2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【War is】The Hurt Locker ハート・ロッカー【the Drug】3発目

1 :名無シネマ@上映中:2010/03/28(日) 21:21:09 ID:CM7+YEFC
監督   :キャスリン・ビグロー(Kathryn Bigelow)
キャスト :レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デイヴィッド・モース、ジェレミー・レナー 他

2004年、イラク・バグダッド郊外。
アメリカ軍の危険物処理班は、仕掛けられた爆弾の解体、爆破の作業を進めていた。
だが、準備が完了し、彼らが退避しようとしたそのとき、突如爆弾が爆発した。
罠にかかり殉職した隊員に代わり、また新たな“命知らず”が送り込まれてきた。
地獄の炎天下、処理班と姿なき爆弾魔との壮絶な死闘が始まる。

ビグロー監督が2002年の「K-19」以来、久々に大作を手がけた作品。
2009年日本公開

公式HP 
http://www.hurtlocker.jp/

関連HP
ttp://www.videa-cde.it/thehurtlocker/  (イタリア語ベネチア映画祭HP 2分程の予告動画アリ)
ttp://www.imdb.com/title/tt0887912/ (imdb)
ttp://www.cinemacafe.net/movies/cgi/21066/  (その他)

前スレ
【War is】The Hurt Locker ハート・ロッカー【the Drug】2発目
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1268289050/



2 :名無シネマ@上映中:2010/03/28(日) 21:25:25 ID:CM7+YEFC
TBS RADIO 配信限定!放課後DA★話特別編【Part 1】 (ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル)
ttp://www.tbsradio.jp/utamaru/2010/03/dapart_1_1.html
TBS RADIO 配信限定!放課後DA★話特別編【Part 2】 (ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル)
ttp://www.tbsradio.jp/utamaru/2010/03/dapart_2_1.html
TBS RADIO 配信限定!放課後DA★話特別編【Part 3】 (ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル)
ttp://www.tbsradio.jp/utamaru/2010/03/dapart_3_1.html

ザ・シネマハスラー『ハートロッカー』の件で、町山智浩アメリカから緊急電話出演!

ttp://podcast.tbsradio.jp/utamaru/files/20100327_podcast_1.mp3
ttp://podcast.tbsradio.jp/utamaru/files/20100327_podcast_2.mp3
ttp://podcast.tbsradio.jp/utamaru/files/20100327_satlab_3.mp3

3 :名無シネマ@上映中:2010/03/28(日) 21:32:55 ID:VrknkQxX
war is "a" drugに直すって話
忘れたのか >>1

4 :名無シネマ@上映中:2010/03/28(日) 21:35:27 ID:7l06DoMK
せっかくテンプレ貼ってたのに…orz
でもまぁ>>1

5 :名無シネマ@上映中:2010/03/28(日) 21:56:44 ID:v6rR+m9E
>>3
やっぱり>>970を超えたぐらいで念押ししないとダメだな


6 :名無シネマ@上映中:2010/03/28(日) 22:18:28 ID:0EgiMCVJ
ドキュメンタリータッチだと聞いていたのでそのつもりで観はじめたが、
ジェームズが最初の爆弾の起爆装置を外した後、ケーブルを引っ張ると爆弾がさらに6、7個、芋づる式に出てきたシーンで、
これはかなりしっかりしたプロットにもとづくエンターテイメント映画だと確信した。
ドキュメンタリーを模したプロパガンダ映画とはまた違う。

7 :名無シネマ@上映中:2010/03/28(日) 22:19:50 ID:53w/CUWk
か、感動した

8 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 00:41:27 ID:91slLMgd
残り2日のところで出てきた爆弾男。
あれの意味が不明。
無差別殺戮やりたかったら、広場の真ん中に
一人で置き去りにしても効果無いし
米軍側に協力してる人間を見せしめに爆殺した
とでも脳内補完するしかないな。

9 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 01:03:36 ID:iggp111h
薄っぺらーいシナリオに体のいいシーンを繋げただけの映画でした
単細胞の女が撮るとこうなるという典型
深みもリアリティも無し

10 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 01:16:14 ID:QMh9gcLt
久しぶりに見て損したと思った映画。
宣伝受賞にまんまと騙されました。。。

11 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 04:42:41 ID:7A6dIENC
>>8
どうせなら爆破犯を追跡したときに捕まった米兵を人間爆弾にしてもよかったな

12 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 04:47:51 ID:DhNBPj1S
過疎ってるな
爆弾の映画だからもっとドッカーンと景気よくいこうぜ!

13 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 05:48:32 ID:CMhwKJEw
キャメロンの元嫁だけにミリ子なんだな、ビグロー

14 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 07:56:31 ID:cnZ+LH4C
映画的な盛り上がりが前半部に偏ってる。
後半の民家押し入りとか、夜道追跡とか、主人公の独りよがりが強調されるだけで、つまらん。
もう少し主人公の内面描写が深ければ、もっと引きつけられたと思う。

15 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 08:47:08 ID:PPXglP02
>>14
後半部の意味合い、作品においての必要性を理解してないからだと思う
俺も自分のリテラシーだけでは曖昧だった
確かに作品自体わかりにくくしてる嫌らしさはあるんだけども

16 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 09:42:47 ID:t79MCDlI
町山智浩の解説聞いて、目から鱗が落ちた思いだ。
このスレには、「1発目」のアカデミー受賞直後辺りからお邪魔させてもらってるが、
自分も含めて誤読した奴らばっかりじゃねえかw

17 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 10:27:47 ID:qGEGToBx
>>16
町山は自分と主人公を重ねて好意的に解釈してるだけだよ。
自分で映画から伝わる表面から判断すると行っておきながら己が一番感情的に解釈してる矛盾。
意図が多数の人に伝わら無かったのはつまり意図させる仕組みが足りないってこと。表面化してないわけだから。
仕組み足らずに伝わらなきゃそれは映画に欠陥があるってこと。
アメリカ人によるアメリカ人の為のオナニープロパガンダで稚拙な映画だよ。

18 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 10:35:03 ID:DhNBPj1S
町山の解説が正しいとするならば
主人公は決してジャンキーではないということになるよな。
そしてヒロイズムと言う所に着地する。自信を持ってた仕事をこなしてた人間が
失敗が続いて一度とことんまで落ちるけど、また立ち上がって向かって行くという。
それをすばらしい選択だと気持ちを感情移入して語ってる。
俺は前、この映画をヒロイズムに着地していると言ってたけどかなりたたかれたからなw
戦争は麻薬であるって始めに言ってるじゃないかとか
シリアルを選ぶ所のあたりでジャンキーになってるとかまじめに言ってる奴らもいるからな。


19 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 11:07:48 ID:t79MCDlI
劇場で観た日に自分が書いたレスを晒しとく。あー、恥ずかしい。

585 :名無シネマ@上映中 :2010/03/08(月) 20:31:59 ID:4JxIBUGI
映画『ブラックホーク・ダウン』がそうであったように、
この作品も、最前線の兵士の一人称的な視点から描かれており、
俯瞰的に戦争の全容を描こうというスタンスにはハナから立ってないですよね。
軍の協力を得ないと撮影不可能な題材だし、
兵士の勇気を讃える要素があるのは仕方がないというか当然だと思います。
でも、だからと言って、単純なアメリカ礼賛の映画になってるかというと
決してそんなことはなく、むしろ
「おれたち、こんなところで何やってんだ?」
という、無力感・虚無感といったものが、作品全体を通して感じられました。

20 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 11:21:35 ID:PPXglP02
>>17
は主人公は最後解体ジャンキーに戻りましたと取るのか?
そうするとこの映画はどっちにプロパなのか頭の悪い俺に教えてくれないか

21 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 12:03:47 ID:qGEGToBx
>>20
おれはジャンキーとして取ったけど、制作意図としては
反ブッシュのプロパガンダってことなんでしょう。
つうか今となってはプロパガンダってより単なる恨み節に近いレベルか。
おれはまだジャンキーでしたって方が深みがあったと思うが。
この映画に感動出来る条件はアメリカ社会に深くかかわりその空気感を理解しており、
かつ構造物としての映画の出来の甘さを無視できる情緒的な人間であること。
こんなエンタメとしても出来損ないでアメリカ国内で完結して傷をなめ合うような甘ったれた映画を評価してんなよって感じ。

22 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 12:11:13 ID:LPjig29x
これを見たアメ公に「自分の国の兵隊さんが、誰も知らないこんな危険なところでがんばってるんだ…」って見せたいだけの映画だろ。
ビグロー本人が言ってるし。
リアリティを追求したといっておきながら「これはドキュメントじゃない」って言っちゃうのも実際の現場ではありえない演出の言い訳でしかないし。

「自国が引き起こした戦争という事実は置いておいて」というのが感じられるから感じ悪いんだよな。その上で自国の兵隊を被害者として作り上げてる。一度そう思っちゃうと、どんなに危険や苦労を描こうと、被害者はお前らじゃねーだろ、何言ってんの、ってなる。
俺はひねくれものだから、最初の「戦争は麻薬」って字幕が出た瞬間に「あーアメリカの事ね」って思っちゃったよw
実際、戦争大好きな国ってのは誰も否定できない。

プロパガンダ云々は、ビグローにはそんなつもりは無いと思う。
賞を獲らせたやつらの思惑じゃないかな。
これ見て悪く言うアメ公はほとんど居ないでしょ。

23 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 12:47:56 ID:6EgRWOk0
地味でキツい仕事を世に広めてやりたいならこの仕事じゃなくても言い訳で
反戦の意識があるならわざわざこんなこんな映画を撮る必要もない訳で

24 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 12:49:40 ID:PPXglP02
>>21
自分はこの映画はプロパガンダを取り払って個人に回帰した物語と捉えるけど
この映画がプロパガンダ映画というなら
アカデミー会員が町山と同じような好意的解釈をしたとしたら
反戦プロパガンダではなく逆になるよな
アカデミー会員がジャンキーになって戦争から抜け出せない解釈をしたなら
反戦プロパガンダに利用できるけど

25 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 17:51:51 ID:6B3b8/IG
女性監督なのにこんな男臭い映画作るとはどういうからくりなんだろうか。ハエは汚かったけどCGなのか?
こういう世界もあるんだという話で日本人にはなんら関係無いな

26 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 19:16:27 ID:uLprsMtB
今日見てきたけど劇場行くまでHeart Lockerだと思ってたよ

27 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 20:30:32 ID:VJzeJvF8
いやー びっくりするほどつまんなかったぞおい

28 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 20:34:09 ID:F2K00APA
普通に、戦場アクションとして楽しかった。
アカデミー作品賞だからって、構えてみる必要ないと思うよ。

29 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 20:50:03 ID:uLprsMtB
いやできれば正座して見て頂きたい(`・ω・´)

30 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 22:02:19 ID:IevaUcwu
アメリカの国旗が画面に出てこない戦争映画って珍しい。

31 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 22:07:18 ID:5jvIatFR
主人公が爆弾処理班である必要があんま感じられない話だったなー。

32 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 22:15:40 ID:1EaAv8Mf
ご都合主義映画だからね。

33 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 22:20:18 ID:0qOoGNNQ
>>30
出てきたよ

34 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 23:41:36 ID:rmoxo24m
ひでえ映画だった
カメラブレ杉で気分悪くなった
全体的に金返せレベル

35 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 23:51:11 ID:hP+djggK
ブレまくりのダンサーインザダークで
ブレを予習していけよ

36 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 00:02:12 ID:4s5WGzMi
酔うよね


37 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 00:16:36 ID:4zU5WgQt
いい感じに酔った連中が絶賛してんのか?

38 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 00:23:18 ID:RPxdCj3h
あれだけ戦争ジャンキーになったと力説してた奴らはどこへ行ったのかな。
まさか町山智浩の感想であっさり自分の意見をひっこめたわけじゃないよね。

39 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 00:36:00 ID:C73wdYTY
最近きたばっかだけど、普通はジャンキーって解釈すんじゃないの?

40 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 01:04:31 ID:SfzZO2h0
ジャンキーでもあり、使命感を感じてもいる、でいいんじゃないの。


41 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 01:04:51 ID:KrD+A8zb
あの黒人兵が、死んだ傭兵に代わってスナイパーやってたけど
そんな簡単につとまるのか。以前そういう任務をやっていた、みたいな設定もないし。

42 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 04:03:58 ID:SfzZO2h0
一応の訓練はうけてるんだろうし、多分あの中では一番射撃が
得意だから射手役をやったんだろうね。
そんなに凄腕という描き方でもなかったからそれほど違和感は感じなかったけど。

相手がアホのように身を晒し続けた
+なぜか相手が撃ってこなくなった(見失った?銃のスコープだけで双眼鏡持ってないとか)
+米軍側の銃の方が優秀
+無風状態
+運

で何とかなったのでは。

43 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 04:23:16 ID:SfzZO2h0
ちなみに俺がコンビニで買った「世界のGUNバイブル」によれば、
ベトナム戦争ではM2重機関銃をセミート状態にしての2300メートルでの狙撃例があり、
また通常の狙撃銃ではやはりベトナム戦争時に1100メートルでの狙撃例があるそうな。
この映画では850メートルだったからまあ素人考えでは一般の兵でも
ちょっと射撃自慢ならなんとかならないこともない距離ではと。

44 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 08:21:07 ID:uvtw9zKD
850mで思い出したけど、バレットにしては撃ってから着弾するまでの時間が1秒以上かかって不自然だと思ったな。
画面の時間は心理時間であって実時間じゃないとは思うけど。

45 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 09:00:14 ID:C73wdYTY
> 相手がアホのように身を晒し続けた

あれはなんなんだろうなあとずっと思ってた。
実際もそうだってことなのだろうか。

46 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 10:07:44 ID:SfzZO2h0
おっとセミートじゃないや、セミオートね。
あと主人公が狙撃を支援するために使っていたのは双眼鏡じゃなくて
単眼のスコープだったね。
不勉強でスマンですが俺、湾岸戦争以降に米軍が陸上戦をやる映画を
ほとんど見ていなかったのでいろいろ新鮮でしたわ。
兵士がペットボトルでドリンクを飲むだけで、ああ今の時代なんだなあと。

47 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 11:19:43 ID:xIB6vmu5
町山説は彼個人の心情にたぐり寄せた結果としての正解で
普遍性があるかっていうと微妙
冒頭のあれがミスリードしてるのは町山も認めてるし
本国に一時帰国してる時の描写が曖昧なせいで
町山が言うラストでの「英雄の帰還」につながってないのは宇多丸が指摘するとおりで
あのスーパーのシーンもある種のシェルショックにも見てとれるし
好きなものはもうこれしか残ってない云々のくだりも
それに輪をかけてる気がする
監督がいろいろ言ってるのは後付けで
単に監督が好む野郎どもが跋扈する映画で
ファッキンブッシュ!と中指立ててみたかっただけなんじゃないかなあと思う


48 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 11:25:25 ID:sh5EPFDh
>>46

ボトルじゃなくてパックじゃなかった?

49 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 11:32:13 ID:GXRYzrk7
ブラックホークダウンじゃ水筒を携帯してたなあ
市街地に駐屯してるからペットボトルが多いのか?

50 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 11:33:37 ID:SfzZO2h0
>>48
狙撃のときはパックだったけど、
車の中のシーンで小さめのペットボトルで何か飲んでいたよ。
でもパックもいかにも今風だね。

51 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 11:39:02 ID:S6yjAoMd
最近はハイドレーションシステムか、ペットボトルが多いんじゃないか。
今月のコンバットマガジンのアフガン基地レポートだと、基地内にタダのミネラルウォーターがあって、
みんな自分のハイドレーションパックに入れていると書いてあった。

52 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 11:51:35 ID:JnbvRNC0
アメリカって軍はメートル単位使ってるんだなー ヤード,マイルじゃなくて

53 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 11:57:38 ID:mmSyG0dE
町山さんの解釈おかしくない?
主人公は他の米兵と違って人を殺さずに助けるだけの仕事だから胸を張って
自分の仕事をやってるんだとか言ってたけど、傭兵との銃撃戦の場面では特
に葛藤とか感じるわけでもなく淡々と銃撃戦をこなしてたじゃん。あの場面
はまだ「失敗」をやらかした場面でもないし。
組織の他の人たちがやらかした不始末の尻拭いを贖罪のために率先してやっ
てる善意の人なんだって解釈してたけど、やっぱり最初から最後まで組織の
責任については何も考えてないただの刺激ジャンキーじゃないかね。
途中からの失敗の連続で何もかも自分の思い通りにはいかない挫折感を知っ
たというだけで。

54 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 12:22:26 ID:KCit6+4h
ビグローは今までの一般的な「戦争ジャンキー」のイメージじゃなくて
「人間味のあるジャンキー」を描いたと言っているんだが。

目が逝っちゃってて何も考えてない戦争マシーンのイメージか
そうじゃないかって議論しか出来ないヤツはやっぱりバカ決定

55 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 12:28:09 ID:lTIH6rw4
とりあえず、イランの街は汚い事が判った


56 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 12:45:10 ID:SfzZO2h0
主人公がワイヤーを引っ張ったらぞろぞろっと自分の周りに砲弾が土から出てきた場面。
怪しい男が建物の上から眺めていて、主人公が爆弾解体作業中に階段を駆け下りて
小さな子供が写ったあたりで何か落っことして行ったけど、どういうことかよく分からなかった。
落としたのは爆弾の起爆装置でスイッチを押す決断が出来ずに逃げて行った、
という解釈でOKですか?

57 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 12:52:37 ID:lTIH6rw4
俺も知りたいな
結局、階段を下りていった怪しい人物は爆弾を造った奴なの?
起爆のワイヤーが怪しい人物建物に繋がっているから、バレタと思って逃げたのかな?


58 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 13:47:47 ID:sh5EPFDh
プレステ3のSOCOMで敵にやられたり最後生き残ると胃がキリキリして嫌になるが夜になると電源をいれてしまう俺も戦争ジャンキー。



子供置いてww

59 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 14:06:37 ID:MmHxHIQK
>46
ハイドレーションパックから水が出せなくてバレットの弾を唾でふいているシーンを見ると
やっぱり洗浄用に水筒は必要だと思うよね

60 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 18:16:39 ID:z6psIZjS
>>57
男が持ってたのは9V電池で、あれをあのワイヤーにつなぐと起爆装置が作動するようになってたんじゃないかな。

61 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 23:25:14 ID:cxDgCopa
爆弾処理のシーンばっかりですねえ、アメリカ兵はとってもいい人な軍の広報映画みたい。
ハラハラさせる為に意味不明なシーン入れ込んで、アラブ人は何考えてるか解らない宇宙人みたいな描写だし。
眠くはならなかったけれど、人物描写が下手糞で感情移入全然できなかったよ。


62 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 23:45:05 ID:YqiUnHM7
>>61
映画作ってる人
政治やってる人(戦争するしないを決める人)
戦場にいる人

それぞれ全く別の人物。

63 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 23:48:12 ID:5ogYqgx0
痩せっぽちの猫ばっかだった

64 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 23:50:05 ID:Wnp6Ih6H
>>61
でたお決まりの文句「何考えてるか解らない宇宙人みたいな描写」

65 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 00:15:57 ID:mNgM52OY
とりあえず
アメ国のショッピングセンタ-は
巨大で整然として
沢山の商品でみたされていることが
よくわかった


66 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 00:21:31 ID:WKKS8OQw
とりあえずイラク戦争であることは置いといたほうがいいんじゃん?
ヒャッハー→固有性の喪失(爆弾処理失敗、ベッカム取り違え、シリアル選びしかしどのシリアルかなんて関係ないよとか)→固有性の回復(ヒャッハーではなく厳粛な面持ちで)
おれはこんな感じで固有性っていう観点で見てた。そもそも主人公も代わりに来た男だったわけだし。

67 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 01:38:27 ID:f2G0fWbr
徳島でやってないよーーー
見た過ぎるーー

シネマハスラーの町山評で納得してーーよーー

68 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 02:46:55 ID:KJduJ/w7
昨日新宿で見たんだけど、いろいろおかしいと思いながら見てたところは既出みたいだね

>残り2日のところで出てきた爆弾男。
>あれの意味が不明。

>相手がアホのように身を晒し続けた

>怪しい男が建物の上から眺めていて、主人公が爆弾解体作業中に階段を駆け下りて
>小さな子供が写ったあたりで何か落っことして行ったけど、どういうことかよく分からなかった。

69 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 02:49:21 ID:KJduJ/w7
傭兵を撃ったアラブ人はどうやってあの建物まで来たのか?
車で来たなら車で逃げればいいし、そもそもどうしてあそこにいるのか?何がしたいのか?

