ98
↑訂正。『ミクロの決死圏』(当然、1566年→1966年)。
ついでに、「精巧なCGにSF映画をみたりすると」→「精巧なCGのSF映画をみたりすると」


269 :宮本小次郎:2010/06/16(水) 09:08:29 ID:vaBeTnu2
「ゴシラの逆襲」(1955年、小田基義・円谷英二監督)

今や、ゴジラはアイドルのようである。この映画をリアルで見たというのは、幸福だったと言うべきか。
当時、わが同胞たちと共に夢中になったものだ。それにしても、あの、アンギラスの甲高い咆哮に、妙な色気を感じたのは我輩だけだったろうか?

270 :名無シネマさん:2010/06/16(水) 09:13:55 ID:5zBa+zzD
遠すぎた橋

能無しが上官になる悲劇、最後の台詞なんてブチ切れるわ。映像は爆発がホント綺麗花みたいだった

271 :名無シネマさん:2010/06/16(水) 15:39:18 ID:IBT7QNfs
>>269
何歳?

272 :宮本小次郎:2010/06/17(木) 07:01:50 ID:oWtKsizL
「誰が為に鐘は鳴る」(1943年、サム・ウッド監督)

池袋・東口からニ百m程行った所に、昔、人世座という映画小屋があった。小生は、そこで、この映画を観たのだった。
若き日のイングリッド・バーグマン。この映画自体にも増して覚えているのは、映画を観終わった後のことである。
映画小屋から出る小生の後から、二十歳前後と思われる数人の若者達も出てきた。チンピラ風の、当時の風俗表現から言えば、
「とっぽい」チンピラ達であった。その誰かが、つぶやくよう言った言葉が、偶然、小生の耳にも届いた。
それは、「よかったなぁ」と、いかにも感に堪えたような、つぶやきだった。

確かに、この映画のラストは、切々たるものがあり、それが、彼らの、世間に対する「虚勢」をも、打ち破ったのだろう。
その後、この映画を思い出すにつれ、更に連想されてくるのは、この、名も知らぬチンピラの感慨である。
****
ご承知のように、この映画の原作はA.ヘミングウエイの小説であるが、そのタイトル「誰が為に鐘はなる」は、ジョン・ダンという人の、
瞑想録から採ったそうである。ちなみに、その該当部分を引用してみよう。

『(前略)and therefore never send to know for whom the bell tolls; it tolls for thee. 』
『それ故私はあなたがたに言いたいのだ。あえて知ろうとするには及ばない、誰がために鐘は鳴るのかと。それはあなた自身のためにも鳴っているのだから。』
全部を知りたい方→http://blog.hix05.com/blog/2009/01/_meditation_xvii.html

273 :名無シネマさん:2010/06/17(木) 14:18:39 ID:X5nmde5I
眠いわ スルーする

274 :宮本小次郎:2010/06/17(木) 15:49:37 ID:XmI3YGIl
「俺たちに明日はない」(1967年、アーサー・ペン監督)

BS放送で再観。この映画も語りつくされているが、今回は、ジーン・ワイルダーが印象に残る。
「ヤング・フランケンシュタイン」の人ね。この「俺たち・・・」でも、なんか笑えてくる。
なんとなく、ズレた、妙な、おかしさが、この人にはある。


275 :名無シネマさん:2010/06/17(木) 17:57:31 ID:lEeiCjS7
ワンスアンドフォーエバー

中々よく出来てると思うんだけど、なんというかベトナム兵の唐突な現れ方やメルギブソンが静かに歩くとこがドリフコントに見えてきたw

276 :名無シネマさん:2010/06/17(木) 23:22:33 ID:pSzgL0kL
クヒオ大佐

堺と新井のとぼけた会話が笑える。
大佐は常にイスラエル上空にいるんだな。
満島ひかりは印象に残る女優さんだね。

ディア・ドクター

内容は違うけど「おくりびと」と重なる雰囲気。
かぶっている俳優もいるからか。
こっちも負けずに良い作品だと思う。
つるべがつるべにしか見えないけど、それでいい。不思議な人。

277 :名無シネマさん:2010/06/18(金) 06:26:48 ID:Ny4K3hxt
アイランド

ローガンズランとまったく同じじゃないですか
しかし女の衣装をもっとセックシイーにできんのか
退化しとる
ワスプはかこよかった

278 :宮本小次郎:2010/06/18(金) 06:44:45 ID:7iSkUqPI
「夜と霧」(1955年、アラン・レネ監督)

人間はいかに残酷になりうるか。その歴史的証言が、この映画だろう。
この映画に記録された黙示録的光景、いや、それ以上の惨憺たる光景だ。
この映画は誰も一度みておいたほうがよいだろう。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9C%E3%81%A8%E9%9C%A7_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

では、我が日本では、どうだったのか。例の731部隊がある。→http://ja.wikipedia.org/wiki/731%E9%83%A8%E9%9A%8A
では、将来はどうだろうか? その一つのシナリオは >>245 に既に書いた。
おそらく、近い将来、さらなる黙示録的な、決定的な光景が現れるのは、ほぼ確実だろう。
ただ、その光景を目撃できるのは、奇跡的に残ったゴキブリだけかも知れないが。

279 :宮本小次郎:2010/06/18(金) 07:07:42 ID:7iSkUqPI
「地獄へ続く部屋」(1959年、ウイリアム・キャッスル監督)

映画の感想は、小生にとっては、一種の連想ゲームだ。「夜と霧」を書いたら、
この映画も思い出した。この映画も小生は、リアルタイムでみているのだが、「夜と霧」と違って、
これは、あの時代のオレが好んでみた、正真正銘なB級恐怖映画だ。言うまでもなく、B級とは、オレにとっては親愛の別名だ。

たしか、この映画の冒頭は、暗闇の中の遠くから男の頭だけが近づいてきて、
観客へ向かって、「諸君を地獄へ案内しよう」とかなんとか言った映画だと覚えているのだが違うかも知れない。
DVDで借りみる?・・・そこまで、再会したいとは思わんね。」

280 :宮本小次郎:2010/06/18(金) 07:56:00 ID:7iSkUqPI
「顔のない眼」(1960年、ジョルジュ・フランジュ監督)

この映画も思い出した。1960年10月公開ということだから、もう40年近く再会していないことになる。
この映画はDVDで借りてみてもいい。が、小生はDVD借観は懲りている。
以前、あるレンタル屋の会員になって、5本借りて観たのだが、5本とも全てバカバカしく、途中までみて返してしまったことがある。

まぁ、それはともかくとして、この映画は再会したい。当時、映画の看板が電信柱に立てかけてあったものだが、
この看板に書かれた、この映画の題名『顔のない眼』の意味が一瞬理解できなかった。『眼のない顔』の間違いではないかと。
勿論、映画をみれば、なるほど、『顔のない眼』で正解だった。


281 :名無シネマさん:2010/06/18(金) 08:05:06 ID:SwRvl1YQ
グローリー

正面から徒歩で大砲や銃列敷いてる敵に近づいて行く戦い方に驚愕
デンゼルやモーガンが良い味出してたと思う、ニガーはお前だけだと言われた表情や旗もって皆を鼓舞するとかぐっときた
ただ54連隊の勇気を讃えてたけど将軍無能すぎるな、その無謀な作戦に部下連れていった大佐も正直どうかと

282 :宮本小次郎:2010/06/18(金) 08:50:25 ID:RCNLLReF
思い出したとか、昔の回顧なら日記にでも書いとけ。
忘れた、思い出せない、なんてのを感想とかいって書きこまれても困る。
リンクはったり、ネット書き込みを覚えて楽しいのはよく分かったが、それこそ解説にほかならない。
ちゃんと今日見た映画について思ったことを書け。

283 :名無シネマさん:2010/06/18(金) 09:21:36 ID:X7v4Ax3y
イングロバスタ

ブラピチーム大活躍のバカアクションが良かったなぁ、、、
酒場シーンからテンション下降し続けた



284 :名無シネマさん:2010/06/18(金) 09:33:10 ID:7LCdKGja
イングロ
イーライ・ロスが長身のイケメンだった。
なんかなぁ。

285 :宮本小次郎:2010/06/18(金) 10:29:57 ID:+vw2hrmQ
>>282
了解。丁度よいところだから、きりあげよう。
諸君、元気で。

286 :宮本小次郎:2010/06/18(金) 10:38:26 ID:+vw2hrmQ
ところで、ついでに、PRしておこう。
映画とはなんの関係のないプログだが、奇妙な画像について興味あるかたへのご招待→http://iiii.no-blog.jp/blog/

映画についても、このブログの片隅に置いてある。まぁ、暇つぶしにはなるだろう。
ではでは・・・・

287 :名無シネマさん:2010/06/18(金) 20:01:00 ID:qLoF2VUS
愛してる、愛してない

邦題とオドレイに惹かれて、
切ない恋愛映画かとまったく予備知識なしに観たら裏切られた
ヤンデレかわいいよ

288 :名無シネマさん:2010/06/18(金) 22:57:53 ID:aNnQYswP
母なる証明

最初、「殺人の追憶」のゆるやかバージョンかなぁなんて観てたけど、
いやいやこれ問題作でしょ。これを描ける韓国映画界って凄いなぁ。
日本ならこの内容にストップかかるだろ。
この監督の映画って割とエンターテイメントしてるけど、
この映画でなんか突き抜けた感じ。

しかし「殺人の追憶」から韓国の警察の描写が全く変わってなくて笑える。
「国の恥を描いている韓国映画は名作」という自論に今回もあてはまる。

あとウォンビンの最後の表情が印象的。韓流なんてここでは関係なし。

289 :名無シネマさん:2010/06/19(土) 07:04:58 ID:XCfwn1jj
>>255, >>271, >>282, >>285, >>286

雑談禁止!

