2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【太宰治】■□■人間失格part5■□■

1 :名無シネマ@上映中:2010/03/13(土) 23:42:10 ID:6MQ5/sc0
≪監督≫ 荒戸源次郎
≪プロデューサー≫ 井上文雄
≪脚本≫ 鈴木棟也・浦沢義雄
≪撮影≫ 浜田毅
≪美術≫ 今村力
≪衣装デザイン≫ 宮本まさ江
≪音楽≫ 中島ノブユキ
≪音楽プロデューサー≫ 佐々木次彦
≪絵画≫ 寺門孝之
≪製作総指揮≫ 角川歴彦
≪制作・配給≫ 角川映画

公式サイト
http://www.ns-movie.jp/

2 :名無シネマ@上映中:2010/03/13(土) 23:44:33 ID:6MQ5/sc0
≪出演≫
大庭葉蔵…生田斗真
堀木…伊勢谷友介
常子…寺島しのぶ
良子…石原さとみ
静子…小池栄子
礼子(下宿先の娘)…坂井真紀

寿(薬屋奥)…室井滋
ヒラメ…石橋蓮司
中原中也…森田剛 
律子(マダム)…大楠道代
鉄…三田佳子

3 :名無シネマ@上映中:2010/03/13(土) 23:48:56 ID:6MQ5/sc0
竹一…柄本佑
アネサ…馬渕英俚可
渋田のかくし子…神宮寺太郎
堀木父…磨赤児
堀木母…絵沢萌子


4 :名無シネマ@上映中:2010/03/13(土) 23:50:15 ID:6MQ5/sc0
【太宰治】■□■人間失格part3■□■【2010年02月20日公開】(実質part4)
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1264579335/

【太宰治】■□■人間失格part3■□■【2010年初春公開】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1254925196/

【太宰治】■□■人間失格part2■□■【2010年春公開】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1247022220/

【太宰治】■□■人間失格■□■【2010年春公開】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1242322713


5 :名無シネマ@上映中:2010/03/13(土) 23:51:16 ID:6MQ5/sc0
大ヒット御礼!『人間失格』舞台挨拶

■シネセゾン渋谷
■3月24日(水)18:30の回上映前
■登壇予定:寺島しのぶ・荒戸源次郎監督
■料金:水曜サービスデーにつき1000円均一
■購入方法:劇場窓口 一般3月19日(金)9:45〜 クラブC会員3月17日(水)9:45〜
      WEB販売 一般3月21日(日)0:00〜 クラブC会員3月19日(金)0:00〜

6 :名無シネマ@上映中:2010/03/13(土) 23:52:15 ID:6MQ5/sc0
寺門孝之「人間失格」劇中画展@表参道LEMONTREE

■会期:2010年3月1日(月)〜4月20日(日)
■時間:11時〜20時 無休
■アクセス:地下鉄表参道駅A−3出口から徒歩1分 青山通り

7 :名無シネマ@上映中:2010/03/14(日) 22:17:44 ID:tJf4hMKM
見てきました。
やっぱり噂通り、色が凄く印象的な使い方をされいた映画だった。
特に赤と白。

女性の衣装も赤と白が多いし、林檎の皮と実も赤と白。
良子の花嫁衣装と緋色の座布団。白い雪の上に散る赤い血。
心中の時の水筒も赤と白の市松模様。
葉蔵の部屋のテーブルにおきっぱなしの赤い絵の具と白い絵の具。
堀木の部屋の白い石膏蔵と赤い自画像(?)
中也と見た海棠の花も、枝に咲いてるのはピンクなのに、散ってる
花びらや、地面に落ちたやつは赤と白。
他にもあったかも。
服装が、心中前と新婚生活中の健全な時は白っぽいのに、不健康な時は
暗い色になるのも面白かった。

あとは、最後のテツって死んだお父さんの元愛人なのかな?
それで葉蔵に対して性愛と母性を強く感じたとかかな?って。

橡の実あ、落つるずおん、の話って太宰が書いてる作品だったんだね。
知らなかった。
青空文庫すげー。

8 :名無シネマ@上映中:2010/03/14(日) 22:20:13 ID:J5q5lL7g
>>1
早々のスレ立て、乙でした。

9 :名無シネマ@上映中:2010/03/14(日) 23:11:22 ID:mhy6yHt2
>>1
乙です
>>7
鉄が父親の元愛人っていうのは裏設定として監督の中にあるらしい
撮影現場で雑談中にそんな話をしたと生田か監督のインタビューで読んだ

10 :名無シネマ@上映中:2010/03/14(日) 23:17:13 ID:bFfsUPlK
見てきました。
役者の演技もセットも安っぽくなくてよかった。

でも何点か不満な箇所があった。
一番大きいのは、幼少時代の家庭の様子や父との微妙な関係がほとんど描かれていないこと。そこを書かないことには葉蔵の人物像が見えてこないのでは、と。(もちろん全て家庭のせいとは思わないけど)

二つ目は、ヨシ子をもう少し丁寧に描いてほしかったということ。石原さとみはイメージぴったりなんだけどな。

生田斗真はなかなか絵になる俳優だね。
機会があれば、ここのスレの意見も参考にしながらもう一度見てみたいです。
長々とすみません。

11 :名無シネマ@上映中:2010/03/14(日) 23:22:33 ID:4umgy5dB
今更ながら「生まれてきてすみません」がとても大切なセリフだと気付いた。
このセリフを深く受け止めれば、あんな子供が生きていることに罪の意識を持つ悲惨さに思いいたる。
そうすれば、その後の葉蔵の人の望むように行動するところや、酒や薬に逃げるところ、
そして死にたがっているのも合点がいく。
でも初見の時の自分は、これ、『人間失格』のセリフじゃないよなー。としか捕らえなかった。
そして原作読んでないと葉蔵の行動はわかりにくいよなーと。
あのセリフの前に親の愛情が薄いエピや幼少期の性的虐待を描いてくれていたら、
重要さに気付いたと思うが、このへんの不親切さが荒戸監督らしいところか・・・

12 :名無シネマ@上映中:2010/03/14(日) 23:24:49 ID:tJf4hMKM
>>9
おお、ありがとうございます!
そういう裏設定があったんだね。
ひょっとしたら、おやじさんとの子供を妊娠したのに流産して子供が生めない
体になったとかの過去があるのかなーと感じた。
それだったら、葉蔵に執着するのがわかる。

13 :名無シネマ@上映中:2010/03/14(日) 23:33:52 ID:pVw+amLy
鉄が葉蔵の父親の愛人とか・・・
葉蔵が可哀想過ぎて泣ける
親父に捨てられた愛人をあてがわれるってどうよ
薬欲しさに薬屋を襲うシーンより鉄が葉蔵の布団に忍んできた時に無性に悲しくなった

恥の多い人生を送ってきました
自分は人間でさえなくなりました

みたいな有名な言葉を入れず、ただ一切は過ぎていきますのみ入れたのは
深い意味はないのだろうか

14 :名無シネマ@上映中:2010/03/14(日) 23:55:21 ID:SbHl7ENB
>>13
同意
薬屋奥さんとの絡みより真っ赤の口紅の鉄との絡みはちょっとエログロ入ってたな
鉄はあの夜這い意外の時は口紅など付けてないんだよ
大事に保管していた葉蔵父の愛されていた頃の口紅を付けてきたとしたらガクブルだ…

>>13
>自分は人間でさえなくなりました

これは鉄にフトンの中でまさぐられてる時葉蔵が泣きながら
「許してくれるのか…もう自分は人間でさえないのに」といっていたよ
あの葉蔵良かった凄く。良かったからこそ鉄から逃げて早く逃げてと思わずにはいられなかった

15 :名無シネマ@上映中:2010/03/14(日) 23:56:15 ID:SbHl7ENB
>>14
うわ二回ダブってレスアン付けてしまった
ごめんなさい

16 :名無シネマ@上映中:2010/03/15(月) 00:00:12 ID:Ql4ZLWGE
生田整形
http://stat.ameba.jp/user_images/91/ec/10037756213.jpg

17 :名無シネマ@上映中:2010/03/15(月) 00:26:43 ID:deYD11pI
前スレ、コロリ歌w
最初の誕生日の記念写真にアネサもいた
テーマ音楽流れるのが本当に少ないよね
その分、竹一とゴッホの絵を見ているとき、庭から聞こえてくる鳥の声や
蝉の声が効果的ではあるけれど

18 :名無シネマ@上映中:2010/03/15(月) 00:38:47 ID:TkfdD6VH
>>10
誕生日に煌びやかに祝われながらも親不在。
1人で籠って唇型との不気味な遊び。
祭りの音の中みつめるのは地獄絵。
大木に向かって「生まれてすみません」
これらの描写で充分だと思うけどな。
>>11さんも書いてるように「生まれてすみません」が全てを要約してる。
原作を知っているとどうしても端折られた箇所に気が行くし
特に冒頭は見る側が作品の方向性もわかってない段階だけに
想像力が働きにくいのはあると思うけど。
原作未見の人でも幼い頃からの流れを想像して把握出来てる人も結構いるよ。

19 :名無シネマ@上映中:2010/03/15(月) 00:59:35 ID:TkfdD6VH
性的虐待は、あれは事が事なだけに読む側にインパクトが大きいし
きっと葉蔵の屈折の大きな要因になったに違いないと
決定付けてる読み手が多いけど
手記から読み取るにはやはり親との関係が深刻な要因で
性的虐待は親がそれにすら気付かず助けてもくれない状況だった事が
葉蔵にとっては大問題だったと思う。
映像として性的虐待の要素を入れてしまうと
それが全ての要因かの如くインパクトを残してしまうし
映画で描いてないのは自分的には納得。

20 :名無シネマ@上映中:2010/03/15(月) 06:47:17 ID:a1xuVG1c
>>19
言われてみればそうかも、あと
太宰がリアルに生きてた時代に「幼少時に性的虐待」っていう事は凄く
センセ−ショナルだっただろうけど
現代ではそういう「フィクション・ノンフィクション」が溢れ過多気味になってる風潮もあるよな

21 :名無シネマ@上映中:2010/03/15(月) 10:38:45 ID:HCFDvbu5
字幕版見てきた。これから見れる人は出来れば見た方がいいかも。
耳だけで台詞を聞くのと、文字で見る…一文字のビジュアルやそれが含む意味まで
脳に伝達されつつ…のとは、また印象が違う。
日本語って素晴らしい。

>>20
この時代の方が、こういうことは多かったような気がする。
今より発覚しにくいというか。
日本だけじゃなくて、中世ヨーロッパのエロ画とかでも、良家の子供達が
召使いや家庭教師に悪戯される絵がいっぱい残ってる。
もちろん本人にとっては時代とか関係なく、ショックには違いないけど。

22 :名無シネマ@上映中:2010/03/15(月) 11:35:51 ID:cnJ2uvqP
「生まれて、すみません」は人間失格では絶対に使ってはいけない言葉
絶対に、だ

葉蔵は決してそういうことを本心として思ったりしない

23 :名無シネマ@上映中:2010/03/15(月) 11:40:36 ID:a1xuVG1c
>>21
そうですね。江戸時代なんかも性に関してはおおらかだったみたいですね

幼少期の葉蔵が犯されるシーンが無い方が「どうしてこうなった」感が出て
不気味な感じがするし、やっぱり削って正解だと思います。

24 :名無シネマ@上映中:2010/03/15(月) 11:52:35 ID:pjX/GG4g
「もう少しだけ、生きたいんだ。まだ書きたい事がこんなにもあるのだから」
名台詞だと思った


25 :名無シネマ@上映中:2010/03/15(月) 12:16:33 ID:ULxYZJ3L
>>24
それ名台詞だし葉蔵との対比が鮮明に出るよね

生きたいけど寿命が残りわずかだと分かっている中也
死のうとして死に切れなかった葉蔵

花びらが舞い落ちる美しい場面の二人は凄く良かった

今度字幕付きを見に行こうと思う
ころり歌の部分は怖すぎて夢に出てきそうだw

26 :名無シネマ@上映中:2010/03/15(月) 12:30:25 ID:HCFDvbu5
>>23
そうだね。
もし葉蔵が堀木みたいな正確だったら、最強に女好きな道楽バカ息子になってた
気がするから、どんな体験しても、やっぱり持って生まれた性格によるのかなぁ、
なんて思ったりして。

27 :名無シネマ@上映中:2010/03/15(月) 18:28:27 ID:9xdzdZ5q
土曜に観ました。

生田…作品を観ている中で変化成長が感じられた。
その点でこの映画は彼のための映画だ、と思った。
伊勢谷…端正な顔立ち、それと真逆と言える程の世俗さがいい。
白洲次郎といい、レトロな格好が似合うね。
森田…ストンと作中に収まって、意外なほど違和感の無い中也。
トンネルの花火シーンが印象に残る。
室井…葉蔵を初めて見た時の魔女的な目の演技がコワかった。
三田…象徴的な描かれ方もあり、民話の山の神のよう。
実在していないのではとさえ思えてきた。
石橋…戦前の大人の男性の雰囲気がいい。
慇懃無礼で俗物で、つまりは一般的な大人の典型をユーモラスに見せてくれた。
大楠…カッコイイの一言。この人は全てお見通しなんだろうね。

蜷川「マクベス」ならぬ荒戸「人間失格」ですね。
小説とは別物と思って観たのでサラッとして観やすかったです。

28 :名無シネマ@上映中:2010/03/15(月) 18:39:34 ID:Pwf+15M4
映画開始前、ギャル3人組が携帯見ながらうるさくおしゃべりしてたんだけど
映画始まったらちゃんとおとなしく観てたようだった。
でも薬屋とのキスと鉄の夜這いで「いやー」「カワイソウ」とつぶやいてた…

>>21
字幕付きいいな。見たい。

29 :名無シネマ@上映中:2010/03/15(月) 19:23:46 ID:SQLoRAAm
室井さんはもともと大好きな女優さんだけど、
なんかこの映画で初めて美人とか可愛いとか思ってしまった。

30 :名無シネマ@上映中:2010/03/15(月) 19:39:56 ID:WH+6AAJf
室井さんが不美人(ごめんなさい)だから、薬が欲し欲しくてたまらない葉蔵に
リアリティが出たのかなと・・・・

31 :名無シネマ@上映中:2010/03/15(月) 20:57:09 ID:SQLoRAAm
>>30
そうかもしれないけど、自分は可愛いって思っちゃったんだ。
おばさんなのに、恋する乙女みたいな目をしてたから。

32 :名無シネマ@上映中:2010/03/15(月) 21:40:12 ID:WH+6AAJf
いろんな意見があってうれしい!!
ただ自分は女優人がかわいいなんて思わなかったからね。
不愉快なだけだったんだ。女性のきたない部分って言うか計算っていうか・・・
室井さん足が不自由なの利用して(?)よろけて葉蔵にもたれたところとか、うわ〜って思ったし、
三田さんのよばいシーンの厚化粧とか。自分女性だけど、あんなに歳いってないから(笑)
まだまだ分からないことだらけだけど、女性として、葉蔵が欲しいんだな〜
どんな手を使ってでもって思ったんだ。

33 :名無シネマ@上映中:2010/03/15(月) 21:53:19 ID:h7AMPToP
>>32
それはまさに監督が意図したことでは?
女性が厭らしく写って、葉蔵は無垢に感じる
原作と同じストーリーなのによくもこんな鏡のようになったなあと
葉蔵ってこう思った、こうしたいとか自分の気持ちを言う場面全然ない
自分語りしないから恥の多い人生を〜ってフレーズがないのは当然のことなんだと気付いた


34 :名無シネマ@上映中:2010/03/16(火) 01:37:45 ID:+Cmxz2L/
「恥の多い生涯」だろ
あと、原作と同じストーリーではない
主人公が全くの別人だし

35 :名無シネマ@上映中:2010/03/16(火) 04:16:16 ID:6x7YXa0P
そんなに神経質じゃ受け入れられない事も多かろう

36 :名無シネマ@上映中:2010/03/16(火) 04:53:44 ID:+Cmxz2L/
ん?悔しかったの?
別に煽る気とか全く無いから落ち着きなよ

37 :名無シネマ@上映中:2010/03/16(火) 05:09:49 ID:wSHSpAQn
主人公が全くの別人だと思う人もいるだろうし
原作と同じストーリーではないと思う人もいるだろう

ここであれこれ考察するくらい行間の多い作品だよ
色んな見方があっていい

38 :名無シネマ@上映中:2010/03/16(火) 10:13:56 ID:6x7YXa0P
ちょwやはり相当神経質な人だw
こっちも煽るつもりは無くなんとなく思った事そのままレスしてしまっただけだ
文面から滲み出る住人の性格なんてスレチだなスマソ

