2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【必死剣】藤沢周平×豊川悦司【鳥刺し】

1 :名無シネマ@上映中:2010/06/23(水) 23:57:10 ID:XBF5YdSm
2010年07月10日(土) 全国公開

死ぬことさえ、許されない。 ならば、運命を斬り開くまで。

−本当の映画を観たい人たちへ−

原作 藤沢周平「必死剣鳥刺し」
監督 平山秀幸、 脚本 伊藤秀裕 江良至
豊川悦司 池脇千鶴 吉川晃司 戸田菜穂 村上淳 関めぐみ 小日向文世 岸辺一徳

公式 http://www.torisashi.com/

2 :名無シネマ@上映中:2010/06/24(木) 00:15:54 ID:Oh67ut8U
>>1
乙。
今一番見たい映画だな。

3 :名無シネマ@上映中:2010/06/24(木) 01:16:10 ID:u6cCWRSR
検索しづらいスレタイだな

4 :名無シネマ@上映中:2010/06/24(木) 02:36:05 ID:qi/6CrDJ
予告編の「耳かき」にワロタw

5 :名無シネマ@上映中:2010/06/24(木) 09:49:38 ID:XqUM1Oo/
藤沢周平原作の映画は毎回期待して見るが残念なのは原作が
醜く変更されている事だ生前に彼は映画化を拒み続けていた 

6 :名無シネマ@上映中:2010/06/24(木) 12:49:13 ID:obbcrLmC
だよなあ。この板にいながらなんだが、
藤沢作品は原作は今もふつうによいのだが、
映画版はどれもいまいち、ってか正直、駄作のオンパレードで原作レイプされまくり。

7 :名無シネマ@上映中:2010/06/24(木) 13:50:50 ID:YMpRFaBh
美味しそうな映画だなw グルメ映画か


8 :名無シネマ@上映中:2010/06/24(木) 17:45:06 ID:At2BAa2l
公式サイト見て興味を持った点は二つ

舞踊的なきれいな殺陣ではなく人と人との斬り合いにこだわってるところ
最近の時代劇では省略しがちな細かな所作、立ち居振る舞いを描いてるところ

9 :名無シネマ@上映中:2010/06/24(木) 19:59:57 ID:YdVhomh0
さっそく原作本を仕入れてきた

10 :名無シネマ@上映中:2010/06/24(木) 20:00:22 ID:MUX6t01I
隠し剣鬼の爪とどう違うの?

11 :名無シネマ@上映中:2010/06/24(木) 21:46:26 ID:tahjzyCl
試写会行ってきた
トヨエツ始め出演者たちの所作は見ごたえがある
冒頭の能役者の中の人もやってんじゃないかって位トヨエツの動きはお能っぽくて洗練されてた

音楽もよかった
だがED、テメーは駄目だ

12 :名無シネマ@上映中:2010/06/25(金) 02:11:25 ID:kzPcVIhX
あら〜〜ん

13 :名無シネマ@上映中:2010/06/25(金) 18:15:54 ID:FMjWHDDX
必殺剣かと思ってた

14 :名無シネマ@上映中:2010/06/25(金) 18:50:10 ID:6T3x96/t
>>13
必殺剣だよ詳しく言うとねたばれな

15 :名無シネマ@上映中:2010/06/25(金) 19:50:14 ID:EwYaMFVx
ttp://www.humax-cinema.co.jp/cinema/soon.html?t=1

映画館も間違えてるなw

16 :名無シネマ@上映中:2010/06/25(金) 20:07:32 ID:UwUERJxa
鳥刺しってどうやるの??
ネタバレ教えて〜

17 :名無シネマ@上映中:2010/06/25(金) 20:43:34 ID:6IiDf+4O
>>16
http://image.blog.livedoor.jp/chinshaku/imgs/2/8/288fc7ca-s.jpg?410299

18 :名無シネマ@上映中:2010/06/25(金) 20:52:20 ID:AXoqeXJK
>>17
www

19 :名無シネマ@上映中:2010/06/25(金) 22:04:45 ID:g3+Bptfg
池脇千鶴:藤沢ファン松平定知も「イメージぴったり」と大絶賛 映画「必死剣 鳥刺し」試写
ttp://mantan-web.jp/2010/06/25/20100625dog00m200051000c.html


20 :名無シネマ@上映中:2010/06/25(金) 22:18:51 ID:DfhfCwRc
モントリオール世界映画祭出品あげ
http://www.sanspo.com/geino/news/100625/gnj1006250506014-n1.htm

21 :名無シネマ@上映中:2010/06/25(金) 22:44:16 ID:rwUYRiE1
これ期待してる!

22 :名無シネマ@上映中:2010/06/26(土) 02:01:34 ID:+ZGAXxc/
これ絶対観ない!

23 :名無シネマ@上映中:2010/06/26(土) 12:40:51 ID:OahLvVgR
面白そうだから観るわ。
ただ会社で格安チケット取れないのが残念。

24 :名無シネマ@上映中:2010/06/27(日) 00:09:33 ID:v0dUTsSL
公式サイトで完成披露試写会(舞台挨拶付き)を抽選でご招待ってやってますね。
豊川、池脇、吉川、岸部、平山監督他登壇。

25 :名無シネマ@上映中:2010/06/27(日) 02:01:22 ID:LkJljw43
音楽だれなんだろうか?Web見てもでていないぞ。

26 :名無シネマ@上映中:2010/06/27(日) 03:48:30 ID:Mm0tDlfd
>>24

よほど売れてないんだなw
お気の毒様w

27 :名無シネマ@上映中:2010/06/27(日) 11:43:36 ID:v0dUTsSL
>>26
試写会に売れるとか売れないとか・・・大丈夫ですか?

28 :名無シネマ@上映中:2010/06/28(月) 00:30:25 ID:CoUaSbgX
役作りかな、トヨエツ太った?

29 :名無シネマ@上映中:2010/06/28(月) 02:39:34 ID:B1XahOzJ
来週公開だよね?
大丈夫なのか?
コケ臭してるぞ

30 :名無シネマ@上映中:2010/06/28(月) 09:36:38 ID:ZU/btUM8
俺は前売り買ったよ。
必死剣耳かきのクオリティの高さに吹いた。
まぁ金属製だから痛くて使いにくいけど

31 :名無シネマ@上映中:2010/06/28(月) 10:35:24 ID:PvnDqZDA
発音だけ聞くと、「鶏刺し」の方を連想しちゃうんだよね。

32 :名無シネマ@上映中:2010/06/28(月) 14:22:18 ID:AMCusCiQ
これ短編だから立ち読みでいいから読んでから
見てみたぶん原作がいじられてがっかりすると思う

33 :名無シネマ@上映中:2010/06/28(月) 14:44:19 ID:PvnDqZDA
短編の映像化で、何もふくらまさず、そのまんまの方がよほどガッカリするけどな。
短編映画ならいいんだろうけど。

34 :名無シネマ@上映中:2010/06/28(月) 14:44:23 ID:nRp96+AU
原作読んだ。
里尾の存在がこの物語の肝になっていた。
その部分をうまく描かないと、原作とまったく違うただの活劇になる気がしたけど、
池脇千鶴を重要な位置に持ってきてるようだから期待できる。
予告動画のトヨエツさんは渋いなあ。
主題歌が気に入らない。下手に歌を入れるより、ただのBGMで良いと思う。

35 :名無シネマ@上映中:2010/06/28(月) 14:51:36 ID:PvnDqZDA
主題歌って宣伝用イメージソングじゃないの?
蝉しぐれの時がそうだった。

36 :名無シネマ@上映中:2010/06/28(月) 16:20:13 ID:K6HYHnd/
必死な剣か。

37 :名無シネマ@上映中:2010/06/28(月) 16:44:26 ID:PvnDqZDA
必殺剣ではなく必死剣だから、使った人間は必ず死ぬ自殺剣だね。

38 :名無シネマ@上映中:2010/06/28(月) 21:04:21 ID:IqgZUMsz
早く観たい。結構評判いいよね。

39 :名無シネマ@上映中:2010/06/29(火) 10:36:31 ID:MCVIIpgK
「最後の忠臣蔵」に比べて、宣伝に力が入ってないような気がする。

40 :名無シネマ@上映中:2010/06/29(火) 17:54:21 ID:W0x3n2oK
この原作って短い短編なのによく映画にするなあ。
「里尾の胸を開いた」 の一文だけがなまめかしくて印象に残ってるが、それは
再現されているのだろーか。

41 :名無シネマ@上映中:2010/06/29(火) 18:14:34 ID:kFrzzy5q
全然TVでCM見ないな。トイストーリーはよく見るよw

42 :名無シネマ@上映中:2010/06/29(火) 18:39:14 ID:Lcsx5POy
>>40
そんなにがっかりしたいのか

43 :名無シネマ@上映中:2010/06/29(火) 19:27:53 ID:W0x3n2oK
>>42
え、ないの!?だめじゃん!

44 :名無シネマ@上映中:2010/06/29(火) 19:39:34 ID:BNw6cVTX
ネタバレは、野尾産休

45 :名無シネマ@上映中:2010/06/30(水) 02:24:07 ID:PSVxny/1
マジでないのかw 落ち込む

46 :名無シネマ@上映中:2010/06/30(水) 10:44:10 ID:8+RgNRtU
>>45
Yahooの映画レビュー見てみ。若干ネタバレもある。

47 :名無シネマ@上映中:2010/06/30(水) 19:19:52 ID:D5dJa371
何か『必殺剣』って言うと、物凄い技に聞こえるけど、『必死剣』って言うと、
技もないのに弱い剣士が、無茶苦茶刀を振り回してるだけ、ってイメージになるな。

48 :名無シネマ@上映中:2010/06/30(水) 20:12:10 ID:V+Ueknjh
藤沢周平を知らなければ、そうなるかも

49 :名無シネマ@上映中:2010/06/30(水) 20:52:28 ID:voFmArXm
予備知識なければ題名だけだとコメディ?みたいな感じかw
タイトルが吉と出るか凶と出るか。

50 :名無シネマ@上映中:2010/06/30(水) 22:10:31 ID:1ZCS5aYk
原作の秘剣シリーズは腕の立つ下級武士が理不尽に巻き込まれるのがパターンだね。
ギリギリの断崖に立たされる絶望感で引き込まれる。

51 :名無シネマ@上映中:2010/06/30(水) 22:21:15 ID:c/K+ND89
漢字の意味などを考えれば>47にはならないけどな。
現代のとらえ方だとそうなるか。

52 :名無シネマ@上映中:2010/06/30(水) 22:34:06 ID:jauZKJHq
そのうち女難剣とか偏屈剣も映画化されるんだろうか

53 :名無シネマ@上映中:2010/07/02(金) 00:58:01 ID:Zatx8wgs
保守age

54 :名無シネマ@上映中:2010/07/02(金) 12:18:19 ID:LopP822y
>>49
馬の骨とかよりマシだよ。

55 :名無シネマ@上映中:2010/07/03(土) 09:34:22 ID:DOqZGj7/
昨日、名古屋のテレピアホールの試写で見た。
最前列で大きな声で喋りまくるは、奇声をあげるは、のDQNがいて、映画は台無し
てっきり幼児だと思っていたが、上映後ツラを見たら、30過ぎの女
しかも、ネアンデルタール人みたいな顔

映画はかなり面白かった。 上映時間を実際よりも短く感じた。
でも、ネアンデルタール人のおかげで存分に映画を堪能できたとはいえない。

私は原作を読んでいないけれど、主人公が剣の達人だという設定が
後半、唐突に現れたことには少し戸惑った。
それまでそれを匂わせる場面が無かったので(鳥の場面だけでは・・・)

内容的には小林正樹の「切腹」「上意討ち」などに連なる映画だと思うけれど
あの手の映画特有の重さが無いのも気に入った

56 :名無シネマ@上映中:2010/07/03(土) 09:48:57 ID:r7/alGe1
>>55
最前列にそんな女がいたら最悪だな。
お疲れさん。

面白そうなので期待してる。後、その時代の所作とかきっちり描いてるらしいので
それも楽しみ。



57 :名無シネマ@上映中:2010/07/04(日) 01:15:40 ID:tTSroPfg
過疎りすぎ。人気ないな〜ww
一番楽しみにしてる映画なんだけどコケそうだな。

58 :名無シネマ@上映中:2010/07/04(日) 02:11:15 ID:DPLLOPGg
大人wの映画だから2chなどを見る人は僅少。
入り具合や評判など気にしない大人達が、ゆっくりスクリーンを愉しむ。
一瞬一瞬が命懸けだった時代に想いを馳せて息を呑むも良し、
ひと時を藤沢文学とともに過ごすのも良し、
帰りに甘味処に寄るも良し。
日常を忘れて小粋な異空間を愉しもうではありませんか。

59 :名無シネマ@上映中:2010/07/04(日) 07:55:05 ID:XTw9qdhB
スレタイおかしくないか?w
でもこれ面白そうだ

60 :名無シネマ@上映中:2010/07/04(日) 14:47:33 ID:t88ekhO2
>>55

試写乞食はだーっとれ。

61 :名無シネマ@上映中:2010/07/04(日) 21:42:22 ID:d15D8nlV
やっべえ気になる

62 :名無シネマ@上映中:2010/07/04(日) 23:36:39 ID:yyMnHVKp
>>60
試写会に外れた涙目の試写会乞食、乙ww

63 :名無シネマ@上映中:2010/07/05(月) 00:38:03 ID:JI0n1PTE
全くもりあがらねーなw

64 :名無シネマ@上映中:2010/07/05(月) 01:27:08 ID:JkclZCDT
濃い役者ヲタが来てないんじゃね?

65 :名無シネマ@上映中:2010/07/05(月) 11:57:14 ID:WZUXZ4pt
>>55
奇声を上げるようなシーンがあるのか?
エロいシーンなんだな…

「切腹」とか「上意討ち」は、最後は死んじゃうからなあ。
藤沢ものなんで、どっちかというとチャップリン映画の終わり方のようなのを想像してる。

66 :名無シネマ@上映中:2010/07/05(月) 12:18:12 ID:cup6k8Vn
「・・・鳥刺し」

67 :名無シネマ@上映中:2010/07/05(月) 19:07:37 ID:OW8tOSRP
もうすぐ公開!
浴衣での会見、粋ですね。

68 :名無シネマ@上映中:2010/07/06(火) 13:27:49 ID:GUzi3kCf
今朝披露会見TVでやってましたね。豊川さんと吉川さんのやりとりだけでしたがw
「世界が選んだ時代劇」ってTVCMしてました。

69 :名無シネマ@上映中:2010/07/06(火) 16:08:16 ID:biOZyBX4
焼き鳥しか思い浮かばないなやれやれ

70 :名無シネマ@上映中:2010/07/06(火) 16:13:51 ID:cKc0xAnC
>>69
> 焼き鳥しか思い浮かばないなやれやれ

それは、教養がないから。
モーツァルトの「魔笛」に出てくる、パパゲーノが「鳥刺し」。
背中に鳥かごしょってるけど、弥太郎と違って鳥かご売りじゃないよ。
そして、鶏の刺身は「鶏刺し」。
たたきとか湯引きともひと味違う。うまいよ。

71 :名無シネマ@上映中:2010/07/06(火) 16:37:08 ID:biOZyBX4
まさかのレスありがとう

72 :名無シネマ@上映中:2010/07/06(火) 19:08:59 ID:/qeDQ4dK
おととい、この映画の予告を見たんだが、殺陣で使ってる刀が短くないか?
結構、違和感あったんだが。

73 :名無シネマ@上映中:2010/07/07(水) 11:11:49 ID:8+Sj8mf1
>>72
吉川晃司と対峙してるシーンなら、豊川が持ってるのは脇差しとか小太刀と言われる物。

74 :名無シネマ@上映中:2010/07/07(水) 11:51:19 ID:VUMqMH5R
まあ、城中で二本差しあるいは長刀を持てるのは城主クラス。
あとは、出会え出会え衆の面々くらいか。普段は刀掛けに置いてると思うけど。

75 :名無シネマ@上映中:2010/07/07(水) 15:59:11 ID:T8OBRf5I
楽しみだ。一応初日舞台挨拶のチケゲット。

76 :名無シネマ@上映中:2010/07/07(水) 17:17:48 ID:/T/30r2z
試写見てきた
美しい絵画をずらずらと並べても弁士が下手じゃぁ紙芝居の傑作とはならないもんだとつくづく思った

「剣岳天の記」同様、役者の熱演&撮影監督が一生懸命撮っただけの平坦で低温な映画。
どうにも評価しにくいもったいない作品でした


77 :名無シネマ@上映中:2010/07/07(水) 17:59:05 ID:e6XoVAA4
>>73,>>74
オレ>>72だけど、レスありがとう。オレが不勉強だったみたいだな。結構他の
時代劇だと、城内とかでも長い刀で殺陣をしてる様な気がしたんでな。この映画の方が、
リアルって事か。

78 :名無シネマ@上映中:2010/07/08(木) 10:16:22 ID:YzQCQH3e
>>76
>「剣岳天の記」同様…

で、なんとなく分かった感じがする。面白い表現ですね。
周五郎の「雨あがる」で、黒沢作品ぽく語られた寺尾聰版よりも、娯楽性が高かった長門勇版(題名は「道場破り」)の方が好きだった俺としては、気持ちがなんとなく分かる。

79 :名無シネマ@上映中:2010/07/08(木) 10:38:47 ID:57qg+bc1
踊る3も困るけど
こういう出来が良いだけの映画も
嫌だなぁ。

80 :名無シネマ@上映中:2010/07/08(木) 17:07:05 ID:gzGADrub
ネタバレしないように書くと、後味の悪い話だからこそ多少は娯楽性を持たせてほしかったというか
すでに書かれてるように、双方が凄腕の剣客という描写が終盤まで無かったのも違和感

81 :名無シネマ@上映中:2010/07/08(木) 23:49:38 ID:2nPWHgZX
地味すぎる

82 :名無シネマ@上映中:2010/07/09(金) 00:49:52 ID:N/8erh9Q
寡黙&無表情にも程があって、結局最後まで豊川の信条もいまいち伝わらずじまい。
能楽堂の凶行に及ぶさいの心情ぐらいはちゃんと描いてほしかったところだが。


83 :名無シネマ@上映中:2010/07/09(金) 07:08:25 ID:kTRzE33Y
「壬生義士伝」みたいな暑苦しいお涙描写も困るが、こっちは殺伐と描写しすぎかw
東映らしいっちゃらしいけど

84 :名無シネマ@上映中:2010/07/09(金) 10:36:15 ID:Uwb47zKW
明日公開でこの過疎っぷりはある意味すごいな
一応モントリオール出品作なのに

85 :名無シネマ@上映中:2010/07/09(金) 10:56:34 ID:7N+sCSo1
モントリオール出品って、何かの縁起担ぎにでもなったのか?