290 :名無シネマさん:2010/06/19(土) 10:37:30 ID:8xvEGP+r
告白
あっという間の濃密な2時間。
2ちゃんねるの屁理屈好きなオレにはウェルカムな展開。
チンケな馬鹿ガキに対する、
先手打ちまくり、理論武装しまくりの松たか子の復讐っぷりに大満足。

で話は変わる、ID:XCfwn1jjオマエは雑談して良いんだ?
つか、老害バカコテが切り上げ宣言してるのに、なんでわざわざクビ突っ込むの?
しかもageてるし、自意識過剰なの?つか自慰識過剰?人目引いてオナって感じるのか?変態か?
で、どうする?ID:XCfwn1jj、雑談禁止なのにレス返す?w

291 :名無シネマさん:2010/06/19(土) 11:11:42 ID:qBGCdjlB
E.T.

初めて最後まで鑑賞
あんな怖い顔の宇宙人と仲良くなれる子供たちはスゴイ
E.T.も途中から可愛く見えてきて和んだ

292 :名無シネマさん:2010/06/19(土) 23:25:03 ID:vjF8RYRX
http://momi7.momi3.net/so/src/1276470237688.jpg

彼女から雑談解禁の許可が出ますた



293 :名無シネマさん:2010/06/20(日) 01:18:07 ID:9kQU0S0x
告白

PVみたいな目まぐるしいカットと念仏のような洋楽ロックが流れるなか、物語がちゃんと伝わって来るのは監督の手腕か。
しかし安易に洋楽使うセンスは好きになれないが、
演者の熱演と爆破シーンの美しさでチャラ。
結局少年Aの物語だった。
監督の代表作決定ということで。

294 :名無シネマさん:2010/06/20(日) 18:43:27 ID:ltDjDKXC
マイレージ、マイライフ

リラックスしたジョージ・クルーニーも格好イイ。
でもそれよりキラリと輝いていたのはルーキー役のアナ・ケンドリック。
堅苦しそうだけど、コミカルでチャーミングという絶妙な演技でした。

クスリとさせられるところも多い映画ですが、リストラは実際は笑えない・・・
デトロイトでリストラさせられたおじさんが迫真の出来で真面目に考えさせられます。

295 :名無シネマさん:2010/06/20(日) 22:01:35 ID:ltDjDKXC
ターミネーター4

「3」が無かったことになったので「4」という安直な邦題はやや見当はずれ。
重厚な出来になっていて、チャリエンのMcGという不安感を吹き飛ばします。
各所の銃撃戦や爆発音が腹の底に響く重低音で迫力が抜群。
物語的にはメインはジョン・コナーなんでしょうが、マーカスの生き様が喰った感があります。

スカイネットでのラストバトルではサプライズに大興奮。
エンドロールではアクターが誰だったのか名前を確認してしまいました。

296 :名無シネマさん:2010/06/21(月) 07:37:50 ID:OW4eLgxa
「幸せの黄色いハンカチ」という名前の作品もございました。

コチラはホモの内容の作品でございます。
無理やり義理の父親に犯されてホモの味を覚えたムコ殿が、
ホモの恋仲となったロシア船員を追いかけて一人、
手こぎのボートでオホーツクの海にこぎ出す、というエンディングのシーンで
ロシア船員との「愛の証拠」であった「アヌスと抜き身を拭って黄色くなったハンカチ」
が北海の海に漂うところに「END」マークが重なるという、
当時二丁目では「ホモの黒澤」の復活と人気を博した「名作」でございます。


297 :名無シネマさん:2010/06/21(月) 09:35:45 ID:jMikFOMh
母なる証明
まぁ面白かった
韓国警察はいつもマヌケなんだな
気違いは外に出すな
韓国だからもっと悲惨な話かと思ったら割とソフトだった

ヒルズランレッド
C旧ホラー
幻のホラー映画を探すってのは良かったけど
他が微妙すぎる
ベビーフェイスが迫力なさすぎ

ソウ6
部下は説教ゲーム無しで殺されるだけかよ、、、
登場人物がわけわからん
機械の作りも手抜き感が
脚本の劣化がひどいな



298 :名無シネマさん:2010/06/21(月) 11:03:55 ID:u986VueM
アイアンマン2

スカーレットヨハンソンの腰のくびれに萌えた。

299 :名無シネマさん:2010/06/22(火) 01:22:34 ID:gwwgYUVy
告白

これ相当客入ってない?前売りが入手できなくて、久々に1800円払ったよ。
でも冒頭から吸い込まれるように「悪意の世界」に入れたので当たりなのかも。
残酷だなぁとか醜いなぁという個人の感情よりも映画の描写が先に行ってる感じ。
作り物の雰囲気バリバリなので後にも引かないし。
ただ誰もハッピーにはしない映画だけどね。

300 :名無シネマさん:2010/06/22(火) 06:57:18 ID:9kLLq9Xh
コーエン兄弟の最高傑作「ノーカントリー」は絶対みたほうがいい。

今のアメリカが行き着いた先になにがあったのか
がみえる。

少なくとも、ニューシネマ映画には、絶望の先に希望を見出そうとしていた。
しかし、コーエン兄弟の映画には、馬鹿げた連中の荒涼とした人生だけがある。
そこには絶望すらないのかもしれない。

301 :名無シネマさん:2010/06/22(火) 19:51:50 ID:ZfaD5Eo3
エディット・ピアフ 愛の賛歌

マリオン・コティヤールの演技が凄すぎると思った

時間の都合で午前中に3回に分けてDVD見たけど
できたら午前中に見たくない映画
かといって真夜中に見てたらそれはそれで辛かったかも。
愛の賛歌の副題が邪魔なくらい貧乏のイメージが
主人公に張り付いてて哀しかった。



302 :名無シネマさん:2010/06/22(火) 23:03:28 ID:gwwgYUVy
愛のむきだし

4時間という長さも満島ひかりのパンツのおかげで全く退屈しなかったよ。

303 :名無シネマさん:2010/06/25(金) 00:51:57 ID:M41WWkbH
告白

よく眠れました

304 :名無シネマさん:2010/06/25(金) 09:12:09 ID:SvltlPX9
スペインの実況と解説より part1

・ホンダはアグレッシブでクイックリーで創造性溢れるクレバーなプレーヤーだ
ナカータの次にやっとヨーロッパでも活躍出来るであろう「アジア」のプレーヤーだ
(キノコと朴の立場はw)
・ナガトモのことをniño monstruo(ちびっ子モンスター?)
脅威、子供のふりをした大きな大人
・PK→デンマークはラッキーだった 長谷部はアンラッキーだった
・アルゼンティーナやブラジルのフィジカルには全く及ばないが
日本には頭脳がある
・誰もが予想しなかった勝利、しかしこの試合を見ればすべての人が納得するだろう
・ボール、ピッチ、気候、ブブセラのせいにしている選手はただちに
今日のホンダとカワシマのプレーを見るべきだ
・オカダが今まで負け続けていたのはオランダ、カメルーン、デンマークに
油断させる演技をしていたからだ そしてイギリスのブックメーカー?にもね
・クイックリーなパス回しはスペインに次いで世界2位であろう

あとマツイ、アベ、タナカ このあたりを褒めまくり


305 :名無シネマさん:2010/06/25(金) 18:02:56 ID:YhhHNd9i
「ノウイング」

導入が上手い。これだけで評価できる。
まあオチは、これはこれでいいだろう。

306 :名無シネマさん:2010/06/25(金) 18:05:13 ID:YhhHNd9i
「2012」

これまた「ノウイング」みたいな内容。
思ったより、超大作だった。
だが後半ダラダラ長く、感動シーンも感情移入できなくて、
なんか失敗作って感じ。


307 :名無シネマさん:2010/06/25(金) 18:08:12 ID:YhhHNd9i
「96時間」

期待してなかったこれが一番面白かった。
話はシンプルだけど、ストーリー展開にムダがなく、
スムーズでだれない。感情移入もできる。
何より、役者がよかった。
あれがセガールだと、もう予定調和になってしまう。