39 :名無シネマ@上映中:2010/03/16(火) 10:22:09 ID:vrBeD4DV
私は29歳の若ハゲです。先日、仕事の合間に、公園で小休止していました。
良く晴れたうららかな春の日でした。近所の小学生が野球をしていました。
それを見ながら、私は、ああ、ほほえましいな、活発でいいな、と思い、
自分の少年時代を思い出しました。私は20代半ばで猛然とハゲ出すまでは、
女子にもてて、同性の間でもリーダーシップをとることが多く、学校時代は
常にクラスの人気者でした。20代半ばから、急速に若ハゲになり、私は
人前に出るのを恥じるようになりました。女性からも、まるでモテなくなりました。
ハゲたせいか性格が偏屈になったせいかわかりません。・・・ふと気づくと、
少年たちが言い争いをしています。どちらが先攻か争っているみたいでした。
「じゃあ、あのハゲのところまで競走しようぜ」「ベンチに座っているハゲおやじ?」
「そう!先に着いたほうの先攻な!」・・・私はハッとして周囲を見回しました。
ベンチに座っているのは、私のほかには主婦だけです。「あのハゲオヤジ」とは、
私のことなのです!!・・私は一気に現実に引き戻されました。楽しかった
少年時代の日々はいまはなく、私は「あのハゲ」「ハゲオヤジ」なのです!
私は駆け出しました。「いやだ・・・・そんな!・・・・いやだ・・・」
声にならない声が口をついて出ます・・・私は走りながら、泣いていました。

40 :名無シネマ@上映中:2010/03/16(火) 11:30:44 ID:+Cmxz2L/
>>38
神経質はお前だろw
あんなこと書いて煽りじゃないとか・・頭悪いんだな
お前は現時点で中身のあるレスをいっさいしてない単なる荒らし

41 :名無シネマ@上映中:2010/03/16(火) 14:56:51 ID:MxoRCX8z
二回観てきました。
葉蔵二度目の自殺の後平目が病室でどわははははって笑うシーン
あれで何故か涙が出た。葉蔵可哀想って思ったわけじゃないのに、自分でも意味がわからん。
あと、1回目は堀木チネって思ったのに、2回目見たらそうでもなかった。

原作未読なので、一回読んでからもう1度観てみようかと思ってます。
特に、ヨシ子ちゃんの人物像がイマイチ掴めなかったので、次はそこを重点的に。

42 :名無シネマ@上映中:2010/03/16(火) 18:55:59 ID:w/42j0Ki
>>41
平目は嫌な大人だよね。役者さん巧すぎて本当に嫌な気持ちになった。
特に葉蔵自殺後の平目はムカツク。
一回目の自殺後、自分だけ生き残って相当落ちてる葉蔵に平目は病室でも家でも酷い振る舞い。
ニ回目の病室で大笑いして「痛い痛い」って。お腹が痛くなるほど笑う平目…。

一回目の時に窓の外、雨の中に常子と葉蔵自身の幻覚を見て?常子を想っていたよう。
二回目は良子と別れさせてって言うのね。どっちも悲しい。

43 :名無シネマ@上映中:2010/03/16(火) 19:38:37 ID:4UiNG+pS
もっと葉蔵の心情を描いて欲しかった。
この映画は初めて人間失格に触れた人間に
とってはまったく理解できないで終わるんじゃ
ないかなーと思った

44 :名無シネマ@上映中:2010/03/16(火) 22:01:23 ID:1q+dSoXa
左翼活動なかったな
流石に無理だったか

45 :名無シネマ@上映中:2010/03/16(火) 22:13:07 ID:atipH/4b
よく「意味が解らなかった、話が飛ぶ印象がある」っていう意見見るけど、
そういう人って1から10まで説明がないと駄目なんだろうか。
この映画で急に場面転換する所でも前フリや隠喩が所々に散りばめられていて
それに気づくのはそう難しい事じゃないと思うけどな〜
それに何だか解らなかったとしても帰ってPCで検索したり原作よんで「あ〜そうだったんだ」
っていう楽しみ方だって有るんだけどね。
手取り足とり説明シーン満載で1度見たら全て理解出来るような映画もあっていいと思うけど。
こういう楽しみができる作品だってあっていいと思うけどな。

46 :名無シネマ@上映中:2010/03/16(火) 22:40:41 ID:kf7HAbOA
東野圭吾の白夜行の小説とテレビドラマのように、視点を変えた表裏のようなものかも知れない。
この映画、人間失格は。

47 :名無シネマ@上映中:2010/03/16(火) 22:54:02 ID:nZ574baH
女性陣ではマダムが怖かったな。なんか悪夢の水先案内人みたいで。

葉蔵がたかられてても、あきれた顔するだけで別に止めない。
自殺未遂の時は、ヒラメが大笑いする傍でクスクス笑い。
アルコールに溺れてボロボロになっていっても特に気にするでなし。
色んな女のところに行ってはまたバーに舞い戻ってくるのを
楽しんでいるようでもあった。

もちろん、バーのマダムだから、葉蔵をいたわる立場でもないという
のは分かってるけど、まるで葉蔵がおちぶれていくのを遠くから
眺めてニヤニヤしてるような、非常に悪魔的な魅力のある女性だった。
さすが大女優の貫禄だ。

48 :名無シネマ@上映中:2010/03/16(火) 23:23:58 ID:5zfhl7gk
近くの映画館
今週末で上映終了予定だったのが1週間延びた
もう一度観たかったので行けそうで良かった

49 :名無シネマ@上映中:2010/03/16(火) 23:40:20 ID:wNFraWkB
みてきました。人間失格の主人公がいつからハーフになったのかなあと
主人公に女はメロメロというけど、ぜんぜん見ていてなりませんでした(女)
イメージ的には伊勢谷友介さんが主人公にぴったり
夕介さんばかり見てしまいました。
なんか、女に甘えて、自分でなにもしない、男。精神的には心身症でない
かしら。その中で寺島しのぶさんとの心中のところと、三田佳子さんの
健在ぶりが眼をひきました。

50 :名無シネマ@上映中:2010/03/16(火) 23:50:05 ID:I/3giPnC
そりゃ残念だったね
見る目なくって

51 :名無シネマ@上映中:2010/03/16(火) 23:51:52 ID:g9BNb065
日本語もまともに使えないようなのでスルーがよろしいかと…

52 :名無シネマ@上映中:2010/03/16(火) 23:56:12 ID:9mrOQLes
やっと観てきた。
いや〜、これ感想とか難しいけど、一言で言えば良かった。
葉蔵の生田がハマってたし、堀木伊勢谷との相性も良かった。
台詞が少いのにあの退廃的で寂しげなオーラを鈍く発し続ける
演技は見応えあったな。後半の「動」が際立った。
伊勢谷はこう言うの合うなw軽薄そうなの。
昔の日本映画はまだあまり見たことないけど、
最初の人間失格のタイトルと映像と音楽でちょっと鳥肌立ったw
あぁ、重いの見せられんだな〜これから・・・ってなw
解釈の仕様が幾分にも分かれるものだろうけど、
この答えのなさが実に良いわ。
葉蔵が通り過ぎるだけ、ただそれだけの女たちがまた個性的で、
あれだけ個性を放ってるのに、葉蔵は名前も記憶していない程度の存在
原作でも「ちょwwおまっwww」と思ったけど、映画で変に納得できたw
石原さとみは好きではないけど、あの目はいい。
前スレもう落ちてんのな、残念だ。

53 :名無シネマ@上映中:2010/03/17(水) 00:19:04 ID:LqE4c14m
強烈な影と光のコントラスト、美醜、清濁の落差、混在・・・
バロック絵画っぽいね。
砂糖をさがしてジアールを見つけてしまうときの台所の光と闇の深さ。
古道具屋の下界の光をバックに振り返る室内の暗さはミレーっぽくもあるが。

言葉は少ないが人物の表情は豊かで
葉蔵が堀木と出会った瞬間の怪訝な嫌悪感が堀木の人となりを
妻の不貞を見る堀木の下世話な表情だけで、階下で何が起こっているかを
雄弁に語る。

表情を一切なくした鉄格子から下界を見る表情はイタリア映画っぽくもあるのだが。

シナリオと編集をわかりやすく留意したら
光と闇、不気味なものと清らかなもの、醜悪なものと美しいものが混在する
旧作の犬神家の一族みたいなのを撮らせたら上手そうな監督と思った。

54 :名無シネマ@上映中:2010/03/17(水) 02:33:50 ID:MweTrFuV
葉蔵の幼少期をもうちょっと丁寧にやってればわかりやすかったかな
と思う反面、映画には映画の良さもあり、自分は時間が経つにつれ
どんどん惹き込まれた口だから、この映画化は満足だな〜
葉蔵の美、色気、退廃感、儚さ、寂しさ、侘しさ、透明さ、刹那的に生きる様が
凄く見応えがあった。薬を求めるあのぞっとするような色気と甘え、
評判通り、映像が本当にきれいで、脳裏に残ってる。音楽も良くて、
パンフレットと一緒にサントラも買って帰った。


55 :名無シネマ@上映中:2010/03/17(水) 07:58:05 ID:wBRu9EXl
生田ヲタのためのオナニー映画

56 :名無シネマ@上映中:2010/03/17(水) 13:20:36 ID:/fLpRcC/
>>53
>妻の不貞を見る堀木の下世話な表情

あの顔は噴いてしまったW
堀木は昭和っぽい喋り方が不自然じゃなくてうまかったな
「豪気だなあ」とか「しょっていやがる」とか

57 :名無シネマ@上映中:2010/03/17(水) 13:24:43 ID:b0u81Tw4
生田にぜんぜんフェロモンを感じませんでしたので、
ぜんぜん映画に入り込めませんでした
単なるガキのあがき、自分をバカだ、バカだって言う男ほど
自分を愛してる、かってに死んだら

58 :名無シネマ@上映中:2010/03/17(水) 13:33:59 ID:rqdtAphM
おお、太宰全否定w

59 :名無シネマ@上映中:2010/03/17(水) 13:39:07 ID:6ABbDNQl
太宰を全否定する気はないので3行目以下には同意できないけど
生田にフェロモン感じなかったっていうのはわかる。
単に好みの問題だと思うから噛み付かないでね。
自分は生田みたいな顔とかが好きじゃないってだけなんで。

60 :名無シネマ@上映中:2010/03/17(水) 13:51:31 ID:gTFN2gyT
原作未読だけどこの映画凄い好きです
この監督キャストで太宰作品や他の文学作品も是非映画化してもらいたいな

61 :名無シネマ@上映中:2010/03/17(水) 14:14:09 ID:AgoqHnxF
見て来た。期待してなかったから出来の良さにびっくりした

葉蔵の廻りの女達をダイジェストのように短い出演時間で次々変える部分なんか巧みだ

この物語に出てくる女達は葉蔵にとって通過儀礼でしかないのだから深い意味や見せ場なんて延々といらない

原作でも女について葉蔵は詳しく知ろうとしてないし出来事だけ書いてあって情緒的な部分は殆どない

これセンスない映画監督は情緒たっぷりに葉蔵と女のうちツネ子あたりとの場面をネットリ撮るんだろうけど

そんなありえない事が無くて本当に良かった。

大事なのはこれだけの女と関係を持ったのに1度も救われる事が無かったという事実だけなんだし。

葉蔵、堀木、ヒラメもピタっとハマった。神キャスティングだと思う。

こんな風に文学映画化してくれるのなら第二弾、三弾に期待したいなあ

62 :名無シネマ@上映中:2010/03/17(水) 16:28:45 ID:hJlV/Dv0
>>61
女たちの部分よかったね。
だた、葉蔵が商売女と一晩限りの付き合いを重ね道楽し達者になっていったのを
荒戸監督風にもう少しだけでも感じさせて欲しかったかも。
それは堀木が台詞で言ってたし、ひとっ風呂上りの葉蔵にそのような色気を感じてたけど。

63 :名無シネマ@上映中:2010/03/17(水) 16:40:40 ID:hJlV/Dv0
連続ごめんw
>>42
平目がイヤでイヤでたまらないんだけど、2回目観たら何だかくせになる。
そしてパンフレットの石橋蓮司さんコメント読んだら惚れそう。
魅力的な方だ。かっこいい。
でも平目は嫌いw

64 :名無シネマ@上映中:2010/03/17(水) 16:59:09 ID:H8naQy9p
>>62
そこを一言で片づけるのが「葉蔵」を表す上で丁度いいよ
葉蔵と関わりのあった名前が出てくる女性ですらあの程度の出演なんだよ?
名もなき女郎達と一夜を共にしてきた描写なんて堀木の一言で十分だと思うよ

上映終了告知が出ていても延長されている館がチラホラあるみたいで評判いいみたいだな
自分の所も上映延長したみたいだし
スクリーンで美しい映像を又見たいから時間を見つけていってみよう

65 :名無シネマ@上映中:2010/03/17(水) 17:08:12 ID:S50AhsHw
隣の席のジャニオタ最悪だった、上映中に携帯しだすのヤメろ
生田はなんでアイドル事務所なんだ?もっとまともなところに移籍しろ
森田とかジャニーズからのバーターいらねーわ
頭悪いジャニオタは見終わったあとも「意味不明だった」の連呼www
まあ緻密な心理描写の原作を、工夫も無しに丸ごと映像化したのは何回か観ないと解りづらいな、しかし何回も観る気が起きない緩急のない淡々としたつまらない映像だった、映画じゃなくてただの映像

66 :名無シネマ@上映中:2010/03/17(水) 17:13:17 ID:Me5Ck9Ga
伊勢谷さんはヨシ子と男のセックスシーン見てしまった時の
「ざまあみろ」って芝居がちょっとくどかった。
あんなに解りやすくやらなくてもwとちょっとこっぱずかしくなった
病院で本音をぶちまけるシーンでは完全に葉蔵に食われていた
でも全体的には雰囲気出ていたし良かったと思う。
おしるこ食べてる時のぎょうらしい感じとかハマってたし

67 :名無シネマ@上映中:2010/03/17(水) 17:30:51 ID:4Ka6CTjM
生田版葉蔵を見て思ったんだけど中生的だなと思った
振り回されているようで実は堀木を手のひらの上で転がしている所とか
この葉蔵役、女優がやっても面白かったかも

68 :名無シネマ@上映中:2010/03/17(水) 17:38:02 ID:HKnAWqLS
カフェで流れるジャズがかっこいい。

69 :名無シネマ@上映中:2010/03/17(水) 18:45:42 ID:HNPr/2V3
>>64
女郎達との描写はさらっと欲しかったな。
この作品のテイストのまま、上品にさらっと匂わす程度。
お座敷遊びと堀木のセリフ、葉蔵の言葉とその雰囲気で伝わってるのは承知の上で
個人的に贅沢言わせて貰うとね。

>>47
マダムに対してそんな風に感じなかったので、私にとってはちょっと意外な感想。
いろんな見方があって本当に興味深いですね。
私が感じたマダムは、葉蔵を普通に好きで葉蔵を見守っている。
あれこれ世話を焼きお節介なことはしない、頭のいいクールな大人の女性。
もしマダムが葉蔵に入れ込んだら葉蔵は逃げていくだろう、と思う。

70 :名無シネマ@上映中:2010/03/17(水) 19:23:33 ID:HGlsjlQq
見てきた。ここでの酷評読んでたからか、ある程度覚悟してたのだけど、
すごい満足感。自分は良い映画と思ったけどな。
許してくれるのか…もう自分は人間でさえないのに。この台詞の言い回し
すごく良かった。後、もうこの家には二度と来ないと帰って行く時の
堀木の清々しい満足気な表情を見て葉蔵が心底気の毒だった。堀木と
平目は本当にいやらしい人間だな、と。

71 :名無シネマ@上映中:2010/03/17(水) 19:42:34 ID:HNPr/2V3
>>70
まるで地獄だ。と言っといてあの表情だもんね、堀木。
地獄の中の葉蔵と良子が不憫。
朝食のシーンなんて全身が重度の低温火傷になりそうなくらい怖い。

72 :名無シネマ@上映中:2010/03/17(水) 21:41:31 ID:LmN4Bwee
マダムは葉蔵とそういう関係にならなかった唯一の女性
堀木が5円貸してというのを眼の前で見ていながら何故止めない
と思った

生田の尻の肉なさすぎ
足細すぎ


73 :名無シネマ@上映中:2010/03/17(水) 21:44:50 ID:SLskHd3r
減量したからじゃね?

