2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【歌詞】作詞を鍛える13【評価】

1 :ドレミファ名無シド:2010/03/10(水) 00:12:22 ID:Y2goUpuS
詞を投稿したら、誰かが批評してくれるかも。
詞と詩の違いはググってからどうぞ。
タイトルは絶対付ける事。字脚・字数をそろえる事。
ギブ&テイクの精神を忘れずに。

前スレ:作詞を鍛える12
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/compose/1241711379/

2 :ドレミファ名無シド:2010/03/10(水) 22:40:29 ID:udmXOpEP
さとうれおのニコニコあがってたんでよろしく。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm9841509
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9842162
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9849320
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9849380
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9849453


3 :ドレミファ名無シド:2010/03/12(金) 04:29:39 ID:uGf0aWuo
>1 おつです
>2 もう嫌い

4 :ドレミファ名無シド:2010/03/14(日) 21:15:36 ID:eDZixBB3
「美ちなる方へ」

なるべく楽しいフリをするさ誰だって
憂鬱になると気づけば誰もいないんだ

知っているからたまに狂っちまうんだ
君には見せたい素顔があると思います

出かけるようになりました
出かけるようになりました僕は

なるべく楽しいフリをするさ僕だって
憂鬱になると傷つけたりしてしまうことを

知っているからたまに狂っちまうんだ
悲しい顔を君には見せたいと思います

出かけるようになりました
出かけるようになりました

僕は出かけるようになりました

出かけるようになりました
出かけるようになりました

僕はみちなる方へ行きました
僕はみちなる方へ行きました

僕は出かけるようになりました
僕は出かけるようになりました


5 :ドレミファ名無シド:2010/03/17(水) 08:59:40 ID:y8F878qx
>>4
なかなか面白い
でも曲ありき、という感じ

気になるところは
>君には見せたい素顔があると思います
「君には/見せたい素顔があると思います」
「君には見せたい素顔/があると思います」
後者だとは思うけど、少し変えた方がいいかも

6 :ドレミファ名無シド:2010/03/17(水) 19:25:14 ID:aDsH8I2V
いつも道理のある日のこと
僕は突然立ち上がり言った
「今日はロリを見て抜こう」
たまにはロリもいいよね
なんて一人で言って笑った
明かりもない部屋で
馬鹿みたいにはしゃいで開いた
パソコンに移る幼女達
ここはきっと天国
真っ暗な部屋で輝いてる
幼女は星が降るようで
いつからだろ幼女の事を
追いかけるぼくが居た
どうかお願い驚かないで聞いてよ
幼女へのこのおもいを

7 :ドレミファ名無シド:2010/03/19(金) 03:49:24 ID:hPQVvkqd
今日も殴られた
何でこんな思いしてまで生きてんの
好きって言われた
抱き合って一緒に泣いてくれた

たぶんこの先もずっと繰り返し
踏み出さないアタシも悪いよね
信じてみたいと思うの
微かに見える未来を
バカだねって笑って


8 :ドレミファ名無シド:2010/03/23(火) 00:49:13 ID:yN5o/kjg
>>6
歌詞を書いて
詩と詞の違いをググれ

>>7
いかんせ短いな、もう少しストーリーを広げて

あとDV男に
>踏み出さないアタシも悪いよね
>バカだねって笑って
と言った反応は求めないんじゃないかな?
うまくは言えないが、「本当はやさしい、いつかは改心して常にやさしくなってくれるはず」と思うのでは?
いや、俺は経験がないからわからないけど
貴方が経験があるのならそれでいいと思うけど、想像ならもっと感情移入したらどうかな

9 :ドレミファ名無シド:2010/03/29(月) 10:00:37 ID:1hkRbY5C
(A1)
真夜中の ハイウェイに乗る風 掻き消されて
悴む両手 白線 ギリギリで
(A2)
吹き荒ぶ風 止まない携帯を 片手で持つ
瞬く星は たちまち 煌めいた
(B1)
自我を投影して 重ねる
夜闇が 映えるまで
(S1)
街並みの中 点滅した 妖艶なネオン
カメラのフラッシュが 写し取られ 姿も暴かれるわ
懐から 懐中時計を出して エンジン切る
(A3)
真夜中の ハイウェイに乗る風 掻き乱れて
霜焼けをした 手の指 キリキリと
(A4)
吹き付ける風 止まない呼び出しを 押さえながら
浩々として 直ぐさま 閃いた
(B2)
罪を繰り返して 重ねる
夜闇に 照らされて
(S2)
街並みの中 奏でられる 凄艶なネオン
自分に酔うと 目の前さえ 見渡せなくなるから
懐から 懐中時計を出して エンジン切る

10 :ドレミファ名無シド:2010/03/31(水) 00:50:41 ID:0WLrjyFL
>>9
なんかバブルの匂いがする
まあ曲がそれなりなら良いだろうけど
作詞を鍛える、というスレの観点からすると押韻とかメッセージ性がないのは致命的だな

11 :ドレミファ名無シド:2010/04/01(木) 11:51:07 ID:pMbMf+um
>>10
メッセージ性が無いのは確かに致命的ですね…
有難う御座いました。

12 :ドレミファ名無シド:2010/04/01(木) 13:58:13 ID:SlrXEQQ1
窓を開けた途端入ってくる風が
風呂上りの火照った身体に丁度いいんです
机を照らすライトを少しの間無視して
部屋に吹き込む春宵の風に委ねるんです
でもそんな夢見心地もつかの間
突然入ってくる雨に慌てて窓を閉めるんです
不意に戻ってくる現実 机上のノートが参考書が

「世の中に人の来るこそ嬉しけれ
とは言ふもののお前ではなし」なんて
淋しいこと言ってくれる君だけど
いつか振り向いてくれると信じ
つぼみに思いを密かに託します

今も僕を取り巻くいろいろな蟠りを
何もかも取っ払ってみたいです
それでもまだ僕にしがみつくモノを
大切にしようなんて思うんです
でももし何も残らなかったらと思うと
やっぱり怖くて何も出来ないままなんです

教室の窓から見える桜並木を
授業サボって君と歩きたいなんて
そんないかしたこと出来ない僕だけど
君が「行こうよ」って誘ったなら
「僕も思ってた」なんてほざくんだろうな

「世の中に人の来るこそ煩けれ
とは言ふもののお前ではなし」なんて
とうとう見せた君のデレ部分に
僕は無限大の可能性を感じるよ
「今しかない」なんてらしくなく奮い立たせます

13 :ドレミファ名無シド:2010/04/01(木) 19:55:43 ID:m81SFj3G
>>12
第1蓮はあんまり関係ないよな
もう少し君に対する淡い気持ちをメタファとして出してみると良いかも

あと第2蓮と第5連で「君」の主張が変わってるけど、その間に何があった、とかが全く分からない
あと第5連を現在と考えるのなら、他の連は過去なはずだから時制がおかしい

提案としては第一蓮の雨が降ってきたって場面を一番最後に回して、
その間に春の風呂上がりに君の事をボーっと考えている、みたいな感じにすると季節も生かせるんじゃないかな
あと感じた・思うって言葉を安易に使うんじゃなくて、春の象徴(春雨・過ごしやすい空気・桜)をしっかりメタファーとして生かす事
感情はあくまで叙景的に、聴いている人が感じ取るように留めておくのが良いと思う


個人的には好きな題材と言うか、好きな空気感だな
あまりメロディーガチガチに固めて歌うというよりかはボブディランとか尾崎豊みたいに崩しまくって歌ってください

14 :ドレミファ名無シド:2010/04/02(金) 14:13:05 ID:0oT5v5qq
ねぇ佐藤君 何か話しませんか?
人見知りなのは分かるけど
それじゃ始まらないから

最近出来たカラオケ屋さんに行ってみようよ
歌は嫌いじゃないでしょ
イヤフォンからはいつも
流行りの音楽が流れてる

ねぇ佐藤君 好きな人っているの?
やっぱそういう年頃だよね
恥ずかしそうに俯いた

ふざけた会話でも良いから仲良くして
もっと深くなりたいんだ
親友ってやつにね
君とならなれる気がするの

ねぇ佐藤君 今度は笑ってほしいな


15 :ドレミファ名無シド:2010/04/08(木) 02:31:38 ID:ePEFiqvx
>>14
一人称は女?男?
なんかストーカー気質というか気持ち悪さがあるな
その辺をもっと詳しく描いてほしい

俺しか寸評だしてないし、久しぶりに歌詞投稿してみようかな
誰か評価してくれるか?

16 :ドレミファ名無シド:2010/04/10(土) 05:09:24 ID:WlV47LKG
「ローローロ−」

ハイブロウな議論の末 
低迷続けるロースクール
そうくるか、まさか三振
不安な日々埋めるレジュメ
積む掛金 効きはじめたボディブロウ、
マウントポジション 取られた気分 
アッパーミドルのシェルターは崩壊する

おれの明日はここにはない 
明日にもない 過去にありしが今は昔
朗々歌わば日は暮れて 
どうしようもなさに涙が乙

ローローロー もう戻れない
ローローロー もう帰れない

17 :ドレミファ名無シド:2010/04/10(土) 05:59:18 ID:WlV47LKG
「春」

桜が舞うとか散るだとか
私のあずかり知らぬこと

だってそうでしょう?
主はなくても花は咲くもの

目を突き刺す、その薄紅が 
私を醜く見せるから



誰が好きだの惚れただの
私はいちいち感知しない

だってそうでしょう?
同じ春なら若い春

目にまばゆい、その薄紅を
私はもう、持たぬのだから

18 :ドレミファ名無シド:2010/04/11(日) 07:57:52 ID:l0TDlPUZ
>>16
ローローローの所がサビなら、歌う時は繰り返したほうがよさそうですね。
全く韻を踏んでいないというか、音を合わせてないのは狙いですか?

>>17
歌が上手くて声がのびれば説得力がありそうです。
主人公の設定がもう少し分かりやすければ、より印象づくと思います。

19 :ドレミファ名無シド:2010/04/11(日) 09:45:25 ID:R2LlOWoR
>>17
小唄にすれば良さそうw

20 :ドレミファ名無シド:2010/04/11(日) 12:56:15 ID:tad55b3A
少し人が戻ってきたかな

>>16
ラップっぽい歌詞なのに韻踏でなくておかしいな
歌詞を書いてください

>>17
言いたい事はわかるけど、なんかしっくりこない
日本語が少しおかしいというか、文と文の繋がりが微妙
題材は悪くないと思うよ

21 :ドレミファ名無シド:2010/04/12(月) 02:06:17 ID:YdQIBWHI
ラララ
素敵な夜空ですね お隣さん
ルルル
そうですね お隣さん

今にも消えちゃいそうなこの空は
どんな顔で私達を見ているの

ラララ
ルルル

ラララ
また星空観察ですか あなたは
ルルル
そうですね 君もだね

今にも食べられそうだよ大きな空
おなかはすいているのかな

ラララ
ルルル

22 :ドレミファ名無シド:2010/04/13(火) 08:13:33 ID:FzI/qMJz
「メモリィキューブ」

小さなカプセルを蹴飛ばした
大きなビルに向けて

てのひらが赤く染まるほど
強く握り締めている

とても大切だったその場所が
機械の渦に飲み込まれて
太陽なんか出ていないのに
僕は見れなかった ずっと

小さなカプセルは転がって
あの外壁に跳ねた

喧騒の芯から笑い声が
背中に突き刺さる

少年が好きだったあの風は
長い年月を跨ぐうち
このビルの向こう側でしか
感じられなくなっていた


壊れて戻ってきたカプセルに
涙をひとつ流した時
美しいあの場所はもう
少年の物だけになった

23 :読める空気を探す旅:2010/04/13(火) 13:06:28 ID:gSGyckLZ
「本当に空気読めない人ね」 言われ続けて一ヶ月
わかっているさ俺だって でも
こっちの言い分も聞いてくれ

空気は気体だろ? 無味無臭で透明
読める方法があるなら
教えてくれ なんでため息ついてるの?

駅前の本屋三軒 まわり回って探そう
けれど見つからない 伝説の「読める空気」
ひそひそ話す声が聞こえる でも気にしないで探そう
手に入れたらもう二度と 君を怒らせないから

「少しは空気読んだらどうよ」 言われ続けて三ヶ月
わかっているさ俺だって でも
こっちの言い分も聞いてくれ

空気は気体だろ? 重さもなけりゃ感触も
読める方法があるなら
教えてくれ おいどこに行くんだよ?

電車に乗って市民図書館 めぐり巡って探そう
けれど見つからない 伝説の「読める空気」
君からのコール鳴らなくなった でも気にしないで探そう
手に入れたらもう一度 君に会いに行くから

裏通りの古本屋まで まわり回って探そう
それでも見つからない 伝説の「読める空気」
君とはすれ違って終わりになった でも気にしないで探そう
手に入れたら今度こそ 少しは笑ってくれる?

24 :ドレミファ名無シド:2010/04/13(火) 20:47:31 ID:nX10xmki
なんか中二臭い歌詞ばっかだな
こういう歌詞書きたいならとにかく韻踏めよ
曲がない状態じゃこんな歌詞評価できない

25 :ドレミファ名無シド:2010/04/13(火) 21:00:46 ID:nX10xmki
>>21
結構好きだな、映像が浮かんでくる
ただ童謡としてならいいけど、普通の楽曲としてはちょっと弱いかな
でも大切にしてほしいイメージ

>>22
言いたい事はわかるけど、所々意味不明
まず何を握りしめてるんだ
あと人称がブレすぎ

>>23
歌詞として評価できない
あとバンプばっかり聞いてないで本も読んだ方がいいよ

26 :ドレミファ名無シド:2010/04/14(水) 01:40:20 ID:f83s+8Yy
つか横から失礼するが、韻踏むって絶対条件か?
馬鹿みたいに踏めばいいってもんじゃないだろ。
てか、踏もうとせずとも踏んでしまうもん。
日本語は膠着語だ。印欧系や漢語とは事情は異なる。
いったい何をもって韻を踏めとかいってんの?

27 :ドレミファ名無シド:2010/04/14(水) 16:36:25 ID:ZHCq5IZ2
ライン・バレットル・フィア・スロー・トビアンスキ

帽子の中に落ちている
銃弾を拾いにきた

帳の中に落ちている
銃弾を拾いにきた

深海潜水艇は
くらい水の中を進んでいく
まるでプランクトンのような
怒号を躱しながら

子供のひとみに映っている
銃弾を探しにきた

老人のひとみに映っている
銃弾を探しにきた

深海潜水艇は
くらい水の中を進んでいく
まるでマリンスノーのような
怒号を躱しながら


銃声を躱しながら

28 :ドレミファ名無シド:2010/04/14(水) 16:37:39 ID:ZHCq5IZ2
ア・マーチエ・リナイト・ガブリエルビート

青いボールに包帯を
虫の大群は思い立った

青いボールに包帯を
草の大群は思い立った

ひびわれた大地を進む
目にも見えないスピードで
彼らの合言葉はいつも
「青いボールに包帯を」

青いボールに救済を
それを邪魔する奴らがいる

青いボールに救済を
それを許さぬ奴らがいる

並んだビルの中を行く
目にも見えないスピードで
彼らの合言葉は今も
「青いボールに救済を」


「青いボールに包帯を」
「青いボールに救済を」

29 :ドレミファ名無シド:2010/04/14(水) 18:18:43 ID:/tp/eC+l
いや楽曲として完成してるなら良いんだよ
でも歌詞だけの状態でそんな状態だったら評価のしようがないだろ、って事
だったら散文詩として発表した方がいい

>踏もうとせずとも踏んでしまうもん
そう、これなんだよ
普通踏んでしまうもんなのに全然踏んでない
それって歌詞として、あるいは芸術に依る文章としてどうなの?と思ってしまう

>日本語は膠着語だ
ちょっと誤解があるな
何も接尾語・接頭語で韻を踏もうとしなくていいし、韻脚で押韻しろとも言ってない
せめて響きの似た言葉を選んでほしい

確かに言い方はきつかったかもしれないな
でも毎回同じ事ばっかり言ってたら進歩がないじゃん
まず>>1を読んでほしい

あと贅沢言うともう少しフィードバックが欲しいw


30 :ドレミファ名無シド:2010/04/16(金) 06:47:47 ID:5O30vEPe
まあ実際の曲の歌詞でも、歌詞だけみると
曲つけれるのか心配なのも多いわけで、
そこはしょうがないだろう

>>23
面白いと思うよ
愛想つかされる男の歌でいいんだよな?
ただ、愛想つかされるべくして愛想つかされただけの話で
内容に共感できるところはないわ
さすがにこいつはうざすぎるぞw

31 :ドレミファ名無シド:2010/04/16(金) 17:39:38 ID:OO9RvBJI
タイトルは未定です。すいません。


今日もここにもそこにもあそこにも
あっ僕の斜め後ろにも
少しならまだわかるけど
そこら中にいるから 僕は

それらに似る斜め後ろのキミがいう

少しならまぁわかったけど
今日は風邪薬を飲んでおく

※青いドアがあるから開いて
 次は赤色になって
 黒いドアも開いたら
 また青いドアがあって
 あきない音楽を飲んだら
 そろそろ外に出かけよう
 本当は色々なこと考えたいけど
 誰も待たない それでいいかも

綺麗な玉は近くで見るとひびがあって
それ以外は遠くからでもひびだらけ
世に事件はたくさんあるみたいだから
少しは自分にまわってくるかな

※繰り返し

32 :ドレミファ名無シド:2010/04/16(金) 17:41:46 ID:OO9RvBJI
キミがいう〜少しならの間の行もまだ考え中でそのまま投稿してしまいました。
連レス申し訳ないです。

33 :ドレミファ名無シド:2010/04/16(金) 18:52:06 ID:GkntNhLu
>>30
ありがとう
そうやって意見を言ってくれる人がいると嬉しいわ

>>31
難解すぎて俺には理解できないw
なんか江戸川乱歩の鏡地獄を思い出した

>今日もここにもそこにもあそこにも
>今日は風邪薬を飲んでおく
> あきない音楽を飲んだら
  そろそろ外に出かけよう
  本当は色々なこと考えたいけど
  誰も待たない それでいいかも
とかは結構グッときた
リズムも良いと思う

もうちょっとイメージをまとめた方がいいかもね
ドアとか球とかキーワードはあるけどまとまりがいまひとつ
頑張れ

34 :ドレミファ名無シド:2010/04/19(月) 00:56:09 ID:ryClOwnv
「trip」

明け方に降り出した雨が 雪に変わる24時前
逃げ込んだ 駅のホーム、ヘッドフォン
現実を忘れられる?

光を欲して覗いたケータイ 未読メール0通のまま
逃げ込んだ 下り電車、3番線
どこまでたどり着けるの?

どこかにいるはずの本当の自分 言葉だけ先走って
窓に映るもう一人の自分 敵か味方か分からない
聴きたい音も 見たい景色も ここにない ここにない

降りるはずの駅を通り過ぎて 明日に少し抵抗する
名前しか知らない行先に 僕は何を見出そう
ただ無感情に演じる日々が積もるばかり


都心よりも強く降る雪が 凍えさせる25時前
逃げ込んだ 駅のホーム、ヘッドフォン
もうすぐ電池が切れる

何も壊せない守れない手 痛みが和らいで
歩き出せずに竦んだ足 最終電車見送った
触れたいものも 行きたい場所も ここにない ここにない

不条理な涙受け入れるほど 僕は大人になれないし
夢見る力取り戻すほど 子供に戻れそうもない
ただ無責任に愛する人が増えるばかり


35 :ドレミファ名無シド:2010/04/21(水) 00:35:23 ID:mZZ7A4El
26だけど、>>29
了解した。書いてよかった。レスありがとう。
規制にまきこまれて、遅くなった。

>>34
かっこいいね、気に入った。

36 :ドレミファ名無シド:2010/04/22(木) 04:53:25 ID:QMlaPdQ5
「運命のランプ」

夏の暑い日 子供たちは
とても元気に遊びます

鬼を決めたら隠れよう
一目散に翔けてゆく

運命のランプが不規則に
消えたり付いたりしているよ
誰も触れない天秤は
この日ゆっくりと傾くのさ

「大きな車」の後ろに開いた
「ごみ」を突っ込む穴の中

かれはそんな事知らずに
かれはそんな事分からずに

運命のランプが不機嫌そうに
消えたり付いたりしているよ
大きな大きな機械の口が
かれをゆっくり飲み干した


誰も悲鳴を聞かなかった。
誰がかれに気付くのだろう?

37 :ドレミファ名無シド:2010/04/22(木) 05:54:20 ID:OK7Y9YEd
>>36

>夏の暑い日 子供たちは
>とても元気に遊びます

起承転結には即しているけど、
書き出しとしては弱いと思う。
また、表現もなにか取ってつけた感が否めない。

それなら、こっちを書き出しにもってきた方がよいのでは。

>運命のランプが不規則に
>消えたり付いたりしているよ
>誰も触れない天秤は
>この日ゆっくりと傾くのさ

天秤でしょ、シーソーでもブランコでもいいよ。
そのとき、誰かがいいだすんでしょ、鬼ごっこしようよ、と。
閃いたわけだ。運命のランプ(その1)だ。そうだ、そうしよう。

どちらも日常そのものであるけれども、
交差しないはずのものが交差してしまう。
不規則なランプ同士が同期してしまう。


ところが、「にもかかわらず」、それは予定されてしまっている。
だから、あらかじめ流れがあり、そこへと筆が急いでしまう。

とても惜しい。

38 :ドレミファ名無シド:2010/04/22(木) 10:50:50 ID:z8d70KcR
「Love Love Lovin' you」

たとえばね 朝起きて いちばん最初にね、思い出すのが
君の顔だったとしたら これ以上のしあわせってなんだろう

「おはよう」って 抱きついて 「朝からやめろ」って怒られて
ささいなことなんだけれど ゆるむ頬おさえられない

髪をなでる指も 名前を呼ぶ声も 何もかも僕とは違いすぎて
でもそんな君の そばにいたいのは 笑った瞳(め)が優しいこと 知ってるから

「大好き!」
何回だって言っちゃうよ うるさいって思われたって
あふれてこぼれたら 元には戻らない
何回だって言っちゃうよ 知ってるって言われたって
くりかえすこのメロディーが「あいしてる」に変わるまで

「大好き!」
何回だって言っちゃうよ うるさいって思われたって
あふれた気持ちなら そのまま届けたい
何回だって言っちゃうよ 知ってるって言われたって
くりかえすこのメロディーが「あいしてる」に変わるまで


本当はフルで作ってあるんだけど
改行大杉って怒られたから、TVサイズみたいにしてみた

39 :ドレミファ名無シド:2010/04/22(木) 22:38:11 ID:TVyxwSNA
妨げあった道を背にし
照明の中に浮かぶ
伝わらなくて散った仕種
次の近接に備えてる
育む暇さえあれば
抱き着ける真実
汚い無駄だらけで
つかず離れずな不実
羨望を抱いて眠るんだ最上級の理解者
都合よく見え
希望を唱え
食いつなぐ日々を
洗浄し泣いて煙るんだ近距離圏の未来が
ほの暗く燃え
生温く煮え
惹かれ続ける 永遠に

40 :ドレミファ名無シド:2010/04/23(金) 00:13:30 ID:nYPVsgyK
『Space Jack』

かけられた期待に弱気になり
小さなことで立ち止まる

ばれることを恐がって声も出さずに泣いてみる
ただ喉が渇いてく

天の川を飲み干して
太陽系でジャグリング
地球サイズじゃおさまらないでっかいヤツになってみたい

宇宙の果てに思いをすっ飛ばして、弱気なことなど殴ってやりたい

宇宙の果てに憂いを蹴っ飛ばして、小さなことだと笑ってやりたい

いつまでも昔を引きずって
過去の栄光に縋り付く

自分の器の小ささに呆れ返って空を見る
ただ空は広がっていた

ブラックホールに飛び込んで
止まった時間を動かして
11次元じゃおさまらないすげーヤツになってみたい

宇宙の果てに思いをすっ飛ばして、弱気なことなど殴ってやりたい

宇宙の果てに憂いを蹴っ飛ばして、小さなことだと笑ってやりたい

41 :ドレミファ名無シド:2010/04/23(金) 00:46:53 ID:A+4YS+zN
「嘘」

「好きだよ」って、いってよ、ねぇ? 
 昨日の晩に そうしたみたいに
 ほかの男に してみたみたいに

「愛してる」って、いってよ、ねぇ?
 絡んだ唾液 乾かぬうちに
 火照った体 冷めないうちに

  長くて黒い その髪で 僕の体を縛るといい
  白くて細い その指で 僕の首を絞めるといい

  一人でいっても いいんだよ
  気付かぬ振りを してあげる


「好きだよ」っていってよ、ねぇ? 
 腹話術士が してみるように
 読唇術も  効かぬくらいに

「愛してる」って、いってよ、ねぇ?
 世界をまるで 包むみたいに
 母が我が子に 与えるように 
 
  長くて黒い その髪で 僕の体を縛るといい
  白くて細い その指で 僕の首を絞めるといい

  一人でいっても いいんだよ
  気付かぬ振りを してあげる

42 :ドレミファ名無シド:2010/04/23(金) 04:08:39 ID:0P2HLjj0
星の終着点

錆びた心の銃に
星の弾を込めて
空に向かって撃てば
夜の雲が裂ける

街をゆく人々
どこを見ているのか

誰も気付かないよ
君の悲しいことなんて

だから心の銃に
星の弾を込める
誰も知らない夜に
誰も知らない夜に

色んな声に押され
見えなくなっていった

気にしてる暇なんてない
誰かの悲しいことなんて

みんなが叫んで撃った
幾千万の星の弾
雲ひとつない夜空から
やがて街へと降りそそぐ・・・

43 :ドレミファ名無シド:2010/04/23(金) 22:53:48 ID:KDemKbis
>>40
大袈裟な比喩の気持ち良さを追求したいなら
やってみたい→やってやる
みたいにもっとビッグマウスにしたほうがよくないか?

41
上手いこと対句にしましたって感じでちょっと表現がありきたりではないか?もう少し意外性がほしい


44 :ドレミファ名無シド:2010/04/23(金) 22:56:27 ID:KDemKbis
>>42
これは普通にいいように見えた


39の評価よろしく

45 :ドレミファ名無シド:2010/04/24(土) 05:26:12 ID:VinqUW1V
>>39は見たまんまのとおり、
意味がわからん、でいいと思うよw

一行ずつの意味はまだわかるにしても、
全体がつながってこないしテーマも見えない
だいたい口頭で意味がすんなり入ってこないと、
歌詞に向かないな

46 :ドレミファ名無シド:2010/04/24(土) 14:13:33 ID:TsAWqyrp
なんか盛り上がってきて嬉しい
規制解除記念


>>38
どうせチラ裏なんだから全部書きなよ
>>39
リズムが見えないな、お経みたい
あと統一されたテーマが欲しい
>>40
対比が微妙
もっとスケールの差を出した方がいい
なんかでかいスケールの方も器の小さい人間に思える
>>41
主人公は男みたいだけど、特徴は女っぽい
心がコロコロ変わる様子とかそう見えるんだけど
>>42
なんかぱっとしないな
結局何が言いたいのか、その主張が弱いのかも
一般的に言えることだけど、バットエンドの曲はインパクトないと特にきつい


47 :ドレミファ名無シド:2010/04/25(日) 01:34:43 ID:s7GrUdUp
>>16
やめろ畜生
こんなところに来てまで現実に引き戻されるとは

48 :ドレミファ名無シド:2010/04/25(日) 01:47:09 ID:s7GrUdUp
ワイジマ君が 遊び来た
同じマンションの 小学生
今成績上げようと頑張ってるんだって
まずは体育
でもなかなか成績上がらないんだって
デブだから
勉強教えてあげようか おじさんこれでも若い頃は
偏差値75
ワイジマ君 ぽかんとしてる

ワイジマ君が 帰宅した
強盗による 一家惨殺
なんて奇跡、ワイジマ君 おじさん家にいたから
助かった
警察来たけどワイジマ君 混乱しまくって
泣きじゃくり
ひとまず夕飯食べようか おじさんこれでも料理は
自信あるんだ
ワイジマ君 いらないと言う

おじさん家の子になるかいワイジマ君
君は太っちょで頭悪いけど
妻を説得するよ ワイジマ君
ワイジマ君 元気出して ※

※繰り返し

49 :ドレミファ名無シド:2010/04/25(日) 02:20:53 ID:HrNaZT3C
『弱き者』

少し不細工な方がいい
それも少し年増の女
行き遅れ故の優しさに
甘えてみたい、時もあるんだ

 弱き者、汝の名は女
 朝は一人で髪をとく

むっちりしてた方がいい
もてあました豊満な体
腐りかけが一番美味いと
味わいたい 時もあるんだ

 弱き者、汝の名は女
 昼は一人で米を研ぐ

50 :ドレミファ名無シド:2010/04/25(日) 04:20:53 ID:sF3Oo1d9
『深夜まで起きていた...』

深夜まで 起きていた わたしに
改まって 朝まで話す 話題に
耳を 閉じてしまいたくなった
朝は 泣いても訪れなかった

昨日まで 決めていた ことを
やる前に 投げてしまった 全部
夢を 諦めたくなかった
夜は 笑っても訪れた

あなた 昨日まで そこにいた
わかった まるで アルデンテ
あなた 深夜まで 見えないよ
わかった 会って 見えないよ
あした 明けるまで 待って欲しいな
また 開けるまで 見ないでね
あなた みたいな モンスター

51 :ドレミファ名無シド:2010/04/25(日) 04:51:54 ID:0vM3RKk1
「空を飲むユーレイ」

朝のまぶしい日差し
つめたい麦茶を飲もう
ぐび ぐび ぐび ぐび

窓をあけて見る風景
電線だらけじゃないか
ごく ごく ごく ごく

だれかの声が聞こえる
ここから出ていけと言う
ぐび ぐび ぐび ぐび

自分のへやから出ていく
そんな理由はどこにもない
ごく ごく ごく ごく

どこにもない・・・


私は少し前に死んだ
ただ認めたくなかったんだ
私のために置かれた花が
朝の日差しで輝いている


あと一杯だけ!

52 :ドレミファ名無シド:2010/04/25(日) 15:01:53 ID:qD4Xrsad
二つくらい寸評あった方が面白い

48
殺人でセンセーショナルにしすぎ。含めた意味があるかもだが

>>49
前半の女の趣味を語るとこと後半の朝昼の女の描写がリンクしてない、それに夜も上手いこと書いて完成じゃね?