308 :名無シネマさん:2010/06/25(金) 18:49:42 ID:NeyYPgd6
プロフェシー
モスクワ・ゼロ

どっちも頭の上を?が乱舞
観終わって、「なんだこりゃ」ってなった

309 :名無シネマさん:2010/06/25(金) 21:01:08 ID:WSrPn3/p
アウトレイジ

全員悪人。その通りだった。皆悪いなぁ。黒いなぁ
たけしの出演シーンが思ってたより少なかった。その代り出てくるとやっぱり存在感凄い
しかしあれだな。カンヌでも言われてたけどよくあんな殺し方思いつくなw笑っちゃったよ
いやー、久しぶりにおもしろかったな。なんか、「その男、凶暴につき」みたいだったけど。原点回帰ってそういうことなのか

310 :名無シネマさん:2010/06/28(月) 16:18:56 ID:Q2haiDyJ
アヴリルの恋

淡々と進んでいく物語なのになんだか眼が離せないのは
背後の大人の事情がちょっとサスペンスだったから。
それにしてもアヴリルちゃんは自分の心に素直な娘に育っていて良かった。
バカンスの海岸に行くとみんな脱いじゃうんだね。
すっぽんぽーん
すっぽんぽーん

トチ狂った修道院長がちょっと怖い。

311 :名無シネマさん:2010/06/28(月) 20:14:05 ID:0/nBVe8T
俺たちチアリーダー!

調理次第で下品にもできる内容ですが、あんがい真面目。
とはいえ、おバカティーン映画という感じではあります。
せっかくチアが題材なのに、クライマックスでもサラッと流す程度。
演技を見て楽しむという要素はありません。
その辺りは劇中でもバイブル扱いされている「チアーズ」より下の下のまた下。

312 :名無シネマさん:2010/06/28(月) 20:15:45 ID:0/nBVe8T
THIS IS IT

マイケル・ジャクソンすごい!
特にマイケルファンというわけでなくとも魅入ってしまうこと請け合いです。

313 :名無シネマさん:2010/06/28(月) 21:00:16 ID:WliKBHzA
さんかく

ほのぼの恋愛映画だと思って見に行くと痛い目にあう
いびつな三角関係を通して男と女の愚かさ・痛さを観客を笑わせながら容赦なく描き
それでも人間はすばらしいみたいなところにまで持ってっちゃうような
軽いのに何気に深い映画だった

314 :名無シネマさん:2010/06/28(月) 23:22:26 ID:zQM8Bp97
劇場版 鬼平犯科帳
岩下志麻と寝る鬼平の息子
熟女好きか

315 :名無シネマさん:2010/06/29(火) 02:02:29 ID:UmJMZs4j
ヴィヨンの妻

松たか子がやはり良い。
広末は比較されてかわいそう。
意外とエロあり。

316 :名無シネマさん:2010/06/29(火) 17:32:21 ID:d0/ahuT5
TAXi3

ぐっすり寝た
目が覚めたら終わりのテロップ流れてた

なんだよコレ

317 :名無シネマさん:2010/06/29(火) 20:16:29 ID:14KCOOtA
「バニラ・スカイ」
イケメンボンボンざまあ

「ウォー・ゲーム」
音響カプラナツカシス

318 :名無シネマさん:2010/06/30(水) 02:21:50 ID:f4exYHnu
>>316
お前が寝てる間が面白い部分だったかもよ

319 :名無シネマさん:2010/07/01(木) 23:36:21 ID:iRfNYXD0
バレンタインデー

バレンタインデーの悲喜こもごもを贅沢なキャストでお送りする一本。
この俳優を使う必要なかったんじゃ?というチョイ役が混じってたりもしますが。

ストーリー的には小さなエピソードを連ねた群像劇で盛り上がるモンでもないですが、
人間関係が複雑に絡んでいて、意外なつながりが面白かったりもします。
中でもブラッドリー・クーパーとジュリア・ロバーツの行き着く先が意表を付いてます。

独りで観ると案外寂しくなるかもしれません・・・

320 :名無シネマさん:2010/07/01(木) 23:42:54 ID:iRfNYXD0
ウルトラ I LOVE YOU!(All About Steve)

サンドラ・ブロックが見事ラジー賞を獲得した作品。
見ていて痛々しいほどの変人ぶりは、これはこれで成功なんじゃないか?とも感じます。
内容はバカバカしいですが、悔しいことにクスリとさせられるシーンも無くはないです。

ただ、ブラッドリー・クーパー演じるスティーブの心変わりが唐突すぎることと
きれいにまとめようとしてラストで失速した感はあります。

321 :名無シネマさん:2010/07/02(金) 15:19:17 ID:05lxwtSf
バス停留所 1956年

粗野を一途と言い換えるのは感心しないけど・・・
でもマリリンが最後幸せそうだから、まあいいか・・・。

322 :名無シネマさん:2010/07/02(金) 15:44:04 ID:wapf4Xy2
王子と踊り子

生まれて初めてモンロー映画を見た。
50代以上のおっちゃんがなんでモンローモンロー言うのかよくわかった。

323 :名無シネマさん:2010/07/02(金) 21:17:38 ID:faL9GJoU
依頼人

子供一人殺せない殺し屋がまぬけに見えたらもうコメディ映画。
どうせ子供は殺されないとわかってるんだからサスペンスもクソもない
せめて殺してほしいよな

324 :名無シネマさん:2010/07/02(金) 23:05:10 ID:lkgstjhJ
(500)日のサマー

冒頭で「ラブストーリーではありません」と入りますが、しっかり胸に響くラブストーリー。
ついつい主人公に感情移入して見てしまうと
とらえようのないサマーに翻弄される姿に失恋の古傷がうずいて仕方がない!
サマーが●●してしまった辺りでは本気で胸がキュ〜っとなりました。
最後のユーモアで少し救われた感じ。

時系列を崩すことで見えてくる浮かれた時期と沈んだ時期の対比も面白いです。

325 :名無シネマさん:2010/07/03(土) 00:43:46 ID:bhGrFA42
ブタがいた教室
CSでやってたのを録画して、観る決心がつくまで一年くらいかかってしまったが、やっと観た。
学校の道徳の時間に見るような映画(貶してない)。妻夫木は、どういういきさつでこの仕事請けたんだろう?
子役の演技が演技であって演技じゃない。一年間の子供の成長記録として観ていっても面白い。
観ようと思ってて躊躇してる人がいたら、グロいシーンは無いから安心汁。
肉が食べられなくなる程の後味の悪さは無いが、その都度感謝して食べて生きたいと思った。


以下、ネタバレ↓



本当は、食べるとこまでやるべきだとは思った。







326 :名無シネマさん:2010/07/03(土) 09:14:27 ID:wcfUcBZw
グロ待ちかよ

327 :名無シネマさん:2010/07/05(月) 00:30:30 ID:/31IC18n
アンヴィル

80年代に活躍したメタルバンドの現在を描くドキュメンタリー。
ドキュメンタリーなのに映画「レスラー」と同じ味わいがある。
メタル好きの人は楽しめると思う。
とくにマイケル・シェンカーとのシーンは最高。

328 :名無シネマさん:2010/07/05(月) 07:13:47 ID:bTUHcPzs
ダヴィンチ・コード

ブームってあったの?何年前?とか言いながら
軽い気持ちで見た。オドレィ・トトゥが出てたから。
そしたらいきなりジャン・レノが出ずっぱりでワロタ!