70 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 02:54:30 ID:KJduJ/w7
イラク戦争についてはアメリカ人も複雑な思いがあるんだろう
国のために死んでく若者を犬死にだとは描けないんだろうし

「戦争をするのは人間の本能的な部分だよねー」的な着地が
一番無難で心地いいんだろうなぁという感じかな

71 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 03:29:12 ID:M94hXJle
おもしろかったかおもしろくなかったかと言えばおもしろかった
でも、一回見れば十分二度は金払って見るつもりはない
宇田丸ってのよく知らないけど宇田丸レベルの馬鹿の意見にすぐ左右される馬鹿がすぐ沸いてそいつは早稲田の馬鹿の象徴だな
早稲田の馬鹿がスーツ着てるのが笑える実際は作業服着なきゃいけない馬鹿の癖にメシウマ
馬鹿は映画の評論なんてしないで人参でも切ってろってことだよカスが
ってことで俺は明日三回目のアバターを観に行ってくるかな


72 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 06:20:11 ID:lXnXDbzd
>>22
それならば、ミニストリーを起用する必要がないと思うが。

73 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 07:21:45 ID:yN2zCnpC
>>71

俺個人の意見だけどアバターこそ二回みたいと思わないわ

74 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 08:04:31 ID:RynjDKAy
>相手がアホのように身を晒し続けた

古くはコンバットから、最近だとバンド・オブ・ブラザースまで
飴の戦争ドラマではGIの銃火の前に敵が自分から飛び出してきて
バタバタ撃ち倒されるのがお約束だよねw

75 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 09:08:12 ID:wnxsqgUs
>>74
一瞬ならそれもありだけど、狙撃されてるのにずっとだからなあ。

あと疑問だったのは、特に前半、その爆弾は誰が何の目的で仕掛けて、
どういう経緯で発見&通報されて、主人公チーム出動に至ったのか。
どうも推測できないことが多かった。

76 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 10:03:42 ID:e0SSTH+I
>>65
米の巨大ショッピングセンターのシーン。

夜のイラクの迷路のような街角で人の見分けもつかず迷走していた主人公は、
帰国したらしたで、明るい店内で迷路のような陳列棚に挟まれ、商品の見分
けがつかず途方にくれちゃうって感じ。そんなコントラストだったんじゃな
いかな。

77 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 10:21:29 ID:QomH01X8
深読みしすぎ笑

78 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 10:39:30 ID:e0SSTH+I
一笑に付されたorz

79 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 11:05:12 ID:E0pClg1h
ショッピングセンターじゃなくて、スーパーだよね。でかいけど。

80 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 11:21:57 ID:QomH01X8
ベッカム君を執着したきっかけは?動機は?なんか表現あったっけ。
ただ都合上の展開すか?

81 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 11:44:40 ID:e0SSTH+I
>>80
逆に捕らえてみて、「主人公はちょっとした知り合いの「良い奴」のために
本気で突っ走ることが出来る、熱いハートの持ち主」といったことを表現し
たかったエピソードだとか。

82 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 11:54:15 ID:QomH01X8
>>81
最高だなその捉え方笑

すげーいいやつだ主人公

83 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 12:10:23 ID:KJduJ/w7
まぁ、いろいろおかしいよ
最初の携帯で遠隔操作する場面にしてもさっさと爆破すればいいのになにやってんの?っていう

84 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 12:22:39 ID:Kj1Nt3uI
爆弾の多くが、アメリカ軍の不発弾をリサイクルしたもの?

85 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 14:06:50 ID:ZcZdJ8YH
サンボーンがイケメン過ぎて生きてくのが辛い。
>>83
俺も不思議に思った。技術的なことは全くわからないけど
携帯共通の電波か何かで起爆する爆弾だったんじゃないのかな?
携帯いじってた男が実行犯なら、わざわざ見つかる理由がないわけだし。
あ、でもそれじゃ、爆破時期を犯人側が決定できないから意味がないか…。

86 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 14:11:21 ID:mNgM52OY
不発弾の処理なら
陸自得意じゃん
派遣できるのかな

87 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 18:06:15 ID:m4cLNIe2
最初に死んだ処理班長(トンプソンだっけ)の死因は
首の後ろに破片食らったから?

88 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 19:29:23 ID:whQyJec2
>87
走って逃げている途中でもろに衝撃波を受けて内臓破裂じゃない?
伏せてたら対爆スーツ着ていたし助かったと思う
そう考えると人間爆弾のところでジェームズが死ななかったのが?になるが

89 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 19:40:28 ID:+feKZBux
>>25
まるで、ミュージックビデオみたいに映像を細かく切って、画面を持たせる小ざかしい手法。
見栄えのする映像だけを繋いで良い映画風に見せて、その内実薄っぺらいシナリオ。
男臭い映画などではなく、まさに、ゲスな内容を体のいいお化粧で糊塗した、単細胞の女の頭脳が透けて見える、
腐臭のする映画ですた。

90 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 19:46:03 ID:e0SSTH+I
>>87
「衝撃波で血管が破裂して死んだ」らしいよ。
放課後DA★話特別編【Part 1】の町山智浩氏の発言。
ttp://podcast.tbsradio.jp/utamaru/files/20100327_podcast_1.mp3
これの18分過ぎ。

91 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 20:39:57 ID:7h2AbxEu
町山ヲタはどこにいてもウザいな。

92 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 21:07:21 ID:VlQl203q
ハートロッカーAA

    / ̄ ̄ ̄\
   /  ___ ヽ  
  /   |´・ω・`| \ にげろ〜
 / _,    ̄⊂二二)
 l |        |
 ∪|          |
   |    ,、   |  
   ヽ  / \  /    
 __ヽノ____`´

93 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 21:57:08 ID:yN2zCnpC
>>92

次回よりテンプレに指定する

94 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 21:59:47 ID:5B4C81vl
>>92
ワロタ

95 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 22:19:23 ID:FQr4RCHf
>>88
>>90
トンプソンが飛ばされて倒れた時メットのシールドに血がべっとりついてたね
ジェームズは鼻血は出てたけどピンピンしてた
防爆スーツって前と後ろで対衝撃性が違うんだろうか
爆心からの距離もあったのかもしれないけど

96 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 23:33:30 ID:RynjDKAy
>>85
ロボットが引っ張って行く台車の車軸が外れて
処理班長が爆弾に近づいたのは偶然なのに
わざわざその瞬間まで携帯で爆破を待ってた
のかよっていう不自然さがあるよ。
この映画、細かいこと疑問に思い始めたら
キリが無いな。 それ位詰めがいい加減。

>>95
最初の砲弾と、男が腹に巻きつけてた
プラスチック爆薬みたいのでは
炸薬量が違うんじゃないの?

97 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 23:35:08 ID:e0SSTH+I
>>95
知識がないから想像でしかモノが言えんけど、爆風が危険だとすると、体の
角度ひとつで大分違ってきそうな気がする・・・・。

98 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 23:39:23 ID:BubNRFi7
今日見てきた (ネタばれにならないように)感想

なんというか、いきなり非現実的になっちゃったのと、なにも起きない映画だったかなと。
例えば途中までは現実的な話だったが、いきなりこれはないだろうという展開(DVD売りの車に・・・)になってちょっと残念だった。
あと、タンクロローリ事件のあと3人で・・・ってのもまずあり合えない。

ただ最後のあれ、あれは予想を裏切られたね。主人公が一緒に・・・か、主人公が見事に処・・・・ではなく、きわめて現実的な結果になった。
これはとてもよかったと思う。

最後の終わり方も、とても現実的だった。ああいうことがあった、それでも主人公は・・・・

ハズレあたりというより、ドキュメンタリーみているようだった。
けっして大当たりではないが、金を返せとはだれも言わない映画だと思う。
見て30分は「う〜ん」といううならされる映画だった。

99 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 23:49:27 ID:221vMztz
ドキュメンタリータッチって、、、
画面ぶれすぎ
ズームアップしすぎ
ズームの途中でピントぼけんなよ、、


100 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 00:14:34 ID:gTdBWuex
戦争をテーマにしてるからこそ
いろいろな正論や主張ががんじがらめになって難しくしちゃってる感じだな

簡単に言っちゃえば
「仕事にしか生き甲斐を感じられない職人が、新たに配属された職場で『新米社員』や『生真面目な熱血社員』等に囲まれ
 様々な経験と挫折を味わい、自分の生き様をもう一度見つめ直すまで」

こういう事でしょ?

101 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 00:19:15 ID:lWHid0De
それあらすじだとおもう。

何が言いたいかはいまいちわからんかった。

102 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 00:39:05 ID:aogLpfLn
反戦プロパガンダ映画だとか、いやアメリカの罪を隠蔽しているだとか、
そういう評価にまどわされずに見るとどう解釈できるか、ってことでしょ?

103 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 01:11:47 ID:irSAssIj
感想→「主人公、変な人」

104 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 01:15:08 ID:lWHid0De
だって主人公は精神的に・・・な?

105 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 02:49:09 ID:7xpnmtzs
>>100
そうです。

106 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 07:43:36 ID:CTIY708V
無差別爆弾テロなので、もはやイラク人でも米兵でも、誰を殺してもかまわない
状況で、その爆弾を処理する人ってやはり尊い存在だろう。この作品には、そう
いう役割の人達の存在を知らしめ、我々に意識させた意義がある。
でも、その辺を押し付けがましく感じた途端に、所詮アメのマッチポンプとか、
戦争賛美と受け止めてしまう危険性があるだろうし、ボンヤリほのめかすしかない。

107 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 08:54:42 ID:v3/A/eAG
この映画と比較される「ブラックホークダウン」ですが
日本語に訳すと「ブラックホーク落ちた〜!」になりますか?

108 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 08:55:11 ID:irSAssIj
無差別テロなのに、爆弾が爆発前に発見されることってそうそうあるんだろうか。
予告してるのかなw

109 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 09:28:01 ID:KPoKcCR3
>>86
J隊が扱ってるのは死んだ爆弾ばかりだからさ。
J隊創設後ずっと同じ状況でやってきた。

でも戦場じゃ周りから狙撃されるわ、ブービートラップ仕掛けてあるわで
軍隊じゃないJ隊じゃ無理じゃね。 少なくとも米軍の訓練センターで
特訓しなくちゃね。

でも、日本のPKOって危ない状況では派遣しないんでそ。
じゃ最初から派遣なんかあるわけ無いよ。

110 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 10:48:46 ID:JtqoeDbE
>>102
軍や軍人が出てくるだけで昔からバカの一つ覚えみたいに「プロパガンダ」と言う人がいるからなあ。
ブラッカイマーの娯楽大作「トップガン」でもプロパガンダとか言い出す人いたし。

映画人にしてみれば素材の1つに過ぎないのに。

111 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 11:28:49 ID:0sYZVgWy
ハートロッカーの引き合いにトップガンだしてくんなよ

112 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 12:11:11 ID:alYrDBde
トップガンは、アメリカ海軍の
リクルート映画。

113 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 12:14:17 ID:gMjjrgxC
そんな分け無いでしょ
だからバカはすぐプロパガンダだの言うんだよ
娯楽大作です

114 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 12:21:06 ID:0sYZVgWy
>>113
日本語でおk

115 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 13:43:47 ID:TSq/FeAM
>>113
プロパガンダ連呼する俺カッケーw

116 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 14:11:40 ID:vQIktxlk
プロパンガスは高いよな。

117 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 16:03:21 ID:gMjjrgxC
プロパガンダって言葉の今知ったのかな?可哀想

118 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 16:16:41 ID:0sYZVgWy
>>117
日本語でおk

119 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 16:50:49 ID:UR+DkNIY
サロゲ-ト
イングロ、インビクタス、アバタ-
そしてハ-トロッカ-、観た
二度観るとすればこの映画
観た映画は全て楽しめたが、その中で唯一考えさせられる映画だった
今度の週末にはマイレ-ジを観てくる

120 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 19:26:34 ID:R/aAMXq9
今の日本であんな不審物を処理するのは自衛隊ではなく機動隊の爆発物処理班で実際に殉職した人も出ている。

121 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 19:29:42 ID:mrr4dWbu
初っ端の、先代軍曹の死に様に???な違和感を最後のほうまで引きずってしまった。
派兵リスペクトの映画で血みどろ爆死にするわけにもいかないんだろうけど、
せめて爆風に全身飲まれてみるとか判りやすい見せ場にしてほしかった。


122 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 19:35:53 ID:PQWQv3ms
ソニックブーム的な衝撃波で脳味噌が爆発したんじゃね

123 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 21:02:33 ID:vQIktxlk
アンビリーバボでさっきやってたテロリストの爆弾炸裂の爆発火力規模は映画と同じくらいだったけどビルのガラス七割が砕けてた。ありゃソニックブームで脳ミソ爆発するね。



124 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 21:11:38 ID:Oxj+s58P
>>122
少なくとも肺とか肝臓なんかはペシャンコじゃないの。
目玉も飛び出しちゃったかもね。
だからプレキシグラスが血で真っ赤になったんでそ。

125 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 21:26:19 ID:06Lwl13z
爆竹1個
手の近くで爆発しただけで
手がなくなったとオモタ

126 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 21:28:56 ID:0sYZVgWy
似たような状況で主人公の場合は平気だったのはなぜ?体調が良かったの?

127 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 22:21:00 ID:fIQpejvM
砲弾爆弾の方は爆発で砲弾の破片が飛び散るが
人間爆弾の方ににはそれが無い。
画面からは分からなかったが、この差は殺傷力に大差を生むと思うのだが。

128 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 23:10:28 ID:9hdWv2gz
週刊文春の小林信彦の、
ドン・シーゲルの『突撃隊』などから連なる「小隊物の秀作」
という評が自分には一番しっくり来たな。


129 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 23:33:34 ID:irSAssIj
小物隊に見えた

130 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 23:35:52 ID:fIQpejvM
たった3人で将校である小隊長もいないのに小隊物ってのは違和感があるなあ。
七人の侍から何からひっくるめた小規模の戦闘集団物というくらいの意味なんだろうけど。

131 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 00:03:57 ID:K8i7MD1P
「この賞を、毎日イラクやアフガニスタンや世界中で命を張って従事している
軍の女性や男性に捧げたいと思います」

アカデミー賞授賞式でビグローが述べた、兵士に敬意を表したこのコメント。
これと、ラストの主人公の行動の描き方との整合性がとれていない感じがして、
町山氏の解説を聞くまでは、監督の真意が図りかねてどうにも落ち着かなかった。
戦争中毒だから、戦場にしか自分の居場所がないから、
だから主人公は戦場に戻るのだ・・・
俺にはそう思えたから。
でも、プロとしての覚悟というか決意をもって敢えてイラクに舞い戻ったのだ、
と考えると、その疑問が氷解するよね。
「戦争中毒説」を支持する人は、この点をどう考えてるのか。

132 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 00:23:41 ID:NQIZkzD0
どうもこうも

133 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 00:31:23 ID:wcV7HPGd
矛盾を内に抱えているのが人間

134 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 00:35:14 ID:RnPfE+tm
「この賞を、毎日イラクやアフガニスタンや世界中で命を張って従事している
軍の女性や男性に捧げたいと思います」


135 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 00:47:13 ID:QTCeVZli
いかにも外交辞令だね

136 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 01:01:55 ID:RnPfE+tm
>>131
>「戦争中毒説」を支持する人は、この点をどう考えてるのか。
よく分からんが「戦争中毒」そのものを否定?
「戦争中毒説」を支持しない人なんですよね?君は

1 >「戦争中毒だから、戦場にしか自分の居場所がないから、
だから主人公は戦場に戻るのだ・・・ 」
2 >「プロとしての覚悟というか決意をもって敢えてイラクに舞い戻ったのだ」

そもそも>>131は「戦争中毒」とはどういうものだと捕らえてんの?
戦争中毒を描く事と兵士を讃える事は「整合性がとれていない」という事だが
どうしてそう思っているのかがよくわからない。

137 :初期スレ抜粋:2010/04/02(金) 01:06:29 ID:RnPfE+tm
235 :名無シネマ@上映中 ::2010/03/05(金) 14:03:33 ID: 05uE5HIQ
>>226
実際はね、開戦の是非とか泥沼化している事実ですら今更な話なので
この映画でも背景でしかない。

インタビューを読むなりするとちゃんと分かるが、
この映画で言ってる事は、
極端な精神的プレッシャーの元に何度も晒される職業の一部には、
戦争を麻薬のように感じている者が居るって現象を指してるので。

それを恥ずべき事だとしている本の著者に挑戦するという
スタンスでビグローは映画を作っているんだよ。
その心理的な構造は彼らの生存率に繋がるのだと言っている。

彼らが英雄として生還できる代償は大きいけどねという

138 :初期スレ抜粋2:2010/04/02(金) 01:08:43 ID:RnPfE+tm
321:名無シネマ@上映中 ::2010/03/07(日) 00:15:52 ID: zWtDvHgq
>>318
じゃあビグローの意図は通じなかったって事だろうな。
「戦争中毒」という言葉の印象に捕われて、そこから先に進めない人が
多いようだが、

要するにビグローは戦争中毒を職業病の一種のような捉え方をしてる。
ある特定の職業、大きなプレッシャーに晒される一部の職業に
付いている人間に特に現れる心理的な症状だと語っている

一般人というのはこの異常な緊張状態に長く耐えるように
心理状態を保つ事が出来ない。が、彼らは違う。
故に現場で彼らは生き残る事が出来る。

139 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 01:13:00 ID:RnPfE+tm
脚本を書いたマーク・ボールのインタビューより。
http://www.telegraph.co.uk/culture/film/starsandstories/6055329/The-Hurt-Locker-interview-with-Mark-Boal.html
“War is dehumanising, but it can be exhilarating and existentially very profound.
To save lives and to take them. To fight for your country.
All that can be alluring and addictive for some people.”

戦争は人間性を失わせるが、気分を高揚させ実存的に深い意味を持つ。
命を救う事や、または殺す事、あなたの国の為に戦うという事
それら全てに魅力と中毒性を感じる人々が居るのだ。

140 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 01:14:10 ID:RnPfE+tm
http://www.marieclaire.com/world-reports/news/latest/army-bomb-technicians
ビグローインタビュー
Q: What message do you hope your new film gets across?
この映画でどんなメッセージを伝えたいですか?
A: These men are sort of the unsung heroes.
I wanted to identify the price of their heroism
― there is a cost to the courage.
The job comes with a tremendous sense of purpose,
but it almost ruins these guys for normal life.
彼らは賞賛を受けていない英雄です。
私は彼らの武勇の価値を明らかにしたかった。-勇気には犠牲を伴うのです。
この仕事には強靭な目的意識が必要とされますが、
その為に彼らは殆ど普通の生活は送れないのです

141 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 01:15:39 ID:RnPfE+tm
http://blog.spout.com/2008/09/17/kathryn-bigelow-interview-the-hurt-locker-toronto-2008/
The film opens with the quote “War is a Drug.”
Could you take that further and say guns are a drug?
Violence are a drug? Undercover cops
and policemen seem to face some of the same problems as the characters in this film.
「戦争は麻薬だ」という引用から始まりますが
あなたは銃や暴力は麻薬だと言っているのですか?
覆面捜査官や警官も映画の人物と同じ問題に直面しているのでは?

You know, these are high threat professions and I think…
there’s a certain type of psychological profile
that is adept at those kinds of occupations.
It’s not really for me to analyze, but I think it definitely a type of psychology,
your survival depends on that psychology, and
how you function under extreme pressure and extreme stress.
There’s a price to that kind of bravery and heroism,
you pay a high price to be able to survive.
これらは非常に危険な職業ですね。
そして、その職業の熟練者にはある心理的な特徴が有ると思います。
あなたが生存できるかは、その心理状態と
高度なプレッシャーとストレス下においてどう動くかにかかっています。
その勇気とヒロイズムの代償を払ってあなたは生き残る事が出来るのです。

142 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 01:22:28 ID:9R6PUG9s
キャサリンもいい女だと思うよ俺もね

143 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 01:22:47 ID:NQIZkzD0
外で何言おうが、映画の中に無ければ仕方ない

144 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 02:07:36 ID:B00ao2lT
群像劇の構造にはなってないからな
小隊物ってのはちょっと違うな

145 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 03:52:27 ID:sMowZnbO
>「この賞を、毎日イラクやアフガニスタンや世界中で命を張って従事している
>軍の女性や男性に捧げたいと思います」

映画観終わった後、正直この台詞は苦し紛れの一言って感じに受け止めた。
別に責めてるわけじゃなく、そりゃ誰だってあの場ではそう言うよなっていう程度の苦笑い。


146 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 05:15:15 ID:JVPq/zWQ
ビグローっていい女だな
歳聞かなきゃ良かった

147 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 05:20:11 ID:zi7pNjBp
ピグローはネガティブな意識でこの映画を作ってないのは確かだよ。
ちゃんとアメリカ人の共感を得る様に作ってるよね。
イラク戦争を描くことはアメリカ人にとっては決して気持ちのいいものではない。
ビグローがやり手なのは、911をふまえて国民の共通認識であるところの
「テロは断じてゆるせない」「テロに屈することはできない」というところに
落とし込んでるところだ。インタビューをすべてまま受け止める必要は全くないし
社交辞令ももちろん入っているけど最後の「勇気とヒロイズム」というところこそ
ピグローが一番描きたかった事に間違いないし、アメリカ人が一番共感してるのはそこで、
「兵士の苦労話」というような後ろ向きな話じゃなく、戦争ジャンキーであろうがなかろうが、
まさに「テロの脅威におそれず勇気を持って立ち向かえるアメリカ兵士」を映像化できてるのが
この映画だと思う。なのでアカデミー賞取るのは当然だと言える。

148 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 06:36:55 ID:/TGzLEEY
爆弾処理は軍隊ではage位置
部屋も個室が用意されている。
でオケ?

149 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 08:40:16 ID:/v8HyDNR
>>148
ジェイムズもサンボーンも軍曹だからじゃないか。
エルドリッジは団体部屋かもね。

150 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 09:11:04 ID:8F39DsSn
平常心で年がら年中ドンパチできる奴は
中毒に決まってる
無事帰還しても普通の生活には戻りづらかろう

151 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 10:33:03 ID:MULFXl3N
中毒になる人もいるけど、ほとんどの人は慣れ。

それに嫌な仕事でも仕事である以上やらないといけないのは
働いたことのある人なら理解できるはず。

152 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 10:50:14 ID:F5FAm7b7
俺も、戦場から帰ってきたら
駐車場の係員の職にすらつけないわ
たまたま立ち寄った町の警察に嫌がらせされるわ
大変だったよ。


153 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 11:17:17 ID:gA3YemXU
>>152
乱暴さん こんにちわ

154 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 11:37:38 ID:dvV7BMfs
理解力のないアホな俺に誰か教えてくれ

・ベッカムは死んだんだよな?じゃあ後から出てきた子供は誰?
・あの教授って名乗ってた奴はテロの関係者?