86 :名無シネマ@上映中:2010/07/09(金) 11:49:47 ID:FYPwcSw/
モントリオール映画祭自体に何の価値も無いw

87 :名無シネマ@上映中:2010/07/09(金) 12:20:09 ID:t4QZuB/h
モンドセレクションとどっちが価値があるんだ?

88 :名無シネマ@上映中:2010/07/09(金) 14:03:24 ID:+cY06M6r
ワロス

89 :名無シネマ@上映中:2010/07/09(金) 15:44:01 ID:pejnZgcs
豊川の乳輪の黒さだけが印象深い作品。
たとえるならば、両胸の先っぽにメスのカブトムシを
ていねいに貼り付けたかのよう。
豊川のメラニン色素は全て乳輪へと集約されて
いるのでしょうか?

あ、映画は退屈しない良い出来です。

90 :名無シネマ@上映中:2010/07/09(金) 16:10:23 ID:NQYmExF6
殺伐とした時代劇いいじゃないですか

91 :名無シネマ@上映中:2010/07/09(金) 21:57:12 ID:pkDqPpf4
先日試写会で観てきたんだけど、必死剣はそりゃもう必死だったです
てか原作未読なんであれだが、【必死剣鳥刺し】ってタイトルはどうしても笑っちゃうんだよね
ヤケクソで棒っきれ振り回してるようでさ
隠し剣〜はなるほどと感心したんだけどね



92 :名無シネマ@上映中:2010/07/09(金) 23:57:54 ID:NYMs7LC8
面白いなら見てくるか〜

93 :名無シネマ@上映中:2010/07/10(土) 00:39:16 ID:BYwSg/at
俺は隠し剣爪の垢より好きかな

94 :名無シネマ@上映中:2010/07/10(土) 03:44:19 ID:rku73doG
隠し剣触ったようにしか見えないから、かっこよかったです、だからけっこう楽しみです
|_・) ジー

95 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 11:46:47 ID:Qccf42cm
今シネコン、もうすぐ始まるー
学生の時に腕におぼえありからの原作厨だけど、
ドラマ、映画になるだけで嬉しいので、
余程の内容じゃなきゃ満足する

息子は残念ながら観ないが、母親と一緒やw

96 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:54:54 ID:pZLbCzGS
見てきた〜、入ってたのは15人くらいで年齢層高い、俺ともう一人以外は多分シニア料金だと思う。
全体的に説明少なくて淡々と進んでいく感じ。ここがダメだって所はないけど、地味すぎるし、楽しめ
るかっていうと疑問だな。2回目は見にいかない。
必死剣についても途中から何となく予想は出来たけど盛り上がらないなぁ。
終始暗い感じでメリハリはないけど、まぁ時代劇好きなら見たらいいかもって感じでした。

97 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:20:23 ID:wRdiuXMT
同感。話が地味だけならまだしも描き方も淡々としすぎるというか・・・
昔なら、山田風太郎かなんかの奇天烈時代劇と
併映してナンボのプログラムピクチャーだと思う

98 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 14:11:01 ID:Qccf42cm
見終わったー
これはその淡々としたものを味わう作品だから、
カタルシスがないのはしゃあないかなぁ



99 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 14:32:58 ID:mQ1emlN3
レイトで観に行く。楽しみ。

映画館でやる程度の価値があれば映画はいいやって人だから、
がっかりもせんでしょうw


100 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 14:51:14 ID:fpd69Y92
あの秘剣がウワサになっているのが不思議
吹いてまわる主人公にはみえないんだが


101 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 15:06:13 ID:wRdiuXMT
つか必死剣って、使い手自身が名乗ったというより見てた人が名づけたって感じじゃん
本人が言い出すにはちょっと恥ずかしい技でしょw

102 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 15:13:38 ID:fpd69Y92
だとしたらすでに名前があったのはオカシイ


103 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 15:18:39 ID:pZLbCzGS
鳥刺しについて、中老?の岸辺に聞かれた時に必死剣とも呼ばれてるらしいがどういう意味
なのかって聞かれて、自分で名づけましたとか言ってなかったかな?

ってか、あの技ってどうやって完成したか確かめたんだろう。。。

104 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 15:48:43 ID:Gj9Y+D5m
映画化するなら鬼走りあたりの方が向いてそうだけど

105 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 16:21:16 ID:wRdiuXMT
>>103 そうだっけか。隠し剣みたく代々流派に伝わる技だと勘違いしてた。

今日公開だから率直に書くけど「死んだ振りからの一突き」はちょっと肩透かし食らったなw

106 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 17:08:56 ID:FtzJMQPs
「必死、必勝の剣」にして
「この剣を抜く時(鳥刺し)その使い手は半ば死んでいるとされる」

こ言う口上もこの剣を編み出した当の三左衛門自身が作ったと思うと、、、
ナンだかな〜

107 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 17:13:09 ID:sLUiTmJn
豊川の両胸のプニプニ具合が気になって気になって

108 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 18:42:40 ID:mevC2BY0
今日wowowで清兵衛、鬼の爪、武士の一分やってたでござる
録画し忘れたorz

109 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 19:17:49 ID:D6nVGMjm
池脇千鶴ロリエロ臭、凄すぎ。たまらんかった・・・・

110 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 19:59:40 ID:FtzJMQPs
「必死剣鳥刺し」より「道連れ剣鳥刺し」の方がシックり来る。

111 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 21:15:04 ID:PnmCppo7
久し振りに映画館に行って、観ようと思ってる。
SAW6以来だな、映画館に行くの。

112 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 21:21:53 ID:AQKtGj/u
今見てきたお
池脇千鶴の乳首が真っ黒でワロタ

113 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 21:52:40 ID:LM1nWzvg
鶏の刺身

114 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 22:37:14 ID:tpjMAYus
まず池脇の乳首は拝めない。拝めるのは濃厚なまでのトヨエツの黒乳首。

ラストの殺陣は最高だった。とんでもないスプラッター時代劇だったわ。

池脇に迫られ、夜チンポギンギンで寝付けないトヨエツ、子供の鳥刺しに参戦するトヨエツに吹いた

115 :杉○右京:2010/07/10(土) 23:33:02 ID:nnreMpzE
一徳さんって、やっぱりこわい人だったんですね。

116 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:36:40 ID:xlKiXW1B
>>80
良かったんだけど、軽い笑いのシーンというか、
観客がリラックスできるような所がなかったな。

117 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:51:15 ID:uhEZLR4k
まぁコヒさんあたりがお笑い担当でも良かったはずだが
普通に実直なキャラだったしな

118 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 00:02:01 ID:sLUiTmJn
「今の世の中、金より出世ですよ」

119 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 00:32:19 ID:IAvE2SzW
偶然頼りの必死剣より一発百中の夜の必死棒の威力にワロタww

てか、もう藤沢短編の映画化ヤメレ…コメディになるだけだから。

120 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 00:58:09 ID:841QbAVw
ラストの赤ん坊はトヨエツの子か?やはり

121 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 02:49:49 ID:WIUqUvZd
隠し剣にしろ必死剣にしろ、武士道的には卑怯と呼ばれてもおかしくないけど、
確実に殺せる技だから、姑息を百も承知で正義のために止むを得ず使うのが
やっぱりかっこいいと思いました

少し似ている所があるのがダークナイトですが…
正義のために法を破って嫌われ者になってるバットマンと
少しだけ通じるものがあるなぁと。ダークナイトの原作で
バットマンに武士道のようなものがある描かれ方があった気がします
正しい事をするために模範となるのか?
それとも模範など考えていたら正義は貫けないのか?の葛藤のような
そういう意味で秘剣なのかなぁ〜、何度もやるとバレちゃうしね

122 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 09:02:44 ID:/zjkj9lH
違和感がある作品だった。
兼見は連子を斬った後何で即自決しなかったのか?

どーせ斬首になるなら側妾なんか手に掛けず「本丸」である右京太夫を斬殺しろ。
名君になるであろうとオボシキ「別家」が藩主の座に就き万々歳だったのに。

ま女房の死後、里尾を後添えにして御別家と手を組めば勝ち組だったな兼見三左エ門w

123 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 11:49:53 ID:sxEKFX9M
>>120
でしょうね

124 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 12:04:55 ID:c9AqphAP
1回で大当たりだったのかw

125 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 14:13:57 ID:tGgiLJ3y
あれだな、池脇はいい女優なんだな。
理不尽映画だけど、そんなに悪くはなかった。

126 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 15:34:55 ID:iNbJD5MG
膣試験 撮挿し

127 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 17:01:57 ID:HELepzNV
>122
藩主なんか斬ったら幕府にお家取り潰されちまうだろ

128 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 17:09:24 ID:B2uxHlyF
>>122
腹切らなかったのは若干の希望を持っていた
殿様を切らなかったのはガードが固かったから

129 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 18:53:46 ID:xuSHtIN5
これ、原作まんまの実写化だったとしたら、映画化するにはパンチ弱すぎる話じゃねえのか
○○剣ヒットにとりあえず便乗しただけかな

130 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 20:41:20 ID:841QbAVw
池脇におじさまと言われてみたい。カリ城のクラリスを思い出した・・・

131 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 22:03:17 ID:MckKAAEU
鳥の刺身で一杯やりたくなった

132 :名無シネマ@上映中:2010/07/11(日) 23:49:01 ID:zwzgd2SY
話題のクライマックスだが冗長だったな。
リアルじゃないことをなまじリアリズムでやっちゃうから。
スプラッタ描写は満足した。
こんなに血が出る時代劇映画は「茶々」以来かな。
池脇はやっぱり巧い。
色調がよかったね。

昨日の「宇宙ショーへようこそ」と二日続けて観客一人の貸切だった…

133 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 00:52:51 ID:NNFdpG7e
死んだふりじゃなくて、死んでるんですよね

死んでもなお、1斬りの力を残しておいて
念能力でオートで発動する技なんですかね

だとしたらどうやって練習したんだろうか?
首とか締めて練習したのか?


というか、トヨエツは死んだのですよね?



134 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 00:57:25 ID:NNFdpG7e
ノーマル鳥刺しは通常の奇襲の技で、それなりに周りに触れ渡っていた

でも今回使ったのは必死剣バージョン

ということなのかも



135 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 01:11:03 ID:ZRkEg/VP
死ぬ間際に刀のサヤのひもを一生懸命解いて、何か仕掛けを作っているように見えた。
死んだあと、体を起こすと同時に発射される仕掛け刀なのでは?
もう一度観ないと確信がもてないが・・・

136 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 01:23:19 ID:pIkLPqxD
しまった
見に行く前にネタバレ見ちゃったw
どっちにしろ見るからいいけど

137 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 05:19:03 ID:RL/HgFTq
>>135
その「種」の技ではないよ。
必死剣、鳥刺しとは致命傷を負わない程度に徐々に斬られて行き
最後に「敵」が死んでる事を確認しに来た処を最期のチカラを振り絞ってヒト突き
って秘剣wだよ。

下げ美を意味も無く解いていたのもソノ一環(誘いの隙)。

考えてみれば兼見三左衛門が「俺は必死、必勝の剣を得た」と宣伝した時から既に
秘剣が発動されていた、、、って事になるのかもしれない。

138 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 09:00:28 ID:/B2lMUHJ
今日行ってみるがっかりしても
まぁシニア料金だからいいかな

139 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 09:28:20 ID:wm454o7m
シニアな方がこのスレにいるの?

140 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 10:00:32 ID:2T/dhKbq
兼見の部下に一徳の息がかかっていた、という予想は見事にはずれた。


141 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 10:08:17 ID:2T/dhKbq
能舞台見物で人物紹介というのは意味がなかったな。
登場人物が一堂に会するからちょうどいいとでも思ったか知れんが、
次々にテロップ出されても覚えきれんわ。


142 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 16:01:29 ID:PXAQQ5LX
実際の能はもちろん動画も見たこと無かったがこの映画で
初めて観た良かった今度ぜひライブで観ようと思っている

143 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 16:45:18 ID:mZqIqdzm
トヨエツが側室を刺した脇差を、血糊を拭いもせずに鞘に収めているのが???
「忠臣蔵外伝 四谷怪談」の近藤正臣の説教を聞かせてやりたい。

144 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 18:14:49 ID:K5GYC6V8
兼見と別家の対決で使われた技が早くてよくわからんかったorz
別家の刀の束に刀を刺して動きを封じて、
もう一本の刀を抜いて刺した・・・でおk?

145 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 18:29:56 ID:LVxkZ6q6
日本史オタとしては描写の多くに文句があるが、
それでも最近の時代劇などにしてはなんだかんだでよかった。
映画作品は大衆にわかるように描くものだから考証のずれはしかたがないし。
ただ藤沢は素人が読むから考証のずれはしかたがないでも文章で緻密にできるだけ則していたのに、
監督が意図をくめていないところもそれなりにあり、それだけが残念。
まあストーリーに関係などしないし、丁寧にやったところで伝わらないなら労力の無駄と切り捨てるのも監督の仕事なのだろうが。

146 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 18:37:18 ID:VY6mwaie
別家の刀の鍔に開いている穴に、兼見の小刀の切先が入る。
別家は自分の刀が捕られると思い、穴から切先を抜こうと刀を振り上げる、とそこにちょうど部屋の鴨居があり刀が刺さってしまう。
その刀がすぐに抜けなかったので、別家も自分の小刀を使おうと思い柄に手をかけるが、ガラ空きなった腹に兼見の小刀が突き刺さる。
ブシュー!!

147 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 19:26:42 ID:K5GYC6V8
>>146おお、そうだったのか!!ありがとう

148 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 20:03:16 ID:eeCLIa1e
>>130
おれもちづるんに「おじさま」って呼ばれたくなった。
池脇千鶴で画像検索して、22歳当時のおっぱいもみれた。
よかった。

149 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 21:38:24 ID:lmpoLBUp
日本三大がっかりおっぱいw

150 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 21:44:33 ID:1iNsNU/i
>>149
後の二人は誰だよ?

151 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 21:55:03 ID:MWksYNkB
京野ことみ 星野真里

152 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 22:10:18 ID:VER3/F+K
見てきた。客ジジババおっさんばかり。
素晴らしいマッチョ映画だった。
最高のハリウッド映画からド派手さを取って、和風を入れ込んだレベルのマッチョさ。
メチャ面白かった。

最初の拍手のシーンで、殿と連子と家来のパワーバランスが理解できるのは見事だと思った。
あと豊川悦司の肌がツルツル卵肌すぎる。がっかりおっぱいが欲情するのは当然の結果。
ラスト段々顔が真っ青になっていくのも面白かった。とにかく大満足。

153 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 22:28:52 ID:VER3/F+K
ちなみに、あのクソ以下のゲロカス主題歌が流れ始めたら、
おとなしく座ってたお客さんたちがみんな一斉に帰りました。

154 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 22:53:44 ID:RsvnRluV
「劔岳 点の記」「火天の城」に続くいかにも東映らしい「大作風味のトホホ時代劇」だと思ったけどねw
役者の熱演も気合入った撮影もシナリオが全部ぶち壊し。もはや東映のお家芸か。
てかチャンバラがラスト15分しか無い地味な作品、東映がやることじゃねーだろと。

155 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 23:42:38 ID:EpXwY2y4
この作品でのがっかりおっぱいはハマリ役だったと思う。
今までそんなに上手い女優じゃないと思っていたけど見直したよ。
特に見合いを勧められたときのイヤそうな顔と、必ず迎えに行くからと言われて
家を出て行くときの悲しげな表情は最高。

ところで、ラストシーンのがっかりおっぱいはトヨエツの運命をわかったうえで
待っているんだよね。
いくらあの時代でもあんな大事件が耳に入らないわけないと思うんだけど。

156 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 23:59:41 ID:OlF67S20
お前らがっかりオッパイって・・・・
まぁがっかりなんだが。。。

157 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 00:18:24 ID:wOgZgh8V
誰か鞘に血糊が付いた刀を納めた理由を解説してくれ

158 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 03:16:22 ID:BoVCCpv9
拭いてる暇がなかった

159 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 04:56:43 ID:9AOCgznB
2度と使うつもりがなかっただろうし、
拭い去ると連子様、ひいては上様を侮辱したように見える。

160 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 04:58:13 ID:9AOCgznB
>>151
鷲尾いさこは?

161 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 05:41:00 ID:RZ/QcCZM
がっかりがっかり言わないでやってくれ。
俺にとっては、日本一あこがれのおっぱいなんだから。
それともみなさん、目の前にちづちづが来ても
「チェンジ」って言えるんですか?

162 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 10:07:03 ID:tJ0uEZT8
言えませんっ!

163 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 10:44:21 ID:oIogZ3Bn
池脇見るの「化粧師」以来だな。
大した進歩も見られない。

164 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 16:00:29 ID:Xc5X7ezQ
ふ〜ん。ずいぶん、皆さん醒めているんでびっくりだね。

意想外の開幕。クライマックスのただならぬ盛り上がり。私は極上の時代劇
だと判断するね。
なぜ、あのクライマックスの展開にみんな興奮しないのかね?
私はこれを「告白」の最有力対抗馬だと思っているよ。


165 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 17:25:06 ID:rf6YLkIL
別家は殿様の分家なんですか?
家老とかではないでしょ?
上様は将軍家にしか使わない言葉だと思うんですが
上様=天下様=将軍家

166 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 17:49:52 ID:RZ/QcCZM
>>164
藤沢周平ファン原作ファンが多いのかも。
だとすると、オチはもう「知っちゃってる」ので。
自分も原作既読でした。

これまでの藤沢文学映画化だと、短編をいくつが合体改変してたり
何の工夫も無く短編を2時間に引き伸ばしたがために退屈だったりしましたが

本作は原作に比較的忠実な割に「引き伸ばし感」も少なくてよかったと思います。

予告編を見た時は、農民一揆の描写があったので
現代のワーキングプア問題なんかと掛けて
主人公が反体制運動や一揆に関わっちゃったりするんじゃないかと不安を抱いていたので。

時間軸がバラバラに配列されているので、お年寄りには「見づらい」映画かも知れませんけど。
きのう見て観客は6人居たけど、自分以外は全員シニアだったし。

167 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 18:27:08 ID:jxtTzmt8
豊川悦司、必死剣を語る
http://www.jiji.com/jc/c?g=ent2_ent2&k=g100915
動画
http://www.youtube.com/watch?v=5OEQo5VFtbQ

168 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 18:39:43 ID:HwamxOOL
原作未読で、○○剣とつくからにはそれなりのエンタメを期待していたような人だと
ほぼ全編がただならぬ緊張感と悲壮感に包まれた作品で、
最後にやっと始まったチャンバラにすんなり熱狂できるほど心の準備がなかったとも思う



169 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 18:46:26 ID:B9hpDGIu
隠し剣シリーズは短編集だけど面白いし、それだけ原作派の目は
厳しいので、ハードルは高いのでしょう

惜しむらくは、一般受けしづらいので、興行的成功がなかなか


170 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 18:54:22 ID:Ha//KTYM
原作は読んでなかったけどツイッターで得意気になってネタバレ書いてるアホが多くて見ちゃったよ。
映画を見るまでこのスレも見ないようにしてたのに迂闊だったわ。

171 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 19:07:57 ID:EcYPzfQy
>>164
>私はこれを「告白」の最有力対抗馬だと思っているよ。

自分もそう思う。ベストテン入りは間違いないだろう。
今年はまだいくつか時代劇が控えてるがここまでのものは
出てこないように思う。

172 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 19:09:44 ID:3Du15KEA
>>164
何で連子さまを斬るに至ったのか?
とか
中老・津田の進言により「生かす」事になったが帯屋(別家)対策のハズなのに
一年の閉門⇒二年間、無役の130石、、、
この間に御別家さまが大刀持って城に乗り込んで来てたらドーするつもりだったのか?