74 :名無シネマ@上映中:2010/03/18(木) 00:03:47 ID:AFSCwofC
何故とめないって、甘ったれんじゃねーよ。
どんだけお子様なんだよ。
一人前の男がそれじゃ本当に情けないだけの人になっちまう。

75 :名無シネマ@上映中:2010/03/18(木) 00:32:02 ID:Y7GiRtjf
このスレと前スレ読んでたらもっかい見たくなったんで
原作読んでからついに行ってしまった。
原作と映画でニコイチだなー。
細かいとこいっぱい確認できてよかった。
いろいろすっきりした。

で、自分も見つけたんだけど。
たたみいわし食べるヒラメの場面。
たたみいわしは世間を表してると思った。
一斉にギョロって見られた葉蔵は、思わず世間に「すいません」って
言ったんだね。
怖くて超震えてたのが見えた。

ヒラメの説教の後で、人生の希望の象徴とも言えるゴッホの画集を
売りに行ってある意味人生をあきらめるところだったのを
中也に買い戻してもらって、
鎌倉に連れてってもらって、救われたと。
ある意味自殺を止めてもらったかも?

古本屋で「道化は僕だけでいい」って中也が言うのは
どういう意味かよくわからなかった。
やんちゃして社会から弾かれる胡桃は自分だけでいいってこと?
なんかつながらない。

千里眼なんですね、は、なんとなく
人生をあきらめかけてた自分を
見抜いていたんですね、
再生する方法まで知ってるんですねってことかなと思った。

76 :名無シネマ@上映中:2010/03/18(木) 00:33:13 ID:Y7GiRtjf
もう一個書かせてー。

裏設定?の話で
監督が、下宿屋の娘は下宿人をもう何人か
喰ってるね、とか、かなり肉食系女子っていう
設定にしてたのを読んだんだけど、
下宿屋の階段の壁に裸婦像が飾ってあった!

それにしてもそれにしても。
このスレ読んでもすっきりしないのが、
鉄の最後のスマイルー。
だれか説明してくださーい。

夏に貝で遊んでたのに、
戸を開けてにこっとしたのは冬。
かなり時間たってるよね。
なんかあったのかな。
なんの意味なのかな。
このスレで深読みの癖がついてしまった・・。

77 :名無シネマ@上映中:2010/03/18(木) 00:45:51 ID:Fknc1Frn

太宰治は、あんなに鼻がデカくなかったゼッ!!!
ババアの三田佳子と交接するシーンを詳細に描く可きだったよナッ!!!
変態ヘテロどもが喜ぶようにサッ!!!!!!!!



78 :名無シネマ@上映中:2010/03/18(木) 02:48:46 ID:KCUbwvRG
葉ちゃんは太宰治じゃないよ

79 :名無シネマ@上映中:2010/03/18(木) 12:10:54 ID:9FBBXcP3
葉さんはゲイでしょ
最初に一緒にしんでよ、といった相手も男だし
結局は体内回帰しか頭にないのね
女はお母さんしかいない団塊男のアガキ
女といい関係で生きてきたら、こんな映画つくんないかも
ドボドボのHシーン満載だったら女性映画ファンに毛嫌いされる
その点ではいい塩梅でしたよ

80 :名無シネマ@上映中:2010/03/18(木) 12:56:49 ID:BqXJg0Oo
葉蔵は、バイセクシャルだと思う。

81 :名無シネマ@上映中:2010/03/18(木) 15:51:46 ID:5SlceERm
映画自体は丁寧に作られ、役者陣も、
生田さんをはじめ頑張っていたと思いますが、
大庭葉蔵さん自体にはあまり共感が持てず…
あそこまでの人生の落伍っぷりへの動機が不充分というか…
逆境に対する反骨心や活力が皆無というか…
だからこそ「人間失格」なんでしょうけど。


82 :名無シネマ@上映中:2010/03/18(木) 16:53:39 ID:LQuEc/Aq
「地球の上に朝がくる〜」って唄、
今の寄席芸人さんで持ちネタにしてる人いるよな。
どんだけ昔から使ってるんだよw
麿赤児は主人公の父親かと思ってたら違った。
主人公の父役でよかったんじゃないか?

83 :名無シネマ@上映中:2010/03/18(木) 17:37:49 ID:bdNPz557
>>83
そうみたいだね。芸人さんが持ちネタ「その裏側は夜だろう〜」って。

葉蔵の父親が出てこないのにすごい存在感。この映画好きだ。
少年葉蔵が馬車を降りて赤絨毯の上を進み階段を上がると鎧がある。
周りの花と後の屏風の絵は「菖蒲」の花?
マダムの着物の帯も菖蒲だね。

84 :名無シネマ@上映中:2010/03/18(木) 19:59:09 ID:uciUXmBl
小池栄子さんがよかったなぁ
綺麗だし静子さんはいい女だ
堀木が狙うのもわかる

85 :名無シネマ@上映中:2010/03/18(木) 22:27:54 ID:+b12mWFq
日本人の美意識がつめられている。

86 :名無シネマ@上映中:2010/03/18(木) 22:58:22 ID:S/HJS0zl
生田斗真チンコ画像
http://photos1.blogger.com/blogger2/1202/4398/1600/lol.jpg


87 :名無シネマ@上映中:2010/03/18(木) 23:01:37 ID:ONfUvAWm
>>76
貝殻で遊ぶシーンは、小さな子供とお母さんみたいだったな。
受け取っては投げ、受け取っては投げ、子供が意味のない単純な遊びを繰り返して
キャッキャ喜んでる、なんかあんなのを思い浮かべた。

最後のテツさまスマイルは、葉蔵に関わった女の人って、葉蔵を見送る時はみんな
あんな顔してんじゃないかなーと思った。
あら、いっちゃったのね、もどってくるかしらー、どうかしらねぇ…
寂しいような、清々しいような、憂うような、晴れやかなような、色んな感情が
入り交じった表情。
静子とシゲ子親子も、下宿家の礼子も、死に際の常子も、離婚したあとの良子も、
ひょっとしたら薬屋の女主人も葉蔵が入院したと聞いてあんな顔をしたのかもしれない。

なんてな。
エンディングの、各出演者との2ショット写真を見て、ふっとそんな考えが浮かんだよ。

88 :名無シネマ@上映中:2010/03/18(木) 23:06:59 ID:fGBZh0Yl
鉄の最期の笑顔は何となく腹が立った
葉蔵が関わった全ての女性の中で一番鉄に嫉妬してしまう
こんな風に考えてしまう自分は間違いなく葉蔵タイプに尽くしてしまうダメ女タイプなんだろうなw

89 :名無シネマ@上映中:2010/03/18(木) 23:09:07 ID:k6StmvRt
和久さん、こんなところでお会いできるとはw

砂浜の葉蔵と鉄様のシーンは
葉蔵は赤ちゃん返りしてるのに
鉄様は若々しく青春を謳歌してるみたいで
それまでの落差にゾッとしてしまったなあ

90 :名無シネマ@上映中:2010/03/19(金) 02:11:15 ID:xHbz5a7Z
室井滋が羨ましすぎた。
あれじゃお薬渡しちゃう・・・。

91 :名無シネマ@上映中:2010/03/19(金) 02:53:15 ID:6StC/BN8
薬屋はああなるのがわかっていて最初に薬を渡したってことで良いのかな?

92 :名無シネマ@上映中:2010/03/19(金) 16:11:32 ID:qaFnVk0m
薬屋は「酒」が何よりも身体に悪いと思ってるんだよね。
お酒を飲まないように何とかモルヒネ一箱でやり過ごして
お酒依存から卒業して健康体になってもらう予定だった。
それなのに葉蔵は想像以上の早さでモルヒネ中毒になってしまった。とか?

93 :名無シネマ@上映中:2010/03/19(金) 17:27:45 ID:x2vvFGXA
最初に一箱全部じゃなくて少しずつ渡せばよかったのに〜

>>91
鉄様の最後の笑顔についてもそうだけど
薬屋さんも観た人それぞれの解釈でいいと思う。

94 :名無シネマ@上映中:2010/03/19(金) 22:56:46 ID:m/6VtoWX
見てきた。中々の余韻だった。まだ整理がつかない。良い映画だった。

95 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 00:42:00 ID:O1ggOO+2
1回目見た時、隣の爺さんが携帯で話し始めたりw
周りの客のマナーがひどくて
映画も変な映画だなしか思わなかったんだけど
2回目静かなレイトショーで見たらすごいよかった。
だけど、めっちゃへこんだー。落ちた。
今、就職活動が上手くいってないっていうのもあるけども
葉蔵がヒラメに「これからどうすんですか」って言われてた
シーンがよかった

96 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 00:46:00 ID:8aAlXme4
>>95
自分も他観客のマナーに悩まされたクチ
この映画って静粛な場面が多いから特に気になるんだよね
食べ物の臭い(マック系の揚げ物とか)ビニール袋のシュワシュワいう音とか
本当に迷惑だった…あと老人って携帯なったら普通に喋り出すのあれなんだろう
今まで観客に老人が多い映画見たこと無かったからかなりびっくりした

97 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 01:38:56 ID:Bgm+dy/4
>>77
>太宰治は、あんなに鼻がデカくなかったゼッ!!!

太宰治の鼻はデカいと思うけど。
デカいだけでなく長いし、でも高い鼻ではナイ。

98 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 03:16:03 ID:BJkcC0JH
ロングランが決まったらしい

角川映画配給「人間失格」、新宿で6月16日まで上映

 2月20日から公開された角川映画配給「人間失格」は、角川シネマ新宿(1、2)では6月16日までのロングランとなることが決まった。

http://www.bunkatsushin.com/modules/bulletin/article.php?storyid=38971


99 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 03:16:35 ID:PEL83YJj
そんな少しぐらいのエチケット違反ぐらい多めに見ろよ
昔は映画館でたばこ飲酒オッケーだったと聞くよ
あまり小言がうるさいと、この手の映画は静粛すぎて肩がこると
観客から避けられるよ
それと老人には、いたわる気持ちを持てよ
電気製品に不慣れなだけじゃなくて反応も悪いのは仕方ないだろ

100 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 06:58:33 ID:y8esK4nF
>>84
きれいで演技も上手くて女優さんの中では自分も一番静子がよかったと思う

101 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 11:02:45 ID:XfxE+Mmo
純粋すぎて頭がちょっと足りないような子みたいだから
良子ちゃんのその後が気になるな。
またあの強姦魔みたいなのに騙されてなければいいが。
他の人は葉蔵が離れてもそれなりに幸せな気がする。

>>99
気になる方からしたら少しどころじゃないよ。
でも多めに見てるからここでちょっと愚痴ってるだけなんじゃないの?
私も携帯で喋り出した人(ご年配じゃなゃなく若い女性)にあまりの酷さに苦笑しちゃったよ。
しかも最後の最後の葉蔵のセリフのシーンで。
とても小さいスクリーンだったから全員に丸聴こえだったと思う。
緊急の着信待ちなら映画なんて観てられないだろうし
その人にとってはその程度の映画だったってことだろうけどね。
電源切るのはアナウンスされる所もあるし普通にマナーだよね。
飲食その他別にいいけど静かな場面ではできるだけ空気読んでほしいな。
老若男女関係なく解ってる人は最初からやらないし無理な話なんだろうけど。

内容に関係ないのに長文ゴメン

102 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 11:52:35 ID:Jm9MqLkg
>>101
自分のときも通話はないまでもメールチェックしてる人はいてたな

普段あんまり映画観に来ない層が来てるのかなとオモタ。
他の映画でそんな客見たことないし。

103 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 12:39:54 ID:MZ1IZEsN
>>91
薬屋はわざとだと思うんだけどなぁ
葉蔵と初めて会ったとき雌の顔してたし
モルヒネの怖さも十分熟知した上で、
あれを使うと葉蔵が通ってくることも計算してたと思う。




104 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 13:06:17 ID:MhzsB5h0
【教師 先生 教員】 が大嫌い!キライ!大嫌い!
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1268791128/

105 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 18:12:18 ID:RI/l1whZ
>>86
粗末wwwwwwww

106 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 20:03:25 ID:roYo8x3B
>>99
おまえみたいな奴は、映画感に来るな。

107 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 20:46:58 ID:O1ggOO+2
95だけど変な愚痴書いちゃってごめんなさい
1回見た時はあまり感じるものがなかったけど
それは周りが気になったせい?と思って2回め見たら感想が
変ったってことが言いたかったんです
後、1回めはやっぱり原作と比較してしまって
「ここはこう変えて来たんだ…」とか考えてしまったので
2回めのほうが集中出来ました
これから読み直して3回目見ようと思います

108 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 20:56:47 ID:yHuBRQ8v
良子が犯されるシーンとか原作では重要なんだからきちんと描いて欲しかったなあ。
他にも濡れ場が全くない。荒戸なら良いシーンが出来るだろうに。まあ俳優陣の制約だろうなあ・・・

109 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 21:08:04 ID:7vPwGDRX
>>108
レイプシーンを入れたら女性客が来ない。自分も行かない不快だから。
あとレイプシーンは石原さとみサイドとの契約で縛りがあったと
監督がコメントしている

110 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 21:10:47 ID:mekLBPYi
レイプシーンそのものよりも
石原さとみとの関係性とか
なぜああいうリアクションになったかとか
そういうところがあれでは伝わってない気はするな

111 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 21:13:45 ID:PLB+JTom
濡れ場自体監督は苦手と言ってたような
赤目はそれがないと話が成立しないからガッツリ撮ったけど、とどこかで言ってた

112 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 21:16:27 ID:7vPwGDRX
>>110
そこが葉蔵らしいと思わない?
煙草屋のシーンからいきなり結婚…普通はポカーンとするよね
でも、人に執着しない葉蔵だから恋愛感情をはぐくんで結婚という運びになるシーンなんて
必要ないと思うよ。自分これは初見で気づいた。そして、そういう人だからこそ
フジタとヨシコのセックスについて、和姦か強姦かなんて重要じゃないんだと思う。
どっちにしても葉蔵がとるリアクションは同じだったと思うし。

113 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 21:19:08 ID:mekLBPYi
>>112
いやあんたは原作読んでるからわかったんじゃないの
映画だけの人は石原になぜ惹かれたかわかんないんじゃないか

114 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 21:25:13 ID:wZThx9Vm
>>113
自分もあれでは説明不足で映画だけ見ても難しかっただろうと思い原作未読の連れに聞いたらそんな事は無かったようだよ
その人が勘が良いからかもしれんが、結局は見た人次第って事かと

115 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 21:30:55 ID:mekLBPYi
>>114
そうなのか?怪しいな
石原に惹かれる理由とか
堀木も葉蔵もレイプでなぜあの異常なリアクションなのかとか
あとは例えば小池栄子との別れを決めた理由とかその他色々、
どう考えても原作の意図が伝わってないところが非常に多い


116 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 21:36:32 ID:7vPwGDRX
>>115
小池と別れを決めた理由は凄く単純じゃん
シゲちゃんに本当のおとうちゃんが欲しいって言われた直後
酒浴びるように飲んで荒れてたじゃんw
台詞やナレの説明があって初めて意図が解るような難解なシーンなんて無かったと思うけど
人それぞれなんだろうな

117 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 21:37:34 ID:wZThx9Vm
>>115
原作の意図という点では違う部分があるかもしれない
そもそも自分も原作の意図を全て理解しているとは言えないが、聞いていて原作に書かれている通りじゃなく独自の解釈が多々入ってた
ただ、映画はおもしろかったらしいので原作と離して見ておもしろいと感じる人も居るようだ

118 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 21:38:22 ID:mekLBPYi
>>116
そんな理由じゃないんだよ
原作では

やっぱり伝わってないことがハッキリしたよ

119 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 21:41:30 ID:7vPwGDRX
>>118
言葉足らずだったね
ソゲ子の本当のおとうちゃん発言に加えて
映画にも親子の会話を聞いていたたまれなくなったシーンあったよ?