155 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 11:43:50 ID:F5FAm7b7
>>154
Q1 ベッカムは死んだんだよな?じゃあ後から出てきた子供は誰?
A2 ベッカムは死んでいなかった、単に主人公の勘違い。

Q2 あの教授って名乗ってた奴はテロの関係者?
Q2 全然関係無い人。ちなみにオバサンは物凄く強い


156 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 11:58:03 ID:EGxuSfDy
>>154
ベッカムのエピソードは、アメリカ人から見ると
イラク人なんてみんなおんなじに見えるわけだ(だから
人間爆弾の少年をベッカムと間違えた)。

そして、その程度の認識しかしてなかったということを
最後にベッカムを見てハッと気づき、
そんな自分(表向き仲良くしても、本当に理解はしてない)に
嫌気がさした……という風に読めたな。

157 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 12:05:23 ID:dvV7BMfs
>>155-156
なるほど
ありがとう
実は俺も死んだ子供とベッカムの区別がついてなかったんだ

あのオバサン凄い剣幕だったなぁw

158 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 12:31:00 ID:QVe0h17C
ベッカムのエピソードもいまいち意味不明だったな

159 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 12:36:38 ID:/v8HyDNR
主人公が一方的に空回りしてるだけだからな。
あれに共感できるのは、アメリカ人だけだろう。

160 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 12:37:48 ID:VYvSM+jf
ベッカムが死んだと思ってへんな正義感にかられてしまい、部下を連れて
敵地にのりこむも失敗してしかも部下が撃たれてって…
この戦争でとんちんかんなことをやってる米軍自体のメタファーだと思う

161 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 12:40:10 ID:F5FAm7b7
ベッカムのシーンは
>>156に書いてあるとおりだろうね。

自分が、あの国の一部しか理解していなかったことに気づき
また、いい気になっていた自分がオバサンにボコボコにされて自信を失うというシーンだ。


162 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 12:46:18 ID:QVe0h17C
「あわてんぼ」「思い込みが激しい人」としか思えなかった

163 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 12:51:09 ID:N/myZNwY
人間爆弾、子供使ったりとか実際にあることなの?
平和ボケですまない

164 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 12:57:53 ID:gA3YemXU
主人公がラストシーンで半笑いな気がするんだが やっぱ半笑いだったよね?

165 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 13:37:09 ID:B00ao2lT
>>163
あるらしいよ
まぁ、腹切ってその中に爆弾詰めるのはあんまり無いと思うけど、
子供に爆弾持たせて油断させて自爆させるのはよくあるらしい

166 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 14:35:47 ID:yiv5Dsrp
町山さんのポッドキャストはじめて聞いた、すげー言い争いだなこれ。びっくりした。
しかしこの映画、どうとでも取れる映画だよな、幅がありすぎる。

167 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 15:49:19 ID:+SPb6+2w
子どもと仲良くなってしまうと、
その子ども自体に危険が及ぶし、自分がどんな感情に駆られて行動するか
分かったから、もう親しくはしない、って決意だと思ったけれど。

168 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 16:07:36 ID:+SPb6+2w
まあただ単に、
「ちくしょう俺勘違いしたのかよ!」かもしれない。
でもこの人が自分の行動原理を説明する口の上手さが無いのは
劇中でほかにも表現されてるよね

女子の一人として
この映画は「けっ 女に男を描く映画が作れるかよ」という意思への
人生費したピグローの答えだと考えておりますが

169 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 21:24:05 ID:lM3lUrpg
このクソみたいな世界をいかにまともにサヴァイヴするかがテーマなんだね。
石川忠司『衆生の倫理』に通じるものを感じた。
宇多丸の批評はキネマ旬報の白木緑氏の記事を参考にしたんだと思う。

170 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 21:54:44 ID:B00ao2lT
それは違うと思います

171 :前スレより:2010/04/03(土) 00:29:43 ID:f6+xEsPx
以下、ベッカムと再会した時の抜粋な。
He sees on the other side of the parking lot … none other than beckham,
who happly shouts to him:

BECKHAM
Hey, what's up man? Hey Boomala, Boomala, wanna buys some DVDs,
play some soccer!

James stops. He stares. What can he say? The boy is fine.
His jihad was pointless. Insane.
Unable to face the kid and unwilling to explane,
James turns away and stiffly gets into the Humvee.

Beckham watches it go, hurt, confused.

172 :名無シネマ@上映中:2010/04/03(土) 01:42:55 ID:1e7+nDHl
http://search.auctions.yahoo.co.jp/search?p=%A5%CF%A1%BC%A5%C8%A1%A6%A5%ED%A5%C3%A5%AB%A1%BC&auccat=0

173 :名無シネマ@上映中:2010/04/03(土) 02:27:40 ID:f6+xEsPx
ジェイムズは立ち止まり、見つめる。
何と言う事だ。少年は生きている。
彼のジハードは意味が無かったのだ。正気の沙汰ではない。
少年と顔を合わせたり話をする気にもなれず
ジェイムズは顔を背け、ぎごちない様子でハンヴィーに乗り込む。

ベッカムはそれを見て傷つき、困惑している。

大体こんな訳であってる?

174 :名無シネマ@上映中:2010/04/03(土) 04:15:28 ID:7AubtLfK
そもそも、なんでイラク人の名前がベッカムなんだ?あだ名かなんかなのか?

175 :名無シネマ@上映中:2010/04/03(土) 04:18:26 ID:R286RVpp
もう一度映画を見てください

176 :名無シネマ@上映中:2010/04/03(土) 15:45:11 ID:J+C5m0ag
朝焼けの青春

「おっぱい大きくて顔も可愛いAV女優って、いないよね」唐突に、Aはつぶやいた。
オレはその言葉を聴いた瞬間、「オラーーーー!!!」と叫んで駆け出していた。
「おめえは、・・・・間違ってるんだよオ!!」
Aは、その剣幕に少しビビリながら答えた。「なら、・・・・誰がいるってゆうんだよオ!」
オレは怒りと興奮をこらえながら無言でパソコンのまえに座り、
グーグルの検索サイトを出し、「高井桃」と打ち込んで画像検索した。
興奮のあまり打ち込みに何度も失敗して「たきあいもの」と打ってしまうありさまだったが。
そして、最も高精細で扇情的な写真を選び出すと画面と同一サイズに拡大し、
Aに示した。「ホラッ・・・見ろよ!」
Aはいぶかしげな表情でパソコンの前まで来た。
Aの表情が変わった。おどろきと感動の表情だ。
「こ・・・、これ・・・は・・・・」。Aは衝撃を受けている。
「だろ?」オレはにっこり笑ってAに語りかけた。
「いいんだよ。オレだって高井桃に出会うまではそう思っていたさ・・・でもね、
高井桃をひとめ観てしまえば、もうそんな妄言は吐けなくなる。おっぱい大きくて
顔が可愛いAV女優がいないなんて、恥知らずな発言は、な」。
Aはオレの方へ向き直って、言った。「無知なオレを許してくれ!!顔は神レベルで
可愛く、おっぱいもデカイ高井桃の代表作は・・・・?」
「泡姫天使。完璧だ」
オレはAとガッチリと握手した。すっかり朝になっていた。
窓の向こうには朝焼けの空が輝いていた。

朝焼けの青春・完


177 :名無シネマ@上映中:2010/04/05(月) 00:08:24 ID:8VINiUsR
>>174
ちょwwwwww

174にこの映画の感想を語ってほしい

178 :名無シネマ@上映中:2010/04/05(月) 10:47:45 ID:Gr0VwNBy
最後って、普通にまた兵役に付いたの?
それともPMCに転職したの?

179 :名無シネマ@上映中:2010/04/05(月) 11:53:47 ID:mYGULdyK
>>169
いやそんなことがテーマじゃないw

地味で危険で日の当らない仕事をしてる人を取り上げる
解決しにくい問題を掬いあげる

キャサリン・ビグローやプロデューサー、脚本家たちがインタビューでこういうことを言ってる。


180 :名無シネマ@上映中:2010/04/05(月) 13:13:29 ID:iMEWW26E
監督がインタビューでこれはコメディですって言ったら
そう思いこむんだろうか。死ねと言ったら死ぬんだろうか。

181 :名無シネマ@上映中:2010/04/05(月) 15:08:45 ID:rzQKIrna
イラクで、自動車で突っ込んで自爆テロがあったね。
深読みしていい?
これは、映画ハート・ロッカーに刺激されて起こったテロではないかな?
この映画で、米軍兵のところに自動車で突っ込んで行ったやつが、拳銃を
突きつけられて退散するシーンがあったじゃん?これがテロリストを
刺激したという可能性はないかな?「映画では拳銃を突きつけられて
逃げてたけど、オレたちはそんなに臆病じゃないぜ」というメッセージを
こめて、あえて同じ手法(自動車で突っ込んで自爆)でテロをやって見せたのでは?


182 :名無シネマ@上映中:2010/04/05(月) 15:58:01 ID:bAZ5tXuy
>>180
子供の屁理屈かよw

183 :名無シネマ@上映中:2010/04/05(月) 17:43:22 ID:rzQKIrna
当初、武装勢力は携帯電話を操作して起爆させていたらしいが
(バンテージポイントという映画にあった)、
米軍がこれに対抗して妨害電波を流したため、武装勢力側は
電波を用いない有線方式に切り替えた。
米軍が、武装勢力の爆弾の火力に耐えうる装甲車を配備したところ、
武装勢力はその装甲を破壊する威力をもった爆弾を開発・・・
こんな調子では、米軍もいやになるよね。また、こんな戦争を始めた
ブッシュが責められるわけだ。

184 :名無シネマ@上映中:2010/04/05(月) 19:50:45 ID:FMDBGD4e
【TBS朝ズバ】「われわれメディアの中には朝鮮学校の卒業者が多数いるんですよね」【うっかりカミングアウト】
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1270033926/l50
http://www.youtube.com/watch?v=12VrVb6Dp1A

185 :名無シネマ@上映中:2010/04/05(月) 23:39:11 ID:1ujpkPk9
Get down!Get down!

186 :名無シネマ@上映中:2010/04/06(火) 00:07:29 ID:eyULWbub
ネタバレすまん。

なんかいろいろ疑問とか不満とかあった。

・トンプソンは全然死んだように見えない。
・爆弾の起爆装置持ってるなら早く爆破しろよ。
・ベッカムの家まで行って何したかったのかわからん。
 連れてった奴の意図も不明。適当?教授とオバンもいらないだろ。
・爆弾処理班なのに建屋内に銃構えて侵入するもん?スナも疑問。
・足打たれてヘリで搬送された奴が「アンタが撃ったから」って言ってたけど
 救出される前に撃たれてたから両脇抱えられてたんじゃないの?
・終盤の車内での二人の会話がいまいち。奥さんとのエピソードはまあよかった。
・冒頭のDrug、中毒と映画の内容がいまいちリンクしない。

とりあえず、また見たいと思わせる映画ではなかった。

187 :名無シネマ@上映中:2010/04/06(火) 00:23:22 ID:zp5aSFxG
ぶっちゃけウンコ

188 :名無シネマ@上映中:2010/04/06(火) 01:03:26 ID:OOueHtAv
>>181
深読みっつうか浅すぎだろ
これとか読みな
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309224732

189 :名無シネマ@上映中:2010/04/06(火) 01:18:39 ID:7YkfChS8
>>186
トンプソン
・確かに、別に何か飛散物に当たったようにも見えないし、一番最初の見せ場の割りに謎のシーンだよな。
起爆装置
・確かにイライラした。やってる行動がマヌケだと、死への深刻さの感情も湧かない。
ベッカムの家
・確かに、ベッカムを探しに行ったのか何なのか、探しに行くんならあんなに押し入る必要はないし、
ベッカムを殺したやつを探しに行くんなら、「ベッカムの家」に行くのはおかしいし。
冒頭のDrug
・確かに、war is drugのメッセージがよく分からん。主人公は葛藤したり、色んなハチャメチャな行動はしてるけど、
それは別にいまいち戦争ジャンキーが理由でもないし。

というか、映画の演出全体が浅かった。映像のおししいところを切って切って繋いで、圧縮して飽きさせないように見せる
軽い手法が、深刻なドキュメンタリータッチ戦争映画という題材と合っていない。
「女性監督とは思えない、骨太の男臭い映画」とかいう評価が多いけど、単細胞の女特有の薄っぺらさを感じまくりだった。

190 :名無シネマ@上映中:2010/04/06(火) 01:48:39 ID:JmGlAXWn
>>186,189

191 :名無シネマ@上映中:2010/04/06(火) 08:56:28 ID:bHnI/Yns
自演乙

192 :名無シネマ@上映中:2010/04/06(火) 18:02:19 ID:SymElVLR
割とよくできたゾンビ映画並の迫力と緊張感だったな。
つまらなくて途中で寝そうになったw

193 :名無シネマ@上映中:2010/04/06(火) 18:35:52 ID:SymElVLR
それとは別にwar is drugっていうのは主人公が戦争しか好きなものが無いってことじゃない?
いいかえれば戦争における死の恐怖がやみつきになってるっていうか。
自分の息子相手に『今はすきなものがいろいろあるだろうが俺の年になればひとつしかない。』っていったあとイラクに舞い戻って爆弾処理してるし。

194 :名無シネマ@上映中:2010/04/06(火) 19:21:14 ID:24ya88Fj
戦争が本当に嫌悪すべきものでしかなかったら
商業ベースに乗った戦争映画なんてつくられないわけだしね

戦争は楽しい
その一面があることを否定できない

195 :名無シネマ@上映中:2010/04/06(火) 22:35:42 ID:vqXtwUAb
>>178
どうしてPMCという発想?
もともと徴兵されているわけじゃない志願兵だし
階級、年齢からしていわゆる職業軍人だろ。
兵役って表現も不適当。
イラクへの一回目はたぶん命令で赴任しただけで、
二回目は自ら希望したんだろ。

196 :名無シネマ@上映中:2010/04/06(火) 23:44:53 ID:hzKk6sPy
>>194
これインディーズ映画なので本国アメリカでも小規模公開だし
決して商業ベースに乗った映画ではないよ。

公開時に満点に近い批評家レビューが出たり、秋からの賞レースに食い込んだこと、
オスカー受賞で脚光は浴びたけれど。

197 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 00:21:42 ID:MeUNoGYp
>>189
>トンプソン
>・確かに、別に何か飛散物に当たったようにも見えないし、一番最初の見せ場の割りに謎のシーンだよな。
爆風による圧力は、軽いものでも体の様々なところからの出血、さらに強くなれば眼球破裂や内臓破裂
などを引き起こします。
防護服によって飛散物は防げても、圧力は防げません。

198 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 01:04:43 ID:RSxGfm0x
>>197
実際がどうか、というより謎に「見えてしまう」ところが問題なんだろう。
「爆風の圧力でも人間の体は破壊しうる」、と観客に気付かせる描写を一瞬でも入れておけば違う話なのに。

199 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 01:43:15 ID:iSZOcHI2
(a)防御服を着ていたのに死んだトンプソン
(b)防御服を着ていなくて無傷な周囲の他の米兵

爆発地点から(a)までの距離と(b)までの距離が2〜3倍程度しか違わないようにも
見えるのが不可解でもある。もっとずっと差があったのかもしれないけど
はっきりそれをアピールするシーンが記憶にない。

200 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 02:01:12 ID:0uuS4dho
直前の会話で、爆弾が爆発したときの影響力について話をしていたし、
トンプソンが血を吐いたのは、衝撃波で内臓が破裂したんだか
なんだかあったんだろうていうのは想像できたし。

201 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 03:31:47 ID:t58BnJdm
>>196
ハートロッカーに限らず、戦争映画なんてたくさんあるでしょ
戦争映画、楽しいでしょ

202 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 08:53:08 ID:LLZPi5yT
まだ、見てないけど
いろんな話聞いても自国の弁護にしか聞こえないわ。
そこんとこどうなの。

203 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 09:41:08 ID:zPBJUXpj
>>202
どちらかというと戦争や米国を擁護してる作品ではないよ
登場人物のほとんどが「戦争なんてもう嫌だ…」って考えだし、
「国のためにみんなでこの戦争に勝つぞ!」って雰囲気でもない

アバターみたいに「侵略することは悪だ!」って明確に訴えてるわけでもないけど、
どちらかというと「米国万歳」って雰囲気は薄かったよ

204 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 10:23:04 ID:ZeofZ1w2
爆弾処理が大好きないかれた米国人の話
本人もいろいろ混乱しててなんなんだろうなーと考えたりしてるけど
結局迷いなく好きだと言えるのはこれだ!って悟ったみたいで楽しそうに爆弾処理に向かう

最後のあのうきうきした後ろ姿が可愛い

205 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 12:39:59 ID:CS7rUCUf
>>203
少なくとも「戦争なんてもう嫌だ…」っていうトーンの映画じゃなかったな。
アメリカ兵の勇気を称賛した映画で>>204のほうが近いよ。
ヒロイズムの映画だよ。

206 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 16:28:28 ID:KXS2G7UY
ジャンキーがヒーローとかw
町山脳ですかw

207 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 20:09:56 ID:/mdAiD0A
アメリカがジャンキーだからジャンキーがヒーローになるのさ

208 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 20:17:57 ID:avgu4GZJ
>>205
真面目な話、称賛なんてしてたか?
称賛するんだったら「戦争は麻薬」なんて言葉使わないと思う
それに主要人物は散々戦争の愚痴話してるし、戦地にいる兵士たちの描写は悲惨だしな
なにより主人公も勇気ある者っていうよりは、爆弾処理に狂ってるって描き方してるし

209 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 23:05:58 ID:CS7rUCUf
>>208
おまえはとろいやつだなあw
ビグローのインタビューもう一度見てみろよ
前にもあげてくれてる奴くれてた奴いるけど
そんなネガティブで自省的な映画がアカデミー賞取るわけないだろ
ビグローがヒロイズムって言葉を使ってるんだよ
主人公がジャンキーだろうがビグローの視点はネガティブなものじゃないのよ
勇気ある兵士って描き方してるからこそアメリカ人の共感を呼んでるんだよ

210 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 00:06:38 ID:Xh6GP6pd
>>202
イラクを舞台にした兵士の話だから、イラク戦争の話だろうと思っちゃうだろうが、そうではない。
アメリカ人がイラク人に対して攻撃するシーンなど全く出てこない。つまり、ひたすらアメリカ人が
イラク人を助けるために爆弾を処理して「テロリスト」と戦う話です。
イラクを舞台にしていながら、アメリカが悪役になる要素など全くなく、ひたすらアメリカに都合よく
作られている映画です。グロいシーンも含めて、悪事を犯す側は全てイラク人テロリストに集約されている。
兵士の葛藤やら、兵士が思い悩むっぽいシーンも出てくるが、「アメリカがイラク人を傷つけているから」
というようなポイントは巧妙に外され、知り合いが殺されたり、テロ捜索で混迷したりして思い悩みます。
なお、登場するイラク人のほとんどは「あやしいイラク人」として描かれほとんど人間的な描写はされず、
占領している国に対する負い目のような物は全く感じられず、その厚顔無恥さは不快な域までに達しています。
自分がイラク人ならキレると思います。
つまり、この映画は「イラク戦争」を描いた物ではなく、9.11以来のアメリカ人の心の中にある、
「テロとの戦い」によってアメリカや世界が平和になる、という事をイラクにまで延長して、
それに従事しているアメリカ兵の勇気や苦闘を賛美する形で描く、という極めてアメリカ的な理屈で
描かれた映画です。
自分たちで始めた戦争のくせに、「戦争は麻薬だ」だの、「子供の頃はぬいぐるみやブリキのおもちゃなど、
好きな物が沢山あるが、私には好きな物はもう一つしかないんだ。」などと、戦争をおもちゃなどに例えて
戦場に帰っていく様はふざけているとしか言いようがありません。
映画としても底が浅い大した映画ではありませんが、それ以上に精神面で問題があると言わざるを得ません。

211 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 00:54:58 ID:2qJNuaiu
この前マイカルでも公開してたから観に行ったけど、でかい劇場使ってるのに客が5人しかいなかったw

作品的には佳作くらいかな 作品賞としてはかなり弱い印象を受けた
ジャンキーかヒロイズムかで論争してるようだけどどっちにしても今さらって感じの映画だ
去年は不作だったんかなあ

212 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 01:03:06 ID:WjH4pJRm
まあ正直、「で?」って映画だったな。
オタク何言ってんの?自分でまいた種じゃん。みたいな。
まあ、ミニストリーの曲を使うあたりにビグローの本音が見えなくも無いが、
結局それも自分本位であることに変わりないけど。

213 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 02:08:09 ID:P1ChWA90
結局ジャンキーかヒロイズムかでここまで論争が起こるのは、
劇中の主人公の行動に感情移入できないからだろう

ビグローがどんな想いで作ったにしても、
観客がそれを理解できないんじゃなぁ

214 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 06:25:28 ID:ZuaMTCSg
>>209
監督の発言で補完してる時点で映画単体そのものは未完成の出来損ないですと
言ってるようなもん。本編だけでビシッと伝えないとねえ…。
あと俺様アメリカの、内輪で盛り上がる用映画祭で作品賞取ったって、何の保証にもならないから。
とろいのはおまえだよw町山脳w


215 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 08:41:52 ID:gpNS75Ge
解読力ない人なんなの?
ゆとりなの?