とかストーリーに無理があると思う。

女房に先立たれ自暴自棄になったチャランポランな主人公と
策士であるハズなのに丸で危機管理能力のないバカな家老。

コレじゃーなー。

連子を斬るに至るソレ相応の仔細が欲しい所だし謹慎処分は長くても一ヶ月、減俸は無し
の方が話の筋立てとして分かり易かった。

173 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 19:49:46 ID:Xc5X7ezQ
>>172
連子を斬るに至った理由は、まず連子が「君側の奸」であることは
あきらかである事。連子を除くことは、誰かがやらねばならぬこと、
それなら自分がやってやる、と思ったまででは?

また、仮にも城中で藩主の側室を斬った人間には、やはりそれなり
の厳罰を与えざるを得ない。(本来なら、打ち首が至当なのだ)
そんな軽い罰では、本人を騙すことは到底できない。

まあ、矛盾がないわけではない。兼見は、帯屋より強いと津田が判断
していたなら、結局、なぜ大勢かかれば兼見を倒せると思ったのか?
それなら最初から、大勢かかれば帯屋も倒せたはず。

まあ・・、津田は自分の策略に「酔っていた」と考えるしかない。


174 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 19:52:56 ID:wOgZgh8V
参考にしたのが、旧大映京都の時代劇(そういえば「薄桜記」にそっくりな殺陣があったな)、「血槍富士」「切腹」「上意討ち」ってどんだけハードル挙げてるんだよ。
悲壮な感じは似てるといえば似てるけど。

まあ松竹の天皇が撮った1作目と3作目よりは面白かった。
「火天の城」なんぞとは比較するのも馬鹿馬鹿しい。
「桜田門外…」は日本のギラーミンだし、「最後の忠臣蔵」は「北の国から」のナルシスト、「十三人の刺客」は三池が無茶やってるスプラッタらしいから、今年の時代劇限定ならいちばんだろうな。

>>163
「パーマネント野ばら」観てないの?

175 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 19:55:54 ID:L/7Cl3QD
>>172
連子さまを「斬った」ようには見えませんでした。

謹慎一ヶ月、減俸無し(つまり役はそのまま?)ではまわりの者が納得しないと思う。
でも、一徳の詰めが甘かったというのはその通り。
トヨエツも、警告なしでいきなり事に及ぶとは、DQNと言われても仕方がない。
連子さま可哀想。

実は別家と兼見は剣術のライバルで、別家が兼見の部下を使って兼見に嘘を吹き込み、
連子さまを始末させたという展開だったら、

やっぱり兼見は馬鹿に見えるな。

176 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 20:07:07 ID:Xc5X7ezQ
連子が可愛そうと思うのは自由だが、それなら飢饉で苦しんでいる民・百姓は
どうでもいいのか? 連子は彼らを虫けらのように切り捨てたんだよ?


177 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 20:20:03 ID:EcYPzfQy
>>173
最初から大勢で帯屋を切っていたら策略が露見するからでは?これが江戸に
知れ渡ってはまずいだろうし、帯屋の配下の人間の恨みも買うだろう。
兼見に切らせることによって乱心再びというアリバイができる。
大勢かかれば誰でも倒せるのは同じ。脚本が練られていると思う。

178 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 20:32:46 ID:Xc5X7ezQ
>>177
ううむ。しかし帯屋ははっきりと殺意を抱いて、藩主に会わせろといい
無理やり押し通っている。どう考えても、狼藉であり、大勢で斬るのは
当然だが。


179 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 20:34:22 ID:Xc5X7ezQ
だから、やはり津田はおのれの策に「酔っていた」というのが正解に思う。


180 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 20:35:42 ID:9zpBsN0x
ハードル高いけど、面白かったよ

181 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 20:54:17 ID:e12fWV6h
そういやレンコが死んで泣いてる侍女たちのカットがあったり
尼寺で菩提を弔ってる元侍女が「なぜ斬ったのですか」なんて言ってたりしたから
最後に実はレンコは悪くなかったっていうサスペンス仕立てのオチでもあるのかと
思いながら見てたけど何もなかったなぁ。
「パンが無ければお菓子を食べればいいじゃない」とでも言い出しそうな
トンデモ悪女っぷりが伝聞や噂だったし。

182 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 21:00:19 ID:9zpBsN0x
重税で寺普請、勘定方を切らせたのでも充分じゃまいか
映像にしないだけで、他にも色々とあるのは分かるっしょ

183 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 22:02:15 ID:Xc5X7ezQ
もうひとつ矛盾に思うのは、帯屋と兼見が対峙した時だ。兼見が打ち首覚悟
で、連子を斬った行動は、帯屋自身が取りたかった行動であったはず。
それならば、帯屋は兼見に対して、賞賛の念を持っていてもおかしくはない。
それなのにあの対峙の場面において、帯屋にはそれらしき言動はいっさい
なかった。それは不自然。もしかして、帯屋は眼の前に立ちふさがった人物が
「あの」兼見であると気づかなかったのか? もう一度、観てみないとこの
あたりのニュアンスははっきりしない・・。


184 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 22:11:09 ID:5Q+evjpJ
キレて殴り込みかけるなんて帯屋がDQNすぎてドン引きしたわ。
しかも噂が広まってて対策まで取られてるのに一人で正面から乗り込んでくるとかマヌケすぎるね。
もうちょっと上手くやれよって感じ。

185 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 22:30:55 ID:rf6YLkIL
別家は殿様の分家なんですか?

186 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 22:32:07 ID:46uSyvbF
>>181
全く同感。
レンコ様は悪人に仕立て上げられたのかと思った。

187 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 22:55:26 ID:clWBulU0
>>原作に書いてある立ち読みで解決

188 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 22:58:18 ID:clWBulU0
>>181
元侍女が「なぜ斬ったのですか」ってのは原作には無かった

189 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 23:01:32 ID:BAYIQ9MK
帯屋は藩主と話すつもりはなく、いきなり殺すつもりで殴り込みに来たんだっけ?
最初から帯屋に殺意があったのは津田の命令を受けている兼見のほうで、その兼見が
目の前に現れたから斬り合いになったように思った。

190 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 23:27:30 ID:Xc5X7ezQ
元侍女のエピソードは、この映画ではすっかり悪役である連子が別の面も
持っていたかも知れないことを示唆している。人間である以上、当然のこと。
単なる悪役は物語のなかにしか存在せず、連子といえども多面的な側面を
備えた人間であることを示そうとしたもの。


191 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 23:36:25 ID:Xc5X7ezQ
>>189
制止を聞かず、藩主の部屋に押しかける行為がすでに、殺意ありと判断されて
もしかたない。兼見は「警備主任」として当然の態度をとったまで。
問題はさっきも言ったとおり、帯屋が、兼見を正しく認識していたかという
点。もう一度、観ればわかるのだが・・。



192 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 23:58:58 ID:/0FP+XCV
そもそも豊川の妾殺しに動機付けがいまいち足らなかったように思う。
女房を追って死に場所を探していた男の発作的な凶行、だけだったかもしれないし。
妾殺しでみせた「義」と吉川の退治でみせた「義」がまるっきり矛盾してんだよね。結果的に。
真意がいまいちわからんかった。


193 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 00:04:31 ID:LUhqL3cj
豊川は兼見と、吉川は帯屋と、妾は側室と言ってもらいたい。


194 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 00:25:41 ID:9GGg6Z+F
けっこう評判が良いみたいなので、今週の土日に観てくる
てか、調べてみたらやたら公開館数が多いんだね

正直内容とは関係なく、それほどヒットが見込めるタイプの映画では無いと
思うんだけど・・・

195 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 00:31:46 ID:LUhqL3cj
賞レースにおいて「告白」が本命なら、この「必死剣鳥刺し」は今の所、
唯一の対抗だな・・。


196 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 01:02:52 ID:x2emyISx
善意にしろ義侠心にしろマトモな善人が誰一人として報われない映画だけどね


197 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 01:17:57 ID:Yx3S+WoN
『必死剣鳥刺し』 動員 7万783人 興収 7836万8400円 256scr


198 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 01:21:03 ID:flZVXw98
善人が報われる必要もないけどな

199 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 01:50:12 ID:X8VucCUS
>>192
動機は連子が政道に口出しして財政を困窮させ、勘定方の役人に言い掛かりをつけて切腹に追い込んだり、
しなくていい荒れ寺の改修を上様にさせたからでしょ。
兼見の台詞としては表現されてないけど、全部を見ていて、内心憤りを感じていた筈。
妻を亡くして死に場所を求めてたこともあって、連子を成敗したんだと思う。
連子を殺したのは「義」からだろうけど、帯屋と戦ったのは「忠」からでは。
上様の部下なんだから、命を脅かす者から守らなければいけない。
本心は、帯屋と戦いたくはなかったと思う。
なのに津田に裏切られたから、誇りのために戦って最後に必死剣出したんだろう。

200 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 01:51:37 ID:1/mulQUY
帯屋は津田の策略を見抜いていたんじゃないかな。
で、あえてそれに乗った、と・・・
剣の達人として兼見と闘ってみたい気持ちもあったかも知れないし、
兼見には忠臣としての最期を、という考えだったのかも知れない。


201 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 02:20:22 ID:x2emyISx
>>199 横レスだけど
犯行が結果的に「義」に繋がったのはよしとしても、なぜ兼見が?という疑問は感じた
彼の部署や彼自身に直接連子の蛮行が及んだ描写もなかったしな

直情的とも思える凶行に及んだ兼見があれほど寡黙だと
実は連子の成敗を誰かに依頼されたのかなと勘ぐってしまうかも



202 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 02:33:55 ID:X8VucCUS
>>201
直接の被害はなくても、同僚がひどい目に合ったり、追い詰められた農民が晒し首にされたり、
上様が連子に甘いせいで藩政が掻き回されてることに、兼見は心を痛めてたと思うよ。
自分の為だけではなく藩や民の為に、あの成敗は成されたんだと思う。
そういうことが出来るのが、誇り高い本当の武士だったんだよ。
妻の死がきっかけになったんだとしても、あくまで義の為に兼見は動いたんだと思う。
思う、ばっかりですまん。

203 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/14(水) 03:05:29 ID:T0bX49AU
意外にもここでは高評価を得ているようで驚いた・・・・・・。

個人的には全く引っ掛からなかった映画だったわ。
キャラクターにしても出来事にしても、描写自体が甘いし乱暴。

いかに殿が連子を寵愛し妄信してるかを説明した次で、
津田様が説得したから打ち首免れました!とか、
どんだけ御都合主義脚本なのか・・・。
(大体説得して理解できる殿なら、何も問題ないだろうに)

しかも一年の謹慎期間中は帯屋襲ってこないとか、
どういう判断のもとなされてるかサッパリわからないし。

いくら「話の都合上」という言葉があるにしても、
ここまでそれバッカリで構成されると、厳しいものがあるわ。

それと、演出も最後の闘い以外は見るものなかった気がするんだが。
画の切り方の中途半端さが目に付いて、途中で飽きてしまった。

告白の唯一の対抗馬は、いくらなんでも言い過ぎの凡作ですた。

204 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 03:10:22 ID:W3dPoALB
上の方で、「剣岳」に触れてるコメントがあるけど
ホント、あの作品を見た時と同じような怠い感じだったな。

それから、日本三大ガッカリおっぱいにトヨエツの乳も認定して良いと思う。
変に膨らんでるし、乳首真っ黒だし。

205 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 05:23:35 ID:DnwWRZFE
>>199
何で「義心」に駆られて藩主の側妾、連子の殺害って事になるんだ?
そもそも愛妾のヤリたい放題にさせている右京太夫こそが諸悪の根源。
宗蔵が隠し剣、鬼の爪で右京太夫を葬れば藩主の急死により跡目は帯屋が継ぎ
メデタシ、メデタシだったw

206 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 07:07:40 ID:J6rJ1oTM

 ↑
ここまでバカだと映画を見る資格も無いな

207 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 07:13:47 ID:i5p9L1ta
藩主暗殺なんて藩自体取り潰されるリスクもあるし、
家老や今回の別家クラスじゃないと藩主をすげ替えるって
思考も普通は起きない時代

君側の奸を討つのは普通の考えでもあるし


208 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 09:24:07 ID:i41XfKpx
兼見の凶行にしろ帯屋の討ち入りにしろ、どうにも体育会系筋肉バカの発作的犯行って感じが拭えない。
現代でいうなら国会議事堂のまん前でいきなり騒ぎ起こしてパクられちゃうような人。
「言ってる事は間違ってないし根は良い人。けどバカなんだよねwww」って言われちゃうような残念な人。
俺にとってはそれ以上でもそれ以下の話でもない。

209 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 09:36:54 ID:1/mulQUY
>>203
右京大夫は自己判断能力に乏しく、側にいる者の意見に流されやすい。
連子が死んだら津田が自動的にその立場に収まった、と考えれば無理はない。
帯屋は元凶である連子が死んだ時点で右京大夫が変わるのではないかと期待した。
しかし津田の策略もあって遂に討ち入りを決行した。
帯屋が討とうとしたのは右京大夫ではなく津田だったのかも知れない。
そう考えれば別に無理のない展開だったと思うんだけど。

210 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 10:17:29 ID:mYnMF49k
たとえば、帯屋がカチ込みを掛けた裏には
その2〜3日の間に何か決定的な出来事があったのかも知れない。
兼見が連子を刺した動機はきっきりと語られては居ないが、
それは見た人各々が感じた「兼見という男像」から想像するためにあえて余白をあけているのであって
たったひとつの正解がある訳ではない。

2時間の映画の中に映し出されていない部分があっても、
それは各々が想像して補う部分だったり
セリフにして言ってしまうと野暮になるのであえてぼかしていたりする所なのだが
どうにもそういう所を「描写不足」だとか「意味がわからない」とクサす方がいる。
そういう人は、知的でないと思うな。
(その余白を「俺はこう感じた、こう受け取った」という表明なら全然OKなのだが。)

211 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 12:44:14 ID:DSVamzz5
帯屋隼人正は善人だったのだろうか?
決して悪人ではないと思うが、隼人正は別家としての利権を第一に考えてる人間だと思った。
人物相関図を見ると、殺された農民たちは赤石郡(帯屋家の管理下の土地)
の農民たちなので、そいつらが一揆を起こして藩側と戦になっては帯屋家の
監督責任で処罰を受けかねない、だから一揆を止めたのだ。
別に帯屋家に責任が及ばないのであれば、そんなに一揆を止める必要性は
なかったと思う(藩主の反省材料になるかも知れないし)。

それと隼人正がなぜタイミング良く襲ってくるのか不思議がっている人がいるが、
あれは津田が操作したんだよ。
兼見の謹慎を解き、近習頭取に付けて慣れさせたところで、兼見には隼人正が右京の首を狙っていると伝え、
藩主には、隼人正が藩主降ろしを企てているからと帯屋家取り潰しの話を持ち掛けて
隼人正をキレさせている。この流れは里緒の見合い相手の話を聞いていれば分かる。
だから津田は兼見の謹慎中や藩内視察中は隼人正をキレさせない様に画策していたはず。

つまり隼人正が守りたかったのは帯屋家であり、その安泰の為に傾きかけた
藩政を正そうとしていただけ。腕に自信があるだけに最後は力勝負に出てしまう
ちょっと筋肉馬鹿的な人(まぁ右京よりは大分マシだが)。

津田は怖い。

212 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 12:50:07 ID:DnwWRZFE
帯屋が大刀持ってヤル気満々(藩主殺し)で現れたが
フツーに「右京太夫(様)に目通り願いたい」と言えば簡単だった。
謁見の席で帯屋が脇差抜いて藩主をブスリ!で片が着いた話なんだよ。

が本編のはバカ丸出しのあり得ない展開w

213 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 13:28:12 ID:1/mulQUY
帯屋は藩主右京大夫を斬るつもりだったのかな?
そんなことしたら別家といえども藩の取り潰しは免れないと思うけど。
帯屋は実は津田を斬るつもりだったと思う。
別家の帯屋が中老如き斬るのに>>212みたいな手段を取る必要もなく、
だから堂々と乗り込んだのだろう。

214 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 14:33:51 ID:6eIedicz
原作では別家は藩主と血縁で家老職、藩内で藩主と対等に話せるのは
彼のみだが執政に参加せず藩主や津田と同席や対話しない人と設定

215 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 16:06:49 ID:C6K63E83
少々ご都合展開でも全然許容できるし、抑えた演出はかなり好きなんだけど
「必死剣」てタイトルで半分ネタバレしてる割にはそのまんまだったというか、
このネタだけでやってしまったのがちょっと物足りなかったな
まぁ短編は短編だったという感じか

216 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 17:06:06 ID:TdsSOtBq
>>210自分は2時間もかけといて何故そこを描写しないのかと思った。

話自体1時間ちょいあれば終わりそうな話をたらたらとやっておいて、
ラストもそれに見合う迫力や興奮があったとは自分は感じれなかった。
そんなにきれいでもない風景描写に時間かけすぎだったと思う。
脚本が駄目だったんじゃ


217 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 17:55:35 ID:8XUQbpU0
上様は将軍家にしか使わない言葉だと思うんですが
上様=天下様=将軍家