51
最後のネタバレの部分も同じリズムに載せたりとかもっと工夫できそう


53 :ドレミファ名無シド:2010/04/25(日) 15:05:34 ID:qD4Xrsad
50は単調なきもするけど、こういう淡々とした歌もありそうだし
歌詞だけで評価するのは難しいな


54 :ドレミファ名無シド:2010/04/26(月) 00:17:46 ID:7cfhuwbu
『毎日ホリデイ』

つまらないでしょ
焦らないでしょ
いつもお世話になっております

毎日 暇人 疲れたね
一昨日 空き缶 拾ったね
昨日は いつもの うたた寝
今日は アニソン 歌ったね
明日は ホリデイ マジック

つまらないでしょ
焦らないでしょ
大変お世話になっております

毎年 真面目に フランス語
一昨年 ハニカミ インヴェント
昨年 悲しみ ディスカード
今年は 病人 看取ったよ

つまらないでしょ
焦らないでしょ
興味ないでしょ
味気ないでしょ
大変お世話になりました

わたしは ホリデイ ウィザード


55 :ドレミファ名無シド:2010/04/26(月) 02:52:25 ID:tDc1zmAj
現実にある醜さと暖かい愛について書いてみました
よろしければ評価お願いします。

「愛」

<Aメロ>僕はこの世界の やさしさを知っている 母が子を包むように
僕はこの世界の 醜さを知っている 海に油が流れるように

<Bメロ>あれだけ嫌った汚れは もう僕を染めている

<サビ>緑は夜泣きをする 子供の知らない間に
真っ白なそれに 世界は目隠しをする

<Aメロ>神が泣いている事 君はまだ知らない 苦しんで叫んでいる

<Bメロ>こんなに迫った汚れは もう子供を染めていく

<サビ>君が染まらぬよう 美しいものが救うんだ
暖かいから 愛はすばらしいもの

<Cメロ>手がつながり 暖かいがつながる
どうだろう きれいな世界が見えてくる

<サビ>強く生きれるよう 美しいものが救うんだ
暖かいから 愛はすばらしいもの

<ラスト>やがてきれいな世界が笑えるように

56 :ドレミファ名無シド:2010/04/26(月) 03:04:10 ID:9IO36SRh
『あの日』

感情の押し売り もう十分でしょう
心にさざ波 揺れる面影

 私はあの日 貝となり
 深く冷たい 海の底
 投げ出した 思惟と意思

贖罪の押し売り やめてください
投げる礫に 撥ね返る罪

 私はあの日 鳥となり
 酷く乾いた 塔の上
 投げ出した この身の上

  子守歌、聞こえる場所は
  歩いてゆくには遠すぎて
  飛んでゆくには近すぎる

57 :ドレミファ名無シド:2010/04/26(月) 20:09:53 ID:mrcfFQex
>>48
意味深長にしようとしてるのかもしれないけど、あんまりなってない
面白味も感じられない
>>49
一体どんな視点から書いてるのかがわからない
夫の立場から観察したのか、ただの男が想像して書いてるのか
前者の場合全体に漂ってる不気味さもミスマッチだと思うから後者だと思うけど
正直歌にしたら大分気持ち悪いと思う
>>50
なかなか言葉の掛かり方がいいね
なんか相対性理論を感じる、もしかして影響受けてる?
二番煎じにならないようにね
>>51
結構いいんじゃないかと思うんだけど、最後でぶち壊してる
告白があまりにあっけないというか、なんとなく漂わせる程度で良いと思うよ、認めたくないんだから
あと>窓をあけて見る風景
って幽霊が窓あけるのは微妙かな、むしろ窓に切り取られた世界を描写してほしい
>>54
なんだろう
恋人が死んでぽっかり心に空いた感じなのかな
これも何か相対性理論を感じる
>>55
クリスチャン?
内容は思いっきり基教なんだけど
もし違うなら神とか安易に使わない方がいいと思うよ
>>56
あの日の意味が結局わからないな
キリスト教批判とも見えるけど、なんでそれが沈黙につながるのかわからない

58 :ドレミファ名無シド:2010/04/27(火) 00:16:15 ID:iKcmQpvh
ちょいと追加
>>49
違和感の原因がわかった、弱き者ってのがおかしい
この気だるさは生活の疲れによるもので、本質的な弱さじゃないと思うんだ

>>51
これは提案なんだけど、ぐびぐびを反対から読んでびくびくとか、
ごくごくに付け足して地獄とか、しくしく泣くとか
そういう言葉の選び方をすればもっと良くなるんじゃないかな

59 :ドレミファ名無シド:2010/04/27(火) 00:24:09 ID:SWQycz8S
「link」

指先で広がる
見えない波で伝わる
鮮やかな振動で届く
透明な体内駆け巡る

遠くても 呼吸合わせれば
晴れそうもない空も好きになれる
強い君の言葉 記憶して
明日迎える朝の 目覚ましにしてみよう


指先で広がる
光の速度で走る
眩しい衝動で響く
広がりすぎた宇宙を流れる

遠くても 呼吸合わせれば
未来狂わす奇跡起こせる
彩られた空気 泳いで
溢れる光の方角に 迷わず加速しよう

60 :ドレミファ名無シド:2010/04/27(火) 03:31:34 ID:xJCVwDeX
『夢想主義者のナルシスト』

遠い異国に行きたいと思っても
浅いままじゃ何処にも行けない
考えてるふりして知らんぷりしたり
悩んでいるようで夢ばかり見たり

何も夢中になれなくて
朝が来るのが怖くて
生きていけないよ

ある朝 目覚めたら
ぜんぶ 夢のような
きっと 訪れない
夢を 諦めたくないんだ

無意識のままに生きたいと思っても
深層心理ではどれも曖昧
探すふりして未来に逃げたり
夢想主義者のナルシスト

ある朝 目覚めたら
ぜんぶ 夢のような
きっと 訪れない
夢を ah... 諦めたくないんだ

ある夜 目を閉じたら
ぜんぶ 見えたような
きっと 訪れた
あの時 諦めた

夢を ah... 見つけたんだ

61 :ドレミファ名無シド:2010/04/28(水) 03:33:29 ID:6B6kpKLV
『サラウンド』


深夜遅くになった電話がなった
懐かしの狂気と無関心な僕
ヒューズ寸前の荒廃した意識
この先に見えるのは、新しいスマート

無意識に揺れる時間
耐える流れの土石流
無造作に燃える期待
超える新たな衝動

軌道に乗った惑星の発火
奇跡の行進と無関心な君
ショート寸前の新調された希望
ここから見えるのは、懐かしのカード

無意識に揺れる世界
崩れ落ちる君たちの地盤
不器用に触れる奇跡
作る新たな破壊衝動

頭が沸騰 違った状況
僕たちの希望や本能は
ゆっくりと荒廃してゆく
ゆっくりと崩壊してゆく



62 :48:2010/04/28(水) 11:24:42 ID:7EzogF77
>>52>>57
評価ありがとうございました
趣味で夢日記をつけているのですが、たまに読み返すと曲が浮かんでくることがあり
そのまま歌にできないかと思って書き込んでみました
>>48もある日見た夢をそのまま書いただけなので意味などは全くないです

63 :ドレミファ名無シド:2010/04/28(水) 18:02:11 ID:2l7MaV28
>>62
同じ趣味の人を初めてみたw
言ってないだけで意外とあるのかな、俺も夢をヒントにしたりするけど
いつも評価ばっかりしてるからたまには投稿してみようかな

64 :ドレミファ名無シド:2010/04/28(水) 22:32:44 ID:AgXiqXLT
「エスパー犬ジョニー」

僕んちの犬は凄い
僕の居ないところでは
空だって飛んでいるし 超能力だって使うんだぜ

エスパー犬ジョニー

何故そんなことを考えるのかと言うと
理由は単純 至極単純明快

僕が見ている間 彼は何もしていない
寝て、遊び、飯を食う
ただそれだけの毎日

そんな日々が楽しいはずはない
彼はきっと僕の見ていないところで
想像も絶する楽しいことをしているはずだ

僕んちの犬は凄い
僕の居ないところでは
空だって飛んでいるし 超能力だって使うんだぜ

しかしその実、彼は悪は蹴散らさない
世界も救わない

エスパー犬ジョニーは
ただ空を散歩するだけ

ただ超能力で
おいしいご飯を食べるだけ

65 :ドレミファ名無シド:2010/04/28(水) 23:25:57 ID:HDKtG89n
>>64
頭の中に留めるべき事が出ちゃってる
どうしてそう考えるのか、とか、理由を説明していたり
そういうのは詞の背景にあるものであって、そのまま詞にしたら面白くもなんともないよね?
言葉の一つ一つに感情の軌跡を込めてほしい

エスパー犬ジョニーってフレーズはインパクトあるね
語呂も良いしもっと繰り返して良いと思うよ


66 :ドレミファ名無シド:2010/04/29(木) 01:21:47 ID:xgY6swYN
「夕暮れカラス」

夕暮れのカラスを見るように 君を見ているんだよ
見慣れた風景 それは 気にとめる風景

本当はわかってたはずなのに 気付かないふりをしたんだ
気にとめる風景 それは 綺麗すぎる風景

歌えないと思ってたんだ 普通なんだと思ってたんだ

側にいることが 当たり前だったんだ
綺麗すぎることが 日常になっていたんだ

夕暮れのカラスが鳴くように 寂しさを感じたんだよ
殺伐とした風景 それは見慣れない風景

君がそこにいるはずだったのに 赤い空白しかなかったんだ
見慣れない風景 それが 普通すぎる風景

カラス達は歌ってたんだ それが普通だわかったんだ

当たり前なことが 奇跡だったんだ
日常だったことが 綺麗すぎたんだ

普通すぎる風景 それは 見慣れない風景
大好きな風景 それは 見慣れてた風景

声をあげて歌ったんだ 君へ向けて歌ったんだ
カラス達を見ていたんだ 君をずっと見ていたんだ 見ていたいんだよ・・・・・・

奇跡だったことが 日常だったんだ
君と僕がいたことが 奇跡だったんだ

67 :ドレミファ名無シド:2010/04/30(金) 18:19:06 ID:TMSYQGwk
>>66
正直ちゃんとカラスを観察した事ないでしょ?
カラスに動きがないのが残念、観察してみると色々面白いよ
例えば恋人が去ってしまうってのをカラスが飛び立つのに見立てたり
題材は悪くないと思うよ、恋人をカラスに例える事の是非は別としてw

あとさすがに同じ言葉を繰り返し過ぎ、文末の「んだ」とか「風景」とか
もう少し広がりがないと繰り返し部分を聴くのに飽きてくると思う

クライマックスに矢継ぎ早に同じ言葉を重ねるなら良いんだけど
少し語彙力の無さを同語句に頼ってるんじゃないかと思ってしまう



68 :ドレミファ名無シド:2010/04/30(金) 18:27:02 ID:TMSYQGwk
>>59
うまくまとまってると思う、メロディーが浮かんでくる
ただマクロな描写が多すぎてミクロな描写が足りないかな、基本は君と僕の物語だよね?
>明日迎える朝の 目覚ましにしてみよう
この部分がすごくいいから、もっと広げてほしい

>>60
全然夢想主義者のナルシストとちがうやん!
自分に自信なさ過ぎw

>>61
なんか英単語の部分がわけわからない
まあそういう歌詞なのかもしれないけど

69 :ドレミファ名無シド:2010/04/30(金) 23:52:45 ID:hS7RBOz8
よろしくお願いします。長いので分けました。
コードはCGFAmを使い回す感じです。
「知らない人達へ」
私の友達2ちゃんねる
朝から晩まで2ちゃんねる
携帯画面のお気に入りトップはいつでも2ちゃんねる
人生相談板みると
「やりたいことがみつからない」
迷宮入りのヒッキーニート
毎日スレッドみてたけど今じゃなんとか会社員
だいすきだいすき2ちゃんねる
みなさんお世話になりました
だいすきだいすき2ちゃんねる
たまにググれとカス認定
レシピ板をみてみると
田舎からトマトが大量に来たんだ
どうしていいのかわからないみんな助けて腐っちまう
知らない人が集まって、不思議なメニューを考える
トマトとさんまのぐちゃぐちゃ煮込み
トマトとハーブと納豆ミックス
トマトを壺にぶちこんで半年寝かせて新素材 
え〜… 

70 :ドレミファ名無シド:2010/04/30(金) 23:54:41 ID:hS7RBOz8
続きです。

オカルト板をみてみると
知らない人が前世をみてた
つられないくまーでも、おながいします
ドキドキどんなの来るのかなぁ
そしたらその人こーゆった
あなたには…ロックンロールが憑いてます はぁ〜汗

だいすきだいすき2ちゃんねる
死にたい時もあるけれど
だいすきだいすき2ちゃんねる
みんな私の自作自演
知らない人がいてくれて
知らない人に叩かれる
知らない人がただいまといえば
知らない人がお帰りてつぶやく
だから知らない人に心から
今こそ言いたいことがある

ことば:どこのだれだか知らないけれど、ありがとう私はなんとか生きてます
嘘を嘘と見破れないやつは使うなし(キ
リッ
すきだいすきだい2ちゃんねる
いつもひとりでながめてる
だいすきだいすき2ちゃんねる
100年ロムってまたこいよ!


71 :69:2010/05/01(土) 00:05:00 ID:8HCwMFtU
>>69です。
すみませんふざけてるような
歌詞なのですが、
心を込めてはじめて作れた歌なので
よろしくお願いします。



72 :ドレミファ名無シド:2010/05/01(土) 00:42:39 ID:njOV5iDN
>>69
ハ長調だよね?2ちゃんなのに暗くないんだw
音の進行を書いてくれるのはすごくありがたい

内容はコミック的ですごく良いと思うよ
こういう曲は他人が評価していいか微妙だけど、暗くならずポジティブで良いと思う
聴いて楽しいかどうかが大切だと思うから
コードはコロコロ変えないで、少しオンコード気味に、メロディも語り口調ならなお良いと思う

ただ三番じゃ足りない
全部の板の歌詞を書いて初めて完成なんじゃないか?w
さながら2ちゃん唱歌だな
頑張って

73 :ドレミファ名無シド:2010/05/01(土) 00:56:43 ID:njOV5iDN
いつも評価ばかりなのでたまには
遅筆で、これだけ偉そうにしときながら今までの投稿数が少ないので
稚拙な詞ですがどなたか評価よろしくお願いします。

74 :ドレミファ名無シド:2010/05/01(土) 01:27:58 ID:njOV5iDN
A:ある夜僕は眠れずに本を開いた 
  檸檬を拾った レム・ノンレムの狭間で
  夢十夜の中 名前を落としてしまって
  世界の終りで 夢あわせ Good Night

A:眠れぬ森の僕はページを捲った
  林檎を齧った あくどい蛇が笑った
  千と一夜から イデアを忘れてしまって
  深いイドの中 タブラ・ラサ グッド・バイ

B:砂の女は砂を詰め込み ツァラトゥストラはかく語りき
  星の王子は砂漠から消えて 僕は一体何処へ行くのか

A:名もない僕は 暗夜の小路を進んだ
  記号をちぎって 101歩ごと落とした
  鏡地獄の終 古びた城を見つけて
  驟雨に追われて まにまに Night Falls

B:中では魔女が文字を紡いで 僕を留めるイバラを編んでる
  髪を抜きとるその手を止めて 僕にその口かく語りき

C:さようなら 文学少年 砂を吐き出して
  国境の西 太陽の南へ 振り返らずに 走れよ

C:さようなら ドグラ・マグラ 檸檬を置き去って
  バベルを降りて ライ麦畑を抜けて 
  鏡を割って 屋根裏から 夜明けの前に 

  本を閉じよう

  


75 :ドレミファ名無シド:2010/05/01(土) 01:51:36 ID:njOV5iDN
訂正:深いイドの底

76 :ドレミファ名無シド:2010/05/01(土) 15:20:34 ID:P4qCtFSN
ふと見上げたら月と街灯が重なって見えたけど まるで僕と君みたいにすぐ離ればなれ、
止まればよかったなって思ったけど意地になって見ないふり。
今、僕が歩くこの道は二人特別な道、桜並木の長い道、けど一人で歩いてみると短い道って気づき、君の大切さにも気付くのです。

今さら 振り返っても、長い夜だけがそこにあって
今さら 思いだしたよ、忘れていた期限切れの約束を
今から 一人ぼっち  君の影はもう夜に溶けてしまった
僕の思いも溶けていく。 

ねぇ忘れていた約束は、期限切れになっていたよ そういやあの店はまだあるのかな
二人よく行った喫茶店 そこにある小さなノートに未来を書いたな
不確かな未来なんて信じないはずなのに、未来を夢見る君に唆されて その気になって書いた未来 それを見にいきたいな。

今から 君を忘れる ことができるのかな
今まで ありがとう って言えるわけなくて
今から 一人ぼっち 君の影はもう夜に溶けてしまった
僕の思いも一人ぼっち

あれから時は過ぎ、あの喫茶店に何年か振りに一人で来たよ。
そこにある小さなノートにあの日の未来、そこにありがとうって書いてみたよ。
届くはずもないのに。



77 :ドレミファ名無シド:2010/05/02(日) 01:54:30 ID:kMKutFKP
本当に過疎ってるなぁ


78 :ドレミファ名無シド:2010/05/02(日) 15:56:35 ID:pI5ophRk
「消尽」

女は渡り

男の島を飛びながら
前の穢れを荒い流そう!

涙?−いいえ、これは喜びの雨
内から湧き出ず愉悦の清水

 ひとたび適法に譲渡されし女
 おのが業から解き放たれん 


女は転ぶ

男の脇でまどろみながら
次なる男の夢を見ようよ!

転び?−いいえ、これは希望への途
外へと求める安寧への衝動

 ひとたび適法に譲渡されし女
 おのが業から解き放たれん

79 :ドレミファ名無シド:2010/05/02(日) 20:23:56 ID:a0XldTL+
>>73-74
コミックソングは評価困るって自分で言ってんのにw

固有名詞ちりばめるのは、かなり難しいが
やろうとしてることが壮大すぎて、
内容もよくわからなくなってる

自動車ショー歌なんかダサイ駄洒落で
ひどいこじつけもあるけど
開き直ってそういう歌にしてるわけだし、
あれで、まじめな車の歌(ドライブとか)にしてくれとかだと
困ったことになるだろう

80 :ドレミファ名無シド:2010/05/02(日) 20:24:16 ID:kMKutFKP
>>74

僭越ながら…
そしてあげさせていただきます。

歌詞から現代版グリム童話みたいな
独特の雰囲気を感じるよ
この世界観をどんな曲に乗せるのか興味あるな
Bがサビかな?
あまり盛り上がりを感じなかったけどそういう意図なのか

歌詞を全部ローマ字に直して英語っぽく歌うとか
演奏に紛れ込ませるような歌だと おー!と思いそう
聞かせる系の演奏を合わせてしまうとカタカナの言葉のイメージがわかなくて
ん? となりそう
ダークなストリングス、でもヴィジュアル系っぽくならないように

…なんてこれだけイメージが沸くってことはいい歌詞なんだなw





81 :ドレミファ名無シド:2010/05/02(日) 20:45:12 ID:kMKutFKP
>>78

こういう歌い手が歌ったら伝わってくるだろうなぁ
っていうイメージがしづらいかも…
浮気する気の強い女性の歌なのか?
なぜか自分にはふんどしをつけた大漁旗もった男性の姿が浮かんだ

あれだ、もっとずるがしこい女のエピソード的なものを
盛り込んだらいいんじゃね?
安っぽくならないように。
古代ヨーロッパの王妃とかで凄いのいるだろ
それでどうかな

82 :sage:2010/05/02(日) 21:26:20 ID:xKnTNHyh
「夕焼け空の伝言板」

ねじくれものの夢時間は
サンデーからマンデーへ
全部魚の顔してつながってたら
なんか要るもの忘れてた
もちあがらない終日モチベーション
さんざんながれてR指定ガール
私もこれから
まっすぐ生きたら
なにか変わるかな

夕暮れ街角曲がり角
ふと見上げたら
パパとみていた野球中継と
ママの晩御飯、風に流れて
懐かしいにおい
そんで空元気マイハート
混じって聞こえた
あの、懐かしい君の鼻歌
今は聞けない
下手くそな歌
だれか私にかわって会いに行ってくれないかい

お先に失礼あの世で待ってますなんて

まっすぐ生きたらなにか変わるかな
まっすぐ生きたらまた会えるような
気がした



83 :ドレミファ名無シド:2010/05/03(月) 00:41:59 ID:j93d8h1a
「からーれす」

ぼくが知らない間に
虹は七色じゃなくなっていた

白いベッドの上で
ただ一人ケーキを食べながら

星屑をグーで割ったあと
そのすきまから月を見るのさ
例え色など付いてなくとも
綺麗なのは知っているよ

ぼくが目覚めた後は
虹が七色じゃなくなっていた

白いテーブルの上に
食べ終えたケーキの皿を置く

星屑をグーで割ったあと
そのすきまから月を見るのさ
流れる血が赤くなくても
痛みが消えるわけじゃない


・・・と 強がっていたぼくの目には
何故か大粒のなみだが 溢れていた

84 :ドレミファ名無シド:2010/05/03(月) 01:08:10 ID:oc9wwL1/
>>79
評価ありがとうございます
今回はなるべく多く文学作品とか哲学の要素を入れ込んでやろうと思って書いてみました、結局24要素だったかな?入ってます
こういう曲もコミックっていうんですかね?ユーモアの解剖なんて無粋なことですが、まあ折角なので
所謂厨ニ的な主人公で、本に感化されすぎて喪失してしまったアイデンティティを取り戻そうという話です
結局檸檬(=梶井基次郎の爆弾のモチーフ)を本の世界において逃げ、自己を回復する、とまあひどい話ですね

>>80
おっしゃる通りです!
Aメロは八分音符に乗せて起伏なく淡々としたイメージです
Bメロはさびではなくて、サブドミナントを解決させないで悶々とさせておきます
Cメロがさびです、変な構成ですがwここで一気に解決させます
夢みたいに聴いてる間は嫌に生々しくて、聴いた後に所々イメージが抜ける風に表現できたらな、と
ストリングス良いですね、途中ピッチカートとか合うかもな

85 :ドレミファ名無シド:2010/05/03(月) 01:28:19 ID:oc9wwL1/
とまあこんな奴に評価されるのもどうかと思いますが
盛り上がるのはいいことだしね

>>76
すごくいい
初期のくるりが浮かんだ
きっちりメロディーをはめるんじゃなくて、話すように歌ってほしいです
あと喫茶店の描写を増やしたらもっと良くなると思う

>>82
1番と2番で字数が違いすぎ
歌詞としてはきついかな
もうちょっと似た響きの言葉を選んでほしい

>>83
>流れる血が赤くなくても 痛みが消えるわけじゃない
って強がってないじゃんw
最後で壊してる、せっかく色彩の無い世界なんだから

あとケーキの描写も色がかかってなくて微妙だ
色の無いイチゴとか、色があって白いんじゃなく色が無くなって白く見えている生クリームとか
もっとひとつひとつのモチーフを生かしてほしい

86 :ドレミファ名無シド:2010/05/03(月) 01:56:26 ID:DVKbR8MO
>>85
評価どうもありがとうございました。
なるほど… 
実際に曲に乗せると歌いづらかったのと、
一番と二番の意味が飛びすぎていて
聞き手がポカーンな歌に
なりそうでした。
先日の2ちゃん唱歌の評価も
ありがとうございました。
とても嬉しかったです。
自分の歌詞は稚拙なのに
分かりづらいのでもっと気楽に
やってみます。
作詞は楽しいですね。

87 :ドレミファ名無シド:2010/05/03(月) 02:51:05 ID:YK1u45/Q
冬を越えたつぼみは春を知り
夢をつかもうと空へと手をのばす
同じ地にいる僕はなにを越え何をつかもうとしているのだろう

行き先も知らずわからずきめず
ただ甘えの箱をでれないまま花をつけられずあしぶみしてる  

春を越えつぼみは花開き
遠くの夢へと着実に手をのばす
あせりをおぼえる僕などみえずにただとどくまで空をみるだろう

焦るだけあせり歩かず進まず
ただ境遇のせいとあきらめていて動こうとせずあしぶみしてる


どこで自分を壊せるか
限界をきめずすすめるか
果てしない空へ宇宙へ
進めるか

自分という箱をでる術をしり私はついにつぼみになれたよ
これから冬を抜けようとしよう遠くまだ先の春が見えなくても

夢をつかもうと空へと手をのばす

88 :ドレミファ名無シド:2010/05/05(水) 16:54:08 ID:9tkO7pdy
あ、げ。

89 :ドレミファ名無シド:2010/05/06(木) 17:38:14 ID:DtIeqgyi
久々に

>>87
すこし人の手垢が付いた比喩だから、もう少し個性を打ち出さないときついだろうな
僕を歌詞には登場さずに徹底的に芽を擬人化して、たとえば僕のためらいを寒の戻りで延びる芽葺きになぞるとか
これは俺の感性だから、あくまで聞き流す程度で

なにより、なんで僕が前に進めたのかがわからないのが致命的
花が咲いたのを見て焦りを覚えたんだから、その成長に感化された訳ではないよね
そこの感情の移り変わりがないと、意味の無い歌詞になってしまう



90 :ドレミファ名無シド:2010/05/06(木) 18:44:23 ID:DtIeqgyi
前にも投稿した歌詞ですが、最近少し盛り上がってるのでw
大幅に改編したのと、今なら評価してもらえるのではないか、という事で
評価してばっかりだと申し訳もないので
初めて書いた思い入れのある詞なのでよろしくお願いします

91 :ドレミファ名無シド:2010/05/06(木) 18:46:12 ID:DtIeqgyi
前にも投稿した歌詞ですが、最近少し盛り上がってるのでw投稿してみます
大幅に改編したのと、今なら評価してもらえるのではないか、と思いまして
評価してばっかりだと申し訳もないですし
初めて書いた思い入れのある詞なのでよろしくお願いします

92 :ドレミファ名無シド:2010/05/06(木) 19:03:03 ID:DtIeqgyi
A:海沿いの電車 君と僕を乗せて 走ってゆく 走ってゆく
朝日差す君の 憂鬱そうな顔 彼岸花 今日もおはよう

B:寄せる波 返す波 溜め息は泡となって
トビは飛び去る 気だるさに乗って 何処へ行くの

またあとで

A:銀杏色の電車 逆方向に 走ってゆく 走ってゆく
夕日の中に君がいた 一瞬目をそらすと 鰯雲 放課後は幸せ

B:揺れる渚の 影法師 夕暮れに 寄り添って
  青が消し去る 水平線越えて 何処へ行くの

C:君の降りる駅迄に さよならの駅迄に きっと話しかけよう
  毎日思っているんだ そろそろ風の凪ぐ頃 ありふれた一日 

C:さよならの駅はもう近い また会える明日は遠い それでもただ
  また明日会えるのを 楽しみに待っているだけ
 
B:ブレーキの音 さよならの合図 夕闇が君をさらう
  世界は動く 僕一人を乗せて 今日を追い越してく

  また明日

93 :ドレミファ名無シド:2010/05/07(金) 01:15:26 ID:P+Tz4o2y
「がんばれの詩」

あなたのこと 毎日みてる いつも必死な 顔してる

肩の力を抜いてあるいて なんて水なんてとても差せないけどね

でこぼこ道を一人であるいてんだね あえて、よりつらい道をね
何からも逃げず自らおいかけ 振り向かず全力疾走 

あなたは立派な人間だ とても私は口だせないほど
でも一つだけいわせてくれないか

あなたが既に頑張っていることはしっているけどね 私にいえることはこれだけ

がんばれいつまでも


あなたのことすべてしってる そんなつもりでいたけれど
いつも複雑な葛藤していたことなんてとても知らずにいたね

いろんなものを一人でかかえてんだね あえて、たったひとりでね
だれにも媚びずに じぶんをとおして だれにもすがたをかさねずに

あなたはだれでもないんだね じぶんいがいの どんなひとでもね

それが辛い理由なんだろう

あなたが必死にプライドと誇りを守っていることは
とても大切なことだよね

がんばれ まけるなよ


94 :空がつながる日:2010/05/07(金) 18:49:07 ID:fBeSsabM
特別なんていらなかった 生きていたいだけだった
混ざり合いたいだけだった 笑える場所が欲しかった

足跡ばかり気にかけて 間違い探しするよりも
向こう側にある何かを求めて傷つきたいから

ただ光を求め 明日を求め 見上げたソラは遠すぎて
空を切った手に今こそ ゆるぎない勇気を宿して
いま目の前にある 輝くリアル 邪魔する声が聞こえたら
叫べ、自由を 虹の橋を架けよう

束縛なんていらなかった あたりまえが欲しかった   
共に生きたい人がいて 抱きしめたい人がいた

奪い合って燃え尽きた これが痛みの厚さなら
ゼロに還してもう一度 胸の真ん中埋め込んで

ただ自由を求め 未来を求め 目指した道は暗すぎて
土を?いた手に今なら とめどない強さを宿せる
もうすぐそこにある 輝くリアル 迎える声が聞こえたら
叫べ、歓喜を 愛の歌をうたおう

もうそろそろ首が疲れてきただろう?
少し休んだら、ほら 視線の先に何がある?