216 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 10:41:57 ID:5C2md8g7
>>214
ほんとおまえはどうしようもないなあ
だいたい町山脳ってなんだよ。しつこいけど。
おもしろいつもりなのかw
俺は映画見てすぐ兵士の勇気とヒロイズムを描いた作品ってわかったよ。
おまえみたいなとろいバカに教えてやるためにピグローの言葉を持ち出しただけ。


217 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 11:06:54 ID:+YbLZwdA
ジャンキーなヒーロー物と言えばバッド・ルーテナントも面白かったな

218 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 11:12:55 ID:ZuaMTCSg
>>216
客観的に見てヒーロー要素がどこにあったのか伺いたいものだ。
インタビューで補完してるんじゃないのなら。

219 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 11:23:34 ID:5C2md8g7
>>218
自らの命も顧みずテロリストのしかけた爆弾を処理する。
これを勇気とヒロイズムと捉えられないのは
おまえぐらいのもんだろ。特にアメリカ人にはその行為はヒロイズムとしてうつるし
最後のシーンも含めて感動的でもあるんだよ。
ほんとめんどくさいのにいちいち説明してあげてんだから感謝してほしいよ。
俺もお人好しだな。


220 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 11:48:31 ID:gpNS75Ge
>>204
うきうきした表情もかわいいが誇らしげで俺にまかせとけみたいにも見えてあのシーン好きだわ。

あとサボーンが元気にやってるのか気になる。


221 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 11:50:40 ID:gpNS75Ge
ごめん。サンボーンね。

222 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 11:56:53 ID:ZuaMTCSg
>>219
もし個人の自己快楽の追求の先に人助けがあったとして、その成果は英雄的と言えるもしれないが、
あくまで自己快楽であるという人間性から含めて解釈すれば単純にヒーローと言いきれる存在かね〜?危うさを感じね〜。家族との関係さえまともに築けないヒーローね〜。

もし感動的で真のヒーローだと言うなら具体例あげろ。映画の中から。

223 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 15:07:44 ID:whXtbkKm
>>213
そうじゃない。

映画を見る前から頭の中で描いている
先入観上の「ジャンキー像」と「ヒーロー像」が一致しないが為に
「どちらも描かれている」という可能性を無意識に潰して
ストーリーを理解しようとしている輩が多いだけ。
>>213もそうだが。

それか
そういった試みが為されているかもしれないという可能性、
それ自体に懐疑的or否定的な輩かどっちかだな。
こっちは自らの政治的信条が評価を左右する典型例

224 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 15:23:13 ID:vJjPQ/N8
>自らの命も顧みずテロリストのしかけた爆弾を処理する。
>これを勇気とヒロイズムと捉えられないのは

だってやってること無茶苦茶じゃん
ジェームズの強引で勝手なやり方は自分や仲間の命を危険にさらす可能性もあるし
そういう事態になったら軍に人的・金銭的損失を与えるし
同僚の兵の精神も損なうことになるかもしれないじゃん
そういうのが勇気とヒロイズム?

やっぱ戦争と相思相愛のいかれポンチの愉快な冒険譚だと思うんだなあ

225 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 15:39:01 ID:5C2md8g7
>>222
説明してやるからこれが最後だぞ。
おまえはアメコミを見た事があるか?映画も含めて。
そこに出てくるヒーロー像を良く思い出してみろ。
スパイダーマン、バットマン、X−MENでもいい。
どれも主人公は社会生活に適応できてるか?プライベートはうまくいってるか?
X−MEN達は特異な能力を持つ為に人間にも迫害されている。
スパイダーマンは使命を優先するために恋人とはたびたびひずみが生じている。
バットマンはコスプレ好きの変人と悪人から言われる。
アメリカ人はそう言う人間くさい部分も含めて主人公にヒーローとしてのシンパシーを
感じているんだよ。欠陥がない人物はヒーロー足り得ないってことをちゃんとわかってる。
おまえは欠点もない完全な人物を想像してるけど
そもそもそれ自体がヒーローという定義からはずれてるんだよ。

226 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 16:33:56 ID:2qJNuaiu
アメリカ人はこれをヒロイズムと賞賛してるのか
なるほど世界中で戦争やらかすわけだわ

227 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 16:56:42 ID:ZuaMTCSg
>>225
アメコミヒーロー詭弁マン登場w
こういうバカが感動できる映画ですw

228 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 17:22:53 ID:NOwDe9Ql
>>225
この映画がヒロイズムなのかどうかって話はともかく
欠陥がない人物=ヒーロー足り得ないっていうのは違うだろ
アメコミのあれは物語の面白さを求めた結果であって、
ヒーロー像うんぬんは関係ないと思うぞ
それにスーパーヒーローと一兵士を比べるのは乱暴すぎるだろ

戦地ではヒーローだけど、正体は戦争ジャンキーってことでいいよもう

229 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 18:28:00 ID:5C2md8g7
>>227
おまえみたいなとろ臭い奴にわざわざつきあってあげたのに
その程度のことしか言えないのかつくずく情けない野郎だな。どうせ小さい頃も
いじめられっこだったんだろ?まあいいや。

俺はこの映画を見て感動したなんて一言も言ってないぞ。
むしろどういうコンセプトの映画かってことを話してる。

俺よりうまくこの映画のことを語ってる奴がいたからUPしとく。
これでわからないようならもうおまえはなにも語るな。ただのバカなんだから。

>アメリカの主な映画賞を総なめにした作品ということで話題になっていた作品であったが、なにかしら観る気持ちになれなかった。
しかしアバターを押さえてアカデミー賞も受賞したということで出かけてみた。
鑑賞後の結論は皮肉なヒーロー映画ということに尽きる。確かにとイラク戦争と爆弾処理という現在進行中の素材を扱っているだけに、
2時間強という時間を感じさせない緊張感を作り出すのに成功しており、映画としてある程度評価がされてもいいとは思うが、
その内容は相も変わらずアメリカンヒーロー物語にすぎない。ただ、ヒーローのあり方が違うのである。いや違わざるをえなかったのである。
いうまでもなくイラク戦争はアメリカ合衆国が、国連やIAEAの査察結果を無視して、あのジョージブッシュが仕掛けたいわば侵略戦争であったことは、現代の常識となっている。
しかもこの戦争は結果としてアメリカの敗退で、近年中に撤退をすることもほぼ決定しているのである。
ベトナム戦争もそうであったように、負けた戦争にヒーローはないのである。そんな時この映画が登場した。


230 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 18:30:27 ID:5C2md8g7
(続き)ただし、現代進行中の泥沼の戦争の中でのヒーローはこれまでのように格好良く敵をやっつけるのではなく、爆弾処理という地味で怖い仕事をこなす一兵士でしかない。
しかし、形がどうあれアメリカ国民は、なにかしらこの戦争で鬱積したストレスを発散させたかったのでる。だから国内の映画界から喝采を浴びたのである。
この映画の立ち位置はひどくイラク国民に不公平であって、ある種独善的でさえある。主人公がなぜかしら好感をもって接するイラク少年の扱いや、
強制的に自爆を迫られる男の挿話は敵方をひどく残酷にみせ、イラク国民からみれば不公平であるし、砂漠での戦闘場面などは、憎っくきインデアン相手の西部劇仕立てである。
この中にはイラク国民の目線は一切ない。これは伝統的アメリカンヒーロー映画にチョット苦い調味料をまぶした映画にすぎない。従来のように決して格好良くはないが、
やはり主人公は平和な家庭生活に収まりきれない冷静で怖いもの知らずの男なのである。この映画にアメリカ国民が好感を持った心情は良くわかるが、
やはり大国アメリカのある種独善的姿勢がはっきりと出た作品と思う。外国人からはアメリカ国内ほど評価されないのではないかと考える。もっともブッシュのプードルといわれたどこかの国の元首相は喜ぶかもしれないが。
それにしてもこの映画が女性監督とは恐れ入りました。


231 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 19:01:37 ID:gpNS75Ge
なんか荒れてるね。
落ち着こうよ。

232 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 19:34:33 ID:2qJNuaiu
荒れてるというよりも自分の意見を押し通そうと必死だ
それなのに上から目線 受け入れるわけないわな
自分の評価を他人が変えられるとでも思ってるのかね
自分の評価を変えられるのは自分だけだよ

233 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 19:50:42 ID:5C2md8g7
>>232
お前もバカだな。
ディベートっていうのはそういうことだろ?
自分の意見をいかに相手に納得させるか。
日本人が一番苦手な所でもあるけどな。
お前みたいな意見だったらただ一人でぶつぶつ言ってりゃすむ話だろ。

234 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 19:54:02 ID:gpNS75Ge
>>232
うん。そうだね。
見方は人それぞれだし押し付けるのはよくない。
映画って感想がみんな違うのもおもしろい。
好きだから3回観たけど。色々考えさせられる映画だよ。
とりあえず給料たくさん貰えてたらいいのにと心配になる。


235 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 20:14:39 ID:2qJNuaiu
>233
議論するなとは言ってない 大いにやればいい
ただ誰かを貶める発言をいちいち入れなきゃ議論できないの?ってこと

236 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 20:40:04 ID:5C2md8g7
>>235
ちがうって。ほんとは相手をくさすようなことまで言いたくないけど
町田脳とかバカが感動できるとかレベル低い事言ってつっかかってくるから
あわせてやっただけだよ。向こうがただの感情論だけで論理的に反論できてない時点で
議論にもなんにもなってないけどな。

237 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 20:53:58 ID:NOwDe9Ql
>>236
相手が気に入らないこと言ってくるから、
自分も相手の事を悪く言うってやり方だから議論になってないんだろ

傍から見りゃ両方とも似たようなもんだよ

238 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 21:12:18 ID:5C2md8g7
>>237
客観視してるつもりになってるようだけど
やりとりを良く読んでみろ。
俺は相手の理解できないという問いかけに対して具体的に回答を用意してる。
それに対して奴は質問と俺の回答に対する感情的な感想のみ。
こんな奴と議論が成立するわけがない。
まあもうやめとくよ。平行線だから。
もっと自分なりの解釈で向かってくる奴がいるならともかく。

239 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 21:25:42 ID:NOwDe9Ql
>>238
お前こそ周り見てみろよ
誰もお前の肩を持ってない今の現状が何よりの証拠だ

240 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 21:32:28 ID:wOzenJJp
> ID:5C2md8g7

とりあえず死ね。

241 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 21:42:01 ID:5C2md8g7
死ねとかバカとか捨て台詞しか言えないとはなさけない奴らだな。
俺の意見に対して自分の意見で立ち向かえるような気概のある奴はいなさそうだな。

242 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 21:49:04 ID:gpNS75Ge
死ねとかよくない。
落ち着いて

243 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 21:49:54 ID:wOzenJJp
> ID:5C2md8g7

おまえの書き込みに対して何で複数の人からボロカスに言われているのか
その腐った頭でよく考えておけ。

244 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 21:54:44 ID:gpNS75Ge
なにこの流れ

245 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 22:05:33 ID:ZuaMTCSg
なんか良い感じに発酵してんなw
俺が聞いたのは映画のどの部分にヒーロー的要素があったかという問い。
それに対する答えは自分の命を顧みず爆弾を処理してるからということ。
そこから俺は行為としては英雄として映るかもしれないが、動機がよこしまなんじゃないかと疑問を呈した訳。
そっから突然アメコミヒーロー像を比較に出すというトンデモ詭弁で来たので話がストップ中。

つーか命からがら生還し、わが子と対面して、年を取ると好きなものが限られてくると独白した後、
画面が転換して戦場に舞い戻る主人公と気の遠くなる程の任務残日数が表示されるシーンは
ヒロイズムと言うより『こいつ懲りねえなあ』という半分あきれて笑いさえ漏れそうなシニカルな描写だったと思うがなあ。
監督の真意がどうであろうと。

246 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 22:25:12 ID:U7nNQq2r
>>219
そんなんでいいなら、警察官や消防士はみんなヒーローだw

247 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 22:31:45 ID:5C2md8g7
>>245
やっと出てきてくれたんで話すけど
アメコミヒーローを持ち出したのはちょっとわかりにくかったかもしれない。
決してアメコミヒーロー=兵士なんて思ってないよ。むこうは作り上げられた
空想上のものだからね。ただ、アメリカ人が思うところのヒーローの定義としては
それほど離れてないと個人的に思ってる。失敗したり落ち込んだり人間くさいところも
あるけど、最後にはびしっと決めるみたいな。
>やはり主人公は平和な家庭生活に収まりきれない冷静で怖いもの知らずの男なのである。
これはさっきUPした俺とほとんど同じ感想の文章だけどこういう部分に
アメリカ人は心強さと尊厳を含めてヒーロー像と重ね合わせて共感してるんだと思う。
もちろんピグローはバカじゃないからそのように誘導している。
おたくが言うように「こいつ懲りねえなあ」と言う感情ももちろんあると思うけど、
それは決してネガティブな感情じゃないんだよ。むしろ愛おしさでもって見ているとおもうよ。
ただ,前に言ったように俺はこの映画を見てまったく感動なんてしてないし,共感もしてない。
それは日本人だからってのもあるけど、無理にヒーロー像を作ろうとしてるビグローの
意図が透けて見えるからだよ。

248 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 22:48:27 ID:5C2md8g7
>>246
もちろん警察官や消防士でもヒーローに仕立て上げる映画はつくれるよ。
ダイハードだって日本企業にドイツ人のテロリスト、そこに巻き込まれた
アメリカ人をヒーローに仕立てた映画だよ。

249 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 22:50:30 ID:WjH4pJRm
行動に大義名分や正義がなきゃヒーローでもなんでもないわな。
家族のためでも国のためでもなくただ自分の欲望に従ってるだけ。
スリルを潜り抜けての一服うめー!!みたいな描写があったが、あれだよ。
家族?戻ってきたものの何かつまんねーな。
わりーケドまた仕事行くわ(そっちの方が楽しいから)。って感じだろ。
だから冒頭の字幕なんだろうよ。そして最後のシーンも意味を持つ。
極論するとジェームスはただの変態で無鉄砲。そういう作りになってる。

あえてヒーローと結びつけるとすれば、ジェームスが仕事終えて大音量で
ミニストリーの曲を聴くシーンがあるが、実はジェームスは戦争反対者だが
それでも自らの国が起こした戦争のケツを拭くために超危険な仕事をやっている。
まともな神経じゃ出来ないから段々と精神が犯されてジャンキーになってしまった。
へっへー、お前らじゃこんな仕事できねーだろ?みたいな。
悲しきヒーローの誕生。と言えなくも無いが。
強引かw

250 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 22:58:08 ID:U7nNQq2r
>>248
だから、そういう職業の人物の何に着目するかが問われるんだろう。
聞かれてるのはそういうことだろ。

251 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 23:10:47 ID:5C2md8g7
>>249
たくさん相手にしなきゃいけなくてたいへんなことになってきたなw

行動に大義名分や正義がなきゃっていうけど、この映画の主人公がやってるのはなんだ?
個人的にどんな感情や心の動きがあろうと任務であり自分の仕事だろ?

>極論するとジェームスはただの変態で無鉄砲。そういう作りになってる。

そんな投げっぱなしな映画をビグローが撮る分けないし、それのどこに共感や
感動が生まれる訳?そんなものにアカデミー賞与えるわけないだろ。

>>250
なにを言ってるんかわからんな?もうすこしわかりやすい言葉で言わないと。

252 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 23:25:08 ID:Lv/Gq+Kq
ジェド豪士

253 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 23:27:39 ID:U7nNQq2r
だめだこりゃ

254 :名無シネマ@上映中:2010/04/09(金) 01:26:57 ID:mD3OQYkC
タイかどっかの爆弾投げて爆破して気絶した爆弾処理班がモデル

255 :名無シネマ@上映中:2010/04/09(金) 01:44:24 ID:357ZyMKf
>>246

つーかビグローも正に消防士や警官がこの爆弾処理班の人間と
同じ部分を持っていると言ってただろう

「ヒーロー」という単語が使われるのを殊更嫌がっているが
あんたのヒーロー認識と異なった像が描かれただけで
そこまで拒絶しなくてもいいのに。

256 :名無シネマ@上映中:2010/04/09(金) 02:20:22 ID:A9mEzTjF
>>251
映画撮ったのお前じゃないし
アカデミー賞与えたのお前じゃないし
だめだなこりゃ

257 :名無シネマ@上映中:2010/04/09(金) 02:30:58 ID:Zfj0xzVH
たしかに。
わからないならもう一度観ればいいよ。


258 :名無シネマ@上映中:2010/04/09(金) 03:58:27 ID:sfxpTvNn
あれでしょ
EXーなんとかって、正気の沙汰じゃないようなチャレンジスポーツする人たちみたいなのがあっちじゃ有名じゃん
主人公はその状態 危険と対する興奮に自分の適性があって評価が一番得られる
だけど無情なわけではないので少年爆弾をとりだして死骸かかえて出たりする
他のチーム2人は違う 
技術兵は人を撃つ決断が嫌でガイピアース死亡
そんで動揺して軍医にあたっちゃってそれで軍医死亡で逆上の
いわゆる普通の人
諜報部にいた兵士は酷い拷問した経験なんかも暗示してるわけで
子ども持つ自信がなかったりする
少年の死骸持ってでてきた主人公を見てハァ?とか2人はかます無情さがある
だけどラストに諜報兵士は子ども持つことに決めたりする
そういったキャラの対照があるよ


259 :名無シネマ@上映中:2010/04/09(金) 06:30:23 ID:rs1vaFFv
そしてジェームスはエルドリッチになじられたりサンボーンが子どもがほしいと泣く姿に戸惑いを隠せない
爆発物処理時の男前な顔と対照的に子どものような困惑の表情

260 :名無シネマ@上映中:2010/04/09(金) 08:49:15 ID:2vuO/l3H
>>255
なんて読解力が無い奴なんだw
俺は別にこれがヒーロー映画って主張自体を拒否する気はないが、
その根拠が「そういう職業の人だから」では頭が悪すぎるだろ、と言ってるのw

261 :名無シネマ@上映中:2010/04/09(金) 10:25:45 ID:icMsj/Dt
>>260
そう言う職業の人だからなんて理由付けにしてないよ.。
自らの命を顧みず任務をこなすことは勇気とヒロイズムとは言ってるけど。さらに
負け戦でヒーロー不在の所という所にヒーローを仕立て上げてアメリカ人の共感を得た
と語ってるだろ。
読解力がないのはあなたのほうなのでは?

262 :名無シネマ@上映中:2010/04/09(金) 10:32:27 ID:+u+ZxaGZ
>諜報部にいた兵士は酷い拷問した経験なんかも暗示

へぇ〜、それはちょっと新鮮な読みだ。サンクス。


263 :名無シネマ@上映中:2010/04/09(金) 11:29:23 ID:rUV3MGul
レスが、「シネマハスラー」スレからこっちに移ってきたようで
その点は喜ばしい。

264 :名無シネマ@上映中:2010/04/09(金) 11:58:44 ID:cXgyLCHJ
>>261
レスの流れを読み返した方がいいよ

265 :名無シネマ@上映中:2010/04/09(金) 14:06:59 ID:IveRhBqG
シリアルの前で途方に暮れるシーンで終わってたらかなり印象違ったかもな

266 :名無シネマ@上映中:2010/04/09(金) 16:42:31 ID:I2GUESSE
>>259
あのシーンは映画のクライマックスだと思うんだが、もうちょい丁寧に描いて欲しかったな。
ジェームスがなぜ三本の態度に戸惑うのか、その理由をジェームス自身に
語らせるべきだったと思う。両者の断絶をもっと鮮やかに表現して欲しかった。

267 :名無シネマ@上映中:2010/04/10(土) 06:12:20 ID:/V2dP1wQ
>>266
監督自身、ジェームスの心情を言葉で説明できなかったんじゃないのかな
「お前は(こんな状況)平気なのか?」
「わからないんだ、・・・ダメなんだろうけど、どうしてかわからないんだ」みたいなやりとりだったと思うけど

俺はアレくらいさらっと済ませて良かったと思うけどな
困惑顔で、首かしげたままで
あんま説明されるのは蛇足っぽい気がする

268 :名無シネマ@上映中:2010/04/10(土) 08:37:27 ID:EwFeCFX4
けがをさせる鍵を下ろすひと、見ました。

毒に中り続けて文字通り中毒になり、
自分が正気じゃない事に気が付いた時には引き返せなくなっている。

誰かがやらなきゃならないのはわかっているから、
絶望的な状況に戻る。


職種は全く違うが、「オレが血を吐いて死ぬまで働けばいいんだろ」って状況になった事があって、
(自分の思い違いだったが)
少し共感した。

269 :名無シネマ@上映中:2010/04/10(土) 09:43:46 ID:B/QIY2MI
>>261
アメリカ人の共感はえてない。
インディーズ映画で小規模公開、見てる人は少ないし、興行成績も日本円にして10億ぐらい。

この映画の成功は興行的な成功(大衆の共感をえた)ではなく
批評家の高い評価をえたことと、映画業界の高い評価をえたこと。

満点に近い批評家レビュー http://www.rottentomatoes.com/m/hurt_locker/
アメリカ各地の映画批評家協会賞、全米監督組合賞、全米制作者組合賞など数々の映画賞を受賞
クライマックスは6000人以上のアカデミー会員(映画制作の現場で働く人々)の投票をかき集めアカデミー賞受賞。

270 :名無シネマ@上映中:2010/04/10(土) 10:47:04 ID:qQRhRS6V
>>267
自分はこれこれこういう原因であれこれである、とか
とうとうと述べるような特殊キャラじゃないわな

271 :名無シネマ@上映中:2010/04/10(土) 12:20:04 ID:WNyN0JUB
>>269
批評家もアメリカ人じゃねーか
アホかw

272 :本人:2010/04/10(土) 12:29:27 ID:Kr8BsQKQ
こんにちは、ビグローで〜す。

あんたたち若造がなにバカな事言ってんのよ。
映画や小説に触れたことないの?
バカにもわかるように、サブタイトルまでつけたのに…

そりゃ私だってセレブだし、文化人でファッションセンスも高いから、
スピーチではアメリカのために戦ってる兵隊さんに敬意を表すわよ。
実際に軍人からパクリ疑惑を訴えられたりしてるし…。

イラク戦争に対するアメリカの立場がノー天気すぎっていう批判は
あまんじてうけるけど、
アバターほどおバカで好戦的なうえに罪滅ぼしのしかたが
土人のヒーローは外部から来るってハリウッド伝統芸映画じゃないでしょ
個人の内面を非日常を追体験することで異化してんだから。

私はほかのアメリカ人ほどバカでヒロイックじゃないわよ、ふん!