218 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 18:59:34 ID:W3dPoALB
結局、兼見が何のために戦っていたのかよく分からないんだよね。
蝉しぐれの駄作っぷりから何の成長もしてない。
もう東宝は藤沢作品扱うの止めて欲しいな。

一方、松竹の、というか山田洋次の三部作はどれも良い。
個人的にはたそがれが断トツだけど。
寅さん嫌いだけど、山田洋次は良い監督だと思う。

219 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 19:13:22 ID:3zaS/e1w
踊る3といい勝負だな

220 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 19:31:45 ID:uOWVvZnA
だれか218の致命的な誤りを正してやれ。

221 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 19:41:05 ID:Y+Po1ZcN
豊川悦司の腹の脂肪と
(つか、全体的にムチムチ…何あれ? )
まなめかしいまでに黒い乳輪が
余りに衝撃的で…もう…

ウゲ〜でした。
映画自体は良かったんだけどね。

222 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 20:22:56 ID:LUhqL3cj
>>220
程度の低いカキコミは無視でいいだろ。
>>177
・・確かに、別家という高い身分にある帯屋を無理やり談判に来たという
理由だけで斬り殺しては、大スキャンダルになる可能性はある。そこで、
近習頭取の兼見が独断で帯屋を斬ったことにし、その兼見を乱心者として
成敗すれば、問題にはならない・・。そこまで計算していたとしたら、
津田の頭の回転も並ではない。結果論としては、その深読みが墓穴を掘る
ことになるのだが。

>>213>>200
確かに津田を斬るつもりという説にも一理あるが、それより200の意見が
面白い。帯屋は、兼見が近習頭取になったことを勿論知っており、あえて
兼見と剣を交えてみたかった・・と言う説だ。帯屋は自分がやりたかった
「君側の奸」連子殺しを兼見にやられてしまい内心、嫉妬していたのかも
知れない。帯屋も兼見に似た「死に場所」を求めるタイプ。津田の策略と
藩主の不興を買って、追い詰められて来た帯屋は、自分の絶好の相手として
「自分から死に場所を奪った漢」兼見三左ェ門を選んだのかも知れない。

つまり、帯屋は他ならぬ兼見と闘うことを真の目的として城中に乗り込んで
来たのかも知れない。藩主も津田も眼中になく・・。これはとても興味深い
考え方だ。心の底では、互いに認め合いながら、死闘を演じることでしか
相手と関わることが出来なかったのだ。二人とも、武士の鑑であった、と
言うべきであろう。




223 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 20:31:08 ID:Dxm8frC7
あんまり乳輪乳輪言うなよ・・・二人の間に出来た子の乳輪がかわいそうじゃないか・・・
最後の子供って、二人の子供って事でいいんだよね

224 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 20:31:41 ID:8XUQbpU0
上様は将軍家にしか使わない言葉だと思うんですが
上様=天下様=将軍家





225 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 20:32:34 ID:p21AuzTP
「剣岳〜」に通じる、役者は大熱演してるのにスッカスカな感じ、判るわw

夫婦愛や禁断の悲恋についちゃ役者も饒舌で昼メロの如くベタベタな描写をするのに
肝心の兼見と帯屋の心中描写は黙して語らず「観る側で都合よく察してください」
てのはずいぶんとバランスに欠ける演出だと思うよ。
ラブシーンとチャンバラだけは必死に描くのに、肝心な部分は心象風景のまま客に投げっぱみたいな。

てかこれを観にいくような客層なら、恋愛描写のほうこそ「察してあげれる」年齢層だと思ってるけどねw。

226 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 20:46:38 ID:Dxm8frC7
決して、深い映画ではないよな
なんかすげえ強い主人公が、可愛い姪とイチャイチャして、強いヤツ倒して、最後はワー!みたいな。
凄く良いポップコーンムービーだよ。
唯一気に入らないのは、へぼい合成背景くらい。へぼすぎる。現実に引き戻される。

227 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 20:57:45 ID:DxVfeMXw
この手の時代物の映画を始めて映画館で観た。
おもしろかった。

…が、じいさんばあさんは映画館に慣れてないのもあるのかもだけどマナー悪いな〜。
喋るし。チョコチョコ席立つし。前の爺さんは緊迫の場面で屁こくしw

228 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 21:52:39 ID:cJmvvmDT
技名がタイトルだけあって最後に技を繰り出すために全てが進行する、技が主役の作品といった感じだった
個人的には「花のあと」の方が映画を観た満足感が高かったかな


229 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 22:25:53 ID:bo7ip3/n
日本文化や侍ファンの外国人にすごく受けそう
藤沢小説独特の東北風景も外国人に受けそう

230 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 22:47:34 ID:6zWmuwO2
閉門1年で物凄く筋肉落ちると思うのだが
まー実際プニプニの二の腕背中晒してたからそれでいいのかな

231 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 23:19:09 ID:mYnMF49k
「自分にはかわらなかった」とか
自分の感性の鈍さ想像力のなさを
大威張りで書き込むヤツは
はずしいのう。

232 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 23:30:28 ID:VyjfZWxC
原作知らないんで、池脇との同衾場面でひっくり返ったw
原作ではどういう印象の場面なのかは分らないが、あまりに禁断過ぎる絵柄だったわ
色狂いのバカ殿に翻意を促す男一匹なら、やっぱり最後の一線くらいは守らんとw

233 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 23:36:43 ID:UtKpDNjF
叔父様といっても血はつながってないでしょ。
叔母様(戸田菜穂)の夫だから。

234 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 23:46:41 ID:6zWmuwO2
書き込む前に確認しないで送信しちゃうヤツは
はずしいのう。

235 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 23:51:31 ID:6PLP94u7
前にも書いたが「○○忍法帖」みたいな奇想天外な時代劇と併映してこそ活きる映画

236 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 23:58:50 ID:ud5vku4O
今日見て来た。作品としてはまあ、こんなもんかなあ。
前から思っていたが、豊川は時代劇をやるのには声が残念なんだよな。
腹から太くて低い声出せないかなあ。
あと、吉川は発声が残念だ。
意外によかったのが関めぐみ。
期待していなかったから、いかにもヒールな側室を結構うまく演じていた。
特に勘定方に乗りこんできた時のセリフには迫力があってよかった。

237 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 23:59:35 ID:7z2+2EA4
ラストシーンのがっかりおっぱい(´・ω・)カワイソス

238 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 00:00:53 ID:WyvQQkkg
シーンが過去の飛んだり、伏線の再現をしたりと、見ていて
非常に疲れた。

連子様刺殺
過去シーン 刺殺に至るエピソードを順序立って
刺殺後の謹慎シーン
2年後
クライマックス

という構成の方がはるかに良いと思った。


239 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 00:53:58 ID:Fk65W3Ff
>>236
連子様死ね!感がすごかったなw

240 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 00:54:44 ID:+5qfS3BK
あ〜初めて時代劇に金払って映画館で観たけど

面白かったわ
期待してなかったけどたまにはアクション系以外の映画を見ようかなと
立ち入ったんだけど
踊る3と迷ったんだけど
踊る2でちょっち違うな〜と感じたからこの映画にしたんだけど

よかったね〜
東北の街並みが出ていてよかったね

241 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 01:05:36 ID:wRzofBDT
この映画の肯定派の人たちの意見に多い、
「足りてない部分は想像で補完しろ」っていうのは、
正直どうなんだろうと思ってしまうわ。

事柄を匂わせる伏線があっての、補完をさせるのは
良い映画で用いられる常套手段であるけれども、

この映画のそれは単なる不親切。というか本当に欠落してるだけ。
脚本力のなさが、この作品をイマイチな出来で終わらせてしまったね。

242 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 01:25:08 ID:+5qfS3BK
>>236
なるほど面白い
俺は逆の感想だった
側室の連れ子の演技が下手な印象を受けた
吉川と豊川のが黙りこくって感情を殺したまま見据える感じが
よく作風と合っているように見えてしまったな

243 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 05:26:23 ID:OXOmYsCH
今でも判らないのが能が終わった後、間を置いて最初に連子が拍手したこと

殺生石だし、皆アチャーと思って反応しづらいところで
連子が内容しらづに褒めちゃった、てところなんかな


244 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 06:08:33 ID:b7ShHQhY
>>243
たぶん家臣は右京太夫の顔色をうかがってて、
右京太夫は連子の意見に左右されるから、
褒めるにしろけなすにしろ最初に意見を表明するのは連子しかいないんだろ
藩が連子に牛耳られていることを端的に示した場面だと思う

245 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 06:32:33 ID:OXOmYsCH
やっぱりそういう解釈が普通だよなぁ

殺生石なのは、美女にたぶらかされているっていう暗示に過ぎないのか


246 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 08:30:25 ID:aelMvDzv
  |ツ ヾ\{   (⌒\;;;;;;;;,,      ,,,,;;;;;;;;;;:'    //ミっ}
    i 仆、\\_,ゝ、  \__      ____  //!シ /
   { 、{ `r‐-、/´,.\  \ー====f'" ,..r―r-、`゙ソノ レ'i }
    、 Y ゝ、  \   \  \ ̄ {_ `==≠' /⌒)|  ノ
    \| (  \  \  \   \ ゙=====≠   / |/
       、 \  \  丶、 \   \     /    { /  豊川って誰かと思ったら 
      人  \   \  ` ̄`゙    `ー-┘    |/  『12人の優しい日本人』に     
     ( {::ハ  /\   \                }  出てた人か、古くてごめん
      ハ!:::\! .:: \                  }ヽ,
      }::::\:::::\  \                /::;ノ
    〈:::::::::ノ/ ̄\                     |::ィ


247 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 11:07:32 ID:CK/GT0Dw
>>235
「となりのトトロ」と同時上映の「火垂るの墓」みたいなもんですか?

248 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 11:55:19 ID:ZORBKWXJ
死んだふりならまだしも、「コト切れております」って言ってたのに何で動けたの? 診断ミス?

249 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 12:48:48 ID:PQrv1CkO
ピンポン玉を脇に挟んで脈を止めたりそんな感じの技があるのかもね


250 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 13:06:24 ID:mdGvby9D
あ!思い出した!
最後になにやら刀に付いてたヒモを外してなんかやってたよね?
あれで縛るか何かして脈を止めたんだ
これ正解でしょ?

251 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 18:35:03 ID:SJdu2ep2
兼見の必死剣に突き刺されるのを
津田じゃなくて、お殿様にしたらもっと
よかったような気がしたが・・・
それも滅多突きにされて死ぬ・・ってのは
どうですかね?

252 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 18:48:39 ID:f8+/zd4s
「鳥刺」は唸るような妙技じゃないし
「必死」も感心するようなトリックプレイじゃないし
お人よしの寡黙な正義漢がなんら報われることなく死んでいった話

これじゃまるで、姪と寝るとバチが当たりますよって寓話だw


253 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 18:56:17 ID:/yycrhc6
次は、「悲運剣芦刈り」でお願いします。

254 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 19:59:45 ID:ApF60Yhl
>>251
同意。

津田と右京太夫を両方一緒に串刺しでもイイくらいだった。
それが元でこの藩が取り潰しになろーがソノ後の事はドーでも良い。

255 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 20:36:42 ID:b7ShHQhY
仮に右京太夫の命はどうでもよかったとしても、
藩が潰れたら親族とか小日向とかの友人も路頭に迷うしなあ

256 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 20:37:36 ID:Euh12hOe
>>251
殿が死んだらお家断絶、藩士皆路頭に迷う
世子ありとはいえ、幕府相手にうまく立ち回らないと

まあ、才ある別家を殺さねばならない
生き残るのは愚鈍なバカ殿って、報われなさが
よく描けてたってことだな、いい作品だた

257 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 20:39:35 ID:BCi1MTHc
津田と右京太夫を両方一緒に串刺しした場合のその後は、
実際の例から想像するに、右京太夫は病気という事にして、
江戸にいる実子に家督を譲り、その後死亡という展開になると
思う。

もちろん、幕府にはいろいろ運動(賄賂や有力者の
援助を請う)が必要だが、取りつぶしになり、数千人の家臣と、
その家族が路頭に迷う事を考えれば、殺害の事実は隠した
方が良いという訳

258 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 20:53:34 ID:1P8R1YMm
「鳥刺し」は離れた敵に刀をヒットさせる凄い技だと思っていた
それとRIOは三左衛門の風呂を覗きすぎ


259 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 21:04:17 ID:Euh12hOe
正直、期待してなかったのだが
けっこう見応えがあったよ
最後の大立ち回りも、キメの鳥刺しも
原作既読だったので、今か今かとじりじりしたw

原作の兼見の印象ってけっこう俗っぽいイメージがあったので
豊川でいいのかと不安だったけど
いや、よかった

隼人正も気負いがみえたけど
無骨な実直の人って感じが伝わったよ

260 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 21:30:09 ID:OI0WVCTl
>>241の言ってる「良い映画」というのはどういう種類の映画だ?
きちんと伏線が張ってあって余白部分に関して観客の誰もが同じ答えを
導き出す分かりやすい作品のことじゃないのか。この映画がそういう
タイプのものじゃないから脚本に問題があると考えるのはあまりにも
短絡的すぎる。

>>210で言ってることをまるっきり理解してない。

261 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 21:46:48 ID:ZVsoiqwd
>>241

 >この映画のそれは単なる不親切。というか本当に欠落してるだけ。
脚本力のなさが、この作品をイマイチな出来で終わらせてしまったね。

普段どんな映画を観てるんだ?
この程度で不親切だの欠落だの。

往年の時代劇を見てもさっぱりだろうな。

262 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 22:40:57 ID:khPM3r7k
行間を読む、ということが苦手な人には向かない映画。

263 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 22:52:35 ID:Euh12hOe
原作読んだときから気になってたんだが
リオに振られた牧藤兵衛って
用心棒日月抄にでてきた牧四郎右衛門の子孫とか系塁かな?
いや、姓だけしかあってないけどw

264 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 23:06:32 ID:mnSf/e0S
「剣岳」に似てるって意見が複数あるぐらいだから
骨太を装っただけの中身スカスカの映画だって事でしょ
内容は充分理解できるが仕立て方にまるっきり魅力が無い、というそれだけの映画

265 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 23:46:22 ID:UR33Cx5P
江戸幕府までは、再び征夷大将軍しか任命されなかったため、征夷大将軍=将軍という認識が再度生まれる。
しかし、純粋な軍事司令官ではなく現在の総理大臣のように政治のトップ的な存在となっていく。
そのため、将軍と呼ぶ事に違和感が生じる事となる。こうした事から、一般的には公方様、御所様、
上様などという呼び方(時代によって異なる)がなされるようになっていった

266 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 01:08:55 ID:m1/5Ko2K
>>261
>241は当時の制度とか、風俗、武士のメンタルといった、物語以前の基本的な知識がないから、
物語の中で伏線を張ってくれないと理解できないんだよ。

267 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 01:09:04 ID:JafMOsNd
行間行間いってるけど、そんな深い話でもないだろ。
大体の筋も、意味も、殆どの人が把握してるはずだよ。
見せ方というか、構成に難があるから
映画として盛り上がりに欠けると言ってるんじゃないか。

個人的には退屈な話だった。
剣岳の手旗のシーンと、必死剣のベッドシーンの寒さが同じ。

268 :241:2010/07/16(金) 01:55:29 ID:g7wPBZZv
>>260
俺が知的じゃないのは否定しないけども、
しかし良い映画というのは、少なからず誰もが表現上の納得がいく様に
導いていくものだし、その為に伏線を張っていくのは当然の事。

ちなみに210の説明を見た限り、伏線=事後に起きることの説明みたいに思われているけど、
実際本当に良い映画は、そんな状況説明の台詞等で伏線を表現なんてしないのが普通。
緻密に脚本を練って、出来事や台詞の間の積み重ねの中で、観客の感情を導いていくもの。

その点で言えば、この映画も伏線を張ろうと努力していたのは見てとれた。
ただしあまりに稚拙かつ不親切な表現方法ばっかりで、一切効果的に働いてなかったけども。

>>261
往年の時代劇と言うものが阪妻や雷蔵の時代劇を指しているなら、
確かに知識として乏しいのは間違いがない。
ただ、そのころの時代劇というのはまさに「娯楽劇」だと思うんだがどうよ?


269 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 02:09:08 ID:0cbsFP6a
むしろこの映画を褒める人ほど、普段から映画演劇や文学にさほど親しんでない人だと思うよ。
そういう人ならどんな猿芝居でも「劇場で芝居を観て来た!」ってだけで大喜びするもんだしねw

さらに調子に乗り出すと
この程度の単純な話で、しかも謎の多い史実ってわけでもない地味な作り話なのに
演出全般の拙さを「たられば」「でもしか」「・・・と思う」のワードを駆使して仮説ごっこを
繰り返す。。

てか工作の一環で書き込んでるならご苦労様ってこったw


270 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 05:31:09 ID:AHUYmJbZ
演出や描写の稚拙さは「剣岳」、がっかり感でいえば「火天の城」と同等かな。
最も魅せてくれるだろうシーンにまったく見ごたえが無かったという意味で。

豊川・吉川・岸辺なんて三人とも善玉・悪玉・卑劣漢をこなせる個性的な俳優なのに
こんな地味な話に競演させてもったいないなと思ったね。
この三人を揃い踏みさせるんならもっと痛快で骨太なエンタメ時代劇を用意すべきだろ、ヘボ東映。


271 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 06:30:07 ID:sCdweUEd
わからないところがあったならもっと具体的に指摘しろよw

272 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 07:10:42 ID:7s+WRybW
原作を読み進めていたときは
なんとなーく「相手の剣を身に受けたまま抱きついて、背中から自分ごと貫く」
みたいな自殺技が必死剣なのかな、と思ってた

でも、あんな膾斬りに斬られまくったあとに
わざと脈を止めるとかやってられないよな

あんなことやっても首筋を確かめられたら終いだし
なにより、あの半死半生の状態じゃ
息を殺して死んだ振りなんてよほどの人間じゃなきゃ無理


273 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 08:02:18 ID:nk0kIvfX
>>272
必死でやればできるのでは

274 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 08:43:00 ID:y6EBCc7c
兼見がな〜
もー少し清廉潔白な人物像であればな、、、

連子殺しも藩の将来を憂いての憂国の士の強行とも取れなくはない。
がコイツは姪(義理)の里尾を自ら保科(小日向)に斡旋し許嫁かいる状態にも関わらず
里尾が自分に好意を寄せていると知るや速攻で夜這い掛けちゃう(不義密通)よーなヤツだからなー
そして里尾を知人の百姓に預けて許嫁には渡さないと言う執着ぶり。
不誠実にも程がある。

津田に騙され藩の都合で抹殺、、、となってもカタルシスなど生じないわな。

275 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 12:18:31 ID:NrclH5fw
こういう奴は「剣岳」も「火天の城」も
「見終わったらスレでああも叩いてやろう、こうもクサしてやろう」って
ほくそえみながら見に行ったんだろうな。

どうせなら「ゼブラーマン2」とか「エアベンダー」とか
もっと叩き甲斐のある映画見に行けばいいのにね。

276 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 13:27:10 ID:+jVV6xDR
りお結婚しろといっても嫌だと言うし
風呂場で抱きつかれて告白されたんだから
無視するわけにもいかんでしょ
がっかりおっぱいとまっ黒乳首の子供が女の子でなければいいが

277 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 15:20:17 ID:ThOWYVKT
最愛の妻を亡くして虚無感に陥っていた兼見は、かねてから連子の悪評を横で聞いていて
義憤を胸のうちに秘めていて俺死んじゃってもいいから連子殺したろと実行。
しかし、津田の策略により死ねず何でやねん!と思ったけど、武士だから言いつけに背かず
家に閉じこもり中は亡き妻の思い出を胸に雀を彫る。
(1年も篭って木彫りが少ないのもなんで?どっか別に保管してるのか)


278 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 15:21:38 ID:ThOWYVKT
妻の気分のいい日にはリオと3人でピクニック(この場面合成?)して、鳥刺しも披露したのだった。
蟄居が解けても気分じゃないからとわがまま言って城下をぷらぷらする兼見。
連子の墓参りして連子配下だった尼さんに会っても、質問を無視。


279 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 15:22:36 ID:ThOWYVKT
津田に近習頭取を命じられ、兼見にすればそりゃないわだけど、殿様が言ったんだから!
と言われお役に付く。保科との飲み話で津田の言い分が食い違うことに気づく。
案の定殿様にひどく扱われ、同僚の前でいらつきを露にする兼見。
(ここで感情を出すのに違和感)


280 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 15:23:25 ID:ThOWYVKT
そこに目ざとく津田登場。お前の剣の腕すごいの知ってるぜ、必死剣て?鳥刺して?
最近、別家がやばいから殿様守って欲しかったんだよねと告白。
俄然はりきって素振りする兼見。となると、明日どうなるかわかんない身だから
リオは見合いしなきゃね。え?俺のこと好き?う〜ん、…やっちゃった!