いやぁ、狂信者って怖いですね、ガクガクブルブル

それといまだにローズ・ラインってワケ分からんです。
こじつけっぽいのがたまらん内容だなぁ。


329 :名無シネマさん:2010/07/05(月) 07:47:48 ID:KP/FCVbr
映画の質問サイトや掲示板見てて疑問に思ったんだけど
なんで映画好きの連中って、人から「昔の映画で好きな映画は?」「SFものでおもしろいのある?」「80年代のおすすめは?」とか聞かれると、
必ずといっていいほど、ホントの映画好きしか知らんような作品しかあげんよな?
間違ってもオスカー作品なんて答えんだろ?
「マフィアものでいいのある?」って聞かれても、意地でも「ゴッドファーザー」って答えないからな
俺はこんなの観てんだぜ!ってアピールしちゃうんだよな

わからなんでもないが

330 :名無シネマさん:2010/07/05(月) 22:19:18 ID:6Efn3dDH
恋するベーカリー

不倫を描いているけど楽しそうに明るく不倫。
三角関係として見ると設計士とのロマンスは薄く、
夫との関係にチョット刺激を与える程度で物足りない。
そもそもオバサンに燃えるという感覚が分からないのは経験不足なのかもしれない。

DVD化に当たって付けられた説明過多なサブタイトルは
DVDスルーの二級品くさくていただけない。

331 :名無シネマさん:2010/07/05(月) 22:23:55 ID:6Efn3dDH
オブザーブ・アンド・レポート

いつもよりハードコアなセス・ローゲン。
でも相変わらず遵法意識は吹っ飛んでます。

どこからその自信がわいてくるのか謎な傍若無人、厚顔無恥で好感度ゼロ。
終いにゃ犯罪行為!とどこに感情移入していいのか分かりません。

ラストには史上最悪・最低なチェイスシーンとアナーキーなケリの付け方。
モラルが邪魔をして笑うに笑えない・・・

332 :名無シネマさん:2010/07/06(火) 08:03:25 ID:D+sSjvXl
マグノリア
ネタバレ有
評価が高いので期待して見たら、馬鹿にされた気分になった
監督が3時間もかけて伝えたかった事がわからない
問題の蛙が降るシーンだが、神話の奇跡の事象と主人公達の行動をかけて描いてるのは分かったけど、突然過ぎて笑ってしまう
肝心の主人公達の人生もほとんど絡まないので、「だからどうした」以上の感想を言えない
同じ監督のゼアウィルビーブラッドも良さがわからないので、おそらく自分の感性が監督のレベルに達していないのだと思う
でもこのままでは悔しいので、おそらく文章にするのは難しい感情だと思うが、誰か解説して欲しい

333 :名無シネマさん:2010/07/06(火) 08:18:53 ID:4KtsgfGc
ファイヤーフォックス

話の展開もスムーズで見ていて飽きない
髭のおじさんの活躍すばらしい
ロシアにいる協力者の人たちが捨て身だったのは悲しかった
みんな死んでしまった
後半ファイヤフォックス一号機と2号機のドッグファイトは見ものだった
トムクルーズのトップガンは屁だな
最後アメリカに盗み返って賞賛の場面とかるのかと思ったけどドッグファイトの部分で最後クリントイーストウッドの
後は楽勝みたいな台詞で終わっているのも心地いい軽快な終わり方だった
余計な部分をすべてとりさった心地良い流れ進行の作品だった
さすがイーストウッド監督だ!!!

334 :名無シネマさん:2010/07/06(火) 09:04:28 ID:CDwzpQOQ
>>329
やっぱり一般的に受けた作品は二番煎じの駄作に多く模倣されるから、
もとの作品が良くても、あまりにも多くの贋作を見ていくうちに
ありきたりのように思えてしまう。それに比べて、独創的なマイナー作品は
沢山の作品をみれば見るほどその独創性が(他の多くの似たりよったりと比べて)
際立つ。
別に通気取りしているからだけではないと思う。

335 :名無シネマさん:2010/07/06(火) 09:44:38 ID:cJZytTsg
007 慰めの報酬

007で続き物って初めてじゃないだろうか。「若い」ボンドをアピールしたいのは解るが
アクションが縦横無尽すぎな上問題行動が多くて自分の組織にまで追われるときた日にゃ
「ボーン」の新作を見ている気分になってしまった。
ボンドガールも含めリアルさを求めた分007本来のゴージャスさがやや失せて寂しい。

336 :名無シネマさん:2010/07/06(火) 21:50:44 ID:vCG5BS6j
ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー

あ、これトゥームレイダーじゃないんだ

337 :名無シネマさん:2010/07/06(火) 22:01:16 ID:PSHudmg0
真夏のオリオン

まんまチアキ先輩です。ありがとうございました。
イケメン揃えればいいってもんじゃないだろ。
違う映画にお金をまわすべきだ。

338 :名無シネマさん:2010/07/07(水) 02:02:02 ID:zajuOVKG
>>329
雑談禁止にレスするのもあれなんだが、
例えばSFだとしよう、ターミネーター、ブレードランナー、物体Xでもいいわ。
それぞれ、超名作です。

でも腐るほど観て、半分飽きてんだわ。
だから口に出すのも面倒ってのは有る、実際飽きてるし。正直な本人の気持ちだと思うよ。

ただ、腐るほど観てもスゲーってのも有るけどね。
そう言うのは上げてる人多いでしょ。2001とか(笑

339 :名無シネマさん:2010/07/07(水) 06:24:55 ID:6EFHEfCV
俺はカリートの道が好きやねん

340 :名無シネマさん:2010/07/07(水) 10:02:39 ID:mg3si65D
ロボコップ

なんかグロいし悪趣味だしバカ
こんなんが人気でてテレビで普通に放映してたのがすごい

341 :名無シネマさん:2010/07/07(水) 20:42:03 ID:nTiHspgv
アデル

CMの為、必要な乳首の露出を不自然にまで拒む島国タレントに比べ、
妹の命の為、
不必要な乳首を晒すアデルに惚れた。

342 :名無シネマさん:2010/07/07(水) 23:45:45 ID:RCCs/CWj
レディホーク

80年代の安っぽいシンセの音楽がださすぎる
映画とあってない
映画も安っぽいけど
ミシェルファイファーはかわいい。

343 :名無シネマさん:2010/07/08(木) 02:46:06 ID:INX9U8+R
パッセンジャーズ
ミステリーが観たくて借りたんだが…まさかのファンタジー。その手の落ちを混ぜ合わせたような終りかただけど、きれいにまとめてはあるかな

344 :名無シネマさん:2010/07/08(木) 16:01:27 ID:wMi9EOJ9
「そして、私たちは愛に帰る」

あー、分からん。トルコの精神文化が分からん。
イスラム分からん。
愛があるのは分かるが、愛のバックグラウンドは日本と全く異質だ、
ということだけ分かる。

欧州も中近東も謎だらけだ。
ということだけはよく分かる。

いろんな意味でのし掛かってくる映画だ。
「蜘蛛女のキス」みたいに。

345 :名無シネマさん:2010/07/09(金) 01:20:12 ID:JNVSbrHN
戦場でワルツを

アニメ作品と侮ると、へたな社会派ドラマより深かったりします。
メジャースタジオのアニメとなるとひたすら3D方面にベクトルを伸ばしていますが、
この作品はむしろあらあらしい2Dにこだわって、かつ2D的に表現しうる幾多の手法を用いてます。
作画としてはコミック風と言えなくもないんですが、人物の心理、戦場の凄惨さをしっかり伝えています。

ストレートなストーリじゃないので、眉間にしわ寄せるかもしれませんが、スルーするには完成度が高い一本。

346 :名無シネマさん:2010/07/09(金) 11:48:13 ID:W6MJRjD0
「96時間」

これは、なかなか至極の親父アクションじゃないですかね。
一切の無駄を省いたスピーディーな展開と娘の為に悪者を容赦無く成敗する親父の姿に、とにかくスカッの連続でした。

つか、セガー○より半端無いです、この親父。こんなの敵に回しちゃいけません。

347 :名無シネマさん:2010/07/09(金) 19:40:10 ID:qbXOUnto
ターミネーター4
ヘレナ・ボナム・カーターが凄いことになってるな・・・・・・

348 :名無シネマさん:2010/07/10(土) 00:22:37 ID:6OYDOrNU
パーフェクト・ゲッタウェイ

白状します。だまされました。
いや、何の予備知識もなくだまされない人は途中で眠ってるに違いない。
人がいない時までなりきる必要なんてないじゃないか!
てな具合に、一回目の鑑賞は楽しめるので、予備知識は入れずにGO!
胡散臭さ漂うティモシー・オリファントの正体は!さぁ驚いてくれ・・・

走り出したりアクティブになると、ミラ・ジョボビッチはアリス化しますね。

349 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 11:32:57 ID:DdW6tyk1

今日プレデターズ見に行く人〜(^O^)ノ
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1278728447/l50


350 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 17:49:56 ID:6OYDOrNU
ヴィクトリア女王 世紀の愛

「エリザベス」あたりの史劇好きな人ならばオススメ。
陰謀渦巻く緊迫感とか壮絶な戦争などを扱ったモノではなく
ヴィクトリア女王が愛をはぐくむ様を描いたもの。
荘厳さは控えめですが、衣装は豪華です。

351 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 17:57:35 ID:6OYDOrNU
オーシャンズ

ただ、ただ映像に息をのむだけ・・・

とすればいいのに、お説教くさいナレーションで政治的PVに見えてしまう。
「撮影で動物を傷つけていません。傷ついた動物は映像処理したモノです」
作り物映像まで駆使してメッセージ作り上げても・・・それでいいのかドキュメンタリー?
イルカやクジラの漁のシーンは網の中のイルカ目線とか、やり方がエゲつない。

「ザ・コーブ」が話題になっている中だから過敏すぎたかもしれませんが・・・

352 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 18:28:46 ID:/Gnlwr06
リリイ はちみつ色の秘密

という映画を見ている途中なのですが、父親がとうもろこしの粉を地面に撒き、その上に娘を1時間ほどひざまづかせ、罰を与えているシーンがありました。
このような体罰は、昔のアメリカではよくあったものなのでしょうか?
どうして粉を撒かないとならないのかがよくわかりません。
その後の娘の膝は血が滲んでいましたが、粉がそんなに皮膚を傷つけるものなのでしょうか?