120 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 21:43:05 ID:mekLBPYi
>>119
いたたまれなくなった、というのはちょっと違うんだよな
まあ原作読みなおせばわかるよ

てかソゲ子wwwww

121 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 21:59:41 ID:wZThx9Vm
ソゲ子ワロタw
原作思い返して考えてみたがいたたまれないでも間違ってないと思うけどな
幸せそうな2人を見て、自分はこの場所に居てはいけないと思ったんじゃないか?
mekLBPYiはどう解釈しているのか気になる
批判するだけなら簡単だが、考えを上手く言葉にするのは難しいからな

122 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 22:17:08 ID:q5SqejDe
ID:mekLBPYi

指摘することは誰にでも出来る
自分の考えを言葉にしたら?感想も何もないなら
これ以上はここにいる必要ないよね

123 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 22:28:03 ID:MZ1IZEsN
>>118
原作の解釈も人それぞれだよ?良子の件も葉蔵の独白通りレイプと捉えた者もいれば
また、葉蔵の独白内での疑いが真実では?と感じた者もいる。
良子は原作とは少し違うキャラだと石原さとみが何かで言ってたけど、
それも石原の良子像と違っただけであって、原作読みの中にはそれぞれ違う
人物像があるんだよね。自分が感じたことを主張するのは良いけど
それが絶対的なアンサーではないし、そこが面白い。

124 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 22:45:20 ID:A0zA5OCP
映画で常子がずっと帰ってこない旦那はどこかで亡くなってるんじゃないか、
だからもう縁が切れた、と言う。
葉蔵はお金の切れ目が縁の切れ目の解釈を言う。
お金がない葉蔵、常子を一緒に心中するが一人生き残る。

傷心の葉蔵が静子と出合って「死んでしまったら縁は切れるわ」と言い切られた時
二人の距離が近づくのにも納得がいった。

静子と別れて毎日お酒を呑んで自分を誤魔化し生きてる葉蔵に
「私の前でお芝居なんてしないで。」と言う良子に惹かれた葉蔵の気持ちがわかる。
もともと可愛い看板娘だと思っていたし、葉蔵を100%信頼してる純真な気持ちに惹かれたんだろう。
「お芝居はよして」の良子と「道化の役は僕一人でいい」と言った中也がダブって感じた。実際には逆だけど。

そういえば「葉蔵様はな〜んも悪いことしてねんだはんで」と言う鉄様、
100%肯定し護る、そんな愛し方をする女だったね。

>>123
同感です。

125 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 23:17:37 ID:roYo8x3B
しかし、熟女マニアには、たまらん映画だこと。

126 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 23:22:09 ID:A0zA5OCP
堀木ママの優しさ、たまりません。

127 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 00:13:36 ID:S/530i03
>>103
同意
薬屋はモルヒネ渡したの確信犯だよね
葉蔵に通ってきてほしくて渡したと思った


128 :sage:2010/03/21(日) 00:36:28 ID:SePIbFeI
映画の薬屋はわざとらしいほどに確信犯。
フラフラの葉蔵を見た時の獣が捕えるような目がおっかない。
バタバタと不自由を強調し
葉蔵の目の前でわざとらしくバランスを崩し抱えられ
薬を渡す時に手が触れ、それが一押しとなってモルヒネ贈呈。

129 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 00:39:05 ID:SePIbFeI
sage入れ間違った。
恥ずかしいwスマソ。

130 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 00:46:14 ID:eC6rn6xx
>>128
そうだ!>>128読んで思い出した!
薬の袋渡す時に手が触れるんだよね。
そして、女スイッチが入った薬屋はモルヒネを
急いで包んで葉蔵の胸元にガバッと突っ込むんだよ。
罪の意識があるからこその行動だと思った。

131 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:02:34 ID:SePIbFeI
濡れ場がないのを不満がる人がたまにいるけど
濡れ場を映像で描くと意味が変わってしまう気がする。
幼少期の性的いたずらと同じで
映像だとインパクトがデカすぎてそればかりになってしまい
見る側の脳内の比重がおかしくなる。

この作品は抑揚なく淡々と見る側に虚無感を募らせるのが要だと思う。

132 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:03:36 ID:WV87cCpL
虚無感を募らせるんじゃ
それは「人間失格」ではないと思うなあ

133 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:06:51 ID:GI+bQpAV
>>132
自分は131さんに同意。虚無感を募らせる必要があると思う
あなたにはあなたの解釈があるのだからそれはそれでいいのでは

134 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:09:04 ID:WV87cCpL
じゃあ言い方を変えると
多くの研究者や評論家が理解している「人間失格」ではないな

135 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:10:51 ID:WV87cCpL
ちなみに濡れ場に関しては同意だよ

136 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:12:02 ID:GI+bQpAV
>>134
多くの研究者や評論家が理解している人間失格が好きなら
該当スレで思う存分語ればいいよ
ここには関係ないから

137 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:13:14 ID:WV87cCpL
>>136
関係ないと言いたいなら
太宰や人間失格の名前を借りちゃいけない

138 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:14:59 ID:WV87cCpL
>>136
あと追加
ちゃんと読んでくれよ
虚無感を募らせるのは「人間失格」ではないと書いたが
この映画で俺個人は虚無感などまるで感じない

139 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:15:32 ID:DPb8td6P
>>134
抽象的に書いて逃げないで具体的に説明したら?
みんながそれを知ってるわけじゃないんだから
出来ないなら仕方ないが

140 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:16:24 ID:GI+bQpAV
>>137
あなたがここに関係ないといってるんだよ?
この映画を認めないのならアンチスレでも原作スレにでも行ったら?って意味
わかるかな?
ここは映画の内容を語るスレだから、原作マンセーや研究者を語るのは完全にスレチ
ローカルルール位守ろうね

141 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:16:33 ID:WV87cCpL
>>139
なにその上から目線w
自分で本読んだほうが早いよ

142 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:17:25 ID:WV87cCpL
>>140
だから、レスの流れをちゃんと読もうな

143 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:17:57 ID:DPb8td6P
>>141
出来ないんだね
批判や指摘だけなら簡単だと少し上に書かれてるよ

144 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:19:20 ID:WV87cCpL
>>143
しないんだよ
自分で読めとしか言えない

あと、お前は俺を批判してるだけだからもっと簡単だなw

145 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:20:09 ID:WV87cCpL
>>143
あとお前も138読め
ろくにレスの流れ読まずに絡んでくんなアホ

146 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:21:09 ID:Zwfb0MNy
>>137
研究者が考察した人間失格を語りたいならスレチです
ここの住民はその考察知らないから
適当な板見つけて移動して

147 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:23:15 ID:WV87cCpL
>>146
なんでお前がスレのルール決めるんだよw
太宰や人間失格の名前を使っている限り、
原作との比較や相違について語るのはスレチなわけないだろ

で、お前もレス読めっての
俺は全然映画の批判してないから

148 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:24:05 ID:SePIbFeI
>>134
原作をそのまま映像に丸写しするのが映像化とも言えないからね。
良さも言いたい事も変わってくるんじゃないかな。
原作には原作の、映画には映画の人間失格があり
自分がこの映画が面白いと思う所は
原作と逆の描き方なのに
見た後体の中に重い泥を流し込まれたような虚無感が残り
後々その泥が脳に染み心に染み
原作だけを読んだ時以上に原作が分かるような感覚になったこと。

149 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:24:44 ID:Zwfb0MNy
ID:WV87cCpL

誘導します
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/book/1220943653/

ここで思う存分太宰論語ってきてください

150 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:26:12 ID:S/530i03
ID:WV87cCpL
頭悪い奴だな


151 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:26:31 ID:DPb8td6P
>>144
言い訳するな
しないんじゃなくて出来ないんだろ
出来ない事を認めたくないのかw
理解してもらう必要が無いならなぜここにレスしたんだ?
そんなに自己主張したいのに肝心な部分は出来ないんじゃなくしないとかw
しないならはじめから書く必要無いだろ

152 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:27:01 ID:WV87cCpL
お前ら文盲?そしてどんだけ必死?

まじで俺は映画の批判なんかしてないんだが
なんでろくに読まないでレスしてくるんだろ・・

153 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:28:30 ID:WV87cCpL
>>151
138読んだのか?
お前勝手に勘違いして絡んできて
引っ込みつかなくなったのか?w

154 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:29:05 ID:eC6rn6xx
何かと思えば・・・
>>147が虚無感を募らせるのが人間失格だとかそうじゃないとか、
答えは自分が出せばいいのだから反対の意見も面白く聞けばいいのでは?
この映画にしろ、原作にしろ、魅力を感じる人って我が強い人が多いのかな?
いろんな意見が出し合える方が楽しいのに・・・

155 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:29:21 ID:SePIbFeI
他の研究者の考察は知らないんだけどw
自分が読んだ時に抱いた感覚と荒戸感覚とのそれが近かったから
この作品のやろうとしてる事に共感できるのかも。

156 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:29:27 ID:S/530i03
ID:WV87cCpL
>>152
おまえ何回同じ内容のレスしてるんだよ
他に言えないのか?


157 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:30:59 ID:RMHJwdsA
ID:WV87cCpL

誘導します
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/book/1220943653/

ここの方がお仲間いるんじゃないの?

158 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:31:08 ID:DPb8td6P
>>152
おまえが思う人間失格を説明しろという質問に答えろよ
おまえが人の意見に批判から入ったんだからおまえなりの意見を聞かせろと言ってるだけなのにしないと答えた理由は?
しないなら何故レスした?
おまえが映画を批判したなんて言ってないが
文盲はおまえじゃないか?

159 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:32:10 ID:WV87cCpL
>>156
同じ勘違いしてる奴が複数いるんだからしょうがないだろ
頭悪いのはどっちだよw

160 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:33:20 ID:RMHJwdsA
>>159
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/book/1220943653/

どうぞ

161 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:34:19 ID:WV87cCpL
>>158
じゃあ何を説明すればいいの?
全部すると本1冊くらいになるんだけどな
無茶言うね

今の話でいうと、
虚無感は残らないっていうのが俺の意見であり
比較的一般的な見解である
これでいいの?もう同じこと書いてるけど

162 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:34:35 ID:S/530i03
ID:WV87cCpL
>>159
もうそのレスいいから



163 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:35:48 ID:WV87cCpL
>>162
勘違いしちゃった子はまあしょうがない許すけど
お前だけは救いようがないなw煽るだけかwww

164 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:35:59 ID:S/530i03
>>161
お粗末様
じゃもう帰りなよ


165 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:36:24 ID:RMHJwdsA
相手にしないほうがいいですよ
日付回って1時間足らずで10回以上連投しているただ引っかき回したいだけの人ぽいから

166 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:37:50 ID:WV87cCpL
>>165
あんたみたいな横入りが一番会話を理解してないんだよな恥ずかしい
最初のほうで勘違いしてた子は理解しただろうに

167 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:38:56 ID:vi1hI5Un
せっかくの良スレだったのに荒らされてる…
とりあえずスルー徹底すればいいのでは

168 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:39:25 ID:SePIbFeI
ID:WV87cCpL
ごめんよ、自分の虚無感って言葉に釣られたばっかりに。
まあ自分の選んだ言葉が間違ってたのかもしれないし。

ただ映画に描けないものが原作にはあり
原作に書けないものが映画にはあって
お互いの世界観を壊さず相まっているのが自分的にはポイント。

169 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:40:27 ID:WV87cCpL
ID:RMHJwdsA
ID:S/530i03

荒らしはこいつら
ちゃんと読めばわかると思う
それくらいの読解力はあるだろ?

170 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:42:18 ID:DPb8td6P
馬鹿なくせに人を馬鹿にしたいからレスしたという事か
何かおもしろい解釈が聞けるかと期待して質問したが答えないから苛々してしまった
期待するだけ無駄だったな

171 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 01:44:48 ID:WV87cCpL
>>168
あんたはちゃんとしてるな

けど何なんだこのスレ
空気がちょっと普通じゃないな
おそろしいわ

172 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 02:19:24 ID:lDXfd1dc
あなたのようなかまってちゃんにかまってあげる
優しい人が多いスレなだけですよ

173 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 02:39:04 ID:eC6rn6xx
自分の場合、虚無感と言うより退廃感の方が近いかな〜
もちろんどちらの要素もあるんだけど、どちらかと言うと。

174 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 09:12:15 ID:7lxSxxOP
スレが進んでるから何事かとw
自分は虚無感が先に立ったなー
退廃は全く感じなかった
それぞれの感覚と微妙な定義の違いってあるよね

175 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 10:00:12 ID:YZ+EEmWu
結論は、これが正しい!というのは無いんじゃないかな。
この映画を観て、それぞれが受け止めた感情を
大事にすればいい。
自分の意見が正しいんだと相手に押し付けることなくね。

176 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 10:01:48 ID:1b4z/Sbd
どんな原作つきの映画だって、製作する側のフィルターや解釈が
大きく反映するんだから、小説を読んで感じることと映画を見て感じることが
同じにならなくてもいいと思うんだけど。
映画について、そこは自分はそう感じなかった、と反論するのはわかるけど
映画について感じたことに小説と違うといいだすことがなんかずれてるような。
小説も映画も感じたことは千差万別でいいと思うけどな。
WV87cCpLさん、映画の解釈ではなくて、小説の解釈ならば研究者もいるかもしれない
該当スレがほかにあるでしょう。
あなたの小説の解釈を映画を見た人に押しつけて訂正させようとするのは
正しいことだと思えない。
映画は映画、小説は小説でわけられなければ、太宰スレでずっと小説について
語りあってたらいいと思う。



177 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 10:56:47 ID:s2hovpIl
そうだよね。
原作物には総て言える事だけど、
映像化された時点で、純粋な太宰作品では無くなっているんだから。
監督その他スタッフキャストが、自分の思考や感覚を取り入れてその人達の
新たな太宰ワールドを作り上げている。
それが原作ファンとして受け入れられるかられないか、も
またその本人の問題だし。

178 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 14:49:30 ID:WV87cCpL
まったくもう
ちゃんと読んでからレスしような?な?

俺は映画も小説と同様に虚無感など残らなかったと書いたんだけど
もしかしてまだわかってない奴いるだろ?いい加減にしろよ

あと、俺がいつ映画を見た人に押しつけて訂正させようとした?
ある意見があっていいし、それに対して俺はそう思わないって意見もあっていいだろうに
意見の押し付けをしようとしているのはどっちだよw自覚しろ

やっぱりこのスレ異常だよ
例のあっち方面の人が頑張っているように見えてきた
あー気色わるー

179 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 14:56:42 ID:OFPpSx73
映画の感想を言わずに人の解釈に物申すだけの人はスルーでいいんじゃないかな。
今回は小説について持ち出して、質問されても自分の言葉で答えられないのに
『言わない』なんて返答しちゃって。「!?たったそれだけ?」と脱力。

>>124
無知な良子の「もう私の前でお芝居はよしてくださいね」
千里眼な中原中也の「道化の役は僕ひとりでいい」
うん。ぐっときた。
すぐに良子と結婚のシーンに飛んでも自分は平気だった。

180 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 15:15:11 ID:WV87cCpL
>>179
じゃあ何聞きたい?
あんな大雑把な質問じゃ何答えればいいんだかw

あとざっと見た感じ、
誰かが感想書いて、それに同意したり違う意見言ったりっていうそういう流れが多いようだが
この異常なスレでさえも
なんかズレてるなあまだちゃんと読めてないのかなあ

181 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 15:44:27 ID:DPb8td6P
>>180
虚無感じゃなくて何が残ったのかを聞きたい
原作の意図はどうで、映画はどう違ったのかも具体的に聞きたい

182 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 15:45:02 ID:7lxSxxOP
面白いものでさ、何か言い負かしたい体質の人が多いんだよねw
話の方向性を統一しないと落ち着かないのかな

あっち方面がどっち方面か分からないけど
ちょっと変わってるのは確かだよ

>>180
あれじゃね?
虚無感についての一点だけで
「そんなものは人間失格じゃない」みたいな論旨だから誤解を生むんじゃないの?
そんな風に書いたつもりはなくてもそう読み取れないこともない
あなたが「人間失格」で虚無感ではない何を一番に感じ取ってて
映画には何を感じたか、それを書けば一挙解決な気がするよ

183 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 20:44:52 ID:bdFB/vsV
のめり込み体質の人が多いと思う。
ちょっとでも批判的とみなせば即攻撃が始まる。
気持ち悪いのは確か。

184 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 20:48:34 ID:/u151nj7
今日見て気付いた事
アネサに剥いてあげるリンゴがキズものだった
これってアネサがキズもの(出戻り?)を示しているのかな

あとツネ子の印象的なセリフ食べ物に対して「一つだけ」
・一度目はお寿司の屋台で葉蔵をチラっと見た後卵を「一つだけ」頼む
・二度目は鎌倉の海辺で死ぬまえに何でもいいから「一つだけ」食べたいと言い出す

食べ物を分けて食べる事っておまじない的な意味があると本で読んだ事がある
ツネ子は食べ物という生の象徴を葉蔵と分け合わなかった=1人で死ぬ運命を暗示していたのかなと思った。

185 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 20:52:36 ID:bdFB/vsV
象徴論とかどうでも良いわ。
木を見て森を見ず。

186 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 20:55:20 ID:/u151nj7
連投スマソ
あとラスト鉄が起きた時に横に居る筈の葉蔵がいない→鉄、雪山を見て笑顔
これって既に葉蔵は亡くなっているのではないかと思った。
鉄は葉蔵が死んだ事を不意に忘れて、起きた時葉蔵の分の枕を愛しそうに撫でた。
そして雪山を見た瞬間我に返り、自分の元で安らかに死んだ葉蔵を思い出したとか?