281 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 15:27:06 ID:ThOWYVKT
必ず迎えに行くから、田舎に行っててと兼見はリオを送り出す。リオ赤ん坊出来てうきうき。
約束して死ねなくなった兼見の前に、遂に別家が来た!やる気満々で迎える兼見。
チャキーン、ガシッ、グググ、タラタラ、ジャキッ、ブシュババー 
か、勝った!と思ったら、津田参上。「兼見をひっとらえろ」だ、騙したなー!



282 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 16:52:13 ID:7s+WRybW
正直に言おう

取刺しのことをずっと

「とり“ざ”し」って言ってた

原作に初めて出会ってからこの十ウン年間ずっと

283 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 17:43:38 ID:/8HePy8B
鳥挿し:トヨエツが池脇のために彫った鳥の形をした張り型

284 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 17:55:34 ID:7s+WRybW
政争に巻き込まれつつ、うまく立ち回った>隠し剣鬼の爪

政争に巻き込まれつつ、最後まで捨て駒に甘んじた>必死剣鳥刺し

個人的には藤沢初期の暗い暗い作品軍を映画化してほしいなあ

285 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 18:11:05 ID:ZM0snHvC
藩主はもともと無能な男だから知恵を授けてくれたり味方になってくれる者が
いなくなれば1人では何もできないだろう。

一方、津田は藩主を丸め込んでわざと兼見を生かし、その兼見を利用して邪魔な
帯屋を始末させてしまうような男だから、もし今後藩主が代わっても同じような
ことをくり返すかも知れない。
だから藩の将来を思い、1度きりの鳥刺しは津田に使った。

原作を読んでいないから詳しいことはわからないけど、個人的にはこんなふうに
解釈している。

286 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 18:34:47 ID:cbLTqq9h
関めぐみが悪の色香がちゃんとあってヨカタ

287 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 19:00:15 ID:UyZssflC
原作ではレンコ様を悪女と決めつけてないよね

288 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 19:02:11 ID:gRyyyK86
内容が、カムイ外伝の前半見たいな雰囲気だった

289 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 19:37:26 ID:7s+WRybW
別に最後の必殺剣にせずとも、
あの超低空からほぼ真上に放つ突きは
けっこう使えると思う、

って、そもそもあの体勢に持ち込むのが至難の技かw
やはり騙し討ちでないと使えないな

似たような斬撃を、隆慶一郎が小説内で描写してたな
松平忠輝で出てくるひょっとこ斎だったかが

290 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 21:12:13 ID:x7r5xbQn
あの殿様は参勤交代で江戸に行かないのかいな

291 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 21:27:01 ID:Q8TcSUoB
「拝領妻始末」「武士道残酷物語」を思い出した。
この手の筋書きは誰が演じても、上手に演出さえすれば
これからも作られ続けるのでしょうね。
見る前は役者の顔ぶれに不安もあったけど、面白く見られた。

292 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 21:32:50 ID:iI2MXel8
カラス刺しかトリ刺しかが分からなくて
チケット買う時、必死剣とまでしか言えなかった

293 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 21:48:26 ID:ei6mOh/n
最新のシネコンで観たけど、音のクオリティはかなりのものだった。
特に吉川との立ち会いでは、恐怖すら覚えたほど。
二人とも必殺の一念で打ち込みをかけてるのが十分に伝わった。
あのシーンを観られただけでも、金を払う値打ちはあったと思うよ。

ただ、トヨエツの大胸筋はありえないw
あれほどの剣客だからね。
一年間の謹慎とはいえ、床の上に縛り付けられてた訳じゃなし。


294 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 21:59:05 ID:HrW8wp47
原作の藤沢周平の必死剣鳥刺しの方が断然良い
悪く無かったがこれはこの監督の必死剣鳥刺し

295 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 22:11:52 ID:nfJ2OlFT
今日見てきたよ。平日お昼ということで、お客は15人くらい。
後味の悪さはそもそもそーいうもんだと思ってるのでいいんだが
やっぱり御別家様と主人公が剣の達人だってのが唐突なのと、主人公の内心が見えにくかったな

でもいい役者揃えてて見てて楽しかった。特に池脇は上手くなったなと感心した
冒頭の能のシーン、演目が殺生石ってのがまた憎いなw
九尾の狐が女に化けて宮中に取り入り政治を乱し、退治される、ってのがいい暗示

さて、個人的には満足でしたが、俺の後ろ側で見てたババア二人組
トヨエツの乳首が出るたびに嬌声あげやがって、死ね。二度死ね

296 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 00:20:32 ID:hqiLbqND
さっき見てきたんだけど、全体的に結構良かった。
後味についても、まあ黒幕を倒せたんだから良いじゃない。

それにしても最後の必殺技はどういう理屈でああいう風に出来る、という設定になってるの?

@事前に主人公の絶命が確認されてる
A目の前に敵が立つと作動


297 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 00:26:24 ID:2peDvyLP
実際、あんな体勢からほぼ一直線に
人の胴体を貫けるものなのだろうか

単に伸び上がるだけでは
ああも見事には決まるまい
正眼に構えていてもなかなか貫くのは至難の技

298 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 01:10:24 ID:3LI05CmL
私も今日見てきたけど、原作読んでなかったんで「鳥刺し」って
なんか変な名前、ぐらいしか思ってなかったけど、
期待してた以上に面白かった。
最後の殺陣はこれでもか、って位に壮絶だった。
一回「事切れております」って言われてたのに、急に動いたからホラー
ぽかったww あの紐の意味、このスレ見てやっとわかった。

池脇に見合い勧めておきながら、次の場面ではエチーしちゃってるから、
思わず映画館で笑いそうになったw
トヨエツ、素敵だったっす。

299 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 07:38:09 ID:Lf7lC41r
後から考えると、兼見一人で連子・別家・津田と藩内の主な政治勢力全部殺してるのがすげえw

300 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 07:51:04 ID:UHHiTZMl
>>296>>298
俺も気になって原作を読んでみたんだけど、事切れているなんてセリフはないんだよ。
動けなくなった主人公に死んだかどうかを確かめるため油断して近付いた津田に鳥刺しが
発動という展開だった。
あの「事切れて〜」というセリフは余計だったんじゃないかな。

301 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 08:28:03 ID:kVCpBvet
岸辺の眼の下の水餃子が年々大きくなっている


302 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 09:31:58 ID:FG10I4dq
副題「正しい襖の閉め方」

303 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 09:52:31 ID:X6Wqpsr7
>>300
ただあの台詞がないと、死んだかどうかを下の者に確かめさせもせずにご家老が近づくってのも
ちょっと現実的じゃないんだよなぁ

304 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 10:10:35 ID:vfUNHYpl
>>302
www

所作は凄かったよな

305 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 11:00:00 ID:oFnTXsgi
「たそがれ」「鬼の爪」「武士の一部分」「鼻の跡」「鳥刺し」と見て、
一番好きなのは「鬼の爪」、次に好きなのが「鳥刺し」くらいかな。

殺陣がよかったのは、意外にも「花のあと」。
映画全体としては凡作で退屈で眠くてしょうがなかったけど、
でもなんだか憎めない映画ではあった。

あー、俺もRioの奥深い所まで鳥刺してえぇ〜。

306 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 11:35:17 ID:maeAOinw
多大な犠牲を出してやっと最強モンスターを倒した

兵士A「ちゃんと死んどります」

司令官「この魔物に罪はない。しかし平和の為には仕方がな…」

モンスター再起動「キシャー!」

ズバババーぐえぇぇぇ〜〜!びちゃグハッ!

カタルシスと云うよりホラー映画だわなw


307 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 12:37:05 ID:IY5bH62N
>>305
俺と同じだw

308 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 13:22:14 ID:2peDvyLP
>>299
テロリストも真っ青な戦果だなw
海坂藩の政治を暴力で変えた男兼見

309 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 13:34:30 ID:WWNKGW6D
今後の藤沢作品映画化の希望は彫師伊之助捕物覚えをシリーズでお願い
したい江戸小名木川周辺の捕り物サスペンス、木村拓哉の主役でどうか

310 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 13:59:02 ID:8+u7/D70
>>309
他所でどうぞ

311 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 15:16:06 ID:hPAtRnKC
昨夜たった一人の映画館独占状態でみることができた。

312 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 15:26:35 ID:u9luF130
>>305
「たそがれ〜」の様に、
時代劇に武士の生きざまだったり、人間ドラマを求めている人には
この映画は描写が足りず、イマイチに映ると思う。

逆に「隠し剣〜」の様な、
アクション活劇を時代劇に求めている人には、
この映画は面白いと感じれると思う。

単純に最後の決闘のシーンだけで言えば、
山田作品よりも平山監督の方が巧かったとすら思います。

だがしかし、個人的には「たそがれ〜」のような作品が好きなので、
イマイチしっくりこなかったというのが正直な感想。

313 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 15:59:44 ID:csjEb2eG
時代劇で、ごくごく普通の一般庶民のありふれた
生活を追った映画ってのは創りづらいとは思うんだが
あえて映画になりづらい題材で、ヒットするような
映画を創って欲しい。
これができるような監督が、ほんとの名監督でしょう。
「鳥ざし」を含めて
下級武士でも剣の達人だったり、一般人でも大泥棒だったり
大商人だったりで、映画にしやすい人物が主役。
でも、なんのとりえもないような人物を主人公にしたら
どうなるのかな???
面白くないと思うが・・・wwwwww

314 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 18:43:26 ID:NFzwqXK6
>>303
だったら「事切れたようです」くらいにしておけば良かったかもね。
あれだと本当に死んだ人間が生き返って技を使ったように見えてしまう。
そもそも兼見本人が技を使うとき自分は半ば死んでいるというような説明を
していたから死んでから使う技ということじゃないよな。

315 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 19:44:40 ID:Lf7lC41r
たそがれ清兵衛は原作がめちゃくちゃ好きだったんだけど、
映画では奥さんが冒頭ですでに死んでて愕然とした

316 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 20:00:55 ID:YpQLR5k5
しかし、黒乳首は必要があったのか
俺ならカットだ

「えっ、トヨエツ、なんでこんな乳首黒いん?wwえ?」ってなって
愛していると言ってくれ時代を思い出してしまったよ

317 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 20:28:36 ID:6P+on4xG
>313
「花よりもなほ」がそんな感じの,特に取り得もない下級武士の話。
まあ,あれはファンタジーやけど。

318 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 20:29:26 ID:X+6CG3f0
妊娠したのは里尾じゃなくて、トヨエツだったんじゃ>黒乳首

319 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 21:24:41 ID:MswN63KF
ゴベッケ△

客はジジババばっかりだったが、トヨエツが襖越しにブッスリやられたシーンで
ほぼ全員から「ああぁっ!!!」と声があがり面白かった


320 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 21:50:51 ID:g+k6S2yt
で、あの鳥刺しの必死剣をどうやって会得したの??
それが分からん。死なないと会得できないじゃん??

321 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 22:02:51 ID:8+u7/D70
死んだら会得出来ないじゃんw

322 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 22:05:50 ID:ySJGAm8Y
俺は公開日に見に行ったんだけど、そんなに大きな劇場ではないものの
さすがに初日だけあってかなり混んでいた。
そろそろおっさんと言われても文句が言えない歳になった俺が最年少?
と思うほどお客の年齢層は高かったな。

そして、クライマックスで兼見の鳥刺しが津田に決まった瞬間、場内の
あちこちから歓声と拍手が起こったよ。
みんな主人公のピンチにハラハラしながら見てたんだろうな。

年配のお客に囲まれてちょっと照れくさかったんだけど、昔の映画館って
こんな雰囲気だったのかなと思ってちょっとだけ感激してしまった。
もちろん映画も面白かったよ。終わってしまうまでにもう1回見たい。

323 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 23:25:23 ID:AI+yuh6q
>>320
夜な夜な道端で死んだフリして、家中の武士を相手に辻鳥刺しして会得したんだよ

324 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 23:47:36 ID:2peDvyLP
劇場版鬼平犯科帳を見に行ったのが
俺が中学生のころ

あの時も周囲がジジババばっかりでかなりアウェイ感があったのだが
三十路に差し掛かるこの年齢になっても
俺以外の客がジジババとはこれ如何に

325 :名無シネマ@上映中:2010/07/17(土) 23:51:06 ID:q+R4w+XK
ジジババを馬鹿にするなよ
やつらはいつの間にか増殖してて、最大勢力になりつつあるぞ

326 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 07:19:12 ID:3AiYsz/8

アンタもいずれはお仲間入り。

327 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 07:30:15 ID:GqyCKLqh
公開週に行ったけど、ガララーガやった、もったいなす
でも、昨日の公開日に行ったアリエッティもガララーガだったので、そのシネコンは
そうなのかもしれない

328 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 07:52:57 ID:2FXe2tHv
Rioって「りお」なの?「りを」なの?

329 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 07:55:40 ID:c4lv4Kh2
柚木ティナですよ。

330 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 10:30:22 ID:IYtotQ4g
すいません 質問です
最後に 必死剣 鳥刺し って最後にセリフ
言った人は 誰ですか

よろしくお願いします

331 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 11:16:05 ID:A8HHn3Bk
十三人の刺客のリメイクも庄内映画村なんだな

332 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 11:50:25 ID:CMTAM5lr
>>330
光岡役 俊藤光利さん

333 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 12:07:39 ID:IYtotQ4g
>>332
ありがとうございます

あのシーンが印象的でした
原作とは違うようですが

334 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 12:37:16 ID:2YIcYVCw
DJ.RIOがいるスレはここですか?

335 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 12:40:50 ID:Ytz5+24H
キネ旬か何かで「冒頭の人物紹介に字幕をつけるのはいかがな物か」
映画人たるもの、じっくりと腰をすえて演出しろって書いてる人がいてふーんと思った。
別にいいじゃん。役職と名前くらい。テレビ的ではあるかもしれないけど。
時代小説とか歴史に疎いから名前の読み方わからないしw

336 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 12:48:16 ID:4v9LhRer
気になったのがカツラとの境目が分からん用にする為なのか
鉢巻してたのが酷く目に付いた

337 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 12:58:51 ID:fZ0SZL/t
>>320
できます。そこが映画
いちいち突っ込むの野暮

338 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 13:56:27 ID:HZuBmfJq
>>331
冬には「最後の忠臣蔵」もやるな
池宮作品の映像化多くね?
生きてるときはパクリで散々叩いてたくせにw
スレ違いだな

339 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 14:28:38 ID:eH9JEUIQ
>>335
たぶんそいつは「史上最大の作戦」を観たことがない。

340 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 14:54:41 ID:xWsJW1H0
海外小説なんかは、巻頭で登場人物を書いてるな
全然関係ないけどw

341 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 17:11:35 ID:mKJExU+e
部下「…事切れております。」
岸部「そうか、では解散!」



トヨエツ「…」

342 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 17:43:05 ID:OLPzQyGr
部下「…事切れております。」
岸部「そうか、もう一度誰か確かめてみよ」



トヨエツ「…」

343 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 18:19:42 ID:0cL/HhZq
>>341-342
今日見てきた。
自分としては満足だったので感想を書こうと思ったのにお前らときたら・・・

もう書き込まねぇ!!

344 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 18:32:31 ID:mKJExU+e
>>343
そう言うなよw

地元山形県人の俺に免じて許してくれ、このとおりだ。

345 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 19:54:33 ID:uq+Qyrvh
トヨエツの体が非難ごうごうだが
もう50才近いんだから勘弁してやれよ
ヒロミゴーみたいなのは特殊なんだよ


346 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 20:44:50 ID:dH7jT/uo
庄内の風景って、あいかわらずぼんやりしてて小汚いね。
おくりびとのパクリで、とりあえず白鳥撮っておけ、って感じ?
撮るなら撮るで、もう少しマシなカメラマンつかってごまかせよ。

347 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 21:02:59 ID:r/VveqC1
>>345

原作をして巨漢、醜男となっているので
身長はOKだが体重が足りないと言う事でトヨエツは肉を付けたんだそーな。
以前にトヨエツの乳首を見た記憶はあるが特別「黒かった」の印象はない。
黒乳首についてはワザと黒くしてる(演出)んだと思う。
黒いのが問題なら着色して薄くすることも出来たハズ。

醜男については触れてはイケないコトになっている。
トヨエツじゃなきゃー(ブ男が主役では)客ははいらないしw

348 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 21:24:12 ID:bvBCqmWw
れんこーがじょせいのさんせいけんをてにしてじぎょうしわけおした。
ざいむだいじんがのうりょくぶそくだからりあるくびのけいにしたんだな。
かんりょうたちはまずいとおもってれんほーおあんさつしたかった。
とりしらべがあったら
とよえつにあきはばらおこえたかたですといてもらいたかたです。
たいとるわ
なんぷんいきとめてられるかな?
でいいとおもいます。

349 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 21:31:38 ID:3UhgG9is
↑大儀であった。

350 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 22:26:04 ID:jxLX6LM1
時代劇素人の俺としては、上様を殺って欲しかったなぁ

351 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 22:48:48 ID:l9ZUVS1X
乳首をわざわざ黒く演出してるのではなくてカメラのフィルターの関係で
そうなってるだけだろう。そう考えると池脇千鶴が乳首を出さなかったのにも
合点がいく。三大がっかりおっぱいではなくて一大がっかりおっぱいになる
ところだった。

352 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 23:21:37 ID:c4lv4Kh2
>350
ええい上様とて構わぬ、斬れ、斬り捨てい!