353 :プレデターズ:2010/07/11(日) 01:04:56 ID:k5LybHt/
ヤクザ最強すぐる

354 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 13:45:48 ID:mexFqsAm
ゼロの焦点

思ったほど広末は酷くなかった。
木村は良かった。
中谷は怖かった。

室田社長のキャラが好きじゃない。
所々演出が大げさに感じるシーンがあり。杉本哲太が倒れるところなんか、ホラーコメディかと思った。
おまけに、エンディングは中島みゆき…。

繰り返し観たいとは思わない。

355 :名無シネマさん:2010/07/12(月) 18:11:11 ID:qjq4PPvl
フェイク

アル・パチーノがジョニデを食いそうな映画
タイトルにもうひと味あればいいのになぁ
ここに書き込もうとして「あれ?何だったけ?」って
確かめたほどスカッと抜けおちる

356 :名無シネマさん:2010/07/13(火) 00:25:22 ID:16QBcHL9
プレデターズ
ロドリゲスだからどんなとんでも展開なのかとわくわくしたが、
なんてことはないアクション映画だったのでがっかり。
やっぱトレホのおじちゃんが出てきたのには笑ったw
両手にマシンガンじゃなく両手にマチェーテで暴れたらよかったのに。
しかし前々から思うが、あんなテクノロジー持ってんなら狩りなんて
楽しくなかろうに、よわっちい人間相手にデタちゃんたち何がしたいんだろ

357 :名無シネマさん:2010/07/13(火) 02:25:31 ID:OqnTav69
リーピング

聖書の話とか出てくるのに宗教くさくないのは何なのかな
オカルト映画っぽくないし、薄っぺらいからオチの意味がわからないです。

358 :名無シネマさん:2010/07/13(火) 19:40:53 ID:Tg8nNls9
ニンジャ・アサシン

海外の「忍者」というと、変な中国憲法もどきにならないか心配しましたが
思いの外、必殺の体術として見せてくれ、バトルは迫力がありました。

レーティングは18歳未満禁止ですが、むごいシーンはあんがい冒頭だけ。
基本的に忍の者らしく暗闇で戦うので残酷シーンが見えない感じです。
ただ、やたら血しぶきが豪快で斬りつけるたびに水風船が割れるようで、TVゲームみたいです。

ラストバトルはビジュアル的にも格好良かったけど、怪しい術はなしの方向でいて欲しかった。

359 :名無シネマさん:2010/07/13(火) 19:46:23 ID:Tg8nNls9
みんな私に恋をする(When in Rome)

ファンタジーなのでややドタバタなのはご愛敬。
言い寄ってくる男どもが揃いも揃って奇人変人なのは何の呪いか?
魔法が解けた後、みんな意外と冷静に自分がしていたことを理解してるのね。

あんまり意外性はなかった感はあります。でもラストで活躍する車が可愛かった。

360 :名無シネマさん:2010/07/13(火) 22:18:26 ID:Tg8nNls9
パーフェクト・ゲッタウェイ

シナリオやストーリーテリングで観客の錯覚を招くサスペンスは多いけど、これは反則。
錯覚もなにも、映画の中の人物がスクリーンの外の観客をだますように演技してるのだから
勘違いをするなという方が無理な相談でしょう。

ラストの被害しゃぶった終わり方もどうかと。それで全て帳消しにはならないでしょうに。

361 :名無シネマさん:2010/07/13(火) 22:24:10 ID:Tg8nNls9
噂のモーガン夫妻

良く言えばほのぼの、悪く言えば退屈。
せっかく都会しか似合わない二人をキャスティングしたのに、
田舎とのカルチャーギャップはほとんど描かれず。
単純に夫婦仲を取り戻すだけなら、ロケーション必要ない気がしました。

最後の山場もアッサリしすぎだし、どの辺りを一番プッシュしたかったのか少し謎。

362 :名無シネマさん:2010/07/14(水) 17:49:11 ID:9tS2dzuk
踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ

タイトルこれであってたかな。まあいいや
さっき見てきた。劇場版3作品ではこれが一番いいんじゃないの。途中で笑ったけど、狙ってるのかどうか分からん
しかし、見た後に何も残らん。あと、相変わらずセットがセットって分かるのはいかがなものかと。もうちょいがんばれよ、と
今日が東宝が1000円の日でよかった。1800円だと高いわ・・・・踊るファンの人にはいいんだろうけど、そこまでじゃないからなぁ
あんまり言うとネタバレなっちゃうから言えない。でもこれだけは言える。ニュー速はあんなんじゃねーよ

363 :名無シネマさん:2010/07/14(水) 22:39:03 ID:agINnlVh
アドレナリン

ジェイソン・ステイサムはどの映画を見てもワンパターンのタフガイ。
この映画も同じ・・・と思ったら、過去最高にかっこ悪かった。(悪い意味で)
尻丸出しで街中を失踪し、公衆の面前で性交・・・誰が見たいんだこんな姿。
ツレの女も馬鹿で鬱陶しいし、真剣に生きのびたいのかはっきり言って謎。これコメディ?

描き方は細切れなカットにリアルさを求めたらしいブレる映像、
流行りの手法をまねてみたけど、躍動感は全然ありません。

ケガは無いことになってるわ、ラストは痛快感無いわで見る価値もない!

364 :名無シネマさん:2010/07/15(木) 13:56:49 ID:V4CugIJd
ラストサムライ
渡辺謙とトムクルーズのしぶさがにじみ出た作品だった
おもしろかった


365 :名無シネマさん:2010/07/15(木) 18:06:07 ID:Bdt8KwGj
アドレナリン2

心臓の強弱なんか関係ないよ!と最初で挫けそうになったけど最後まで観た。
前作ではなんとか復讐という筋があったけど、今回はいっそう支離滅裂。
いちおう心臓を取り戻すという目的はあるけど、途中から方向性を失ってる感じ。
ラストなんか心臓回収は他人任せで、収拾のつかない大乱闘だし、もはや人間やめてる。
「一定のことをしないと死んでしまう」というシリーズのポイントにしても
“なるべく動かない”という枷を“充電すればいいだろ”と安直に解決させて無駄にしている。

まぁなんだかんだ言って一番嫌いなのは、モザイク入れるような下品なシーンなんですがね。

366 :名無シネマさん:2010/07/15(木) 18:24:14 ID:Bdt8KwGj
セントアンナの奇跡

導入部分からだと主人公達の目線で描かれる印象を受けるけど
実際はイタリア側、ドイツ側、と視点が移るので物語の芯が落ち着かない。
戦争スペクタクル部分としてはあまり迫力のある撮り方じゃないし、
ヒューマンドラマ部分にしては4人の人間関係、村人との関係とも描き方薄く、
子供はいまいち保護欲をかき立てない変な少年で感情移入が難しい。
最後、感動させたいという意図は透けて見えるけど、胸に来るモノはない。
キーアイテムとおぼしき頭の像にしてもただの拾いモノで特に印象に残るわけでもない。

だらだら描いたせいで160分を越えてしまった印象。


367 :名無シネマさん:2010/07/16(金) 12:57:12 ID:UKA0Davy
Xメン2
おもろかった
ヒュージャクソンかっけ〜
ところどころ話がとんでるようでわからなかったところがあったけど
もう一度見てみよう
話の展開もよかったな


368 :名無シネマさん:2010/07/16(金) 13:45:18 ID:SJ20sHE9
HANA-BI

日本語の字幕をつけてくれ。

369 :367:2010/07/16(金) 14:07:36 ID:MGVrkRdR
ヒュージャクソン→ヒュージャックマン

370 :名無シネマさん:2010/07/16(金) 22:24:22 ID:eVp26vz5
雨の訪問者

女がうざいし、つまらないんだけど
テーマ曲とクルミのオチがとてもよかったです。

371 :名無シネマさん:2010/07/16(金) 22:52:32 ID:ifNaYk0e
奈緒子

有名漫画原作だが、未読であった
それでもだいぶ省略されてるんだろうなと端々から感じられる2時間
そのせいか話にまとまりはなく、どれも唐突で、この映画のテーマのひとつであっただろう繋がりを感じられなかった
タイトルも「雄介」でいいんじゃないかという奈緒子の空気っぷり
展開はいかにも漫画チック(当然だが)で、肝心の走るシーンも急加速したり止まったり・・・わざわざ映画でやる意味はあったのか…
疾走感あふれるカメラワークと子役の演技はなかなか良かった
若者が走ってる姿はいいね。実にいい。青春そのもの
心が洗われるようだ。ただ一貫して空がどんよりしていたんだけど、あれ何とかならんかったのか
んで鶴瓶よ、何故おまえだけ関西弁なんだ