あの汽車のシーンに登場する日本兵は全員目が見えないように映されている
亡霊じゃないのかなと思った(汽車はあの世行きかと)

187 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 20:59:54 ID:SsIQk55Q
葉蔵が食事を共にした人って鉄だけだよね
ヨシ子と朝食をとるシーンあったけど食べてなかった。
堀木宅のおしるこも手を付けなかったし
引っ越し祝いのうな重は堀木は葉蔵の分も食べてた
唯一物を食べたシーンが1人で寿司を食べてる所と
鉄とりんごを分け合って食べた所だね
鉄とは他の女性と違う関係だという暗示なんだろうか

188 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 21:06:39 ID:JucvIH2S
>>184なんでもいいから一つだけのセリフ気になっていたんだけど、そういう解釈もあるんだなと思った
>>186汽車のシーン、兵士達確かに目は映ってないね
そういうと冒頭とラストの葉蔵もカウンターでつっぷしてる所も全く顔が映ってないね
きっと「生きている人では無い」って事なのかも

189 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 21:12:42 ID:bD0YM+hv
なんでもいいから一つだけって台詞二回出てくる割に意味解らなかったんだよね
そういう見かたもあったんだね。
自分も今日見たけどやっぱり堀木の「壇一雄先生」フルネーム呼びに笑ってしまうな
フジタのチュパチュパ音も回を重ねる事にキモさが増していく

190 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 21:29:43 ID:ZoZb0o14
葉蔵の絵を堀木が直すシーン何度見ても凄いと思う
伊勢谷さんはそのまま芸術家になれば良かったのにwと思うほど

191 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 21:44:54 ID:PdYUpQxx
若干モメサに荒らされてた?
WV87cCpLはID変えてまた来そうだけど構ってた人たちはスルーしてくださいね〜
>>190
あれは伊勢谷さんじゃなくて葉蔵の絵を担当した人が書いたそうですよ

192 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 00:12:52 ID:w+2y1sEJ
>>186
あの兵士たちの会話って、有り得ない内容じゃないのかな?
戦争に突入していく中で、反戦って言うか、
声に出して言えない事なんじゃないかな?
だから、あれは死へと向かう汽車だと思った。
危機迫った戦地の状況を激白する兵士の横で
まるで「無」。我関せずフワ〜っとした葉蔵が印象的。

193 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 00:13:22 ID:CGhk/RV+
>>187
食べ物じゃないけどツネ子と牛乳飲んだよ。
あんな健康的な飲み物を並んで同じように無防備に飲んだのは
あの瞬間とても穏やかに気持ちが寄り添ってたんだと思う。
心中までの流れにしては唐突だけれど
葉蔵にとって最も素直に心が寄っていた人なのはわかる。
あと他の女性達は葉蔵を見た瞬間獣のような目をしたけど
ツネ子だけはそうじゃなかった。
ツネ子の描かれ方だけ他の女性と趣が違う気がする。

「一つだけ」の自分の印象は、貧乏臭いけど欲深くて人間臭い言葉。
今から死ぬというのにその前に一つだけ食べたいなんて葉蔵にはない発想。
でもその人間臭いツネ子のお願いを愛おしそうに葉蔵は見てたから
そういう所好きだったんだろうな。

194 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 00:41:33 ID:7DF6ktra
>>193
自分は死ぬ前なのに一つだけって言う常子に、最後まで多くを望まない控えめさが出てたと思った
いつも遠慮がちに生きてきたんだろうなって
死ぬならその後の心配なんてしなくて良いんだし好きなもの好きなだけ食べれば良いのに

195 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 01:11:50 ID:CGhk/RV+
>>194
控えめなんだけど何もいらないってわけじゃない。
1つは欲しい。
そこが上手い表現だなあと思った。

汽車に乗ってるのは犠牲になった兵士説。
鉄の腕の中で胎児化した葉蔵は鉄によって命を絶った説。
この辺は前スレでも結構語られてたけど
まとめたくなるね。
勿論結論ではなく一説として。

196 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 01:18:29 ID:2Wb0Aloa
ヴィヨンの妻に比べるとテンポは遅いし、全然おもしろいと思えなかったな
おれの場合、期待が裏切られた感デカイ
途中 眠かった

197 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 01:28:19 ID:59qWNDud
2ちゃんで纏めるのもいいけどまとめサイトみたいな所作って保管するのもいいかなと思う
最近2ちゃん全体的に過疎ってるしDVDが出たら見るっていう人も結構いるから
そういう人向けにもね

198 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 01:28:44 ID:/Mr3gDlf
ていうか前スレいっぱい色んな説書いてあって面白かったのに
もう読めない・・・

199 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 07:44:07 ID:bmW0Pslb
確かに前スレは濃かったですよね

ところで、字幕板を見た方
堀木の親に子ども達が何を言って
はやし立ててたのか少しでも
教えていただけないでしょうか

200 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 09:02:08 ID:vTq2rfpN
うちの地元の映画館は先週は1日1回に減らされたのに土日からまた
1日2回に回数増えて期間延長してる
ザッツ映画って感じで文芸作として出来がいいとおもう


201 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 10:30:09 ID:CFeE+Sgk
4月から公開するとこって結構あるね

202 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 11:02:09 ID:zOlshFQ1
>>186>>188
自分も葉蔵は死んだって思ったんだけど、それだと最後の老人顔の葉蔵は?って疑問もあって。
葉蔵はこんな老人になりましたよってことだと受け取れるし。
ただ、老人顔だけモノクロだったから、そこに意味があるのかなとも思うんだけど…。

生きてるのか、死んでるのか…どっちなんだろう。



203 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 13:04:58 ID:vzAqCRPx
老人顔は、
「今年二十七になります。白髪がめっきり増えたので、
たいていの人から四十以上に見られます。」
をそのまんま映像化しただけでしょう

原作なら生きてるけど
映画では死については観客に投げてみたんでしょう

204 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 13:07:00 ID:1RRdK77d
>>198 自分、携帯(ドコモ)からだと見れるよ。
前スレで色んな意見読んで、映画観直したらかなり面白かった。

>>198 字幕付きは観ていないんだが…
「ボロ爺さんは可哀想だなー また寝て泣くのかよー」
と聞こえた。

>>84 亀だが…キネマ旬報で芝山幹郎さんも小池さん誉めてた。
自分は金魚のシーンが好きだ。 




205 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 13:13:08 ID:1RRdK77d
ごめん。ageてしまった。

206 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 19:28:38 ID:2OQ/LEiW
人間失格

3回目見て思った事

生田斗真の人間失格だなと。彼のフインキと魅力を監督が感じてこの映画が作られたと思った。

脚本も大事だけど、一番はキャスティングかな?と感じてしまった映画です。

207 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 20:37:41 ID:mVarp1Tt
自分は伊勢谷の堀木が良かった

208 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 21:05:47 ID:iykNFX3+
そうそう、生田斗真の為の人間失格であり、人間失格の為の生田斗真ではない
葉蔵=エンジェルとあるだけあって
性的色気はなく、無邪気に幼く美しく描かれている。
今風にアレンジかしらん
そんなに女性が葉蔵に惹かれるかが疑問
でなんでそんなに落ちていくのかも疑問
女が寄ってくなら伊勢谷か中也だろうと思ったり。
原作とは別物といいながら、原作読まないと理解が出来ないし
三田さんと中也が出番の割りにかなり大きな役どころになってるから
別モンなのも確か
結局、これもありか、と深く考えず観たまんま楽しめたよ


209 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 21:14:57 ID:vzAqCRPx
女性が葉蔵に惹かれるといっても、
相手は現代でいうキャバ嬢の人気最下位みたいな女とか
子連れ未亡人とかだし、陰売婦のとこ通ってマリアの円光見たりするからね
決して凄くモテる奴が相手にする女じゃないんだよ

葉蔵は実は超凡庸な男であって、
自己愛から人間失格でありたいと考える
だからこそ、共感をおぼえる人が多い
まあこれは原作の場合だが

210 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 21:46:55 ID:GU6h/xkH
そうそう。
小説でもそうだけど、葉蔵に惹かれる女たちって総じてモテない感じの女。
(処女ヨシ子は除いて、ヨシ子酒場のタバコ屋勤めだから堅気ではないのか?)
だから「こんなモテない私に振り向いて優しくしてくれる男!」というだけで天使に見えて
勝手に盛り上がれるんじゃないかと・・・このころはまだ男尊女卑で
後家や障害もち、器量のよくない女に風当たりの強い社会だったかと。

211 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 22:00:59 ID:vTq2rfpN
でも小池栄子さんの役の女性は綺麗だし、しっかりしていてモテそうだった。
でも子持ちだからあの時代はモテなかったかもしれないね。
私も小池さんの演技いいなって思った。


212 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 22:18:29 ID:sxPB3n31
今日見てきた。
これって要蔵を外側から描いてるんじゃなくて、要蔵から見た世界を描いてるんじゃないのかな?
わざと主役に焦点を当てないようにして、その他の役者にオーバーアクトぎみに演じさせてるように見えた。
だから>>208の言ってるどこに惹かれてるのかわからないっていうのも
要蔵本人が理由がわかってなくて、なんだか知らないけど女がよってくるという描写なのかなと思った。
もちろん外から見れば>>210のように理由付けできるんだけど。

213 :212:2010/03/22(月) 22:20:46 ID:sxPB3n31
間違えた
×要蔵→○葉蔵

214 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 22:35:44 ID:Tpw6+vEd
原作を読んだとき、良子のシーンが軽くトラウマになった。

映画を観ると、相手の男に騙されたような描写はあるが、どうしても和姦にしか観れない…

>>75
中原中也は、同棲してた女を小林義雄に奪われたので、自分を「道化」と言ったのかと。

215 :名無シネマ@上映中:2010/03/22(月) 22:55:22 ID:r7juKVjV
>>208
自分は逆に原作読んでも葉蔵はただの自惚れ屋なのかと思ってたから
映画を観てこれなら納得できると思ったんだけどね。
たいがいの女は喚き立てて調子のいい男より、
愁いを帯び捉えどころのない男に惹かれるものだよ。
それでいて、母性を刺激する。ほんと曲者w
2回目の自殺未遂以降は色っぽくてドキドキした。

ってか、太宰も心中時赤い紐で相手と結ばれたままだったんだね・・・

216 :名無シネマ@上映中:2010/03/23(火) 09:03:39 ID:bkztcBNq
>>199
字幕見てないが自分も>>204さんとほぼ同じに聞こえた。
あれ、元ネタは軍の消灯ラッパを
「新兵さんはかわいそうだねー。また寝て泣くのかよー」と聞きなしたってヤツだよね。
さらにそれを替え歌にして子供が囃したててる、その時代を表す演出だね。

217 :名無シネマ@上映中:2010/03/23(火) 15:09:29 ID:lJJ00KKt
>>192
あの汽車が死へと向かっているに私も同感なんだけど
兵士たちの会話については有り得ないことではないらしい。
荒戸監督が番組で話していたと記憶している。
東京MXテレビ「西部邁ゼミナール 〜戦後タブーをけっとばせ〜」

>>204
字幕付き観た。
>>216さんの通り「新兵さん」を「ボロ爺さん」にかえた歌のようです。


218 :名無シネマ@上映中:2010/03/23(火) 16:06:53 ID:ihC/TxKQ
在りし日の歌 「骨」

ホラホラ、これが僕の骨だ、
生きてゐた時の苦労にみちた
あのけがらはしい肉を破つて、
しらじらと雨に洗はれ、
ヌックと出た、骨の尖(さき)。

それは光沢もない、
ただいたづらにしらじらと、
雨を吸収する、
風に吹かれる、
幾分空を反映する。

生きてゐた時に、
これが食堂の雑踏の中に、
坐つてゐたこともある、
みつばのおしたしを食つたこともある、
と思へばなんとも可笑しい。

ホラホラ、これが僕の骨――
見てゐるのは僕? 可笑しなことだ。
霊魂はあとに残つて、
また骨の処にやつて来て、
見てゐるのかしら?

故郷の小川のへりに、
半ばは枯れた草に立つて、
見てゐるのは、――僕?


219 :名無シネマ@上映中:2010/03/23(火) 16:15:14 ID:ihC/TxKQ
下宿屋の壁

藤村操  巌 頭 之 感

悠々たる哉天壤、遼々たる哉古今、五尺の小躯を以て
此大をはからむとす。ホレーショの哲學竟に何等の
オーソリチィーを價するものぞ。萬有の
眞相は唯だ一言にして悉す、曰く、「不可解」。
我この恨を懐いて煩悶、終に死を決するに至る。
既に巌頭に立つに及んで、胸中何等の
不安あるなし。始めて知る、大なる悲觀は
大なる樂觀に一致するを。

明治36年(1903年)5月、一人の18歳(満16歳10か月)の
旧制一高生の死が、若者たちをはじめ社会の人々に大き
な衝撃を与えた。
彼の名は、藤村操。巌頭の大きなミズナラの樹肌を削って
書き残した文言が、次の「巌頭之感」である。

ttp://www.geocities.jp/sybrma/02hujimura.htm


220 :名無シネマ@上映中:2010/03/23(火) 16:24:58 ID:ihC/TxKQ
ころり歌

太宰治  雀こ 
井伏鱒二へ。津軽の言葉で。

長え長え昔噺(むがしこ)、知らへがな。
山の中に橡(とち)の木いっぽんあったずおん。
そのてっぺんさ、からす一羽来てとまったずおん。
からすあ、があて啼(な)けば、橡の実あ、一つぼたんて落づるずおん。
また、からすあ、があて啼けば、橡の実あ、一つぼたんて落づるずおん。
また、からすあ、があて啼けば、橡の実あ、一つぼたんて落づるずおん。

221 :名無シネマ@上映中:2010/03/23(火) 17:25:17 ID:dEqXiK0s
>>218-220
ありがとう

222 :名無シネマ@上映中:2010/03/23(火) 20:27:38 ID:bvDNVLWi
すげぇー!
これどれもしりたかったヤツです!
ありがとうです!

223 :名無シネマ@上映中:2010/03/24(水) 00:25:20 ID:Lwk4Zwae
>>212
なるほど。そういう視点も、あるかもしれない。
実におもしろい。

224 :名無シネマ@上映中:2010/03/24(水) 00:33:50 ID:iwNvmlmd
葉蔵の苦悩があんまり伝わってこないなーと思って見てたんだけど
外側から描いてるから伝わって来なくて当たり前だと思い至った
平目の反応とか見てると、葉蔵は何か分からないけど死にたがる困ったちゃんでしかないんだなあと
いちいち得心してしまった

225 :名無シネマ@上映中:2010/03/24(水) 01:12:07 ID:zw5z5okh
あくまでも葉蔵の手記がベースなので
断片的な時間の進み方や他人のグロテスクさは葉蔵の感じた世界。
でも葉蔵表現のベースはあくまで客観重視で
独白は入れずに周囲の人間が捉えた葉蔵。
葉蔵が葉蔵から抜け出して俯瞰で見ているような
手記をベースにマダムが見ているような。

226 :名無シネマ@上映中:2010/03/24(水) 09:16:26 ID:h1tiS418
月曜に見てきた。
DVD出たら絶対買う。本当はスクリーンでもう一度見たいけど上映金曜までだし仕事休めないし。
原作読んだこと無いけど映画面白かったよ。

227 :名無シネマ@上映中:2010/03/24(水) 18:04:05 ID:5G87LM1A
>>215
>映画を観てこれなら納得できると思ったんだけどね。
に同意。
葉蔵は自分から女を選んでいるよね。堀木みたいに手当たり次第いかない。
カフェで華やかな女給さんが両隣にいても知らぬ顔。
地味な常子だけターゲットにしてた。
もてない女ばかりが葉蔵に惹かれるというのは、
葉蔵がそういう女を選んで気を引いているから。

礼子は会ってすぐに惚れた。良子も静子も親しくなる前に好感を持ったようだった。
マダムとは恋愛関係はないけれど、マダムも会って直ぐに気に入ったみたいだし
堀木のお母さんも葉蔵を見るなりほっとけない感じで小さい子供に接するみたいに
優しく話しかけてた。
バー青い花では男の客とも仲良しだし、男女問わずみんなから好かれて
恋愛関係になると女からとても惚れられてた。
堀木みたいな肉食系よりターゲット絞っているいっけん誠実そうな葉蔵のほうが
女はのめり込むんじゃないだろうか。
>>210
>「こんなモテない私に振り向いて優しくしてくれる男!」
これもあっただろうけど。

原作では秘密を守れる男だから女がよく寄ってきた。と自分で言ってるね。

228 :名無シネマ@上映中:2010/03/24(水) 21:27:43 ID:jWWPOAAP
女性人の中では、寺島しのぶがすごくよかった。
室井滋・・・・瞳濡れすぎ(笑)