353 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 23:46:01 ID:R84lBPJC
殺陣はすごかったけど、白鳥が飛んでくところが何回も出てきて、「おくりびと」のパクリだなと思った。
あと「上様が申された」っていう敬語は変だと思う。


354 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 23:47:56 ID:SrN93heq
昨日観てきた。
めちゃくちゃ混んでいて250席の映画館が満席だった。

355 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 00:40:39 ID:afnaWhX3
原作未読で今日見てきた
剣岳と比べてる人多いけど自分は鳥刺しの方がおもしろかった
最後の赤ちゃんはトヨエツと池脇の子?
このスレ見るまで居候先の赤ちゃんかと思ってた…
別れてから1年は経ってたのか

356 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 00:53:41 ID:p5Fah0Sm
百姓の子倅を子守しているのだと思う。

357 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 00:59:32 ID:PJaTFVoH
劔岳とは比較対象にならんでしょ。
劔岳は絶景描写が売りだし、こちらはチャンバラが売りでしょ。
双方とも淡々としているってのは共通しているだろうけど。

358 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 01:03:11 ID:niimn/9w
>>356
トヨエツの子だと思うよ


359 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 01:09:11 ID:B4gAptCv
劔岳や火天を引き合いに出す奴の気が知れない

360 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 01:14:00 ID:PJaTFVoH
東映つながりで比較するんだったら、仁義なき戦いシリーズとでも比較すればいいのに。

361 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 03:22:49 ID:md5HlWvE
(゚Д゚)ハァ?

362 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 07:48:26 ID:3zMiKAXI
この映画ストーリー(設定)は兎も角

殺陣はナカナカのモノだった。

363 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 08:49:18 ID:WXlDmxg5
>>347
そうだったのか
巨漢で醜男といえば見た目的には宇梶剛士あたりが思い浮かぶが
宇梶は学芸会以下の演技力だからこんな役は1万年経ってもムリだな
客も入らないだろうし

>>355-356
池脇が朝食の時に食欲がなくて、女中が何か案じるような目で見てたシーン
〜トヨエツ「こうなった以上、いつか二人の仲が周囲に知られる」と話すシーンが
池脇の妊娠をあらわしていたんだと思うよ

364 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 09:36:27 ID:1kVQS61l
>>363

百姓の家で、赤ん坊の着物縫ってる場面もあったぞ。
遊郭なんか行きそうなキャラじゃないし、
嫁が死んでから禁欲してたらしいトヨエツの必中棒股刺しの威力はすごい。

365 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 12:04:08 ID:xO9kxScc
(´・ω・`) 主人公カワイソス

366 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 12:05:19 ID:Y6zTiwLi
タイトルからして「必死剣〜」なんだから、細かい事抜きに楽しむべき作品だろ。


367 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 14:21:56 ID:SJeBGSgc
原作では、明確に黒乳首の子と書かれています。

原作では兼見は「長身で醜男、鳥のような顔」となってたので
自分は布袋をイメージして読んでたんですよね・・・。
布袋と吉川の対決、みたかった。

368 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 18:51:59 ID:9vpH5A0C
俺は乳首の色よりも中学生くらいの膨らみがあったのが気になったアッー!

369 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 19:19:18 ID:niimn/9w
>>367
本気の斬り合いになるな、それはw


370 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 20:19:54 ID:BzudFqsN
>>363
トヨエツがその台詞を言い、がっかりに知り合いの家へ行っているよう
命じたのは一緒に寝た翌日くらいにみえたけど。
だからトヨエツは自分の子供ができたのを知らないんじゃないか?

371 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 22:10:17 ID:am3KZfwg
>>363
致した翌朝に妊娠の兆候が?

372 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 23:17:13 ID:R9uXz3H/
兼見と帯屋の一対一対決をもっと見たかった。
対その他大勢がちょっと長いような気がする。

373 :名無シネマ@上映中:2010/07/20(火) 01:10:58 ID:Jh71J3E7
山田の奴って、緒方とか三津五郎とかまともな役者を使ってるのに、身分や立場を利用して居丈高に振舞ったりセコイ不正をしたりとかで、単なる小悪党なんだよな。要するに役不足。
山田は悪を書けないの。
そこいくと、花のあとの亀とか、本作の三悪人とか、そこそこケレンも迫力あるし、ちゃんと時代劇の悪役してるんだよな。
だから山田は駄目。


374 :名無シネマ@上映中:2010/07/20(火) 08:57:22 ID:5xWEiNdw
そうか。
兼見が「りお刺し」して翌朝にはつわりが来たように見えたけど、
あの間に時間経過してたのかも知れないな。
という事は、兼見はりおをニンシンさせるほど
何度も何度も愛したって事なのか。うらやましいなあ。

375 :名無シネマ@上映中:2010/07/20(火) 09:20:39 ID:xtRP9Xjd
>>372
原作では殿の隣室で待つ兼見の耳に警護の侍と
帯屋の切り合いがだんだん近づく所が迫力満点

376 :名無シネマ@上映中:2010/07/20(火) 14:39:20 ID:AXsKOt7v
さっき観てきた
スレでも散々語られてるけど鳥刺しの原理がよくわからんよ
ただの不意打ち?  「事切れています」ってことは死後に発動する技?

377 :名無シネマ@上映中:2010/07/20(火) 16:52:52 ID:oEMc7arX
根拠薄いけど、死後硬直とかそんな感じ? それか、首をハネられた鶏が脊髄反射か何か
でしばらく走り回る・・・の応用とか?

378 :名無シネマ@上映中:2010/07/20(火) 17:15:17 ID:zFmDnAZO
自分は死ぬけど相手も道連れじゃ!というのが「必死剣鳥刺し」なら
殿の妾を刺した技こそが、それなのかもしれんなぁ



379 :名無シネマ@上映中:2010/07/20(火) 17:26:42 ID:zecBwaw4
>事切れている

と即断したのは事実誤認だったってコトだよ。

医者(漢方・蘭方)でもない医学知識ゼロのヤツ後家人がヤッちゃったんだよ。
脈拍も殆ど無い、息も殆どしてなかったので素人判断で「死んでる」と。

それは即ち兼見が津田に語った「半ば死んでいる」⇒未だ死んでいない状態だ。

380 :名無シネマ@上映中:2010/07/20(火) 18:21:45 ID:hC5+KuS/
元来カッチョイイ剣ってのは、死にかけの時に逝きがけの駄賃にエイヤッとやるものではなく、
ピンピンしてる時に、生命と引き換えに繰り出す技だと思うんだ

381 :名無シネマ@上映中:2010/07/20(火) 18:43:00 ID:w3i8LMlL
>>380
そういう人にはこの作品をお奨めしない。


382 :名無シネマ@上映中:2010/07/20(火) 19:21:30 ID:w+EAV+ZO
カッコイイ剣とは
誰も一言も評してないな

しかしあれを
剣法と称して良いものか

ナマス斬りに斬られまくっても死なない体力・精神力
それを作り上げるのは正直、無理だろう
てか、あれだけ斬って致命傷を与えられない藩士たちのヘボさときたら

383 :名無シネマ@上映中:2010/07/20(火) 19:29:00 ID:w3i8LMlL
>>382
最後に必死剣が出ずに終わったら別の意味でどんでん返しだろw

384 :名無シネマ@上映中:2010/07/20(火) 19:48:42 ID:FbEEjMrR
主人公が人格的にも剣客敵にもちょっとカッコ悪くてリアリティがあって
良いんじゃないかなー

暴れん坊将軍みたく人格者wでバッタバッタと敵をなぎ倒す(峰打ち)、、、
じゃー詰まらんやろ?

385 :名無シネマ@上映中:2010/07/20(火) 19:53:16 ID:cjI7gCaG
>>376
前のレスにも有ったが脈を何らかの技で止め敵を
油断させ少しのチャンスを待ち目的を達する剣か


386 :名無シネマ@上映中:2010/07/20(火) 19:54:18 ID:w3i8LMlL
>>384
同感

この手の作品でテレビ時代劇風の殺陣を見せられると萎えてしまう。
クライマックスまで颯爽としていたらリアリティの欠片も無い。


387 :名無シネマ@上映中:2010/07/20(火) 20:22:37 ID:PEOpbugO
事切れて〜にこだわっている人たちがいるのが個人的には不思議。
単にまだ死んでなかっただけだろ。

388 :名無シネマ@上映中:2010/07/20(火) 21:18:37 ID:zFmDnAZO
大勢を相手にするとき、最初はみねうちで
途中からまともに持ち替えたところが凄みを感じてよかった。


389 :名無シネマ@上映中:2010/07/20(火) 22:03:59 ID:LH1ytMVm
ヨーガの秘技で、心拍脈拍を一時的に停止させる技。

390 :名無シネマ@上映中:2010/07/20(火) 23:10:01 ID:w3i8LMlL
>>379
 子供たちの前で鳥に悟られない捕まえたシーンが「事切れている」と津
田に言わせた伏線ではないかと思う。


391 :名無シネマ@上映中:2010/07/20(火) 23:32:06 ID:w+EAV+ZO
首筋から腹の辺りまで刃を突き立てられて

それでもまだ生きていられるものなの?

392 :名無シネマ@上映中:2010/07/20(火) 23:38:42 ID:EcMy9zzF
まだ見てないから話について行けない

393 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 00:35:38 ID:rI2cCnmP
タイトルが居酒屋のメニューにしか見えない

394 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 01:02:05 ID:dMoZ0MfA
ヤフー・ユーザーレビューに「帯屋隼人正の剣」という一文をアップしました。
興味のあるひとは読んでくださいね。


395 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 08:55:59 ID:tgjRphp5
>>391
人間は中々死なないもの

396 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 10:57:22 ID:+JBl20x+
それこそ大河に出てた武市半平太なんぞは、三回切腹したと言うか、腹に三の文字を書くように切ったそうな。
三段腹じゃないぞ。

397 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 11:25:30 ID:HiO8XiG/
シリーズ総集編として
「たそがれ隠し鳥刺し」というのはどうか


398 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 11:54:39 ID:N4pk78fh
>>397
たそがれはシリーズ違う
それやるんなら「隠し鳥刺し一分」だろ

399 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 12:24:01 ID:HiO8XiG/
こっそりおかずを隠してるみたいなw


400 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 12:30:32 ID:+JBl20x+
レンジで一分?

401 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 13:50:47 ID:KjHVHllE
必死だな剣

402 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 16:58:48 ID:/bkS5aOF
見てきた。主人公が変にお馬鹿さんだった。
女房が死んだぐらいでヤケになって殺人に及ぶし。
だまされていいように使われてるのに最期まで気付かないし。
バカ殿様に対する貴重なご意見番を殺してしまうし。
ぷにょぷにょ太ってるし。

403 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 17:57:50 ID:HiO8XiG/
やっぱり、いまどきの人が観ると
「騙されてるのに気がつかないで馬鹿みたい」って感じるのかな。

たとえ騙されていると感づいていても
忠義のために命を投げ出すところにグッと来るんだけどねぇ・・・(´・ω・`)

404 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 18:03:41 ID:/bkS5aOF
だまされていると感づいてはいなかったよ、主人公は。
だまされていると知っていながら別家を殺したのなら、最後に一徳を殺さない。

405 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 18:05:52 ID:EcOrNRcr
個の時代だからね。
和や家の考えは、興味がない人には説明をつけないと理解してもらえない。
代替細胞、アポトーシスの概念で、無数の人がいてひとつの家や組織を作っていると考えれば、
歴史を知らなくてもわかるずなんだけど、今の教育では学んでいないだろうな。現代は学ぶ必要もないし。

406 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 18:08:10 ID:HfHdAjHJ
駄目だ、どうしても題名で笑ってしまう

407 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 18:14:19 ID:HiO8XiG/
>>404
友人との酒の席で、真相が明らかになってたじゃん。
それでも忠義を尽くし、藩を信じようとするからこそ
ラストの立ち回りですら最初はみねうちで何とかしようとする。

そして、いよいよ!ってところで刀を持ち変える演出におお!ってなるんじゃん。

408 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 18:16:55 ID:/bkS5aOF
主人公の忠義というものの定義が甘いのでは。
殿様に害をなす者(悪政を行わせるよう吹き込む側室と命を狙ってくる別家)を
殺すのが主人公の忠義なら、一徳を殺す理由が立たない。
一徳は一徳なりに殿様とお家を守ろうとして主人公を利用した。
私利私欲のためにそうしていたという描写は映画の中には無い。

409 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 18:24:20 ID:HiO8XiG/
>>408
不器用なほど藩のためにすべてを投げ出し、忠義に生きた武士が
最後の最後、それこそ半ば死んでから「己」を出すというカタルシスがわからんか・・・

今時の子やねぇ(´・ω・`)


410 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 18:30:43 ID:/bkS5aOF
>>409
だまされているのを知っていながら主人公がああいう行動を取った。
と思いこみたい人の目から見るとそうなるのだろう。
主人公は気付いていなかった。
それがいたるところで描写されている。
だから馬鹿に見える。

411 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 18:35:27 ID:tgjRphp5
>>408
原作にはあるけどね

412 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 18:46:26 ID:N5PesD+l
池脇ちーちゃん 池脇千鶴が好きです


413 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 19:27:05 ID:c8zw/kep
池脇といえば大阪物語

でも近所のTSUTAYAには
置いてないんだょなー

414 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 19:27:39 ID:sCtCFBHH
やたらと「剣岳」「火点の城」を引き合いに出してた人がいたけど
他に映画を見た事なかったんだろうなあ。

415 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 19:29:34 ID:ZwfNNQpn
悲惨な映画歴だな

416 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 19:52:29 ID:HiO8XiG/
若者向けの映画、やたらとナレーションで登場人物の心情を説明するけど
そこまでしないとダメな状況ってのもあるんだなぁ(´・ω・`)


417 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 20:04:46 ID:+udF8b6Q
主人公はだまされていると感づいてはいなかったと思うよ。
対立する別家を始末するのは藩の命令だから従うしかないとしても
まさかその理由を主人公の乱心ということで個人の責任にしようと
してるとまでは気付かなかっただろうからね。(逆に気付いたら凄い)
だから俺は主人公がバカだとは思わない。
最後に鳥刺しを使ったのは濡れ衣をきせようとした津田への報復だろ。

418 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 20:19:37 ID:qIke0f3U
ナンだカンだ言っても今年イチオシの時代劇だろ?

他の「出来」が酷すぎ!
座頭市に至っては「ポカ〜ン・・・」だった。

419 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 20:44:19 ID:CgUNYD/S
>>413

池脇と言ったら「ジョゼ」と「島袋」だろ?

420 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 21:43:38 ID:vyhbi5oj
>>418
純粋に「おもしろい」し今年一押しなのは間違いない。
壮絶ラストは未だに脳裏に焼き付いているし名シーンだと思う。

年内公開の時代劇は佐藤純彌監督の大作「桜田門外ノ変」があるが
これも楽しみ。


421 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 23:23:19 ID:llQtByGi
>>420
同感。
今日見てきた。今年一押し、間違いない。
個人的には、蝉しぐれ、武士の一分、鬼の爪より、好きだ。
後半の殺陣のシーンは迫力があった。
必死剣をいまかいまかと準備して待っていたつもりでも
決まった瞬間びっくりしていた。
淡々と静に描かれてる前半があって、クライマックスの動の殺陣が生きたと思う。

422 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 23:33:48 ID:CByJq5My
>>417
藩主の妾を勝手に殺害した時点で既に乱心。
そのとき斬首になるはずだったのが処罰の時期がズレただけ。
乱心していたのは事実だから、
潔く黙って殺されるべきだったと思う。
それだと鳥刺しが見られないから映画にならないけどね。

423 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 00:55:36 ID:j7Cg6pSt
三左ェ門は一年間部屋から出られないで、風呂にも入らなかったわけだが、
便所はどうしていたのだろう?