ただ光を求め 明日を求め 見上げたソラは遠すぎて
空を切った手も今なら 重ねあう想いを宿して

そう苦難を越えて 歓喜に満ちて 見上げたソラは眩しくて
空を切った手で今なら あざやかな未来を描いて
また歩いてゆこう 痛みの向こう 迎える声が聞こえたら 
叫べ、自由を 虹の橋を架けよう

95 :ドレミファ名無シド:2010/05/08(土) 01:45:56 ID:RhIYp9qU
>>92
AとBまで情景描写だとちょっと冗長かな
明日が待ち遠しい割には、景色観察に熱心すぎてるというか
もうちょっと気にすることがあるんじゃないかというか。
彼岸花もちょっと場違いな気がするんだが、
彼岸花の花言葉はけっこうポジティブだったから、まあいいのかw
>>93
がんばれはやっぱり萎えるわ
がんばってるのは知ってるけどやっぱりがんばれ、・・・ちょっとねえw
この辺は詩的感覚というのか応援歌ですらあまりはっきり使わないよな
恋人とかならもっとアマアマしたいだろうし
自慢の子供を持つ親なら、こんな感じなのかも?
まあごく狭いケースってことならいいのかも。
>>94
トムヨークは「特別になりたかった」って歌ってたが
あくまで、閉じた私的な心情だったんで、
共感するしないはどうでもいいんだが
これは、それをふまえてつながるので共感できないと成立しない気がするわ。
全体的にモノローグだけど、
「ただ〜」がどこに向けて言ってるのかよくわからない
たとえば一見ラブソングじゃないと思ったら
「君」が出てきてこれラブソングだったの?
という曲があると思うが「君」を出すことによって
対象を調整する効果があるんだよね


96 :ドレミファ名無シド:2010/05/08(土) 13:25:51 ID:/lxwSghW
>>95
花言葉まで調べていただいてありがとうございますw
「悲しい思い出・想うはあなた一人・また会う日を楽しみに」とまあこんな意味ですね
この詩の季節は秋なので、それとわかるように、あと君の朝のテンションの低さと言うか
それから江ノ電がモチーフなのですが、あの辺り、特に八幡様の周りはコスモスよりも彼岸花が美しいので

そうですね、少し情景描写がくどかったかもしれません
とは言うものの、君を直視できないで外を見る僕とか、その僕の心情を情景に伴わせて表現しようと思ったからなんです
そのあたりはあまり感じ取れないでしょうか?
自分で客観的に判断するのは難しい事なので、ご意見を伺えたらなと思います


97 :ドレミファ名無シド:2010/05/08(土) 13:39:03 ID:/lxwSghW
丁寧に添削していただいたので、できるだけ丁寧にやってみます

>>93
あなたに対して私がどんな立場かがわからないな

最初に思ったのは「作詞者自身が全ての人に対して」だったけど、
>あなたのことすべてしってる そんなつもりでいたけれど
  いつも複雑な葛藤していたことなんてとても知らずにいたね
の場面で「1人の人間が1人の人間に対して」と限定されるよね

それで、どういう関係なのかな、と考えると、明らかに他人じゃないから「恋人から恋人」「親から子」「友人から友人」位しか考えられない
でも「恋人から恋人」は明らかにおかしいし、「親から子」にしてはなんか目線が違うし、「友人から友人」にしてはべたべたし過ぎてる
もっとどの視点からの詞なのか、打ち出してほしい

あとなんか頑張ってる人に頑張れは、うつ状態の人に頑張れと近いものを感じてなんかきついな
これは個人的な意見

98 :ドレミファ名無シド:2010/05/08(土) 14:19:07 ID:/lxwSghW
全体的にコロケーションに違和感を覚える
それから一人称視点と二・三人称視点が入り乱れててすごくわかりにくい

>特別なんていらなかった 生きていたいだけだった
>混ざり合いたいだけだった 笑える場所が欲しかった
>束縛なんていらなかった あたりまえが欲しかった
>共に生きたい人がいて 抱きしめたい人がいた
これが追い求めているもの(ソラ)だよね?
じゃあ今ある輝くリアルって何なの?

まあ好意的に読み取れば、少なくとも今はそれがある、ということだと思うけど、
ここまで解せというのは少々厳しいと思う

過去・現在・未来をしっかり示してほしい

99 :ちーちゃん:2010/05/09(日) 15:27:15 ID:Iph0CZ/R
「水辺のうた」

水辺の花の名を 思い出せぬうちに
時は過ぎて 街は暗くなる
黙り込んだお互いの顔を 時折盗み見て
ため息ばかりを 川の流れに乗せて

駅の側の小さな橋
二人の為だけに浮かぶ太陽は
花の名前教えもせず
優しく時を与え続けた

ああ キラキラと流れゆく
恋人たちの時間は
長すぎて 短すぎて
何時までも続いていくのかな

そう 見つめ合えば時々は
別れを思う様に
悲しくて 切なくて
答えを言えない

帰りの街並みは 別れがあるから
時が過ぎて 綺麗に変わるけど
黙り込んだお互いの顔を 何時までも見つめ合えれば
本当の花の名を 空は教えるだろう

そう 寄り添いあう花の名は
優しい鐘の音の様に
二人で手を 取り合って
帰る時を知らせるのだろう

100 :ちーちゃん:2010/05/09(日) 15:56:13 ID:Iph0CZ/R
>>49
夜中にバーボンでも飲みながら自分の駄目さに酔えそうな歌詞だ。
優しさを求める感情と、自分が優位に立ちたい欲求と、
無用の敵を作りそうな攻撃性のハーモニーがニヒル。

101 :ドレミファ名無シド:2010/05/10(月) 01:22:32 ID:tN/RHLZa
>>100

49を書いた者だけれども、この評価はうれしい。
書いて投稿してよかった、ありがとう。

102 :ドレミファ名無シド:2010/05/10(月) 17:47:44 ID:2xKFJw33
「サカナツコ」

どうして あなたは そんなに やさしく 笑うのかな
もしかして あたしは 悪い魔女で
あなたを 食べちゃうかも

どうして あなたは そんなに やさしく 歌うのかな
もしかして あしたは 地下に落ちて
さえずり 嘆くだけかも

優しすぎて 温かすぎて 不安な あたしの羽根を
あなたの その手で ちぎりすてて
やさしく 抱きしめて

どうして あなたは そんなに すきだと 言えるのかな
もしかして ホントは 軽い気持ちで
あたしを からかってるの

優しすぎて 温かすぎて 不安な あたしの声を
魔法の 薬で うばいすてて
やさしく 微笑んで

尾ひれを なくしてもいい
空さえ 飛べなくていい
捨てた分だけ 望めるのなら
誰も泣いたり しないのに

優しすぎて 温かすぎて 不安な あたしの腕を
なにも言わないで なにも聞かないで
やさしく 握ってて
それだけ それだけで

103 :ドレミファ名無シド:2010/05/10(月) 20:58:03 ID:VkJ6ePAZ
やっぱ褒めないと返事してくれないのかなw
すこし優しくするかな

>>99
なんというか、花のイメージが浮かばないのが残念だな、俺の想像力不足かもしれないけど
もちろん花ってのは比喩でもある、という事はわかっているけど、それは実際そこに花があってこそ成り立つはずだよね

駅のそばの川って大抵コンクリートで岸壁を固められてるから、生えるとしたらタンポポとかセイタカアワダチソウ、みたいなイメージがある
でもそれってあまり歌詞にあってないよね
それから考えたのは河そばの道にある花壇なんだけど、どうもそんなあまりに人工的な花は合いそうにない
道自体はアスファルトで固められちゃってるだろうから、花は座った状態から見えなさそうだし
どんな花をイメージしたんだろう?

それを聞いてからもう少しアドバイスしてみたいです

104 :ドレミファ名無シド:2010/05/10(月) 21:06:19 ID:VkJ6ePAZ
すごくいい、依存的パーソナリティがよく表されていると思う

>優しすぎて 温かすぎて 不安な あたしの声を
>魔法の 薬で うばいすてて
こことか人魚姫が背景にあるよね?

ただ勿体無いのは、第一蓮では魔女のイメージがあるのに、いきなり第二蓮でそれ以降に続く鳥のイメージが出てきて少し混乱するところかな
あと第六蓮にしか魚のイメージがなくて、そのせいで第六蓮の尾ひれもあまり効いてない
題名にしたくらいなんだから、もっと押し出して良いと思うよ

105 :104:2010/05/10(月) 21:58:49 ID:4KwKL+me
>>102
なに言ってんだろ、ごめん、自分で言ってたのに
人魚姫の尾びれだよね

それでもやっぱり第一蓮と第二蓮の繋ぎには違和感があるから、
いっそ鳥の部分は削って、人魚姫のイメージを広げた方がいいかな
そしたらすごく良くなると思う

ちなみに魚は人間の体温でやけどするらしいですよ

106 :ちーちゃん:2010/05/11(火) 04:14:08 ID:Jv+tmWWj
>103
水辺の花は恋人の理想の関係。その姿は様々。
花は水辺に咲いているが、求むるその「名」とは、
視界の隅に在る互いであり、橋を降りた水辺にその答えは無い。
さて、私にとっての「花」とは何か、であるが、
ここで初めて気が付いた…。とんだ自己紹介乙詩である。
私の花とは、「ちんぽっぽ」である。
アドバイスを宜しくお願いいたします。

107 :ドレミファ名無シド:2010/05/11(火) 19:46:31 ID:J9FY51do
恋人がいないってことか?w

この詞に大切なのは、時間の移り変わりだと思うんだよね
夕暮れ時っていう本当に短い時間を抜き出すわけだから

まず第一蓮で
>時は過ぎて 街は暗くなる
とあるよね、でも第二蓮で
>二人の為だけに浮かぶ太陽は
ここでとあって、大抵歌の流れからすれば「暗くなる=日が沈む」と考えるから、いきなり太陽が昇ってきたように感じてしまう
一番大切な所に違和感が残るんだ

結局二人が別れてしまうまでの街の変化とか、
丁度このあたりの時間だったら、帰宅ラッシュもあるだろうし、街灯が点くだろうし、帰りの鐘も鳴るよね
そういった細かな変化を、この二人が結局別れてしまうまでの時間にもっと盛り込んでほしい
花も良いけど、やっぱり花にはあまり時間の流れを感じないから

返事ありがとう

108 :ちーちゃん:2010/05/11(火) 20:54:44 ID:iHZ2goDz
「水辺のうた(改)」

目も当てられない寂れた街の駅の側
汚いドブ川を眺めて居たんだ
俺が死んだらここに流れて行くだろう

ギラギラと浮かぶ油脂はシャボン玉みたいで綺麗
ふわふわと浮かぶ綿毛 羽毛布団の中身が舞う

木の枝に絡まって花になる鳥の羽根
懸命に手を伸ばすこの手に掴みたくて

俺はどうしようもなく手ぶらを嫌がるのさ
拾った紙屑でポケットは一杯
一つ弄れば風に全て飛んで行った

滑らせた足を追いかけて柔らかい布団に沈む
よろよろと花咲く世界 黒ずんだ羽根の中

木の枝に絡まって嫌になってる俺の側
懸命に咲き誇る羽毛布団の羽根の花

ズブズブと泥濘に引き込まれて不機嫌さ
今更風呂なんて入れなくて当然
なのにその花は何故に楽しげだ

木の枝に絡まって嫌になってる俺の側
懸命に咲き誇る羽毛布団の羽根の花

(>107ありがとう!次回からアドバイスを生かすww)

109 :hebo:2010/05/11(火) 21:44:16 ID:+iOwGwTt
[Addiction]

形ないものに毒されて
空っぽになってしまう前に
せめて思い出を残さずに
取り去っておいてくれないか

心無い人に汚されて
消えたくなってしまっても
せめてあなたの心だけ
注射器越しに見てみたい

どこかで誰かが叫んでる
「欲しくて 欲しくて たまらない」

もし僕が狂ってしまったなら
その柔らかく鋭い刃で突き刺して
もう戻れなくてもきっと
あなたを忘れる それならできるから

110 :hebo:2010/05/11(火) 21:48:06 ID:+iOwGwTt
へぼですが一応一つ一つに意味をこめてます。
辛口でもいいので評価よろしくお願いします。


111 :ドレミファ名無シド:2010/05/12(水) 09:52:17 ID:BFG74Fr+
曲にしてほしいなら、A,B,サビ(順番は頭サビでもいいけど)の
三つの構成にとどめる方がいい。
曲を作る前からDメロまであると、頭痛くなる。
曲先で構成が固まってくると、余裕が出来てDメロも入れられるのだが。

あと、曲募集の人が書いた歌詞は、たいてい長すぎる。
言いたい事を全部書いて、蛇足な場合が多い。

ただ、曲作って無理やり歌詞乗せてる俺よりは間違いなくセンスあるから…
乱文失礼しました。

112 :ドレミファ名無シド:2010/05/12(水) 18:56:22 ID:Fm6oMBTC
>>108
なんか内容が全然違うw
すごく良いけど、なんか申し訳ない事をしたな
もう一つのアイデアも大切にしておいてください

113 :ドレミファ名無シド:2010/05/12(水) 19:28:39 ID:Fm6oMBTC
>>111
スレ間違ってるぞw

それで>>109
この曲の構成ってA→A→B→Cだよね?

へぼなんて言う位なら投稿しない方がいいと思うけど、おそらく謙遜でしょう
自分で書いた作品は自分にとって最高の作品である、とはよく言われたもので、なぜなら行間を完璧に読めるから
人の読めないものまで読めてしまうから、情報量が違うのは当然で、客観的に評価するのは何とも難しい
だから自信満々に投稿した詞を否定される事が最高に良い練習になると個人的には思っているんだけどね

それでこの詞なんだけど、どうも人から見てメッセージが読み取れない
薬物依存の話だって所まではわかるけど、なんでそれがあなたと結び付くんだろう?
失恋の辛さから逃れるためにそれに走るなら、あなたの事をなんとか忘れたい訳なのに、本当に狂ってしまうまではあなたを忘れる気はない
薬物自体が比喩で、それがあなたの事なら、「心無い人」=あなたな訳だから、なんかおかしい
表現自体は悪くないけど、表現されるものがあやふやでもったいないな

あと少し狂気が足りないかも
言ってる事がまともすぎて、あんまり狂ってるとは思えないかな


と言っても、評価する奴もどうしても主観的になってしまうし、聞き流す位で
だからこそ評価する人がもっと増えてくれればと思うんだけど



114 :ドレミファ名無シド:2010/05/12(水) 19:29:21 ID:Rbj6+wn3
適当な書きなぐりの評価御願いします

仕事はマンデー
休憩サンデー
ソフトクリーム食べたいな

気持ちはずっとマンデー
始まりのハズなのに落ち込んで

好きな子には近づく勇気がないんで

いつもプールで運動
気持ちはブールで

明日はチューズディ
気持ちは月月火水木金金

筋トレしたいな
筋トレしないと
女の子にモテナイな

休日に食べる事時だけサンデー
サンデー食べて太って
自分に自信がないんだ





115 :ドレミファ名無シド:2010/05/12(水) 19:59:57 ID:Fm6oMBTC
>>114
散文詩とは言えても詞とは言えないな
こう言うキャッチーな曲は語感と語呂が全てだから、特に言葉選びとか語数、口触りを気にかけなきゃ厳しい

気分はマンデーで、本当にマンデーだとあんまり浮き立たないかな
サンデーの連想は良いね
でも他唯一掛ってるのがプールとブルーって全然関係ないやん

あとwednesday,thirsday,saturdayがない
そこはこだわらなきゃ







116 :ドレミファ名無シド:2010/05/12(水) 20:10:49 ID:Rbj6+wn3
>>115
レス有難う御座います
こんな書きなぐりに丁寧に添削して下さいまして本当に有難う御座います
言葉選びと口ざわりをもっと気に掛けてみます
こだわる所を決めて作ってみます
有難う御座いました

117 :Am I?:2010/05/12(水) 21:47:31 ID:yuVhYoAH
「キレイになりたい」と そう思うのは女の性でしょう?
気に入らないとこはどんどん 最先端医術でLet's cure it!
まずは目を二重に 鼻はもっと高いほうがいい
そばかすもぜんぶ消しましょう 最先端医術でLet's cure it!

鏡の前に立って ゆっくりとほどかれる包帯
次の瞬間 目に飛び込んだものは…monster?

ねぇ誰か嘘だと言って 何かの間違いだと言ってよ
耳まで裂けたこの口を 一体どうしろというの?
真夜中までも徘徊つづけ 手当たり次第聞いてまわる
だけど答えはいつもNO あなたにも聞くわ

「ネェ ワタシ キレイ―――?」

ねぇ誰か嘘でも言って 嘘でも「キレイだ」と言ってよ
耳まで裂けたこの口を 少しでも好きになりたいの
真夜中までも徘徊つづけ 手当たり次第聞いてまわる
答えはいつも最初はYes じゃあこうしたら?

「ネェ コレデモ キレイ―――?」

ねぇ誰か嘘でも言って 嘘でも「キレイだ」と言ってよ
耳まで裂けたこの口を 愛してくれる人に出会うまで
真夜中までも徘徊つづけ 手当たり次第聞いてまわる
答えはどっち? NO or Yes? あなたにも聞くわ

「ネェ ワタシ キレイ―――?」



118 :ドレミファ名無シド:2010/05/12(水) 23:15:17 ID:Ypg02fEe
>>113
本当に参考になりました!
ありがとうございました!

119 :ドレミファ名無シド:2010/05/12(水) 23:55:48 ID:A+Wii3Zt
自分の口からあふれ出る
ゲロが落ちるのを見ている
スローモーション

放射状に咲く黄色い花に
一筋の赤いもの
そうさ、今度の検診で胃がんと診断される
前触れだったのさ

いつまでも忘れずにいよう
この夜の君の優しさを
背中をさすり 差し出すハンカチ
君は心からいった
「それ返さなくていいから」


120 :ドレミファ名無シド:2010/05/12(水) 23:57:08 ID:dugSWR+V
「I'm waiting 4 you」

渇いた部屋に溢れた空気さえ凍らせる想い
たどり着いた現実(いま)はこの手か運命によるもの
癖のある小さな字も脱ぎ散らかしたままの靴も
君じゃなきゃただの私をイラつかせるobject

ah- 瞬間に差し込んだ西陽が
  永久に解せない二人告げるようで...

君次第で変わる心 躰
futuristically... なんて単純で馬鹿らしい
深い海の底に潜るようなimagination
脳を支配させても 分かっている I'm waiting for you


ah- 愛されていないと気づいてしまっても
  君の嘘をただ信じつづけている...

色彩失った情緒だけが残る
何かを忘れた...それだけ覚えている
浮かび上がった先の呼吸 need you like air
離れられないなら ただずっと I'm waiting for ...

孤独さの自由 消えない君の気配
epidemically... 伝う明後日のその先も
刻み付けられるtraditions もう何も感じられない
Yet I believe there'll be love so... I'm waiting for you

121 :ドレミファ名無シド:2010/05/13(木) 19:09:04 ID:zi3zfef+
>>117
Maxwell's Silver Hammerみたいで良いね
でもちょっと後半くどいかな

>>119
これは歌になるのか?
なんか色々きついと思う






122 :ドレミファ名無シド:2010/05/13(木) 19:22:21 ID:zi3zfef+
>>120
題名が寒い、歌詞に4が掛るところが無いし、日本語で言うところの「夜露死苦」だぞ
所々に挟まれる英語でぶち壊してる

例えばね
>need you like air
これじゃ「空気がするようにあなたの事を私は求めている」って意味になるだろうし、
第一、主語を省略してるのが最悪
主語の省略は日本語に特有なものだし、日本語から英語を考えてるのがバレバレ

>futuristically>epidemically
とか後に何か続か無いと気持ち悪い

>traditions
これも社会的な伝統、慣習って意味になる
でもここで言ってるのは自分の中での秩序だよね
habitかcustomじゃない?

>Yet I believe there'll be love so...
細かい事を言うとここもおかしいよ
willってのは未来のある一点を抜き出す訳で、現在からの継続の意味が感じられないんだそうな
そもそも「愛がある」って日本語から直訳した感を醸し出してるけどね

内容は悪くないと思う、でも外国人が砕けた英語の歌詞の中に日本語の丁寧語とか入れてたら笑っちゃうでしょ?

人は言語から離れて思考出来ないんだし、よっぽど訓練されない限り母国語で思考する事から離れられないんだよ
今指摘した事も、あくまで聞いた話だし、俺も英語から思考する事はできないから、間違ってたら誰か指摘してください



123 :マールちゃん:2010/05/13(木) 23:11:16 ID:v35FrKHf
「おやじって嫌」

あの頃都会の駅では 紺色の靴下流行り
小さな赤いワンポイントのマークは何を意味したのだろう
探るのなら旅へ 電車に揺られて遠くへ行こう
聞いてもその子は答えてくれぬと
寧ろそう願って 旅に出た

暢気な鈍行の窓から 捲られ続く駅のホーム
さよなら心で手を振りながら乗り込む人のうたた寝覗き
着いては過ぎて行く 暮らしの灯りが点いては消えて
遅れて流行ったルーズソックスが
ポケベルみたいに 鳴り響いてた
 
駅をひとつ越えるたび 時代を戻る学生たちの
姿は今日俺の枕 ゆるり沈んで

なあ 旅はまだ 何一つも 見つけちゃ居ないけれど
でも それもいいさ この時間を 見過ごすよりは

その頃都会の街では あの子も大人になって
子供の服を違うセンスで選んで居る事に少し期待をしてる
産まれては消える 新しい価値観の余波はいづれ
この海沿いを伝わり続いて
しかめた奴等の 歌になる




124 : ◆WanWanfsY. :2010/05/14(金) 22:08:38 ID:8XXlYmv+
>117
古すぎるだろww不変か?w永遠のテーマか!?www

125 :ドレミファ名無シド:2010/05/14(金) 22:52:09 ID:qy36cpva
>122

www

126 :ひまわりの夏:2010/05/15(土) 00:56:02 ID:J/MtFtHZ
(A)日差し射す 窓際の席に
本を開いた いつもの君が居る

(B)青く青い空に咲いた ひまわり見つめる君の横顔
僕はひそかに 君にまなざし見つめている

(C)いたずらに風が 君の髪に触れて後れ毛を揺らす
乱れる心を隠す熱い初恋...
恋はひまわりのように 僕の胸を熱くする


(A)何時の日か窓際の君の
席が空いて ぽつんと僕が居る

(B)青く青い空に揺れる ひまわり見つめる僕の初恋
僕のひそかな 想いのこして空も暮れる

(C)いたずらに恋は 胸の中を触れて面影を揺らす
空しい心を隠す熱い初恋...
恋はひまわりのように 僕の胸を熱くする


初恋をテーマに、純情さを前面に押し出して書きました
誰か苛めてください

127 :しぐれ ◆WonderSYdA :2010/05/15(土) 23:26:09 ID:2IOZzizK
「止まない雨」

生きる機会を与えられ うろつき位は覚えたけれど
外はまだ結露の窓 落書きの文字だけ見てた

夜は心を掻き乱す 落書きの文字を消してみる
何時も夜は退屈だから 居ない人を恨んでみる

遠くの雷に顔を上げてみたんだ
雨降りの窓の外 揺れている 傘が舞う
気付かない振りをしていた筈なのに

君を見てる 君を見てる
目を閉じても 君が僕を見てる
僕は君を見つけている 僕は君を見つめる

記憶の中のどんな君より 悲しい瞳をしている
記憶の中のどんな君より 激しく雨に打たれている

僕は心を掻き乱す 窓から転げ飛び出して行く
何時もの夜の幻想だから 君は居ない 雨は降り止まぬ

君を見てる 君を見てる
目を見開いて 僕は君を見てる
雨はもう止まないだろう 何時か止む雨は無い

何時か止む雨なんて無い

(だれか前向きで明るい詞の書き方を教えてください)

128 :ドレミファ名無シド:2010/05/17(月) 21:16:03 ID:PvCcxTFQ
よろしくお願いします。あげます
「ワンシーズン ラブレター。」

私が好きな、あの人背の高いひと
私が好きな、あの人誰かのもの

子供のように
全てをほしがる無邪気なあの人は
その長い指で夜空に約束書いた

いいこでいられるなら
このままずっと愛そう、と
かわいいこにうまれてたーら
何か違ったかな

私が好きな、あの人かわいい人
終わらない恋が、欲しいと煙草をふかした
愛しすぎた、あの人忘れない人
初めて心許した優しい人

手紙を書いた
あなたにワンシーズンラララブレター。
忘れない会えた春の日に宛名を添えて

このままそっと弾き語れワンシーズンラララブレター。
ふたりの弱さ秘密の恋にメロディ乗せて

見つからないでも忘れないあなたのこと
もう見えないでも愛してたあなたのこと




129 :ドレミファ名無シド:2010/05/18(火) 02:36:38 ID:tnKPT0ms
>>123
郷愁でもないしポケベルみたいなキーワード以外は
特にオヤジ的なわけでもない。いまいち何を歌ってるのかよくわからん
郷愁なのか、オヤジになってもまだ終わらない旅の歌なのか、
加齢臭を嘆く歌なのか、もうちょっとはっきりするといいんじゃにか
あの子も今頃子供産んで子供服とか買ってんだろうなあとか
面白い素材ではあるが、残念ながら生かせてない
>>126
まとまってると思うけど
別に初恋ってわけでもないんじゃないの?とも言える
初恋という言葉をなくすと、特に初恋の歌じゃなくなるだろう
熱いとか乱れるが純情を薄めてる気がスル
というか奥に潜んだ熱情を客観的に透かせると、あまり初恋っぽくないような

130 :ドレミファ名無シド:2010/05/18(火) 02:38:31 ID:tnKPT0ms
>>127
「止まない雨はない」という表現は、
自然現象にかけた説教に使われるわけだが
「何時か止む雨は無い」は妄想なので
どういうことか伝えないと恐ろしい異常気象になる
Xのエンドレスレインは英語でごまかしてるのもあるが
「俺の心に降り続く」というように詩的に処理されてる
まあ降水量が気になるとはいえ、
狂気にふれる手前な感じの曲としては面白いと思うが
いっそ何かに目覚めてしまう方がハードコア的には面白いかもしれない
>>128
ラブレターの内容ってのは片思いを伝えるか、
ラブラブだけど長距離とかで会えない思いを伝えるか、のどっちかなんで
ワンシーズンも続くなら後者だな、というのは改めて考えてみて出した結論だが、
それが詩からはよくわからないわけだ
結局ラブレターあんま関係なくて「いつかの思い出」な気がする
全体的に言ってることがちぐはぐなのでいろいろ脱線するから
もうちょっと言いたいことを統一したほうがいいと思う
後、各連がすべてばらばらなのが困る。これはGメロまである。
1連と4連なんかちょっと似ててもまったく別のメロディにしかならないので注意

131 :ドレミファ名無シド:2010/05/19(水) 17:59:31 ID:zcxUTktg
a

132 :ドレミファ名無シド:2010/05/19(水) 18:10:02 ID:zcxUTktg
規制解除記念
素晴らしい評価があるのでなるべくかぶらない視点でやってみます

>>126
君を見ているのは教室の中だよね
で青空とかひまわりが出てくるわけだけど、それは当然外にあるもの
でもその狭い所から一気に広い所へ出ていく解放感が無い
その一因として、少し教室の描写が少ないのがあるかな、と思う
対比構造をしっかりとって

あとボキャブラリーが少ないね、同じ表現ばっかりで辟易する



133 :ドレミファ名無シド:2010/05/19(水) 18:27:12 ID:zcxUTktg
>>127
部屋が魂の座の比喩だね

>外はまだ結露の窓 落書きの文字だけ見てた
まずここは日本語がおかしいね
しかもここで「外」を出してしまうと、何というか閉塞感が感じられない、たとえその否定であっても
あくまで「内」で表現することを徹底すべき

>遠くの雷に顔を上げてみたんだ
>雨降りの窓の外 揺れている 傘が舞う
雷で顔をあげたのはおそらく聴覚によるものだよね?
窓は結露してるんだから、傘なんて見えるはずはないよね

あと雨が降ってるのがわかるのも、音に依っているはず
全体的に視覚が強調されてるけど、もっと聴覚に重点を置いてほしい


あと明るい歌詞はつまんないから書かなくても良いんじゃないか?
自殺したい気持ちを知って自殺せず生きるのと、自殺に追いやられる気持ちを知らないので生き続ける事
最高なのは、前者の様な人がポジティブな歌詞を書くこと
最低なのは、後者の様な人がポジティブな歌詞を書くことだね

多くの場合、ネガティブな歌詞を書く人は主に自殺したいがする勇気のない状態だから、最高な状態とは全く違う
やはりそこから抜け出し、いかに肯定するか、と考える事が必要だと思う

134 :ドレミファ名無シド:2010/05/19(水) 18:36:34 ID:zcxUTktg
>>128
題材はいい
ただもっと言葉を選んで、字数とか押韻に気をつけて

あと後半いきなり手紙が出てくるから、少し唐突な感じは否めない
例えばイントロから「ワンシーズンラララブレター」を入れるとか
折角のインパクトのあるフレーズ何だから、こういうコミカルな曲なら繰り返した方がいいと思う

>その長い指で夜空に約束書いた
ここだけすごく広がりがあるんだよね
こう言う感じに、全体的にカラフルな描写をしてほしい

135 :ドレミファ名無シド::2010/05/19(水) 21:23:26 ID:9MKEWo14
「青空」
快晴の空を窓から見ていた

雲が流れて

青空が隠れてしまう時もある。

手を伸ばしてみても

空は遠ざかる


僕らは気がつけばまた同じように

あの青空を見上げるだろう

時は流れても

思い出が流れることはないだろう


136 :127 ◆WanWanfsY. :2010/05/20(木) 00:08:12 ID:dNM2bVTQ
>130>133
おお!ありがとうございます
何を思って書いたのかと言うと、外(希望など)を見ている人物(俺?)に対し
「お前が見ているのは外なんかじゃない…窓さ…。その結露の落書きなんだよ…。
その落書きから外が見えるって?幻想さ…。ほら、誰も居なかっただろう?
そんなにあわてて飛び出して…、お前のテンションの落ちる瞬間、見ものだったぜww
あん?何時か雨は上がるって?上がらないよ。お前の雨はな。」
と言う事だったんだけど、省きすぎた!
本当にすいませんでした!すいません!(^o^)rz


137 :ドレミファ名無シド:2010/05/20(木) 01:33:34 ID:oQMXdXdR
>>135
これはなんとつっこみどころの多い(^_^;)

まずリズムが滅茶苦茶。歌にできないだろ。

歌詞も滅茶苦茶。

すまん俺には手に負えんwww

138 :ドレミファ名無シド:2010/05/20(木) 19:37:18 ID:AcZJr9Kt
>>136
わかんねーよw
というか歌詞一人称じゃんw

>>135
とりあえず読書しろ、としか言いようがないかな
芸術に依る文章って、いかに限られた言葉で読者の想像力を引き出すかが勝負だと思うんだけど
この文章では何も浮かんでこない

あと観念的なものは何かに象徴して示すすべきであって、直接説明しちゃ駄目だと思う
それは自分の頭の中に残しておくべきもの

139 :ドレミファ名無シド:2010/05/21(金) 00:36:10 ID:1HyVLYBZ
>>135
後半の、 僕らは「また同じように」、という部分なのですが
どう同じようになのかが、その詩の中だけではわからないのが残念です。

なぜまた見上げてしまうのか、とか、どうしておもいでは流れてしまわないのか
流れてしまわない思い出は、いったいどんな思い出なのか
悲しいのか、寂しいのか、辛いのか、嬉しいのか、はたまた無機質なものなのか
どんな気持ちで空を見上げたのか、それはどうしてなのか
そのあたりが伝わってくるようになると、とてもいいと思いますよ。

140 :ドレミファ名無シド:2010/05/22(土) 02:15:42 ID:LzBASKl8
初作詞です。厳しく酷評お願いします(笑)
「LIVE FOR LIFE」
疲れ果てた 午前4時 ため息と共に 吐き出す孤独
「今日はうまく笑えたかな?」 そうつぶやいて 目を閉じる 

運命のボタンを押せば リセットできる人生に
生きる意味なんてない それでも

渇いた希望に しがみついて 生きる意味に 答えを出して
そうやって僕ら もがき続けて 明日を作っていくのだろう

忘れかけてた 絶望の記憶 思い出しては あざ笑って
幼すぎた あの日の自分と パントマイムを 繰り返す

ガラクタを大事に集め 作り上げた人生に
生きる意味を与えたい そして

咲かない花に 水を与え続け 心の穴を  思い出で生めて
そうやって僕ら 補いながら 歩き続けていくのだろう

信じるとか 信じないとか
救うとか 救えないとか
そんな言葉 どうだっていい
明日誰か一人でも 笑顔にできたなら 

渇いた希望に しがみついて 生きる意味に 答えを出して
そうやって僕ら もがき続けて 明日を作っていくのだろう

141 :ドレミファ名無シド:2010/05/22(土) 06:45:13 ID:J9emG97+
>>140
結構イイと思う。通りすがりの一意見ですた!