273 :名無シネマ@上映中:2010/04/10(土) 12:34:25 ID:WNyN0JUB
つまんね

274 :本人:2010/04/10(土) 13:48:55 ID:Kr8BsQKQ
>>273
極東のサルがなにいってんのよ
かわいくてアタマのいいイルカちゃんを殺したり
回転スシバーで安いマグロを喰い尽くしてんじゃないわよ

平均的(私はセレブだけど)アメリカ人からみたら、JAPもベトコンもイラク人もイスラムの人
もわけわかんないのよ。
クジラ殺して固有の文化とかいっても、インテリぐらいしかわかんない。
イスラム圏とかもうほんとわけわかんないわけ。
文化の壁を極限の状況で表現したら、この映画のイラク人の表現になるのよ。
ベッカムとプロフェッサー(ベッカムの家!の人よ)のエピソードぐらいが
精一杯なのよ。わるかったわね。

275 :名無シネマ@上映中:2010/04/10(土) 17:07:55 ID:8VrIJ9Ll
やたら必死な上に
なりきりレスの内容もレベルが低いし
本人は面白いと思ってるようなのが痛い

276 :名無シネマ@上映中:2010/04/10(土) 17:36:30 ID:Ia5U3ulv
>>268
俺もジェームスに感情移入した

仕事辛いけどやらなきゃいけないし
今の仕事、事故るとデカいから転職したいけど、今さら感あるし
やりたくないけど仕事の中に無理やり「遣り甲斐」「達成感」など見つけてやってるし、またそれを楽しみにしてる自分がいるし
休日を待ち望んでるけど、かと言って休みの日に何か充実したことやってるか? と聞かれれば、特に大したことしてないし


非番のシーンとか好きだな
「俺はサイダーだけ」のセリフや、シリアルの棚に唖然としてる不安げな表情
テキトーに取った箱を投げ入れて、苛立たしくポップチラシを叩くとこ

「パパは、大好きなものはひとつだけだ」
あの大好きはやっぱ爆弾処理なんだろなと
息子のことではなさそうな気がする

277 :名無シネマ@上映中:2010/04/10(土) 18:06:30 ID:Jn9dswuX
わかりづらい映画だな
まず発煙筒投げた理由教えてくれ

278 :名無シネマ@上映中:2010/04/10(土) 23:42:24 ID:GOlmryAk
発炎筒の煙もくもくでアルカイダ側から処理の様子を見られにくくするためかな
でも歩きにくいし第一自分が一番困るよね、援護してもれえなくなるし

279 :名無シネマ@上映中:2010/04/10(土) 23:47:00 ID:GOlmryAk
わぁーあげてしまた
しかし主人公870症例ってすごいな、外科の医者なら10年選手くらいのベテランじゃん。
でも知識はあっても経験不測なのか、ベッカム人体爆弾誤認事件で一気に壁にぶち当たって
スランプになる理由がわからん。
あとあんなに冷静沈着だったサンボーン軍曹も爆弾男の一件でこちらもすっかり壊れてしまうし。
キャラ設定ってどうなのよ

280 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 00:12:17 ID:TAM4mcFi
>>277
景気づけじゃないの
以後使ってないし

281 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 03:03:07 ID:zGnvQSVi
ガイピアースとレイフファインズはどこいたんだ?

ガイピアースは序盤に飛んだ班長?


教えてエロい人!

282 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 05:55:00 ID:zewLQQKC
〉〉277 278 280
発煙筒の理由
自分と爆弾との闘いを誰にも邪魔されたくないから。
敵にも味方にも。

283 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 08:14:27 ID:CA+GFStk
>>281
自分、てっきり冒頭で殉職してしまった体調がガイかと思ってたら、
中盤の狙撃合戦のときにレイフの手下役で一緒に出てたみたい。

284 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 08:52:51 ID:CA+GFStk
湾岸戦争の頃じゅうたん爆撃など凄いハイテクぶりをマスコミの連日の報道でなされていたけど
今回のイラク戦争の時代になっても爆弾処理はやっぱり最後は人の腕一本なんだね。
でも毎回毎回あんな緊張感じゃ自分なら耐えられないな。
好きなときに勝手に除隊できないんでしょ?わぁー大変な仕事だ。
見ながら元イギリスの元工兵が活躍する「ジャガーノート」を思い出していた。



285 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 09:01:32 ID:yavIC4/T
>>281
ガイ・ピアース=序盤で死んだ班長
レイフ・ファインズ=中盤に出てきたPMCの分隊長

だったはず

286 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 10:40:44 ID:8Htjg8JX
はっきりいって
編集が私ごのみでない。

つながりが悪いし
お、次はどうなるんだ?
って、先を見たいと思う編成になっていない。

駄作とは言わないけれど作品賞、監督賞ましてや
編集賞を与えて、それを認めている奴らは
ヌーヴェルヴァーグなんか
ありがたがっている口か?

287 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 11:23:00 ID:l3cWoxgW
>>286

おまえの好みなんか誰も聞いてない。
目障りだから死ね!

288 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 11:25:47 ID:Wj5W+hAQ
>>287
いや、>>286に同意だわ。お前が目障り。

289 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 11:29:41 ID:iGxznnwW
>>287
俺も同意。おまえのほうが目障り。

290 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 12:17:26 ID:8Htjg8JX
>287
どこかの偉そうな
映画評論家みたいに、
てめぇ個人の意見が客観的で
世間一般の常識だと思い上がった
評論が嫌いだからあえて
「私ごのみ」という言葉を入れているんだ。

ここは評論を書く場所だし
評論のスタイルまで指図される
筋合いはない。


291 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 13:24:47 ID:zGnvQSVi
DVD屋のおっさんはなんでジェームスに嘘教えたのかな?

てかあのくだり無理矢理すぎじゃね?

292 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 13:48:32 ID:1O9P9O3C
あの死体がベッカムじゃなかった以上、一応
あのおっさんは銃持ったアメリカ人にワアワア非難されても
どうしたらいいかわかんね状態

→そうだ、英語話せる人のところに連れてけばいいや!

かと思ったんだけど。

293 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 14:10:03 ID:3c+Txohp
中〜終盤がダレた

294 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 17:15:38 ID:Q8z9ZPDE
しっかし下手な監督だよな
もっと丁寧に作れよと素人かよといいたくなる出来だ

295 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 19:28:25 ID:CA+GFStk
主人公が携帯で国の奥さんに電話する場面で古い自分は「ディア・ハンター」で
一本の電話を恋人にかけるために行列していたウォーケンを思い出した。時代は変わる。
しかも重圧からか、どっちも結局何も話せないなんて悲しい。

>>285
!やっぱり冒頭の隊長ガイだったんですね。ありがと

296 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 20:16:07 ID:BjiUAKVZ
>>277-280
あれは、主人公にしてみれば、遠くから監視してるであろう爆弾犯を牽制するための合理的な判断だったんだと思う。

つっこんできたタクシーの意図は、映画の中ではわからない。
考えなしの庶民だったのか、泡をくって主人公を始末しようととんできた犯人の仲間だったのか。

その後のベッカムとのエピソードなどとあわせて、「理解しあえないアメリカ軍人とイラン国民」を表現してるように感じた。

297 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 20:24:19 ID:BjiUAKVZ
>>292
ジェームズの押し込み先が英語話せる大学教授だったのは、たまたまか、
この映画のストーリー構成上の策略じゃないかと思う。
DVD屋はとにかく適当な場所へ連れて行って、ジェームズが離れた隙に
逃げようということだけ考えてたんじゃないかな。
実際に逃げてるし。

ストーリー構成上の策略というのは、あそこで英語がわからない住民だったら、
解決までグタグタしそうだし、間違って射殺なんて悲惨な展開にもなりかねないから。
「ベッカムの住居じゃなかった→生きたベッカムとの再会」を手っ取り早く進められる
設定だったのかなーと思う。

ジェームズのベッカムへの過剰な感情移入は、ベッカムが故国の息子と重なってたのかと思った。

298 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 20:41:58 ID:BjiUAKVZ
蛇足だけど、この映画を見ながら思い出したのは、「亀も空を飛ぶ」というイラン=イラク映画。

内容は、アメリカ軍到来前のイラク・クルド地方で、孤児たちを組織して地主らから地雷除去を
請け負ったりしてしぶとく生きる、これまた孤児のサテライトという少年が主人公。
アメリカにあこがれてて、本作のベッカムみたいなやつ。
ちょっとショッキングな展開があって、本作のベッカムにもこんな背景があったらキツイなーと思った。

299 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 22:05:16 ID:O3qXL/b8
>>296
でもあの一回以降使ってないよ
国連?での車のトランク爆弾のときは、実際遠方射撃で車炎上してたけど、使わなかったし

俺は意味の無い、ただの景気付けみたいな
たまたま手に持ったからプシューてやっただけ、みたいな
型破りなヤツを表現したんじゃないのかなと

突っ込んできたタクシー、爆弾処理班の狙撃戦、爆弾犯追跡とか、訳わからんシーン多いよこの映画

300 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 23:26:11 ID:0lcjIsyk
>>40
いや、最初はただのジャンキーだったが、ラストで使命感を持ったジャンキーになった、が正しい。


301 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 23:27:19 ID:0lcjIsyk
>>47
映画評論に普遍性なんてあんのか?

302 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 23:28:47 ID:BjiUAKVZ
>>299
言われれば確かに、そんな印象もあった。>景気付け、型破りを表現

爆弾処理のたびに同じ展開にならないように、変化をつけてると感じた。
特撮のワンパターンな変身シーンを回避してるというか。
その点では、ドラマチックさを意識してるね。
あれだけの数を処理してたら、主人公は決まった手順を確立してそうだけど。ジンクスもあるだろうし。

303 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 23:32:43 ID:BjiUAKVZ
>>300
イランに来た時は、既に使命感を持ったジャンキーだったんじゃないの?
アフガンで爆弾処理をこなしてきてるんだから。

映画は、一見謎めいた主人公の行動を、観客に説明するための過程だったんじゃないかと思う。

304 :名無シネマ@上映中:2010/04/12(月) 00:01:34 ID:KPCKeXDI
現地取材や映像で得た印象的な絵面を切り取って強引にシーンに盛り込んだから
雰囲気だけでストーリー的には意味をなさないというか説明がつかないじゃないの

305 :名無シネマ@上映中:2010/04/12(月) 00:05:43 ID:XnWAaV2N
疲れた。 しんどい。

306 :名無シネマ@上映中:2010/04/12(月) 00:45:34 ID:fhLeV/Uj
久しぶりに映画館で寝た

307 :名無シネマ@上映中:2010/04/12(月) 19:53:37 ID:9QL1hO82
今週木までというので慌てて映画館に
ワス入れて10人しかいなく、マナーの良いお年寄りの方ばかりだったのでノンビリ快適に鑑賞できますた
ただ、全席指定ってアレどうなん?
前の席に座高2mくらいある奴とか横の席に糞の匂い放つ奴とか来たら地獄だわな


308 :名無シネマ@上映中:2010/04/12(月) 22:09:00 ID:PwFVdyvH
ガラガラなら空いてる席に移ればいいんじゃね?
無理なくらい混んでたら結局だめだし

観て来たけど楽しめんかったー。エンターテインメントなのかドキュメント調なのか
どう観てほしいのかがつかめず、最後までノリきれんかったよ

309 :名無シネマ@上映中:2010/04/12(月) 22:45:15 ID:ZJNjxdpy
たまにカメラが人物にグイッとズームアップするとこでイラッとした

310 :名無シネマ@上映中:2010/04/13(火) 02:15:39 ID:RPgzdvjS
オスカー取るほどの映画じゃねーよな。

311 :名無シネマ@上映中:2010/04/13(火) 03:12:14 ID:I9mFD9IB
俺はむしろオスカー賞向けの映画だったと思う
良い意味でも悪い意味でもね

312 :名無シネマ@上映中:2010/04/13(火) 09:56:06 ID:cqJcFU+y
もっとスリルジャンキーがXスポーツ乗りで描かれてるのかと期待してたけど、思ってたよりかなり真っ当な戦争映画だったなぁ。キングダムとかスパイゲームとか近代戦争映画の亜流みたいな。

313 :名無シネマ@上映中:2010/04/13(火) 10:36:48 ID:vAv2V+uX
方向は向いてたが、距離が全然足りてない感じ

314 :名無シネマ@上映中:2010/04/13(火) 11:11:17 ID:KYCu92Z9
ワーナーマイカルのスタッフの野郎が頑として上映予定はございません!って言い張ってたが、5月8日公開になっててワロタ
もう観れていいなぁ

315 :名無シネマ@上映中:2010/04/13(火) 12:02:18 ID:hTCtKxrY
未見だったハートブルーを観た。同じじゃねーかw

・・・ハートロッカー、イラク戦批判とかな〜んも考えてないなビグロー。
既レスだろうけどさ。

316 :名無シネマ@上映中:2010/04/13(火) 13:17:21 ID:2K23TjbC
スリルジャンキーの描き方は
ハートブルーの方がマシだと思うけどね
中盤から妙な正義感出して、そういう部分から離れてる糞映画です。

317 :名無シネマ@上映中:2010/04/13(火) 16:58:41 ID:cqJcFU+y
イギリス人監督が、超ハイテンションのスリルジャンキー・戦争映画として撮ってたらもっと面白かったんじゃね?
しかしSWATといい28週後…といい軍人みたいな役ばっかだな主役

318 :名無シネマ@上映中:2010/04/13(火) 22:21:13 ID:1mD2dgxJ
つまんなかったなー
よくこれで作品賞とれたもんんだ
どのへんがアカデミー会員の琴線に触れたのか分からない

319 :名無シネマ@上映中:2010/04/14(水) 01:23:26 ID:iS+ybsvS
>>318
それは容易に想像つくだろw
何れにせよ対抗馬がアバターなんだから今回は不作だったんだろうね。

320 :名無シネマ@上映中:2010/04/14(水) 02:34:40 ID:n+BQn5/o
爆弾テロとの戦いの緊迫感としては「キングダム」以下
戦争風刺映画としては「ジャーヘッド」以下
映像は「ブラックホークダウン」以下
すべてが中途半端なんだよなあ

321 :名無シネマ@上映中:2010/04/14(水) 08:11:08 ID:uIZOHFFw
キングダムは・・・爆音が凄かった印象しかないなあ。

http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=kingdom.htm
http://www.rottentomatoes.com/m/the_kingdom/

ユニヴァーサルが7000万ドルかけた結構な大作で、制作費回収しないとやばいから
結構熱心にプロモーションしてたけど、コケてしまった。

ユニヴァーサルは今年公開した同じイラク戦争ものの大作「グリーンゾーン」もやばい状況・・・

322 :名無シネマ@上映中:2010/04/14(水) 08:21:12 ID:uIZOHFFw
(どちらもメジャースタジオの大作)
「キングダム」      ユニヴァーサル 制作費7000万ドル 2836scrで公開 
「ブラックホークダウン」 ソニー     制作費9200万ドル 3101scrで公開

(こちらは中堅スタジオが配給したインディーズ映画)
「ハートロッカー」    サミット・エンターテイメント配給 制作費1000万ドル 4scrスタート最大535scr

立ち位置が全然違う映画なんだな。

323 :名無シネマ@上映中:2010/04/14(水) 12:06:49 ID:VbE8A9d5
>>322
キングダムってそんな金かかってたんだ

予算の違い見たら、まあこんなもんか、って気がしてきた

作品賞受賞ってことでどうしても期待値のハードル上がっちゃうしなあ。でも低予算でもDistrict9は面白かったのに…


324 :名無シネマ@上映中:2010/04/14(水) 12:31:57 ID:Y8kRfZBs
D9は予算三倍だし娯楽作だから単純に比べられないがね

325 :名無シネマ@上映中:2010/04/14(水) 12:36:57 ID:qPCbOqKk
>258だけど
あースリルジャンキーって言えば良いのか
なるほど

326 :名無シネマ@上映中:2010/04/15(木) 00:32:47 ID:LO1kdYFs
まあアバターよりは、作品賞っぽいかなあ

327 :名無シネマ@上映中:2010/04/15(木) 01:33:46 ID:owqsgFrX
ID:uIZOHFFwが必死すぎてフイタ

328 :名無シネマ@上映中:2010/04/15(木) 03:24:33 ID:dSy3Al7+
2回目見た。
少なくともこの映画、ジャンキーの映画じゃねぇな。
主人公は実は最初から最後まで、ギリギリの所できっちり理性をキープしてる。
してみると、最初の字幕こそ、この映画最大のトラップじゃねぇか。

反戦映画っぽく作ってあるが、あくまでもこの映画は今、中東の最前線で働いてるアメリカ人を励ますべく作られたアメリカンニューヒーローの物語なんだ。


329 :名無シネマ@上映中:2010/04/15(木) 08:10:30 ID:WrJPjCxr
>>328
理性をキープしていると言うけど説得力がないんだけど。
どの場面をもってそう感じたの。
快楽を求めて戦場に戻ったのではないということだよね。
それを裏付けるものがあったかどうか…
ジャンキー野郎だよって描写はいくつかあったが。

330 :名無シネマ@上映中:2010/04/15(木) 09:27:38 ID:GxF4MhhZ
>>328
固定観念のジャンキーを基準に語ってるだけなのに
気付いていない低能

331 :名無シネマ@上映中:2010/04/15(木) 11:24:48 ID:X3R34DAS
自分ならできる、自分以上にできる人はそういない、って
天命さとっちゃったら やっぱ戻るよな、つうとこはあるんじゃない人間

332 :名無シネマ@上映中:2010/04/15(木) 11:35:57 ID:sZGbF3rU
>>328
ハゲド
主人公はただのヲタではない。
じっくり2回観てそう思った。


333 :名無シネマ@上映中:2010/04/15(木) 13:03:57 ID:OLph+7mI
>>328
俺も全くその通りだと思う。
異論なし。

334 :名無シネマ@上映中:2010/04/15(木) 13:54:14 ID:1Fy/OnNH
なぜそう思うのかって部分を全く書いてないのによく同意できるなw
まあ一人だろうけどw

335 :名無シネマ@上映中:2010/04/15(木) 14:52:53 ID:hzx7CpS4
荒れるのは嫌だからその辺に
まあ、絶対に一人だろうけどw


336 :名無シネマ@上映中:2010/04/15(木) 16:26:11 ID:sZGbF3rU
>>334
>>335
自演乙



337 :名無シネマ@上映中:2010/04/15(木) 16:29:25 ID:IiAI7WQ3
つまんなくはなかったけど見てよかったとも思わなかったな
アバターやD9のほうが100倍マシ

338 :名無シネマ@上映中:2010/04/15(木) 16:35:30 ID:ad13kl2V
町山も罪作りだよなぁ、
映画の解析能力が高すぎて評論テンプレート作っちゃうんだよな。
この人の映画評論読んじゃうと逃れるのが相当困難、
あるいみ映画ファン殺しだよ。

339 :名無シネマ@上映中:2010/04/15(木) 16:39:51 ID:RCuKzmvb
理性をキープってのとは違うんだけど
ジェームズはアメリカの日常より戦場に適応してるよね

イラクのジェームズの行動は客観的に見てまともじゃない…健康的じゃないけど
彼にとっては楽しく快適だし有能であることを自他ともに実感できる
アメリカにいるときは空虚で無能、妻とも話通じないし

340 :名無シネマ@上映中:2010/04/15(木) 22:32:54 ID:+14qpE0a
映画のラストに
「それでも戦争は終わらない、私たちは戦争が好きだから」
というテロップが出るはずだったがいろいろな配慮から最終的にはずすことになった

これ入れてたらアカデミーは無かったな

341 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 00:11:48 ID:87lOLo48
今日レイトで見てきた
>>1見てレイフ・ファインズの名前でびっくり
どこに出てたのかと思ったら>>285でわかったが
すげーおっさんになってたorz あんなに美形だったのに時の流れがorz
ガイ・ピアースはすぐわかったけど。

342 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 00:36:16 ID:KF7Z+avo
>>341
そりゃ今じゃハリー・ポッターで悪役やってるぐらいですから
オッサンにはなったけど確実に成功はしてる方だよな

343 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 01:11:11 ID:GYLzfH58
中盤出てきた傭兵が
テロリストトランプになるような大物ニ匹捕まえられるほど有能に見えません
まったくしぶとくない大佐が出てくるところは新鮮だった
しぶとい大佐が出てくる映画2本ほど見た後だったし

344 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 01:42:48 ID:Jfja/uF2
>>340
「少なくともこの映画、ジャンキーの映画じゃねぇな。」
この台詞にスレ住人が同意してるのが見えないの?
ジャンキーは描かれてないんだから黙れよ

345 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 01:57:04 ID:vbdtSHGk
いやジャンキーの映画だろ

346 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 03:51:11 ID:fV4SReMh
>>344
自演臭いのは置いといて、二人しか同意していないんだが

347 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 04:37:25 ID:Jfja/uF2
自演だってどうして分かる?証拠が無いだろ

348 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 08:04:01 ID:mhcy24rL
>>338
1人の評論家の意見に振り回されないで、たくさんの評論を読んだほうがいいよ。偏らないから。
2ちゃんは前田さんとか町山とか1人の意見に影響受けまくりの人が多いのが見てて残念。

そういう意味で自分はいつも"評論まとめサイト"のロッテントマトをすすめてる。
http://www.rottentomatoes.com/m/hurt_locker/
「ハートロッカー」なら196人の批評家の批評が読めるし。

349 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 08:10:02 ID:VFBy4sDL
もっと、安っぽい映画に出てくるようなベタベタなジャンキーじゃないと、ピンとこないんだろ
そんな人には、そうだな……近日公開の映画では、香取の座頭市辺りをみるといいんじゃないかな?