229 :名無シネマ@上映中:2010/03/24(水) 23:31:13 ID:5RbCh814
映画後追いで本読み始めたが、行動理由分かり発見がたくさん出てくるなー。

230 :名無シネマ@上映中:2010/03/25(木) 19:16:31 ID:E2vyvyHI
>>室井滋・・・・瞳濡れすぎ(笑)
監督がインタビューで答えていたけど
生田君は女優さんの感情を引き出す力を持っていると言ってたけど
このシーンもそうだなって思った


231 :名無シネマ@上映中:2010/03/25(木) 23:07:46 ID:nhp1sa3t
>>5
寺島しのぶ:「毎日飲んだくれてます」ベルリン最優秀女優賞で 映画「人間失格」舞台あいさつ

ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した女優の寺島しのぶさん(37)が24日、
シネセゾン渋谷(東京都渋谷区)で開かれた映画「人間失格」(荒戸源次郎監督)の舞台あいさつに登場。
司会者から受賞を祝福された寺島さんは「ありがとうございます」と笑顔を見せ、
「(賞を)とってから個別でお祝いをしてくださる方が多くて、毎日飲んだくれてます。
今月いっぱいは浮かれてもいいかなと思って」と喜びを語った。
映画は太宰治の小説が原作で、俳優の生田斗真さんの映画初主演作。
生田さん演じる大庭葉蔵が、中原中也らが集うバーに入り浸って酒と女におぼれる生活を送り、
たばこ屋の娘と結婚。やっと人間らしさを実感し始めるが、再び破滅へと
導かれる出来事を目の当たりにする……という物語。寺島さんは葉蔵と心中を図る女・常子を演じた。

寺島さんは、第二次世界大戦中に中国で負傷して帰国した夫とともに生きる妻の姿を描いた
映画「キャタピラー」(若松孝二監督、今夏公開予定)に主演し、
日本人として35年ぶりに同賞を受賞した。荒戸監督は寺島さんの受賞について
「当然だと思いましたけどね。抜きんでている女優さんですから」と語り、
「そのうちノーベル映画賞をとるんじゃないか」とジョークを飛ばすと
寺島さんは「それはいらないです」と苦笑いしていた。


232 :名無シネマ@上映中:2010/03/25(木) 23:08:30 ID:nhp1sa3t
また「人間失格」の心中シーンの撮影について「荒戸さんの作品は奇跡が起きる。
一つのシーンで海の色だとか、時間ごとに変わるんです。赤目でもあったんですよ。
荒戸さんの気のミラクルだと思います」と振り返った。
また荒戸監督が、その撮影でなかなかカットをかけなかったことで、
寺島さんが足首にケガをしたことを明かすと
寺島さんは「一生背負っていく傷」とおどけ、「生田君も血だらけになっちゃって、
生田君が舞台を見に来てくれたときに『見て見て!』と(お互いに)傷を見せ合った」と笑顔で話した。

03年に寺島さん主演の「赤目四十八瀧心中未遂」も手がけた荒戸監督は「結婚さ
れてからますますお奇麗になって、素晴らしい。またご一緒していただきたい」と絶
賛、寺島さんは「(荒戸)監督の仕事は断らないようにしている。通行人の役でも。
監督の頭の中のちょっと狂った世界観という中に浸りたくなってしまう。
毒キノコのような監督」と応じていた。
http://mainichi.jp/enta/photo/news/20100324mog00m200051000c.html

寺島しのぶ「連日飲んだくれてます」
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100324-OHT1T00246.htm

寺島しのぶ、飲んだくれ宣言
http://www.daily.co.jp/gossip/article/2010/03/25/0002809789.shtml

寺島しのぶ、ベルリン女優賞受賞後は「毎日飲んだくれている」
http://cinesc.cplaza.ne.jp/news/100324/201003240016.html

「人間失格」寺島しのぶ、生田斗真と同じところに生傷
http://www.daily.co.jp/gossip/article/2010/03/25/0002809789.shtml

233 :名無シネマ@上映中:2010/03/25(木) 23:09:42 ID:nhp1sa3t
寺島しのぶ、艶やかな黒の着物姿で登場!ベルリンでの受賞がうれしくて「毎日飲んだくれてる」

24日、シネセゾン渋谷にて、映画『人間失格』大ヒット御礼舞台あいさつが行われ、
先月行われた第60回ベルリン国際映画祭で、映画『キャタピラー』での演技が評価さ
れ最優秀女優賞を受賞したばかりの寺島しのぶ、そして荒戸源次郎監督が登壇した。
世界三大映画祭の一つであるベルリン映画祭で最優秀女優賞を受賞するのは1964年の左幸子、
1975年の田中絹代に次いで日本人としては3人目、35年ぶりという快挙を成し遂げた寺島。
この日は艶(あで)やかな黒の着物姿で登場し、最初に司会者からベルリンでの受賞を祝福され、
会場が大きな拍手に包まれると笑顔をはじけさせた。
そして「連日のようにいろんな方からお祝いしていただいて、飲んだくれてます
(笑)。まあ、今月いっぱいは浮かれて飲み明かしてもいいかなと思います!」と
ちゃめっけたっぷりに受賞の喜びを語った。
過去に寺島とは、映画『赤目四十八瀧心中未遂』で組んだことのある荒戸監督は
「(受賞は)当然。抜きんでた女優さんですから」と絶賛。
そして「また機会があったらご一緒したい。結婚してからますますキレイになったし、素晴らしいよね」と
うれしそうに隣の寺島に語り掛けていた。
http://www.cinematoday.jp/page/N0023238

234 :名無シネマ@上映中:2010/03/26(金) 10:58:51 ID:zozsOMiK
>>231-233
乙です。
公式サイトにもレポが載りましたね。
初日あたりに監督は「3回目くらいが1番おもしろい」とPRしていたけど
今回は「3度見ないとわからないからね。5回見たら面白みが増すよ。」とw
確かに観るたびに発見があってちがう印象を受ける。
だからちがう感情になって面白い。

235 :名無シネマ@上映中:2010/03/26(金) 23:19:51 ID:2HZCFinl
映画観て本読んで映画観て本読んでの繰り返しが良い

236 :名無シネマ@上映中:2010/03/27(土) 00:14:26 ID:ko1jzM2u
>>227
>もてない女ばかりが葉蔵に惹かれるというのは、
>葉蔵がそういう女を選んで気を引いているから。
と言うよりは、葉蔵が何かしら陰を背負った女に惹かれてしまうんでない?
華があって自信満々の女は苦手だろうし。

237 :名無シネマ@上映中:2010/03/27(土) 00:51:10 ID:BbexZ8DM
自分が日陰者だから日陰者に優しくなれるつって原作にはっきり書いてあるからな
まあそれは、たいしてもてない自分を擁護するための滑稽な理由づけなんだけどね
こういう自己擁護が共感を呼ぶんだ

238 :名無シネマ@上映中:2010/03/27(土) 01:36:33 ID:8ZZc+UJb
観てから2週間以上経つけど
お金が鍋に入っているシーンがじわじわきてる

うんこ座りで鍋を見つめ、お金がほしいのかと思いきや
「なんで鍋なんでしょう?」
あのシーンだけ女にもモテないし
葉蔵が可笑しくて可愛くて思いだすと笑えるけど
一体何がしたかったんだろう

239 :名無シネマ@上映中:2010/03/27(土) 06:24:57 ID:UJ4h8V2/
>>238
笑えたのかw
自分はあのシーンがどうにも切なくて、唯一涙がジワリときたんだ

240 :名無シネマ@上映中:2010/03/27(土) 09:37:31 ID:f4zGpwrI
>238
>一体何がしたかったんだろう

確かにあのシーンはなんのため?
って思って考えてみた。

戦争への時代の空気、
キリスト教の存在意義、偽善感
葉蔵の社会への不信感とか違和感
クスリの高揚感のおかげで
それを表に出すようになってきた?

一人だけ薄着だしうんこ座りだし
セリフも態度も社会から浮きまくってて、
周りも避けて通るし、
悲しいと思いながらも、
自分は笑っちゃいました


241 :名無シネマ@上映中:2010/03/27(土) 10:40:48 ID:SjS56AFT
葉蔵の中で、お金(=生々しく時として汚いもの)が、鍋(食べ物=汚くないもの)に
現実として残酷なまでに結びついている実感が、あんなにも希薄なものだという表現でしょう。

葉蔵にとっての「お金」は、生活のために血の出るような思いをして手に入れるものではなく
単なる記号みたいなもの。
場合によっては汚い思惑でやり取りされるということを、現実のものとして実感していないから
堀木にあれだけ理不尽にたかられても、手持ちがあれば何の気なしに簡単にあげてしまう。
自分がまともに牛乳の代金すら払えないことも、それが不甲斐ないとか情けないとか思わず
「あんなにあったのに、たくさん使っちゃったからこれしかないや」程度にしか思えない。
だから、お金が「葉蔵の考える記号としてでなく、現実的な意味を持って」やりとりされることが
本当の意味では理解できない。

「何で鍋なんですか?(食べ物である)鍋の中に汚いお金を入れるなんて」
という言葉も、周囲から浮きまくっているうんこ座りも、子供みたいにお金をじっと見ているのも
現実世界から著しく乖離している葉蔵のポジションを表現してると思う。
兵隊が気炎を上げている汽車や、ラスト近くの開戦を知らせるニュースは
国全体の一大事を象徴しているのに対して、葉蔵はそこから全く離れたところに存在している。
現実を生きているという実感が、完全に欠落している。ある意味完璧に孤独なんだと感じた。

242 :名無シネマ@上映中:2010/03/27(土) 15:59:56 ID:ko1jzM2u
社会も葉蔵を受け入れない。葉蔵も社会がわからない。
慈善活動もキリストも讃美歌も葉蔵を受け入れないし
葉蔵の心にもそれらは届かない。
お金がなく薬のため体を売るような落ちぶれた生き方をしていても
お金を鍋に入れるという感覚が葉蔵の美徳に引っかかる。
葉蔵には誰の心も理解出来ないし、誰も葉蔵の心を理解出来ない。
すなわち孤独・・・。

あのシーン大好き。
社会にとって葉蔵が特殊なんだけど
見てると社会や慈善団体や寄付する女性が変なような気にさせられる。
この作品全編において葉蔵ではなく周りの人間が変なような気にさせる作りで
それは1つのテーマみたいなものだと思うんだけど。
社会鍋のシーンはそれの対社会の絵だよね。

243 :名無シネマ@上映中:2010/03/28(日) 01:05:16 ID:+lpJqNkL
ところで、映画パンフレットと写真集はどっちが買いかな?

どっち買おうか迷ってるんだけどさ

244 :名無シネマ@上映中:2010/03/28(日) 10:21:40 ID:UyCrHnTN
絵がきれいだった。

245 :名無シネマ@上映中:2010/03/28(日) 10:28:16 ID:nY7kQXYk
>>243
どちらも買い。内容違うしね
強いて挙げるならパンフかな…雪の喀血シーンが神がかってきれいだから

246 :名無シネマ@上映中:2010/03/28(日) 12:04:35 ID:AvZd57Fa
>>243
写真集のほうは見ていないので比較出来ませんが
パンフは監督のインタビューがおもしろかったです
わたしは見に行く前に友達に見せて貰ったのですが
これを読んでおいて「なるほど」と思ったことがあったし。


247 :名無シネマ@上映中:2010/03/28(日) 15:34:14 ID:brz+V5HH
パンフ置いてなかった
通販してよ

248 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 13:22:14 ID:u0vWuWW8
昨日観て来たけど想像以上に良かった
写真集欲しいな

249 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 16:39:50 ID:NdBRKOs0
きのう観てきた
最初のうち??微妙だったけど
途中から良かったかな


250 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 17:44:06 ID:hmMUF70y
>>238
社会鍋のシーンは皆と同様に哀しくなったけど
何度も観てたらじわじわくる笑ってしまうポイントが私もできた。
カフェでキスしようとして止めた堀木が、まだ長々と隣に座ってる常子を二度見。
その二度見が面白く感じてしまってじわじわきます。

社会鍋は雪が降ってて寒そう。
裕福な人は高級そうな靴や鞄にコート着て歩いてる。
そうじゃない人は冬服を着こんでる。貧しそうな人でも貧しいなりに防寒対策してた。
葉蔵だけ完全に浮いてたね。
黄色系のセーター着た母と息子が仲良く歩いてて切なかった。

251 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 00:16:41 ID:ai5cZj5A
後から本読んで謎が分かったよ。

252 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 11:35:39 ID:/W/T1HCm
>>243
245さんも言ってるけど、パンフも写真集もどっちもいいよ。
写真集はページ数あるし写真も多いから見ごたえある。量・質ともに充実。
パンフは量は少ないけど映画同様に余韻がある。
綺麗な写真とテキストが印象に残る。どちらもいい。大満足。

253 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 17:32:09 ID:PFmEN7Q3
>>247
パンフが売り切れで買えないなんてひどい


254 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 23:07:30 ID:/JisOe4z
葉蔵と鉄が抱き合ってるシーンはどんな意味があったの?

255 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 23:09:28 ID:452WS+Y2
自分の地元劇場もパンフ置いてなくて、
通販サイトの案内だけ受付に書いてありました。
すぐ届きましたよ。

キャラアニ
http://www.chara-ani.com/

256 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 00:12:11 ID:Tn9G4pzg
>>254
慰め合い

257 :243:2010/03/31(水) 01:40:34 ID:9fhOzQ2O
みなさんレスありがd
そっかどっちもそれぞれ魅力あるんだ…もっと迷っちゃうじゃんw
両方買おうかなw

この映画はとにかくキャスティングが神だと思います
観て良かった、とても満足な出来でした。

258 :名無シネマ@上映中:2010/03/31(水) 18:43:06 ID:qGnTkHfn
4月3日から上映する劇場がけっこうあるね。
パンフおすすめ〜

259 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 18:34:21 ID:Z6rLrUYb
うちの地元明日で最終
自分にとって最強にどんぴしゃタイプの
葉蔵くんに会いに行ってきます
メンヘラ美男子最強!
ちなみにパンフも写真集も2セット持ってるよ

260 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 19:09:00 ID:kF3qr2yX
>>259
いってら〜
楽しんできてね〜

261 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 19:30:55 ID:Z6rLrUYb
>260d!
ちなみに友達にパンフ見せたら
この人かっこいいって
伊勢谷さんがタイプらしく、
明日一緒に行く事になったwww
あんまいい役じゃないよ、とは
教えてないww

262 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 20:35:09 ID:A05ftuus
伊勢谷、映画キャシャーンの時はカッコ良かったな

263 :名無シネマ@上映中:2010/04/02(金) 23:14:17 ID:V7a+YMNi
そういや伊勢谷って作品に恵まれないな

264 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 22:22:10 ID:77iRsIUN
編集者以外の葉蔵に絡む女性がみんな怖かった
鉄とかホラーに近い

中原中也が何か存在が軽かった

まあでも面白かった

265 :名無シネマ@上映中:2010/04/07(水) 22:31:59 ID:9yq/t7LB
小池栄子さんよかったね

266 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 10:48:09 ID:wPiC3Q+E
列車内の軍人達に「日中戦争」と言わせたのは何か理由があるんだろうか。
当時は「支那事変」と呼んでいたと思うが。
あの場面は現実の出来事ではなさそうなので、
軍人たちのセリフは戦後的な見方だと言う意味で「日中戦争」とわざと言わせたのか?
それとも今メディアで「支那事変」は使わない方針か?
細かい事だが気になった。

267 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 11:30:07 ID:bZ6myq9u
観てきた
作品の出来は想像の範囲内だった。役者の演出も これといった意外性も
驚きもなく強いて言えば原作にはない中原中也を登場させたとこぐらいか。
それが監督の原作に対する自分なりの挑戦をしたと感じた
終盤の列車の中でのシーンで今まで、付き合った女性たちを象徴的に
回想録のように登場させたとこは、ここがクライマックスですよと
記号の様に提示された、いささか使い古された演出で内心苦笑した
映画が終わり観客は数組の女性同士かカップルだけだったが
その中の一人の女性が「長かったぁ〜」と嘆息まいた感想を漏らしたけど
この映画の感想としては実感のある感想だなと自分も同感したな

268 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 12:18:29 ID:E0YhUSOs

スイーツは「太宰〜!すごいwすごいw」と食いつくのかな。

269 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 15:56:23 ID:mL3QXH1x
>>265
自分も小池さんが一番女優陣できれいで演技もよくていいと思った
色っぽさが半端ない

270 :名無シネマ@上映中:2010/04/08(木) 23:47:19 ID:7CWXEmDZ
映画の静子さんはいい女だった。
仕事をバリバリして母としても◎で女としても◎