142 :ドレミファ名無シド:2010/05/23(日) 00:00:51 ID:Ge9BUUih
>>140
>運命のボタンを押せば リセットできる人生に
>生きる意味なんてない それでも
ここは接続詞がおかしいね、リセットできる人生なんて無いんだから
「でも」だと今はリセットできるかの様な意味になってしまう

>ガラクタを大事に集め 作り上げた人生に
>生きる意味を与えたい そして
第一蓮で「リセットできる人生に意味は無い」って言ってるけど、
という事は対偶の「意味のあるのはリセットできない人生だ」は真だよね
しかしこの部分では「リセットできない人生も意味はない」と言ってる
できる・できないはニ項対立だから、ちょっと矛盾してる

あともうちょっと比喩に統一感を出した方がいい
特に「あの日」と現在の繋がりがまったくわからないから、テーマを統一して
例えばガラクタの山から、乾いた希望に水をやったことで芽が出る、とか
今ある言葉だけでもいいから、ちゃんと繋がりがわかるようにね

それと具体的な現実の描写(第一蓮)を入れたのに、それ以降は眠ってしまってるのに考えてるって変な状態
むしろ眠れずに考える方がしっくりくるかな、それで比喩を時間帯に沿って選んでいけばうまくはまるかもね

内容は結構良いと思うよ
自分の孤独を一般化して消そうとする姿勢は、人間みな持ってるよね
ただ主人公の人物像が弱いかな、あまりに客観的で、もっと主観を入れた方がいいと思う、これが総評です


ちょっと厳しいかな?w
頑張ってください、というか過疎ってるんでどんどん投稿して!


143 :ドレミファ名無シド:2010/05/23(日) 00:54:44 ID:Tyza5oIt
アドバイスの適切ぶりわろたw

144 :ドレミファ名無シド:2010/05/23(日) 00:55:17 ID:eRzgOzyD
雪だってホントは白くなんかなくて
微妙に偽りのグレーに染まっている

僕がみているこの青い空だって
君には藍色に見えているかもしれない

少しずつ 少しずつ
パレットの上で混ぜた色は
少しだけ 少しだけ
優しい光を帯びていたよ

分かり合えないなんて
最初からわかっているけど
それでも僕はここに願うよ
同じ色に見えなくたって
いつか本当の白を


以前addictionという歌詞を投稿したものです。
よろしくお願いします

145 :ドレミファ名無シド:2010/05/23(日) 02:09:03 ID:qEeQvHvd
>>144
リピーターは嬉しいです、麻薬の人だね
まあ名乗らないだけで、少人数で世界は回ってるのかもしれないけどw

>雪だってホントは白くなんかなくて
>微妙に偽りのグレーに染まっている
>僕がみているこの青い空だって
>君には藍色に見えているかもしれない
ここ少し意味が食い違うと思うんだよね
前者は何か「どんな人でも雪をよく見ればグレーに見える」という意味にとれてしまう
しっかりと「僕には偽りのグレーがみえる」とした方がいいね

あと、僕の見えている空も青ではなくて、きっと青にくくられる別な色(君にとってはそれは藍)だから、
「君の青と僕の青」が違うという事を言うべき、かなり微妙なニュアンスだけど
というか、おそらく君に見えている色も果たして、一般論としての藍と表現できるのかな?
この歌のコアである、非常に個人的な色の存在を強調すべきだね

>優しい光を帯びていたよ
まあ正直、これはかなり個人的な指摘なんだけど、ここは「僕の色と君の色が調和した色になった」事を表した方がいいかも
いきなり光が入ると、統一感が崩れるかなー、まあここは良いか

>いつか本当の白を
ここは青の方が絶対良い、だって君と僕の違いを示したのは「空の青」なんだから

あとニ番もあった方がいいかもね
しっかりと対比構造をとってやれば、もっとインパクトを生み出せると思う


個人的にはすごく好きな題材です
唯識論とか、相対主義とかに関わってくる問題だね
果たして色を見せてる物体は、本当に人間がみる姿で存在してるのか?とか考えるとすごく楽しいと思うよ
前回の詞からみて、言葉の並べ方がうまいなと感じました

146 :ドレミファ名無シド:2010/05/23(日) 02:10:56 ID:qEeQvHvd
下げてしまった
age推奨

147 :ドレミファ名無シド:2010/05/23(日) 02:37:35 ID:WbQP253i
>>141
ご意見ありがとうございます!嬉しいです

>>142
本当に的確なコメントありがとうございます。
二項対立の矛盾か…そうですね。
あまり主人公自身の輪郭をくっきりさせたくなかったので
客観的な心情を描いてみたのですがそこを的確に指示されててビックリ。
厳しくないですよ。むしろありがとうございます!
比喩の部分もっと研究して新たな投稿できるように頑張ります。

148 :ドレミファ名無シド:2010/05/23(日) 02:52:19 ID:/U+Yck55
> ここは接続詞がおかしいね
そうかなあ

149 :ドレミファ名無シド:2010/05/23(日) 04:12:24 ID:2JpKFvqR
「どんなときも」

遠くの国のニュース まるでリアリティがない
失う命の数は      多すぎて悲しめない

世界平和を願う  イマジンを聞くよりは
今日がおわる前に  おかえりが聞きたい

あの高いビルの上から 何を見下ろせるのだろう?
少し空に近づけたら    神様の気分だろうか?


不幸だと嘆くには   貧しさが足りない
君とただ抱き合うには  尊さが足りない

自由を勝ちとって   名を馳せるほどには
追いかけている夢は  あまりに小さすぎる

工事中の駅のホーム   何年後に未来になる?
忙しなくまわる地球で 私たちはどこへ向かう?


150 :ドレミファ名無シド:2010/05/23(日) 18:56:51 ID:eRzgOzyD
>>145
的確かつ親切なアドバイスありがとうございます!
やる気がさらに出ました。

151 :ちーちゃん ◆WonderxUH6 :2010/05/23(日) 23:54:48 ID:ic7Vaf+h
「猫のアンブレラ」

おもちゃ箱の上で寝てる 仔猫が邪魔で
ぎゅぎゅぎゅっと押してみたら
仔猫はキラリって魔法みたいに
シルクハットの大人猫になったのだ

黒い傘 クルクルってまわしたら
ふわりって浮き上がって
窓の外へぎゅぎゅいーんと飛んで行くみたい

青い空 猫のアンブレラ 飛行機も追い付けない
僕はただ口をアングリ アメリカも越えて アンブレラ

おもちゃ箱の中に確か 人形の傘
ぐぐぐっと開いてみたら
傘はまるで僕にぴったり
クルクルって回して飛んで行こう

白い雲 ギュンギュンと飛んで行け
猫が後ろから来た
地球を一周して追い付いて来たのだ

空を飛ぶ ふたごのアンブレラ 戦闘機も真似出来ない
フォーメーション アクロバット飛行 夜の街へも ひとっ飛び

僕と猫 二人でアンブレラ ロケットより早いんだぜ
南極のペンギンさんに 白熊のお手紙を アンブレラ 


152 :ドレミファ名無シド:2010/05/24(月) 18:46:38 ID:jnGs49O4
>>147
じゃあ三人称で、一人の男を観察する目、という視点で書いてみても面白いかもね

>>148
できれば根拠を聞かせてほしい

153 :ドレミファ名無シド:2010/05/24(月) 18:59:43 ID:jnGs49O4
>>149
第ニ蓮がすごくいい、それだけにそれが生かせていないのが残念

最初の方は
世界の幸せ、というものは実感が湧かないし、個人的な小さな幸せが欲しい、と言ってる訳だよね

でもなんだかどんどんズレて行ってる気がする、うまくは言えないけど
>自由を勝ちとって   名を馳せるほどには
>追いかけている夢は  あまりに小さすぎる
ここのところなんか特に、最初の小さな幸せとはかけ離れてるかなー、と思う

もう少し世界と個人とをしっかりと対比させて、言いたい事を明確にした方がいいかな
特に、君の存在が全く効いてないね
入れるんだったら意味を持たせないと、訳分からないで終わってしまう
「おかえり」と言ってほしい存在は君のはずだし、個人的幸福に深く関わってくる存在なんだから

154 :ドレミファ名無シド:2010/05/24(月) 19:16:40 ID:jnGs49O4
これはまた評価しづらい歌詞をw
擬音語がたくさん入って面白い曲だね
これである程度完成してるとは思うけど、さらにもう一段良くしていこう、って感じかな

まず一つ目は、もう少し韻を踏んでみる事
「アングリ アメリカも越えて アンブレラ」とか工夫してるのはわかるけど、やっぱりひとつだけだと悲しい
カ行とかサ行とかそろえてみても面白いかもね

二つ目は擬音の工夫
http://www2.biglobe.ne.jp/~endoy/HOSAI13.html
こんな感じに日本語の擬音って、自分の感性が直に表れるものだと思うから、
出来合いじゃなくて、もっと訳分からなくても作ってしまっていいと思う

三つ目は最後の行
おそらくペンギンは南極のだけに、白クマは北極だけにしかいない事を知ってるんだと思うけどw
ただその前に猫は世界一周してるんだから、少し取ってつけたようになってる
むしろ宇宙に飛び出てった方がいいかな、ロケットも掛ってるんだし


まあこの歌詞に関しては、いかに良い楽曲を書くか、という事だと思います


155 :ドレミファ名無シド:2010/05/26(水) 04:01:54 ID:zggizj+g
「Hope on battlefield」
戦場で、国に残してきた恋人を想う歌を題材に書いてみました
指摘よろしくお願いしますm(_ _)m

果てない暗闇で もがき続けながら 見えない怒りと向き合うこともなく
怯えを抱いて 生きていくのなら 「生命(いのち)」へのストーリー 抱いて眠ろうか

繰り返してる 終わらないモノローグ
君と生きたいという願いは 誰かに届きますか?

響く 痛みの旋律 君を呼ぶ声 届かないけど
救い求め叫ぶよ それが罪でも
祈りが届くなら 叫び続けるから

鎖を断ち切る 呪文を探して 意味のないセリフを 吐き捨て続けてる
それでも未来に 光が射すのなら 繋がる命を 一緒に紡ぎたい

約束された 永遠などないけど
ただ君の涙を この手で拭いたいから

聞こえないレクイエム 虚無に囚われ 伝えきれずに
それでも愛を探す 手探りだけど 君を守りたいから

まやかしだけの この街に埋もれてる
わずかな願いだけが 命の証だから

響く 痛みの旋律 君を呼ぶ声 届かないけど
救い求め叫ぶよ それが罪でも
祈りが届くなら 叫び続けるから

156 :ドレミファ名無シド:2010/05/26(水) 04:18:38 ID:zggizj+g
すみません、ちなみに>>140>>155です
前のアドバイスを糧に
完全に一人称の視点から書いて新たに投稿してみました
引き続き酷評お願いします

157 :ドレミファ名無シド:2010/05/26(水) 14:35:20 ID:h0UqZIJI
リリックはむずかしい

158 :ドレミファ名無シド:2010/05/26(水) 19:18:51 ID:DhdO0Qyi
叙情詩は結局個人の感情だからねー、むずかしいよね
なるべく表現の方に重きを置いて評価してみます

>>155
何というか戦争の虚無感とか、そういったものが感じられない
というのも、この歌詞を読んで浮かんだメロディーがロック調だったからなんだわ
でもよく考えてみると戦場にソリッドなんて持ってっても意味ないし、やっぱりアコギ一本とかになるよね
だからきっと狭義のプロテスタントソングはフォークなんだと思うんだけど

じゃあなんでそう感じるのか、と考えると、やっぱり無駄なカタカナ語と複雑な比喩かなーと思う
まず謝っとくと俺は母国語原理主義者だから、そこの偏見はあるかもしれないw
でもやっぱり人間切迫した状態で、こんな歌詞は書けないと思うんだ
もっとストレートに感情を吐露して、あるいは情景に重きを置いて、そこから感情を引き出す様な表現してほしい
このままじゃただのラブソングにしか思えないからね

戦場にいる人物の心境を歌った歌詞は色々あるけど、
最近だとJakobDylanの'War is kind'とかJames Bluntの'No Bravery'とか
特にJakobDylanは聴いてみてほしいな、あれは手紙形式で母親に宛てた曲なんだけど、きっと参考になると思う

あとちょっと題名が微妙かな、語呂も悪いし、希望って最初から入れるとぶち壊れる気がする
仮に付けてみると'Prayer On War'とかにしたいな、祈る人と祈る事をかけて
まあこれは好みか

159 :ちーちゃん ◆WonderxUH6 :2010/05/26(水) 22:10:50 ID:oIefw0XG
>>154
大変ためになりました
ただ、擬音の工夫はハードルがたかいな
うまくやらないと、「おれのセンス、どうよww」「こんな擬音つかうの、スゲくね?」
みたいなのが見透かされそう
それにしても「ほきほき」はすごい
自然すぎる
音のみならず動作まで聞こえてくるようだ

ありがとうございました


160 :ドレミファ名無シド:2010/05/27(木) 04:34:35 ID:rMi8ncol
>>158
ありがとうございます
見…見透かされた…

これ書いてたとき曲の構成ロック思い浮かべながら書いてたんで。
ロック歌手もしくはビジュアル系が歌う戦争哀歌のラブソングな位置づけで。

やっぱり戦争を経験していない世代が書くと
切迫感にリアリティは補えないよねと思いつつ。
ストレートな表現が苦手なのでどうしても避けてしまうので
そこ勉強してみます

参考の音源も聞いてみます
ありがとう。

161 :ドレミファ名無シド:2010/05/27(木) 10:35:18 ID:Rd/ljH3m
「風上」

白いカーテン なびかせて
さわやかな  初夏の風

ふいに ほんのり 甘酸っぱい
香りのすなる 振りむけば

 おぉデブよ
 おれの風上に立たないでおくれ

 
重い足腰  引きずって
ささやかな 民族移動

ふいに ほんのり 甘酸っぱい
これはいかに 東南の風

 おぉデブよ
 おれの風上に立たないでおくれ

162 :ドレミファ名無シド:2010/05/27(木) 23:29:48 ID:hNXB3h0v
>>161
歌としての形式は、まとまってると思う。
内容的には、風とデブがポイントであり、
さわやかな風を邪魔するデブを嘆くというのは十分伝わるが、
それだけってのも面白みに欠ける。
これがたとえば、極寒の風だったら感謝に変わってくるわけだろう。
そこらへんは短絡的で底が浅いと言わざるを得ない。

163 :ドレミファ名無シド:2010/05/28(金) 19:23:26 ID:0Vs2Soy4
>>161
これ評価しろって言われてもなかなかきついw
結局は自己満足な歌にしかなり得そうにないし、納得してればいいんじゃない?

164 :ドレミファ名無シド:2010/05/28(金) 20:48:59 ID:YvnuJscv
初作詞です
文化祭のテーマソングとして、スローガン "WILL" を念頭に置いて、できるだけストレートに明るく書きました。
評価お願いします。

「未来花」
アスファルトに咲く タンポポの花のように 力強く 生きてゆきたいんだ
蹴られても踏まれても 夢を抱いて まっすぐ未来へと 進むよ

強い風が吹く日も 土砂降りの雨の日も 背筋を伸ばして 胸を張って
風が凪ぎ雨止んだら きっと明日は 青い空 見えるから

さあ 強い想いを 胸にして今 立ち上がるよ 
ほら そこにある未来は いつでも輝いてる

君が落ち込んで 泣きそうになった時には 僕が君だけの 一輪の花になろう
ずっと側にいて 笑顔を取り戻すための 一輪の花になろう

寂しい夕暮れも 暗く不安な夜も ふたり一緒ならば きっと大丈夫
どんな長い夜も 明けないことなど 決して 無いのだから

さあ 重い窓開けて 朝焼けの景色を 抱きしめよう
ほら 今日からの未来も そこで輝いてる

いつか君の側に 僕がいなくなっても きっと君は前を向き 歩いてゆける
友達という名の花が 君のもとに たくさん 咲いてるから

さあ 強い想いを 胸にして今 駆け出そう
ほら その先の未来は いつでも輝いてる
誰にでも輝いてる

165 :ドレミファ名無シド:2010/05/28(金) 21:28:49 ID:Vp7kjw/I
>164
そんな大切なもの晒して良いのか?w
特定されるかもわからんのに

テーマソングは書いた事ないからわからないけど、というか文化祭にテーマソングなんてあるんだ
どうせだったら題名も「WILL」にしちゃえば?

やはり、印象に残る事が第一だろうね
そういう視点でこの歌詞を見てみると、同じような表現で割とありきたりな文章が続くから、聴き終わった後に印象に残らないと思う
だから表現を詰め込むんじゃなくちゃんと厳選して、何よりインパクトの強い繰り返し部分を作って、しっかり印象を残せる歌詞を目指すべきじゃないかな
あんまり長いと変な空気になりそうだし

それから「ふたり一緒ならば」じゃなくて「みんな一緒ならば」の方がいいな

割とテーマソングがしっかり認知される文化があるなら、みんなを煽れるような所を作っても良いかもしれないけど
軽音部が勝手に作るとかだったら、ただでさえ痛いのに更に滑りそうだなw
まあ黒歴史にするつもりで吹っ切れろ、と上から目線でアドバイスしときます
黒歴史も一応良い思い出にはなるよ、経験上


166 :ドレミファ名無シド:2010/05/28(金) 22:31:42 ID:YvnuJscv
>>165
評価ありがとうございます。
ベタでくどいかな・・・と思っていたら案の定でしたか。もう少し練ってみます。
題名を「WILL」にすることも考えましたが、スローガンと同じというのもアレかと思いまして・・・
曲はA-B-C-A-B-C-B-Cという構成で、4分ちょうどに収まったので間延びに関しては大丈夫かと思います。

>テーマソングがしっかり認知される文化
これについては、生徒会が募集して、生徒の投票で決まるので心配ないです。
例年、テーマソングは開会式で全校の前で演奏させられますw

167 :ドレミファ名無シド:2010/05/28(金) 23:06:42 ID:TjBrFRi1
>>166
なんだまだ決まってないのかw
確かに題名まんまにすると顰蹙買いそうだな

どういう傾向かはわからないけど、歌詞よりも親しみやすいメロディーが第一じゃないかな
そのためにも、どちらかと言えば口ずさみやすさ、韻をしっかり踏んでいくことを念頭に踏んだ方がいいかもね

168 :ドレミファ名無シド:2010/05/30(日) 00:28:32 ID:J97qNWWt
少し刺激されてストレートな歌詞を書いてみました
勢いで書いたので少し荒いですが、まあいつも評価ばかりしていてもあれなので投稿してみます
評価よろしくお願いします



169 :ドレミファ名無シド:2010/05/30(日) 00:50:15 ID:J97qNWWt
「気になるあの娘」

A:君じゃなきゃ駄目なんだろうか 自問自答の繰り返し
  最近気になるあの娘の事さえ うまく考えられない

B:最後に君見たのいつだっけ ただすれ違っただけ
  最近気を違えそうになるんだ よくわからないんだ
 
C:もし君とあの娘が 僕を同時に好きになって 
  二人が僕の手を引っ張るなら 僕はきっと君についてく

C:でももしあの娘が こっちに上目遣い
  君がそっぽ向いてそっち行くなら どうなるんだろうな どうなるんだろうな

A:君のこと好きなんだろうか 自己没入に戯れて
  最近気になるあの娘の事さえ うまく好きになれない

B:最後の恋だと君を見て思う 大分前の話
  最近前がわからないんだ よくわからないんだ
  
C:もし君とあの娘が前から同時にいなくなって
  二人の行方を捜しに行くなら 僕はきっと君を追いかける

C:でももしあの娘は そばで寄り添って
  君がどっかあっち消えてゆくなら それでいいのかな それがいいのかな
 
C:でももし君が そばにいて微笑んで
  僕とこっちへ付いてくるなら それがいいのに そうならいいのに



170 :ドレミファ名無シド:2010/05/30(日) 13:05:12 ID:0vtxpbL4
>169
比喩も情景描写も無しで
余りにも直線的に主人公の苦悩(苦悩自体はややこしい)のみを描いたスタイルはある意味ストロング

しかし、この苦悩のみを話されて共感はムリ!
人前に出て発表する議題とは思えないw

このテーマならリスナーに映像として浮かぶエピソードを与える事が必要でないかと

このままでは主人公の事も二人の女の子の事も「しらん!」と言うのが正直な感想

171 :ドレミファ名無シド:2010/05/30(日) 15:53:56 ID:gBBpjh6K
>>170
ありがとうございます

まあ基本は「自己没入に戯れ」た話なのでw
ただ確かにCの「でももし〜」の方は少し現実を持ち出しても良いかもしれませんね

主人公の駄目さを表現しようと思ってあまり共感は求めていなかったのですが、
全否定されてみると気になってきました、こういう感じの事って考えた事ないですか?
みんな強いなw俺が弱いのかな


あともうひと方程意見を寄せていただけると嬉しいです


172 :「たからもの」1/2:2010/05/30(日) 22:23:51 ID:HfQE1Kl1
サビ:ここにいるよ ずっと祈っているから
 「あなたを包む世界が しあわせ色であるように」

A:ささいな偶然が与えてくれた 
 心地よさが当たり前だった
 吹き抜ける風 黄金の花びらゆらして 
 あなたをもまた咲かせた

B:明日がどんなかたちかなんて 
 知らなくても笑っていられた
 鮮やかに描かれた楽園は 
 壊れる瞬間も鮮やかすぎて

サビ:見つけにゆくよ どんな闇さえ超えて 
 あなたがなくした「たからもの」
 ここにいるよ ずっと祈っているから 
 「あなたを包む世界が しあわせ色であるように」

173 :「たからもの」2/2:2010/05/30(日) 22:24:33 ID:HfQE1Kl1
A:ささいな偶然が与えていった 
 鋭く鈍い決裂の音
 吹き抜けた風 黄金の花びら散らして 
 あなたをもまた枯らした

B:あたたかい、と なまぬるい、は 
 同じようで全然違うこと
 虚しいだけの過去にすがるより 
 新しい光へと流されましょう

サビ:探しにゆくよ どこにでもありふれた 
 あなたが忘れた「たからもの」
 ここで待つよ ずっと呼び続けるよ 
 「あなたが笑う世界が しあわせ色であるように」

C:優しくなんかなくたっていい 
 ほんもののあなたでいてほしい
 独りじゃないんだと そう思えるならば
 この身を悦んで捧げましょう

サビ:届けにゆくよ 失うと知ってても 
 あなたを繋いだ「たからもの」 
 砕け散ったら かけらを集めて
 まだ見ぬ日の思い出に変えましょう

サビ:紡いでゆくよ どこにでもありふれた 
 あなたと繋がる「たからもの」
 ここにいるよ ずっとそばにいるから 
 「あなたが笑う世界が しあわせ色であるように」

174 :ドレミファ名無シド:2010/05/30(日) 22:24:55 ID:Pq/6XR0J
俺は一人で激しい雨の中
ずぶ濡れ 打たれてたかった
汚れた身体と醜い心を
洗い流そうとしてたんだ

こんな時代に 何を信じて 生きていったらいいのだろう
問いかけても答えは出ない

傷つくことを恐れてはいない どんなにきつい道のりも
ちっぽけな ちっぽけな俺は
前のめりに立った一匹の虫になる

風に倒されぬかるんだ泥の中
がむしゃらに 這いつくばってた
きれいなものとは汗とか涙が
洗い流してくれたもの

何が真実 何が偽り 頭の中で考えても
近道しちゃ答えは出ない

死んでくことを嘆いたりしない どんなに長い永遠も
不器用な 不器用な俺は
振り返らず ただのひたむきな虫になる

命の限り 無様でもいいさ
地べたで叫ぶ魂よ
生きること 生きること 俺はしがみつく 
傷つくことを恐れてはいない どんなにきつい道のりも
ちっぽけなちっぽけな俺は
前のめりに立った一匹の虫になる

175 :ドレミファ名無シド:2010/06/01(火) 21:12:14 ID:EFJ3yjV5
>>169
テーマはいいと思うけど、代名詞の君とあの娘を使い続けてるのは
文章ぽくてくどい感じがする
>>172-173
ちょっと尺長そうだけど(5〜8分?)無難にまとまってる
特に文句はない
>>174
ネガ→ポジな歌詞として、だいたいいいと思いきや
最後に「虫になる」で結ぶと、カフカの変身とか思い出すし
なんかシュールだな。
虫のイメージってちょっと広いからなあ。
アリとかならまだイメージわくかも・・・?

176 :ドレミファ名無シド:2010/06/01(火) 21:47:06 ID:insPdZOb
>>175
確かに少しクドいですね
もう一度推敲してみます!

177 :ドレミファ名無シド:2010/06/01(火) 21:58:00 ID:insPdZOb
>>173
ちょっと長いかなー
例えば、あなたとの関係が壊れるって本当に一瞬の事だと思うんだけど、その叙述がちょっと多いかも
むしろ「壊れる瞬間も鮮やかすぎて」という表現だけに留めた方がズシリと重さが来るかもしれない

>>174
俺もカフカの「虫」を思い出した、あれはゴキブリらしいけどね
もっと虫についての記述を増やした方がいいかも
泥の中を這いずりまわってるのは人間の状態だよね?

178 :ドレミファ名無シド:2010/06/01(火) 22:19:56 ID:eyqhvljf
「ポスト・スクリプト」
小さい頃に夢見てたのは おはなしの国のお姫様
絶対不変の幸せが そこにはあると思ってた
大人になって気付いたことは おはなしの国のお姫様
エンドマークのその先に 未来はまだ続いてる

「永遠に幸せに暮らした」たった十五文字のお約束
その向こう側は誰も知らない 仰ぐ空の色は何? 

走り出そう 夢に見ていた 幸せの向こうを探しに
まだ終わらせないよ いちばん最後の瞬間(とき)を見るまで
本当は 知っていたんだ 人生はまだまだ長くて
知りたいことはそう 決めつけられた未来じゃない

小さい頃に夢見てたのは おはなしの国のお姫様
いつか隣に立つ人は 職業だけ決まってた

「姫は王子と結ばれました」たった十五文字のお約束
姫が本当に愛してたのは 魔法使いだったかも

さあ行こう どこを目指すの すべてこの手で決められる
まだ終わらせないよ いちばん最後に笑えているかな
本当は 知っていたんだ 人生はいろいろあって
知りたいことはそう お城へつづく道じゃない

エンドマーク塗りつぶして その先への扉ひらけ 
鍵ならもう持っているはず

さあ行こう 夢に見ていた 奇麗なドレス脱ぎ捨てて
まだ終わらせないよ いちばん最後に笑えているかな
本当は 知っていたんだ 人生はまだまだ長くて
知りたいことはそう 決めつけられた未来じゃない

179 :ドレミファ名無シド:2010/06/02(水) 01:47:39 ID:6QOSRm7W
>>177
甲虫類としたのはよくあるが、ゴキブリだといってるのは誰の説?

180 :ドレミファ名無シド:2010/06/02(水) 06:30:45 ID:CzdGho1R
>>145
雲は本当は白くなんかなくて
僕には偽りのグレーが見える
僕が見ている この空の青だって
君には濁って見えているかもしれない

少しずつ 少しずつ
パレットの上で混ぜた 二色の絵の具
少しだけ 少しだけ
優しい色になった

それは 君には 何色に見える?

分かり合えないと知っても それでも僕は願うよ
いつか本当の 透き通った青を

どこかで何かを間違えて
わずかに濁ってしまっても
いつかどこかですれ違って
傷付け合ってしまっても

また絵の具を付け足して 少しずつ混ぜた
それは 君には 何色に見える?

分かり合えないなんて そんな寂しいこと言わないで
僕は願うよ
いつか喜びが混ざり合って
空に溶け出して染まるように

いつか 本当の青を



181 :ドレミファ名無シド:2010/06/02(水) 09:04:58 ID:3o1rP81t
テスト


182 :ドレミファ名無シド:2010/06/02(水) 18:52:58 ID:0Wj5Twfj
>>179
誰だったかなどっかの釈本だったと思うけど、まあ読む限りは甲虫は確実だろう

ドイツ語はゴキブリって単語はあるんだけど、チェコ語はわからん
でもアルプス以南に旅行したこともあるみたいで、ゴキブリを見た可能性は大いにあるし、
光(メタファ的な光)に対して負の走性を持ってる所とかゴキブリっぽいよね
まあカフカ自身は表紙に虫を書くな、と言ってたらしいから、あくまで表象である事はわかるけど
でもモデルはあっただろうね

スレチ御免

183 :ドレミファ名無シド:2010/06/02(水) 19:08:29 ID:0Wj5Twfj
>>180
おお、勝手に評価して返してもらえるなんて嬉しいw

>それは君には 何色に見える?
このフレーズはずごくいい、もっと生かした方がいい
「それは」付けると重いからいらないと思う

それで、空についての記述(認識の違い)と絵具(認識の統合)が交互で少し混乱してるかも
1番:問題提示(空)→2番:解決策(絵具)→最後の大サビ:認識に対するフィードバック
の方が流れがいいかな

あとやっぱり、少し字数が整ってないし、もう少し洗練した方がいい
内容はしっかりしてると思うから




184 :ドレミファ名無シド:2010/06/02(水) 19:19:11 ID:0Wj5Twfj
>>178
「おとぎの国」じゃ駄目なのかな?
「大人」と掛ってくるし、語呂もいいと思うんだけど

あと「仰ぐ空の色は何?」も言いたい事はわかるけど、仰ぐって上方を見る事だから
向こう側の空を見るって表現にはあんまり適さないと思う

それからやっぱり語数が整ってないかな
例えば「そこにはあると思ってた」と「未来はまだ続いてる」は同じ旋律だと思うんだけど、
だったら「未来はまだまだ続いてる」とかしっかり揃えた方がいい
それと「十五文字のお約束」とかアクセントをつける表現なのに、語呂が悪すぎる

もう少しサビ、Aメロ、Bメロを意識して書いてみてください
このままだと何処が何処だかわからない、というかCメロまであるのかな?