350 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 09:21:25 ID:h5BX3x7F
ID:Jfja/uF2とID:VFBy4sDLが必死すぎてフイタ

351 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 10:11:49 ID:FmklIFsn
平和で何不自由ない世界では役立たずの空気みたいな人間が異世界ではスーパーマン

ふた昔くらい前に流行った戦士の生まれ変わりとか異世界への召喚ものと似てるっちゃ似てる

352 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 12:25:34 ID:Lq48sPaR
この映画も十分安っぽいです


353 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 13:11:27 ID:hBn551wH
でも良かったよ。レンタルで十分だと思ったけど

354 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 13:22:09 ID:vWEgQfad
ジャンキージャンキーってうるさいな、もう。


355 :名無シネマ@上映中:2010/04/17(土) 03:35:58 ID:q4D5AnOm
ジャンキーなんて描かれてないよね
監督と同じ感性の鋭い女性なら
そこはちゃんと気付くと思う
仕事にやりがいを感じる前向きな人間を描いた映画だという事が
ハッキリ分かるし。

356 :sage:2010/04/17(土) 05:28:56 ID:ZUk8dSdl
イラク戦争は一部のアメリカ人にとっては
やりがいを感じる仕事を得ることができる
すばらしい側面があったということですか

357 :名無シネマ@上映中:2010/04/17(土) 06:34:49 ID:DVtiT3nq
>>351
それなんてアバター?

358 :名無シネマ@上映中:2010/04/17(土) 08:37:32 ID:2CkweaHQ
>>356
真面目な話そうなんじゃない?
ベトナム戦争の時だってそうだったんだし

359 :名無シネマ@上映中:2010/04/17(土) 10:00:17 ID:nucnzkZY
そういや、昔の軍隊は階級絶対だったはずだが
軍曹と二等兵がタメ口
上官をぶっ飛ばす
アメリカの兵隊はずいぶん個人主義だな

360 :本人:2010/04/17(土) 10:57:38 ID:6u5feLDT
355 :名無シネマ@上映中:2010/04/17(土) 03:35:58 ID:q4D5AnOm
ジャンキーなんて描かれてないよね
監督と同じ感性の鋭い女性なら
そこはちゃんと気付くと思う
仕事にやりがいを感じる前向きな人間を描いた映画だという事が
ハッキリ分かるし。
358 :名無シネマ@上映中:2010/04/17(土) 08:37:32 ID:2CkweaHQ
>>356
真面目な話そうなんじゃない?
ベトナム戦争の時だってそうだったんだし

・・・一部の人だけ?あとはシャレなの?そうなの?

小学校で英語なんか教えてる暇があったら
国語と読書の時間を倍増して
あと徴兵制でも復活すればいいのか?

たちあがれ?日本…

361 :名無シネマ@上映中:2010/04/17(土) 17:41:25 ID:sRgjU8Kh
軍曹と二等兵じゃないし。映画見たのか?

362 :名無シネマ@上映中:2010/04/17(土) 19:15:00 ID:dJBiuYm1
軍曹と二等軍曹と技術兵ですね。
ちなみに、1995年以降、技術兵には「特別な技能を持った兵」
という意味はなくなり、
兵卒から下士官へ昇進する際に通過する一つの階級になったそうです。
現在、米陸軍に入隊した兵士は26ヶ月後に技術兵に昇進するとのこと。

363 :名無シネマ@上映中:2010/04/17(土) 19:20:20 ID:dJBiuYm1
あと、劇中で、
レンジャー出身だとジェームズ二等軍曹が言ってたと思うのですが、
記憶違いでしょうか?

364 :名無シネマ@上映中:2010/04/17(土) 23:30:46 ID:tyDMAbpb
ジャンキー・チェーン

365 :名無シネマ@上映中:2010/04/18(日) 03:26:27 ID:8RtLRWLK
言うと思った

366 :名無シネマ@上映中:2010/04/18(日) 10:46:04 ID:Yk+pBOAD
観てきた
なんか地味だったわ
子供の死体に爆弾つめてたのはどうやって使うのかが気になった

367 :名無シネマ@上映中:2010/04/18(日) 14:13:04 ID:uJqgAKKX
>>363
ジェイムズはSFC。自衛隊で言う一曹。
レンジャー部隊章は付いていたがレンジャー資格章は無いということなので
本物のレンジャーではなく、単にレンジャー部隊のEODだったと思われ。

368 :名無シネマ@上映中:2010/04/18(日) 15:20:13 ID:8RtLRWLK
過疎

369 :名無シネマ@上映中:2010/04/18(日) 15:54:00 ID:JSJfAkrb
アイアムサムもそうだったがなんで女監督は手ブレがドキュメントタッチってバカの一つ覚えで悪酔いさせるんだ

370 :名無シネマ@上映中:2010/04/18(日) 15:58:18 ID:loPl0JCd
>>369
ブレア手法はクローバーで復興したから、受け入れられやすいとでも思ったんだろうか
第9地区とは違って予算不足でもあるまいし、演出上、安易で手軽なハンディライクはやめて欲しいよね


371 :名無シネマ@上映中:2010/04/18(日) 16:24:55 ID:8RtLRWLK
グリーングラスが原因じゃね?

372 :名無シネマ@上映中:2010/04/19(月) 00:17:03 ID:9bJz31JM
軍医がぶっ飛ばされた時「テロ爆弾だ!」って言ってたっけ?
あれくらいの規模の爆弾はゴロゴロ仕掛けられてんのかな

373 :名無シネマ@上映中:2010/04/19(月) 01:58:37 ID:0qIUBM+R
足怪我した兵隊さんがめっちゃ切れてるのが面白かったです。

374 :363:2010/04/19(月) 20:19:56 ID:xWqlQqC7
>>367
ありがとうございました。

375 :名無シネマ@上映中:2010/04/20(火) 12:15:48 ID:iJPEJ4w1
子供の死体に爆弾詰めたり、一般市民に爆弾チョッキを着せたりとか、実際イラクで起きていることなの?
宇多丸は実際に起きているみたいな風に言っていたけど。

376 :名無シネマ@上映中:2010/04/20(火) 21:49:30 ID:Vidt+BH2
IEDで検索!

377 :名無シネマ@上映中:2010/04/20(火) 22:01:11 ID:iJPEJ4w1
電気雷管の導線を切断すればいいだけなのに、なんでわざわざ起爆装置探すの?アホなの?

378 :名無シネマ@上映中:2010/04/20(火) 22:12:22 ID:PGM/a9Hz
>>377
起爆装置から伸びた線で、見落としたものがあるといけないからじゃない?

線をたどっていって、引っ張ったらぞろぞろと爆弾が出てきたシーンがあったでしょ。

379 :名無シネマ@上映中:2010/04/21(水) 15:16:14 ID:vMNzHrvp
爆弾解体っても、爆弾解体の蘊蓄を語るシーンとか全く無くてあんまり面白くなかったな。
「ジャガーノート」みたいの期待してたけどな。
銃撃戦も、とにかくバレット出せばいいんだよ!ってなノリで全然リアルじゃないんだよな。
銃器マニアの宇多丸が、アノ銃撃戦シーンをホメていたのは意外。
とにかくバレットが出てくれば喜ぶ単純馬鹿だったのか?

380 :名無シネマ@上映中:2010/04/21(水) 19:28:39 ID:IPHqzZdj
中学生がリアルじゃないって言っても・・・

381 :名無シネマ@上映中:2010/04/21(水) 20:08:50 ID:Q/0xEerZ
プロデューサー兼脚本家の人はイラク取材して脚本書いて資金集めて映画作ってる。

そういう人に向かって日本人がリアルじゃないとか言うのはどうかとw


382 :名無シネマ@上映中:2010/04/21(水) 21:35:02 ID:gyyDNLmk
>>379
確かにw、バレットが出てくれば喜ぶアホな武器マニアが多いからな。

子供をわざわざ殺して、それに爆弾仕掛けるイラク人もおらん。

爆弾チョッキなんか聞いたこともない。

そりゃ、基本は取材しているけど、そっからの脚色がやりすぎ。

そういえば、ニューズウィークで元イラク派遣兵や退役軍人などから事実と異なり過ぎるって批判されまくっていたな。


383 :名無シネマ@上映中:2010/04/22(木) 00:26:35 ID:88i+jQNY
あの銃撃戦がリアルって思うヤツ、中学生ぐらいしかいないだろ(w

384 :名無シネマ@上映中:2010/04/22(木) 12:32:36 ID:bF7lHmPA
>>383
実際にイラク戦争を経験したアメリカ兵にはリアルだと評判なんですが?



385 :名無シネマ@上映中:2010/04/22(木) 13:42:21 ID:NUGMFA+G
リアルといえばジャーヘッドの方がリアルっぽい気がする
戦闘シーンとかじゃなくて、兵隊たちのダラダラ感が


386 :名無シネマ@上映中:2010/04/22(木) 14:44:25 ID:Oj9/JBLI
ジャーヘッドも良かったな
青春映画っぽくて

387 :名無シネマ@上映中:2010/04/22(木) 15:26:16 ID:R9Wauv80
・『ハート・ロッカー』は戦争を分かりやすく伝えようとしているが、経験者の私たちはあまりの不正確さにうんざりしてしまう。
 調査不足というだけでなく、端的に言えば米軍への敬意に欠けている。
・EODの任務はただ一つ、爆発物を爆発させずに処理すること。パトロールしたり、ドアを蹴破ったり、狙撃するのは仕事ではない。
・バグダッドでパトロール任務に就いていたトム・タランティーノの言
 「EODが単独で危険な場所に行き、身動きが取れずに身を潜めた地上部隊を発見する場面を見て、不信は頂点に達した。あんな描き方は侮辱そのものだった」
・不満なのは彼(トム)だけではない。私たちの会員の多くが、EODについてだけでなく、軍服や戦法、階級ごとの権限などについて描写の誤りを指摘している
 (民間人にとっては些細なことだろうが)単なる不注意で済ませるわけにはいかない。無礼と言ってもいい。
・ジェレミー・レナー演じる主役の軍曹が、少年を捜すために基地を抜け出すシーンは滑稽無燈なアクションだ。イラクの現実からかけ離れている。
・軍は訓練と任務に誇りを持つ。軍務に就いた者は何年もかけて戦闘技術を学び、仲間の役割を重んじる。単独行動はしない。
ポール・リークホフ(全米イラク・アフガニスタン帰還兵協会会長)
Nesweek 2010.03.24より

とボロボロの言われよう。唯一、褒めていたのは帰還兵が社会復帰に苦しむシーンのみ。

388 :名無シネマ@上映中:2010/04/22(木) 15:32:01 ID:R9Wauv80
 この作品はハリウッドには評価されたが、米軍関係者の評判は悪い。一つは「戦場の恐ろしさを描ききれていない。これでは戦争がまるでピクニックの
ようだ」という意見。戦場の現実を過小評価してもらっては困るという軍人ならではの思いだ。もう一つは、「ジェームズのようなチームワークを乱す人間
はリーダーを務めることができないし、そもそもこんな人間は米軍にはいない」という意見だ。いずれにせよ、本当に戦争を知っている者たちから作品に
対する懐疑的な声が多数上がっていることは事実だ。
落合信彦「オスカー作品『ハート・ロッカー』は戦場の真実を描いているか」 SAPIO 2010.4.14/21

389 :名無シネマ@上映中:2010/04/22(木) 15:42:41 ID:R9Wauv80
土井敏邦『ハートロッカー』は「西部劇」
「本能を揺さぶるサスペンスとサプライズの力作」「魅了する力と知性を備えた最高傑作」とアメリカのメディアで絶賛された
この映画を、私は、同じくイラク戦争での米兵たちを描いた『リダクテッド 真実の価値』(ブライアン・デ・パルマ監督、
2007年、米・カナダ)と比較しながら観ていた。私は戦争が終結した直後から4度、米軍占領下のイラクを取材した。その体験
から判断して、後者が元兵士たちの証言を元に当時のイラクの現実をリアルに再現しているのに対し、前者『ハート・ロッカー』
には、現実にはほとんどありえないと思えるシーンがいくつかある。
http://www.doi-toshikuni.net/j/column/20100309.html


390 :名無シネマ@上映中:2010/04/22(木) 16:20:00 ID:R9Wauv80
おまけ:リアル・ハートロッカー
http://www.youtube.com/watch?v=G6iQJTnqYX8


391 :名無シネマ@上映中:2010/04/22(木) 17:26:03 ID:s95UL46v
でもここでも絶賛されてる町田さんとか持田さんとか言う
評論家が褒めてるんだから良い映画なんだろ!

392 :名無シネマ@上映中:2010/04/22(木) 18:12:25 ID:sJ84sG/z
つーかノビーさんうるさいですよ

393 :名無シネマ@上映中:2010/04/22(木) 20:41:34 ID:pKAF88ri
「バレットが当たったのに蚊に刺されたような血しぶきしか上がらなかった場面を見て、不信は頂点に達した。あんな描き方はバレットに対する侮辱そのものだった」


394 :名無シネマ@上映中:2010/04/22(木) 22:38:06 ID:q5P1RYP8
面白かったw
ライブ感とエンタメのバランス?が監督に合ってるのかな
こういう題材の物はどこまで型にはまってなくて泥臭いかや、リアリティを期待したくなるけど、
これはこれで。
キャラクター像が魅力的だし、割りかしキレイな絵面、要所を抑えた演出で楽しめた。

395 :名無シネマ@上映中:2010/04/23(金) 00:43:57 ID:EEyWTeLA
実際イラクに従軍した兵士には不評なんだね
「この映画を兵士に捧ぐ」とかビグロー言っちゃったけどw

396 :名無シネマ@上映中:2010/04/23(金) 07:53:01 ID:IOjbOjV7
オレなら2階の古屋に立て篭もった、狙撃兵を
やっつけるのなら
 CAP中の空軍のA−10を呼んで
ブゥォォォォォォォッォォッォォオオオオオオオオオオオオオオ


397 :名無シネマ@上映中:2010/04/23(金) 15:19:02 ID:vg+u76NV
途中、真っ暗になるシーンあるよね
映画館の方が明るくて不思議な感覚だった

398 :名無シネマ@上映中:2010/04/23(金) 19:41:53 ID:x3IZJqv2
セル、レンタル開始はいつ?

399 :名無シネマ@上映中:2010/04/24(土) 00:43:00 ID:MYzt3cON
>>396
バレットだったら壁ごと撃ち抜けるよ。
「ネイビーシールズ」が、その描写だった。

400 :名無シネマ@上映中:2010/04/24(土) 01:39:23 ID:F982yarc
てっきりアンヴィルみたいな映画だと思って見に行ったら全然違ってたわ

401 :名無シネマ@上映中:2010/04/24(土) 08:58:34 ID:6fenPxEW
>>「ネイビーシールズ」
あの時はサーマルイメージか熱源見れるスコープをつこうてたので
カベの向こうの敵兵が色付きで見れたので撃ち抜けたが
 今回は普通のスコープだったので、カベを透視できない

無線で近くの戦闘車両呼べるなら、対戦車ミサイル撃ち込むのも
有効かも

402 :名無シネマ@上映中:2010/04/24(土) 13:31:22 ID:MYzt3cON
PMCなら航空支援とか、砲撃要請は無理だけど、正規軍なら呼べるはず。
普通は応援を呼ぶわな。
だって、敵が先に応援を呼ぶかもしれんしな。
それと、味方が2回も撃ち殺された位置にそのまま陣取って、撃ち合いって、笑っちまったよ。
敵からしたら補正かけずに撃てばいいんだから、いい鴨。
あれほど間抜けな銃撃シーンは、見たこと無い。

403 :名無シネマ@上映中:2010/04/24(土) 13:41:26 ID:6fenPxEW
トランプカード2枚も捕まえてるのに
どんくさいPCMだとオレもおもた

 地上部隊、航空部隊も支援を受けない
なんて敵地でありえんやろ
 制空権100パー抑えてる状況下で

あれは製作サイドがわかってない
あの状況なら普通は、アパッチかF/Aー18がスッ飛んでくるだろ


404 :名無シネマ@上映中:2010/04/24(土) 13:42:01 ID:DMEY6eRR
軍オタって戦争映画のたびにしつこくイチャモンつけてうざいけど
自分らで完全無欠のエンタメ映画でも作ればいいじゃん
PCとソフトで解決できる時代なんだから

405 :名無シネマ@上映中:2010/04/24(土) 14:05:14 ID:MYzt3cON
>>404
いや、あのシーンをリアルだと褒めている軍オタの方が多いぞ。


406 :名無シネマ@上映中:2010/04/24(土) 14:35:15 ID:LCh4nGGp
狙撃の手順そのものはいいけど
あのシチュエーションはナイってことだろ。

407 :名無シネマ@上映中:2010/04/24(土) 15:39:55 ID:6fenPxEW
「ジャーヘッド」なら
狙撃シーンの後半でわ、お約束のA−10が
素っ飛んできて、ドカーンだったよな

やっぱ予算とコネがないので
軍の全面協力がなかったから
飛ばせなかったのかな?

408 :名無シネマ@上映中:2010/04/24(土) 15:56:48 ID:MYzt3cON
>>406
狙撃の手順は「極大射程」しか観ていなかったのか?としか思えない。
バレットさえ出てくれば喜ぶ軍オタの多いこと。

409 :名無シネマ@上映中:2010/04/24(土) 16:16:08 ID:6fenPxEW
この作品のオタ的な見どころは
やっぱPCMと狙撃シーンだよな
 
 バレットのマガジン交換で血肉でジャムッて
つばとキャメルバックの水で洗うシーンとか
 チャーハン引いて1発だけチャンバーに装てんする
撃ちかたは、ナカナカわかってるぞ


410 :名無シネマ@上映中:2010/04/24(土) 18:40:09 ID:W4tBnBNW
夕刊見たら衝撃波による
Traumatic Brain Injuryのことが書かれてるんだが
ふつうに想像できるって

それに旬も過ぎちゃってるし

411 :名無シネマ@上映中:2010/04/25(日) 03:26:49 ID:qt9HRrE1
>>409
バレットの弾ってマガジンで持たずに、1発ずつ装填して撃つのが普通と聞いた

ホントにそうなら、逆に分かって無いということになるな

412 :名無シネマ@上映中:2010/04/25(日) 19:08:11 ID:NuzqMMEn
軍オタは映画を面白くするために
リアリズムを犠牲するのを許容できないなら映画見るなっつーの。
お前らよりずっと詳しい監修つけてストーリー作ってるに決まってるだろ。

オナニーレスは軍事板でやれ。

413 :名無シネマ@上映中:2010/04/26(月) 00:42:44 ID:WZy14to4
別に軍ヲタじゃないけど、リアリズムを犠牲にしていても普通につまらんかった。
爆弾解体の緊迫感も、主人公がお気楽な性格の為か感じられず。
アホーの掲示板も、工作員が減って、やっと素直な感想が増えるようになった。

414 :名無シネマ@上映中:2010/04/26(月) 12:47:12 ID:wLkPxHaX
バレット命中したらもっとブシャって感じに体が飛散するだろ
あんな小銃で撃たれたような綺麗な死に方できない


415 :名無シネマ@上映中:2010/04/26(月) 13:00:23 ID:DQAyaW5z
すげえ。一発目でV3並みの爆発かよ。ハリケーン号が飛んでくるかと思ったぜ

416 :名無シネマ@上映中:2010/04/26(月) 17:01:12 ID:WvPMAQNm
爆弾って、衝撃を与えないようもっと慎重に扱うもんだろ。
なのに、車のトランクをガンと足蹴にして開けているのは、軍ヲタでない俺でも
そりゃないだろ?と思った。

417 :名無シネマ@上映中:2010/04/26(月) 17:05:52 ID:WvPMAQNm
あっ、そういえば、導線引っ張って爆弾をたぐり寄せるシーンもなぁ。
プラグは線を引っ張って抜くもんじゃないと教わって無いのかなぁ。

418 :名無シネマ@上映中:2010/04/26(月) 21:31:15 ID:oobEZuvi
>>417
あそこは、1個処理して信管の性質を見極めたので、他はひっぱって掘り出しても
大丈夫だと判断したのかと脳内合理化してた。

419 :名無シネマ@上映中:2010/04/26(月) 22:57:13 ID:76lhb12q
俺も爆弾処理の杜撰さが気になったな

420 :名無シネマ@上映中:2010/04/27(火) 01:45:17 ID:sULLZRzc
軍ヲタと暮らすとつまんないんだろうな

421 :名無シネマ@上映中:2010/04/27(火) 02:43:08 ID:TFeyJqOn
何も、この映画がつまらんかったという感想は
軍ヲタの専売特許ではないだろw

全部軍ヲタの所為よ!って事にしとけば丸く収まるからかな?