原作での静子のイメージは仕事も葉蔵の面倒もサクサク進めていく男勝りな女で
性格的に可愛くないイメージだったけど、映画の静子さんはかわいらしかった。

映画は常子さんも可愛かったね。

271 :名無シネマ@上映中:2010/04/09(金) 09:43:51 ID:SnoFWxFM
新たに上映始めた渋谷や横浜行った人いる?
映像どうかな?最後に豊洲行ったけど、結構暗かった
自分が観た中ではチネチッタが一番クリアで良かった。別館の方はダメだったけど


272 :名無シネマ@上映中:2010/04/09(金) 11:27:27 ID:Jhdv7UEb
今更みてきたが、
人間失格にはまった若者にお勧め

読んでないなら、サリンジャーの
「バナナフィッシュにうってつけの日」
だっけ、読んでみ。
短編

失格にそっくりの話が出てくる。
パクリじゃないが。
頭デッカチの繊細青年が、
無垢の子どもに見破られてがっくり
みたいな。

こんな書き方すると身も蓋も無いな。
本当に繊細な話なんだが。

サリンジャーと太宰は並べられる事がよくあるし、
読んで損は無い。

バナナフィッシュ日和も
言葉や登場する物いちいちに意味がある。
失格の「映画」みたいにな。


273 :名無シネマ@上映中:2010/04/09(金) 16:04:26 ID:d3i0ZqKM
>>270
映画は静子も常子もかわいかった。
そして薬屋も原作よりも映画のほうが人間味があってよかった。
原作の薬屋は極悪なおばさんって印象で嫌悪感しかなかったけど
映画はほんの少しだけ同情できた。

274 :名無シネマ@上映中:2010/04/12(月) 17:11:15 ID:sDMhcfZs
写真集ゲットした。いいね〜

275 :名無シネマ@上映中:2010/04/13(火) 00:26:08 ID:A/YVWz3Q
その日、給食の時間に、その生徒(姓はいまだ記憶していませんが名は竹一と覚えています
その竹一は、れいに依って牛乳配り、自分たちは牛丼の盛り付けをさせられていました。
自分は、わざと出来るだけ厳粛な顔をして、
「そんなことよりよ聞いてくれよ」
「あのな、つゆだくなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。」
「しかしこれを頼むと次から店員にマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。」
すべて2ちゃんねるのパクリでした。
果たして皆の大笑いになり、自分も満足していると、いつそこへ来ていたのか、
竹一が自分の背中をつつき、低い声でこう囁きました。
「逝ってよし」
自分は震撼しました。2ちゃんのぱくりと言うことを、
人もあろうに、竹一に見破られるとは全く思いもかけないことでした。
自分は、世界が一瞬にして地獄の業火に包まれて
燃え上がるのを眼前に見るような心地がして、
わあっ!と叫んで発狂しそうな気配を必死の力で抑えました




276 :名無シネマ@上映中:2010/04/13(火) 00:41:17 ID:s16HUcrV
>>272
バナナフィッシュといえば某少女漫画が真っ先に思いつく自分だが
失格にハマったので読んでみるよ
言われてみればライ麦畑〜って海外版人間失格っぽいしな

277 :名無シネマ@上映中:2010/04/13(火) 06:32:11 ID:q5siMmQF
どこらへんが人間失格っぽいんだろ?w
なんか笑っちゃった

278 :名無シネマ@上映中:2010/04/13(火) 13:59:14 ID:Fkjd5WxU
葉蔵の少年時代を演じた男の子ってドラマあたしんちの男子に出てた子なんだな。
このドラマちゃんと見てなかったけど棒演技のカワイイ美形の子がいたな〜と思い出した。
調べたら岡山智樹くん。少年葉蔵役、とてもよかった。
最後の大人の葉蔵(生田)と一緒の写真、少年葉蔵のなんともいえない表情は
監督はどう指示したんだろう。あれ好きなシーンのひとつ。
荒戸監督は子供が苦手で子役の演技指導を以前
助監督にお願いしたことがあると、どこかで聞いた記憶がある。
(記憶違いだったらごめん)

279 :名無シネマ@上映中:2010/04/13(火) 14:35:48 ID:qRJawCia
しかし、子役は当時の風俗の象徴のようにたくさんでてくるよね
記念撮影、本郷館、ツネコの住む下町、結婚式、洗瓶屋
しげこちゃんのあどけない口ぶりがあざとくなくて良かったよ

280 :名無シネマ@上映中:2010/04/13(火) 15:50:52 ID:aHuHnLYz
ヒラメの骨董屋の前でおじさん達がなにやらしてるのは何だったんだろう?
将棋とか囲碁でもやってたのかな。もしくはオープンカフェ?w

>>279
しげこちゃんよかったね。
葉蔵とのシーンも、静子さんとのシーンも。

記念写真終わって「葉ちゃん遊ぼ遊ぼ」と楽しそうにしてた女の子たちが
葉蔵のところにやって来たヒラメから距離を取って嫌そうな表情して見てたのはなかなかよかったw
あの時の葉蔵坊ちゃま、まぶしそうな顔してたから
女の子たちもだた眩しかっただけかもしれないけどw

良子との新居の縁側のお向かいの家にも母と子供が映っていたなぁ。
社会鍋でも寄り添う親子が何組かいた。

母と縁が薄い葉蔵と子のない鉄様の二人…

281 :名無シネマ@上映中:2010/04/13(火) 20:02:56 ID:5OrldqT3
おじさんたちは縁台将棋指してるのかと思ってた。
子役葉蔵いい表情してたね。
↑のドラマでも雰囲気出てたよ、でも確かにこの映画の方が合ってたと思う。

282 :名無シネマ@上映中:2010/04/13(火) 20:34:29 ID:q3MW4T1A
どなたか青い花で黒金魚が4匹の理由を教えて下さい

283 :名無シネマ@上映中:2010/04/14(水) 02:10:00 ID:KPvXnJ46
>279
かわいい子供と言えば、良子との
落ち着いた生活の中でかいていた漫画の
コマの中の子供も可愛かった。
子猫?を助けた女の子のセリフが、
「もう大丈夫ですよ」みたいなのだった。いじらしくてジーンとしたなー。

>282
(数は関係なく)黒金魚だけ、という事で
マダムとは関係していない、という意味では?

284 :名無シネマ@上映中:2010/04/14(水) 23:30:14 ID:1lyFmbrE
青い花の金魚鉢、楕円形?高さがない大きな鉢でオシャレだった。
黒金魚の数は覚えてないんだけど、黒金魚だけ映ったシーンと
複数の黒金魚の中に暗めの赤(赤褐色?赤茶色?)の金魚が泳いでいるシーンもあった記憶。
黒金魚のウロコが光って赤褐色に見えたのかな〜
黒琉金の中で赤褐色の金魚だけランチュウ型っぽい。あの金魚がマダムかな、と思ってた。

285 :名無シネマ@上映中:2010/04/15(木) 01:32:57 ID:csvSgWmR
ブルーレイ来い!
ブルレイじゃなきゃ買わない!
美しい映画なんだからそこは外さないで下さいよ。

286 :名無シネマ@上映中:2010/04/15(木) 09:43:53 ID:86Hoo6lI
昨日初見だった

確かに映像が綺麗だった
余韻が残る感じが心地良いね

何より・・・貸切状態で見れた
かなり集中出来たが、尻が痛かった

287 :名無シネマ@上映中:2010/04/15(木) 14:56:12 ID:UbXkpnMq
>>286
貸切なんて贅沢な気分だろうな。
静かに集中して観られて羨ましい。

>>284
赤金魚と黒金魚たち。
バーに集まる文豪たちとマダムの写真を思い出した。

288 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 19:45:03 ID:+lw7VMs0
2回目観て来た
初めて観たときは一番後ろで観て今日は真ん中辺り。
2回目という事もあるんだろうが、新しい発見が沢山あった。
映画も真ん中辺りで観るほうが観やすいなと感じた。



289 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 19:47:21 ID:VAfjmdpn
個人的に無い方が好きな箇所
・お目目きょろきょろタタミイワシ・ラストの葉蔵お化け化

なんか浮いてる気がした

290 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 21:53:06 ID:3Dixjzri
>285
言霊じゃん!
ブル齢来たね
特典もあるし絶対買いまーす!

291 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 21:59:49 ID:Qe/TcMNU
>>290
プレイヤー持ってないけど自分も買う!

292 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 23:09:33 ID:0jlh8Tsy
金スマ見てたら
「僕はもう人間ですらないのに」
「いいんだ、いいんだ!神様には私が謝るはんで!」
がオーバーラップしてきた。
もちろん、プロだから役のこと以外で何も考えなかったかもしれないけど
三田さんにこれを言わせるってすごいよね。
偶然でも、彼女の背景を知ってしまうと言葉の重みが違ってくる。
三田さんがガンを乗りこえきたこと知らなかった。

293 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 23:17:30 ID:1PNYHbOS
>>292
そのシーン苦手だ…
まるで蜘蛛の巣にかかった綺麗な蝶を毒クモが絡め取ってるみたいに見えて…
何度みてもこのシーンの鉄は化け物だと思ってしまう

294 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 23:21:03 ID:0jlh8Tsy
>>293
そうなんだ?
自分は鬼子母神にも似た狂気の母性を感じて
駐在から葉蔵を守ろうとするところは愚かしく幼く一途な健気さを感じた。

295 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 23:24:33 ID:PTNGb7iZ
セリフよりも合間に入る「はぁ…あはぁ」っていう吐息が苦手
化け物感倍増する
もちろんそれだけ三田さんの技術が凄いってことなんだけど

296 :名無シネマ@上映中:2010/04/17(土) 08:58:01 ID:WLadwavE
それまでの葉蔵の女性遍歴もあって、鉄は母性よりやっぱ女って感じで受け取ったよ
薬屋がなければ母性と感じられたかもしれないけど

>>292
三田さんの背景っていうと薬物に手を出した息子ということで
何か思うところはあったのかなぁ

297 :名無シネマ@上映中:2010/04/18(日) 13:26:20 ID:XpzFlrfC
石原さとみの葉蔵を見つめるあの目はすごいw

298 :名無シネマ@上映中:2010/04/18(日) 22:31:04 ID:5gAuHQQ2
太宰自身も奥さん寝取らてたらしい。
ショックだよなー。

299 :名無シネマ@上映中:2010/04/18(日) 22:58:15 ID:5gAuHQQ2
伊勢谷は、映画実写版あしたのジョーで、力石役やるらしい。

300 :名無シネマ@上映中:2010/04/18(日) 23:12:09 ID:LP4gv4y1
>>266
それはむちゃくちゃ気になった。
背景に昭和維新の歌を併せていたところにも違和感あり。
なぜ皇道派風味の軍人が厭戦なのかと。

意図してやったなら分かるが、深く考えないでやったなら
近代史への恐ろしく浅い理解を露呈しているような。

301 :名無シネマ@上映中:2010/04/18(日) 23:55:40 ID:Y5bw8rhr
死後の世界だからかと思ってたんだけど
それじゃ説明つかないのかな

302 :名無シネマ@上映中:2010/04/19(月) 09:56:19 ID:XUw7qmnZ
>>300
意図してやったと思うけど本当のところは分からないねぇ。
DVDのコメンタリーで監督がいろいろ話してくれてるといいけど。

303 :名無シネマ@上映中:2010/04/19(月) 10:13:45 ID:dW09arBt
DVDコメンタリーあんの?
監督の話聞きたいなあ

304 :名無シネマ@上映中:2010/04/20(火) 16:32:18 ID:4eEcg3xK
で、結局海外の映画祭には参加しないわけ?

305 :名無シネマ@上映中:2010/04/21(水) 10:21:08 ID:ZaPI4qBF
>>303
生田と荒戸監督によるオーディオ・コメンタリーあるようです。
ジャニーズ公式に載ってました。

306 :名無シネマ@上映中:2010/04/21(水) 19:30:35 ID:pInpzoeo
オーディオコメンタリーってどういうものですか?

307 :名無シネマ@上映中:2010/04/21(水) 19:55:05 ID:5TClALHy
>>306
副音声で監督や出演者が映画を見ながらコメントするのじゃない?
この時は、こんなエピソードがあったとか、この場面にはこういう意図があったとか
解説してくれたり、感想を言ってくれる。
或いは、ちょっと映像から連想されるネタについて雑談したりするので、
コメントしてくれる人たちの関係性や雰囲気が伝わる。

308 :名無シネマ@上映中:2010/04/23(金) 21:50:56 ID:D37xDOJ1
何度も観て、自分なりに各場面いろんな解釈をして楽しんでいるんだけれど
花びらが降る葉蔵と中也のシーンが分からない。
何故にゆっくり大量の花びらが降るんだろう。
綺麗だな〜さみしいな〜無常だな〜とぼんやり想うしかできない。
それで不満はないのだけれど。
何年か経った時、ちがう何かを感じるかもしれない、と期待している。

309 :名無シネマ@上映中:2010/04/23(金) 21:55:11 ID:5+0rzaSJ
>>307dです
楽しみだー

310 :名無シネマ@上映中:2010/04/24(土) 12:13:59 ID:YLXW2DsR
花びらのシーンについてですが

小林秀雄「中原中也の思い出」を
図書館の全集等で探して読んでみてはと思います

もちろんその感じ方ですでに素晴らしいのですが






311 :名無シネマ@上映中:2010/04/24(土) 15:07:23 ID:Dwtdplgj
太宰と中原の関係知ってんのかな監督
知ってるわけないか

312 :名無シネマ@上映中:2010/04/25(日) 02:34:32 ID:HdS0Lp97
>>310
妙本寺の花見のやつですな

313 :名無シネマ@上映中:2010/04/27(火) 16:57:23 ID:vVHHpugw
>>310
レスありがとうございます。
図書館には久しく行ってないけど、この機会に行ってみようと思います。

314 :名無シネマ@上映中:2010/05/01(土) 18:04:35 ID:u8LaSo0G
地元は昨日が最終上映でした。
大きいスクリーンで見るのは最後だな〜と思い行ってきた。
あとはDVD発売まで楽しみに待ってます。
最後の音楽、やっぱりいい。

>>311
中原中也は最後の列車シーンも印象に残るし監督の思い入れは感じる。
中也をよく知る人はいろいろ感じることがあるんだろうな。

315 :名無シネマ@上映中:2010/05/01(土) 18:34:09 ID:Q4L3qeYh
思い入れっつーか
ジャニーズを目立たせないといけなかっただけだろ

とはいえあの監督は中原は好きそう、太宰のことは嫌いなようだ
中原の映画でも撮ってろっていう

316 :名無シネマ@上映中:2010/05/01(土) 18:55:53 ID:u8LaSo0G
そういえば>>284で話題になったマダムのバーの金魚。
金魚鉢がアップになった時は黒金魚しか見えなかったけど
スクリーン左側に金魚鉢が映った時に赤っぽい金魚も泳いでた。
真っ赤(朱色)じゃなくて赤茶っぽい金魚。

317 :名無シネマ@上映中:2010/05/05(水) 02:29:32 ID:eNYko+It
とりあえず、熟女マニア必見、ってことで。

318 :党一京会=2ちゃんウン営=清和会=サッ長連合:2010/05/05(水) 04:38:10 ID:9V4ogejr
2ちゃんねるは党一京会の世▲論工作所として作られてる。あとI▲P集めが目的。

今年の7月から東京にあるネ▲ットカフェはすべて会員制になります。匿名書き込みできなくなりました。
警▲察が、ユダヤ(統一京会)やサッ長連合のためにインターネ▲ットカフェ規制をする。

【池田整治 (著)  マインドコントロール】↓
・第二次世界大戦時、油田のないドイツに石油を販売していたのは、英国女王支配下の石油会社。
・アメリカ軍から「日本の水道水には塩素が入ってるので飲めない」と言われた。
GHQのマッカーサーが日本人を弱らすために水道水に塩素を入れた。古い水道管から溶けだす鉛や、
農薬や有機物質と塩素が化合し、トリハロメタンやMX等が猛毒の原因にもなっている。
・上九一色村のオウム強制捜査前に、警察幹部が池田に「最初の機動隊員が50名から150名が死ぬかも」といった。
──裏の支配者グループが「資本主義」と「共産主義」を作り出した──
東のアジアで、太平洋を越えて大陸共産圏と直接「対峙」でき、かつ強大な軍の「拠点」となり得るのは、
日本列島しかなかった。このための具体的な占領施策が、次の四つだった。
1.一方的なやらせ裁判である極東軍事裁判(東京裁判) 2.GHQ作成の日本憲法の押しつけ
3.約7000冊にものぼる歴史・戦略等図書の焚書  4.完璧な検閲体制
江藤淳氏はこれを「戦争犯罪情報プログラム(戦争犯罪周知宣伝計画)に基づいた占領政策」と指摘している。
http://megalodon.jp/2010-0402-0207-39/jb▲bs.li▲vedoor.jp/b▲bs/read.cgi/study/368/1▲074780696/156-163

■いま日本の支配者はサッ長連合(鹿児島県、山口県)の田舎侍たちです。日本はいまだに武家社会です■

・総理大臣、大蔵大臣、外務大臣や公安、警察、自衛隊の歴代トップは鹿児島県、山口県、 高知県、
佐賀県、 長崎県出身者ばかりです。国策捜査はサッ長連合やアメリカのための捜査です。
詳細 http://megalodon.jp/2010-0406-1616-37/anchorage.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1270526809/2-4
閨 閥http://www.kyudan.com/column/keibatu.htm
新2ちゃんねる
http://megalodon.jp/2010-0505-0028-11/jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/school/1381/1248878879/746

319 :名無シネマ@上映中:2010/05/06(木) 19:32:05 ID:aX1Vt21e
すごくすごく大好きな映画です。自分でもビックリする位。
なので、主演の生田君はもちろんの事、監督にすごく興味がもちました。
男性なのに女性の事こんなにも分かる人というか(笑)
監督の生い立ちを知りたくなったな。



320 :名無シネマ@上映中:2010/05/13(木) 15:39:22 ID:FbeOdHCS
海外で上映しないの?