185 :ドレミファ名無シド:2010/06/02(水) 19:20:36 ID:0Wj5Twfj
ごめん
「たった十五文字のお約束」の語呂が悪い

186 :ドレミファ名無シド:2010/06/02(水) 21:00:43 ID:BpA0N3lQ
>>178
言いたいことは伝わってくるけど、表現が直接的過ぎて稚拙
もっとひねったほうがいい
これじゃ作詞じゃなくて作文だ

187 :ドレミファ名無シド:2010/06/02(水) 23:11:26 ID:CzdGho1R
>>183
ありがとうございます!
考えてまた書き込むので、評価お願いします!

188 :ドレミファ名無シド:2010/06/03(木) 00:02:37 ID:la9FQISS
「きたないやりとり」

目をそらす人の限界を感じる
おねえさま おにいさま
タテマエの笑顔に裏を感じる
おねえさま おにいさま

ライトが薄暗くて ごまかせると思ったのか
俺は知っている 俺にはバレてる

空気に偽善のことばを感じる
おねえさま おにいさま
鏡にうつった哀しみと怒り
おねえさま おにいさま

ライトが薄暗くて ごまかせると思ったのか
俺は知っている 俺にはバレてる

ライトが薄暗くて ごまかせると思ったのか
俺は知っている 俺にはバレてる

189 :ドレミファ名無シド:2010/06/03(木) 17:36:20 ID:3m2AQJ0H
題名は考え中です。よろしくお願いします↓

だからそんなことは言われなくてもわかっているのに

そうやってこうやってそうやってこうやって
知らない女を裸にさせて笑っててうなづいて明日の朝にはうなづきもなくて
私だって女ですもの
私だって人間ですもの
私だって女ですもの
私だって人間ですもの

「だから感じてしまえばいいんじゃない」

わからないことばかり
積み上げたものばかり
だから目の前が敵ばかり
はっと振り向けば…

だれもいないいないいないいないいない
ああ馬鹿じゃねぇアホじゃねぇ抱かれてしまえば楽じゃねぇ
このまま生きてる意味なんか探すだけ無駄無駄無駄無計画
打算打算打算出してほらあらあらあらあっというま
抱かれしまえば痛い痛い痛いことばかり

だからそんなことは言われなくてもわかってるのに
君が好き

190 :ドレミファ名無シド:2010/06/03(木) 22:10:49 ID:la9FQISS
>>189
もっとムダをそぎ落として、本当に言いたいことだけを繰り返したほうが印象的。



191 :ドレミファ名無シド:2010/06/04(金) 00:24:01 ID:iYyoRPJv
>>188
で結局何なのかがわからないな
俺って一人称を使ってるのは、主人公の内面の人格だと思うんだけど、
「おねえさま おにいさま」ってのは誰が使ってるんだろ?主人公の外面の人格?他人?

今時「おねえさま おにいさま」って言葉を使う場面て馴染みがないからうまく想像できない

192 :ドレミファ名無シド:2010/06/04(金) 00:28:06 ID:iYyoRPJv
>>189
テンプレは読んだ?
題名なんかどうでもいいんだけど、
「詞と詩の違いはググって」「字脚・字数をそろえる事」
って書いてあるよね?

まあ詞と詩の違いってあるけどさ、どっちもある程度の制約を守らないとそれとは言えないし、
事に詞となるとその制約も多くなって来る訳で
自由に書くのは良いけど、それは完全に楽曲勝負になってしまうから、このスレの目的とは少し沿わないんだよね
楽曲評価スレもあると思うから、そちらへどうぞ

193 :ドレミファ名無シド:2010/06/04(金) 02:03:32 ID:NtIOVCH3
2u4u

日溜まりの優しさで 忘れかけた温もりは 二つ並んだ 影法師の隙間に 
ゆっくりと染み込んだ

赤く染まった頬を 夕日のせいにしてみたけど 気付かれたかな?

目を細めた君の横顔が なんとなく悲しくて 悔しくて切なくて 目を擦ってる間に 空が黒くなってたからさ 一度きり明日へと 寧日を願います この瞬間を 2u4u

枯れ堕ちた言の葉を いつの日か見失った 
哀史でさえも 見て見ぬ振りをしなさいと ゆっくりと刷り込まれ

涙伝った頬を 庇って祈っていたけど 気付かれたかな?

丘の上から見渡した街は 喜びも悲しみも 欲張った僕みたい 君と語ってる間に 灯り一つ消えてたからさ 星空が少しだけ 笑ってる気がしたよ ねぇkissしよう 2u4u

僕の想いは 願いを経て祈りへ いつの日か誓いへと

腕に潜った君の全てが 狂うほど可愛くて 愛しくて胸弾んで 頭撫でてる間に 寝息静かにたててたからさ 君となら永遠を 心から誓います この瞬間に 2u4u ねぇkissしよう 2u4u

194 :ドレミファ名無シド:2010/06/04(金) 02:27:30 ID:0GWpXQTr
「おしゃべり」

気がつくと太陽が昇り始め
今日の始まりを告げる鳥の声
眠れない訳じゃない
ただ時間の使い方を間違えて
その埋め合わせをしているだけなんだ

今日はもう寝ることにするよ
朝が恐いから

だからまた今度にしよう
今はもう時間がないから
いつでも出来るだろう?
楽しいくだらないおしゃべりは

195 :ドレミファ名無シド:2010/06/04(金) 05:46:52 ID:3wpERCOl
少し長めですが目を通して頂けると嬉しいです。

「はるの種」

水溜まり映す朧雲(おぼろぐも)
子供の声が街を駆ける
陽だまりの猫も
目を細めている

溜息溶けて風に舞い
見上げた木に春の便り
胸に空いた穴は
何が塞いでくれんだろうな
何億通りの暮らしがあるけれど
同じ空の下で汗をかき生きてるよ

心の隙間を君は抜け出したら
走り回るよ転んだら笑えばいい
答えを探せば向かい風も吹くけど
不安や迷いは遠く飛んでいけ

196 :ドレミファ名無シド:2010/06/04(金) 05:54:30 ID:3wpERCOl
(続き)
信号待ちの交差点で
電話に慌てたあの人は
嬉しそうな顔で
涙を拭っている

頬杖ついて探してる
何か良い事、楽な事
仕事は山積み
逃げ出したくもなるね

日々忙しなく(せわしなく)孤独も好きになる
だけど泣いて笑って恋をして夢も見る

大人の振りして今もくすぶってんだ
言葉も選ばないありのまま伝えたい
支えたい守りたい大切な人が居て
何気ない瞬間が今日も美しい

出会いは種、別れには花を咲かし
また四月の風、その種を次の場所へ連れてくよ

心の隙間を君は抜け出したら
走り回るよ転んだら笑えばいい
答えを探せば向かい風も吹くけど
不安や迷いは遠く飛んでいけ
明日もあさっても世界は廻るけど
忘れないできっと君は君でいい
止まらないで行こうよ春を駆けるように。

197 :ドレミファ名無シド:2010/06/04(金) 07:13:56 ID:Rkn50/M9
ちょっと長いかもしれないですごめんなさい

「女神喪失」
振動…小波…数字…

やめてよして  お忘れになって

思い出は甘いウタカタ
何時までも消えないよって 空ろに笑った あの日のあたし

嗚呼囁いて 滅ぼして    優しさなんて屑だから
モラルとか常識とかそんなのホントにどーでもいいの

嗚呼忘れさせて 嘘…刻み込んで  神の無慈悲に期待してるのよあたし
全部全部根こそぎ持っていってよ

減り行く数字 あたしの狂気  
反比例… ほら歪んでいくでしょう?


198 :ドレミファ名無シド:2010/06/04(金) 07:15:08 ID:Rkn50/M9
やめてよして お忘れになって

道筋は結局続いてる
無理やりぶっちぎったらどーなるのって   興味津々 今のあたし

嗚呼囁いて 滅ぼして   優しさなんて屑だから
イノチとかシアワセとかそんなのホントにどーでもいいの

嗚呼欲しなさい もっと壊れて   あたしなんて屑だから
もっともっと壊してしまえばいい
もっともっと焼き尽くしたっていい

さあ囁いて  耳元で今直ぐに!
あたしが一番欲しい言葉
嗚呼・・・

『死になさい』

もう消えた数字 あたしの身体
フェードアウト… ほら、消えていくでしょう…


199 :ドレミファ名無シド:2010/06/04(金) 21:11:53 ID:rwDtr085
>>193
読みにくいです。あと、どこが何のたとえなのかが分かりにくいです。

>>194
字脚・字数のそろってるところが無いんですが、最終的にどれかのパートを繰り返すんですか?

>>195
>>196
たしかに長いですね。でも世界観は好きです。描かれた世界が
実際に見たものか想像で書いたものかで、歌うときの説得力が変わるのではないでしょうか。

>>197
>>198
これも、ちょっと確信、「ぶっちゃけ何が気になってるか」がぼやけているので、
はっきり書いてしまっていいと思います。


200 :ドレミファ名無シド:2010/06/05(土) 00:18:39 ID:omXrVR/e
Hello?Good-bye?"work"


君から急に伝えられた言葉
「明日から…来ないで良いよ…」


桜の蕾が風に揺れていた
僕は君と過ごすため
いつもの場所に向かった

君とはずっと一緒だった
だから分かるよ
いつもと雰囲気が違うこと

受け入れたくなかった
受け入れるしかなかった
君との 「ワカレ」を

Thank you & Goodbye
もう出会うことはないよね
君とずっと一緒にいたかった
だけど、君だって辛いこと
僕は一番分かってるよ
だから
I'll find new my "work"


1/3

201 :ドレミファ名無シド:2010/06/05(土) 00:19:28 ID:omXrVR/e
新しい居場所と出逢うため
僕はキミを探したよ
沢山の場所に願ったよ
全てはキミと出逢うため

そして届いたキミの手紙
僕の涙が紙を濡らしたよ
「明日から…来てください…」

Thank you & Hello
キミとずっと過ごせるように
僕の精一杯を君に捧ぐよ
キミへの想いが僕の全てさ
僕の居場所を守ってね?
Forever
I'll stay with new "work"

2/3

202 :ドレミファ名無シド:2010/06/05(土) 00:20:34 ID:omXrVR/e
最初はまだまだ半熟で
キミに満足させられない
だけど早く力になるために
君への想いは ずっと変わらずに
だから…
Don't say "fire"


Thank you & Hello
キミとずっと過ごせるように
僕の精一杯を君に捧ぐよ
キミへの想いが僕の全てさ
僕の居場所を守ってね?
Forever
I'll fight for my "work"

君と過ごして一年間
君の力になれたかな?
もっともっとがんばるよ
だから
Don't Say "fire"

3/3

203 :ドレミファ名無シド:2010/06/05(土) 01:54:38 ID:O+0c1Oq6
>>199
評価有難うございます!
実際に見た風景なのでおっしゃる通り歌う時に感情が入りやすいです

204 :ドレミファ名無シド:2010/06/05(土) 02:19:54 ID:6q3S7XY7
『六月の雨』

薄暗い昼下がり 新しい傘ちょっとわくわく
耳に心地良い音 疲れた頭ちょっとさめざめ
街にも人にもさ 用なんかないけどね
ぶらりと散歩でも してみたい気分なの

人もまばらなモール 横目に進むシャワーロード
去年買ったスカート 裾が濡れても大丈夫です
Bluish Jun そんな悪くないでしょ
何にも気にしない 計画的無計画

暗いくらいはノークライ
緩やかに揺蕩いたいよ
呟き囁き独り言
みんな掻き消す雨が好き

(Faded sky Slowly time Nonsense talk Rainy blue)

熱と一緒にいろんなものが 気化して空に昇ってく
身体が冷えて寂しくなれば 君に電話をするかもね

205 :ドレミファ名無シド:2010/06/05(土) 23:51:09 ID:3bxOee1n
「鉄」
君が為し 日々を象る
ひとつひとつの、それらすべては自己都合

意志はなくとも、意思さえあれば
希望はなくとも、忖度しあえば

脳より電気を発生せしめ
而して筋肉を収縮させん
音素を選択したるのち結んでは
弁を震わせ空気を揺さぶる

 心という名の遇有性
 可及的速やかに排除せよ
 しかる後そのスペエスに
 鉄の檻をば構えるべし

もの悲し 季節織りなす
ひとつひとつに、老いを感ずるこの身の上

知りたる昨日と、知りえぬ明日
未来に背を向け、記憶をたどらん

まばゆい都市の消えぬ灯りよ
この身を削りて薪とせよ
生けとし生けるものの炭素を
酸素と結びて化合せしめよ

 けして解けないパラドクス
 人はそれをば愛と呼び
 後生大事に抱えこんでは
 鉄の鎖となりにけるかな

206 :ドレミファ名無シド:2010/06/08(火) 07:13:04 ID:K/HNXZ2H
【Alive a Live Star,s】

夢追う人を星に例えよう 僕らは空に光る旅人
君と夜に落ちたときから歩き続けてる この手を離さないで

Alive a Live Star,s 君だけの夢に導いてあげる もっと側で
旅の果てが別れの時でも 栄光を捧ぐ 行こう無数の流星群を
Alive a Live Star,s

映る景色は同じものじゃない 夜は深まり道は狭まる
傷つきながら消える星達越えて抜け出した さあ壁を壊して!

Alive a Live Star,s 君だけの場所が目の前にあろうと僕は追えない
この旅路を忘れないでいて 変わりゆく明日に時を越えて生きるために

傷ついても側にいたいけど 僕はもう歩けない 君だけが輝いて
その涙流すなら新しい始まりに やがて朝が来れば君の声が響くだろう 別れの時

Alive a Live Star,s 君の行く末を見てみたい だけど僕は消える
夢の欠片集めて贈ろう 託された願い 眩しい星の祝福を
Alive a Live Star,s

遠い空に昇り始めてる朝焼けに照らされて いつまでも いつまでも 終わらない夜はない
君だけは輝いてどこまでも行けるから いつまでも いつまでも 輝いて

Alive a Live Star...Ah Ah Ah Ah Ah....

星に願いを・・・


すでに自作してある曲に後からつけた歌詞です。ご感想をよろしくお願いします。


207 :ドレミファ名無シド:2010/06/08(火) 14:14:00 ID:cKfyM2Tr
>>205
数学専攻だった漏れとしては、「けして解けないパラドクス」というのに違和感を感じるが
一般の感覚としてはどうなんだろう? 一般用語としてはあってるのかな?

208 :ドレミファ名無シド:2010/06/08(火) 19:45:34 ID:3Wq78wpi
>>207
だよねw
まあ俺も理系だけど、パラドックスって別におかしく思えるだけで間違ったことではないのに

あとみんな下手な英語使いたがり過ぎ
面白おかしい曲なら良いけど、シリアスな曲でそういうの使われると
そこを直せとまず言いたくなって、他の部分の評価に支障が出てしまう
>Alive a Live Star,s
特にこれはやばい、中学英語からやり直した方がいい

あと最近体言止めを使った詞があるけど、それならしっかり韻を踏まなきゃ
体言止めの元々が文章のリズムを作る事なのに、それの意味無いじゃん

もう少し何というか、今まで評価してきたのを見てもらって、他人事だと思わないで考えてほしい
今のところ評価してるのは俺含めて2、3人みたいだし、結局同じことばっかり言うようになってしまって辛い



209 :ドレミファ名無シド:2010/06/08(火) 20:02:03 ID:BJ5I4Sc2
英語はまあ、合ってるかどうかばっかり気にしてたら書いてられないし、俺はべつにイイと思う。
ヒット曲にだってズレてるやつ在るし、伝えたかったら正しい発音まで必要になるし。

ただ、本当はメロディも伴奏も考えてないんじゃないか?てのが多い。
「歌」にしていく途中でもっと語呂とか磨くだろう。




210 :ドレミファ名無シド:2010/06/08(火) 20:49:03 ID:QumeAhc8
パラドックスが解けないとか、普通に詩的表現で済むだろ
そんなんで詩なんか書けるのか理系はw

211 :ドレミファ名無シド:2010/06/08(火) 20:51:18 ID:cKfyM2Tr
>>208
> パラドックスって別におかしく思えるだけで…

数学では、広義のパラドクスはそれも含むんだけど、 狭義には矛盾を指すんだ。
というか幾つかの特例を除いて通常は狭義の意味で使う。
違和感があるのは、狭義のパラドクスのある系では、どんなことでも証明できてしまう
つまり 「解けない問題はない」 こと。 
さらに、広義の意味でも、それがパラドクスだということは解けたということに他ならないから。

解けないのはパラドクスではなくて未解決だね。
実は解けないことが証明されている問題もあるんだけど、そういうのはパラドクスとは言わない。 

一般的な意味でもパラドクスって矛盾という意味で使うと思うんだけど
矛盾 と 解けない てのが 自分のかなかでは どうもうまく結びつかない。
で、 一般の人はどうなのかな? と 思った。

「けして解けない ラビリンス」 とかなら とくに違和感は感じないんだけど


212 :ドレミファ名無シド:2010/06/08(火) 20:57:41 ID:QumeAhc8
ってかそもそも>>205全体が意味不明
というのをスルーできる、という感覚がおかしいと思う
さすが理系

213 :ドレミファ名無シド:2010/06/08(火) 21:00:49 ID:cKfyM2Tr
>>210
詩的表現と言えば済むかどうかの話じゃなくて
それから受ける印象が、作者の意図どおりになっているかどうかという話がしたかったのです。

「教会で、拍手打って、なんまいだ」 ってのは詩的表現としてはもちろん ○なわけだけど。
滑稽な様子と受けるのか、神妙な雰囲気と受けるのかは、書き手と読み手の知識や常識によるわけで
ひょっとしてそういうところでもしかして行き違いがあったりしないのかなと思ったまでなんです。



214 :ドレミファ名無シド:2010/06/08(火) 21:04:31 ID:QumeAhc8
>作者の意図どおりになっているか
ああたしかにそれはわからんけど
説明する気ないと読み取っていいんじゃないかね
全体的にわかんないんだし

215 :ドレミファ名無シド:2010/06/08(火) 21:20:05 ID:3Wq78wpi
>>209
>ヒット曲にだってズレてるやつ在るし、伝えたかったら正しい発音まで必要になるし。
それはちがう
だって詞は伝える事が第一だし、売れてるものが良いものだとは限らないよね
当然音、語呂として英語を取り入れるのは良い事だと思うけど、それを無視して使うのはやっぱり間違ってると思う
その点では同意見です

>>211
大変勉強になりました
矛盾しているように見えて矛盾していない状態、矛盾する二つの事柄が同時に存在する状態
だと思ってたんだけど、同じ事だよね?
前者が広義で後者が狭義の意味でいいのかな

>>212
なんでそんなステレオタイプなんだよw
この世界がニ元論で片づけられる訳がないだろ

文章を作ってるのは当然単語であるし、文節であるし、それを無視して文章は語れないよね
だから言いたい事を意味不明にしてるその単語の捉え方を議論している訳で



216 :ドレミファ名無シド:2010/06/08(火) 21:24:04 ID:3Wq78wpi
>>214
説明する気が無いはおかしい
説明する術を知らないだけで、何か性善説的だけど
表現の仕方を覚えれば伝えたい事は見えてくるはず

217 :ドレミファ名無シド:2010/06/08(火) 22:52:10 ID:K/HNXZ2H
>Alive a Live Star,s
特にこれはやばい、中学英語からやり直した方がいい


Alive a Live Star,s ってそんなにやばいんですね・・・
なんかリズム感がいいから使おう。って程度にしか考えていませんでした。



218 :ドレミファ名無シド:2010/06/08(火) 23:19:55 ID:MiYqnXjG
>>205っす

意識したのはウェーバーのプロ倫。

主人公は意志と意思の差を重視しないし、能動性と受動性を区別しない。
だから、すべては自己都合だと思っている。
もともと我々には自由意志の存否を議論する伝統などないのだから。
したがって、心とは目的と手段における効率性を、
監視し、制御し、修正するための何かであればよく、
それ以上は過剰、つまり無駄に過ぎないと思っている。
そしてそこに遇有的な何かが入り込むこと−それにより計測が困難となることを忌み嫌っている。
よって、その領域に鉄の檻を設けよと願う。
そこは能動性と受動性の区別が意味をなさない世界のことだ。

「ピューリタンは天職人たらんと欲した──われわれは天職人たらざるをえない」

おれ的解釈だけど、詞だからいいだろ。
二番は一番だけだと寂しいんで、つけた。意味はないっす。
語呂とか音節だけで選んでるっす。パラドクスについて面白い話聞けたんで、よかったです。

219 :ドレミファ名無シド:2010/06/08(火) 23:26:36 ID:MiYqnXjG
あとな、おれは確かに詞を作るのが下手だけれども。
それでも詞ほど説明的であることから遠いものってないと思うぞ。
意味不明でも、それは意味不明なまま、受け入れる、感じる、ってのが詞の享受の仕方じゃないのか。
それができないのは・・・・
たとえるならば、挿入しといて「ねぇ、入ってる?」とか確認する男と同じくらい気持ちわるい。


220 :ドレミファ名無シド:2010/06/08(火) 23:57:04 ID:QumeAhc8
>>215
そもそも全体が理解不能なのに
一部の言葉だけとりあげて訂正できる神経がおかしいって言ってんの
意味不明な歌詞自体が駄目とは言ってない
>>218
ポエムなんて厳密に表現できないんだから好き勝手言われてなんぼだ
論文のがいいぞw

221 :220:2010/06/09(水) 00:04:50 ID:ZtT3XX3S
ってか結局言葉おかしいからってやめちゃうわけ?
パラドクス以降消しちゃうなら何も言うことないけど


222 :ドレミファ名無シド:2010/06/09(水) 00:13:30 ID:zFPq0JJU
>>217
まあ言いたい事は色々あるけど、Star,sはないだろw
'←出し方分んなかったの?

223 :ドレミファ名無シド:2010/06/09(水) 00:19:19 ID:zFPq0JJU
>>220
全体的に意味がわからない事が悪いなんて俺も言ってないよw
パラドクスは言葉の意味があってないと思ったから指摘したんだって
その違いはわかってもらえる?
表現に関しては、そりゃ個人の自由の領域だから正解も不正解もない、訂正なんてしないよ

224 :ドレミファ名無シド:2010/06/09(水) 00:22:03 ID:mHyYcw2S
>>220
> 一部の言葉だけとりあげて訂正できる

何度も言うけど、 訂正なんかしてないよ。 
そこの流れの意味は? とたずねただけだよ。 作者と読者の両方にね。
全体としてもそんなに意味不明な物じゃないと思うけどな。


225 :ドレミファ名無シド:2010/06/09(水) 00:23:14 ID:mHyYcw2S
ありゃ、ちょうど同じタイミングでかぶりましたね。
私が元数学屋のほうです。


226 :ドレミファ名無シド:2010/06/09(水) 00:27:16 ID:zFPq0JJU
>>219
評価してもらいたいって事は、「ねえ、何が入ってるかわかる?」って聴きたいんじゃないの?
それに対して「入れてるの?全然わからないんだけど、感じない」って言われて傷つくのはわかるけど

このスレの主旨はカエルの解剖だろうと、少なくとも俺は思うし、
ユーモアの解剖で詞が殺されたとしても、どうせそんな詞いつか死ぬ運命にあったんだよ
人に理解されない詞を正しいと言い張るなら、自分の中で歌ってればいい

というか、そこまで深い考えを持ってるなら是非評価してほしい
俺も結局は主観でしか判断できないし、それが気に入らないなら自分で流れを作ろうぜ
過疎ってると淋しいし


227 :ドレミファ名無シド:2010/06/09(水) 00:29:58 ID:zFPq0JJU
なんだかんだ議論があると楽しいなw
やっぱ一方的になるのはつまらないし、申し訳ない、俺もプロじゃないから
それじゃあまた

228 :ドレミファ名無シド:2010/06/09(水) 00:46:08 ID:zFPq0JJU
やっぱりちゃんと評価しておこう、ちょいと投げやりになってた

>>205
言いたい事はわかるよ、それは大丈夫
というか俺は意外とこの詞好きなんだけどさ、ただ表現が邪魔してる

まずもう少しちゃんと文語にしてほしいな

で、意味がないなら2番は付けない方がいい
最初読んだ時も後半で一気に失速したのを感じた
一行目でニ人称、あるいは三人称の神の様な視線を感じたのに、
途中の一人称の所が少し前後の文との繋がりが読めなくて、勿体無い
ふと自分の考えの矛盾というか、そういうものに気づいて弱気になるってアイデアはすごく良いから

あと愛は最後ではなく途中の方がいいかも
その考えの阻害要素なんでしょ?
だったらその矛盾を後半に付いていくべきかな


229 :ドレミファ名無シド:2010/06/09(水) 01:28:54 ID:QvtcWar8
[君のいる晴れた明日へ]

少し古いベッド 二人並んで
ケンカもしていたあの頃をふと思い出す
時計の音 穏やかすぎる寝顔
今 外で降り続く雨を…恨んだ

今日は幸せだったのかな?なんて
迷い込んだ日常は筋書き通り
休日の午後 いつものカフェと帰り道
今さら手を繋げないもどかしさ

少し考える時間が欲しくても
別れは刻一刻と迫るでしょう?
ふいに襲う不安 君の手を握って
同じ温もりになるまでずっと待っている
 
 君のいる晴れた明日へ
 終わりのない問いかけを捨て
 窓の外続いていた音が
 少しづつ遠ざかる
 

喜び悲しみ幾度繰り返しても
つないだ手と手 離さなければいい
左手の温もりで目が覚めた時に
最初に私を見つけて笑って

 君のいる晴れた明日へ
 君が笑う最後の日へ
 今はただこの安らぎに
 身を任せている

230 :ドレミファ名無シド:2010/06/09(水) 02:08:56 ID:CJ9D8wcm
「開かずの踏み切り」

開かずの踏み切り 
時間ぎりぎり 

大事なことは任せきり
痛む胃 キリキリ 一人きり 

もはやこれまで 逃げ切り不可能 
きりがいいので もう、これっきり

 開かずの踏み切り 
 開いて閉じた 

 閉じてそのまま  それっきり

開かずの踏み切り
真っ赤な踏み切り   
閉じてそのまま 

231 :ちーちゃん:2010/06/09(水) 12:31:05 ID:3xqzp2Wg
「センセーション・ベンターレ」

大好きな大助先生大変態
大切な体操服小便垂れ
一度目なら目を瞑ろう
だが二度目ならもうカン子ちゃんはカンカン

許せん小便垂れ

額のエクステンション映し出す
動画はセンセーション・ベンターレ
特徴的なモミアゲ大助公僕
同僚女教師を揉み上げる

その最中に突き付けろ
揺るぎ無き証拠マイクロフィルム

センセーション・ベンターレ
挙動不審の聖職者
センセーション・ベンターレ
大好き大助教員

真っ赤な弁当
頬張って実刑

232 :ドレミファ名無シド:2010/06/09(水) 12:55:35 ID:3xqzp2Wg
>230
韻を踏むにとどまってるから、聴いた方は「ああ、韻を踏んだんだなぁ」と、
書いた人の思考が丸わかりになってしまうと思う
そんなことを読まれてはつまらん
詞を読まさなければならない
なので、例えば
>大事な事は任せきり

ザリガニの餌やりは任せきり

などと工夫をしてみてはどうか


233 :ドレミファ名無シド:2010/06/09(水) 13:33:20 ID:CJ9D8wcm
>>232
>>ザリガニの餌やりは任せきり

アドバイスありがとう。しかし、意図がわからない。
なんでザリガニ?
ペットなんて飼ってたら、死ねないだろ。

234 :ドレミファ名無シド:2010/06/09(水) 15:10:06 ID:3xqzp2Wg
>233
いや、別にヒヤシンスの水やりでもいいし

取り敢えず233のレスからだって話はひろがるだろ


235 :ドレミファ名無シド:2010/06/09(水) 15:58:57 ID:51a937fe
「片思い」

そなたの瞳が心を焦がす
我はあわて逃げ惑う

他を寄せ付けない後ろ姿
見る度我はため息もらす

そなたの声は槍の雨
我の身体を粉々に
そなたは気付かず華の顔

月明かりで幻を見ては
その度心を慰める

そなたの熱で
焼けただれた肌は
我の心の渦のよう

我の頭に鳴り響く
心を引き裂く雷鳴は
そなたの耳には聞こえずに
少し乾いた日に
強い風が吹いて
二人だけを遠くに連れ去り行く
そんな夢をみるたびに
虚しさだけが残り
何度もため息を繰り返す

評価お願いします
叩いて下さい


236 :ドレミファ名無シド:2010/06/09(水) 16:08:22 ID:mHyYcw2S
そなたのソナタ 
というタイトルのほうがいいと思う。

237 :ドレミファ名無シド:2010/06/09(水) 18:29:46 ID:OtsesCs6
なんか爆発しない程度に燃えた方が、スレも温まっていいね
>>236
楽曲にソナタ、だと完全に本来の「ソナタ」の意味になってしまうから不味いな
ソナタって楽曲形式はすごく厳格で、何より四章構成だから

>>235
でも確かに題名がちょいと直接的過ぎかな
なんで一人称が我なのかは追及しないけど、読んでいて漱石の猫を思い出した
人間の片思いとすると、ちょっと陳腐な表現というか、すこし直情的過ぎるから
思い切って猫とかそういう視点にしてしまってもいいかもね

238 :ドレミファ名無シド:2010/06/09(水) 18:44:24 ID:OtsesCs6
>>230
俺も必死に韻を踏もうという気持ちを感じて、ちょっと鼻につくな、とは思った
でも「ザリガニの餌やりは任せきり」で言ってるのは「大切なこと」の言いかえであって、
確かに少しは隠せるけど、結局同じ用法の「きり」だから根本的な解決にはなってないと思う

例えば、名詞「踏切」とかかる動詞「踏み切る」とかで、カ行に括って作ってみると、
「踏み切る距離 今日と縁切り」とか、まああんまりうまくないけど

あと踏み切に縁のある言葉から発想を広げるとか、たとえば警笛がカンカン鳴ってる訳だよね
他には「赤い」に生死の「境」を繋げてみるとか、ひとつにこだわらずリズムを作ってほしい
それと、たとえばAメロは韻を踏みまくって、それをサビで一気に崩すとかすると効果が上がると思う