372 :名無シネマさん:2010/07/17(土) 14:36:44 ID:hNkeuh97

ウォッチマン アメコミものならアイアンマンがよかった

373 :名無シネマさん:2010/07/17(土) 19:58:37 ID:qQUoZXyJ
借りぐらしのアリエッティ

もう一山あっても良かったかなという塩梅の小粒な作品という感じ。
うちの壁の裏からも何かカサカサ音がするけどきっと小人のせい・・・

374 :名無シネマさん:2010/07/17(土) 20:03:00 ID:qQUoZXyJ
インセプション

難解だという前評判ですが、理屈を理解できれば大丈夫。
ただストーリーが多層構造なので息抜きしてる暇はないです。
緊迫感の果てのキックの連鎖は鳥肌立つほど痛快でした。
二回、三回目の鑑賞でも楽しめそう。

渡辺謙はチョイ役でなくしっかりメインキャスト。

375 :名無シネマさん:2010/07/17(土) 21:39:18 ID:YrWNthjY
トロイ
オーランブルームのへたれぶりがよかった
てかオーランブルーム汚いな
他人の嫁さんはとるは自分からさしで勝負しょうと言っといて負けそうになると兄貴に援助求める
挙げ句の果てにはいとこを助けたブラピを最後殺してしまうんだからな
きったね〜野郎だぜ
でも俺はオーランブルームのフィギュアを探してるんだけどな
フライトプランでもそうだったがショーン・ビーンさんの無駄遣い
もっと悪役として使うべきだよ
なんだよトロイの木馬を考えた人みたいな役どころって
(まぁフライトプランでは騙しキャラとして起用としてはうまい使い方だったかもしれないけど)

この映画の最大の魅力はアキレス腱という言葉のゆえんがわかったことである
なんちって

英語も簡単でヒアリングの勉強にもなるこの映画は何度見てもおもしろい



376 :名無シネマさん:2010/07/18(日) 01:01:29 ID:Kx/evBpD
狼は天使の匂い

霊媒女がよくわからないし
ちょっと期待はずれだったかな・・・と思いながら見てたら
ラストでこみあげちまったじゃないかバカヤロオオオオオオオオオオ!

377 :名無シネマさん:2010/07/18(日) 15:34:02 ID:k/xaDujM
プテラノドン
主人公のキャラがあまりに酷すぎてイマイチ楽しめなかったが
モンスターっぷりは結構頑張ってたと思う
B級だしそんな褒められたCGじゃないが金かけた邦画のCGよりマシに見えるのが悲しい

378 :名無シネマさん:2010/07/18(日) 19:47:24 ID:VLw7YmPj
クローバーフィールド

終始ハンディカム視線の映画
パニックムービーなので映像が揺れまくりで時々訳がわからなくなったりする
ストーリーはまぁ面白かったけど、突っ込みどころがいくつかあった(仲間だけ助けるのかよってシーンetc)
視界も狭いしハンディカム映画はもういいやと感じました

379 :名無シネマさん:2010/07/18(日) 22:25:57 ID:IXWiz2cd
インセプション

虚構と現実、無意識と自我みたいのがテーマだけど、エターナル・サンシャインとか、押井守のイノセンスでも
見たほうがよっぽど気が効いていると思う。
後半のアクションシーンは、ノーランの悪癖である、カット割り過ぎて意味不明な場面の連続、しかもそれが
今回は1時間くらい続くからぶちきれそうになった。
ダークナイトでアクション演出に覚醒したかと思ったが、別に変わってはいなかったみたい。

380 :名無シネマさん:2010/07/19(月) 05:14:04 ID:/fUW8SFO
アマルフィ

織田は何でいつも不機嫌なんだ
あんな根暗キャラでシリーズ化とかふざけ杉
あと佐藤皓一は見飽きた

381 :名無シネマさん:2010/07/19(月) 10:52:43 ID:Ig+jmiX2
マーリー 世界一おバカな犬に教えてくれたこと

ワンちゃんかわいー!という動物を見て和む系の映画ではなく
犬と共に歩んだ家族の成長のお話という形で、脳天気なだけではありません。
時に愛おしく、時に憎たらしいと、ペット飼ったことがある人なら思いっきり共感するのでは?
人より早く訪れる老いと別れも、経験者にはより切なく感じると思います。

382 :名無シネマさん:2010/07/19(月) 10:56:24 ID:YpjZAdAB
ふぬ

383 :名無シネマさん:2010/07/19(月) 12:33:23 ID:Ig+jmiX2
デイブは宇宙船

カルチャーギャップを描いてるうちは楽しめたけど、
ストーリー部分に入ったら極普通というか、やや古めなテイストの平凡な展開に。
エディ・マーフィ作品としてはお下劣描写は控えめでした。

384 :名無シネマさん:2010/07/19(月) 16:03:51 ID:hsGUajtZ
さまよう刃

2時間ドラマで十分だなあ。
少年法に憤りを感じていた竹之内豊がもう少し熱い演技を見せてもよかったのでは

385 :名無シネマさん:2010/07/19(月) 18:00:40 ID:j6xbI2CK
ゴッドファーザー3
娘役もっときっちりした俳優使った方がよかったな
最後の死ぬ場面がだいなしだ
話の流れは1,2の内容を現代風になぞるような展開でおもしろかった
結局同じことの繰り返しってことだな
アンディガルシアはよかった



386 :名無シネマさん:2010/07/20(火) 09:21:12 ID:73g5RbKI
飛べフェニックス

久しぶりに、じゃまっけな女が登場しない映画をみて爽快だった。

387 :名無シネマさん:2010/07/20(火) 14:12:40 ID:xdhp3sV5
インサイダー
アルパチーノの奮闘ぶりがおもしろい
実話に基づく話なので激しい起伏はないがそれでも話のやりとり駆け引きはおもしろかった
たばこの害について公表するかどうかについての話
企業間での損得がからまってすんなりとは公表できないもどかしさ
社会派の映画なのでアルパチーノやラッセルクロ-ファンじゃない人にはつまらないかもしれない
私は二人とものファンだったので実におもしろかった
そもそも購入したのも二人の共演ってことで興味を引かれたのがはじまりだけど。
アルパチーノの怒りの演技は見ものだった



388 :名無シネマさん:2010/07/20(火) 17:52:46 ID:CAXpqnS2
さらば友よ

オープニング、曲は流れてるけどあのフレーズがなかなか出てこない。
そしてブロンソンの後ろにドロンが映った瞬間、ダダダダダッ♪
かぁっこいいいいいいいいいいい!!!!
まぁ、始めと終わりだけなんだけどね

389 :名無シネマさん:2010/07/20(火) 22:04:07 ID:Pd9kGg6f
スターウォーズ

懐かしい。
今見るとルークもレイア姫もハン・ソロもかわいい顔してるなぁ。
アレック・ギネスの存在感が今更ながらすごいわー。
後からいろいろエフェクト加えてるけどこれはこれで良いね。
もう30年かぁ(遠い眼)

390 :名無シネマさん:2010/07/20(火) 23:00:19 ID:jK8vqtmB
シャーロック・ホームズ

ガイ・リッチーの作品は濃い情報量をテンポ良く短時間にたたみかけるのが特徴だけど、
その作風がパズルのピースを組み立てるような推理の描写とマッチした感じ。
ただ推理に関しては、謎のヒントは各所シーンに紛れ込んでるものの、それ自体を見ても理解は不能で
ホームズの説明が付いて初めて「あ、そういう意味だったのか」という程度のスッキリ度。
頭脳派というよりは肉体派という印象が強かった感はあります。

今回はホームズ&ワトソンの紹介という作品だったので
強力な敵であるモリアーティ教授が出るであろう次回はブラピが演じるのかも含めて期待。

ところでホームズのワトソン依存ぶりには信頼の他に何か・・・愛?みたいなモノを感じました。

391 :名無シネマさん:2010/07/21(水) 18:51:31 ID:+2IBHm9R
スターウォーズ

古臭さいとこがよかったのに
なんかもう違う映画になっとる!
じゃあなにかい?ダビンチが生き返ってモナリザを描き直してもいいのか?
チャップリンが生き返ってモダンタイムスをCGで作り直してもいいのか?
あ、いいのか・・じゃあしょうがないな