424 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 02:11:41 ID:bYFHU9+e
おまるという便利なものがあるんだな。

425 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 03:46:24 ID:jZBS6oJ/
>>421

そ〜を?
自分は「鬼の爪」より下だと思う。

この物語のソノ後を考えると
関係者には「口外してはならん」と藩からお達しは出るだろうけど
別家、津田、兼見、近習数名がイッペンに死んだんだもの
生き残った兼見の部下(近習)辺りからコトの顛末は藩内に知れ渡るよ。
兼見に対する藩の非道さが噂になる。
浪費家である側室の連子を殺したコトについても遡って兼見の行為は評価されるだろう。

426 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 08:39:40 ID:kW/PQHwO
>>422
まぁあれだ斬首って言うより公開磔で下から槍でぶすぶすの刑だな
で本人としたら妾殺したが別家から藩主を守ったからチャラの気だったな

427 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 10:39:33 ID:MdnH0bKl
連休中の真夜中にインセプションをみてその
翌日のもうろうとした状態で鳥刺しをみた。
こちらが100倍面白い。
原作と監督、出演者全体の力だろう。
不満はないんだが、江戸時代は家禄は先祖からの
既得権益なのだから、子供の無い家は養子を迎えて
次につなげた。それをしない者は秩序を乱す変わり者
に思われただろう。

428 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 10:40:57 ID:s2r+kU4w
妻は離縁してさとに返し、幼い男児は寺に入れ、
長男は自分の武士道を貫くために道連れの巻き添え、
それでも藩のため領民のため藩主を惑わせる側妾を葬り奉る、
というやり方なら筋が通ってるが、
妻は病死したし子はないし自分の死に場所が欲しいから女を殺して死罪にしてもらうって、
出だしからして武士として間違っとるよ、兼見は。

429 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 12:03:54 ID:hKGA2vmy
自分は時間を気にしてしまうほどだったので、好ましい意見が多くてびっくり。
テンポとかぼんやりしてて脚本が悪いんじゃないかなあと不満残る映画だった。
なんとなく時代劇チャンネルで見た「拝領妻始末」をイメージして観てしまったから
余計にのろいとか迫力がないと思ったのかもしれない。


430 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 12:19:06 ID:kW/PQHwO
>>428
彼も親戚はいるから先々養子をとるぐらいは思うはず、藩主の妾殺しは親戚
にも厳しい咎めがくるのも知ってるはず、身を挺して藩を守る気持ちのみか

431 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 12:19:10 ID:lkCZJleJ
連子が刺された時はほとんど流血しなかったのに
切りあいになったらコントみたいに血しぶき上がってたね。

>生き残った兼見の部下(近習)辺りからコトの顛末は藩内に知れ渡るよ。
そんな事したら自分が消されかねないから、皆口をつぐむと思うよ。

池脇千鶴がよかった。
「おじさまっ、りお、いっちゃうっ!りお、とんじゃうぅっ!」という妄想で、
りおニー・・・。

432 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 12:27:59 ID:s9uKKxX9
>>431
>連子が刺された時はほとんど流血しなかったのに

「おそらく体の中は血の海」ってやつね。
おがっちゃんみたいに。

433 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 12:35:29 ID:+5yJ2WSu
>>425
 個人それぞれに嗜好があるから何とも言えないが「鬼の爪」には夢と希
望を残しているところがありこれまでの時代劇ファンを安堵させる作りに
なっている。もちろん良い作品です。
 対して本作はこれまでの時代劇のセオリーから外れて悲劇的で衝撃的な
ラストに緊張感が凝縮されている。
 どちらも素晴らしい作品だが殺陣は本作が圧倒しているというのは多く
の人にとって異論は無いと思う。



434 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 12:36:53 ID:s2r+kU4w
>>430
妻の病死に精神的に参ってしまい、死に場所を欲しがっていたとハッキリわかるような作りになってたよ。
妻が死んでなかったら側妾がどんな濫費をしても殺さなかったかもしれない。
「死刑になりたかった」という最近の通り魔殺人を連想させられる嫌な映画だった。

435 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 12:59:47 ID:kW/PQHwO
>>433
この映画は原作にかなり沿っていて藤沢周平原作といえるが、鬼の爪は2作品
をブレンドし山田洋次原作になり別物、藤沢周平の映画とは比べようがない。

436 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 13:49:39 ID:+5yJ2WSu
>>435
だから「個人それぞれに嗜好があるから」と前置きしている。
「鬼の爪」も良い作品ですよ。


437 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 14:47:01 ID:s9uKKxX9
山田のは、チャップリン映画的エンディングだと思った。
モダンタイムスや街の灯を思い出したよ。

438 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 14:53:10 ID:MOJDn1Fg
>423
閉門蟄居中の納屋みたいな建物、「作法通りにいたせ」とか言って
外から扉を釘付けにさせたような気がしたけど、その割には理緒は
食事持って出入りしていた。あれなら三左ェ門も普通に出入り
できたと思う。

439 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 16:32:42 ID:NO8STv9x
今日見てきた。
トヨエツの殺陣はもちろんのこと演技に対する姿勢に圧倒された。
鳥刺しはなんだったのかなあ??と思いつつゆるんでて最後にビビった。
声にはならなかったけど、「あっ!!」って口あけてしまった。
最近自分仕事に対して鬱入っててやる気がなかったので
トヨエツの仕事ぶり見て反省した。

てか、りおはいるのかなあ。
女目線だったらサービスカットにしか思えなかったし、
最後の子供と一緒にまってるシーンもいらないような。


440 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 16:59:49 ID:lkCZJleJ
木彫りのすずめ ずっと待ってる 独りきりで震えながら
淋しすぎて 死んでしまうわ 早く鳥刺して欲しい

441 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 17:36:31 ID:UCLXgVxr
>>439
ただでさえ30分で済むような短編小説を2時間にしてるからスカスカなのに
リオまで削ったら、恐ろしくテンポのゆっくりした映画になるでしょうね。

442 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 19:09:06 ID:UPwaXGPp
そうなったら、
第一章はトヨエツの視点で吉川と対峙するとこまで、
第二章は吉川の視点で吉川が斬られるまで、
第三章は一徳の視点で吉川が斬られるまでを描いて、
第四章をラストの集団戦にすればいい。
薄い内容でもいくらでも長く出来るぞ。

443 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 21:43:29 ID:KLIZ4RtW
>>439
りおがいたからこそ死に場所を求めていたはずのトヨエツが
最後はもがきながらも生きようとしていたんでない?
それもかなわぬと鳥刺し発動となったのだろうけど



444 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 21:58:04 ID:CuQU5rrv
見てきた。
全体的には嫌いじゃないけど、とにかく二回も見せつけてくれた
トヨエツのお風呂シーンに違和感バリバリ。なんだあの体('A`)
あれで達人です。とか言われても全然説得力が無い。
裸見せない方がよほど良かったと思う。

445 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 23:12:37 ID:+5yJ2WSu
>>439
 ラストで里尾が抱いているのは兼見の子でそれは唯一残された希望であ
り、兼見の帰りを待つシーンは不条理な下級武士の物語を締めるためにも
重要だと思う。


446 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 23:45:02 ID:Iz+Ttag1
次回作は馬刺し

447 :名無シネマ@上映中:2010/07/23(金) 00:44:38 ID:wNiQM496
>>444
 意外な突っ込みどころだな。
 動物性タンパクをほとんど摂取しない当時の食生活や一年の蟄居閉門に
よって食事も制限されているので蟄居が解かれた後に痩せているのは当た
り前のこと。
 海外ではロバート・デ・ニーロ、クリスチャン・ベール、日本では役所
広司などが役作りのために過激な減量をしている。
 豊川悦司のプロフィールをみると 186cm の長身で体重 69kg なので元
からかなり痩せている方なので役作りとして問題無いと思う。


448 :名無シネマ@上映中:2010/07/23(金) 00:48:42 ID:7/DJQN9K
>>447
痩せてるから変って言ったんじゃないよ。むしろ逆。
たぶんそのプロフィールよりも体重は増えてるんじゃない?過去ログにも体重増やしたってレスあるし。
問題は、それによって生じたのか、あの時代には不自然な体つき。
(・д・;)なんで胸膨らんでるねん。ホルモン障害か!?って思った。
腕も筋肉の隆起がわからないほどプヨってたし、一年引きこもってたという設定を考慮してもおかしい。

449 :名無シネマ@上映中:2010/07/23(金) 00:55:58 ID:oBpqFAGM
家電CM太ってるよね。シャツの下の腹回りが大きい。
キンチョーのときよりかなり太ってる。69`は過去のものだと思う。

450 :名無シネマ@上映中:2010/07/23(金) 06:58:05 ID:wNiQM496
>>448
 太っているようには見えない。
 1962年生まれの48歳という年齢の割にはむしろ痩せている方で体
形も別に「おかしい」とは思わなかった。
 「ホルモン障害」というのが具体的にどういう病名のことなのか不明だ
が病気に対する偏見・差別は役者としての人格を否定する理由にはならな
いし、そもそも病気に対する偏見や差別があってはならないと思います。
 豊川悦司も含めてキャスティングには問題無いし、本作が素晴らしいの
は言うまでもありません。


451 :名無シネマ@上映中:2010/07/23(金) 07:40:26 ID:7/DJQN9K
なんだかな。
別にトヨエツの役者としての人格を否定したつもりは一切無いし、
役柄を考慮した上で、太って見えるあの体つきが不自然だから
お風呂シーンはない方が良かった。と言ってるだけなんだが。
>>450が痩せてるように見えても、こちらから見たら太ってるようにしか見えないし、
実際、太った?というレスはいくつかあっても、痩せた?というレスは見当たらない。

これ以上は無駄な言い争いになりそうなのでこの辺でやめておきます。

452 :名無シネマ@上映中:2010/07/23(金) 08:28:58 ID:9D9VAPTw
とよえつヲタだから出演作は毎作チェックするんだけど
2008年末まで「20世紀少年」3部作を撮影していて
プチ・マッチョモードにしていて、2009年頭に
「今度は愛妻家」っていう映画を撮影してて細身な印象してたんだよね。
もちろん90年代みたいな、分かりやすく細〜いっていう感じでも
ないんだけど・・・。↓みたいな感じ。
http://ameblo.jp/nami-kanematsu/image-10427416713-10365512100.html

監督が大男に見えるように「増量して欲しい」って言った
みたいだけど、「ブヨらないで体重増やして」ってオーダーしてたら
良かったのかもw
マッチョになるためだったらプロテインでも何でも飲んで頑張る人だし
逆に死期迫った役のためなら食事一日おきとかにして10キロくらい
落とす人だし。

453 :名無シネマ@上映中:2010/07/23(金) 09:22:47 ID:h8m4sQWG
ところで必死剣というのは結局どういうものなの。
瀕死の状態でありながら最後に渾身の力をふりしぼって・・・ということ?
ひもを解いているように見えたのはなにか反動を利用して剣を突きだせるよう
細工してたのかと思ったけど。
上でもいろいろレスがあったけど本当はどうなのか誰か教えてください。
ネタばれ知らなかったのでラストの展開には驚いた。
ぼろぼろに切られながらも少しづつ岸辺さんの方ににじり寄っていく姿がもうなんとも。
今でも焼きついてはなれない。

454 :名無シネマ@上映中:2010/07/23(金) 09:41:43 ID:2jTdfEIM
劇場でチケット買うとき「トリサシひとつ下さい!」って言ってみたけど完全ノーリアクションでした。

455 :名無シネマ@上映中:2010/07/23(金) 10:19:46 ID:wNiQM496
>>454
「トリサシ」って読み方が正解なのでノーリアクションなのはあたりまえ。
行列ができて忙しいのであればなおさらだ。


456 :名無シネマ@上映中:2010/07/23(金) 19:09:04 ID:gemNSrgf
岸辺さんの顔がラスボス臭強すぎて困る。

457 :名無シネマ@上映中:2010/07/23(金) 19:19:56 ID:q+GGn+qU
太らなくても大男なんだから増量しない方がよかったと思う。
ブヨブヨしすぎでそこで興ざめするんだよな。

458 :名無シネマ@上映中:2010/07/23(金) 21:23:06 ID:hfaJFcST
昔の貸本マンガの時代劇短編みたいな娯楽作品だと思った。
貶してるやつは最初から期待しすぎなんだよ。

459 :名無シネマ@上映中:2010/07/23(金) 22:20:56 ID:kxupvzSz
上様が下劣なチンピラに見えた。

460 :名無シネマ@上映中:2010/07/23(金) 22:32:21 ID:2BQ/yrsJ
>>458
貸本漫画って
あんた何歳だよw

461 :名無シネマ@上映中:2010/07/23(金) 23:23:16 ID:G+c6AmET
ここでもヤフーでも賞賛の声が多いけど自分にとってはつまらない映画だった
別家に感情移入してしまったせいかもしれない

462 :名無シネマ@上映中:2010/07/23(金) 23:27:09 ID:2jTdfEIM
原作をアレンジして岸辺一徳の役を主人公にしたほうが面白い作品になったのではないか。

463 :名無シネマ@上映中:2010/07/24(土) 01:03:52 ID:IC1//FRq
吉川って時代劇が合うね。

464 :名無シネマ@上映中:2010/07/24(土) 01:08:43 ID:sW4HQKaR
相棒の官房室長と同じで、脇役で黒っぽいから味があるのであって、
主人公にしたら、それほどでもない気がする

465 :名無シネマ@上映中:2010/07/24(土) 02:16:00 ID:booqhBk9
昨日見てきた
>>456ホントにw
原作よんでないんだが、どの映画化も淡々と進むねえ。

必死剣の出し方が最後って、鬼の爪と一緒やん

466 :名無シネマ@上映中:2010/07/24(土) 09:20:47 ID:ENZmsNKa
>>431

三左エ門は、実は「隠し剣 鬼の爪」もマスターしてたのさ。詳しくは原作を読んでね。


467 :名無シネマ@上映中:2010/07/24(土) 12:00:52 ID:OXBoQGuR
志村けん レバ刺し

468 :名無シネマ@上映中:2010/07/24(土) 19:19:52 ID:aJkbl7+L
この映画は台詞がクリアーで聞き取り易かった。
邦画は本当に酷い事が多いから。
ゴモゴモ、何をしゃべってるかさっぱり分からない。
家のDVDで再生しても、やっぱり酷い。
ちゃんとAVアンプとスピーカにつなげてるんだけどね。



469 :名無シネマ@上映中:2010/07/25(日) 01:37:10 ID:ZJHJ5/nj
次は女人剣お願いします

470 :名無シネマ@上映中:2010/07/25(日) 09:34:56 ID:Ys4sN6Wc
必死剣 死んだふり 
のほうが相応しい名だと思った。

471 :名無シネマ@上映中:2010/07/25(日) 10:07:39 ID:Uy7MsrcF
森三中のいちばん不細工な子を主演にして、
女人拳さざなみやってほしい。

472 :名無シネマ@上映中:2010/07/25(日) 13:45:56 ID:P1nybQPt
冥い海とか、暗殺の年輪とかやれや
初期藤沢に手を出さないのはなんでや

473 :名無シネマ@上映中:2010/07/25(日) 15:09:53 ID:xRPUhQjZ
『必死剣 中出し』

半ば逝っておりましょう


474 :名無シネマ@上映中:2010/07/25(日) 16:11:53 ID:qJgMzaWt
>>473
ワロタ

475 :名無シネマ@上映中:2010/07/25(日) 18:36:18 ID:arMrmcma
理由はどうあれ
津田はとりあえず打ち首確実の主人公の命を助けたんだから悪人とはいいきれない
おかげでリオとエッチできて子宝にもめぐまれた
一番悪いのは無謀にも単身でのりこんだ別家のオツム

476 :名無シネマ@上映中:2010/07/25(日) 19:41:12 ID:ahwcSOq5
>>475
なんでそうなるの?津田は兼見の利用価値を見抜いて、使い終わったら
殺す手筈だったんじゃない。悪人というか、藩に波風を立てない事が
結局は自分の昇進のためになると踏んで、兼見を将棋の駒のように
扱った、策謀家なんじゃない。映画の最中に寝てたんじゃないの?


477 :名無シネマ@上映中:2010/07/25(日) 19:48:53 ID:ahwcSOq5
>>475
帯屋の最後の殴りこみは、もはや自分の命なんか捨てているんだよ。
自分の領内の民・百姓たちをむざむざと殺させてしまった事への
自責の念が帯屋を苦しませ続け、ついには自らを死地に追いやる
ことで贖罪しようとしたことぐらい、わからないのか?


478 :名無シネマ@上映中:2010/07/25(日) 19:57:35 ID:qXq3Oenc
難しい話でもないのに揉めてるな

479 :名無シネマ@上映中:2010/07/25(日) 20:02:53 ID:P1nybQPt
帯屋は自分が有能すぎて
自らの周囲に使える家臣や侍従を置けなかったんだろうな
独断専行のきらいがある
個人としては優秀でも、藩主の器としては疑問も残るな

海坂藩ってホント
人物に恵まれない藩だなw

480 :名無シネマ@上映中:2010/07/25(日) 20:15:40 ID:DQ51/dew
解かる人は解かってるんだろうけど、
山が写るけど、あれは出羽3山とかなの?

481 :名無シネマ@上映中:2010/07/25(日) 21:01:41 ID:WNNQjtnC
一番悪いのは兼見を生かしておいた津田だな。
結局墓穴を掘ったのは笑ったw

でもなんで兼見は連子を殺した後その場でさっさと自害しなかったのか?
時間的には十分余裕があったように見えたけど。

482 :名無シネマ@上映中:2010/07/25(日) 21:07:42 ID:geFLoe9F
>>481
自殺しななかったのは、それをいさぎよくないと判断したからでは。
殺して死んで、はい終わりなんて身勝手はせず、
犯した罪に対しての処罰を受けて死のうとしたんだと思う。

483 :名無シネマ@上映中:2010/07/25(日) 21:45:16 ID:QaZqtyi3
原作買ったけど、女人剣さざ波いいねー。映画化してほしい。

484 :名無シネマ@上映中:2010/07/25(日) 23:39:16 ID:7tZqtajn
>>481
自害は名誉なこと。
兼見は自分は不名誉な斬首であると考え自害しなかった。

485 :名無シネマ@上映中:2010/07/25(日) 23:57:48 ID:WNNQjtnC
>>482-484
そういうことなんですかね。でもイマイチ理解ができないですw

486 :名無シネマ@上映中:2010/07/26(月) 00:39:50 ID:kRmm7EhY
>>480
山はわからんが、五重塔は鶴岡のかな
出羽三山神社もロケ地にでてたね
つか、地元でロケやってたの知らんかったw

487 :名無シネマ@上映中:2010/07/26(月) 08:33:37 ID:7EeQsP6f
しっかし、池脇千鶴ってブスな女優さんだったな
まぁ藤原ノリカのキャラじゃ鳥刺しに合わねーか

488 :名無シネマ@上映中:2010/07/26(月) 08:58:58 ID:tzkx9tyU
吉川さんを切ったときに「これが鳥刺し?」と呆然としたが岸部さんが出てきた時点で落ちは予測が付いた
てか、自分の中では岸部さん=黒幕のイメージだから最初から胡散臭くてミスキャストなんだよねw

489 :名無シネマ@上映中:2010/07/26(月) 11:43:15 ID:P1mgU8gw
時代劇においては、悪役は登場した段階で察しが付くことになっておる。
何を今更w

490 :名無シネマ@上映中:2010/07/26(月) 16:33:00 ID:+dIX5K7C
登場どころかキャスティングの時点で分かっただろw
登場した役職で確定したようなもんだし

491 :名無シネマ@上映中:2010/07/26(月) 16:57:26 ID:7EeQsP6f
>>481
鳥刺し見せなくちゃなんないしどーしても
死なせるわけいかんじゃろ主役だし(藤沢)

492 :名無シネマ@上映中:2010/07/26(月) 18:12:14 ID:DSEVgjiX
豊川悦司と池脇千鶴が関係をもってしまうことに違和感を感じたのは自分だけ?
話の展開上不自然というのではなく池脇が幼なすぎるので。むしろ墓所で出会った
尼さんとなにかあったほうがよかったのでは。

493 :名無シネマ@上映中:2010/07/26(月) 18:21:05 ID:19z+Va0B
>492
池脇は童顔なだけで81年生まれの28歳、トヨエツは40代後半。
ありじゃない?