内容はちょっと動機がわかりかねる、「大事なことは任せきり」で死ねるのかな?
むしろ「大事なことは任せ」られて、死ぬ方が自然な気がするんだけど、どうなんだろうか
このままじゃただの暗い歌だし、そんなもん歌って楽しい訳ないよね

239 :ドレミファ名無シド:2010/06/09(水) 18:46:26 ID:OtsesCs6
語弊があるな
考え方を変えろ、っていう意味じゃなくて、もう少しわかりやすくしてほしいって事ね

240 :ドレミファ名無シド:2010/06/09(水) 18:56:17 ID:OtsesCs6
>>229
>もどかしさ>ふいに襲う不安
こういうものは情景に込めるべきだと思う
それまでの情景表現が水の泡になってしまう

あと第二蓮でいきなり目覚めて晴れちゃだめでしょ
雨も眠ってるもメタファなんだから、それが解決されたら意味ないじゃん

241 :ドレミファ名無シド:2010/06/09(水) 19:00:02 ID:OtsesCs6
>>231
評価に困るw
まあ良いんじゃない
少なくとも俺には曲を付けて歌う勇気はないけど

242 :ドレミファ名無シド:2010/06/09(水) 19:16:00 ID:51a937fe
>>237
なるほど
人以外の視点っていうやり方もあるのか
参考になりました

タイトル自体は元々考えてなくて、その場でとりあえずつけたかんじだったんでこれからちゃんと考えます



243 :ドレミファ名無シド:2010/06/10(木) 02:34:19 ID:44DA4ojw
「爛れた夜」

崩れかけた橋の上に
小さな人影が見えた

くらやみがその後ろで
大きな口を開けている

あれは あなたなんだ
けれど たどり着けない
黒い影は月の光に揺れる
僕は手を伸ばす・・・

小さな写真だけになった
大切なものを入れる箱の中

崩れた橋の瓦礫が
笑った顔に見えた

あれは あなたなんだ
けれど 触れもできない
暗い夢は終わりに近づく
僕はまだ手を伸ばして・・・

244 :ドレミファ名無シド:2010/06/10(木) 02:49:07 ID:44DA4ojw
「少女と監獄の星」

わたしにお父さんはいない
わたしが覚えているのは
目をひらいたままの人

そうしてわたしたちの家は
ほこりまみれになったまま
「お母さん」の声だけひびいてる

大きな口をあけると
黒い穴しかみえないの
細くするどいまち針が
わたしの腕へと突きささる

わたしにお母さんはいない
わたしが覚えているのは
舌がとても長い人

そうしてわたしたちの家は
だあれも地獄を知らないまま
「お父さん」の声だけひびいてる

大きな口をあけると
濡れた牙しかみえないの
赤く焼けたフライパンが
わたしの腕へと落ちてくる

245 :ドレミファ名無シド:2010/06/10(木) 08:35:43 ID:kxueZjdE
>>243
なんか不思議な歌詞ですね。あえて謎が謎のままにしてあるんでしょうか。
「あれは あなたなんだ」の所、もっと文字数をそろえたり韻を踏んだりしてみては。

>>244
こっちはもう更にホラーっていうか、説得力を増すために演奏力と歌唱力が必要になりそうな印象です。

246 :ドレミファ名無シド:2010/06/10(木) 11:03:55 ID:6nf0wlOW
>>243
こういうのは好きです。
大切なものを入れる箱の節だけが時空が続いていないのはわざとなんでしょうか ?
その不連続のせいで、せっかくの流れがせき止められている気がします。
思考を立ち止まらせるためにあえてなのかもしれませんが、ちょっと残念です。




247 :ドレミファ名無シド:2010/06/10(木) 20:11:51 ID:9RWmvB9+
>>243
こんな夢でも見たのかな?
>小さな写真だけになった
>大切なものを入れる箱の中
ここだけよくわからない、夢みたいだね

>>244
おそらく児童虐待を歌っているんだと思うけど、実際に受けた事あるのかな?
いや、受けた事があるなら謝るけど、リアリティが感じられない

幸いにも俺も受けた事はないが、被虐待者の精神構造ってかなり複雑なものだと思うんだ
普通の幸せな人間からすれば「逃げればいいじゃん」と思うような事も多いだろうし
でもそれができないって事は、そんなに浅いものではないって事だよね

「お母さん」が実母なのか、継母なのかはわからないけど、おそらく実母をイメージしているのではないかと思う
ただその母が母親だとは認めたくないんだよね、それこそ逃げればいいと思ってしまう
これは勝手な想像だけど、虐待されてもなお逃げないでいるってのは、どこかで加虐者に対して愛情の様なものを持っているのだと思う

とまあ勝手な想像をしたけど、結局これも当事者でない者の憶測であって、本当の心なんてわかるわけがない
だからメッセージ性がない、ただのグロ・ナンセンスな歌にしてしまうのなら、書かないでいた方がいいと思う


248 :ドレミファ名無シド:2010/06/10(木) 23:21:58 ID:9hYM59xe
>>238
>俺も必死に韻を踏もうという気持ちを感じて、ちょっと鼻につくな、とは思った

>内容はちょっと動機がわかりかねる

韻は手段。思想または感情を表現するための、具体的表現手法のひとつ。
かかる目的手段の適切な主従関係が反転してるところに違和を感じたわけでしょう。

ここで、韻がある種の規則性だとすれば、そこへの過剰な執着が、やがて彼を疲弊さしめ、死に至らしむ。
おれにはそれで十分に感じる。

>「踏み切る距離 今日と縁切り」とか、まああんまりうまくないけど
これはすままないが、自分のことを棚にあげて言わせてもらうが、同様に感じる。

>あと踏み切に縁のある言葉から発想を広げるとか、たとえば警笛がカンカン鳴ってる訳だよね

鳴っているものはあえて書くのは無粋だよ。

>内容はちょっと動機がわかりかねる、「大事なことは任せきり」で死ねるのかな?
>むしろ「大事なことは任せ」られて、死ぬ方が自然な気がするんだけど、どうなんだろうか

それはどちらもありうるでしょう。ただ今回は前者だっただけのこと。
詞は常に普遍を書かなければならないわけではない。

>このままじゃただの暗い歌だし、そんなもん歌って楽しい訳ないよね

これは批評じゃないね。

249 :ドレミファ名無シド:2010/06/11(金) 00:29:51 ID:csiQYQDk
まあ、陽水の「あかずの踏切り」を聴くべきだろ

250 :ドレミファ名無シド:2010/06/11(金) 01:24:05 ID:N8onAWz+
>>248
評価の評価じゃなくて歌の評価をしてあげてよw

もちろんそっちの動機があるのもわかる
社会からの疎外感、他人からの疎外感、俺は君と違ってこちらが普遍だとさえ思ってるけど

>韻がある種の規則性だとすれば、そこへの過剰な執着が、やがて彼を疲弊さしめ、死に至らしむ
「大事なことは任せきり」=消極的態度、疎外感、離れていく
「もはやこれまで 逃げ切り不可能」=受動的、追い詰められゆく
「執着」=能動的態度、追ってゆく
これが同時に存在する事態なんてあるかな?具体的に言えない?

むしろ俺は執着なんかじゃなくて切迫を感じたんだけど、まあそれはいい

>>それと、たとえばAメロは韻を踏みまくって、それをサビで一気に崩すとかすると効果が上がると思う
って書いたように、しつこく韻を踏むことを否定している訳ではない
ただ、どうしても作者は韻の手段としての役割を目的と取り違えているのだという気がした
「大事なことは任せきり」が韻を踏むという事だけを目的にしていると感じ、
「もはやこれまで 逃げ切り不可能」の方も「切り」から考えている、つまり一番大事な動機が疎かになっているのではないか、と考えたんだ
だからそれを気付いてもらいたかった訳

>>「踏み切る距離 今日と縁切り」とか、まああんまりうまくないけど
>これはすままないが、自分のことを棚にあげて言わせてもらうが、同様に感じる。
だから自分で言ってるんじゃんw大事な事だからもう一回言ったの?
自分のは出さないなんてフェアじゃないな
あくまで上記の理由の例ね

>これは批評じゃないね。
完璧に客観から批評ができるのなら是非してあげてください、批評の定義から変えなければならないと思うけど
少なくとも俺は、ただ暗いだけの歌は大っ嫌いです

251 :ドレミファ名無シド:2010/06/11(金) 01:43:53 ID:N8onAWz+
ああ、あとこれも

>>あと踏み切に縁のある言葉から発想を広げるとか、たとえば警笛がカンカン鳴ってる訳だよね
>鳴っているものはあえて書くのは無粋だよ。

ここでは曲に関してのイメージも膨らませてもらおうと考えた
つまり警笛の音を、リズムを曲で表す、という一種の方法に気づいているのか分らなかったから一応ね
少なくとも詞からはまったくそういうものを感じなかったから
というかまず、あくまで発想の一例だから

ただそれでも、無粋というのは同意しかねる
少なくとも作者は視覚情報、痛覚を描写している、ある種のメタファも交えて
それなら聴覚情報をメタファを交えて表現する事の何が悪いんだろ?
この理論でいくと「起こっている出来事を描写するのは無粋だよ」になってしまう
つまり「表現する事は無粋」になってしまうと思うんだけど



252 :ドレミファ名無シド:2010/06/11(金) 01:54:37 ID:p2x/Z3Fi
俺はニートまで読んだ

253 :ドレミファ名無シド:2010/06/11(金) 15:11:30 ID:IsZIUmLZ
意表をついて批評の批評
今日はそのまた批評で疲弊

254 :ちーちゃん:2010/06/11(金) 21:03:17 ID:csiQYQDk
「ねこパンチ」

パンチパンチねこパンチ剃り込みメッシュ
パンチパンチねこパンチタートルネック

俺の股間のタートルネック
キュートなハニーの猫じゃらし
リズムに合わせて揺さぶれば
鋭い爪が…Oh!アウチ

パンチパンチねこパンチセドリック
パンチパンチねこパンチグランツーリスモ


255 :ドレミファ名無シド:2010/06/11(金) 22:18:22 ID:XHfVM5x8
>>229
君のいる晴れた明日へっていう主題なら
別れとか出さない方がいい。

サビ前で別れが迫ってるとかいってがべつに迫ってないよ。

手を繋げないもどかしさっていうのは新婚の気恥ずかしさを出す表現じゃないかな。
ベッドで手繋いでるんだから、手つないじゃいなよ。

細かい指摘は今回はしないから自分で考えて。
20カ所くらい細かく変更すべき

256 :254:2010/06/11(金) 22:49:56 ID:csiQYQDk
>俺の股間のタートルネック
を、
俺の股間のタートルヘッドにかえさせて下さい

257 :ドレミファ名無シド:2010/06/12(土) 01:00:58 ID:20H1sMsY
ん、別に別れを心の別れと考える必要は無いんじゃないか
それは死であるかもしれないじゃん

258 :ドレミファ名無シド:2010/06/12(土) 01:01:19 ID:LFqTi6w2
>>256
包茎なんだろ?タートルネックで良いじゃないか。

259 :ドレミファ名無シド:2010/06/12(土) 02:02:26 ID:6M14E6nk
>>254
ホリケン的ギャグを文字で読んでもスルーするしかないけど
まあパフォーマンスがすべてだよな

260 :ちーちゃん:2010/06/13(日) 19:30:38 ID:2V5Lxgk1
ばか言うなキューティータートルヘッドだよ

261 :ドレミファ名無シド:2010/06/13(日) 19:50:39 ID:ieh0NV3o
街灯に照らされた いつもの坂道
手を繋ぎ歩いてる 影を並べて
何でもない一日だけど なぜか心満たされてく

ねぇこんな風に いつまでもあなたと過ごしてたいな
哀しみも痛みも傍で乗り越えて行きたい
今日くれた言葉また たくさん私に積もってる
しあわせは たぶんこんな事 心からそう思えた

まどろむあなたの その睫(まつげ)が大好き
指でそっとなぞると おはようになる
違う町で生まれたのに 不思議 おなじ夢見ている

ねぇ映画のようにドラマチックな恋ではないけれど
限りある未来を共に生き抜いて行きたい
そうして育てた かけがえない絆に見守られて
穏やかな人生だったと ふり返れたらいいな

運命はきっと私たちに優しく微笑んでる
哀しみも痛みも共に乗り越えて行けると

ねぇこんな風に いつまでもあなたの傍にいたいな
ハッピーエンドになりますように・・・心からそう願ってる

262 :ドレミファ名無シド:2010/06/15(火) 04:28:59 ID:64fTleDy
「反転球体世界」

クラスター爆弾を手に持って
星の靴を持ったら準備完了

夢の塔では愚者たちが
翡翠の時計を奪い合っていた


天使はビールを飲みながら
悪魔はそれを咎めながら
殺戮の種を捨てにいくため
−3℃の空を飛ぶ


マスタード・ガスを袋に詰めて
風の羽を背負えば準備完了

夢の塔から賢者たちが
ふたりを指差して笑っていた


天使はワインを飲みながら
悪魔にもそれを薦めてみた
手にした兵器をそっと抱えて
−3℃の空を往く

263 :ドレミファ名無シド:2010/06/19(土) 05:59:22 ID:LSHveCfa
「そこにある虚無」

前の人が落とした財布を
拾ってあげたら飴玉くれた

泣いてる子供に飴玉あげたら
お母さんからお駄賃もらえた

募金の箱にお金を入れたら
知らない誰かにお礼を言われた

何だか嬉しくなったから
周りをよく見ていなかった

何だか嬉しくなったから
周りをよく見ていなかった

コンクリートに飛散した
幸せそうな顔の人
彼が拾ったあの財布は つまり
時限爆弾だったのさ


救いはない 救いはない
救いはない 救いはない
優しいからって 救いはない
優しいからって 救いはない

264 :ドレミファ名無シド:2010/06/19(土) 06:02:06 ID:LSHveCfa
「エレンマスク」

真っ赤な炎が俺を包んで
その世界から無言の帰国

火傷だらけで鏡も見れない
誰もがこの顔を笑うのさ

ころころ変わるお前等の意見
昨日までは普通だったくせに!
「一番大事なのは中身」だって?
誰がそんな事信じるか!

迫害を受けるきっかけは
これだけが原因じゃない

迫害を受けるきっかけは
いつ 誰にでも訪れる

ころころ変わるお前等の評価
はっきり言ったらどうなんだ?
「お前の傷は見ていられない」
「人間は見た目が一番だ」ってな!

265 :ドレミファ名無シド:2010/06/19(土) 21:02:08 ID:gqxuuVmC
>>261
ちょっと一方的にベタベタしすぎてる気がするが
まあラブソングはこんなものといえばこんなものか・・・
>>262
クラスター爆弾 星の靴 夢の塔 翡翠の時計 殺戮の種 マスタード・ガス 風の羽
あんまりイメージがわかないが中二病というよりゲームアイテムか?
センスがすべてだと思うが、たとえばボーカルが氷呂鬼(ヒロキ)として
どれだけイメージできるか・・・まあ意外とありそうだった
>>263
SSならあの男は何者だったのか?とかあの飴はなんだったのか
とかって話続けられると思うけど
最終連が一番言いたくて歌詞でやりたいとなると微妙かなあ
フィクションから引き出してる教訓だしな
>>264
マジレスだが、中学のときにイケメンだったけど交通事故で
顔がビートたけしみたいになった人いたけど
誰もからかうやついなかったし、彼女もできてたからなあ
そういう憎悪があるとしてもそれを拾っちゃってどうなるか・・・
まあ火炎地獄から生き延びた謎のマスクマンっていう設定は面白いと思うよ

266 :ドレミファ名無シド:2010/06/20(日) 00:19:00 ID:IcDDfECQ
>>261
ちょっとスイーツ(笑)って感じだな
だらだらのろけ話を聞かされる感じと同じ、共感できない

>>262
これが一番考えたんだけど
散文的過ぎて、韻文であるべきの歌詞としてはキツい

>>263
>>265と同意見
うまい事言おうとし過ぎて面白くない

>>264
「迫害を受けるきっかけは いつ 誰にでも訪れる」
って語呂が悪すぎるし、これって感じさせる部分ではないか?
言ってしまってはお終い、評論文を書いた方がいい


267 :ドレミファ名無シド:2010/06/20(日) 13:49:24 ID:4wBhUJrm
「48頁目のお話」

あの子の目と目の間には、
閉じられた目がもうひとつ

口を開けば悪口ばかり、
くすくすくすくすくすくすくす

子供が作ったうずまきの中で
誰も知らないあの子の目が
不意に開いてこう言った
「おまえはいったい、どっちなんだ?」

あの子の目と目の間には、
閉じられた目がもうひとつ

家に帰れど痛みの嵐、
ぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこ

大人が作った鉄檻の中で
傷ひとつ無いあの子の目が
ぐるぐる回ってこう言った
「おまえもやっぱり、そっちなのか?」・・・・・・・


あの子のつめたいつめたい手を
そうっと握り返したあと、
真ん中の目に涙を浮かべて
あの子はわたしにジュースをくれた。

268 :ドレミファ名無シド:2010/06/20(日) 14:48:39 ID:tkMtoEsf
したたかに しなやかに掴みとる
笑うのよ さあ今こそ!

正直に生きること
パパから 教えられたけれど
世間では空回る
さらけ出しちゃダメらしい
言葉を鵜呑みにせず
かわいく あの子みたいに演じなきゃ

ショーウインドーに映る姿
確かめて彼を追いかけた
したたかに しなやかに掴みとる
笑うのよ さあ今こそ!

転んでも 泣かない子だったと
ママが懐かしそうに話す
いつからか この強さ
とても邪魔に思えて...
生まれ変われるのなら
片目で涙するようなあの子がいい

なんども観た映画だって
「初めて」とうまく囁くわ
したたかに しなやかに掴みとる
笑うのよ さあ今こそ!

苦い恋の記憶がこんなにも私を狂わす
あの子が見ていない隙に 笑うのよ!
しなやかに さあ したたかに...

269 :ドレミファ名無シド:2010/06/21(月) 20:42:07 ID:XxYMim6c
180の者です。
まだ完成してないのですが・・・ 今日は違うものを書いたので載せます。

掴んだものはいつでも曖昧で
手の中でそれは崩れてしまう
失ったものは全部大きくて
いつも後からそれに気づく

確かという言葉のない時代を歩く僕ら
不安に駆られて 怯えながら
生きているのは誰のせい?

失くしたもの 振り返るより
確かなものを 積み上げて
やがて遠くに 光が見えたら
飛び出そう そして
始めよう 僕らの時代を

日はまた昇るはず
夜明けを待った人たちはいつも
日はまた昇るはず
そう信じて 願って

失くしたものを 振り返るより
確かなものに 目を凝らして
やがて その奥に隠れたものを見つけられたなら
飛び出そう 僕らの新しい時代へ

テーマは「ロストジェネレーション」です。


270 :ドレミファ名無シド:2010/06/21(月) 21:16:44 ID:CiGQiXKl
『夜』

暗闇が足音たててやってくるよ
金色の鈴の音響かせながら
僕は嬉しくなって耳をすませたりもするよ
だってとても嬉しいから
遠い昔の記憶とか
冷たくしたりとかされたりとか
全てが懐かしく感じる
そんなときが来て欲しい
そしたら嬉しくなって駆け出そう

早くいかなくちゃ
何も無いのはわかってる
でもいかなくちゃ
想像性のカケラをもって
とってもキレイなものだよ君が集めてきた中で

こんな夜に溶けていきたい
そしたら月にたどりつく
そしてひとつになるよ
心配事は何も無い

酷い物語も一緒に語ろう

こんな夜に

271 :ドレミファ名無シド:2010/06/21(月) 22:04:24 ID:LdhyvPMa
昔投下したらスルーだったのでお願いします。。
タイトル未定

Summer end
またひとつ歳重ねちゃう
天秤座の憂鬱なのです
久しぶり同窓会の誘いが来たよ
馬鹿みたいに笑ったあの頃
何も考えなくてよかったあの頃
今でもよく思い出す
私達を何より強く繋いでた携帯電話も
今じゃただの束縛機械だわ
憧れだった色々は手に入れたけど
自由責任そして愛情?
私鳥カゴの中
駆け足で時間だけ流れていくけど
私はまだ羽ばたけるのかな
Just I wanna fly!
神様もう少し夢の続きをみさせて

272 :ドレミファ名無シド:2010/06/22(火) 00:03:49 ID:/sRKG6wU
>>271
伝えたい事が漠然としていて少し心情が分かりづらいです

起承転結を意識するだけで大分変わるんじゃないでしょうか

273 :他所 ジョインジ:2010/06/22(火) 00:09:32 ID:bV4u2M5I
[泳がないたい焼き君]


毎日毎日たい焼き焼いているオジサンの方が嫌になっちゃって、海に逃げ込んだのさ。

274 :ドレミファ名無シド:2010/06/22(火) 00:50:36 ID:5P05omUl
>>272
ご指導ありがとうございます
伝えたい心情、起承転結を意識して次に励みます

275 :ドレミファ名無シド:2010/06/22(火) 03:58:55 ID:+3Oadxr8
「ワンモア・チャンス」

お腹がすいた男の子
りんご切るのをしくじって
ゆびを押さえて呻いてる

料理したかった女の子
ガスの匂いを知らなくて
まっくろこげで倒れてる

「かみさまどうか ぼくたちに
もういちど チャンスをください」
はっきり言えば あげるのに
そんな余裕もないんだから

工場が好きな男の子
鉄のからだの怪獣に
上から下まで踏まれてる

雨の日が好きな女の子
だれもよらない濁流で
息をするのに困ってる

「かみさまどうか わたしたちに
もういちど チャンスをください」
しっかり言えば もらえるのに
そんな余裕もないんだから


276 :ドレミファ名無シド:2010/06/22(火) 16:39:18 ID:iGi0CtAr
>>268

できればタイトルを書いて欲しかった・・・
でも、個人的にすごい好きです
片目で涙するって表現でいろいろ考えさせられました
本当はもっとちゃんと評価しなくちゃいけないんだろうけど、自分にはうまく出来ない・・・


277 :ドレミファ名無シド:2010/06/22(火) 20:48:49 ID:WmH+PQpt
もしも生まれ変わっても
ずっと君の傍にいるから
懐かしいこの記憶に
君がいた日を

目を瞑る度声が聞こえる
今でも蹲る僕の背中押すように

もしも生まれ変わっても
ずっと君の傍にいるから
懐かしいこの記憶に
君がいた日を

いつかは離れる理だけど
柔らかな君が冷えて強張っていく

明けない夜もあること
本当はきっと気づいていた
それでも君と居れたら
そう願ってた

もしも生まれ変わっても…

もしも生まれ変わっても
ずっと君の傍にいたいな
懐かしいこの記憶と
君といた日を

278 :ドレミファ名無シド:2010/06/22(火) 21:50:40 ID:DtH5A98i
>>268
YUIかよWWW

279 :ドレミファ名無シド:2010/06/22(火) 21:59:41 ID:Ot6nPPas
「猫と花に届けばいいな」
あれは去年の8月もうすぐ家につく頃のことでした

薄オレンジ色の空には渦巻きキャンデーのように甘そうな虹が見えました

淋しい朱色の空には遠い日の母の背中が見えました

あまりにも綺麗かったから思わずピアノを弾きました

猫と花に届けばいいなって
猫と花に届けばいいなって

あの時の気持ちとあのピアノのメロディーを忘れたくない

汚れた感情なんてまったくない驚くほど完璧な夕方だったから

だけどいつかあの虹のように消えて無くなってしまうのかな

花が咲き誇った瞬間やたわいないことで笑いあったあなたとの小さなエピソードも

明日は新しい朝と夜しか連れてこないけど

戻れない戻りたいあの夏の1ページ
戻りたい戻れないあの空の1ページ

猫と花に届けばいいな
猫と花に届けばいいな

280 :ドレミファ名無シド:2010/06/22(火) 23:21:00 ID:BBj2xMgV
>>269
Age

281 :ドレミファ名無シド:2010/06/23(水) 07:51:42 ID:xk+OJreP
「シヴァリング」
 はじめましてごきげんよう
さっさと失せろ目の前から
まずはお茶でもいかがでしょう
君の脳みそ寄付してくれる?
 花と血の中で踊りましょう
笑っては泣いて怒っては眠り
さて次は何をすべきだろうか
刺し合いながらキスしましょう
 そして蜜月がやってきて
君は私を取りかえる
 泣きながら杖で手遊びを
笑いながらナイフで殺人を
シェオゴラス君を愛していたよ
私の王様を殺すまでは
 さぁさぁ今宵は無礼講
存外君も馬鹿じゃない
手を取り合って罵りましょう
私の気が変わらぬうちに
 そして君は笑顔のままで
私の王冠をもてあそぶ
 叫びながら君に斬撃を
歌いながら私に陥落を
ジャガラク君を憎んでたよ
私の王様を寝取るまでは
 そして蜜月がやってきて
シェオゴラス君は高らかに笑う

282 :ドレミファ名無シド:2010/06/24(木) 11:19:45 ID:Cf2Z5+NX
>>271
「鳥カゴ」と「自由」の兼ね合いが、あまり一般的でない使い方をしていて
そのせいで詩の意味が伝わりにくくなってると感じました。

今よりあの頃のほうが自由だった、といいたいなら、 今を言うのに
 「自由」という単語が混じった言葉「自由責任」を使うと
意味が通りにくくなるような気がします。
いちおう確認ですが、まさか、その逆で今のほうが(責任は重いけど)自由だ
といいたいてことはないですよね?



283 :ドレミファ名無シド:2010/06/24(木) 21:36:22 ID:WJZxXsMT
CRAZY SUMMER

あぁ 今日の最高気温は39℃って バカでも分かる異常気象
40℃に届かないのは せめてものヤサシサ? 極悪非道もいいとこ

今年の夏は 海に川に山に 街を走り
お前の体 かき集めて名前刻んでやるつもりだった

現状は 打破できぬ
やらバイトだ 勉強だ 進路だ
ああもう 何より酷い熱だ

HEAT 焼ける肌 荒れる日々 非常識な君
HOT 妬けるから もっと激しく 抱き締めたいよ
FIRE 焼き付けて その眼に 揺れる裸と影
SUMMER IS CRAZY 割れるような痛みを持った冷たい色


284 :ドレミファ名無シド:2010/06/24(木) 21:39:23 ID:WJZxXsMT
なぁ どうしてそんなに拗ねてるんだベイベ 俺の頭の中いろんな電波が錯綜してて

16回目のコールで気付く こりゃ見限られたなと 今さらだワ 圧倒的非情な美女

今年の夏こそ 街の人波を掻き分けて
天災クラスの 情事に身を投げてやるつもりだった

現状は 理解できぬ
「もうアナタのそばにはいられない」 
ああ ったく バカ言ってんじゃないよ…


HEAT 焼けるなら 別人のようになりたいんだ
HOT そうすりゃ もっと熱く 心震えるDanceing
FIRE 「待ち」の自分に もう嫌気が差しただけなんだ
SUMMER IS CRAZY 遮光はいらない むしろ心まで溶かしたいよ


HEAT 抱けるなら 誰でもいい 懐かしい日々
HOT 悲しいまま 過ぎ去ってく 痛みよ記憶よ
FIRE 焦げるほど 強く感じた お前の視線が
LOOKS CRAZY イカれた夏を映し出してたんだ

285 :ドレミファ名無シド:2010/06/24(木) 23:56:59 ID:qsx9Nh4s
>>283
ここまで自分の教養の無さを曝け出せるのもすごい

286 :ドレミファ名無シド:2010/06/25(金) 06:09:32 ID:6qIRmsPm
>>285
いやこれは「わざとバカっぽい歌詞書いてます」な感じがする

出来がいいか悪いかでいえば悪いほうだけど

287 :ドレミファ名無シド:2010/06/25(金) 17:49:02 ID:8s/3dmEI
いや、別に完全に嫌みで言ってる訳ではないよw少し両義的にとれるように発言してみたんだけど
Danceingまで計算だったらすごい

288 :ドレミファ名無シド:2010/06/25(金) 18:52:44 ID:xU+k0yYW
 『社にて奉り候』

末に於いては

止め処ない思いは遥か直進む
容は霞 人は並ぶ事なし
残滓は澱むも一握も叶わず

他を向かう様に腹積りなくば固くあれ
異な筆揮うは作を知るべし
強きは逃さず弱きは捕われるな

腕剥いては打ち衝かれ揺れる理想と隔たる現実
配る心も刺さる葉もあいてのぞめば研き砂
半ばの君よ玉ならんと願う

289 :ドレミファ名無シド:2010/06/26(土) 00:23:14 ID:FuVvrtC6
>>283
なんとなくB'zっぽいな。
でも、Danceingはガチだろう、たぶん。

個人的には「〜たいよ」を「太陽」と掛けてる感じがして、嫌いじゃないよ。
それっぽい夏っぽさも出てなくはないしな・・・


290 :ドレミファ名無シド:2010/06/27(日) 09:28:15 ID:ruo3B4/0
>>288
せっかく凝ったスタイルなんで、もうちょい推敲してほしいです。


291 :ドレミファ名無シド:2010/06/27(日) 09:59:36 ID:EVgKRhES
『時間』

時は流星のように流れる
星は永遠のようで一瞬

あの頃の痛みを 時が霞ませてゆくよ

明日のはずが今日に
昨日の形は思い出せない
君と見た朝焼けは もう永遠の彼方に

時は流星とともに流れる
星は一瞬のようで永遠

あの頃の夢を 時が壊してしまうよ

今見たことがもう過去に
この一秒は二度と戻らない
君と描いた夢は もう叶わないのか

色褪せてく この一瞬から
時間の渦に 飲み込まれてゆく

時計の針が止まっても
時間の針は止まりはしないよ
君がいたあの頃は もう思い出のなか


292 :ドレミファ名無シド:2010/06/27(日) 16:32:45 ID:MLGjmTMG
「終わりの後に」

なにかすごく辛いことが
あったような気がした

目の色はくすみ
顔は青ざめ
街をさ迷うその姿は
・・・

なにかを忘れたくて
寂しさを紛らわしたくて

ふと気付けば来たくもないのにあの場所に
自然と昔を思いだすが
そこに希望は見出だせず
それでも明日を夢みるは
・・・

水平線の向こうへ
想いを馳せても
虚しさが増すだけで

涙をながす気力はなく
心は空ろに浸るだけで

夜が終わり
朝日に僕は
溶けていく

評価お願いします

293 :ドレミファ名無シド:2010/06/27(日) 23:17:28 ID:0kl5Vm2a
はじめまして。評価お願いします。

『Burn the Emotionaly Road』

すっ飛ばしてきた現実と
夢の狭間に立っていた
息つく暇も与えられない
感情の渦 飲まれていた

スピード狂な世間にもまれた
失ってきたものはかなりの数になった
その分、手に触れたもの全部を
必死にかき集めて、抱いた

愛情さえも見失って、断裂を招いたフリしてた
切れてくものは追うこともしないで
1筋の光を探していた。トンネルの出口
ボクの手が掴んで離せなかったもの

忘れかけてた心境と
自我の傍らで待っていた
色づいた心の氾濫が
混沌の海 清めていた

呼び醒まされた感覚が走る
しびれるような痛みが心地良い
指先が冷えた ただ、心震えた
ボクの出口に
君がいた



294 :ドレミファ名無シド:2010/06/28(月) 01:41:47 ID:NIUCf4Nq
「憂鬱な晴れ間」

憂鬱な晴れ間も何時かは雲に隠れて
休みの遊園地の遊具が雨に濡れてる

金曜の昼間には時計を砕いて
瞳を閉じるのさ 世界を閉ざして

朝も昼も要らない
夕方も夜ももう いい

もたれるのは壁だけさ なのにまだ
君は何を 責めるのか

夕方の雨降りは嫌でも時を告げて
明日がまた来る約束を守れぬ明日

唾を吐いて去った君も天使には変わらない
その声を聞くのさ 姿は見えないのに

だから今日も眠れない
明日の昼も眠らない

時を戻せるなら

戻せるなら今日だけは 静かな日に
君を知らない ただの日に

295 :ドレミファ名無シド:2010/06/29(火) 00:47:12 ID:jM4l3ggm
うp予定の曲なんですが、ガチ曲のため歌詞を良く推敲したく、
アドバイスを頂きたいです。参考に、開発中の音源も上げておきます。

「Purple Sky」:巡音ルカ
http://studioona.net/yaji/purple_kasi.mp3

(要旨)
('A`)な僕は、一体誰の、何の為に生きているのか。
今日も、趣味の旅に出るよ。目的は無い。行き交う他人がゴミの様だ。
ふと目が合うと、自分が何か悪い存在の様だ。先の空も怪しい。
答えなんて見付からないだろう。続く道の終わりまで、歩いてみよう。

一人旅が好きだが、孤独が好きな訳ではない。道中に来るメール、電話
での会話、出会う人々、いつだって独りじゃない。宣伝メールや吊広告、
看板。どうだっていい文字が、世の中には溢れている。そこに感情は無い。
辿り着いた地の果て、人っこ一人居ない。話し声も聞こえない。疎外感。
それを感じて、日常の何気ない遣り取りが浮かぶ。何より暖かい時が。
紫の妖しく、謎めいた瑠璃色の空。僕の唄を奏でる歌姫、巡音ルカ。
まるで君の髪の色にそっくりだ。どうか、この唄が君に届いて欲しい。
しかし・・・ あぁ、ルカ、君は何処に居るのか。遠い何処かの国で
歌っているのか・・ 遠すぎて、届かない。君という存在が、遠すぎる..