422 :名無シネマ@上映中:2010/04/27(火) 02:55:37 ID:sULLZRzc
たぶん何につけこの調子なんだろうと思うよ
いつも土足で踏まれるような

423 :名無シネマ@上映中:2010/04/27(火) 08:50:20 ID:zHpfzROn
爆弾処理は最初のが緊張しただけで、後は主人公に落ち着きが無いせいか緊張感が全然なかったな。

424 :名無シネマ@上映中:2010/04/27(火) 08:59:01 ID:Y4T5xFI+
トレマーズのミミズのバケモノと戦えるレベルでなければ軍オタとは呼べんだろ。

425 :名無シネマ@上映中:2010/04/27(火) 09:54:46 ID:RiTUQfXI
スティーヴン・セガール主演のハート・ロッカー見たい。

426 :名無シネマ@上映中:2010/04/27(火) 10:02:23 ID:Y4T5xFI+
沈黙の爆弾・・・って不発弾かよ!

427 :名無シネマ@上映中:2010/04/27(火) 16:23:26 ID:70Pt274h
ノリツッコミのエキスパート登場

428 :名無シネマ@上映中:2010/04/28(水) 22:28:58 ID:hguUZ2rD
>>390
このリアルハートロッカーを見ると、爆弾処理をする前に導線をロボットで切ったり、
感圧シートが無いか調べているよね。
爆弾処理にリアルさが感じられなかったのは、やっぱそういったリアルをスッ飛ばして
いたからだね。
自動車爆弾の起爆装置も何がトリガで起爆するのか、全然説明が無く、いきなり起爆装置
探したりするし(藁

429 :名無シネマ@上映中:2010/04/29(木) 08:55:42 ID:oDFxm/2c
>>428
でも、それも「こんなに先進的で安全な作業してるんですよー」というプロパガンダの一種かもよ。
ヘリがヘラヘラ迷子になって勝手に落っこちる軍隊だろ、米軍って。

430 :名無シネマ@上映中:2010/04/29(木) 14:49:28 ID:uDHthey+
地雷撤去は難しいよ

431 :名無シネマ@上映中:2010/04/29(木) 18:21:17 ID:Vz7XcEO8
>>429
プロパガンダという言葉をやたら使いたいお年頃だろお前

432 :名無シネマ@上映中:2010/04/29(木) 23:50:03 ID:zkGhlNUj
>>428
俺も爆弾処理に何をハラハラすればいいのかよくわらかなかったけど、そうか、そのとおりだ

433 :名無シネマ@上映中:2010/04/30(金) 01:42:36 ID:x6NI7OuO
今日、駆け込みでみてきたわ。

この映画がリアルって言っていたやつ、どこのバカだよwww

434 :名無シネマ@上映中:2010/04/30(金) 20:04:49 ID:HvC81PZK
おや、イラクからお帰りですか?

435 :名無シネマ@上映中:2010/05/01(土) 00:31:15 ID:dR0Cdjss
それにしても軍医はあからさまに死にそうで、ほんとに死んだのにはワロタw

436 :名無シネマ@上映中:2010/05/01(土) 00:41:35 ID:m6buZf/G
軍医が死ぬのは予測できた。

437 :名無シネマ@上映中:2010/05/01(土) 01:24:23 ID:dR0Cdjss
目の前の軍医が跡形も無く吹っ飛ぶ威力の爆弾ならあの車の窓にももうちょっと衝撃があってもよさそうな気が

438 :名無シネマ@上映中:2010/05/01(土) 05:06:36 ID:+aupI9oP
お固い考えがはびこる学園に
破天荒先生がやってくるという漫画映画だよな
それも途中でヌルくなって結局転任という
糞つまらない展開

439 :名無シネマ@上映中:2010/05/01(土) 08:22:43 ID:U7iS7EVK
いや、生徒を卒業させた後異動だろう…

欠員が出ても補充しないんだね。
残り任期が少ないから新人入れても慣れるまでの時間が無駄って判断かな?

440 :名無シネマ@上映中:2010/05/01(土) 10:03:37 ID:kSvFJNU6
予告編の最後のほうでかかる曲って主人公が戦地に戻ってきたときにかかる曲?
これってサントラに入ってる?

441 :名無シネマ@上映中:2010/05/01(土) 10:16:51 ID:m6buZf/G
過去レス読んだけど、なんだ、現役のイラク兵が絶賛って嘘やったんか。

442 :名無シネマ@上映中:2010/05/01(土) 20:59:09 ID:7ZPjwpxN
>>440
たぶん入ってる。
MinistryのKhyber Passって言う曲らしい。

443 :名無シネマ@上映中:2010/05/02(日) 01:22:08 ID:roNSpAdK
今日見てきたけど疲れる映画だった・・・
主人公の葛藤?が最後までわからなかった
その後見た第九地区の方が断然楽しめた

444 :名無シネマ@上映中:2010/05/02(日) 11:47:17 ID:HsPJWmL0
型破りな行動で上手くいくのは、お話だからだよね

445 :名無シネマ@上映中:2010/05/02(日) 12:28:12 ID:qN71NK41
ジェレミー軍曹みたいな型破りは、まず生き残れないだろう
>>390 みたいに慎重なヤツでも、片脚を失っているのに

446 :名無シネマ@上映中:2010/05/02(日) 14:35:47 ID:gGher1AU
今CNNで
実際に爆破処理ロボットが作業してるのが見られるよ
タイムズスクエアだけど

447 :名無シネマ@上映中:2010/05/02(日) 14:40:13 ID:0MJxBZc7
http://www.videonews.com/on-demand/0471480/001421.php

ここで宮台氏らと電話出演の町山さんがハートロッカーとアバターについて語ってるぞ


448 :名無シネマ@上映中:2010/05/02(日) 15:55:26 ID:RTwVDrIy
パンフ流し読みしてて気づいたんだけど、エルドリッヂのベストのポーチに刺さってるタバスコは何に使うんだ?
気つけ代わり?消毒?

449 :名無シネマ@上映中:2010/05/02(日) 16:52:23 ID:qN71NK41
>>447
これが現実だと思わせようとしている主観的な描き方を批判している宮台は正しいな


450 :名無シネマ@上映中:2010/05/02(日) 21:12:28 ID:kCjsPanG
町山はバックトゥザフューチャーに超粘着するような馬鹿だからな

451 :名無シネマ@上映中:2010/05/03(月) 14:11:11 ID:8Krd10Ss
>>449
これがイラクの現実だとか、勘違いしている一般人や評論家が多いよね。

さらにバイアスがかかっちゃって、元イラク派遣兵の共感を呼んでいるとか。

実際には、元イラク派遣兵からはブーイングの嵐なのに。

452 :名無シネマ@上映中:2010/05/03(月) 14:36:17 ID:8Krd10Ss
http://spikemilrev.com/news/2010/4/29-2.html
・爆弾処理の方法はトンプソン軍曹が登場するファーストシーンだけが正確
 以後のシーン、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹が登場するシーンでは、ほとんどが
 実際に行われている爆弾処理対の手法とはかけ離れています。
・主人公たちが乗る車両「ハンヴィー」は、移動するときは通常3台以上で車列を組み、
 各車両が周辺を分担して警戒します。劇中では、ジェームズたちは1台で移動しています。
・ジェームズが最初に出動したシーンで、彼らを呼んだ部隊がハンヴィーを降りて、塀の中
 に隠れています。これは非現実的な光景です。この態勢では周囲を確認できず、部隊は
 一層危険な状態に置かれることになります。彼らがいる場所に手榴弾が一発放り込まれる
 だけで、全員が死傷するでしょう。実際には、ハンヴィーからはあまり離れずに、全周を
 警戒しながら、爆弾処理班を待つはずです。
・ジェームズは最初の出動で発煙手榴弾を使います。私は初めて作品を鑑賞したとき、なぜ
 ジェームズが発煙手榴弾を投げたのか、まったく分かりませんでした。これは武装勢力
 からジェームズを見えなくすることで、起爆のタイミングが分からないようにするためだ
 とする意見を見たことがあります。この意見には疑問があります。まず、これが普通の
 ことなら、サンボーンが驚くはずはありません。次に、発煙手榴弾は敵の照準線を妨害
 するために使うため、敵と自分の間に投擲するものなのに、ジェームズは味方との間に
 投げます。また、犯人がどこにいるか分からない以上、発煙手榴弾は自分を取り囲むよう
 に、すべての方向に向けて何個も投げる必要があります。さらに、IEDに使われている
 榴弾の破壊力を考えれば、米兵が見えなくても適当に爆弾に近づいたと予想できたところ
 で起爆すれば効果が期待できるわけですから、発煙手榴弾を使うのはほとんど無意味です。
・爆弾処理隊の上官が、いかなる形ででも登場しないため、彼らが誰の命令で動いている
 のかが分からないという意見があります。


453 :名無シネマ@上映中:2010/05/03(月) 14:37:28 ID:8Krd10Ss
>>452 続き
・重傷の武装勢力を殺害するシーンは現役の米兵から疑問の声があがりました。武装勢力も
 公然と武器を携帯する場合は国際人道法(ジュネーブ条約)上の戦闘員の資格を有し、
 捕虜として扱わなければなりません。負傷して戦闘不能になっている場合も同様で、この
 場合は治療しなければなりません。リード大佐が部下に武装勢力を殺すように命じたのは、
 明らかに国際人道法違反です。昼日中に街中でこうした行為を行えばイラク人に目撃された
 り、報道人に撮影される恐れがありますから、実際に行われる可能性は低いといえます
・イラクでは兵舎での飲酒が禁止されており、主人公らが泥酔するシーンは実際には命令
 違反です。
・米軍は軍隊ですから、もちろん、任務の支持は階級の上から下へ流れます。しかし、劇中
 でサンボーンがジェームズを殴ったり、反抗したりする点を疑問視する米兵もいます。
・ベッカムを探しに街に出るシーンは、現役兵士には当然、抵抗感があります。無断で基地
 を出るのは、明らかに無許可離隊であり、軍規に違反しています。それも、武器でイラク人
 を拳銃で脅迫して基地から出るのに協力させた上に、勝手に個人宅に押し入っています。
・超遠距離用の狙撃銃「バレット」をサンボーンが使う場面がありますが、爆弾処理部隊の
 兵士はこうした銃の訓練を受けていません。小銃と要領は同じとは言え、これだけ射程が
 違うと、すぐに目標に命中させるのは困難です。これも映画ならではの脚色です。
・私が知る限り、作品に登場するような自爆ベストは実在しません。自爆する本人にその
 意志がない場合、ベストを着せても起爆すべき場所へ行ってくれないからです。
・大いに議論の的となるのはジェームズの性格づけです。戦争の現実からみれば、ジェームズ
 のような兵士は実在しがたく、これについては米軍兵士から「非現実的」との声があがって
 います。確かに、ジェームズのような兵士が存在する可能性はないし、また戦場で成功する
 ことはないでしょう。


454 :名無シネマ@上映中:2010/05/03(月) 21:16:48 ID:5N9DaHzr
>>452-453
日本語が変。
内容的にはおおむね同意できるけど、引用された部分だけではどーでも良く見えてしまうものが多いな。
どーでもいいことを俺も書こうっと:
・リード大佐は命令はしていない、という言い訳を用意している。
衛生兵が15分以内に手当てすれば助かるかもと言ったのに、いや間に合わんよ (He will not make it)と応えただけだ。
・ジェイムズのハムヴィは陸軍じゃなくて海兵隊仕様ジャマイカ。
・飲酒の件は、映画“Redacted“を見た方が分かりが早い。命令違反が問題じゃなくて酒なしではやってらんないという状況が問題。

455 :名無シネマ@上映中:2010/05/03(月) 23:23:07 ID:xk4Eeds/
そもそも軍装の考証がおかしくないか?
劇中は2004年、ACUが支給されたのは2005年4月ごろ、装具すべてがACUになるのは2006年位から

456 :名無シネマ@上映中:2010/05/04(火) 00:52:49 ID:SdOcTnMe
>>452>>453
真面目なヒトそうなので、真面目に答えます。
>ファーストシーンだけが正確
そのとおりですね。型破りでWarにAddictedな主人公のお話なので。
2番目と3番目は>>454と同意見で省略
>なぜジェームズが発煙手榴弾を投げたのか、まったく分かりませんでした
最初と同じく変人で戦争依存症の主人公が味方からも邪魔されくないということを
端的に表しています。
5番目→映画はすべてを記録できません
6番目→最近捕虜を虐待していたのはどの国の軍隊だったでしょうか?
すべてのアメリカ軍が国際法を遵守している事を神に祈ります。
7・8番目→>>454に同意。3人の関係性と殴りあうという肉体感覚も含め必要なシーンです。
9番目→ベッカムのエピソードは、爆弾処理に耽溺しているジェームスが初めて
イラク人に人間的興味を抱く→ベッカムと人間爆弾少年を間違える→逆上する
→押し入った家の主がテロリストではなくインテリ教授でゲストと呼ばれ困惑する…
と戦争依存症の彼が爆弾処理だけの近視的状況から目線を上げた重要なシーンです。
10番目→狙撃のシーンは砂ボコリと「渇き」が感覚的に観客を捕らえ、3人の新しい
関係性が垣間見えるこれも印象的な良いシーンですね。
11番目→800個以上の爆弾を処理してきたジェームスが「すまない」と
心の底からイラク市民に謝って処理をあきらめ立ち去ります。
天性の爆弾処理兵の挫折を表すこれも重要なシーンですね。
12番目→この映画はドキュメントタッチですが、当たり前ですがフィクション
です。取材した内容をもとに、何を表現したいのかが重要ではないでしょうか。
アメリカ国内ならいざ知らず(政治的にという意味です)、日本人から見れば
戦争依存症の狂った日常から挫折を経て、しかし戦場しか居場所がないという
男の話、(決してヒーローではない)と読み取れるのではないでしょうか?

457 :名無シネマ@上映中:2010/05/04(火) 02:29:39 ID:W85IH4Yz
>>455

>>387
>私たちの会員の多くが、EODについてだけでなく、軍服や戦法、階級ごとの権限などについて描写の誤りを指摘している


458 :名無シネマ@上映中:2010/05/04(火) 12:40:28 ID:AwT+cL4b
これが現実だ!だとか、リアル!とか、イラク戦争の真実!とか、ホザいているやつが多いのには笑った

459 :名無シネマ@上映中:2010/05/04(火) 13:52:28 ID:YkWVdW1Y
思ったんだけど
>>452-453
はドキュメンタリーだけを見といた方が良いよ

そりゃ映画なんだからかなり脚色してるに決まってるだろw



460 :名無シネマ@上映中:2010/05/04(火) 15:20:35 ID:WoMJlfmC
>>458他のみなさんへ 言い古された話だけど、念のため。

兵士の軍服が正しい→「事実」を正しく伝えること
ただし、それで「真実」や「現実」が伝わるわけじゃない。

映画的手法で人間や社会の「真実」や「現実」を伝えることが重要なんだ。

461 :名無シネマ@上映中:2010/05/04(火) 16:37:58 ID:bkybVdyC
映画的手法で人間や社会の「真実」や「現実」を伝えることが重要と言うならば、
この映画は「真実」や「現実」を伝えるどころか、解釈に混乱を招いている。
ハッキリ言って、駄作。

462 :名無シネマ@上映中:2010/05/04(火) 17:38:59 ID:JPt+qZh5
>>461
解釈に混乱?例えばどんなところだろう?

イラク戦争に対するアメリカの政治的立場の視点が全く欠落…
とか言うのなら分かるが、
具体的にはどういう点でしょう?


463 :名無シネマ@上映中:2010/05/05(水) 01:02:56 ID:W26CUJBk
この映画が伝えたかった「真実」「現実」は、戦争は麻薬ということ
アメリカは戦争中毒にかかっている

464 :名無シネマ@上映中:2010/05/05(水) 01:24:58 ID:Z1X3Ak9x
>>うきうきと爆弾処理に向かうジェームズの軽やかな足取りに、
あの世行きと紙一重なスリルにアドレナリン・どっぱー!
な瞬間に耽溺している事が示されています。
イラクからの米軍撤退が現実に近づいてるけど、
こんなんが大量に帰国してきたら、物騒で困る〜!

アメ在の人の感想。なるほどと思った。

465 :名無シネマ@上映中:2010/05/05(水) 09:57:08 ID:kJJaSzCZ
>>456
(中略)
>アメリカ国内ならいざ知らず(政治的にという意味です)、日本人から見れば
>戦争依存症の狂った日常から挫折を経て、しかし戦場しか居場所がないという
>男の話(決してヒーローではない)と読み取れるのではないでしょうか?

466 :名無シネマ@上映中:2010/05/05(水) 12:08:56 ID:Le27lSdS
いわゆる戦争映画かと思ったが、違った。ハート・ブルーの舞台がイラクになっただけで
やってることはあまり変わらないね。
善悪やモラルを超えて究極の緊張感や興奮に取りつかれた男、そして監督はそういう
種類の男に女の目線でセクシャルな部分を感じている。


467 :名無シネマ@上映中:2010/05/05(水) 14:03:28 ID:W26CUJBk
この映画が伝えたかった「真実」「現実」は、バレットの威力が軍オタが言うほど無いということ。
何が1Km先のイラク兵を真っ二つにするほどの威力だよ。
血しぶきがプシュと上がるぐらいしか威力が無いじゃんw。
ただ、走って逃げる敵兵を補正無しで仕留めるのは凄いと思った。
なぜか動かない敵には当たらなかったが。
おそらく、銃弾が自動追尾機能が付いているなどハイテク化しているのだろう。

468 :名無シネマ@上映中:2010/05/05(水) 20:06:24 ID:TqA4nAYd
町山が誉めてるのが意外。

>>452
こういう軍事的なディテールがぼろぼろな映画には厳しいと思ってた。

ドキュメンタリーじゃねーんだからそのへんはどうでもいいだろ?
という意見は映画が面白かった場合にのみ通用するのでは…

つまらないうえに考証が糞では救われません。

469 :名無シネマ@上映中:2010/05/05(水) 20:45:55 ID:snpe10lp
この映画が伝えたかった「真実」「現実」は、EODが高度な戦闘技術を持っているってことだろうな
今しがた味方が撃ち殺されたばかりの地獄への特等席から敵の狙撃に成功したり
サンボーンとジェームズの乱れのないCQB技術等、これらはEODとって欠かせない技術に違いない。


470 :名無シネマ@上映中:2010/05/05(水) 21:44:30 ID:UwOJneQ0
うちの地域で始まったから今日観てきた。

よかったよ、つまらんと思ったの俺だけじゃなくてw

471 :名無シネマ@上映中:2010/05/05(水) 21:53:43 ID:W26CUJBk
この映画、不思議なことに軍オタほど絶賛しているんだよなぁ。
特にあの銃撃戦。
あれはギャグとして笑うとこなのに、キンチョーしたーとか。
こっちが笑ってしまう。

472 :名無シネマ@上映中:2010/05/05(水) 21:54:36 ID:1Thr/yAu
今日観てきたけど・・・
アメリカにはシリアルが沢山あるよ!
と言う事だけはわかった

とりあえず、登場人物の中では教授が一番格好よかった。怪しい白人に押し
入られて冷静に英語で対応とかすげぇww

473 :名無シネマ@上映中:2010/05/05(水) 21:55:42 ID:TqA4nAYd
近年稀に見る駄作。
映画でもないしドキュメンタリーでもない。


474 :名無シネマ@上映中:2010/05/05(水) 22:12:22 ID:vq7yw9SJ
昨日見てきた。映画見て、画面で酔って吐きそうになったのは初めてだった
なので、半分くらいで抜け出してきた
同じ映画館で見てた人、本当にごめんなさい

でも、何であんなに気持ち悪くなっちゃったんだろ?
乗り物乗っても酔う事ない人間なのに
画面が結構手ぶれっぽい感じだったから悪かったのかな

475 :名無シネマ@上映中:2010/05/05(水) 22:47:03 ID:EDdBlVnf
>>472
2番目にかっこいいのは タクシー運転手かな

たぶん米軍駐留に批判的な一般市民だと思うんだが
戦争依存症野郎に銃で脅かさせても
相当抵抗してた、えらい。

3番目は教授の奥さん

476 :名無シネマ@上映中:2010/05/05(水) 23:18:26 ID:PPAJ0Cf2
あの運ちゃんがなんであんなに頑張ったのか謎だったな。
その手の謎ばっかりだけどこの映画。

477 :名無シネマ@上映中:2010/05/05(水) 23:33:59 ID:cKA+Vm7X
仲間内で根性試すゲームやってた
突っ込んで何分ガマンできるか


478 :名無シネマ@上映中:2010/05/06(木) 00:19:10 ID:B2vsDSOj
この映画の唯一の見所は最後ら辺りで出る主人公の奥さんの胸の谷間だけ

479 :名無シネマ@上映中:2010/05/06(木) 00:57:15 ID:H6vkwO/u
ジェームズとサンボーンがメインでついでにエルドリッジみたいな感じ話が進んでたのに
最後ジェームズの話だけして終わってサンボーンにはもう触れないのかよ!!となんか肩透かしなラストだったような

480 :名無シネマ@上映中:2010/05/06(木) 01:28:26 ID:Rzb1QnWx
ベッカム?の遺体を見つけたところで「ここで爆破しよう」って、「はっ?」と思った
明らかに市街地だし、外を人が歩いているし、敵武装勢力の証拠がいっぱいあるところを爆破って…
結局はベッカム?の遺体を爆破するのは忍びない理由で爆破を取りやめるわけだけど、おいおい、
そんな理由で取りやめるのか?って思った。
普通は信管を外すか、起爆装置を外して、広い所で爆発させるのが爆弾処理の手順だろ。
そういったシーンが別にちゃんとあっただけに、脚本も矛盾していて、何だずさん過ぎるなーと、思った。

481 :名無シネマ@上映中:2010/05/06(木) 01:30:19 ID:Rzb1QnWx
何だずさん過ぎるなーと、思った。 →何だかずさん過ぎるなーと、思った。

後、建物内で爆破させるとモンロー効果でより爆発の威力が高まるんだよね。
爆破のプロが「ここで爆破させよう」って…。

482 :名無シネマ@上映中:2010/05/06(木) 01:37:00 ID:Rzb1QnWx
後、町山が
「本当はジェームズはテロリストを捕まえなきゃいけないんですよ。しかし、彼はただテロリストに対してガッツポーズをするだけ」
と言っていたけど、EODはテロリストを捕まえるのは任務じゃないから。
あれは映画が正しい。町山もいい加減だなぁ。

483 :名無シネマ@上映中:2010/05/06(木) 01:52:17 ID:0PGwMIT9
主人公の奥さんがLOSTのケイトって所も考えたらおもろいなww

484 :名無シネマ@上映中:2010/05/06(木) 09:10:26 ID:qkAHoGOQ
>>480
実はベッカムじゃなかったぴょ〜ん♪ってとこまで含めて、壮大なコントシーンですから

485 :名無シネマ@上映中:2010/05/07(金) 12:36:09 ID:HoeKki2e
主人公は、処理した爆弾の信管をコレクションしていたけど、大丈夫なの?