494 :名無シネマ@上映中:2010/07/26(月) 19:02:48 ID:dPy8euBC
池脇さんは年のわりには童顔で可愛いいとこが魅力ですが

495 :名無シネマ@上映中:2010/07/27(火) 00:23:29 ID:us/soqPd
妻に先立たれた場合、妻の親族の女性を後添えにするというのはよくあること
で、親戚も納得するだろうに、三左ェ門が変に依怙地だから話をむずかしくし
てしまったなどと言ってみる。

496 :名無シネマ@上映中:2010/07/27(火) 02:21:52 ID:dn1rt5IK
>>488
「こときれております」って言われても
近づいちゃだめえええって思ったw

497 :名無シネマ@上映中:2010/07/27(火) 02:28:39 ID:T80wIJ+e
こときれ確認した人
兼見の親類縁者
帯屋の関係者

この辺が、物語後どうなったんだろうなぁ。

498 :名無シネマ@上映中:2010/07/27(火) 06:35:02 ID:ro8QSMWl
>>485
もし、その場で自害したら兼見は自分が間違った事をしでかした、と
認めることにならないか? 兼見は正しいことをしたと思っているから
自害なんかしないよ。


499 :名無シネマ@上映中:2010/07/27(火) 06:40:02 ID:ro8QSMWl
池脇は美人じゃないが、別に違和感なし。ちょうどいい感じだった。
美人だと逆に違和感を覚えるな。出来すぎだろう・・って。

500 :名無シネマ@上映中:2010/07/27(火) 06:45:55 ID:ro8QSMWl
>>497
これだけの大事件だから、当然幕府が調査に乗り出すな・・。
右京大夫はあくまで兼見の乱心を主張するしかないだろうが、
側室殺しの兼見をなぜ、近習頭取にまで出世させたか、おおいに
疑問をもたれることだろうな。


501 :名無シネマ@上映中:2010/07/27(火) 11:02:52 ID:evgExnaa
>>498
この時代だと兼見の身分での正しい正しくないの個人の主張はなんの意味もない。
兼見はそれはDNAレベルでわかってるはず。
敢え処刑を受ける道を選んだ。

502 :名無シネマ@上映中:2010/07/27(火) 13:28:38 ID:HJ0/RVcI
>>497
物語後、どういうわけか藩主はお国替え
海坂藩は他から来た新殿様で再出発だとさ

503 :名無シネマ@上映中:2010/07/27(火) 13:35:01 ID:HJ0/RVcI
>>499
しっかし、綾瀬はるかでやって欲しいと思ってるのは
俺だけじゃないはず次回は綾瀬はるかで頼む監督様

504 :名無シネマ@上映中:2010/07/27(火) 20:16:10 ID:ro8QSMWl
>>501
打ち首を覚悟していたのは、この時代の武家社会の論理を熟知していた
から。一方、切腹しなかったのは、自分が正しいことをしたという信念
を曲げることを潔しとしなかったから。矛盾はない。


505 :名無シネマ@上映中:2010/07/27(火) 20:24:50 ID:ro8QSMWl
>>503
兼見の姪の役なんて、誰でもいいな。(綾瀬はるかだけはない)
あんまり目立たない女優なら誰でもいいよ。
その反面、連子役は関めぐみ以外で務まったか、どうか。
あの眼力(めぢから)が、この映画を支えているとさえ言えるのでは?


506 :名無シネマ@上映中:2010/07/27(火) 20:56:45 ID:YV1faVxJ
連子様は小柄で利発そうな女性ですよ
関めぐみだと大柄過ぎる

507 :名無シネマ@上映中:2010/07/27(火) 21:46:40 ID:ro8QSMWl
>>506
原作至上主義は無意味。原作と映画は別の作品と考えるべき。


508 :名無シネマ@上映中:2010/07/27(火) 22:08:33 ID:OrQf7S1d
右京さんて歴代海坂藩主の中で一番アホな殿様かな

509 :名無シネマ@上映中:2010/07/28(水) 01:53:17 ID:FUg4cNDc
>>502
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)死んだ人間が動いて津田刺し殺した!!
もしこれ以上恨みを買うようなことをしたら祟り殺される。逃げよう!
とか思ったのかもね。
馬鹿殿が自粛出来るようになったのなら、サンザエモンも報われるだろうか。

510 :名無シネマ@上映中:2010/07/28(水) 08:47:47 ID:+xaTWgS9
>>509
海坂藩内にひそむ隠密が報告、幕府は早急に国替え命令
海坂藩の藩主から下侍まで緊急移動藩主反省の報告無し

511 :名無シネマ@上映中:2010/07/28(水) 09:32:20 ID:s2lt9tIT
そういう考えも無意味。
あなたのように関めぐみありきで連子のイメージを作れば、
関めぐみ以外で務まらないと考えるえて当たり前。

512 :名無シネマ@上映中:2010/07/28(水) 09:37:11 ID:Pzq4dOWR
女優至上主義よりは原作尊重のほうがよほどいい。綾瀬はない。
しかし藤沢原作の映画は毎度期待を裏切らないな。
いつも監督が丁寧に撮ってくれてる。

513 :名無シネマ@上映中:2010/07/28(水) 12:19:08 ID:QfO0Gu8j
必死厨 速レス

514 :名無シネマ@上映中:2010/07/28(水) 12:33:40 ID:CO8y59CM
関めぐみさんの眼は大きいだけでなくて
瞳孔が開いている。ライトを当てられると
普通は閉まってしまうのにすごい。
眼底検査のときの目薬をさすとああなる。
燃える眼というやつだね。

515 :名無シネマ@上映中:2010/07/28(水) 15:07:27 ID:0O9JXx2L
>>190
連子はただの火種役だろう 彼女の細かいエピソードなんて本筋には関係ない
何で斬ったか?ってのは個人的な恨みがあったのか?何で連子だけ狙ったの?という意味では
周りの家来も首ひねってたし
連子は暗殺されたっておかしくないような女だったけど

516 :名無シネマ@上映中:2010/07/28(水) 16:08:49 ID:enVvCNSr
彼女誘ったら居酒屋だと思われたでござる

517 :名無シネマ@上映中:2010/07/28(水) 18:25:41 ID:QfO0Gu8j
>>516
「おっぱいバレー」に比べればその程度の勘違いは些細なこと。


518 :名無シネマ@上映中:2010/07/28(水) 23:55:56 ID:qII7Jgjc
タイトルで損をしてると思うよ。
なんか必死な剣で鳥刺し作ってる?みたいなw
まさかこんなシリアスで不条理を描いた時代劇とは思わないよな。

519 :名無シネマ@上映中:2010/07/29(木) 00:02:19 ID:FXpFhDSP
「鳥刺し」は死んだフリみたいなギミック技じゃなくて
守りを一切考慮せず、鍛え上げられた精度で相手の心臓突く技だな
主人公が子供の頃やらされたと語ってる遊びの「鳥刺し」に何も加えてない純粋な技術だ

そりゃ斬るより突く方がダメージ大きいのは常識なんだが
抜けなくなって我が身が危ないので熟練者こそ使わない

ただ一人を確実に殺す為だけの技なんて戦場じゃ使い捨ての兵卒にしか使えない荒業だし
乱世でもないこの作品の時代においては、剣術の教養的には邪剣扱いだろう

520 :名無シネマ@上映中:2010/07/29(木) 00:54:59 ID:cFWmmhPo
ゆとりには焼き鳥くらいしか思い浮かばないのか

521 :名無シネマ@上映中:2010/07/29(木) 02:18:09 ID:xpk/LNRT
「超必死剣鳥刺し」

522 :名無シネマ@上映中:2010/07/29(木) 09:14:09 ID:0J+aKc1O
アルティメット・ソード鳥刺し

523 :名無シネマ@上映中:2010/07/29(木) 09:39:06 ID:MXSSQhll
ウルトラ必死剣 バードアタック


524 :名無シネマ@上映中:2010/07/29(木) 11:21:24 ID:f8E7m/Ju
>>519
藤沢周平のたくさんある短編の○○剣シリーズの
一つ他にも面白いいろんな剣がある読んでみては

525 :名無シネマ@上映中:2010/07/29(木) 13:27:51 ID:1vFH20iX
黙って斬首にされるのに比べたら
三佐ェ門は図られたとはいえ生きてる間は小さな幸せ作れたという事でFA?
理尾の愛情もらい子孫を残し(子供が生まれたのは知らないかもだけど)
鳥刺し披露?出来たし

えげつない津田は消えたけど馬鹿殿はいい事なさそうだな・・・


526 :名無シネマ@上映中:2010/07/29(木) 15:17:22 ID:C3KIKswK
まだ見てないんだけど
これって例えば日アカとかノミネートされそう?

527 :名無シネマ@上映中:2010/07/29(木) 15:39:42 ID:A8gvCXSD
>>526
されるんじゃないの。
あと、忠臣蔵とかヤマトとかも…

528 :名無シネマ@上映中:2010/07/29(木) 16:19:52 ID:C3KIKswK
>>527
じゃあ見とこうかな
映画賞の頃に見てないとつまんないし

529 :名無シネマ@上映中:2010/07/29(木) 16:45:37 ID:1cyrGHPc
午前中渋谷で見てきた。渋谷は6日までの上映らしい。
貸切っぽいのかと思ったらそこそこ入ってた。
チャンバラで血ドバは久しぶりな感じ。
兼見と別家との殺陣は緊張感と迫力があってよかった。

530 :名無シネマ@上映中:2010/07/29(木) 17:19:30 ID:MXSSQhll
>>526
藤沢周平原作の映画は「ハズレ無し」と言っても良いぐらいどれも評価が
高いのでノミネートはされると思う。

本格時代劇の大作として
 桜田門外ノ変 東映
 十三人の刺客 東宝
が待ち構えているので最優秀作品賞を受賞するかどうかはわからないが・・・


531 :名無シネマ@上映中:2010/07/29(木) 17:46:45 ID:C3KIKswK
>>530
へー
ありがd
時代劇やたら多いね

532 :名無シネマ@上映中:2010/07/29(木) 19:05:53 ID:vhM+/k5W
>>526 >>530
日アカは大手順送りの出来レースなんだから
ノミネートとかあまり意味ないでしょ。
それよりはキネ旬ベストテンとかを重視するべき。
キネ旬ベストテンに入る可能性はあると思います。

533 :名無シネマ@上映中:2010/07/29(木) 21:30:46 ID:I29l7ZqT
>>479

亀ですが、海坂藩問題多すぎWW
よくお取りつぶしにならないな。

534 :名無シネマ@上映中:2010/07/29(木) 23:18:41 ID:ncCBt1oa
うーん微妙だったな
インセプションより
面白いとかいう人が信じられん
あと最後は津田じゃなく殿にいったほうが
もっとカタルシスあり溜飲下るけどな
顔が陰気で見せるなとか
見てた俺のがぶちきれてたぜ

535 :名無シネマ@上映中:2010/07/29(木) 23:33:57 ID:nfHt1+jD
最後の殺陣を見れただけでも、見たかいがあった
話には不満があるけど、オレは満足

しかし、オレ以外の客がおじいさんおばあさんばっかりだった
うしろの老夫婦は、この作品をどう思ったんだろう

536 :名無シネマ@上映中:2010/07/29(木) 23:38:46 ID:8cpTCUqB
>534
確かに「インセプション」は面白かった。
でもこっちも悪くはない。
フジ木10でたまにやってる穏やか系のドラマ「ありふれた奇跡」とか
「やさしい時間」が好きな人にはいいんじゃない?

537 :名無シネマ@上映中:2010/07/30(金) 00:17:08 ID:bt0kTkQm
>>535
老夫婦の年代にもよるが
60-70年代の時代劇はもっと殺伐な刺激的な作風が多かったので
この程度じゃ物足りないかもしれない

538 :名無シネマ@上映中:2010/07/30(金) 00:25:04 ID:SvMJsUWo
確かに観客は年齢層が超高いね。
若い奴とかリーマンとかにも見て欲しいんだけどな。

539 :名無シネマ@上映中:2010/07/30(金) 00:59:17 ID:diWTkprK
日アカって気にする人いるのか
日テレのお手盛りだろうに


540 :名無シネマ@上映中:2010/07/30(金) 02:37:14 ID:0Ki7DFY5
>>535
 お年寄りは古き良き時代劇のノスタルジーで観ている可能性が高い。
 作品としての素晴らしさは言うまでも無いが個人的には今の政治家と官
僚に観てもらいたい。
 時代劇ではあるが根幹となる設定は今の日本の状況と重なる。
 国家を動かす側とそれに翻弄される側という不条理さはいつの時代でも
繰り返され、そして悲劇が起きている。


541 :名無シネマ@上映中:2010/07/30(金) 02:40:31 ID:UBWGIYhk
>>539
映画板にも無垢な人がいるんだね

542 :名無シネマ@上映中:2010/07/30(金) 10:44:04 ID:ycmXS+Gx
>>526
こないだの「王様のブランチ」で
モントリオール国際映画祭とやらに出品すると聞いた

543 :名無シネマ@上映中:2010/07/30(金) 10:59:46 ID:UBWGIYhk
日アカってキネ旬ベスト100にも入らない映画が作品賞取ったりするからなあ
全く意味のない出来レース

544 :名無シネマ@上映中:2010/07/30(金) 12:19:21 ID:CZyEPn7j
まあ、賞なんて新聞社出版社毎にあっても構わんと思うけどね。
ただ、「アカデミー」と名付ける厚顔無恥さだけは、他の賞とは一線を画している気がする。

545 :名無シネマ@上映中:2010/07/30(金) 21:59:01 ID:V9ZUyf4P
生まれた赤ん坊はどうやって育てるの?

546 :名無シネマ@上映中:2010/07/30(金) 23:04:07 ID:2YmzVpID
>>545
母乳で

547 :名無シネマ@上映中:2010/07/31(土) 03:36:11 ID:x9xjiEvq
殺陣がいいね
「情けなや親父殿」

548 :名無シネマ@上映中:2010/07/31(土) 07:41:07 ID:CzspEG/Z
>>546
ちがうよー。生活費はどうするんだよ。
風俗店勤務→育児放棄→異臭
ってわけにはいかないでしょ。

549 :名無シネマ@上映中:2010/07/31(土) 08:01:47 ID:cJrUOgC3
知り合いの家に居候してても、
すぐに親戚に連れ戻されるだろう。
子供は里子に出されて、
りおは尼になります。

550 :名無シネマ@上映中:2010/07/31(土) 09:08:29 ID:CzspEG/Z
なんで兼見はりおとセックスしたんだろう。
そこは納得いかん。りおの気持ちを察しつつ、拒むのが武士ではないのか。
原作通りなのでしょうか。

551 :名無シネマ@上映中:2010/07/31(土) 10:05:03 ID:yCes78fz
>>548
遊郭→育児放棄→異臭


552 :名無シネマ@上映中:2010/07/31(土) 10:54:40 ID:BJEbRGmc
>日アカって気にする人いるのか
>日テレのお手盛りだろうに

まあ、それを言われると、
本家のアカデミー賞も
“世界アカデミー賞”じゃなくて
所詮は“アメリカアカデミー賞”だし。

553 :名無シネマ@上映中:2010/07/31(土) 11:11:37 ID:Meq4QrmM
>>552
アホか
世界が注目するアメリカアカデミー賞と
名前だけ真似て何の権威もない日本テレビバカでみー賞とは全然違う。

554 :名無シネマ@上映中:2010/07/31(土) 11:49:01 ID:yCes78fz
>>553
「名前だけ」というのはいかがなものか?

 「日本アカデミー賞」は日本で最高の栄誉です。
 アメリカのアカデミー賞が世界で最高の栄誉だというのは事実なので異
論はないが「日本アカデミー賞」だけでなく「英国アカデミー賞」もアメ
リカの映画芸術科学アカデミー (AMPAS) から「アカデミー賞」の名称を
使用することを正式に承認された立派な映画賞です。

 日本アカデミーの最優秀作品賞に輝いた作品の多くは海外でも高く評価
されているし、海外でリメイクされた作品もある。

 賞に無い国内の映画関係者が嫌がらせでネット上に悪口を書き込むとい
うことはあり得るが…


555 :名無シネマ@上映中:2010/07/31(土) 11:57:55 ID:Meq4QrmM
>>554
>日本アカデミーの最優秀作品賞に輝いた作品の多くは海外でも高く評価
>されているし、海外でリメイクされた作品もある。
それは別に日本アカデミー賞が評価されたわけじゃないでしょ。
作品自体が評価されたんでしょ。

556 :名無シネマ@上映中:2010/07/31(土) 12:14:58 ID:yCes78fz
>>555
作品自体が評価されないと日本アカデミー賞にノミネートさえされませんよ。
賞に縁の無い映画関係者なら解るはずです(笑)。


557 :名無シネマ@上映中:2010/07/31(土) 12:18:05 ID:Meq4QrmM
>>556
最近だと東京タワーだとか他の映画賞では無視されたような映画が
作品賞になっていますが、それについては?

558 :名無シネマ@上映中:2010/07/31(土) 12:50:44 ID:yCes78fz
>>557
 「それについては?」なんて質問されてもオレは別に協会員じゃないし
投票権もないのでそんなもの知りませんよ。
 米国や英国と同様に協会員の投票で選考されるので支持されないと賞は
取れないでしょう。
 アメリカでもゴールデングローブ賞とアカデミー賞は一致しない。
違う人たちが投票しているのだから当然のことです。

 賞に縁の無い映画関係者なら解るはずです(笑)。


559 :名無シネマ@上映中:2010/07/31(土) 14:21:56 ID:yWQUzr/v
>>558
>アメリカでもゴールデングローブ賞とアカデミー賞は一致しない。
それはもちろんです。
とはいえ、日本アカデミー賞のように
他の映画賞や批評家に全く見向きもされないような、とんでも作品が
作品賞に選ばれることはありませんから。

560 :名無シネマ@上映中:2010/07/31(土) 14:53:27 ID:yCes78fz
>>559
 「とんでも作品」とか言っているがそれは単なる個人の主観で言ってい
るに過ぎない。
 何度も同じことを言うが現実の日本アカデミー賞は米国や英国と同様に
協会員の投票で選考されている。
 日本アカデミー賞は優秀賞の選考も最優秀賞の選考も第三者機関によっ
て集計されて発表されているので全ての人に受け入れられることなどあり
えない。

 これぐらいは賞に縁の無い映画関係者にも解るはずです(笑)。


140 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)