296 :295:2010/06/29(火) 00:51:04 ID:jM4l3ggm
A 生きてるのが辛いなんて  死ぬ事など出来ないくせに
意義も意味も 判らなくて 足の向くまま 飛び出す

B 人が流れてくよ 数え切れない程の
  想い・痛み 胸に秘めて..
  目と目が合う時 自分の不甲斐なさ知る
  泣き出しそうな 澱んだこの夕空

S Purple Sky きっと Purple Sky
  答えなんて無いんだ 進むその先
  淡い闇の向こうに 何が在るのかさえ 知る由も無い
  Purple Sky towards Purple Sky
  確めてみたいんだ 道が終わるまで
  歩くだけ..今はただ 歩くだけ..何一つ持ってない

A いつも一人 淋しくない? それが好きと 答えておくよ
  一人きりが 楽しいのは 僕は独りじゃないから..

B 文字が流れてくよ 数え切れないくらい
  何の感情も無いまま
  この地の果てに立ち 静寂に包まれて
  何気ない時の 暖かさ知る

S Purple Sky under The Purple Sky
  謎めいた瑠璃色は 君の髪の様..
  届け 君に届け 空に轟かせたい 謎めくその声
  Purple Sky towards Purple Sky
  受け止めてほしいんだ 遣る瀬無い思いを..
  届かない このメロディ..
  遠すぎる.. 僕にはまだ 遠すぎる..

297 :ドレミファ名無シド:2010/06/29(火) 20:52:20 ID:WnH6NZCK
「カエザルの巫女」

オーロラが僕らを包み込んだ淡い夜に
星屑をその手に掴もうとして天を仰いだ
どんなにその手を伸ばしたって届かない光に
心を照らすような夢のようなそれを見出した

手にすることもできず
触れることもできずに

ああ いつだって僕はカエザルの巫女に魅せられていたかな
いつだって僕は
真実を知りながら

僕の窓から見える世界は歪んでいく
暗闇一点輝く一番星見つけた

何の干渉も受けず
気の向くままに

ああ いつだって僕はカエザルの巫女に魅せられていたかな
いつだって僕は
真実を知りながら

ああ いつだって僕はカエザルの巫女に魅せられていたかな
いつだって僕は
真実を知りながら

ああ いつだって僕はカエザルの巫女に魅せられていたかな
いつだって僕は

298 :ドレミファ名無シド:2010/06/30(水) 05:10:25 ID:Ea+fT2yF
ティステル

電球の海を泳ぐひと時
あ、餌をやらなくっちゃ
私は水風呂からあがる

ティステル約1グラム
たったそれだけでいいの
不思議な世界と見る夢

張り巡らされた紫のコード
逆さまのまま使うモニター
風船の上に置いた水槽
ティステルを食べるサカナ達

電子の海を漂うひと時
あ、餌をやらなくっちゃ
私は絨毯をたたむ

ティステル約3グラム
たったそれだけでいいの
不思議な世界と見る夢

敷き詰められた白い砂
買ったっきりそのままのフルート
また子供を産んで増えてく
ティステルを食べるネコ達

299 :ドレミファ名無シド:2010/06/30(水) 15:12:46 ID:kpf1dRLQ
自信のある作詞ができたら、どうしたらいいの?
どこかの会社とかに行って見せたりするもんなの?
そういうことしたことある人いたら、教えてください

300 :ドレミファ名無シド:2010/06/30(水) 15:20:45 ID:Ey1eirfl
「東京の夜」


朽ちた卒塔婆
欠けた言葉
彷徨する十二の少女

落ちた涙
目眩がした
想像するこの手を、どうぞ。

陶狂の夜
あたし
胸引き裂かれたいや
──厭。


美味の果実
零れた蜜
慟哭する獣のようだ

恐くはない
目と目交わし
妄想するこの手を、どうか。

蕩叫の夜
あたし
無茶苦茶にされたいや
──厭。

301 :ドレミファ名無シド:2010/06/30(水) 15:26:14 ID:6IAPWrGF
>>299
自分で歌うか、人に歌ってもらう
若しくは作曲もしてネット(マイスペとか)で公開

>>300
官能小説みたい
深みが無いし、歌詞に重みが無い
重い歌詞を書きたければもう少し具体的な表現や流れ(ストーリー等)も使ったほうがいいです




302 :ドレミファ名無シド:2010/06/30(水) 23:52:55 ID:iBm54/XT
「Glass」
一生一度の願いが叶うのなら
8月の あの眩しい海へ…
あなたと二人 また歩きたい
お揃いのグラス 割ろうとして
何度も手には取ってみるけど
ムダなことと分かってる

私たち あんな風に終わって
運命はきっと 戸惑っているよ
街中に溢れる思い出を
消し去ったら 私も消えちゃうよ

春になれば この町から旅立つけれど
新しいコーヒーマシンと たぶん
あなたがくれた グラスは持ってく
美しいモノほど壊れやすい
永遠という名前の愛が存在しないように

週末のニュースにはあるかな
私にとっての いい知らせが
迷路から まだ抜け出せずいる
季節だけは 次つぎ巡るのに

グラスからの歪んだ景色は
あの夏のよう 陽炎が揺れてる
変わらない海に来たはずなのに
たったひとつ欠けてるの あなたが

303 :ドレミファ名無シド:2010/07/01(木) 06:09:18 ID:nKxRXlDu
『RUNAWAY』

いつの頃からか囁く声 甘い香り微かに漂う
何気ない日々が徐々に萎れ 自分の中の何かが目覚めた
焦燥感が蠢きだすのも 予定調和であるように自然で
乱れゆくのは此方か周りか 今となっては明らかな事なのに

気付けば住み慣れた地を後にして
憑かれたように何処か目指していた

嵐のような街を抜け出し 流れる景色目もくれず
迫る闇が人を呑み込み 塗り潰された古い空
時計の針が俺を指し頭の中で鐘が鳴る
見覚えのない誰かの手を 絡むそばから引き剥がし
走り出したのはその温もりが 凍えるほどに障るから
狂えるほどに怖いから


理解不能のノイズを無視して 睨みつけるのはあの境界線
もう戻れないという警告も ある意味感慨深いセレモニー

永久不変の世界に背を向け
果てまで行けばどうにかなるだろう

嵐のような心置き去り ひたすら遠く星も見ず
儚い日を過ぎ行く風 何も待たずに手を伸ばす
誰かが俺を嘲笑っている誰もが俺を嘲笑ってる
その眼差し掻い潜って 全てが冷めた瞬間に
走り出したのは今日という日が いつか見た夢と違うから
あの夢をまた見たいから

304 :ドレミファ名無シド:2010/07/01(木) 06:09:59 ID:nKxRXlDu
一つ処に留まれない アポトーシスに侵された
細胞はただ命じるだけ ココデナイドコカトオクヘ


衝動の波の僅かな隙 足を緩めて月を見る
優しい光照らす荒野に 生命の灯はありはしない
草木はカレ皆クタバレ亡骸はナク俺はイク
求めたものが何だったのか そんな事はもうどうでもいい
走り出したのは向こうの空に 何か見えた気がしたから

もう止まらない何も要らない 太陽からも逃げ続けろ
過去を振り切り今を投げ捨て 未来すらも突き抜けよう
何も残らない何も残さない憂いも悔いも救いさえも
この身体が崩れ落ちて 魂すらも燃え尽きる
走り続ければ何れきっと 何もかもがゼロになる
何もかもがゼロになれ

305 :ドレミファ名無シド:2010/07/02(金) 06:56:13 ID:qw5WhjkW
>>302
なんかバラバラの気持ちがバラバラに書かれている印象です。わざとだったら失礼。

>>303
長い。長い歌詞っていう場合、すらすら読めるようなテンポ感と、
続きが気になるような展開が必要になると思います。

306 :ドレミファ名無シド:2010/07/05(月) 23:16:15 ID:aYvgoIu3
バッタ バッタ 俺はバッタ
バッタ バッタ 俺はバッタ
バッタ バッタ 俺はバッタ

四六時中 何も考えず
ヒマがありゃギターを弾いてる
腹が減りゃ 稲を食いつぶし
このまま一生遊んで暮らすぜ

お前らだってそう思うだろう?
毎日遊んでられたら それはすげえハッピーだってこと
お前らだって分かってんだろう?
地面をはいずるより おもいっきし飛んだ方が気持ちいいってこと

ありのままのバッタを生きてえ
ありのままのバッタを生きてえ
ありのままのバッタを生きてえ

307 :ドレミファ名無シド:2010/07/06(火) 20:58:44 ID:wc5TDmB/
「I will tell you」
幼さを残した
あなたの横顔に
心の隙間 埋められてく
優しさくれた人

流れ着く場所がどこでも
あなたといれば 生きてゆける
いつまでも 傍に置いてね
この手は ずっと離さないで

綱渡りのような
毎日に 精一杯で
私は何をあげられたの
腑甲斐なさに泣けた

誰の目も気にしていない
ふたりが同じ道 行ければ
また年をステキに重ね
私に並ぶ 逞しい人

言葉では伝え切れない
思いの丈を いま歌うよ

流れ着く場所がどこでも
あなたがいれば 生きてゆける
膨らんだ夢を枕に
今日も眠れる この幸せを

308 :ドレミファ名無シド:2010/07/06(火) 21:06:09 ID:RhevH8aO
「LEADER not READER」

世界の大きさに 負けないくらいのパワーで
突き進んでゆけ 一番になる日まで!

右にならえで生きていくのは 楽だけど張り合いがない
主張しなくちゃ損だろう その言葉は飾りかい?

どんなタイゲンソウゴ吐いたって 本物に出来るさ絶対
反対意見は全部ね 打ち落としながら進もう

世界の大きさに 負けないくらいのパワーで
突き進んでゆけ 一番になる日まで
空気にルビをふる暇があるのならば
立ち止まらずに オリジナルの意味で貫け!

誰かの声で生きていくのは 楽だけど広がりがない
寄り道しよう レールは壊すためにあってもいい

どんなムリナンダイの雲だって 吹き飛ばせるさ絶対
異論反論はまるめて カタい頭ぶちぬいて

選んだ未来 置いてきたもの 間違いじゃないと言えるから
最後の願いはこの手で 叶えてみせるHappy End

世界の大きさに 負けないくらいのパワーで
突き進んでゆけ 君だけのゴール目指して
知らない景色 ありふれた色も夢も
巻き込んでゆけ 一番になる日まで!



309 :しぐ:2010/07/06(火) 22:05:23 ID:Xw17U+IS
「カラン」

手に入れた物を掴んで首を捻っていた随分長い事
ポケットから溢れたレシートたち風に飛んで
わずかなプライドのカスが安いプライスを告げる

テリトリーの壁はタペストリーの地平線
振り返るオアシスは洗面台の青い歯磨きのコップ

目の前を飛んでいる蝿の繁栄にはイラついて
流し台に流し込む殺虫剤のビンのイラスト
遠回りしたけどやっと壁一面に描けた夜明けは

カランの中に吸われてく俺の精神の様で
画板の中ではみ出せない囚人の歌で

蹴り上げた空の下で首を掴まれた雨降りの夜
ポマードが垂れた額を袖でぐっと拭けば
誰かのプロローグ滑り出すような音が聞こえる

テリトリーの壁のタペストリーの境界に
耳を当てる俺の姿洗面台の鏡が映し出す

排水溝に消えてゆく蟻の行方を想うように
跳び箱を見ている少年の描いたヒストリー
滲んだ文字の乱丁本つき返す手すら滲んでる

カランの中に吸われてく精神もぼやけて行く
鞄の中に詰め込んで行方不明の錠剤の様に

310 :ドレミファ名無シド:2010/07/07(水) 23:40:59 ID:ReYpkry3
Wonder Land

[Aメロ]
キリキリ あなたはブリキのおもちゃのように きっちりと列をなして歩くから
僕だけ 独りぼっちになってたよ 大丈夫 寂しくなんかない 全然

[Aメロ]
たまたま そこで会っただなんて どう見たって 言い逃れの効かない 現行犯
僕から 何かを奪うたびに 君の肌が潤ってくのはなんでだろう

[Bメロ]
愛が風に乗って どこかに飛んで行けるなら
ああ たどり着きたい 時の果てまで運んでおくれ ねぇ My Sweet

[サビ]
独りきりのココロ in the Wonder Land
社会的にはフヨウな愛情と純情
それでも 僕はときどき道に迷うよ
霧が溢れる 夢の国 Wonder Land
君の 足取り探す in the Wonder Land

ねぇ誰か連れ戻しに来てよ Wonder Land
獲りに行きたきゃ獲りに来ればいい Wonder Land

311 :ドレミファ名無シド:2010/07/08(木) 15:18:13 ID:MKv1Lsls
「天才少女」

0と1とだけで作った
夏休みの図画工作

先生に見せてあげたら
頭を抱えて吐いちゃった


だあれも見てはくれない
こんなに頑張って作ったのに
だあれも笑ってくれない
あたしはひとりぼっち


部屋に飼ってる数字の魚
餌はあたしの脳髄

好きな子を招き入れたら
目を回しながら逃げてった


だあれも分かってくれない
勇気を出して誘ったのに
だあれも気付いてくれない
あたしはひとりぼっち

ずうっと・・・

312 :ドレミファ名無シド:2010/07/09(金) 22:23:06 ID:bjaKR0BJ
「漂流者」
一人の男が旅に出た

居場所を求め古びた船を漕いでいく

ゆらりゆらりと

たどり着いたその場所は

人っ子一人いない港

深い霧に包まれた

漂流者は訳も分からず
 
港を後にした

居場所を求め

ゆらりゆらりと

313 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 15:58:12 ID:YWLAME1S
歌詞だよな?

ただの詩じゃねぇか、ってやつばっかだな

せめてどこがAメロ、Bメロ、サビとか、書いてほしいわ

314 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 02:22:09 ID:xpUXKRXv
>>295-296
最近ボカロ歌詞の研究してるので、レスしておこう

そもそも要旨が怪しい。
確かにボカロ曲で、僕は何のために生きてるの?だけの歌詞すらあるが
一人旅から巡音ルカにつながってないせいで整合性に欠ける。
ソフト屋で見つけるくらいなら一人旅でもないし、
あらかじめネットで見つけてるんだろうと思うんだけど、それがつながってない。
歌詞ではルカが出てきてないようだが、やはり、君とかが唐突すぎる。

英語というか、Purple Sky towards Purple Sky とかはなんかおかしい
きっと、みたいな日本語でつないでるほうがいいと思う

とはいえボカロ曲は怪しい歌詞でも
曲のクオリティ次第なのか人気なのあるから、
そんなもんなのかな?とも思う
曲は歌謡曲ぽいんで、今のメインストリームではないけど
ニュー歌謡曲?的な感じは、ありだと思う
あと、この歌といえばこのフレーズ、みたいなリフレインとかキラーフレーズがないので、
耳にひっかかる要素には欠ける

315 :ドレミファ名無シド:2010/07/14(水) 15:48:41 ID:KWsIk51r
葉加瀬太郎の曲に勝手に歌詞つけました。ってのはアリですか?
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm11381298
一応歌詞書いておきます。

若藻のまどろみ  恋穂のささやき
いきもの寄り添い めぐり輝く

いつか年老いて  夢跡残して
さらばと別れる日を待ちかまえて 嗚呼

『生きることは辛いことだらけだよ』

誰かには信じていてほしい

「夢追うことが生きることなんだよ』と

ともしびを どこまでも
生命(いのち)の涯(はて)までも

希望なくしても  体のどこかが
動けば何かが   出来る世界で

夢をなくしても  心のどこかで
息づく何かは
許しの宇宙か 裁きの牢獄か  嗚呼

以上、作詞をするのは初めてでして、人の反応が知りたく書きこみました

316 :ドレミファ名無シド:2010/07/14(水) 19:16:15 ID:acAPG9W7
著作権のある楽曲をアップした時点でアウト
詞書くのは自由だけど、作曲家に敬意さえ持てないなら書くなよ
第一にここは詞を評価するスレで曲なんてあってもなくても元々関係と思うわ

317 :ドレミファ名無シド:2010/07/15(木) 01:48:50 ID:hjenXvD3
>>316
著作権のある楽曲をアップしたら、その曲を作った作曲家に敬意を持ってないことになる
理由は?それは果たして世界中の人間誰もが納得のいく理由でしょうか?

僕が作曲家と親友で実は許可を得ているかもしれないという可能性は?
まぁもちろん得ていないし、会ったことも無いんですけどw

許しの宇宙か 裁きの牢獄か

もし、食品を無限にタダでコピー出来る機械があったとしたら、
どうしてその機械の使用を禁止できるでしょう?

そもそも、あなたは、
ちゃんとした法律書に載っている著作権に関するページを見て確認したのでしょうか?

もしかしたら、「著作権」という法律が実は妄想で存在しないかもしれません。
少なくとも僕には確認できません。法律書読んだこと無いので。

仮に載っていたとしても、所詮はただの人間の作りだした概念であって、
必ずしもそれに縛られなければならないというわけではありません。

鳥が鳴き声を発したら、猿が「そのメロディ、著作権違反だぞ!」と注意するでしょうか?

第一に、ここは詞を評価するスレで著作権なんてあってもなくても元々関係無いとは思いませんか?
僕はどうでもいいですけど。

318 :ドレミファ名無シド:2010/07/15(木) 02:55:40 ID:l5nVwdow
お願いします

A
ぬるい風吹く夏の夜
部屋を抜け出す0時前
古い400またがって
鉄の心臓(ハート)に火を入れるんだ

賑わうファミレス横目に抜けて
まだ機嫌取りの会話する
そろそろかな潮の匂い
どん付き曲がれば僕等の時間

B
飛ばす海沿い134
黄色い明りも今だけは
そっと右の手捻る

サビ
余計なものは風が飛ばしてくれるよ
ときめきに似た気持ち今は誰にも止められない
ああ江ノ島が消えていく

319 :ドレミファ名無シド:2010/07/15(木) 02:57:44 ID:l5nVwdow
A
蝉がうるさい夏の夜
あてなくさまよう午前2時
ガソリンの匂いセルフスタンド
缶コーヒーに心落ち着かす

走り出してふと空をみる
はくちょう座を見つけたよ
歌を歌おうスピード上がれば
その分大きな声で

B
飛ばすワインディング天城越え
暗闇の中切り裂いてく
ヘッドライトと爆音

サビ
大切なものは風が運んでくれるよ
ときめきに似た気持ち今は誰にも止められない
浄蓮の滝が見えてくる

320 :ドレミファ名無シド:2010/07/15(木) 03:35:01 ID:5tfwl8aV
>318
個人的な感想ですが
衝動的な部分と感傷的な部分が入り乱れていて
不安定なイメージを受けました
私自身が多様性より一貫性を好む傾向があるからでしょうけど
どちらかというとムーディーな感じがやや強い気がするので
衝動的な表現を限定的に用いる事で
全体的にスマートになるような気がします
逆方面を目指すとしても同じ事が言えるでしょうか

321 :ドレミファ名無シド:2010/07/15(木) 06:22:23 ID:2Czz0T6A
>>317
長々と過剰反応するのはよせ
まずは詞先で詞を作ることを目指して欲しい
ここはそういうスレです

322 :ドレミファ名無シド:2010/07/15(木) 16:11:34 ID:CJuAXpZc
これ以降俺が少し丁寧に評価してみる

323 :ドレミファ名無シド:2010/07/15(木) 16:48:11 ID:Q8aWYjli
>>317
君は>>315?長文ありがと、お返しします
言っておくけど、君自身がどんな倫理観を持っていようとも現代日本の法律ではアウト
作曲家が著作権で飯を食っている以上、それを侵害する奴はどう考えても敵だろ?
敵がまさか相手に敬意を持ってるとは言わないよね?w

あと何故か認知論に話を持ち込んでいるけどw詭弁も良い所だ
>第一に、ここは詞を評価するスレで著作権なんてあってもなくても元々関係無いとは思いませんか?
って言ってるけど、元々君がわざわざ曲を持ち込んだんだよね?
君が「曲」という概念にわざわざ縛られて詞を書いたのに、なんでそれに伴う責任は放棄するの?
縛られなきゃ自由だって>>316で言ってるよね?制約かけるなら責任を負って当然でしょ
君が責任を放棄するなら、俺も評価するという責任を放置するし、それに伴う運営への通報の義務を果たします

ちなみにこれは自動スクリプトです
君以外にこのスレは誰もいませんよ
スレ汚し失礼



324 :ドレミファ名無シド:2010/07/15(木) 17:29:27 ID:hjenXvD3
>>323 それは著作権者に対する人種差別的な偏見というもので、
実際、あえて著作権違反にルーズな作家達もいる事は想像できませんか?。
それは、金儲けのためにあえてルーズになっている場合と、
ファンの為、もしくは、法律や金に縛られない思想を持っている場合と色々あるでしょうが。
もちろん、著作権違反に反対の人もいるでしょうが、それは、本人に聞いてみない事には分かりません。


あなたは「白人は黒人を迫害するから、白人は黒人の敵だ」と言ってるようなものかもしれません。
人をあまり枠組みで語っていると、そういう風な事を言う事になる事が多いですし、
頭の中で仮想敵があふれる事にも繋がり得ます。

「責任」という話については、良く分かりません。「責任」の定義をもっと具体的にして話してくれないと。

僕が「曲」という概念にとらわれているというのも偏見だし、
だからこそ、「曲が関係無いのなら、著作権も関係無いし、このスレの主旨通り、
詞だけ評価したらどうなんですか?」という意味で317の最後らへんの文も書いたわけです。

いや、もしかしたら僕が「曲」という概念にとらわれている、というのも本当かもしれませんが、
しかし、それはあなたにも、そして僕自身にも確認しきれることではないかもしれません。

325 :ドレミファ名無シド:2010/07/15(木) 18:53:27 ID:rK2HPUno
>>324
葉加瀬太郎さんって著作権にルーズな人なの?
そう言い切れるなら良いかもしれないけど、ワタナベ君別にそんな事知らないんだよね?
だったら相手の権利を最大限尊重して当然じゃないの?

ユウタロウ君は論理の飛躍が得意なんだね、それを詞に生かすと良いよ
ただ一つ言わせてほしいのは、君はこのスレとは関係なく法律違反をしているという事だよ
こればっかりは損害賠償請求されたら、個人的な倫理観では言い逃れできないからね、やれやれ

最後に行っておくけど、君の通っている学校も、このスレも、葉加瀬太郎も、著作権も、全て君の妄想だよ、僕も君の妄想なんだ
だからこれ以上、つまらないスクリプトで魂を減らしちゃいけない
君の住んでいるところも、ここでは具体的な住所は言えないけど、存在しない場所なんだ、秘密だけど
一体何を信じられるんだろうね?これは大変な問題だ!

326 :ドレミファ名無シド:2010/07/15(木) 19:12:15 ID:hjenXvD3
>>325 相手の権利を最大限尊重と言いますが、その「権利」とやらは一体誰がどのように決めるのか。
例え日本の法律が決めたとしても、スワヒリではどうか、アフリカではどうか、カンボジアではどうか。
人間以外の生物にもそれは適応されるのでしょうか?
「○○するのは当然じゃないの?」という事こそ、個人的な倫理観でもあるかもしれません。



仮に僕が損害賠償請求されて、実刑を言い渡されたとしても、
だからといって、法律が全て正しいというわけではありません。
それに、ひょっとしたらその「個人的な倫理観」とやらが法律に通用しないとは限りません。やってみないことには

そもそも、少なくとも今の僕には、正式な法律書の著作権の項も読んだ事無いので、実際のところ
法律がどうなっているかも良く分かりません。

327 :ドレミファ名無シド:2010/07/15(木) 19:49:40 ID:uLXsXq+q
>>316
著作権のある楽曲をアップしてもアウトにならないケースがいくつかある。

1) 著作賢者本人がアップする場合。
2) 直接間接を問わず著作賢者の許しを得ている場合。
3) (以下略)

先の場合、ニコニコビデオはJASRCに楽曲使用料を払っているので
JASRACの管理下にある曲ならば2)にあたるので
アップしたらただちにアウトになるようなものではない。


328 :ドレミファ名無シド:2010/07/15(木) 19:53:38 ID:rK2HPUno
スワヒリ、アフリカ、カンボジアって実に面白い対比をするんだね!ワタナベ君!
しかし残念なことにここは日本で、僕は君を通報しなきゃいけないんだ、やれやれ
でも君は何処へだって飛んで行ける、そのぶっ飛んだ想像力でね!
だけど同時に君は何処にもいけないんだ、君の存在以外に、存在なんてないんだから

楽しかったよワタナベユウタロウ君!
でもそろそろ君の中からリトルピープルが出てきてしまうよ!






329 :ドレミファ名無シド:2010/07/15(木) 19:58:42 ID:ce8gANHM
うみかぜ

A
夕暮れの空に流れ雲ひとつ
海風の中を舞い降りてゆくよ
あなたに

B
海にふく風は気紛れ
空と混じり合い
波にかき消され
いつか足音も消えてゆく

A
夕暮れの空の街角にひとり
夢にまで見てた
舞い降りて行くよあなたに


330 :ドレミファ名無シド:2010/07/16(金) 02:54:12 ID:2LxgZvnq
「音・Aの見る夢」

四角い瞳には 何が写るか
誰も分からない

キューブ状の砂が 僕の口へと
入り込んでくる

柔らかく沈み込む 光の
遥か、遥か、遥か 彼方へ
宝物をしまいに行こう
鉄琴の小船に乗って

冷たい鎖にも 愛が宿ると
誰も信じない

キューブ状の肉が 皆の口へと
流れ込んでゆく

柔らかく沈み込む 光の
遥か、遥か、遥か 彼方に
魔法の地図を隠しに行こう
鉄琴の小船に乗って

331 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2010/07/16(金) 04:56:57 ID:Z9W2ARtN
「チューチュー著作拳」

私ほどの天才が書いた歌転載して金儲け
これはけしからん え?一円にもなってないの?
プッ、ザマー いや、失礼宣伝どうも いやいやどう思う?
もし宜しければ ああ、いや今夜のリサイタル
チケット六千円前売り、定価でどう?

だがしかしここで事態は思わぬ展開を見せる!

奴は転売厨! うーチューチュチュー
転売厨 アンド 変なやチューチュー

地球上で最たる天才私のチケットを転売
それは金になる お!ひとくち乗らせれおま!
うん、だが おい、なんだまるで売れない おいおいどうなの?
どして?お得だぜ なあ、九千円でも安い
しゃあない七千五百円で、私が買うよ!

人生で一番得だと思える買い物をプロデュースしてくれた彼に感謝を!

奴は転売厨! うーチューチュチュー
転売厨 アンド 粋なやチューチュー

そうして七千五百円で手に入れたチケットでゲットした
もっともステージに近い演奏席に
PAオヤジの歓声が聞こえる!!