392 :名無シネマさん:2010/07/21(水) 20:01:29 ID:73hAZK4F
借り暮らしのアリエッティ

初めてアリエッティが外に出たとか、元のキッチンがしょぼいとか
もう少し原作をなぞっていれば良かったんだろうが、これは酷い。
ジブリ信者はこんな映画でも褒めるから気持ち悪いな。

393 :名無シネマさん:2010/07/21(水) 22:56:11 ID:QmFoeTMX
しあわせの隠れ場所

出てくる人がみんな善意に溢れているように見える爽やかな映画。
なぜ見ず知らずの少年を拾えるのか?と恵まれた人だから成しうる話だけど、実話だからすごい。

アメフトが題材だけど、家族の絆が主軸になっていてスポーツシーンは少なめ。
どちらかというと勉学で苦戦しつつもそれを乗り越える姿を応援してしまいます。

もう文科省推薦マークを付けてイイくらいの健全作品。

394 :名無シネマさん:2010/07/22(木) 06:29:05 ID:6f5k1Umv
マイアミバイス(コリンファレルとジェィミーフォックスバージョン)
悪くないけどやっぱ旧作の方がおもしろいな
ジェイミーフォックスもコリンファレルも好きな俳優だけどマイアミバイスはドンジョンソンの方がよかったな
吹き替えもちょっとイメージが違った。吹き替えも旧作の人たちの方がよかったな。黒人の吹き替えは尾藤イサオさんだったろうか。
ドンパチが激しすぎだな
もうちょっとスマートにできなかっただろうか


395 :394:2010/07/22(木) 06:32:33 ID:6f5k1Umv
エグザイルのリーダーみたいな人がでていたのはワロタ
まさかエグザイルのリーダーはここからキャラぱくったわけじゃないだろうな
まったくもってそっくりだったぜ


396 :名無シネマさん:2010/07/22(木) 14:34:31 ID:UIK2tBpr
大地震

センサラウンド無しで、しかもテレビでこの映画を見るのは
メガネ無しで3D映画を見ること以上に意味がないのだな
と実感しました。

397 :名無シネマさん:2010/07/22(木) 16:32:29 ID:jNNe9Ee3
スタートレック

カークやスポックが若者だった時の映画

ちびスポックたんに萌え萌え〜〜〜   ですが何か?
エリック・バナの悪役ぶりに萌え〜〜  ですが何か?

398 :名無シネマさん:2010/07/23(金) 22:04:19 ID:s5ZIduBU
ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト 鮮血の美学

サブタイトルから察するとスラッシャーホラーと勘違いしそうですが、
実際は娘の復讐をする親を描いたサスペンス/スリラー。

冒頭の殺人が残酷なもんで「こんな奴ら苦しんで死ぬべき」と思ってしまいますが、
苦しみ、痛みを死ぬほど味わって死んでいくのはあんがい一人だけ。
・・・うーん、物足りない。

399 :名無シネマさん:2010/07/23(金) 22:45:04 ID:pf2V5QpA
インセプション
とりあえずですね、本編始まったら席はなんとしてもたたないほうがいい。
喉が渇こうが、花摘みしたくなろうが、ポプコン落とそうが屁をコキたかろうが
画面から一瞬たりとも目を離さないことが肝心。
重要なキーワードがいつ出るかもしれないし、それを見逃すとスットーリが
分からなくなってこの映画の魅力が半減してしまう。
二回見るというのも手だが、一回目で気力を振り絞って最後まで見た時の
面白さの余韻は格別であると言える。少なくとも俺はそうだった。

ん?タナベ健?あ〜いたねそういう人が。ま〜あんまどうでもよかったね。
いちようキーパソーン的な?まあ重要な役でしたが、ほかのメンバーのほうが
ぜんぜんよくて、これで騒ぐの日本人だけでね?的な?
まあ俺は研鑽のアンチでもなんでもないですけど。

400 :名無シネマさん:2010/07/23(金) 22:46:14 ID:evIm4V/9
シコふんじゃった。
竹中直人と楽しい2時間を過ごせました
映画ってこうじゃなくちゃね

401 :名無シネマさん:2010/07/24(土) 20:16:20 ID:rKpf/GDc
再会の街で

シリアスなアダム・サンドラーですがけっこう良い。
ただ、あの変な女は何だったんだろう?
アレで心の傷を癒すというのは無茶なやり方と思う。

402 :名無シネマさん:2010/07/24(土) 20:26:09 ID:rKpf/GDc
最後の初恋

波乱に満ちた愛の物語ではあるものの重みが感じられないのはたぶん時間のせい。
二人が惹かれあうのも唐突だし、離れた時間の経過もアッサリめの描写。
ライトなストーリーでもないのに90分というのはやはり物足りない。

403 :名無シネマさん:2010/07/24(土) 22:30:33 ID:rKpf/GDc
イン・グッド・カンパニー

いきなり若造に上に立たれたらどんだけ腹立たしいか想像できないこともないけど、
空回りしてたり必死だったり、意外と憎めなくい青年だったので困った。

経営の思うがままに雇用を切れるアメリカ怖い。

404 :名無シネマさん:2010/07/25(日) 00:52:42 ID:oplnmiCk
アリエッティ

宮崎が休んでるから若手に宮崎っぽい絵柄書かせて
若手に話は作れないので原作を探してきて
舞台を日本の夏に変更して安い共感を煽り
力作かのように人を騙しておびき寄せて大金をせしめる
まさに詐欺
理念もへったくれもない詐欺集団それがジブリ

405 :名無シネマさん:2010/07/25(日) 02:17:29 ID:0o4omntJ
スターウォーズ シスの復讐

初見ではアナキンかわいそう、気持ちわかる、とか感情移入しまくりで泣いたけど、
今観たらそうでもないというか、全然共感できなくなっている自分に気がついた
ああ・・・あの頃より少しは強くなれたんだなと実感した


ファンボーイズ ※一部ネタバレあり注意

ライアスがひとりEP1を観終わって帰って来る時の顔・・・
劇場公開当時ひとりでEP1観終わって劇場を出てきた時の俺と同じ顔してやがったwwwww

406 :名無シネマさん:2010/07/25(日) 13:49:03 ID:oRz/kFeK
飛べフェニックス!

男くさくて、暑苦しくて、むさ苦しかったけど
フェニックス号が飛んだときはおもわず拍手しちゃったほど感動しました。
着陸シーンがないのは残念です。

407 :名無シネマさん:2010/07/25(日) 19:23:39 ID:HZsmc6Ue
大魔神

自分が生まれるかなり前の作品で、タイトルだけは知ってたけどずっと見ずにいた映画。
今見ても中々面白いけど、クーデターを逃れた若君の設定が生かしきれて無いと思った。
小笹姫のネックレスみたいなのも、後で何か役に立つアイテムなんだと思ったのに、何も起こらないし。
大魔神の活躍がメインの、子供向け(表向き)映画だから、仕方ないんだけど。
大魔神が怖い。昔の特撮って画面が暗くて、そういうので尚更おどろおどろしい。
あと、この映画より後に作られた北朝鮮映画の「プルガサリ」を思い出した・・・・まあ、それについては語らない。

408 :名無シネマさん:2010/07/25(日) 21:43:50 ID:9VKGsREq
ダイヤモンド・イン・パラダイス

宝石泥棒映画だけど、盗みの手際の鮮やかさはあまり触れてない。
どちらかというと捜査官との化かし合いがメインだけど、
二人とも敵同士なのか、友達同士なのかよく分からない和やかさ。
某3世と銭形のとっつぁんを思い出した。

409 :名無シネマさん:2010/07/25(日) 21:47:56 ID:9VKGsREq
トランスポーター3 アンリミテッド

相変わらずハイテンションだけど、画面の切り替えがきっつくて目が疲れる。
ツレの女がバカというか鬱陶しくて邪魔なことこの上ない。

410 :名無シネマさん:2010/07/26(月) 11:20:31 ID:AgcUz1eK
テキーラサンライズ
おもしろかった
どんでん返しのどんでん返しあり。
メルギブソンとカートラッセルの共演
通常二人とも刑事という設定になるはずが、メルギブソンは薬の密売人という設定に徹していたのはよかった。
初め吹き替えに違和感を感じたが、見ているうちに二人の演技にのめり込んで言って気にならなくなった。
脇役の人がこれまたよかった。いつも通りの安定した(?)演技で役所も期待を裏切らない設定。
激安DVDだったのでついつい買ってしまった作品だったが、儲けモノだった