信管とは
衝撃などをきっかけとして爆発する、極めて感度の高い爆薬を装填した部品。
小さいながらもかなりの威力を持つので、慎重に扱わねばならない。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%AE%B4%C9?sid=bd8c81b2f9158c27

486 :名無シネマ@上映中:2010/05/08(土) 22:56:13 ID:6GtgH5LY
>>485
電気信管なら問題ないかと思うけど、それでもあんな保管の仕方は無いと思う
振動感知式はもちろん大丈夫じゃない

487 :名無シネマ@上映中:2010/05/10(月) 16:46:07 ID:2BkGvW0h
見てきた。

ギリギリのとこでがんばってるんだから、敵も味方も知恵を精一杯絞ってやってる感じにしないと
後半の行動に説得力がでてこないと思う。
主人公の蛮勇がどっからきてるのかも全然わからなかった。
他にも納得できない描写多し。



それと、爆弾処理のような仕事だったらオーベルシュタインの如く淡々と仕事をこなして
自分の死すら淡々と眺めてるような奴のほうがよっぽどジャンキーっぽい気がした。

488 :名無シネマ@上映中:2010/05/10(月) 17:41:36 ID:kmHoEF3n
>>487
なんかヤケクソでやってるような感じだよな


489 :名無シネマ@上映中:2010/05/10(月) 18:36:49 ID:PfusocSU
>>487
主人公がどうしてそういう性格になったのかという描写は

同じく賞レースをにぎわせた「マイレージ・マイライフ」にもないよ。
両方とも主人公が「変わった人」設定なんだけど。

そしてラストがまたよく似てるw

490 :名無シネマ@上映中:2010/05/10(月) 19:09:12 ID:rpLUd/M5
>>487
知恵を絞ってというか、爆弾が時計を除いて何がトリガで爆発するのか分かんねーから、
全然ハラハラドキドキしなかった。
なんか800個も爆弾を処理してきたベテランにしては、爆弾に対する扱いが雑だったし。

491 :名無シネマ@上映中:2010/05/10(月) 19:29:31 ID:IM9qc9Ba
恐怖なんかどうの昔にどこかに置き忘れてしまったんだよ。
解体こそが日常で、シリアルの山積みは非日常。その目線を
観客に共有させるため、中盤からは緊張感のすくないカメラ
ワークが用いられてる。爆弾解体を見せる映画じゃないんだ。

492 :名無シネマ@上映中:2010/05/10(月) 23:10:31 ID:kUYxjeiQ
恐怖を忘れるのはいいんだけど、あんだけ適当なことやってたらとっくに爆死しそうなもんだけどな

493 :名無シネマ@上映中:2010/05/11(火) 00:19:25 ID:YoNOIkJi
>491

爆弾解体のサスペンスなんかじゃないことぐらい皆承知してるだろ。
作品のいいたい事はなんとなく見えるけど、解体時に限らず演出にちぐはぐなシーンが多くて
感情移入できないってこと。
だから最後に「ふーん、で?」ってなっちゃう。

役者さんはいい演技してるし切り口は悪くないんだから、もっと練りこめばすごくいい感じになったのでは?
その辺は「第9地区」なんかの方が圧倒的に上手だと思う。

494 :名無シネマ@上映中:2010/05/11(火) 04:58:15 ID:p3dFO3Nz
見てきた
いいじゃん.好きな映画だった

言いたいこととかテーマとかがはっきりしないけど,
はっきりしてたらつまらんものになってたと思う

感情移入する必要がないような

495 :名無シネマ@上映中:2010/05/12(水) 03:03:48 ID:cEcWOCUp
ジェネレーション・キルの方が数倍面白かった。

496 :名無シネマ@上映中:2010/05/15(土) 00:32:12 ID:Q0EdhciS
確かアカデミー賞でアバター押さえた映画だよね?
明日観に行こうかと思ってんだけど、期待していいんだろうか?

497 :名無シネマ@上映中:2010/05/15(土) 09:06:30 ID:H2le6dvE
いいえ

498 :名無シネマ@上映中:2010/05/15(土) 23:06:14 ID:PPUW4yaE
第9地区のほうが面白かった

499 :名無シネマ@上映中:2010/05/16(日) 17:44:00 ID:EU6OWe0C
>>442
遅くなったがありがとう
でもサントラには入ってなかったよ・・・
でもサントラ買ってよかった

500 :名無シネマ@上映中:2010/05/17(月) 06:27:56 ID:HMBIERMP
>>498
「同じ妄想ストーリーなら」って付け加えてくれ

501 :名無シネマ@上映中:2010/05/19(水) 11:46:43 ID:cL2q+55R
シリアルはなかなか選ぶ事ができないのに、爆弾のコードは簡単に選ぶ事ができる。
悲しい。

502 :名無シネマ@上映中:2010/05/19(水) 11:56:22 ID:cL2q+55R
子供の人間爆弾。
お腹の中に爆弾が入っていたけど、あれじゃ子供死んでしまうから意味無いじゃん?とおもったんだが。

503 :名無シネマ@上映中:2010/05/19(水) 12:11:02 ID:9eYmTkNR
子どもを路上に置いとく
様子を見に近寄ってくる
どかーん

504 :名無シネマ@上映中:2010/05/21(金) 02:39:53 ID:WQRAqV9c
しかし子供の人間爆弾って本当にあるの?
実際にには別人だったけど、ベッカムみたいに米軍相手に
商売しているやつはテロリストからすると憎い敵のシンパで殺してOKだから
誘拐・殺害して人間爆弾化するってことが実際におこなわれたりするのかね?

505 :名無シネマ@上映中:2010/05/21(金) 07:31:53 ID:BZd/eCTo
観た時は考えてなかったけど、印象を反芻して、
「外国人と仲良くなんかなれっこない。誰が何を考えてるか
わからない」という恐怖感というか閉塞感が漂ってる気がしてきたな

主人公たちが現地で仲良くなった人間っていなかったよね?
民間人でも軍関係者でも
砂漠で協力するのは同じ米軍関係者だし
ベッカムは主人公が勝手に突っ走ったあげく、再会しても突き放してしまうし

506 :名無シネマ@上映中:2010/05/21(金) 20:37:35 ID:M9GUhmD2
>>504観てないけどさ、
死体とかぬいぐるみとか、いろんなものに仕掛けられてるそうだな。

「子供に爆弾」ってヒチコックを思い出したけど。


507 :名無シネマ@上映中:2010/05/23(日) 10:31:45 ID:Y9GxuJKM
>>504
米人は女子供はムゲにしないからそこに付け込むんだろう。
女子供が怪我して道に横たわっていたら装甲車から降りてくるし。

508 :名無シネマ@上映中:2010/05/23(日) 22:04:02 ID:rKtvZDux
>>505
アメリカ人にとっての外部(イスラム圏)は全部訳分からんものって描き方。
昔から全く変わらない自己中心目線って腹立つけどね。
いったいこの戦争は誰が勝手に引き起こしたのかってことだよね。
しかし、この主人公がテロリストの心情とシンクロするところが一度ある。
皮肉にも爆弾処理の経験から主人公は陶酔したようにテロ犯の心情に共鳴して
「奴らはきっとどこかで見てる」っていうところ。
主人公はその事実に酔ってるよ=War is drug・・・
というところ。

509 :名無シネマ@上映中:2010/05/26(水) 16:40:04 ID:Tazb1aP4
生まれて初めて映画酔いした…
気分が悪くなって後半は全然見てない
目を閉じて音だけ聞いてたよ
戦闘シーンだけならまだしも、普通に会話してるシーンまで揺らす必要があるの?
ドキュメンタリーじゃないのはわかりきってる映画なのにアホすぎ

510 :名無シネマ@上映中:2010/05/26(水) 21:25:43 ID:TVfzEEcI
>>504
そんなことは、山ほどあるよ。 だからといってこのプロパガンダ映画に
やすやすと乗れるほど、もう純粋ではなくなってしまったなあ。

511 :名無シネマ@上映中:2010/05/26(水) 23:49:05 ID:1dKBIS/B
>>509
この映画はさほどでもなかったが・・・
日本のTVドラマで、何を気取っているのか
画面を揺らしまくるやつがいて腹が立つ
室内で主人公が正面のバストショットで
静かにセリフを言ってるところで揺らすので頭にくる

512 :名無シネマ@上映中:2010/05/27(木) 13:33:42 ID:umXgSc9x
>>511
そうそう、バストショットで静かな場面とかでも意味なく揺らしてるのがある
集中できなくてイライラする

こうするとドキュメントぽくね?っていう安易な撮影方法を、全編に使うのはやめれ


513 :名無シネマ@上映中:2010/05/27(木) 20:30:29 ID:Gx3xMsad
>>509
イライラするよな。ホームビデオでもあんな揺れないっつーのw。今どき手振れ補正付いてんだから。
あんなの、映像のショボさを誤魔化すためのミュージックビデオ的な小手先のテクニックだよ。
最初のトンプソンが爆死するところも、微妙に揺らして吹っ飛ぶ瞬間を画面から外して、ショボさを
隠そうとしてるけど、再生で細かく見てみると何の衝撃もなくコテッと倒れてて笑っちゃう!
画面の揺れやら、細かく切る編集やらでショボい映像を誤魔化す天才だよw、この監督はw。
安っぽい映像の見栄えのいいおいしいところを抜き出して繋げて、揺らして被写体をじっくり見せないで、
本質で勝負しないでイメージだけで映像を作り上げようとする根性の曲がった糞映画だよw。

514 :名無シネマ@上映中:2010/05/28(金) 00:05:54 ID:50wUwzGS
>>513
イメージが伝わればいいんだよ。一般的には。
誤魔化す天才だってんなら、褒め言葉でしょう。

515 :名無シネマ@上映中:2010/05/28(金) 01:48:42 ID:CD6uEe9/
>>514
イメージだけの映画で貫徹してるんならいいんだが、メッセージらしき物や深刻ぶった物を
混ぜ込んでるから悪質なんだよ。この監督は根本的に質が悪いと思う。

516 :名無シネマ@上映中:2010/05/31(月) 14:53:22 ID:+uhdaele
これで揺れ過ぎなら酔う映画って結構あるぞ。

517 :名無シネマ@上映中:2010/06/02(水) 19:58:32 ID:V8NRY3v9
>>510
米兵の死体に爆弾を仕掛けることはあるけど、同じイスラム教徒の子供の死体に爆弾を仕掛けることはない。
例え宗派が違っても、同じイスラム教徒の死体を損壊することは罪とされているからだ。
それと、この映画では何故アメリカがイラク人に嫌われているのかという面しか見えないけど、同じイラク人
同士でもシーア派とスンニー派の対立の方がイラクでは問題になっている。
そういった情報を全部カットして観客に考えさせると言っても、観客は誤解するだけだし、何の問題解決にも
ならない。

518 :名無シネマ@上映中:2010/06/02(水) 23:36:02 ID:5JG7AnSA
県央ワーナーで上映中だから週末観に行く予定。
でも金曜日までは大きなスクリーン上映で土曜日から小さなスクリーンで上映なんです。

どうせなら大きく観たかった。

519 :名無シネマ@上映中:2010/06/03(木) 01:07:57 ID:rGMo3gmq
前の方に座ればいいじゃん

520 :名無シネマ@上映中:2010/06/03(木) 02:08:19 ID:V39QmDwb
あー、糞な映画だった
脚色しすぎ

521 :名無シネマ@上映中:2010/06/03(木) 05:36:23 ID:HBtZ8Rv1
>>519
そういう問題では・・・・。
>>520
楽しみです。

522 :名無シネマ@上映中:2010/06/03(木) 09:13:36 ID:tihw9mSX
>>518
どうせなら小さくなる前に行けば良かったのに。

523 :名無シネマ@上映中:2010/06/03(木) 10:16:31 ID:xnYyh1SR
音響さえよければ別にでかいスクリーンで観なくても問題ないな


524 :名無シネマ@上映中:2010/06/04(金) 01:12:58 ID:9XdfwmSh
今日、観てきた。
酷く言われる映画ほど、結構いい映画が多いものだが、この映画はないわ。
エンターティメントでも無し、問題提起でも無し、なんか中途半端な映画。

525 :名無シネマ@上映中:2010/06/05(土) 09:48:57 ID:H2aAfQHf
今日観に行くぜ。
アカデミー賞でアバターに勝った映画がつまらない訳がない、お前らのウソに騙されないぞ。
なにしろアバターは4回も観た映画、ぢゃ行ってくるぜ。

526 :名無シネマ@上映中:2010/06/05(土) 11:24:03 ID:ZNW/Pn1t
がんばれ

527 :名無シネマ@上映中:2010/06/05(土) 19:40:45 ID:WU3IopCF
観てきた。
アバターはSF映画、ハートロッカーはドキュメンタリー映画なので単純な比較は無理だね。
なのでつまらない映画と言い切れない。
途中眠くなったのは日頃の疲れのせいであろう。

で、質問。
@ペレ少年は何故殺されたの?体内に爆弾あったのは何故。
A一ヶ月任期程度のハズがラストで1年位になっていたのは何故?

おいらの頭脳では理解できませんでした。

528 :名無シネマ@上映中:2010/06/05(土) 20:20:07 ID:XmunP3e8
>>527は映画を見ていない
時間と金の無駄だったね

529 :名無シネマ@上映中:2010/06/05(土) 21:38:44 ID:JBNWEIF7
>>527
お前なぁ…

@殺されてたのはベッカムじゃない他人の子供。主人公が勝手に思い込んで、突っ走っただけ。
 ベッカムは後で再登場して、恥ずかしくなった主人公はベッカムを無視する。
A任期を終えてアメリカへ帰ったけど、新しい任期で戻ってきた。

530 :名無シネマ@上映中:2010/06/05(土) 22:30:51 ID:t9gr7PK7
>>527
もう休め

531 :名無シネマ@上映中:2010/06/06(日) 01:09:39 ID:VSEvqksJ
まあベッカム誤認については、俺もぽかーんだったけどな

532 :名無シネマ@上映中:2010/06/06(日) 22:52:13 ID:of1Tl+92
俺もポカーン。その他のシーンもポカーン。
銃撃戦だけは良かったって言っていたヤツがいたけど、俺はそこもイマイチだった。

533 :名無シネマ@上映中:2010/06/06(日) 23:48:03 ID:2oyiCzHh
それよりドキュメンタリー映画って・・・?
みんな突っ込む気力もないのか。釣りか。ペレとか言ってるし。

534 :名無シネマ@上映中:2010/06/06(日) 23:51:30 ID:HVKzj20M
こんな奴でもハマるんだからアバターは大した映画だと思うよ、マジで。

535 :名無シネマ@上映中:2010/06/06(日) 23:52:56 ID:jxoKkl0U
527は単純にバカ杉るか釣りのどちらかに決まってる。(両方かも)
面倒なのでスル-

536 :名無シネマ@上映中:2010/06/07(月) 00:20:00 ID:IVE/7h8e
破壊屋が珍しく★4
これ、アマルフィ並みに突っ込みどころ満載の映画だろ
町山がベタ褒めしちゃったもんで、あからさまにけなせなくなったらしい
”夜のチェイスはいらなかった”と無難な批評にとどめているw

537 :名無シネマ@上映中:2010/06/08(火) 18:50:15 ID:QjJ+UQf4
最初の爆弾処理のときに死んだ男は何で死んだの?
完全防御してたじゃん


538 :名無シネマ@上映中:2010/06/08(火) 18:52:42 ID:5m5trCMq
鋭利な破片に直撃されたら防護服なんて役に立たん

539 :名無シネマ@上映中:2010/06/08(火) 19:02:41 ID:1I+v0cHD
距離が近いと衝撃波で死ねるらしいよ。

540 :名無シネマ@上映中:2010/06/08(火) 21:58:24 ID:5O1j973J
なんで防爆スーツにiPhoneついてんだ?
防爆スーツは破片は防げるけど、
衝撃波までは防げないって聞いた。

541 :名無シネマ@上映中:2010/06/09(水) 11:41:03 ID:XuVbpcg6
iPhoneで弾防いだって話無かったけ?w

542 :名無シネマ@上映中:2010/06/09(水) 17:38:18 ID:afI56pas
>>541
いやいやw袖の所に付いてんのよw

543 :名無シネマ@上映中:2010/06/09(水) 20:55:08 ID:fscjFJWO
>>541
映画版ゴールデン・スランバー?

544 :名無シネマ@上映中:2010/06/09(水) 21:41:46 ID:XuVbpcg6
>>543
イラクでiPhoneだったか、iPodだったかで弾丸が止まって助かった兵士の話が実際に
あって、映画版ゴールデン・スランバーはそのエピソードを拝借したw

545 :名無シネマ@上映中:2010/06/09(水) 22:15:11 ID:afI56pas
>>544
たしかiPod nanoだった

546 :名無シネマ@上映中:2010/06/09(水) 23:19:03 ID:a2sesZSn
ハリウッドらしい盛り上がりが欲しかった。

547 :名無シネマ@上映中:2010/06/20(日) 15:04:14 ID:LPGPXnkz

    / ̄ ̄ ̄\
   /  ___ ヽ  
  /   |´・ω・`| \ にげろ〜
 / _,    ̄⊂二二)
 l |        |
 ∪|          |
   |    ,、   |  
   ヽ  / \  /    
 __ヽノ____`´

ACUにウッドランドの組み合わせがオサレだわぁ

548 :名無シネマ@上映中:2010/06/20(日) 20:32:01 ID:GfiyyyAT
賞金稼ぎ共の顔の判定がトランプの指名手配写真はアバウトすぎるだろ・・・

ああいう外国の民間人?が武器を持ってうろついてる状態って法律的にどうなんだろ?

549 :名無シネマ@上映中:2010/06/20(日) 23:06:43 ID:uhVUZab+
ベッカム認定の適当さの伏線です

550 :名無シネマ@上映中:2010/06/21(月) 07:19:12 ID:/ph8BmY7
ロサンゼルスタイムズの記事
http://articles.latimes.com/2010/feb/25/entertainment/la-et-hurt-locker26-2010feb26
この記事によると最初は、米軍もハートロッカーの技術的指導にかなり協力的だったらしい
ただ、米軍が承認していない脚本で撮影を強行したため、協力を取りやめたとある。
またプロデューサーが腹を立てた群衆を撮るため、パレスチナ難民キャンプにハムビィーを
わざと突っ込ませたとか
酷い話だねぇ


551 :名無シネマ@上映中:2010/06/29(火) 15:32:18 ID:phGg4P2S
音がでけぇ 
二回ほどビビッた

552 :名無シネマ@上映中:2010/07/13(火) 23:51:39 ID:x8RzOr25
まぁ面白かったが、なんで絶賛されてるかよくわからんな、俺には。

553 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 00:52:29 ID:MMRbpDub
今日初めて見たんだけどなんで袖にiPhoneがついてるの?

554 :名無シネマ@上映中:2010/07/23(金) 17:44:12 ID:Q3nBkNHQ
多少期待して観たが、昔からあるアメ映画となんも変わっとらん古いタイプの映画だった

555 :名無シネマ@上映中:2010/07/31(土) 01:47:12 ID:QApwEf4T
所詮アカデミー賞映画はバカ映画

160 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)