「ノルマ八万円!」



332 :ちーちゃん:2010/07/16(金) 14:32:35 ID:Z9W2ARtN
「ノルマ制ライブハウス・モナムール」

硬派な箱 ハーコーなコーハー
oh yeah…オーディエンス そろそろ早漏 俺のソロ so long
一発かまして早漏 いや そうっスね ギターの音 少し下げますです
ボリューム3で首傾げ手をブンブン 2でも苦笑い
わかりましたよ俺のメサ・ブギー ボリューム1にすりゃいいんでしょ

とても 悲しくて パリの散歩道しか弾けない
観客は俺一人 PAはオヤジ一人
ノルマ制ライブハウス 詐欺師の館で低脳コール ゆとり乙 ゆとり乙

硬派な箱 コーハーなコーハー
hello…マイ・ギブソン メル・ギブソン ギブギブ ギブ・ミー・ァン・アップル
一発かまして騒音 そう 破壊しろ 防音設備 以外の全てを
委託販売のCDを粉砕しろ チケットを燃やせ
「わかりましたよそれならアンタら 自分で箱やればいいでしょ?」

悲し 過ぎて マゴット・ブレインが響き渡る店内
タダで使わせろ(そうだそうだ)もっと客を呼べ(同意さ)
ノルマ制ライブハウス 低脳の館で裁判員コール ビジネス・アンド・モア 

333 :ドレミファ名無シド:2010/07/17(土) 08:09:48 ID:6Wtrbd/z
評価してくれ 曲名「α of easy world.」
基本は静かで、サビで盛り上がる感じだ


多くの人間が、心に葛藤を持って生きている

「この記憶のまま人生をやり直せれば…もっと違う現在(いま)が…」

俺はそう考える人間を救いに来た
籠の中の鳥たちよ、扉を開けよう 大空へ羽ばたけ

MIND ASSASSINは要らない
過去を見つめ、過去を理解し、過去を認め、その翼で羽ばたけ

この世界に仲間はきっと居る easy world.

334 :ドレミファ名無シド:2010/07/17(土) 23:27:21 ID:9v+HMjK4
葉加瀬太郎さんの曲の件では、お騒がせしました。今回は詞先で作ってました。

どうして人は      恋悩(こいなや)む
子づくるためと     割り切れず

どうして人は      恋悩む
溶ける炎と       割り切れず

理性本能        入り乱れ
今日も恋花(こいばな) 咲き乱れ

散った花びら      どこへ行く


どうして人は      恋悩む
一緒になれぬと     割り切れず

どうして人は      恋悩む
一人で生きると     割り切れず

ひとりとふたり     入り乱れ
今日も恋花       咲き乱れ

散った花びら      どこへ行く
散った花びら      どこへ行く

335 :ドレミファ名無シド:2010/07/18(日) 11:35:06 ID:F2noNvQ3
>>333
A〜Eでいうなら、D

>>334
A〜Eでいうなら、D
曲によってはC

336 :ドレミファ名無シド:2010/07/18(日) 17:17:10 ID:OyrHwOWY
最初は戯れだった作詞も、ちょっとハマってきたので、ピアプロとかいうサイトに投稿し始めました。
ttp://piapro.jp/watanabeyuutarou
「覚悟」
愛されぬ痛みを  愛するいたわりに
弔う覚悟 探そうか

生きゆく恐れを  死ぬまで恐れて
生き抜く覚悟 決めようか

探す覚悟探せぬのなら 探さぬ覚悟探そうか
決める覚悟決めれぬのなら 決めぬ覚悟決めようか

触れ得ぬ錯覚  ぬくもる知覚を
見分ける覚悟  作ろうか

裁かるる恐れと  裁きゆく怒りを
許す覚悟に 変えようか

作る覚悟作れぬのなら 作らぬ覚悟作ろうか
許す覚悟許せぬのなら 許さぬ覚悟許そうか

337 :ドレミファ名無シド:2010/07/18(日) 22:42:17 ID:ePMiKLeb
>>329
歌詞を作るとき、その歌詞が曲になっている姿を想像できましたか?
歌詞というよりは詩のようです
そして内容が浅いので評価のしようがありません
サビ、Cメロ等、もうすこし展開部を増やしてもいいでしょう

>>330
歌詞らしいボキャブラリーと韻は評価できますが、
ただ単に奇妙な良い回しをしているだけのように感じます
歌詞の中に物語や一貫性、主張したいことが見当たりません
ある程度起承転結の流れを歌詞の中にを考えるともっと良くなりそうです

>>331 >>332
アニメソング的な歌詞ですね
第三者に判断を煽るのは中々難しい歌詞ですが、
ポップで元気な歌詞なので、編曲と歌い手によっては良い意味で飛躍しそうです



338 :ドレミファ名無シド:2010/07/18(日) 22:45:12 ID:ePMiKLeb
>>333
歌詞としての出来は良くも悪くも平凡な感じではありますが、
曲としての完成度はセンスによっては高まりそうです
ただ歌詞がこの部分で終結してしまっているので、この後の展開が気になります

339 :ドレミファ名無シド:2010/07/18(日) 22:48:37 ID:fbjbqVEC
ご無沙汰しておりました、久々に評価します
>>329
違和感を感じたのは「海風」
夕暮れって言うのは丁度凪いで陸風が吹き始める時間
Bでは陸風になってるけど、海風って言うと海から吹く風に思える
あとちょっと同じ言葉を使いすぎかな、実際にこの夏にでも海に行ってみればいいと思います

丁度評価してる方がいるみたいですね
久々に僕も投稿してみます

340 :ドレミファ名無シド:2010/07/18(日) 23:01:58 ID:fbjbqVEC
評価お願いします

A:ぬるい 麦茶を 飲み干して 
  夏の 苦さを 舌で転がす
B:海老茶色の 太陽こぼした部屋で
  空っぽの心 溢れる滴を 拭うのさ
C:麦茶のパック 切らしてしまったな
  明日の帰り 買って帰ろう

A:入道 もくもく 生える夕
  空蝉 悲しい 消えてゆく
B:へちまちまちま つるに覆われた夏は
  中はからから 空しさばかりが 詰ってる
C:蝉の抜け殻 一人帰り道 
  大事に踏めば くしゃりと響く

B:匂いでわかる こもったアスファルトの匂い 
  蝉が鳴きやんで 空がざあざあ泣き出した

C:ゆっくり帰ろう からからだから 
  空しい分だけ 水は染み込むから
C:麦茶のパック しけってしまったな
  関係ないか 夏も終わるさ

341 :ドレミファ名無シド:2010/07/18(日) 23:11:14 ID:fbjbqVEC
>>330
夢そのままの歌詞ですか?前もそんな人いたけど
「キューブ状〜」はすごくいい
ただそれとサビが繋がってないかな
行き過ぎた進歩主義が招いた社会からの個人の疎外、みたいなのを感じたんだけど
サビで一気にメルヘンになってて、夢なのかなと思った


342 :ドレミファ名無シド:2010/07/18(日) 23:13:25 ID:fbjbqVEC
>>331
また困る歌詞をw
スレの流れを変えてくれようとしている事は身に染みてわかる

343 :ドレミファ名無シド:2010/07/18(日) 23:20:45 ID:ePMiKLeb
>>340
夏休みの風物詩を上手く歌詞にしていると思います
流れも分かりやすく、韻も丁寧で歌いやすい歌詞だと思います
ただ気になる点は、歌詞に盛り上がりどころがいまいち欠けているような気がします
全体的に平坦で、印象には残りずらいです、曲でいうと全部Aメロって感じ
「ここがサビだよ」ってくらい豪快に流れをぶった切って盛り上がりどころを作ると、
全体的に完成度は高まりそうです

344 :ドレミファ名無シド:2010/07/18(日) 23:23:38 ID:fbjbqVEC
>>333
直接話法はとても難しいと思う
演技だけでも難しいのに、それをメロディに乗せるとなると

あと「この世界に仲間はきっと居る」は居たところでどうなんだ、って思ってしまう
救いに来たって言うのの意味はわかるんだけど、解決できていない
「過去を見つめ、過去を理解し、過去を認め」る事が出来ないから苦しんでいる訳で
少しトートロジーになってるかな

345 :ドレミファ名無シド:2010/07/18(日) 23:31:10 ID:fbjbqVEC
>>334,>>335
こちらこそ

繰り返すのが好きなんだね、これも相手に印象付ける一種の手法だとは思うけど
ただあんまり使いすぎると聴いていて嫌になるし、逆に一つ一つの言葉が耳に入ってこなくなる
文章として見るのなら良いかもしれないけど、歌詞と呼ぶにはきついかな

346 :ドレミファ名無シド:2010/07/18(日) 23:31:51 ID:fbjbqVEC
ああ>>334>>336でした

347 :ドレミファ名無シド:2010/07/18(日) 23:37:35 ID:fbjbqVEC
>>343
ありがとうございます
何にもない夏の空しさなので、豪快にはなかなか難しいですねw
実際音は付けてみましたが、AとCは同じ循環です、鋭い
ちょっと狂気じみた夏の歌も作ってみます、ありがとうございました

348 :ドレミファ名無シド:2010/07/19(月) 01:33:34 ID:+s0IEc0j
>>345  ありがとうございます
そうですね、特に336は「『覚悟』ノイローゼなるわ!」
と自分でも思いましたね。大体、「覚悟」という単語も、「ぬのなら」という部分も歌いにくいと思いますしw
究極的には、どんな曲が付くかに寄るかもしれませんが、
確かにあまり歌詞向きじゃないかもしれません。


349 :ドレミファ名無シド:2010/07/19(月) 02:21:48 ID:gbtvuR+v
『Moderately』

そういや最近夢を見ないね 別に見たいわけじゃないけどさ
さりとて快眠なんて事もなく 朝日にムカツク元気もないや
電車は混みすぎ寄るなよおっさん 女の子なんて視界になっしん
師匠、これ何の修行ですか? 返事はないただの屍のようだ……

若いつもりはないですし 歳相応に熟していますが
全然見えないステキな未来 ちょっと叫んでみてもいいですか?

Shout it out moderately
隣のおばさんうるさいし ご近所への気遣いは大事
I let it oh loose calmly
中途半端でごめんね ぶちまけるのも勇気がいるもん
Shout it out moderately
退屈だけど平穏な 今を壊さぬ程度に
Because it's scary to split
今の僕にゃこれが精一杯w


全く発散できてません この閉塞感は超異常
もうちょっとだけ叫んだりしてみたら
どうにかなったりしませんか ねえ?先生!

Shout it out moderately
サイレンに吠え返してる アイツがちょっと羨ましいかも
I let it oh loose calmly
小物は小物なりに 分は弁えております
Shout it out moderately
これくらいなら大丈夫かな? 壁の薄さがいまいち心配
Nobody can hear my little claim
もし聞かれたら恥ずかしいってば!

350 :ドレミファ名無シド:2010/07/19(月) 05:47:16 ID:+s0IEc0j
>>340 恐縮ですが、評価させていただきます。

最初のABCで「夏の室内」 次のABCで「夏の屋外」
続くBで雨降り、続くCにて、「空っぽの心」「中はからから」等が伏線となって、
「空しい分だけ、水は染み込むから」となる。
そして最後のCは最初のCと対比させて締める。
と、良く出来た構成をしてると思います。
そして、全体的に夏のけだるい感じが良く出ていると思います。

しかし、良くも悪くも「空しくけだるい夏」で、それ以上でもそれ以下でもないというか、
「夏」に頼りすぎな感じがしないでもありません。
でも、それでもいいのかもしれませんし、特に代案があるわけでもないんで、あんま偉そうな事は言えませんがw

351 :ドレミファ名無シド:2010/07/19(月) 06:35:46 ID:RWNqHwP7
340はなんか拓郎とか陽水っぽい
フォークのメロディラインしか浮かばんw

352 :ドレミファ名無シド:2010/07/19(月) 12:51:21 ID:CUjaTyvA
>>340
いいね。
売れないボカロPなんで、評価なんて恐れ多いです。

ただ、書いてる人もいるけど、ちょっと平坦かも、何かびっくりするような、
飛び道具的な言葉があればもっといいかもです。

結局感想書いてすいませんでした。

353 :ドレミファ名無シド:2010/07/19(月) 12:59:49 ID:nfd1e8gQ
曲全体がほぼインストで、メロディは最後だけ出てくるイメージです。言わばずっとサビのような


現実が思い出に変わり 思い出が保存される音がする
桜はもう早くも散るのか?それすら涙でもう見えない
向日葵の中に紛れて 麦藁帽は消えた
紅葉を静かに眺めて 君は赤に染まって消えた
白雪で埋まった線路を歩く少女はもういない

色彩感覚が劣化していく
桜はもう早くも散るのか?
俺は一人 思い出を保存する

ではまた きっと会えない


354 :ドレミファ名無シド:2010/07/19(月) 18:16:01 ID:+s0IEc0j
 ちょっと季節感出してみました。

「教師」

芽吹く人生 サクラ花咲くように
我が身散ると知っても 咲かそうか

過ぎ去る人生 恋の一夏のように
せめて熱く冷たく 生きようか

実る人生 刈り入れ待つ穂のように
死という刈り入れ人 待ってよう

激流人生 凍りついた川のように
たまにはその流れ 止めてみよう


かわいた人生 雪解け水のように
我が身解かして誰か うるおそう

空っぽ人生 セミのぬけがらのように
せめて遠く飛ぶセミ 見守ろう

回る人生 舞い落ちるもみじのように
死という踊り相手と ワルツを

あらたむ人生 冬眠する熊のように
たまには果報寝待ち まどろもう

嗚呼 我が教師 春夏秋冬  我が教師 春夏秋冬

355 :ドレミファ名無シド:2010/07/19(月) 20:09:13 ID:Xum7212C
>>350->>352
こんなに評価をいただけてすごく嬉しいです

356 :ドレミファ名無シド:2010/07/19(月) 20:10:29 ID:Xum7212C
どうも僕の書く歌詞は盛り上がりに欠けると毎回言われているような気がしますw
もう少し精進してみます

他の歌詞も是非評価してください

357 :ドレミファ名無シド:2010/07/19(月) 20:21:01 ID:Xum7212C
>>353
多分ここよりも文学板なんかに行った方がいいかもねw
すごく散文的

>>354
やっぱりくどい
まあ酷評された僕が言えた事ではないけど、曲の展開が見えないかな
あと明喩ほど使いすぎると無粋になってしまう表現もない
もう少し意味を奥に据えて書いてみてほしい

358 :ちーちゃん:2010/07/19(月) 22:05:46 ID:2eclSgIW
>>340
詞は悪くないが麦茶パックの保管方法に問題があるな

359 :ドレミファ名無シド:2010/07/19(月) 22:54:07 ID:H6LBtK8I
自分で書いてて、「長いな…」って気がしたものです。評価よろしくお願いします

Timeless

一番
[サビ]
孤独な街で 巡り合えたのも
淋しさ一つ 紛らわしただけ
同じ速さで 歩んでいく
思い出一つ 抱き締めたまま

[Aメロ]
誰かが落とした 紅(ルージュ)の一片
その眩しさに僕は 眼を細めた
君の部屋の鍵は 冷たい罪のように
重くなればなるほど 辛さも忘れた

[Bメロ]
研ぎ澄ました命が想い爆ぜる
薄っぺらな心が揺れ惑って



360 :ドレミファ名無シド:2010/07/19(月) 22:56:14 ID:H6LBtK8I
二番
[Aメロ]
「愛したいけど愛されたくはない」
君は少し俯きながら呟いた
止まってても流れる時だけれど
その儚い願いだけは押し留めた

[Bメロ]
ひたむきに何かを追い掛けられたら
僕らはきっと幸せだったろうか

[サビ]
崩れそうな肌 抱き締めてみたら
温い風一つ 吹き抜けていった
同じ痛みを 分かち合えば
運命一つ 共にできるかな

361 :ドレミファ名無シド:2010/07/19(月) 22:58:19 ID:H6LBtK8I
[Bメロ]
いつもと同じ時に想い爆ぜた
戻れるなら戻りたい ワガママだけど

[サビ]
あんなに深く 愛していたのに
爪痕一つ 残せず別れた
同じ重さの 命だったら
涙一粒 溢れたはずだろう

[サビ]
今はもう君は ここにいないから
思い出一つ 置きざってしまおう
同じ時間を 繋いでいたのは
愛の一つと 命の灯一つ

362 :ドレミファ名無シド:2010/07/20(火) 01:12:42 ID:qn/XhVk1
童謡みたいな感じが似合いそう?

「なんだろうってなんだろう」

なんだろう なんだろう
なんだろうってなんだろう

知ってるは知らない 知らないは知ってる
分かるは分からない 分からないは分かる

なんだろう なんだろう
なんだろうってなんだろう

レフトはライト ライトはレフト
アップはダウン ダウンはアップ

なんだろう なんだろう
なんだろうってなんだろう

あなたはわたし わたしはあなた
あしたはきのう きのうはあした

なんだろう なんだろう
なんだろうってなんだろう

ただしいはまちがい まちがいはただしい
きれいはきたない  きたないはきれい

なんだろう なんだろう
なんだろうってなんだろうってなんだろうってなんだろうって
なんだろうってなんだろうってなんだろうってなんだろうって・・・

363 :ドレミファ名無シド:2010/07/20(火) 04:24:07 ID:gswQKraw
「ゆめの残骸」

蔦が絡んだお城には
不思議な魅力がありました

半分壊れたその顔には
真っ黒いペンキの落書き

時の階段を駆け上がれば
ここはまだ喧騒の中
皆に見捨てられるまで、
あなたはまだ喧騒の中。

蜘蛛の巣が光るお城には
不思議な魅力がありました

埃まみれのあの背中は
いつかの、誰かの桃源郷

時の階段も崩れてしまって
あなたはもう喧騒の外
皆に見捨てられてしまった、
あなたはもう喧騒の外。


ああ 何て身勝手なんでしょう
神様、私は、私たちは!
ああ 何て身勝手なんでしょう・・・

364 :ドレミファ名無シド:2010/07/20(火) 04:55:26 ID:gswQKraw
「憑依する華」

水たまりからの嗤い声が
あたしのランドセルを覆う
憑依する華のように

線路から発つレーザーが
あの子のアキレス腱を断つ
憑依する華のように

○おかあさん達の赤い悲鳴が
太陽にきらきら反射していた
破裂したのは誰かしら?
破裂したのは私たち

着火剤から伸びた手が
あたしのお洋服を焦がす
憑依する華のように

冷蔵庫がその口で詠むのは
あの子が餓死する物語
華はその目に憑依する

○おとうさん達の青い悲鳴が
陽炎にゆらゆら揺れていた
破裂したのは誰かしら?
破裂したのは子供たち

365 :ドレミファ名無シド:2010/07/20(火) 09:18:32 ID:Z7+Jld5J
「欝」

生きていく事に疲れ 堕落しきったこの感情
腕には無数の傷跡 薬と酒で現実逃避 

生きていればいい事あるって 誰かが言ってたが
いい事なんかありはしない そこにあるのは絶望だけ

時は過ぎてく 何も変わらぬまま
永遠にその場で留まる事しか知らない
暗闇の中で一人っきり丸まって
それでいいんだ 人間いつかは皆死ぬもの

首でも吊って死ねるなら それが一番いい事だ
何度かやってみたけれど 結果はいつも涙が出るだけ

夜は眠れずボケっとしてりゃ 何時の間にやら夜は明ける
鬱陶しい朝日から逃げるように 薬を飲んでバイバイ

時は過ぎてく 眠ったままでも
一時の夢は永遠に続く事は無い
現実に引き戻される鬱陶しさ
だけどそれもいいかも また夢が見れる

366 :ドレミファ名無シド:2010/07/20(火) 18:15:27 ID:DAGBjnGt
「羽調」


雨上がりの空に
虹の橋が架かった
立ち止まって目にとまった
7つの羽

雲ひとつない青空
風に乗って飛ぼうとした
踊る鳥のように


今の僕の背 なにもないけど
包み込む7つの羽が
きっと大きな翼
舞い上がるから
振り返らず
どこまでも遠く

サビ
羽ばたけ翼よ
重ね合えばほら
鳴りやむことのないハーモニー
奏でよう風を
果てない先の向こうまで

367 :ドレミファ名無シド:2010/07/20(火) 18:16:12 ID:DAGBjnGt
2A
いろんな風見つけて
いろんな羽と出会った
胸に刻み奏でてくよ
調べ続くほうへと

2B
踏み出した一歩がとても重くて
動けないときもあるけれど
夢の虹色の風吹いた今なら
飛べるはずさ
どこまでも高く

サビ
羽ばたけ翼よ
響き合えばほら ずっと
忘れることないメロディー
奏でよう風を
未来に届くまで

368 :ドレミファ名無シド:2010/07/20(火) 19:25:44 ID:qn/XhVk1
いまさらですが >>340 の詞に対し、気付いた事があります。
それは、はっきり言わせてもらえば「人との繋がり」を感じさせない詞である、という事です。

例えば、「からたちの花」という歌では、
「からたちの花が咲いたよ 白い白い花が咲いたよ」
といった情景描写が主体でつづられるのですが、
後半になって
「からたちのそばで泣いたよ みんなみんなやさしかったよ」
と一気に心情と「人との繋がり」を感じさせる言葉が出てきて、聞いてる側はドキッとするわけです。

「人との繋がりが希薄な人」の主観で描くにしても、
その繋がりの希薄さや対人関係の悩みを描く事は出来るはずです。

しかしそれもなく、情景描写や、詞の中の主人公にだけ関わる心情や出来事を描いているだけでは、
例え上手い詩的表現が出来ていたとしても、
「おしゃれに書いた、多くの人にとってはどうでもいい日記」の域を出ないのかもしれません。

が、これはあくまで「人に共感されるためには、好かれるためには」という話で、
>>340のような詞を書いてはいけないという訳ではなく、好きに書いていいのはもちろんですし、
「人との繋がり」が描かれていなくても共感を呼ぶ歌詞というのは存在する可能性はあるわけです。

369 :ドレミファ名無シド:2010/07/21(水) 00:59:33 ID:IT2FT9nE
>>362
もしかして、なんでだろうが流行ったの知らないとかじゃないよな?

370 :ドレミファ名無シド:2010/07/21(水) 18:37:12 ID:y8ELhF2O
>>368
言ってる事が矛盾してる

371 :ドレミファ名無シド:2010/07/22(木) 08:22:10 ID:CxrHW98d
Satisfy 〜Demon's ×××〜

熱いKissに魅せられて
野生の蛇がとぐろ巻く
苦くて濃い毒(Poison)を
お前の中にぶちまけて

猛て 真夜中の街を照らし
果てて 子供じゃないんだ理解ってるさ
敵の多すぎるこんな世じゃ
黙ってりゃ誰にもバレやしない

満たない欲望の(Demon's)ゲージ


鋭いPainに苛む日々
予期せぬ客が訪れる
抱き締めた肌が示すのは
「慰メテ」情事の許可証

揺れる 淡い紅の先齧り
滴れる 甘い愛液(エキス)に舌鳴らす
交われば交わるほど昂ぶる感情が
貪り尽くしてまだ足りないと叫ぶ

破って 理性と云う名のLine
果てて 溢れ出す愛のRain
電波の届かないこんな場所で
頼りになるのは本能だけ

お前が高く鳴く度に
燃え上がるのは欲望の(Demon's)ゲージ

372 :ドレミファ名無シド:2010/07/22(木) 22:26:23 ID:qooeDYtD
バンドやってた時期のノート発見。

空色恋模様

A 白い花に囲まれて 眠るあなたの姿
  涙で滲んでぼやけて うまく見えないよ・・

  ふと空を見上げると「空」も 泣き出しそうな色
  僕の心の痛みを わかってくれているのかな?

B 君と歩いた道筋も 今は変わってしまって
  ぽっかりと空いた胸の穴 埋めるすべもしらない

C 「空」 今の色 雨模様
   変わる事なき 恋模様
   僕の悲しみはいつの日か 変わっていくのかな?

B 強い人になりたくて 唇噛んで 涙堪えて
  そんなこと 間違っているのに 今は それしか できないから・・

C 「空」 今の色 雨模様
   変わる事なき 恋模様
   僕の悲しみは何色に 変っていくのかな?

C 「空」 僕の色 雨模様
   届けられない 恋模様
   巡りゆく季節 流れの中 描きかけの恋模様





373 :ドレミファ名無シド:2010/07/22(木) 23:08:26 ID:lqYVuZvV
「ホスピタリティー」

点滅している先生が夢を
サラダと一緒に食べてた

瞳に嵌め込まれたアメジスト
地面に落ちては割れてく

スパゲティーであやとり
してる御祖母様は縁側で
世界がぐるぐるしているの
今日は病院に行く日だわ

雷が鳴いて蛇たちも泣いて
小指をそっと持ってった

瞳に埋め込まれたエメラルド
金持ちが銃で狙ってる

出刃包丁でおてだま
してる御母様は台所で
世界がぐるぐるしていくの
今日は病院に行く日だわ

374 :ドレミファ名無シド:2010/07/23(金) 19:54:43 ID:raPsConm


375 :ドレミファ名無シド:2010/07/23(金) 20:00:41 ID:raPsConm
よろしくお願いします。『君が好き』

リアル充実君の世界狭い箱には未来がない
リアル充実君の世界僕にはツイートしてくれない
ネット充実僕の世界PC閉じればただの屑
ネット充実僕の世界駅徒歩2分で君に酔う
サンデーからマンデーのすべて
きみの作ったカステラ食べたい
サンデーとかマンデーじゃつまり時空の区切りじゃ不都合ばかりだぜ
君を抱き締めたい!
君が好き君が好き君が好き君が好き
君が好き君が好き僕が嫌いな君が好き

いつしか君は飽きられて
ひとり孤独を知るのだろう
そんな折、僕は現れて君をさらって行くんだよ
一分一秒君が分かって一日一度は君にオヤスミ
一から百まで君を知りたいよ
僕は君より長く生きるし他の誰より深く知れるし
君はかわいく笑い過ごせばいい
だから365日君を監視したい!

君が好き君が好き君が好き
僕が嫌いな君が好き
君の作ったカステラ食べたい
君の作ったオムレツ食べたい
君と作った赤ちゃん抱きたい
君の狂った泣き声聞きたいよ

376 :ドレミファ名無シド:2010/07/24(土) 09:08:56 ID:mg1I21Sv
ピンナップガール

むせ返るほどの緑の香り
君はやぶの中で僕らを待っている。
春の風に吹かれめくれ上がるページの隙間
憂いの顔で僕に微笑む。
退屈な僕の毎日に七色の虹をかけてくれた。

ああピンナップガール 自転車を走らせまだ見ぬ君に会いに行こう
ああピンナップガール 友達と一緒にまだ見ぬ君を探しに行こう

白い布の向こう側には
見た事もない夢が横たわってる。
夏の雨に打たれ、波が立った紙の上
裸身をさらし僕を戸惑わせる。
子供の僕の心の時限爆弾のスイッチを入れた。

ああピンナップガール 自転車を走らせまだ見ぬ君に会いに行こう
ああピンナップガール 友達と一緒にまだ見ぬ君を探しに行こう

墨を拭く布の揮発油の香り
期待と不安の大人への入り口。
秋の日差しの下で、色あせ気味のインクの中
足を広げて僕を誘う
心と体の違いを知り、僕はきっと逞しくなった。

ああピンナップガール 自転車を走らせまだ見ぬ君に会いに行こう
ああピンナップガール 友達と一緒にまだ見ぬ君を探しに行こう

377 :ドレミファ名無シド:2010/07/24(土) 09:34:26 ID:1fGNp8/7
>>376
どうでもいいけど、TMRの曲に「PIN UP LADY」ってのがある

378 :ドレミファ名無シド:2010/07/25(日) 00:50:48 ID:Lsvc17gJ
保守

379 :ドレミファ名無シド:2010/07/25(日) 02:23:14 ID:9XNheSc1
『立ちあがれ☆上昇気流』

立ちあがれ☆上昇気流 本日、
たった今、俺のふもとにて発生
やってやったよ、とびきりの、んーデカイ奴

そしたら、そいつ、すかさずYO、
俺に向かって、挨拶するんだ
「生んでくれて、ありがとう」

 釣りはいらない 
 香りだけで十分だ

立ちあがれ☆上昇気流 
腹痛、今しがた、俺の下腹部にて発症
やってやるぞっ、時は今、そう!デカイ奴

そしたら、そいつ、泣きながら
便器めがけて、ビーム発射
「腐ってやがる、早すぎたんだ」

 釣りはいらない
 香りだけで十分だ

380 :ドレミファ名無シド:2010/07/25(日) 17:29:50 ID:Lsvc17gJ
>>379
お下品だぞ

381 :ドレミファ名無シド:2010/07/27(火) 22:30:05 ID:lNdTDd9w
よろしくお願いします。

太陽と月の時計台

A
機械仕掛け 狂った秒針 指す時刻
現実とは掛け離れた意識の中廻る

カチカチと不規則なリズム打ち鳴らす
不意に耳を貸せば何処までも堕ちてゆく
B
視力を奪った闇に一筋の光が走った
サビ
空を引き裂き 凍り付いた意識 溶かす灼熱
全ての終わりと全ての始まり 空虚のこの空に響く鐘の音は
意味と無意味の狭間 儚く揺れてる

A
ユラリユラリ 波の揺り籠にもたれて
水平線 その上を漂う夕陽を
B
ただ見つめていた ただ見つめていた
落ちてゆくまでぼんやりと
C
月の引力 手繰り寄せられ
黒い海の打ち付ける波は 明日を迎えるためのセレモニー
サビ
波音のリズム 呼応するように体内のリズムが追い駆け脈を打つ
時を忘れて奏でるメロディー 空虚のこの空を優しく震わせている
全ての終わりと全ての始まり 東の空の果て無限色に染まる
過去と未来を紡ぐ 今宵のメロディー

382 :ドレミファ名無シド:2010/07/27(火) 22:46:54 ID:Cj/JmOw9
>>381
もしかしてガーネットクロウ好き?

383 :ドレミファ名無シド:2010/07/27(火) 23:16:30 ID:lNdTDd9w
>>382
現実を出来るだけ非現実的に表現したらこんなんになりました。
ガーネットクロウはちゃんと聴いた事ないです。気になったのでググってみます。どうも!


384 :ドレミファ名無シド:2010/07/30(金) 15:09:09 ID:CQF+9+VY
「wish to song」

綺麗な色、寂しい景色、ずっと見てたいな
忘れない内に眠っても結局寝てるだけ
誰かに喋りたくて必死に頭叩いたよ
言葉に詰まっただけでいつもより胸張ったよ
思い浮かぶ毎日が、全部手に入れられたらいいのにな
悲しい顔もどこかに置いてこれたら笑えるのにさ


分からない事知ろうとするそう誓ってた
そんな夢を見て何回目、もう十分だろう
必死に笑って後悔するだけど泣けないんだ
掴んだ結果だけが勇気になるからな
抱えきれない思い出をしょって僅かでも歩けたら
歩数を数える日々なんて無くなるんだろうな


最低限の必要な物、鞄に閉まったら
後は自分で探すよ誰もがそう生きてる
別に怖くは無い、よく考えれば進むだけだしな
歩き方も分かったから、後は栄養だけだな
手を振ったって待っちゃくれないよ、そんな距離にはいない
君だけの持つ叫びが届いた時共に歌ってくれるだろう


綺麗な色、寂しい景色見てみたよ
景色はもう変わってたよ、けどちゃんと覚えてた
今度は笑ってみようかな一回だけでも
一回だけでも                                                                                         

230 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)