411 :名無シネマさん:2010/07/26(月) 12:03:50 ID:IC9fPBRD
スターウォーズ

BS-hi放送分の録画を観た。内容は特別編のものだった
オリジナル版の良さを壊すことなく、きれいに映像処理が施されているところに好感が持てた
しかし、やはり昔の映画独特の間の長さ、テンポの悪さが気持ち悪かった


スターウォーズ 帝国の逆襲

同じく特別編の内容。後半の空中都市の印象が大きく変わる
通路に窓が作られ、そこに外の風景を合成してあり解放的になった
驚いたのはその時の外から差し込む光の処理

このように昔の映画に新たな命を吹き込むことは映画そのものを
改悪するほどのものでなければ悪い事ではないと思う

412 :名無シネマさん:2010/07/26(月) 14:46:09 ID:DkkZyptW
ボッキー4,5

4は感動した
クリリンが亡くなるところもよかったし。孫悟空が最後勝つところもよかった。
ふた場面で勃起けた。感動して勃起した。
前見たときはそんなにでもなかったんだけど。すばらしい。
まぁ昨日亀頭のしょうぶない試合を見た後だから、余計に試合内容にも感動したのかも
あんな亀頭のしらじらしい試合を堂々と放送するなTBS
ボッキー2,3も買いに行こうかな
ボッキー5はまぁ普通の話だな
でも4で感動した後だったので流れモノとして続けざまに見た。
それなりにおもしろかった。
ボッキーファイナルのDVDも早く安くならないかな
ボッキーはおもしろいな
再確認した


413 :名無シネマさん:2010/07/26(月) 16:57:00 ID:LQIW/sOa
「スター・ウォーズ帝国の逆襲」

スター・ウォーズの中で一番好きだ。
公開当時7回も見に行った。
白マット合成をなにがなんでもやり遂げて惑星ホスのシーンを作り上げた
スタッフの本気がにじみ出てた冒頭20分にいつも痺れる。
ホスを脱出する宇宙船のエンジンの光が美しくてたまらんかった。
ルークがベイダーに手首を切り落とされるシーンもたまらんかった。
あれがあるおかげでルークが暗黒面に落ちずにジェダイになれた気がする。
ある意味、父親からの独立が出来たんだと思った。

ラストシーン遠ざかっていく宇宙船の大窓の中でルークたちが
動いているのがTVではよく見えないのが残念だった。


「ほぼ300」

パロディ映画としてはよくできてる。
アメリカンTVショウのノリってこんなのかい?
こんなTVショウ見続けてたら脳みそアホになるよね?というのがよく分かる。

個人的にはマントにアイロンかけてるシーンと
アグリー・ベティがすごくツボだった。

414 :名無シネマさん:2010/07/26(月) 22:02:55 ID:Iuy+H3tM
ロッキー4,5
4は感動した
アポロが亡くなるところもよかったし。ロッキーが最後勝つところもよかった。
ふた場面で泣けた。感動して泣いた。
前見たときはそんなにでもなかったんだけど。すばらしい。
まぁ昨日亀田のしょうぶない試合を見た後だから、余計に試合内容にも感動したのかも
あんな亀田のしらじらしい試合を堂々と放送するなTBS
ロッキー2,3も買いに行こうかな
ロッキー5はまぁ普通の話だな
でも4で感動した後だったので流れモノとして続けざまに見た。
それなりにおもしろかった。
ロッキーファイナルのDVDも早く安くならないかな
ロッキーはおもしろいな
再確認した

415 :名無シネマさん:2010/07/26(月) 22:37:00 ID:4rabhnXi
ザファーム
トムクルーズのエリートロイヤーぶりをみせつけられるのかと思っていたら、いつも通りのミッションインポッシブルぶりの活躍。
法律モノでなくサスペンスものだった。もろサスペンスものだった。いい意味で裏切られた。よかった。
司法試験に失敗しているので、僻みがあり、おもしろいとは聴いていたが、なかなか見れずにいた。
でも実際見てみると、155分という長さを感じさせないテンポのいい展開。おもしろかった。
ディアブロもおもしろかったが、これもおもしろい。
英語も聞いていたほどには難しくなかった


416 :名無シネマさん:2010/07/27(火) 17:00:07 ID:2LOqdJ32
幸せになるための恋のレシピ

2007年フランス映画 日本未公開 主演・オドレィ・トトゥ

まずこの邦題なんとかならんか
決して軽くは無い大人のドラマという感じだった。
もちらんラブコメなど期待せずに見たのは正解でその点は気分がよかった。

ヒロインとヒーローその1の男女間の友情とも愛情とも庇護とも保護ともとれる関係を
かなりうらやましく見た。
こういうのもありなんだな。おもしろいな。

417 :名無シネマさん:2010/07/27(火) 22:36:29 ID:ID+mGHFp
スターウォーズ ジェダイの帰還

BS-hiの放送の録画で観た
特別編はVHSのやつを持ってるんだが、せっかく通しで観てきたのでこれも鑑賞
思えば俺が初めて劇場で観たスターウォーズがジェダイの復讐だった
それを特別編で少し豪華な感じで観られることにすごく幸せを感じた
そして、ラストの花火・・・今までに登場した町(星)も帝国の崩壊に沸き立つ様子が描かれている
そしてナブーやEP2の元老院のあるトカイトカイ星みたいなところまで・・・えっ!?
これは俺が持っている特別編にはない内容だった
しかし、エピソード順に観た者にとっては感慨深いシーンだと言えよう
これは少し嬉しいサプライズだった
そしてラスト・・・幽霊(フォース)になったオビワンとヨーダ、そのかたわらには父アナキンの姿が・・・えっ!?
そこには晩年のアナキンではなくEP3の若きアナキン(ヘイデン)の姿があった
ふざくんな!さっきのナブーの様子だけならまだしもこれではエピソード順にしか観れんじゃないか
公開順に観るも良し、エピソード順に観るも良しという見る側の選択肢がなくなってしまった
EP1から観ろという強要にしか感じられず、残念な気持ちになった

418 :名無シネマさん:2010/07/28(水) 08:42:20 ID:7RLiBEua
世にも奇妙な物語

3話のオムニバス映画なんだけど
どーしても2話と3話の最初&最後の出てくる白い鞠を持った少女しか思い出せない

2話はアラン・ドロンが冷酷な男を演じてるんだが
眼がキレイすぎて美男子ぶりについだまされそうになる。
彼にはイケメンという言葉を使えない。

419 :名無シネマさん:2010/07/28(水) 15:55:20 ID:9CEOKuLZ
ディセント

閉所恐怖症の自分としては
洞窟に閉じ込められる状況はものすごくおそろしかったのに
こっけいな地底人のせいでこわくなくなりました。

420 :名無シネマさん:2010/07/28(水) 23:05:58 ID:FqmYWv2C

コーマ マイケルダグラスの悪役振りがいい 

421 :名無シネマさん:2010/07/29(木) 11:22:45 ID:piGXM5Qq
418です。訂正します。

「世にも奇妙な物語」は間違いで
正しくは「世にも怪奇な物語」でした。 
たいへん失礼いたしました。

422 :名無シネマさん:2010/07/30(金) 02:04:50 ID:089NDuVW
インセプション

自らの名作「ダークナイト」をミルフィーユ仕立てにしてみました。
オスカー取るかもね。キャストがスタイリッシュでかっこいい。

423 :名無シネマさん:2010/07/30(金) 05:21:46 ID:4tLrvvoE
『巨大グモ軍団 vs GO!GO!ダンサーズ』

期待以上にB級で楽しませてもらいました。
映画に対する偏った愛情が感じられたw

424 :名無シネマさん:2010/07/30(金) 23:36:40 ID:uN9M+CWl
カーゴ

2009年上映のドイツのSF映画
西暦2270年、環境の悪化で住めなくなった地球から避難し、
周回軌道上の宇宙ステーションで暮らす人々が夢見る第二の地球、レア星。
プロキシマ・ケンタウリ星を周回するその惑星を目指して建築資材を運ぶために
貨物宇宙船に乗ったクルーたちを待ち受けていた衝撃の真実w

前半は退屈なところもありましたが、ハリウッド映画にも迫るスケール感と
B級映画から一歩前に出た細部の作り込みとストーリーの良さで、そこそこ満足な作品でした。

425 :名無シネマさん:2010/07/31(土) 07:15:45 ID:OylJNL7A
譜めくりの女

うわあああああああ  怖かったーーーーーッッッ!!

しかしフランスの結婚制度ゆーか財産権ってあれだな 意外だったよ

426 :名無シネマさん:2010/07/31(土) 13:46:13 ID:6ObLM2+Z
ウィッカーマン

はじめの交通事故がどうつながってんのか意味わかんない。
関係ないのかよ!
まあそんなことより
ニコラスケイジの白バイ警官似合わねぇぇぇぇ

149 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)