321 :名無シネマ@上映中:2010/05/13(木) 16:59:16 ID:qjUNBKXV
>>320
するよ。大分前に情報出回ってると思うけど…情弱?

322 :名無シネマ@上映中:2010/05/17(月) 15:50:45 ID:IgGUwCo4
地元は上映終了してしばらく経つけど、おくれて上映した他所では上映中だったり
これから上映のところもあるんだな。
角川シネマ新宿はさすが公開日からずーっとやってて羨ましい。

323 :名無シネマ@上映中:2010/05/18(火) 12:19:36 ID:t/Gup0uS
情報は前々からあったけど今日報知にのってました
第13回上海国際映画祭にて上映されるそうです

324 :名無シネマ@上映中:2010/05/18(火) 13:04:53 ID:IK6wAmzi
>>323
情報ありがとうございます

全く関係ないんだけど、グリコの朝食りんごヨーグルトのCMの男の子が
綺麗な顔していて可愛くて、少年時代の葉蔵にちょっと似てる。
父親の馬車に乗って嬉しそうな葉蔵と高級リムジンに乗ってご機嫌のCMの子。
朝食りんごヨーグルトの子→少年葉蔵(岡山智樹くん)→大人葉蔵(生田)
自分の中でつながった。

325 :名無シネマ@上映中:2010/05/22(土) 05:04:30 ID:X53FUVgN
伊勢谷、これから、映画あしたのジョー、ドラマ龍馬伝と、快調じゃん!

326 :名無シネマ@上映中:2010/05/22(土) 08:12:57 ID:MMJoEM1J
藤原竜也、綾瀬はるかも時給11万2千円に釣られた!?映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』のポスターが解禁!
ttp://www.cinematoday.jp/page/N0024517

327 :名無シネマ@上映中:2010/05/22(土) 08:17:10 ID:MMJoEM1J
すいません誤爆です

328 :名無シネマ@上映中:2010/05/25(火) 22:00:17 ID:Om5+qKr8
アニマックスで今から青文学始まるぜ!

329 :名無シネマ@上映中:2010/05/25(火) 22:03:24 ID:17hxOQaB
>>328
アニメ板の該当スレにお知らせしたら?

330 :名無シネマ@上映中:2010/05/25(火) 22:05:31 ID:DjSUPZeY
>>328
見てるよ^^

331 :名無シネマ@上映中:2010/05/25(火) 22:26:44 ID:PVl2S2TQ
俺もアニメ見てるけど
おもしろいっていうか痛々しいな。
こういうのを見てる奴らって精神病んでそうだな。

332 :名無シネマ@上映中:2010/05/25(火) 22:31:12 ID:Om5+qKr8
フッフフ
どうやら誤爆しちまったようだな俺

333 :名無シネマ@上映中:2010/05/25(火) 23:42:16 ID:mkzXJ2mb
えっ誤爆だったのw
乗ろうと思ってたのに

334 :名無シネマ@上映中:2010/05/26(水) 16:31:08 ID:yW1H4TGI
何かと思ったらアニメかw
映画はまだ上映しているところもあるけど、ずいぶん落ち着いたね。
DVD発売になったらまたレス増えそう。

335 :名無シネマ@上映中:2010/05/26(水) 21:42:46 ID:TVfzEEcI
熟女マニアは、いないのかい? このスレに。

336 :名無シネマ@上映中:2010/06/03(木) 10:11:08 ID:EgcSgN/t
角川シネマ新宿で〜6/11ラストラン!
19時〜だけどスクリーンで見たい人はラストチャンス。
あとは地方と上海かな。

337 :名無シネマ@上映中:2010/06/03(木) 15:39:51 ID:bPWsJvIJ
>>336
情報ありがとう。
新宿行ける人が羨ましい。

338 :sage:2010/06/05(土) 22:14:55 ID:O9c5EVUA
姫路にて7/16(金)1日だけ上映あるらしい
各地方、沢山廻ってくれるといいね

339 :名無シネマ@上映中:2010/06/05(土) 23:17:39 ID:lnCpTdqK
都内でも三軒茶屋シネマで6月26日から2週間やるよ

340 :名無シネマ@上映中:2010/06/07(月) 23:32:47 ID:BHWcGS/A
何何?
そのスポット上映は?

341 :sage:2010/06/09(水) 20:42:18 ID:R3RL7t88
>338姫路の前売りは900円ですよ

342 :名無シネマ@上映中:2010/06/11(金) 10:17:55 ID:ncBMxkQB
>>323
ネットニュースによるとチケット完売したようですね。

343 :名無シネマ@上映中:2010/06/11(金) 22:01:00 ID:BjclKXYE
>>342
この記事ですかね

http://jp.eastday.com/node2/home/xw/wy/userobject1ai53181.html

嬉しいニュースだ!

344 :名無シネマ@上映中:2010/06/14(月) 02:00:34 ID:ZngovIsU
>335
それを言ってくれるな、悲鳴がでそうだ。

覚えてるセリフで埋めてみる。

345 :名無シネマ@上映中:2010/06/14(月) 14:08:39 ID:fDmvirQF
【大阪】ある靴修理屋のウラの顔【十三】


「ブランドや、思い入れの深いものに対しては、極力、その製品に近づける
リフォームを心がけています」と話す岡橋正隆さん(30歳)。

(Googleに保存されているキャッシュ)
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:tHvXAUju_DAJ:www.yodosun.org/yodogawasanpo/56gou/3p2.html


【のぞき目的で建物侵入容疑 奈良西署が男逮捕】

奈良西署は8日、建造物侵入の疑いで、大阪市東淀川区相川3丁目、皮革修理業
岡橋正隆容疑者(36)を現行犯逮捕した。
同署の調べでは、岡橋容疑者は8日午後6時15分ごろ・・・・女性用トイレののぞき
目的で侵入した疑い。
・・・・同署によると、岡橋容疑者は容疑を認めているという。

(奈良新聞平成22年2月10日掲載)

346 :名無シネマ@上映中:2010/06/17(木) 21:16:25 ID:hW/VmePH
生田斗真主演「人間失格」の都内上映が、先週の6月11日で終了。2月20日からの公開で、
何と4ヶ月近いロングラン上映だった。興行成績は全国動員45万人・興収5億4千万円。
100スクリーン台の劇場数を考えれば、健闘である。生田と荒戸監督とのコンビぶりに、
健闘の礎があったと言えよう。    映画評論家大高広雄 twitter より

347 :名無シネマ@上映中:2010/06/18(金) 11:52:13 ID:/4mMjHNB
健闘おめでとう!
DVD楽しみにしてます。

348 :名無シネマ@上映中:2010/06/19(土) 11:39:42 ID:OEfV5F4r
三鷹いってる?

349 :名無シネマ@上映中:2010/06/22(火) 14:24:40 ID:k7Q48OyG
>>338-339
へええ、ロングランだな…

350 :名無シネマ@上映中:2010/06/22(火) 20:40:13 ID:qTSWc1uk
よっこらせと。
持って来た。

あなたが選ぶ上半期映画NO.1は?
http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/ns-cinema/vote-fun-first.html

携帯はこちら
http://www5.nikkansports.com/mobile/entertainment/eigafan_top.html

良い映画だったし、ぜひ投票!

351 :名無シネマ@上映中:2010/06/22(火) 23:45:36 ID:u84czxOC
そんなので上位になっても
ジャニヲタ乙としか

352 :名無シネマ@上映中:2010/06/22(火) 23:53:42 ID:+WvTz3TS
なーんでここで告知するかな、全く

353 :名無シネマ@上映中:2010/06/22(火) 23:57:04 ID:TUiXw5yH
>>352
アンチは色々と監視しなきゃいけなくて大変だねw

354 :名無シネマ@上映中:2010/06/23(水) 11:04:56 ID:AbliYSP0
映画館で上映いいな〜。
また大きいスクリーンで観たいけどDVD待ち。
特典に期待している。

355 :名無シネマ@上映中:2010/06/24(木) 01:21:02 ID:2xaJRj5T
角川映画「人間失格」、11日に都内上映を終了

角川映画配給「人間失格」の都内興行が、6月11日までの角川シネマ新宿を最後に終了した。
2月20日から、角川シネマ新宿ほかで公開。6月11日までの16週間ロングラン上映だった。
6月11日現在、全国動員44万7483人・興収5億 3638万7700円を記録。
これは、角川シネマ新宿をメインにした公開作品としては、「ドロップ」(19億5千万円)、
「旭山動物園物語 ペンギンが空を飛ぶ」(9億円)に次いで3番目の成績となる。
2月20日から154スクリーンで公開された「人間失格」は、昨年公開され同じ太宰治原作の東宝配給
「ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ」の成績を上回った。
100スクリーン台規模の公開形態の今年の邦画興行でも健闘した部類に入る。
今回の興行で特筆されるのは、荒戸源次郎監督、生田斗真主演というコンビネーションのもとで製作されたこと。
独特の映像美学が展開されるなか、生田の存在感が際立ち、それがとくに女性層の関心を高く呼び起こした。
各書店で催された太宰フェアも好調な展開を見せ、原作本の売り上げを伸ばした効果もあった。

(全文は6月17日付【文化通信速報映画版】に掲載)

ttp://www.bunkatsushin.com/modules/bulletin/article.php?storyid=41613

356 :名無シネマ@上映中:2010/06/24(木) 14:25:22 ID:b8ffZ97n
角川シネマ新宿上映終了お疲れさまでした。
26日土曜日からは三軒茶屋シネマで2週間上映するみたい。
東京はいいな。

357 :名無シネマ@上映中:2010/06/28(月) 20:55:09 ID:DwWH/XVw
堀木がバーの椅子に(^з^)/チュッしたのが笑えた。
「花のワルツ」挿し絵の3枚目に描かれてたはやっぱ川端康成?

358 :名無シネマ@上映中:2010/06/29(火) 16:03:55 ID:5ETH2uK+
堀木はいやらしい部分を見せていたけど、イスにキスしたりカワイイところあって、
男前だし、遊びも上手だし、女にモテモテでだろうし、賢そうでもある。
葉蔵に嫉妬しなくていいほど、いい男だよねぇ。
高級絵の具みたいに堀木が手に入れたいモノを
葉蔵がたくさん持っていたということだと思うけれど。

359 :名無シネマ@上映中:2010/06/29(火) 21:56:59 ID:GKOzwRIK
物質的以外にも、努力せずに女がよって来るところとかね。
小池栄子とよーぞーが帰るのをにらむ彼の顔すごかった。

公式久々に覗いてみた。人間失格検定みたいなの初めて知ってやってみたよ。
当然全問正解です。何回映画通ったか。
あーまだまだ見たい。いい映画だった。

360 :名無シネマ@上映中:2010/06/30(水) 02:14:13 ID:ziWP4K+P
http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/news/p-et-tp1-20100628-646731.html
日刊映画大賞「BANDAGE」
「日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」のファン大賞上期選考(昨年末〜5月公開分)で、
赤西仁主演の「BANDAGE バンデイジ」(小林武史監督)が圧倒的な強さで邦画部門
2位は「人間失格」だった。

せっかく良い映画だったのになんかいたたまれないな…
1位じゃなかった事が問題なのではなく
こういうミーハーなランキングに入らなくても十分な佳作だったと思うよ

361 :名無シネマ@上映中:2010/06/30(水) 02:20:24 ID:aDt3sOy0
>>359
他の女性は恋に落ちる瞬間というか、きっかけがあったけど
小池のとこは座布団裏返しと職場の近くってだけだもんなw

362 :名無シネマ@上映中:2010/06/30(水) 02:28:18 ID:ES8XfPZB
>>360
完全に>>351だな

363 :名無シネマ@上映中:2010/06/30(水) 10:55:56 ID:5i2aUf2K
>>361
金魚すくいしながら会話でのアヤシイ雰囲気があると思うけど

364 :名無シネマ@上映中:2010/06/30(水) 17:52:45 ID:Ug19YDGn


722 名前:名無しさんは見た!@放送中は実況板で[sage] 投稿日:2010/06/30(水) 09:55:59 ID:xVfPUS5l0
魔王に関しては、生田ヲタはなかったことにしたがってたじゃん。
あんな損な役回りならW主役なんてやってほしくなかったって。
だから、生田ヲタは魔王DVD買ってないのかと思ってた。


772 名前:名無しさんは見た!@放送中は実況板で[sage] 投稿日:2010/06/30(水) 17:43:12 ID:5qOSDXi70
>>722
へー、実力派(笑)だなんだと喚いても所詮は生田ヲタも「アイドルヲタ」なんだね
あんな良い演技を損な役回りってだけで記憶から抹消とか笑えるw

生田のビズは舞おうが1番マシだったな


365 :名無シネマ@上映中:2010/06/30(水) 23:51:05 ID:yD5s4K8A
小池さんと言えばエンドロールで本編と違う服来てたよね(シヅちゃんも)
あれって何らかのシーンが他にあったのにカットされたのかな?と気になってた
小池さんの演技が良かっただけにカットされてたらちょっと残念だなと

366 :名無シネマ@上映中:2010/07/01(木) 14:55:53 ID:4dJqlrD4
エンドロールは本編で描写されなかった場面をそれっぽく見せたのかと思ってた。
シヅ子たちとの写真いいね。こんな風に仲良くお出かけしたのかな、と想像できる。
ヒラメとの2ショットなんて実際は撮らないよねーと思いつつ距離のビミョーさに苦笑したり。

367 :名無シネマ@上映中:2010/07/01(木) 20:11:40 ID:yrFx51iR
ディケイド以来この映画で石橋さんを見たが全然違っていてびっくりした
どっちの石橋さんも良かった

368 :名無シネマ@上映中:2010/07/02(金) 21:46:43 ID:ipl2P0md
この前、朝ドラに馬淵さんでてたよ!
アネサね。全然違ってた。
それに、ハイヒールさん出てる関西の夜の番組で、ヒラメの息子役の人が再現ドラマに出てた。
アメリカの国の役っていう結構重要な役だった。名前なんだっけ。

有名な俳優さんたちはモチロンいろんなとこで見るけど、失格で初めて知った人とか見つけるとなんかおぉーっ!てなるね。



369 :名無シネマ@上映中:2010/07/04(日) 03:08:47 ID:2B+rbwk2
DVD発売後だけど、目黒シネマでも公開が決まったようです
名画座なので他の映画と2本立てです

参考までに
上映中 〜7月9日 三軒茶屋シネマ(おとうとと2本立て)
8月21日〜9月3日 目黒シネマ(時をかける少女と2本立て)

370 :名無シネマ@上映中:2010/07/06(火) 01:47:38 ID:XYdLCOlg
>>368
神宮寺太郎氏だね。ビーバップハイヒールのアメリカくんだったよな。
そのちょっとあとでやってた星新一のショートショートを再現したドラマでも主役ででてたのを見た。
確かに、おぉーってなったw

371 :名無シネマ@上映中:2010/07/07(水) 14:33:09 ID:E0V7U8WD
神宮寺さんはブログのアクセスが急に増えたので「人間失格スゴい」と驚いてたような。
ヒラメ親子のシンクロぶりは笑えました。

372 :名無シネマ@上映中:2010/07/30(金) 19:51:44 ID:LNTLtmKd
DVD発売が待ち遠しいな。
映画館でけっこう観たけど、また観たくて仕方ない。
コメンタリも楽しみ。

123 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)